備中備後・鞆の浦編2013春・矢作川OFF会報告前篇

2013年04月26日

備中備後・尾道編

(期間限定のお知らせ)
2013年4月26日27日に京都・亀岡で開催される、植林ボランティア展へのお誘い記事は
こちらです。


備中備後一泊旅行記事の最終回、尾道編であります。

尾道・・・

わたくしは、大好きな大林宣彦監督の「尾道三部作」とかでしか知らないのですが、昔からいろんな文人や歌人に、
愛された町のようで、ゆかりの深い名所・旧跡も多いのですが、やはり坂道の風情ある町として有名ですね。

尾道編とはいっても、今回はもっともポピュラーな千光寺公園を散策しただけ、ほんとは尾道三部作のロケ地や、
坂道の風情をじっくりと楽しみたかったのですが、高齢者に坂道の町を延々と歩かせるわけにもいかず、
かといって、クルマで廻ったのでは風情を楽しむとゆーより迷惑になるだけですし・・・げほげほ

で、山頂に一番近い駐車場にクルマを入れて、まずは山頂展望台に向けて登りはじめます。ひいひい

RIMG15296





RIMG15298

まだ一部に桜花が残ってましたが、千光寺公園は桜の名所、前週までならもっと凄い人出だったんでしょうね。



ひいひいいいながら、ようやく山頂展望台に到着であります。ひいひい

RIMG15303

手前に見えるのが安藤忠雄氏の設計による、リニューアルした尾道市立美術館、館内からの眺望も絶景とか・・・









RIMG15300

平地が少なく、手前の山の斜面にも家が並んでいるのがお分かりでしょうか。ほんとに坂道の町なんですねえ。






すこしズームアップすると・・・

RIMG15302

対岸の向島とを往復する、映画でおなじみのフェリーが見えます。






尾道は四国の今治に至る「しまなみ海道」の本州側起点、公園には案内もあったのですが・・・

RIMG15306






RIMG15307


昨年、ライト仲間4人でキャンプした無人島は載ってなかった・・・伯方・大島大橋を支えてるのに・・・うぐぐぐ




で、山頂からは、句碑が続く「文学のこみち」を下って千光寺へ向かいました。

ま、せっかくなので、句碑もひとつだけご紹介・・・

RIMG15309

日のかげは 青海原を照らしつつ 光る孔雀の 尾の道の沖    十返舎一九






文学のこみちを下りると、千光寺大師堂裏の大岩に出ます。

RIMG15312








この千光寺とゆー真言宗のお寺・・・

RIMG15317






巨岩に囲まれた名刹とゆーだけでなく、映画や韓国ドラマのロケにも使われているそうで・・・






RIMG15316

けっこう若い人たちでいっぱいでした。







ちなみにここからは、昨年、ライト仲間4人が楽しいはずのキャンプに胸を膨らませて・・・

RIMG15313



RIMG15314

しまなみ海道で最初に渡った橋、尾道大橋がよく見えます。(結局、無人島キャンプは雨に祟られましたが・・・)








こちらも大林作品に登場する、石で叩くとポンポンと音がするとゆー、

RIMG15321

ポンポン石(鼓岩)であります。
実際に奥様が叩いてましたが、ほんとに乾いた音が響いてました。




で、美術館前でソフトクリームなんぞで休憩し、もとの駐車場に戻ります。




「日本三大桜の子孫樹」だそうです。意味はわかりませんが、ここの3本は満開でした。

RIMG15322




RIMG15323












ちなみに芝桜は、この時がちょうど見頃でした。

RIMG15324


と、駆け足で倉敷、鞆の浦、尾道を廻りましたが、やはり瀬戸内沿いの古い町は独特の風情がありましたねえ。

特に鞆の浦は、倉敷美観地区のように整備されすぎてもおらず、まだ生活感も残っており雰囲気がありました。

いずれまた、ゆっくりと訪れてみたいものだ、と思った町なのであります。





m98k at 01:22│Comments(0)TrackBack(0) mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
備中備後・鞆の浦編2013春・矢作川OFF会報告前篇