2013年02月12日

2013耐寒照射OFF会その1

先週の土日、ライト好き仲間のOFF会に参加してきました。

ええ、雪景色の野外で、フラッシュライトを照射して宴会して楽しもうとゆーOFF会であります。ぶるぶる

当初は完全なスノーキャンプ!!!・・・とかいってたのですが、参加者の装備や体力を考えると、結局、
クルマで行けて、素泊まり小屋と水道トイレ程度があって、しかも雪中照射と雪中宴会ができるところ・・・
とゆーことで、川端さんが検索した兵庫県神崎郡神河町にあるグリーンエコー笠形のログキャビンを予約しました。

本来ならこのブログサイトでも一般募集して、大勢で楽しみたかったのですが、なにせ5人用のログキャビン、
参加人数が不確定ではマズいので、今回は5人だけのOFF会となりました。

メンバーはいつもの関西のライト仲間、wingさん、red-bicycle(赤チャリ)さん、川端さん、わたくし98kの四人に、
寒くなってくると西へ来てライトを照らすとゆー、関東のライト好きのhiguさん、の五人であります。

いつもながらライトの紹介や照射画像はありませんが、ま、そちらは他の参加者のサイトをご覧いただくとして、
こちらのサイトでは(いつもながら)食べ物画像を中心に、さくさくっと紹介させていただきます。





川端号が大阪で98k、神戸でwingさんをピックアップ、赤チャリ号がhiguさんを新幹線の姫路駅でピックアップ、
福崎インター近くのスーパーに五人が集合したのは、土曜日の昼前でした。

で、さっそく買い出ししてそのまま昼食・・・の予定でしたが、例によって、アロエジャムとか、スキムミルクとか、
はたまたこの酒もあのつまみも、いやいや肉の追加も・・・とかやってるうちにたちまち時間は過ぎ、

結局すっかり遅くなってからの昼食は、グリーンエコー笠形のレストランになりました。

RIMG14800




RIMG14803

神河町名物のゆずの入った「ゆず味噌焼きうどん定食」・・・ただし少食の川端さんはゆず味噌焼きうどんの単品・・・


「がつがつがつ・・・はふはふはふ・・・もぐもぐもぐ・・・あっ、ビール頼むの忘れてた・・・」


と、めずらしくアルコール抜きの遅い昼食で、ようやく凶暴性が収まった御一行・・・

RIMG14801

さすがにまだ明るいので、ライト談義ではなくライター談義なんぞを・・・

ちなみに中央はhiguさんが「焼きを入れた」チタンのジッポーであります。じゅるじゅる



で、レストラン棟や豪華なロッジとは離れた山奥にある、素朴なログキャビンとテントサイトのあるエリアに到着。

RIMG14804

手前のログキャビンが今夜のお宿、右端の山道の下に炊事棟とトイレとテントサイトがあり、そちらが宴会場・・・
になるのですが、こんな季節に暖房もトイレもないログキャビンを利用する者はなく、まさに貸し切り状態・・・

で、看板にもあるとおり、こちらの冬の名物は、400m先にあるオウネン滝と、800m先にある扁妙の滝の・・・




全面凍結・・・そう、氷瀑であります。


とくに扁妙の滝は落差が65mあり、その氷瀑はけっこう有名なようで、この日も大勢の登山客がありました。

で、今回の目的のひとつは氷瀑の夜間照射、とりあえずログキャビンに荷物を入れて、まずは明るいうちに・・・

RIMG14806

氷瀑の下見に出発であります。






RIMG14808

けっこう急な山道をひいひいぐんぐん登って行くと・・・






RIMG14809

まずはオウネン滝が見えてきました・・・って、赤チャリさん、この気温で腕まくりすることはないでしょう・・・

ちなみに構えておられるのは、今年になって発売当初の半値以下になったのでついつい購入されたとゆー、
フジの30倍ズームの・・・えーと、なんでしたっけ赤チャリさん・・・なにせ説明をお聞きしたのが宴会後だったもので・・・







