植林ボランティア15周年・記念講演会のお知らせ季節は秋から冬へ???

2013年10月10日

リブズ・フロントパック!!!

当サイトの過去記事を画像付きで一覧できる「HISTORY VIEW」はこちらです。

(期間限定のお知らせ)
植林ボランティア団体N.GKS講演会への
お誘い記事はこちらです。



で、とーとつにリブズRIBZのフロントパックFRONT PACK、2012年モデルSサイズであります。


前から

DSCN1069





後ろから

DSCN1068





こんな感じにして装着すると・・・

DSCN1067








DSCN1075

こんな感じになる・・・はずです・・・

さすが専用フロントパック、ファスナーの開口部分などは装着時に使いやすい、絶妙の配置でした。


このシリーズには、レギュラー11.5リッターサイズとスモール8.2リッターサイズの2モデルがありましたが、
わたくしはこちらのスモールサイズを選択しました。

ええ、お安くなってた2012年モデルの売れ残りがスモールサイズだけだった、とゆーこともありますが、
さすがにレギュラーサイズになると、わたくしの身長・体格ではちと持て余しそうだったもので・・・
ひょっとしてレギュラーつーのは、大柄な白人男性にとってのレギュラーサイズなのかも・・・


リュックを下ろさずに取り出したいものを、身体の前面に装着するにはウェストポーチが便利ですが、
ヒップベルトのあるリュックではベルト同士が干渉しますので、リュックのヒップベルトやショルダーベルトに
目的に応じたポーチを装着することになります。

わたくしもずっとこの方法で、たいてい水筒と小型カメラを、それぞれの専用ポーチに入れて、
リュック左右のショルダーベルトに別々に固定、リュックと一体にしてたのですが、最近になって、
単独のウェストポーチとしても、リュックのショルダーベルトから吊り下げるチェストポーチとしても、
どちらにも使える2WAYポーチを購入した・・・のですが・・・

この2WAYポーチをはじめ、小型のチェストポーチはリュック左右のショルダーベルト両方から吊り下げるタイプ、
リュックを下ろすには、ポーチをリュックのショルダーベルトから、(少なくとも一方は)外す必要があります。

それにショルダーベルトから吊るすので、そのままでは前後にブレますし、上下を固定するタイプは、
リュックを下ろす際に、(少なくとも)二ヶ所を外す必要があります。

まあ、長距離を担いだまま歩き続けるのならいいでしょうが、わたくしのように頻繁にリュックを下ろして、
頻繁に宴会、もとい休憩する人間にとっては、けっこう面倒なわりに、容量も少なめ・・・

で、もう少し本格的な、チェストパックとかフロントパックと言われるやつを物色していた次第であります。


このタイプはミリタリーグッズとしてはおなじみで、ベトナム戦争当時、AK47の30連バナナマガジンを
チェストポーチに多数装着していたのが特に印象に残ってますが、ガンベルトのマガジンポーチなどを、
サスペンダーで肩から吊るしたり、弾帯や弾薬箱をたすき掛けにしたりするのは、世界中の軍隊が、
昔から採用している方法で、すぐに取り出せるとゆー利点以外にも、荷重を身体の前後に分散できる、
という利点があり、米軍などの最新型タクティカルベストもこれの進化形ですね。

この製品も箱絵にあるとおり、「EASY ACCESS」と「BALANCED LOAD」がセールスポイントになっています。

そう、同じ重さの荷物を肩に担ぐにしても、前後に配分すればバランスが良くなる、ということであります。
日本の伝統的な「振り分け荷物」も、その発想から・・・だったかどうかは知りませんが・・・

ただ、背面パックとちがって前面パックは、あまりでかくなると足元が見えず前傾もできなくなるので、
サイズとしては、せいぜいこのシリーズのレギュラーサイズ程度までが限界なんでしょう。

で、たとえば60リッターの荷物なら、後ろに50リッター、前に10リッターと振り分けることになり、
前の10リッターには歩行中に使うモノだけでなく、重いモノも入れてバランスをとるのが理想・・・


ちなみにこのタイプ、リュックを前に背負う感覚、とゆーより、ファスナータイプのベストを着る感覚ですから、
下ろす際も、ベストを一枚脱ぐような感じになります。

ま、リュックのショルダーベルトからチェストポーチを脱着するのと、これを脱いだり着たりするのでは、
どちらが手間かは、なかなかビミョーなところですが、少なくとも身体にフィットするのはこちらでしょう。





ちなみに空っぽにしてファスナーを分離するとこんな感じになり・・・

DSCN1072

マチの薄い4リッターのポーチがふたつ、といった感じですが、完全分離はできません。






で、ファスナーを閉じて合体させると・・・

DSCN1073

まあまあ、ふつーのショルダーバッグとしても使えそうです。


あとはこれを単独のウェストパックにする方法を考えれば、たちまち3WAYパックに・・・

って、さすがにこのサイズのパックを腰に巻くだけ、つーのはちと無理がありますね。

それにわたくしの腰には、いつも別のウェストポーチが装着されてますし・・・



ええ、ビール腹とかゆー、巨大なウェストポーチが・・・



そうかっ、わたくしのビール腹は、前後の荷重バランスをとるためだったのかっ!!!(違)






m98k at 01:01│Comments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ワンテンママ   2013年10月28日 21:15
コメントが遅くなりましたが…

装着した写真、ブラジャーに見えるのは私だけでしょうか?
2. Posted by 98k   2013年10月29日 22:57
>ワンテンママさん
いっ、いや、いきなり、そーいわれてもですね・・・
どーみても、アンダーバストから下に装着してるでしょ!!!
まあ、このあたりまでバストが下がってきたら、ひょっとして使えるかも知れませんが・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
植林ボランティア15周年・記念講演会のお知らせ季節は秋から冬へ???