飛鳥川ふらふら2015ボルネオ植林ツアーへのお誘い!!!

2014年12月05日

今井町ふらふら

前回記事からの続きであります。



奈良盆地の中央部、飛鳥川沿いをふらふらと遡上し、古い町並みの残る今井町までやってきました。

DSCN3956

案内図の右上にある「現在地」に到着、ちなみに飛鳥川は地区の東側(右側)を流れてます。





で、案内図にもあるとおり、地区の北東端のここには・・・

DSCN3958



DSCN3959

昔からランドマークになっていた、由緒あるエノキがあります。







じゃーん

DSCN3961




DSCN3957

ええ、こちらの「黄葉」もじつに見事でした・・・










DSCN3954




DSCN3955

さすがは「重要伝統的建造物群保存地区」、歯医者さんもそれらしく・・・








で、まずは地区の南東端にある、今井まちなみ交流センター「華甍」へ・・・

DSCN3982

明治時代に奈良県高市郡の博物館として建てられたそうで、今井町の歴史が無料でわかります。






さっそく今井町の食事処資料とかをもらってから内部を見学・・・

DSCN3964

昔の今井町のジオラマ模型・・・環濠を巡らせ守りを固めている様子がわかります。









DSCN3977

以前紹介した富田林の寺内町より、さらに規模は大きいようですね。







典型的な建物の模型・・・

DSCN3970






DSCN3971

内部までじつによくできてました。








こちらはスケルトンモデル・・・

DSCN3968


いやあ、こちらもじつによくできて・・・って、ジオラマや模型ばかり紹介してても仕方ないので・・・








地区の南端に沿って西へ進むと・・・

DSCN3983

環濠から町に入る門が復元されてました。







DSCN3984










DSCN3985

土塁と石組の組み合わせで囲んでたのでしょうか・・・







地区内に入ると・・・

DSCN3988





DSCN3986





DSCN3987





DSCN3990





DSCN3989

広い地区だけあって新しい家屋も見受けられますが、うまく色調などを合わせてありました。









たまたま環濠の西側では・・・

DSCN3994








DSCN3993

発掘調査の現地説明会が行われてて、何重にも重なった町の歴史が窺えました。







こちら西側中央あたり、環濠を一部復元した部分・・・

DSCN3995






この橋を渡って地区のメインストリートへ入ります。

DSCN3996






DSCN3997

右手が重要文化財の今西家住宅、ふだんは非公開のようですが、この日はたまたま開いてて、






ボランティアの方が説明されてたので、中に入らせていただきました。

DSCN4004

ええ、わたくしのリアキャリア上に輪行袋はなく、ジャケットと案内図だけであります。ううっ

帰りの電車に乗るためには、何か工夫しないといけません・・・






で、内部の様子・・・

DSCN4000





DSCN3999

ボランティアガイドのおねいさんが指し示す天井部分は・・・







DSCN4003

驚くほど高くなっており、豪壮な造りであります・・・









DSCN4001

内装もきれいに修復されてました。






さらに地区内をあてどもなく右往左往しました。

DSCN4005









DSCN4010

視界と弓・鉄砲の射線を遮るために、T字路や屈曲部が多いのが防衛上の特徴。









DSCN4012

こちらもT字路になってますね・・・









で、のんびりと今井町の町並みを楽しんだ後は・・・

DSCN4013

橿原神宮の紅葉を楽しむ予定でしたが、なにせ輪行袋を工夫しないと電車に乗れないので、
時間的余裕を考え、神武天皇陵や公苑には入らなかった・・・のですが・・・






ま、てきとーにブルーシートか大型ごみ袋を購入して、てきとーに畳んだ自転車をてきとーに包めば、
てきとーに電車に乗れるでしょう・・・なら、まだ時間に余裕があるので、あらためて橿原神宮へ・・・






・・・は行かずに、その近くにあった・・・

DSCN4015

餃子の王将で、まずは乾杯であります!!! 

ええ、あとはいつもどおりの展開になりましたとさ・・・どっとはらい・・・



今回は途中で輪行袋を落としてしまったのですが、結果的には駅近くのホームセンターへ行って、
ゴムベルト付きシルバーシート2.1m×1.8m=0.6kつーのを購入、これに包んで電車に乗りました。

なので往復電車利用となり、飛鳥川沿いの自転車道も15kmほどで全行程は短かったのですが、
大和小泉から大和川までの3kmほどは「落し物を探して」1.5往復、さらに今井町を右往左往したり、
ホームセンターまで行ったりしたので、自宅から駅までも含めて測ってみると40km以上あったようで、
帰宅した時点では、けっこうふらふらになってました。

ま、この日は帰宅後にシャワーを浴びてすぐ忘年会にでかけ、さらにふらふらになりましたが・・・



m98k at 01:05│Comments(2)TrackBack(0) mixiチェック その他アウトドア | 自転車ふらふら

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by red-bicycle   2014年12月07日 22:50
ごみ袋で輪行できるってのを試したのかと期待してました。
姫路駅で一度だけ見かけたことがあるので都市伝説でないのは確かですp(^^)q
2. Posted by 98k   2014年12月09日 20:32
>red-bicycleさん
返信が遅くなりました。

ええ、ホームセンターで大型のごみ袋を買おうとしたのですが、
どれも黒色10枚入りとかで、持ち帰っても使えないので仕方なくシルバーシートに・・・

何に包めば乗せてくれるのかは、鉄道事業者によってビミョーに異なるようですね。
全体を完全に覆わなければ乗せてくれない鉄道もあるようで、
ダホンでも今年から全体を覆うバッグタイプが出てますので、次はこれを買うしかないかなあ・・・でへへへ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
飛鳥川ふらふら2015ボルネオ植林ツアーへのお誘い!!!