2017年08月08日

シチリア紀行5 シラクーサ

シチリア紀行の5回目は、カターニャからシラクーサへ向かう・・・のですが・・・

その前に案内いただいてる奈緒子さんにお願いし、スーパーに立ち寄ってもらいました・・・

DSCF3362

正面はサルメリアさん・・・
ま、サラミ屋さん兼ハム屋さん兼チーズ屋さん、肉乳加工品販売店といったところでしょうか・・・
ちなみに純粋な肉屋さんはマッチョリア、ヨーグルト屋さんはヨーグテリア、ピザ屋さんはピザーリア、
ジェラート屋さんはジェラッテリア、パン屋さんはパンネッテリアで、この辺りはわかりやすいです。



わたくしの目的は、もちろんこちら・・・

DSCF3366

いそいそいそ・・・





DSCF3364

「これ、シチリアビールですね。」

「じゅるじゅる・・・ おおっ、横にトスカーナビールもあるぞ!!! じゅるじゅるじゅる

「こちらでよく飲まれてるのはこれ、わたしが好きなのはこちらです・・・」

「ではそれらも・・・がちゃがちゃがちゃ・・・ でも缶ビールが少ないですね・・・」

「少し割高だし、圧倒的に小瓶入りが好まれてます。わたしはいつも大瓶ですが・・・」




と、部屋飲み用に大量のビールを買い込み、今度こそアウトストラーダをシラクーサへ・・・

DSCN1721

ずいぶんエトナ山が霞んできました。




と思ってたら・・・

DSCN1722

「なんか前方視界が急に悪くなって、煙の臭いが充満してきましたが大丈夫でしょうか・・・」

とお訊きすると、奈緒子さんも心配になったのか、運転中の(シチリア人の)旦那様に相談されたところ、

「ま、いつものことですが・・・人生に何も問題はないといってます・・・あははは

「あははは



と・・・

DSCN1724

ごおーっ





DSCN1723

ばちばちばち






DSCN1727

めらめらめら


左右から迫りくる炎と煙を、スーパーマリオなみのドラテクで避けながら一気に通過しましたが、
エアコンの効いた車内からでも、炎の熱線が感じられるほどでした・・・

いやあ、まさかシチリアで「火の輪くぐり」が楽しめるとは思いませんでした。あははは




と、楽しいドライブでシラクーサに到着・・・

DSCN1730


DSCN1731

新市街を抜け・・・




DSCN1734

旧市街オルティージャ島にある港へ・・・





DSCN1735

雰囲気のある波止場への坂道を上がると・・・




DSCN1737



DSCF3369

波止場の目の前にある素敵なリストランテに到着・・・

じつはこのリストランテは奈緒子さんの経営で、彼女はオーナーシェフだったのでありますね。
案内中の会話の中で、そのことをうかがってたので、無理をお願いして連れて来てもらった次第。



DSCF3371

この季節は夜からの営業だそうですが、我々二人のために特別に開けていただきました。
旦那様がウェイターになって、いそいそと準備してくれてます。



日本語併記のメニュー

DSCF3376


DSCF3377


DSCN1754

アンティパスト(前菜)からはじまる様々なシチリア料理に加え・・・




DSCN1753

とーぜん和食メニューもあります。じゅるじゅる

「メインはシチリア料理ですがシラクーサはちょうどイオニア海が地中海の本海とぶつかるところで、
本マグロやカンパチをはじめ魚介類がとても新鮮でおいしいので和食もやってます。」

ま、せっかくなので旬の本マグロなんぞをメインに、オススメのシチリア料理をお願いしましたが、
日本人らしく、とりあえずはビールで乾杯!!!

DSCN1757

DSCN1778

DSCN1767


DSCN1747

午後の一番暑い時間、外気温はおそらく40℃を超えてたでしょうが、分厚い石造りの室内は涼しく、
目の前の地中海(イオニア海)を眺めながら飲む冷たいビールは最高でした。



で・・・

DSCN1755



赤白のシチリアワインとともに、まずはウニ・エビ・イカなどのパスタから・・・

DSCN1770


DSCN1766

って、食べる前に撮ればいいものを・・・ばくばくごくごく・・・旨いっ!!!




DSCN1760

カルパッチョといいつつ、手前はほとんどお刺身でしたね・・・旨いっ!!!




DSCN1765

わははは、しあわせじゃあ!!!



ちなみにこちら・・・

DSCF3381

シチリア郷土料理のカポナータだそうで・・・ともかく旨いっ!!!




DSCN1780



DSCN1781

とーぜん、締めのジェラートやドルチェ、エスプレッソコーヒーまで完食完飲・・・げふっ






DSCN1788

いやあ、ほんとにご馳走様でした。ありがとうございました。

おいしくて雰囲気が良くてお値段も良心的なので、ここできっぱりと宣伝しておきます。

Ristrante la Cambusaであります。和食もあり、シラクーサに行かれる際にはオススメです。
日本語メニューがあり、とーぜん奈緒子さんは日本語が話せるので、とてもありがたいです。
さらに98kさんのブログを見たといえば・・・どんなことになるかはわかりませんが・・・


ついでに・・・

DSCN1791

こちらもおいしそうやな・・・じゅるじゅる

「その子は料理しません。きっぱりと。ま、少しだけでもシラクーサを案内しましょう。」

と、裏口から階段を下りると・・・

DSCN1794

素敵な中庭に出て・・・



さらに・・・

DSCN1795

中庭を抜け、反対側の通路へ・・・



DSCN1797

こんな通路に、さりげに古いