ホレヤスクナ~ルカティサークのおまけスキットル!

2012年01月15日

極楽浄土の庭・・・

正月早々、同窓会で真っ昼間から飲んだ勢いで、四天王寺さんに立ち寄ってきました・・・って、このバチあたりめがっ!








和宗総本山、四天王寺・・・








RIMG6826

右の大きな石碑にもあるとおり、聖徳太子が593年に建立した「大日本佛法最初」のお寺なので、
宗派にこだわらないという「和宗」の総本山として、今は独立した存在だそうです。

ちなみにこの四天王寺を建てるために結成されたのが金剛組で、現存する世界最古の企業なのであります。










で、この石の鳥居(神仏習合の名残りなんですよね・・・)を、境内側から見ると・・・




RIMG6824

ちょうど上町台地の西端に位置し、真西の方角に向かってますので、高い建物がなかった時代のお彼岸には、
真西の海、すなわち西方浄土へと沈む夕陽を、ここから拝むことができたのであります。









RIMG6821

上方落語「鷺とり」のラストでおなじみの五重塔であります・・・いやあ、枝雀さんの名演が懐かしい・・・









ちなみに五重塔の南側では・・・

RIMG6812

高さ日本一になる予定の近鉄ハルカスビルが、着々と高度を稼いでました・・・

うーむ、鷺さんたちが五重塔より高く飛んでも、このビルにしがみつけば助かるかも・・・







で、同じく有名な「亀の池」には・・・

RIMG6768









RIMG6815

見張りをサボってて、喜六に捕まってしまった鷺さんが寒そうに・・・








とまあ、四天王寺境内の詳しい案内なんぞは、落語でじっくり聴いていただくとしてですね・・・







今回のお目当ては「極楽浄土の庭」なのであります。

本坊にある名庭園なのですが、なにせ有料区域なので、今まで入ったことがなかったとゆー・・・とほほほ





つーことで本邦初公開・・・ではなく、わたくしがはじめて入った、極楽浄土の庭へご案内であります。

RIMG6772






RIMG6773

この渡り廊下を潜って・・・










RIMG6774

ここで馬から下ります・・・って、はじめから乗ってませんが・・・









順路に沿って歩いていくと・・・

RIMG6776

道の左側に火の河とゆーのがあり、こちらは人生が逆境にあるときの怒りや恨みをあらわし・・・







RIMG6777

道の右側が水の河で、こちらは人生が順境にあるときの貪りをあらわしている・・・そうであります・・・










まあ、途中は省略して、順路沿いに次々と散策していくと、やがて・・・

RIMG6797

阿弥陀三尊をみたてた庭石が浮かぶ、「極楽の池」に至ります・・・







で、池の畔には・・・

RIMG6798







RIMG6792

八角亭という、洋風建築の小さな東屋があります・・・

1903年に天王寺で開催された、日本最大にして最後の内国博、第五回内国勧業博覧会の会場から移設したもので、







窓に色ガラスが嵌められており、中を覗くと・・・


RIMG6793

うーむ、まさに極楽極楽・・・なのかっ???








ほかにも・・・

RIMG6784






RIMG6786


いくつものお茶室と、その前庭や・・・












RIMG6803

石庭なんぞもありました・・・









他にも、けっこう広い敷地に様々な造作の庭があって面白かったのですが、真っ昼間から飲んでた御一行は・・・










RIMG6811


そそくさと二次会の会場探しに・・・


いやあ、今年もまた・・・


煩悩優先のようであります・・・げひげひ





m98k at 01:15│Comments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2012年01月16日 07:40
酔っ払いだけに煩悩優先でも、"お坊さんだけに"の舞台なので、ケガ無かった。みたいな。。。

しかし、そーですか。

98kさん。そろそろと、折に触れ極楽浄土が垣間見えるようになってこられましたか(^ー^)


いや、まあ、アッシのほうがあの世に近そうな自覚はあるんですけどね(^^;
2. Posted by 98k   2012年01月16日 21:48
>川端さん
>そろそろと、折に触れ極楽浄土が垣間見えるようになって・・・
そうなんですよ、このトシになるとねえ・・・
ま、年末には、賽ノ河原に下りて三途の川を渡って、地獄の一端も垣間見ましたが・・・

しかし昔から極楽のイメージとゆーと、おだやかな蓮池の畔で、食欲や物欲などとは縁のない、おだやかな人たちが、
静かに上品におだやかに暮らしているとゆーやつですよね。

ラフティングできる激流もないし、ライト持って潜れそうな真っ暗な洞窟もないし、酒池肉林キャンプもできなさそうだし・・・
「どこが極楽やねん、退屈して地獄の苦しみやないかいっ!」
と思ってしまうのは、まだまだわたくしの修行が足りないからなんでしょうねえ・・・

これからも山奥でキャンプ宴会、もとい胃袋修行を重ねたいと思いますので、また誘ってくださいね、送迎付きで・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ホレヤスクナ~ルカティサークのおまけスキットル!