調味料入れ濃い味とプライムリッチと・・・

2013年03月13日

ウルトラライト・・・パックカバー

ウルトラライト・・・パックカバーであります。





RIMG15087

正確には、イスカ(ISUKA)ウルトラライトパックカバーLグリーン・・・

30デニールのコーデュラナイロンにシリコンコーティングしたもので、スペックでは重さは僅かに95g・・・



土砂降りの雨が確実な場合は、ふつーはアウトドアでは遊びませんから、レインカバーについても、
長期山行でない限りは、ツェルトやエマージェンシーキットなどと同様、一度も使わないかも知れないので、
リュック本体やテントなどとは異なり、耐久性は少々悪くても、なるべく小型軽量になるほうがありがたいです。

そう、ゴアテックスなどのレインウェアやポンチョなら、雨具以外の用途にも使えますが、パックカバーは、
あくまでリュックの雨対策専用、歩行中に相当の雨が降った時にしか使わないものなのであります。




RIMG15085









ええ、仕舞寸法もちっちゃいです。

RIMG15086

右は大きさ比較用のFENIX MC-10で高さは約10cmであります。







わたくしのグレゴリーZ45とゆーリュック、Lサイズなので容量が50リッターですから・・・

RIMG15084

今回は45~60リッター対応のLサイズにしたのですが・・・









RIMG15080

リュックに荷物をめいっぱい詰め込んだ場合には、ちと、ちっちゃかったかな・・・






と、一瞬思ったのですが・・・

RIMG15083

まだまだ余裕があり、サイドやトップに、食糧と飲料をたっぷり追加しても大丈夫です。げひげひ









リュックに被せてから、まず背面部の周囲に仕込んであるゴム紐を絞り込んでフィットさせ・・・

RIMG15081

上部は縫いつけてあるフックとリングで、リュックのハンドループに通して固定する仕組み・・・






RIMG15082

中央部はゴム付きのベルトで固定する仕組みで、ボトムにはドレンホールが付いてました。


ま、ごくふつーのパックカバーであります。


すでに何度か書いてますが、ポンチョを持てばパックカバーなんぞは不要、タープなどにも使えて通気性もよく、
わたくし、お気楽な山歩きやキャンプにはポンチョを愛用、条件によってはレインチャップスとセットにします。

ただ、寒い季節やそこそこの山歩きで、防寒防風アウターを兼ねてゴアテックスなどの雨具にする場合は、
やはりパックカバーが必要なわけで、タープ兼用のポンチョをリュックに巻き付ける・・・のも可能ですが、
雨具があるのに別にポンチョを持つ、とゆーのも重いし、なんか損した気分になるし・・・

特に稜線などの横なぐりの雨になると、しっかりした雨具上下とパックカバーは必需品であります。
ええ、わたくし3000m級の稜線で雨に遭い、ポンチョと短パンとショートスパッツだったことがあります。
ポンチョは風でズタズタに裂け、山小屋に着いた時には全身ずぶ濡れ、リュックもずぶ濡れでした。


とゆー次第で・・・


パックカバーも、雨具との組み合わせや状況によっては、やはり必要なアウトドアグッズなのでありますね。







ところで不可解なP.S.

わたくし今回も、購入にあたって某アマ○ンを利用した・・・のですが・・・
この商品、アマ○ンではずっと2.6kほどのお値段だったんですが、ある時、突然2.2kほどになったので、
思わずポチってしまったとゆー次第なのであります。

ところが、わたくしがポチった途端、お値段がまた2.6kほどに戻り、本日現在では僅かに下がっています。
これにはどうも在庫数も関係してるようで、わたくしが突然値下がりしたのをたまたま発見してポチったのは、
たしか在庫数が4点から3点になった瞬間でした。
で、わたくしが購入して在庫数が2点になった時点で、またすぐに元のお値段に戻ったようです。

じつはわたくし、よく似た経験があったので、今回ちと調べてみると、某アマ○ンでは在庫数以外にも、
価格ド○トコムの平均価格など、いくつかの指標に連動して、刻々とお値段を変化させているとか・・・
で、さらに商品によっては、いきなりお値段が10倍になったり、逆にどどんと下がったりすることもあるとか・・・
うーむ、お安く買うことに執念のあるわたくしとしては、なかなか目が離せないとゆーか、なんとゆーか・・・





m98k at 22:44│Comments(4)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TOMO   2013年03月13日 23:07
きれいなカエルさん色のパックカバーですね。
私も昔一つ持っていたのですが、雨の日は引きこもるという軟弱者ですので、
正規の使い方はしたことがありませんでした。
でも、バイクの後ろにくくりつけた荷物の雨よけに大変よろしいことに気がつき、
使っているうちにあちこち裂けて、おシャカに....という記憶があります。
2. Posted by 98k   2013年03月13日 23:21
>TOMOさん
すばやいコメントありがとうございます。
じつはわたくしも、異なるサイズのパックカバーをいくつか持っていたのですが・・・
すべて奥様が、楽器なんぞを入れた大型バッグのレインカバーとして使用されましてですね・・・
ええ、徹底的に破壊し尽くされたのでございますよ、哀しくもきっぱりと・・・
3. Posted by きたきつね   2013年03月14日 11:00
私の場合、OSPREYのKODE30がふたつ。
こちらは雪まみれ前提なのでパックカバーは考えたことがありません。
残るひとつはドイターですが確かFutura26ってモデルだったはずですが、モデルチェンジされてるみたい。
Futura26にはデフォでパックカバーが下側に内蔵されてるんですが、使ったことないですねぇ。
そもそも、Futura26を使うようなシチュエーションではハードオフにて1,500円でで買ったルコックを持ち出しています。
ええ、貧乏性なので高いものより安いものを持ち出してしまうんですよ。
このルコック、渓流でコケて下1/3が水に浸かっても浸水しなかったという実力の持ち主。
加えて手荒く扱ってももったいなくはないので私にピッタリ。
もったいなくないので買ってすぐに自分でウエストベルトまで追加してます。
4. Posted by 98k   2013年03月14日 22:13
>きたきつねさん
うーむ、やはりそちらでは、雪まみれ前提なんですねえ・・・こちらではついつい無視しがちですが・・・
で、オスプレーとドイターをお持ちなのは、そちらの記事で知ってたのですが、ルコックとはまたオサレなものを・・・
大阪ではハードオフは二店舗しかなく、行ったことはないのですが、けっこうお安く入手できるんですね。
わたくしもいつか寄ってみます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
調味料入れ濃い味とプライムリッチと・・・