とーとつキャンプOFF会のお誘い!!!2013星空キャンプ???前篇

2013年12月04日

グリーンポンイター???

当サイトの過去記事を画像付きで一覧できる「HISTORY VIEW」はこちらです。
(期間限定のお知らせ) 今週末からのキャンプOFF会へのお誘い記事はこちらです。


今回は「グリーンポンイター」のご紹介であります。


???



ええ、わたくしの参加している植林ボランティア団体の講演会用にですね・・・





DSCN1159

こんなのを購入したのですが・・・ちなみに付いてたのは、ダ○ソーのマンガン電池でした・・・










で、この商品・・・

BlogPaint

ご覧のとおり、商品名は「グリーンポンイター」になってました・・・あは







ちなみに、この納品書には、出力5mwと書かれてますが・・・

DSCN1161

本体のシールには、MAX OUTPUT POWER<5mwと書かれてます。

我が国では、1mwを超える携帯用レーザーの「業者による製造・輸入・販売」が規制されてるようですが、
通販では2000mwとかの高出力タイプもさりげに売られてますね・・・海外通販はもともと規制外でしょうが・・・






ま、5mw未満の中には、とーぜん1mw未満も含まれるわけで・・・

DSCN1162

斜めから近距離に照射しても、軌跡が見えるほどでもないので、ま、その程度の出力なんでしょう・・・

銃砲刀剣類などとは異なり、出力1mw以上でも持つこと自体には今のところ制限はないようなので、
たとえ出力が1mwを超えていたとしても、わたくしが持っていること自体に問題はないのですが、
(もちろん携行する場合は、その目的や場所などによっては、凶器と判断されることもあるでしょうが、)
これもエアガンや強力なライトと同様、間違っても人に向けることのないよう、注意しないといけませんね。

ちなみに0.2mwなら100秒間、瞬きせずに直視しても問題はなく(・・・って、100秒間も瞬きしないこと自体に、
問題はないのかっ?とツッコんでみる)、さらに1mwでも0.25秒未満なら直視しても目に影響はないレベル、
これが500mw以上になると、直視どころか拡散反射でも目に悪影響を与え、やけどなどの皮膚障害や、
照射部分の発火などを起こすようです。(ウィキペディアより)

わたくし以前、飛蚊症の治療でレーザー照射してもらったことがありますが、とある眼科のサイトをみると、
症状により50mwから2000mwまで出力を調整されているとのことで、50mwでも一瞬で焼けるんですねえ・・・




ちなみに大きさはこんな感じです。

DSCN1160

上は大きさ比較用のARC-AAAで長さは約7cm、その倍以上はあります。

単四電池2本2AAA駆動で、ボタンスイッチを押している間だけ点灯します。
スイッチの感触や電池とボディの隙間なんかは、ま、お値段相応とゆー感じです。


自宅が高層階で途中で人に当たる心配はないので、ベランダからビルの壁面に向けて照射してみましたが、
けっこう遠くのビルまで届きました。これならアウトドアでの目標物の特定にも使えそうです。

ま、夜間なら、これより強力な発光体を持った生物が、わたくしの周りに蠢いていることが多いので、
こんなのは無用ともいえるのですが・・・



で、この商品、納品書には、「室内/屋外/商務用」と書いてありました。

室内と屋外の兼用はよくわかったのですが、「商務用」とゆーのはいったい・・・???





m98k at 22:55│Comments(2)TrackBack(0)mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by red-bicycle   2013年12月05日 23:23
飛び道具ですね。
これくらいの出力だと星空を見上げながら『ホラ、あれがウィンネッケ4だよ (*^-^*)( ^_^)/ 』みたいなことは不可能なのでしょうか?
2. Posted by 98k   2013年12月10日 00:19
>red-bicycleさん
わははは、結果はご覧のとおりでしたね・・・
わたくし今夜中の記事アップは無理のようですが、そちらはいかがでしょう? 楽しみにしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とーとつキャンプOFF会のお誘い!!!2013星空キャンプ???前篇