2012秋・京都散策その3ディフューザーとノートブック

2012年12月12日

2012・航空総軍指揮所?OFF会

記事のアップがやや遅くなりましたが・・・

さる12月2日の日曜日、関西ライト好き仲間の航空総軍指揮所?OFF会に参加してきました。

正確には「旧軍が創設しかけた航空総軍の地下指揮所予定地跡OFF会」とゆーことになるのですが・・・

ま、今回もさくさくっと・・・ただし途中からは、きわめていい加減な紹介になってますが・・・

(ちなみに今回記事では、wingさんと川端さんの撮った画像が手元にありますので、無断使用しております。)





じゃーん

DSCN0805
(wingさん提供画像)

ダイヤモンドトレールの起点「屯鶴峰」の地下に眠っている、航空総軍指揮所予定地跡の地下壕であります・・・

そう、約4年前に、wingさん、川端さん、わたくし98kの三人で、さんざん探し回って見つけた因縁の場所・・・

4年前は朝から探して、最後はヒトの2万倍の嗅覚を持つといわれる川端さんが夕暮れ前に発見、
その際に、入り口の正確な緯度と経度を記録されてたのですが、その後にOFF会に参加されるようになった、
red-bicycle(赤チャリ)さんに、今回は一人で探してもらって、三人の苦労を味わっていただこうと・・・げひげひ

で、前回と同じく10時に、今回は駅前に4人が集合し、川端さんのクルマで登山口まで送ってもらった次第。



前回と全く同じパターンで、wingさんが登山口にあるトイレに行っているあいだに・・・

RIMG14399

「これが地図です。入り口の緯度と経度は書いてありますが、GPSの使用は禁止ですよ・・・むひひひ」

と、川端さんから×印が記された等高線のみの略図を渡された赤チャリさん、おもむろに・・・




たったったっ・・・




RIMG14448


「たったったっ・・・って、あっとゆー間に垂直に近い崖を駈け下りて、向こうのピークに駈け上がりましたよ・・・」

「まっ、まるで未来少年コナンみたいな奴やな・・・なんか、ぶつぶつ言ってますよ・・・」




RIMG14447



「太陽よ、風よ、我を導き給へ・・・ぶつぶつ・・・」



「給へ・・・って、未来少年とゆーより、むしろトトロに近い存在ですね・・・ネコバスがあそこに来るのかっ・・・」




RIMG14401


ちなみに崖の下では、おそらくは入り口を探しているであろう別の集団がうろうろしていたのですが・・・









RIMG14400



ひらり・・・



「ひらり・・・って、今度はいきなり崖の上から消えましたよ・・・むしろ崖の上のポニョとゆーべきか・・・」

「さっきからジブリ系のたとえが多いですが、あの肉体能力はむしろケンシロウ系ですね・・・」


とかなんとかいいつつ、必死で跡を追ってピークまで登りつめると、はるか下の谷の方から・・・


「わははは、見つけましたよ、こっちです。」


とゆー赤チャリさんの声が・・・


急な山道を慎重に下りてみると、確かに入り口に佇む赤チャリさんの姿が・・・この間、僅かに20分ほど・・・


「なっ、なんで、そんな簡単な地図だけで・・・GPSどころか、コンパスも使ってないじゃないですか・・・」

「さっきのピークで、この季節この時間、背中の左側に太陽を感じましたので、方位は正確に頭の中に・・・がははは」

「あっ、あんたには、地磁気センサーも内蔵されてるに違いない・・・」


と、感動しつつとゆーか、あきれつつゆーか、とりあえず入り口前にて全員で記念撮影・・・

BlogPaint
(こちらもwingさん提供画像にモザイク処理したものであります・・・)


詳しくは上記リンク記事や、川端さんちの鍾乳洞をご覧いただきたいのですが、こちらの地下壕、終戦直前に掘り進められていた、
航空総軍指揮所にするための素掘りの地下壕で、谷の東西に100m四方の碁盤目状のトンネルがあり、
東側の一部は戦後、地震観測所に使われているのですが、西側は現在でも入ることができます。






壕内は、四年前に来た時よりもかなり水没しており・・・

RIMG14410

こちらの二ヶ所の入り口は、かなりの水深の水たまりになってました。







RIMG14412

で、いちばん水深の浅い、こちらの入り口から探索開始・・・もちろん先頭は赤チャリさんであります。






以下、壕内の画像をさくさくっと・・・

DSCN0824
(wingさん提供画像・・・やはりニコンP-310の裏面照射CMOSの威力は凄いな・・・)










RIMG14421
(こちら旧型CMOSのリコーCX-1での画像・・・やはり暗いところでは限界が・・・)








でもまあ、せっかくなので、恒例の記念撮影・・・

RIMG14416
(いつもながら、ライトの数と明るさが凄いです・・・)