ま、残念ながら・・・

RIMG14814

オウネン滝は、この日は凍結してませんでした・・・





で、さらに・・・

RIMG14816

ひいひいどんどん高度を稼いでいくと・・・






RIMG14818







じゃーん

RIMG14819

ようやく扁妙の滝に到着・・・こちらの滝壺付近はほぼ全面凍結してました。










RIMG14823

気温はちょうど零度・・・午後の比較的暖かい時間帯でしたが、朝方ならもっときれいなんでしょうね・・・





ちなみに・・・

RIMG14824

この位置から見えるのは滝の下段部分のみ、上段2/3ほどはここからはまったく見えません。







RIMG14829

まあ、滝に陽が当たれば、もっときれいなんでしょうね・・・





RIMG14835

って、赤チャリさん、この気温で腕まくりしなくていいの・・・そーいやhiguさんも腕まくりしてたな・・・








で、扁妙の滝全体が見える「滝見台」を目指して、さらに登ることになったのですが・・・

RIMG14841

こちらが滝見台へと続く「天空の階段」・・・




RIMG14842

まさに天空へと続いてて、天空から川端さんが蹴り落とす雪の塊が次々と降りそそぎ・・・ひいひい・・・






で、なんとか滝見台まで登ると・・・

RIMG14847

扁妙の滝の全容が見えます・・・って、赤チャリさん、ようやく袖を下ろしたようですね・・・

ご覧のとおり、滝壺では見えなかった上段2/3ほどは凍結せずに滔々と流れてました。





ま、せっかくなので・・・

RIMG14852

滝を撮ったり・・・







RIMG14848

周辺の山々を撮ったり・・・

ちなみに右下に小さく見えてるのがログキャビン前の駐車場、よくまあ登ってきたものであります・・・




で、奇跡的に全員無事にログキャビンまで戻り・・・

BlogPaint

ライト談義で盛り上がりつつ、炊事棟での宴会準備へ・・・

この後、室内ではみなさんのお土産交換とかがあって、テーブル上は珍しいライトで埋まったのですが、
わたくしは宴会準備に余念がなく、残念ながら画像はありませんが、今回もいろんなものをいただきました。

で、higuさんが四人にストリームライトのナノをプレゼントして下さった後で、

「で、これを誰かさんに預けておくと、もっと明るくなると思いますよ。むひひひ」

といった途端、残る三人が封も切らずにwingさんに投げ渡してたのは、ごく自然な成り行きでしたね。
いやあ、完成品を見るのが楽しみだなあ・・・げひげひ








で、すっかり暗くなったので、すでにマイナス二度を切っている、コンクリート造り、吹き抜けの炊事棟に移動・・・

BlogPaint

まずは、すっかりおなじみとなったwingさん持参のスパークリングワインで乾杯!!!




その後は・・・

RIMG14856

こちらもすっかりおなじみとなった、二日酔いの猫さん特製の通称「猫ベーコン」・・・




これをスライスして、わたくしの「ミニ鉄板焼き器」で焼いたり、




その後は・・・

RIMG14861

雰囲気を変えて、岩塩プレートで焼いたみたり・・・




RIMG14860

もちろん、大量の焼き肉やステーキも次々と・・・







RIMG14862

さらには焼きシイタケに焼きおにぎり・・・その後は肉厚の巨大な焼きホッケなんぞも次々と焼いて・・・

ちなみに左上、higuさんが三本目を空けてるのはわたくしも大好きな麦とホップの黒であります。






で、宴会の合間にテントサイトに出ては星空を眺めたり、雪の残る対岸を照射したりしてはまた戻り・・・

RIMG14859

こちらもwingさん差し入れのおいしい赤ワインを開けて、さらにスープ餃子に行こうとしたのですが、
さすがにお腹がいっぱいになってきたのと、気温がマイナス4℃を切ってきたので、とりあえずキャビンに戻って・・・






BlogPaint

こちらもおなじみとなった、川端さんのマジックショーや、バーボンの飲み比べ、甘い物の食べ較べ、
さらには赤チャリさんお得意の「スキムミルク一気飲み!!!」などなど・・・

そう、暖房設備のないログキャビンでしたが、凍死者を出すのがためらわれたのか、あまりに不憫に思われたのか、
管理人さんのはからいで、画像でご覧のとおり、石油ファンヒーターをセットしてくれてたのであります。

いやあ、これはじつにありがたく、けっこう薄着で延々と深夜まで、ライト談義が盛り上がったのであります。


(以下、次号に続きます。)




m98k at 02:58│Comments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by cinq   2013年02月12日 20:04
いつも楽しそうですねー(^^)
しかし、寒いの苦手なので極寒OFF以外のに参加してみたいです。

