2012中国・植林ツアー報告その92012秋・熊野キャンプのお誘い!

2012年09月08日

2012中国・植林ツアー報告その10

2012中国・植林ツアー報告の最終回であります。

敦煌のホテルで一泊したわたくし、翌8月9日は昼前の便で直接北京に戻るだけなのに・・・

けっこう早く目覚めました・・・

まあ、せっかくなので・・・

IMGP2736

敦煌の朝焼け・・・







で・・・

IMGP2739

ホテルのレストラン・・・






と・・・

IMGP2738

わたくしのつつましい朝食・・・この後、皿の中味は何度も変わりましたが・・・






で、搭乗まで少し時間があったので、

IMGP2742

敦煌の中心街にある・・・







IMGP2743

「夜光杯」の製造直売所へ・・・






このあたり、キレン山脈などから採れる奇石や玉石の加工品が名産なのですが、夜光杯とゆーのは・・・


IMGP2745


有名な詩・・・らしいのですが、ま、そーゆーことです・・・って、よくわかりませんね・・・

(記事アップ後、ご教示をいただきましたので、追記させていただきます。
唐代の王翰の詩で題名は「涼州詞」、ご教示いただいた内容から、わたくしなりにこれを翻訳すると、

葡萄の美酒、夜光杯にて飲まんと欲すれば、
琵琶をかなで、馬上から催すものあり
酔って沙漠に臥すとも、君笑うことなかれ
古来、戦(いくさ)に徴されしもの、幾人か還る

ただし、ご教示いただいたテキストでは、最後の「徴戦」が「征戦」になっており、
「古来、遠征に赴いたもの、幾人か還る」といった意味になるのでしょうが・・・

いずれにしても、西域まで遠征してきた兵士を謳った、豪快で悲壮感あふれる詩でありますね。

ま、わたくしの場合は・・・

ビールもどき、アクリルグラスにて飲まんと欲すれば、
肉を焼き、鍋を煮るものあり
酔ってテント前に臥すとも、君放置することなかれ
古来、キャンプでの飲み過ぎ、幾人か還る

といったところでしょうか・・・)







で、

IMGP2744

製造工程の説明中ですが、手前の完成品が夜光杯、鉄分の多い石を薄く加工した杯であります。









高級品はきれいな緑色で、液体を注いで、上から光をあてると・・・

IMGP2746

こんな感じになり、月光の下なんぞで飲むと、たしかに風情がありそうですね・・・

ちなみに注いだ水が、おそろしく盛り上がってますが、石に含まれる磁力により表面張力が増すとか・・・

ほかにも飲み物の味をまろやかにするとか、鉄分が多くて健康にいいとか、様々な効能があるようでしたが・・・






わたくしがこのお店で興味を持ったのは・・・

IMGP2747

ええ、夜光杯照射に使われていた、KAIWEI LIGHT IMPLEMENTとゆーブランドのライトでした・・・

こちらはどちらかとゆーとフラットなパターンで、月光がわりに照射するにはぴったりなんでしょうね。







ま、高級な夜光杯はとーぜんお高いので、わたくしは、

IMGP2865

お安い玉石なんぞのブレスレットやストラップをてきとーに敦煌のお土産にしたのですが・・・
帰国後すぐに、素敵な女性に召し上げられてプレゼントして、もう手元にはありません・・・









で、めずらしく曇り空の敦煌機場(空港)へ

IMGP2749







IMGP2753

わたくしにとっては「世界最西端への旅」も、これでおしまいであります。我誓再来敦煌!!!






で、昼前の離陸で三時過ぎには、植林ツアーで定宿にしている北京空港近くのホテルに到着しました。

シャワーを浴びてから、某酒飲み隊員と二人で、安酒や夜食を入手するためコンビニを求めての周辺散策。

道行く人に愛想よく、「えくすきゅーず・みぃ、請問!!(ちんうぇん!!)」と声をかけてから、、
「どぅゆうのう・ざ・うぇい・つー・こんびにえんす・すとあ?」とか、怪しい英語で訊いたのですが、
予想どおり通じなかったので、いつも中国ツアーには持参している筆談用のメモ帳に、
「便利商店在何処?」と書いて見せると、たちまち丁寧に地図まで書いて教えてくれました。
で、その地図を頼りに探し歩いて行ってみると・・・半坪ほどのいわゆる「スタンド売店」でした・・・
そうか、コンビニは「便宜商店」だったか・・・と、その時に思い出した次第・・・とほほほ

