114と117と悪魔の雄叫び!!!しまなみ無人島OFF会2

2012年03月21日

しまなみ無人島OFF会1

先週の土日、瀬戸内海のしまなみ海道沿いにある無人島で、キャンプ照射宴会をしてきました。

ま、いつもどおり画像を中心に、さくさくっとご紹介であります。

メンバーはいつもの関西のライト好き仲間、wingさん、red-bicycle(赤チャリ)さん、川端さん、わたくし98kの四人であります。

少し前から、このサイトでもお誘いしてたのですが、当日は雨の予報、それになにせ無人島ですから、
身の危険を感じられたのか、残念ながら他の参加者はおられませんでした。

で、当日は川端さんが大阪ディープサウスを午前三時に出発、わたくしとwingさんを次々とピックアップし、
播磨の国で赤チャリさんのクルマに乗り替え、山陽道を吉備の国に入ったのは、まだ午前七時過ぎでした。







で、まずは朝食・・・

RIMG12986


RIMG12985


モーニングカレーなんてあったんですね・・・ちなみにドリンクバー付きでした・・・








朝食後は、とりあえず四人で記念撮影であります。





じゃーん
RIMG12988

なっ、なんか、やたらリアルとゆーか、なんとゆーか・・・

「うーむ、wingさんはやはりイヌですね・・・で、赤チャリさんはサル、わたくしがキジでしょうか・・・」と川端さん。

「とすると、わたくしが・・・もっ、桃太郎ですねっ!!! じゅるじゅる」と98kさん。

「いや、あんたは退治される鬼に決まってます。これはきっぱりと」と川端さん。

「そう、だいいち吉備団子なんかくれないし・・・人の食べ物は掠めるけど・・・」と赤チャリさん。

「でも、鬼のお供をして、島に渡るとゆーのも不思議な話ですね。わははは」とwingさん。



とか、わあわあいってるうちに、クルマは尾道を過ぎて、いよいよしまなみ海道へ・・・

RIMG12990





その後もあちこちで・・・






RIMG12993








RIMG12999




BlogPaint


サービスエリアやパーキングエリアを見つけては、ばくばくもぐもぐごくごく・・・

いったい、どんだけ飲み食いしたら気が済むねんっ! ・・・あっ、わたくしのことですか・・・


で、この日の最初の目的地は、毒ガス工場跡や砲台跡のある大久野島。
大久野島へ渡るフェリーのある大三島で下りて、フェリー乗り場の盛港に着いたのですが・・・


「ありゃ、10時発のフェリーはもう出航してますね、次は12時までありませんね・・・」

「って、わざわざ時刻表も調べてたのに・・・誰のせいで乗り遅れたんでしょう・・・がるるる」

「そっ、そんなにわたくしを見ないで下さい・・・それに誰も時間を気にしてなかったじゃないすかっ!」

「そーいや、そーですね。あはは」

「ま、大久野島はまた次回、とゆーことで、早めに伯方島まで行って、名物の塩ラーメンとか、塩アイスとか・・・じゅるじゅる」

「またそっちですかっ! がるるる」



と、みんなで仲良く、お昼前には伯方島に到着・・・

RIMG13005

手前の橋脚の台になってるちっちゃな島が、今回のキャンプサイトの見近島であります。

ご覧のとおり、伯方島からは数百メートルの距離なんですが、徒歩か自転車か125cc以下のバイクしか入れず、
いったんクルマを置いて、再びしまなみ海道まで歩いて登って、橋の歩道をてくてくと渡るのであります。

