2012秋・京都散策その12012秋・京都散策その3

2012年12月07日

2012秋・京都散策その2

前回記事からの続きであります。

朝から京都・伏見の町をてきとーに散策した御一行は、「竜馬通り」の突き当たりの商店街にある・・・








今回の伏見散策における、真の目的地へ・・・









じゃーん

IMGP4376

もともとは油屋さんだったとゆー、お目当ての酒屋さんであります・・・








IMGP4377

なんとここ、伏見の全蔵元80種類の酒の呑み比べができるのであります。じゅるじゅる








店内はこんな感じ・・・

IMGP4401











IMGP4379

素敵なご主人が、それぞれのお酒の特徴を丁寧に解説してくれるのですが・・・










なにせ・・・

IMGP4378

伏見の酒だけで80種類、しかもいろんな限定酒がありメニューも分厚く、さんざん悩んだのですが・・・

結局、ちょうどこの季節、11月下旬にしか味わえないとゆー、秋のお酒「ひやおろし」と新酒の生酒の呑み比べ・・・
それに三年連続全国コンクール1位を受賞した純米大吟醸、とゆーのを試飲しました・・・







IMGP4390

左から、コンクール1位の純米大吟醸、夏を越えまろやかになったひやおろし、前週仕上がったばかりの新酒しぼりたて・・・

一種類味わうごとに、左の醤油をかけない冷や奴で口中を洗うと、ちがいがよくわかるとか・・・
ちなみにその都度水で口を濯ぐと、酒自体が水っぽくなってしまうそうです。





さらにちなみに・・・

IMGP4394

隣に座った友人は、こんな三種類を試してました・・・やはりこの時期、新酒のしぼりたては定番ですね・・・

利き猪口をよく見ていただくと、右端のにハートマークがみっつ付いてますが、左から1,2,3とならんでいます。
この順番に呑み比べるといいとのことでしたが、芳醇、濃厚タイプから淡麗タイプへと並べてあるようでした。

わたくし、日本酒のお味はよくわからないのですが、空っ腹に大振りの利き猪口三杯で気分がよくなってきました。


で、両隣りの友人のやつも、さらにその両隣りのやつも味見してるとすっかり出来上がり・・・

「うぃーっ、もうここで腰を落ち着けてもいいのでは・・・ひっく」

「いや、ここはあくまで呑み比べのできる酒屋さん、つーことで、三杯以上頼んでも断られるよ。」

「ううっ、そうだったのね・・・」

と、各自、気に入ったのを買ったりしてお店を出たのですが、昼宴会にはまだ時間があったので・・・








次はふらふらと、伏見・御香宮神社の庭園へ・・・

IMGP4407






IMGP4411

こちらも紅葉がきれいでした・・・





ま、せっかくなので、素敵な巫女さんに・・・

IMGP4415

「あのう・・・お神酒の振る舞いとかは・・・じゅるじゅる」

「こちらのお宮さんは御香水どす。」

「ううっ」








ようやくお昼になったので、伏見桃山駅から満員の京阪電車に乗って、三条まで移動・・・

IMGP4424

鴨川沿いも紅葉がきれいでした・・・









三条から二条まで上がって、鴨川の対岸にある・・・

IMGP4425

ひと際、木々でこんもりとしたところが・・・










IMGP4427

もと角倉了以別邸、明治には山縣有朋所有となり第二無隣庵と命名された、がんこ二条苑であります。








ま、わたくしが選んだ下足箱はとーぜん・・・

IMGP4428















で、三枚前の画像を座敷から逆に撮った様子・・・

IMGP4439













今回は一番奥の座敷で、鴨川の眺めだけでなく・・・

IMGP4442

庭園の眺めも、なかなかよかったのですが・・・












IMGP4429

なにせ時間制限付きの飲み放題とあっては、そちらを優先せざるを得ず・・・











IMGP4448

今年は素敵なおねいさんとのツーショットを撮る間もなくへろへろになり・・・











IMGP4455

いつもそうなんですが、名庭園へ下りる頃にはすっかり出来上がってました・・・ひっく










ま、恒例により、酔っ払い撮影のブレブレ画像を何枚か・・・

IMGP4462






IMGP4467






IMGP4475






IMGP4481


やはり池泉回遊式庭園とゆーはいいですね・・・ええ、泥酔して池に溺れない限り・・・










で、今回はじめて案内していただいた・・・

IMGP4472

鴨川から庭園への取水口・・・そう、ここが高瀬川の源流なのであります。










IMGP4471

この流れが道を潜って一ノ舟入へ注ぎこみ、高瀬川となります。




(あと一回だけ続きます。)



m98k at 00:07│Comments(6)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TOMO   2012年12月08日 19:34
良いですねえ。
昼間っから飲み比べ三種。
飲み放題付き宴会。
庭園散策。

私も、将来、閻魔様に怒られそうな奢りの限りを尽くしてみたい。

それにしても、京都は「昼酒」の似合う街ですね。
2. Posted by 98k   2012年12月08日 20:54
>TOMOさん
いや、奢りの限りといわれても、試飲三杯とお安い飲み放題パックですから、とても閻魔様に怒られるようなものでは・・・
確かに京都は、真のリゾートとゆーか学生の町とゆーか、昼からさりげなく飲んでてもサマになるような気もしますね。
ま、この御一行は、まだこれから、安くて汚い居酒屋での夜宴会へと続くわけですが・・・
3. Posted by Yasshi   2012年12月10日 09:58
『がんこ二条苑』では、一度、離れを借りて宴会をしたことがあります、工繊大の頃ね。雰囲気は凄く良いのだけれど、いかんせん『がんこ』なのでねー...

そこを出た交差点の所にあるお店のビールが、注ぎ方のせいか、飲んだくれた後でも大変おいしく飲めることを、O久保氏に連れて行ってもらって、教えてもらいました。

ああ懐かしい。
4. Posted by きたきつね   2012年12月11日 17:41
伏見・御香宮神社で既に顔が赤くなってませんか?
いいなぁ。
こちらはシンシンと雪が降ってますよ。
今年に入ってから何回除雪したんだか・・・。
5. Posted by 98k   2012年12月11日 19:50
>Yasshiさん
うーむ、なにせ「がんこの4500円飲み放題パック」でしたからねえ・・・でも雰囲気だけでも充分値打ちはありますね。
ビールのおいしいお店、来年はぜひ寄りたいですね・・・でも、そこから夜宴会まで流れると・・・わたくし危ないな・・・
6. Posted by 98k   2012年12月11日 19:54
>きたきつねさん
ええ、昼前の利き猪口三杯はけっこう廻ってましたねえ・・・
こちらも今年は寒く、明日の最低気温は二度の予想です。
一昨日の日曜日に山沿いをクルマで走ってると、少し雪が舞ってました・・・ぶるぶる

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2012秋・京都散策その12012秋・京都散策その3