と、わたくし、こんな「街歩き」が大好きなのですが、今回のツアーでは北京でのこの時だけでした。




結局ホテル近くの酒屋で白酒(パイチュー)のみ購入、ホテルのロビーに集合して近くのレストランまで歩き・・・

IMGP2764

お別れパーティを兼ねた夕食であります。





なんでもここは、「創作北京料理」のお店だとかで・・・





IMGP2766

この後も、北京料理にしてはあっさりとした料理が、いろいろと出てきたのですが・・・






こちらの刺身こんにゃく風のやつと・・・

IMGP2763






IMGP2765

こちらの「長芋のブルーベリージャム添え」は・・・さすがにイマイチでした・・・うぐぐぐ





で、夕食後は・・・




夕食前に一人で散策してたとゆー最年少のS君に教えてもらい、超級市場(スーパー)へ・・・

IMGP2778

夕食前に訪ね歩いて行った、あの「スタンド売店」のすぐ近くにありました・・・
道を訊ねたときに、「超級市場在何処?」とメモに書けばよかったのね・・・ううっ






けっこうでかいスーパーで、中国ワインだけでも・・・

IMGP2775


IMGP2776

もの凄い品ぞろえでした・・・







ちなみにこちらの右側に延々と並んでいる・・・

IMGP2772

沙漠名産のナッツ類やドライフルーツ類は、さすがに現地価格より二割以上割高でした・・・






ま、せっかくなので、お互い記念写真なんぞを・・・

BlogPaint

カモフラージュパターンのビールを見つけてよろこぶ98kさん









BlogPaint

(多分飲み過ぎで)腸の具合がおかしくなったため、乳酸菌飲料を見つけてよろこぶ、某酒飲み隊員・・・

って、そのインディアナ・ジョーンズのTシャツ、かっこいいなあ・・・欲しいなあ・・・





と、ちなみにわたくしがホテルに戻ってから、売店で買い求めたTシャツがこちら・・・

IMGP2851

ええ、人民解放軍英雄「雷鋒」のTシャツであります。

インディと同じくヒーローだし、ムチのかわりにPPSH持ってるし・・・







とまあ、飲み物や食料なんぞを買い出ししたあとは、夜の北京の街をぶらぶらと・・・

IMGP2781

空港近くのホテル周辺のため、外国人も多く・・・











IMGP2791

エアラインのおねいさんたちも多かったです。
(今回使ったWG-2とゆーカメラ、オートピクチャーモードだと、コロコロと撮影モードが変わります。)











こちらはご近所の家族連れでしょうか・・・

IMGP2792

化粧品店やブティックなどが集まる、いわゆる「女人街」なのでしょうか・・・







IMGP2794

若い女性が、やたらと多かったです。じゅるじゅる







ま、わたくしにはこんな店のほうがそそられますが・・・じゅるじゅる

IMGP2799

「雄牛火鍋」かぁ・・・名前からして、なんとなく凄そう・・・いったい、どんな料理なんだろな・・・
ま、次回キャンプででも、てきとーに作ってみるか・・・どうせみんな知らないだろうし・・・








とまあ、夜の北京散策も終えて自室に戻り・・・

IMGP2812

一人宴会であります。

右側のカモフラパターンのビールは、お土産に持ち帰ろうと思っていたのですが・・・






IMGP2815

結局、2本とも空けてしまい・・・

さっきのスーパーで買った麺ではなく、最後の天ぷらそばで仕上げて、この夜は就寝しました。げふっ
(ちなみに使っている箸は、red-bicycleさんからいただいたオリーブドラブ箸であります。むひひひ)






で、翌日は昼前の便で帰国するだけ、しかも空港から近いホテルなので、ゆっくりと起きました・・・

前日、北京空港には3時前に着いたので、そのまま乗り継げば、夜には関西空港に着いてたはずですが、
やはり便の都合からでしょうか、ま、のんびりできて、これはこれでよかったです。