「ではさっそく食糧を調達して、見近島へ・・・」

「まあまあ、その前に、まずは腹ごしらえ・・・」

「そーいや、塩ラーメンのおいしい店がありますよ。」と、自転車では何度も来ている赤チャリさん。


で・・・

RIMG13012

「伯方の塩ラーメン・さんわ」であります。







さっそく・・・

RIMG13011

右がわたくしの注文した塩ラーメン大盛りタコ飯付き、左は大きさ比較用の川端さんが注文したハーフサイズ・・・




BlogPaint


ちなみにwingさんと赤チャリさんはレギュラーサイズでした・・・




で、昼食後は伯方島のスーパーで夕食と朝食の買い出しを終え、道の駅の駐車場にクルマを置いて・・・






RIMG13015

いよいよ、見近島のキャンプ場目指して出発であります。

今回は舗装路なので、wingさんと赤チャリさんの持参されてたキャリーカートが役に立ちました・・・

って、どこがウルトラライト装備やねん・・・まあ、大部分は食糧と飲料でありますが・・・









RIMG13017

わたくしも、登り道にかかる前の元気な姿を、赤チャリさんに撮ってもらいました・・・









で、ひいひいいいながら、ようやくしまなみ海道まで登ると・・・

RIMG13022

見近島の全容が見えてきました・・・






橋を渡って島に向かうwingさん・・・

RIMG13027


この日はあいにくの天候でしたが・・・








晴れてたら、こんな感じになります。

RIMG13093


ま、こちらは・・・





RIMG13091

道の駅のトイレに貼ってあった、中国語圏観光客向けのポスターだったんですが、

しまなみ海道は「日本首座海上横貫自転車道」、自転車で本州四国間を走れる唯一の道、全長70kmもあるんですね。
って、愛媛県は「自転車愛好家的理想国」だったのか・・・










とかいってるうちに、いよいよ見近島の上空に到着しました。

RIMG13029

こちらが、これから下りていくキャンプ場。
まだ午後の早い時間、しかもあいにくの天候とあって、さすがに誰もいませんね。








RIMG13030

キャンプ場の上には、復元された村上水軍ののろし台も見えました。夜はここでライト照射を・・・







こちらでしまなみ海道と別れ、島に下りて行きます。

RIMG13032

ウェアは汗でぐっちょり、出発時と同じポーズをとってますが、少し歩いただけで、じつはへろへろなのであります。







島へ下りて、ようやくキャンプサイトへ到着であります。

キャンプ場全景パノラマ写真・・・は設定が面倒だったので、三分割パノラマであります。

RIMG13037

RIMG13038

RIMG13039


目の前は海水浴場、夏なら水着のおにゃのこも多いのでしょうが、この日は・・・





RIMG13043


海に向かってバカヤローと叫ぶオッサンたちだけでありました・・・







ちなみにこの島での・・・

RIMG13040


銃の使用は禁止・・・




って、この看板さえなければ???




(以下、次号に続きます。)




m98k at 00:30│Comments(3)TrackBack(0)mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by きたきつね   2012年03月21日 21:58
いやぁ、いいロケーションですねぇ。
いつも美味そう、楽しそう、いつか参加してみたいと思いながら拝見しています。

私の方は雪の中、おっさん二人で人生初めてのスノボ行ってきました。
楽しかったですよ~。
本日体中痛いですが。
2. Posted by TOMO   2012年03月21日 22:44
いや、ほんとに良さそうなキャンプ場ですね。

あと、桃太郎の顔が美少年風じゃなくて田舎っぽいのがチャーミングですね。

>この看板さえなければ!!!
その通りです。村上水軍の亡霊が現れて、火縄銃を撃ちまくるのです。(違)

3. Posted by 98k   2012年03月22日 00:20
>きたきつねさん
しまなみ海道は、わたくしもはじめてでしたが、なかなか楽しいところでした。
で、わたくしもスキー歴は長いのですが、スノボはしたことがありません。
そちらと同じく、両足を固定するとゆーのがなあ・・・と思ってますが、いつかはやってみたいですねえ。
そちらのロケーションもうらやましいです。


>TOMOさん
桃太郎に限らず、お供の動物たちも、やたらリアルでしょ!
このあとは四人で、吉備の国の住民を襲って、ぶんどりものをえんやらや・・・(違)

そう、この看板は村上水軍の亡霊を封じ込めるための・・・ものではなく、
怪しい格好をしたおじさんが、怪しいライトやAKなんぞを島に持ち込まないようにですね・・・(違)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
114と117と悪魔の雄叫び!!!しまなみ無人島OFF会2