RIMG14426





RIMG14441

壕の住民であるカマドウマさんとか・・・








RIMG14440

冬眠中?のコウモリさんを観察したりして・・・









BlogPaint

反対側の入り口に抜け・・・






待ちに待った、昼食宴会であります・・・

CA3B0129
(川端さん提供画像)

わたくし「がっつり牛カルビ弁当」と「小海老天そば」とバーボンだけで、つつましく済ませようとしたのですが・・・








DSC00279
(川端さん提供画像)


「まあまあまあ、こぽこぽこぽ・・・」

「いやいや、これはこれは・・・」

と、wingさんがアルミ缶入りの赤ワインなんぞを注いでくれたものでついつい・・・


RIMG14430

他にも「非常食です、ややきっぱりと・・・」といいつつ、ドライバナナやプレッツェル&アーモンドなんぞとゆー、
けっこうワインやバーボンにあうつまみを次から次へと出されたため、わたくしすっかり出来上がってしまい・・・

それからの記憶がほとんどないのですが・・・

RIMG14433

四人なのに、なんで椅子が五つもあるの・・・そうか、わたくしが二つ持ってきたのか・・・あははは




その後、ふたたび壕内に戻って・・・

RIMG14437

謎のヒカリゴケ???を観察したり・・・って、誰かが人工物といってたよーな・・・








RIMG14438

上へ抜ける出口を発見した川端さんが、そのまま行方不明になったり・・・





壕を抜けた後は、どーゆーわけか・・・

BlogPaint
(川端さん提供画像)

一人だけ、辛子たっぷりのこんにゃくを食べたり・・・なんであんなに塗ったんだろ・・・





さらには・・・
RIMG14453

プレモルにはじまって・・・



RIMG14455

白子のおでんに熱燗、不思議なつみれに・・・



RIMG14456

韃靼そばまで食べたようです・・・一人だけ二枚も頼んでますね・・・誰の分だろ・・・


なんとなく、「もう飲めません。」とゆーwingさんの声や、「もうバスがありません。」とゆー赤チャリさんの声を、
かすかに聞いたような気もするのですが・・・川端さんはいったい???







m98k at 00:12│Comments(5)TrackBack(0) mixiチェック フラッシュライト、ランタン | その他アウトドア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2012年12月12日 13:57
>>・・・川端さんはいったい???

私、吞まねーし、基本夜あんま食わねーんでね(^^;

屯鶴峯とその地下壕。しかしというかやっぱりというか、探検系の遊びは楽しいですね。
そもそもイベントとしておもしろいし、新しい道具も試せるし、必要な物の選定もリアルに出来る。
ワタクシ今回の反省は、やっぱコードの類を持ってなかった。そしてそれを忘れてたこと。精進しよう。うん。。。

ともあれ、お疲れさまでした。
何年か先にでも、また行けるといいですねm(_ _)m
2. Posted by TOMO   2012年12月12日 16:24
あ~ららら、またまた後半は記憶喪失の旅ですね。
トシがトシなんだから、ほどほどに。(おたがい)

ところで、今回、「白子のおでん」に激しく反応。
タラの白子、北海道ではポピュラーな食材で、私にとっては
ソウルフードの一つなんですが、こちらではとんと見かけない。
タラそのものもあまり食べないようで、切り身とかも見かけません。
白子、食べたいなあ。
3. Posted by 98k   2012年12月12日 21:49
>川端さん
いやあ、二回目でもけっこう楽しかったですね・・・後半はあまり覚えてないけど・・・
わたくしも今回、ドッペルチェアのテーブルをデビューさせましたが、やはり重さのわりに天板が小さかったです。
まあ、いろいろと試してみて、みなさんにも人身御供になっていただいてですね・・・


>TOMOさん
いやあ、今回も記憶がしっかりしてるから、まだまだ大丈夫ですよ・・・前半だけですが・・・
>>白子のおでん
たしか、wingさんと赤チャリさんを大阪・天王寺で無理やり引き留めて、新世界名物の「串かつ」屋へに連れて行こうとして、
途中で「京風おでんと蕎麦の店」を発見、みなさんそれ以前から蕎麦が食べたかったのでふらっと入った・・・はずです。
タラの白子、そーいや、大阪でもそんなに多くはないですが、ちょっと探せばスーパーでも入手することができますよ。
白子のおでん、けっこうおいしかったですが・・・あうのはやはり熱燗ですねえ・・・
そーいやwingさんに、「まあまあまあ、そうおっしゃらずに、あと一本だけ・・・」とか言ってたよーな記憶も・・・
4. Posted by alari540   2012年12月14日 10:10
いいなァ~。
屯鶴峰、地殻変動で三河辺りへ来ないかしらん?白子のおでんも。
5. Posted by 98k   2012年12月14日 19:59
>alaris540さん
まあ、あと数(億)年もすれば、三河湾どころか北米大陸まで届くでしょうから、防空指揮能力も高まるでしょう。
白子のおでんはそちらで見つけて食べて下さいね・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2012秋・京都散策その3ディフューザーとノートブック