で、今回98kさんに殴られてお宝を奪われたのは誰なんですか?
2. Posted by 98k   2013年02月12日 20:43
>cinqさん
おひさしぶりです。
寒いの苦手・・・って、こちらよりはるか北国におられるのに・・・

で、わたくし、みなさんと違って、お宝を奪ったりなどとゆー乱暴なことはできるわけもなく・・・
あれっ、なぜか手元にお宝が・・・
3. Posted by TOMO   2013年02月12日 23:20
いやいや、寒いのが苦手なのがここにも一人。
私、よんどころない事情があって、十日ほど北海道に行っていたのですが、やはり冬の「生活温度」は北海道が一番高い。
九州に帰ってきて、室内でも寒いのに閉口し、風邪までひいてしまいました。
でも、雪中キャンプはたのしそうですね。
昔々、かまくらというかイグルーもどきというか、そんなもののなかで一晩過ごしたのを思い出します。
4. Posted by 98k   2013年02月12日 23:59
>TOMOさん
今回、当初はスノーキャンプ案、次に暖房水道トイレ付きのコテージ案になり、最後はその中間になりました。
まあ、悪天候を前提に考えると賢明な選択でしたし、「お情け」で石油ファンヒーターをおいてくれてたのは、
正直言ってありがたかったです。やはり大阪市内に較べてかなり冷えましたから。
やはりほんとに寒い地域では、基本的に暖房は必需品なんでしょうね。
ちなみに我が家も基本的には・・・暖房なしです・・・
5. Posted by 二日酔いの猫   2013年02月13日 00:08
あ~また自分たちだけ楽しんで!
まぁ誘われてもホイホイ行ける距離じゃないんですが・・・

赤チャリさんの腕まくりをえらい指摘されてますが98kさんはいつもの迷彩Tシャツ一枚だったんでしょ(笑)
wingさんもかわいそうにベーコン巻き上げられて
でも塩辛いベーコンをさらに岩塩に乗せて焼くなんてなかなかチャレンジャーですね
6. Posted by higu   2013年02月13日 00:57
お世話になりました<m(__)m>
いやあ、凄く楽しかったです!

二日酔いの猫さんベーコンご馳走様でした!!!
塩味がツマミにピッタリです!

滝見に行った時は98kさんが一番汗かいていたような・・・

しかし、皆さんの装備が素敵過ぎて物欲が刺激されました。
とりあえずは椅子が欲しいですね。ブログの過去記事を参考にさせていただきます!
7. Posted by 98k   2013年02月13日 01:12
>二日酔いの猫さん
いやあ、今回も猫ベーコンのお相伴にあずかりました。しかも大量に・・・じつにおいしかったです。
ちなみにわたくし、今回はちゃんと長袖のフリース着てまして、おかげで汗まみれになりましたが・・・


>higuさん
こちらこそ、いろいろとありがとうございました。
けっこう大勢の登山客でしたが、袖まくりをしてたのは二人だけでしたよ・・・
椅子について・・・
安定するのはヘリノックスですが、より小型軽量でロッキングできるのはモナーク、しかも居眠り防止機能まで・・・
8. Posted by 川端   2013年02月13日 11:28
前記事で拝見した時には正直「どーかなぁ?」ってな印象だったのですが、ミニ鉄板焼き良いかったですね。
軽いし容積取らないし、実用十分だし。個人的にヒットしたので購入を検討中ですm(_ _)m
例えば各自がイス・テーブル・カトラリー・バーナー・ミニ鉄板みたいなソロセットなら、人数に応じてだいたいどこでも即焼き物宴会になだれ込めそうな気がしました(^^ゞ
9. Posted by wing   2013年02月13日 20:24
今回も楽しくて、美味しくて!ありがとうございました。
次回は樹海ですね~(^^)
10. Posted by 98k   2013年02月13日 20:51
>川端さん
今回も送迎ありがとうございました。
>>ミニ鉄板焼き器
ま、厚さ1.2mmの鉄板とゆーのはどうかな・・・とも思っていたのですが、
少なくとも、1mmもないアルミクッカーのフタを使うよりは、はるかにそれらしかったですね。
確かにこれ、正方形ですから四枚つなげば大きな鉄板に・・・
でもいくらつなげても、大人数の焼きそばやお好み焼きはできませんね!!!


>wingさん
いやいやこちらこそ、いろいろとごちそーさまでした。
そう、次回は樹海OFF会、緯度と経度だけ指定して現地集合、現地解散とゆーことで・・・むひひひ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字