室生寺(で)ふらふら(に)スクィーズ・ボトルとか・・・

2015年07月16日

ピーコックボトル!!!

ピーコックボトルであります。

ええ、またまたまた「ステンレス製真空二重保温容器」を買ってしまいました・・・
このカテゴリの製品、ネット通販では特価セールがけっこうあって、今回もなんと1/4以下になってたもので、ついついポチっと・・・



で、今度のはピーコック製のマグタイプで容量800ccであります。

DSCN4929




DSCN4941




DSCN4930





DSCN4931

重さは420gちょいで、容量があるだけにやや重いですが、昔に比べるとずいぶん軽くなりましたし・・・



さらに小さくなれば、さらに軽くなります・・・



そう、これで・・・

DSCN4944

比較的軽量なステンレスボトルは象印製360ccとタイガー製600ccと合わせて3点になったのでありますね。

ちなみに・・・
ゾウさんもトラさんもクジャクさんも、みなさん大阪の魔法瓶メーカーですが、これは国産魔法瓶の
黎明時代の大阪に、電球などを製造するガラス製品のメーカーが多かったことに由来するとか・・・







で、このゾウさんとトラさんとクジャクさんをですね・・・

DSCN4940

うまく組み合わせて、自転車用保冷ボトルとしても使うのであります・・・うふふふ

上記画像の2本では1400ccの冷たい飲み物を持ち運べることになり、600ccを360ccに代えると、
1160ccになり、600ccと360ccなら960cc、ご近所だけなら季節や距離に応じて1本だけ選べばいいし、
寒い季節なら2本のうち1本に温かいコーヒーやスープを入れておくこともできます。

ま、これまではラーケンLAKENの750cc(満水で800cc)ボトルを使ってたので、かなり軽量でしたが、
たっぷり氷を入れてご覧の保冷ケースに入れてても、炎天下ではすぐに溶けてぬるくなってました・・・
やはり水は冷たい方がおいしいですし、熱くなった体内を冷やすには一番有効ですね。

ちなみに真空二重ボトルを使う際には、あまり氷を入れすぎないようにしましょう。
あらかじめ冷やしておいた水なら、少量の氷でも半日は冷たいままですし、逆に氷を入れすぎると、
溶けるまで時間がかかりますので、どこかで水道を見つけてぬるい水を追加しないと飲めません。
逆に水道の使えるポイントが分かっているコースなら、補給を前提に氷を多めにしておきます。

ま、別に水道水でなくともコンビニや自販機で冷たい水を補給してもいいのですが、わたくし国内で、
ペットボトル入りの水を買うのは何となく抵抗があり、どうしてもスポーツドリンクとかになってしまいます。
で、スポーツドリンクだと口の中がベタつく感じになりますし、お茶とかでもいいのですが・・・

ただの水道水なら飲用以外にも顔を洗ったり頭からぶっかけたりと惜しげなく使えますし、山歩きと同じで、
ただの水は万一負傷した際の傷口洗浄や、眼に虫や埃が入った際の洗浄などにも使えますので、
最低限500cc程度の「水道水」は最後まで確保しておくようにします。
ま、非常用には保冷しておく必要はないし、氷だけが残っていることも多いのですが・・・

最近は保冷機能のある自転車用プラボトルも出回っているようですが、真空二重構造とは異なり、
保冷力は大したことないようで、やはりテントやシュラフと同じく快適性か軽量性かの選択になりますね。

とーぜん、わたくしはテントやシュラフと同じく、まずは快適性を優先してしまいましゅが・・・

って、ルーベSL4用の装備も約一ヶ月でかなり充実してきましたが、やはり走行装備より休憩装備、
快速性より快適性とゆー、わたくしの明確なコンセプトが、きっぱりと見えてきましたね・・・がははは






m98k at 01:30│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 自転車ふらふら | その他アウトドア

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
室生寺(で)ふらふら(に)スクィーズ・ボトルとか・・・