ちなみにこのホテル、90年代から使ってますが、水周りなどは改修したようで、基本性能は改善されてました。



IMGP2816

ホテルの自室から見た朝の北京・・・このホテル、庭にプールもあったのね・・・知らなかった・・・







で、一人でのんびりと朝食・・・(他の隊員はとっくに朝食を終え、朝の散策に行ったようでした。)

IMGP2817

ええ、きわめてシンプルなものであります。






で、やはり空港近くのホテルですから・・・

IMGP2818


IMGP2819

各エアラインのおねいさんが、5分おきぐらいに入れ替わり立ち替わり、朝食を摂ってました。

やはり職業柄でしょうか、みなさんほんとに朝の食事時間は短いんですね。




ま、わたくしは・・・

IMGP2820

皿の中味もグラスの中味も、若干変化がありますが、ま、いたってシンプルなものであります。








IMGP2822

さらに若干変化がありますが、いたってシンプル・・・でもさすがにお腹がくちくなってきたな・・・げふっ







そして・・・

IMGP2821

誰もいなくなりました。げふっ






のんびりと中国最後の朝食を楽しんだ後は・・・

IMGP2829

北京空港に行き・・・って、「味平」ラーメンなのか、「味干」ラーメンなのか・・・







IMGP2840

中国人客で満席の関西空港行きに搭乗し・・・





IMGP2835

税関申告書を書いたり・・・ふむふむ、化学兵器の原材料が禁止で、リクガメさんは制限されてるのね・・・





IMGP2842

最後の機内食で、最後の燕京ビールを飲んだりしてると・・・








あっとゆー間に・・・

IMGP2845



敦煌より暑い、大阪に着いたのであります。ううっ

ツアー中、ずっとカラッとしていた衣服が、関空ターミナルを出た途端、汗でベトベトに・・・









中国・植林ツアー報告の記事は、今回でおしまいであります。ながらくのご愛読ありがとうございました。

わたくしが帰国した直後に、尖閣諸島への上陸事件があり、その後急速に中国との関係が怪しくなってますね。
中国世論には、韓国世論などと同様、今まで延々と続けてきた反日教育の影響も大きいとは思いますが、
もちろん、決してそれだけではありません・・・

わたくしが90年代から植林してきた中国北西部でも、歴史的な事実として満蒙開拓団や旧軍との軋轢がありましたし、
はじめて行った頃は、その事実に裏打ちされた反日感情もまだまだ強かったと記憶しています。
その後、ひたすら植林に来る日本人たちと実際に接するうちに、人同士の理解も生まれてきたと思っています。

昨年も植林してきたモンゴルでも、歴史的にはノモンハンをはじめ中国と同じ日本との軋轢が事実としてありました。
さらに、旧ソビエト連邦も基本的には反日教育でしたから、その影響も大きかったはずです。
今は「昔からの親日国」といわれているモンゴルでも、自分たちがロシアの衛星国から独立し一番苦しかった時に、
唯一無償援助を続けてくれた国、といった理由だけではなく、実際に様々な援助にやってきた日本人と接する中で、
あるいは支援を受けて日本に来て、実際にいろんな日本人と接する中で、やはり人同士の理解が生まれてきたはず。
(実際に、来日して人に騙され苦労された方から、日本人にも悪い人もいい人もいることがよく分かったから、
けっして日本そのものを憎むことはしません、という言葉をいただいたことがあります。)

教育の影響を無視することはできませんが、やはりお互いわかりあうためには、まず相手を理解しようとすること。
そのためには、できるだけ客観的な事実関係を理解したうえで少しでも相手と話し合うこと、そしてお互い、
相手のために、たとえ僅かでもできることをする、あるいはしようとすること、これに尽きると思います。

国と国とは、これからも様々な軋轢があるでしょうが、人と人とは、ある程度までは理解しあえるはず・・・
と信じて、今後もささやかながら、植林ボランティアなんぞを続けていくつもりです。



最後にえらそーなことを書きましたが、次回からふつーの記事に戻りますので、これからもよろしくねっ!!!




