森見登美彦作品を読む1今度はジムビームを・・・

2013年02月04日

ALOCSアダプターと・・・

ええと・・・今回ご紹介するのは・・・正確には・・・

「ALCOS分離式アダプターOD缶CB缶どちらも使える万能セット」とゆーやつであります。




そう・・・

RIMG14781

アウトドア用のボンベ一体型バーナーやランタンを分離型にするALOCSアダプターCS-G07(右)と、
メーカー不明のカセットガス仕様に変換するアダプター(左)のセットであります。






たとえば・・・

RIMG14782

右にあるP-153バーナーはボンベ一体式ですが・・・







このALOCSアダプターを使うと・・・

RIMG14769

このような分離型バーナーになるのであります・・・



そう、以前TOMOさんが紹介されてた「スパイダーキット」の廉価版とゆーかなんとゆーか・・・であります。

さすがに廉価版だけあって三脚部分の強度にやや不安はあるものの、接合部そのものはしっかりしてるようで、
ざっと試したところ、とりあえずガス漏れ等はありませんでしたので、まあまあ使えそうです。


まあ、これにより、バーナー本体の位置が低くなって安定(三脚部分の強度にやや不安はありますが・・・)しますし、
ボンベが本体から離れますので、大鍋や鉄板を載せたとき、その下にボンベがないのは安心です。

さらにこのアダプターにはボンベ側に調節つまみが付いており、ボンベ側で火力調節ができるのも便利そうです。


(2/12 緊急追記です。)
自宅でふつーに(バーナー側を全開にしてからボンベ側を少しずつ開けて)試した時は問題なかったのですが、
昨日実地で点火後、試しにバーナー側を閉じていってボンベ側を全開にしていったら、バーナー側接合部から、
生ガスが洩れて引火しました。
やはり接合部(シールド)はある程度以上のガス圧には耐えられず、この記事のコメント8に書いたように、
金属材料や塗装材料も、高熱に耐えられるようにはなっていないようで、あくまで使用は自己責任です。





で、このアダプターのボンベ側に、もうひとつのメーカー不明アダプターを装着すると・・・

RIMG14770






RIMG14771





RIMG14787



RIMG14788

ホースを繋いだ画像がありませんが、お安いカセットガスも使えるようになるのであります。




と、ここでご注意・・・

「家庭用ガス機器」については「消費生活用製品安全法」、「ガス事業法」、「液石法」等により、
登録検査機関による、一定の検査に合格することが前提となっているようです。


で、「家庭用ガス機器」である「カートリッジガスこんろ」とゆーのは・・・
液化石油ガスを充てんした容器が部品又は附属品として取付けられる構造のもの」だそうですから、
これらも該当するのかも知れませんが、おそらく検査は経ていないでしょうし、合格マークもありません・・・

ですから使用はあくまで自己責任、ガス漏れなどの不具合には合格品以上に注意する必要があります。

まあ、カートリッジガスを使った「こんろ」事故の大部分は、一体型に大きな鍋や鉄板を載せて高温になったり
接続がいい加減でガス漏れしてたり、ボンベを暖めて残ったガスを使い切ろうとしたりといった、
使用上のミスがほとんどだそうで、パッキンの劣化や器具の欠陥による事故は少ないようですので、
その意味でもやはり自己責任なのでありますね。と、いちおー自分にも言い聞かせておきます・・・









つーことで、こちらのALOCSアダプターのスペックはこんな感じです・・・

RIMG14778

まあ、「国際標準螺紋」のカートリッジとバルブには適合するようですが・・・

P-153のような小型軽量バーナーと合わせて持つ場合、びみょーな重さではありますね・・・









ちなみにALOCSとゆーのは・・・

RIMG14775

中国・寧波市にあるKINGPOOLとゆー会社のブランドなんですね・・・「為路客」とゆーのがアウトドアっぽい・・・






m98k at 03:04│Comments(10)TrackBack(0)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | その他アウトドア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2013年02月05日 18:15
安全性的なアレがナニでコレっぽいってーウワサもありつつなのかも知れませんが、確かに便利そうですね。
こういうので純正出りゃいいのになぁ・・・
2. Posted by 98k   2013年02月05日 21:40
>川端さん
そうなんですよねえ・・・安全性的なアレがナニでコレっぽいってゆー気もしますから、使用はあくまで自己責任ですね・・・
TOMOさんが紹介されてたスパイダーキットは純正品だったと思いますが、なにせお値段が・・・それにカセットガス使えないし・・・
ま・・・
「わしは昔からパチもんばっかり使って鍛えられてるから、大丈夫なんや! がははは」
とか、
「何度もバーナーからガソリン洩らしてテントとか焼いてるけど、まだ生きてるから大丈夫なんや! げひげひ」
などとゆーのを「体験の加工」とゆーのですね。安心安心・・・(違)
3. Posted by combatfox   2013年02月06日 21:21
いやはや、実は私も同等品を探っておりましたw安全性があれでこうなってどうなのよって感じで踏み切ってなかったのですが、純正もしくは信頼できるメーカーから出して欲しいですよね~w私的には各種アダプターだけでも安心して使えるものを世に出せば成り立つのではないか?と思います。たとえば、液燃料ストーブをOD缶やカセットガスで使用できるようにするアダプタとか、その逆もありですねw液体燃料系・カセットガス系・OD缶系大きく3つが主流だと思いますが手持ちのバーナーで上記の燃料を自由に使えたら便利♪なんて贅沢を言っておりますが、ジェネレーター必須とか気化の関係でそうも行かない部分も多いとおもうけど、汎用性はまだまだ未知数ではないかとも思います。
4. Posted by 二日酔いの猫   2013年02月06日 23:42
大~~変ご無沙汰しておりましたm(_ _)m
今年もよろしくです

またまたおもろいもんを見つけて来ましたねぇ
私が現在のメインにしている火器はギガパワーデルタポッドODなんですが、ぢつは「コベアアダプター」(スパイダーでも使用可)なるものを入手してCB缶も使えるようにしております。(自己責任)
分離型は低重心の安定性と風防で囲った時の安全性にアドバンテージがあると思います。

まぁ若い頃は液燃のピーク1をコタツの上で火達磨にしたり、ブルーガスの使用済みカートリッジを焚き火に放り込んで爆発させて見たり(ホントにバカ)してましたけど何とか生き延びてますので(笑)

あ~3月中旬位に梅田に出没予定
詳細は決まり次第連絡いたします
5. Posted by 98k   2013年02月07日 00:01
>combatfoxさん
まあ、日本で正規のガス器具として流通させるのはなかなか大変なようで、
韓国のKOVEA社なんか、スノピやイワタニにOEM供給してるのに、日本では「正規品」とはされないようですね。
ま、そのKOVEA製品も実際に作ってるのは中国のメーカー、そこから自社ブランドで出てるやつは、全く同じものでもはるかにお安い・・・
つーことなんですが、とーぜん保証の限りではありません・・・つーことなんですね。
マルチフューエルのバーナーもありますが、ブタン・プロパン系か液体燃料系かで大きく変わりますし、
ジェネレーターなしのガス系同士でも、ノズル交換を要する場合もありますから、
やはりCB缶とOD缶の共用程度にとどめておいた方がいいでしょうね。
6. Posted by 98k   2013年02月07日 00:17
>二日酔いの猫さん
ほんと、おひさしぶりですねえ・・・
そちらの隣県のcombatfoxさんにお返事を書いてる最中にコメントをいただいたのですが、
ちょうどKOVEAの話題を書いてたところで、国際社会では充分信頼を得ているメーカーですから、そっちは安心ですね。
上記コメントのとおり、世界中で売られているKOVEAのバーナーやアダプターが、日本では検査を受けてないので「自己責任」なんですね。
で、ギガパワーデルタポッドに関して、面白い記事を見つけました。

ttp://blogs.yahoo.co.jp/tantei_sakai2/29608019.html

これを拝見すると、わたくしのアダプターなんかは、はるかに一流メーカー品のような気分になりました。

たしかに分離型になると重心が低くなって安定するだけでなく、風対策にも有効ですね。

つーことで、3月中旬にはぜひお会いしましょう。それまで火達磨にならないように・・・

7. Posted by きたきつね   2013年02月09日 15:08
98kさんのアダプタもさることながら、6.で紹介されているURLで画像を見たらそっちの方がほしくなってきたなぁ。
いかんなぁ、98kさんのと同じのを値段やオクで確認してしまってポチりそうになったところで我に返ったばかりなのに・・・。
8. Posted by 98k   2013年02月11日 00:47
>きたきつねさん
いやあの・・・
昨日、さらに実地テストをしてきましたが、バーナー側のコックを閉じてボンベ側のコックを全開にすると、
バーナー側接合部から生ガスが漏れて引火しました。
まあ、逆にしたり、ふつーに燃焼させる程度では問題はなかったのですが、金属加工に詳しいwさんやhさんによると、
金属材料や塗装材料とガス燃焼との関係について、あまり知識のないものが製作したのではないかと・・・
URLのやつも含め、やはり日本の合格品やKOVEA製などに較べるとかなり不安ですね・・・
まあ、きたきつねさんはランタン・バーナーの専門家ですから、すぐに安全な物に改造できると思いますが・・・


9. Posted by 二日酔いの猫   2013年02月20日 00:42
ご紹介の記事は以前見たことがあります
この機種は気化管がショボイんですよねぇ
スノピの分離型を手に入れたのは、気化管があるタイプだと「○出し」ができるので寒い時期でも安定燃焼が可能なためマルニハスキナコトバヲ・・・・w
「○出し」はバルブ操作に時間差が出るのでちょっとコツは要りますが
先日知人からさらにEPIの分離型をもらいました
こちらも初期型で燃焼カロリーは低いものの気化管付きなのでラッキーでした

98kさんの例のナベ
スモークするのにアルミフォイル(2重がオススメ)しいてのスモークは可能ですが、その成分がかな~り細部に食いこみますので直後に鍋なんかするとそちらも燻製風味に成ること請け合いですw
出来れば止めといた方がよろしいかと
10. Posted by 98k   2013年02月20日 20:35
>二日酔いの猫さん
うーむ、「○出し」についてはわからないので、次回お会いした時にじっくりとご教示ください。

スモークする際にはチップの下にアルミフォイルを敷いてやってみます。
でも、ステンレスにまでチップの風味が付着するんですねえ・・・まあ、それより強烈な香りと味付けの鍋にすればいいわけで・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
森見登美彦作品を読む1今度はジムビームを・・・