m98k at 01:05│Comments(5)TrackBack(0)mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 | フラッシュライト、ランタン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by combatfox   2012年09月08日 09:20
毎回、思っていたのですが、向こうの食事って1品1品は質素でもテーブルに品数が並ぶことが多いようですね~♪にぎやかでいいですwご飯+沢庵+茶なんて事なさそうですもん(暴 日本への持込が禁止されているものと制限されているもの・・・非常に興味があります陸亀さんもつい最近も日本国内の特定外来生物の話題がありました。生態系維持についてもっと日本もまじめに考えてほしいものです。安易にペットとして持ち込んで(購入して)買いきれず捨てる・・・悲しいことです。ちなみに前回ライトとご一緒に移っていた美女の方などの日本への持込はやはり制限されているのでしょうか・・・・(暴
2. Posted by きたきつね   2012年09月08日 13:24
おぉっ、敦煌!
シルクロードへ向かう町というイメージでしたが近代化されててあんまり風情が感じられないですね。

それにしても98kさんの記事を見てると現地へ行ってあれこれ食べたくなります。
現地土産を待ってますが、まだ届きません・・・(わはは)。
3. Posted by 98k   2012年09月08日 19:28
>combatfoxさん
中華料理(西北部では基本は四川料理)のコースですから、どこでもけっこう品数は豊富でした。げふっ
日本では外来種の野生化が多い(生物多様性でサイト内検索するとヒットします。)ですが、
在来種を駆逐してしまうようなものは注意が必要ですね。
ペットとして輸入された動物などをコンビニ感覚で気軽に売るショップとそれを気軽に買い求める人々が、
結局、自分たちで殺処分することもせずに都市公園や自然の中に捨てる、こんな無責任なことはありません。
ちなみに敦煌研究院のおねいさんとライトは、ワシントン条約により持ち込みが制限されております。


>きたきつねさん
西安の西門といい敦煌の市内といい、街中にはすでに昔のシルクロードの雰囲気はありませんが、
小さな村や郊外に出ると、まだまだ昔と変わらない風景が拡がってました。
>>現地土産・・・まあ、来年の春になれば、タクラマカンや黄土高原から、航空便でたっぷりと届きますので・・・数万トンの砂が・・・

4. Posted by TOMO   2012年09月10日 22:33
遅まきながら、
いやあ、お疲れ様でした、98Kさん(の胃袋さん)。

最後の記事ですが。
人と人が向き合ったときに、最初から「この○○人めが」と、敵意むき出しで接する人はまずいないと思うんですよね。
反日デモに参加している人たちだって、別の街角で道を尋ねたら、案外親切に教えてくれるのかもしれない。
第二次大戦のごく初期にも、独仏軍のパトロール隊が国境付近ですれ違って、タバコの交換をしていたなんて話もありますね。
そこに、国家の意思とかマスコミとが絡んでくると話がややこしくなるんだと思います。最近はネット上の「あおり」も、
すごい効果があると思いますし。
煽られず、冷静に行きたいとおもいますね。
5. Posted by 98k   2012年09月10日 23:44
>TOMOさん
いやあ、ほんとお疲れさまでした、わたくしの胃腸・・・
じつは先週土曜日に今回ツアー参加者の同窓会(写真交換会)があったのですが、その時聞いた話では、
なんと半数近くが、お腹の調子がおかしくなってたようで、あらためてわたくしの胃腸に感謝している次第です。
(まあ、太って帰ってきたのはわたくしだけでしたが・・・しかも4kgも・・・)

人と人の話はおっしゃるとおりですね。
世界中で民族同士が対立しているかのように、毎日のように報道されていますが、仲良く暮らしている時期や地域もあるわけで、
国と国の話と同様に扱うべきではありませんし、ましてや煽るなんてとんでもないこと。
ただまあ、「煽られている」状況の中で冷静になれるほどの度胸はありませんから、ほんと間一髪の帰国でした。

今回のシリーズでも何回か書きましたが、沙漠緑化といっても様々な立場があり、日本でも中国でも、どちら側の人もいますから、
こちらもやはり冷静に、合意した小さなことから徐々にはじめて行くべきでしょう。
その結果が、やがて国や民族を越えた大きな声になり、「持続可能な発展」に繋がっていくはず、と信じて・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2012中国・植林ツアー報告その92012秋・熊野キャンプのお誘い!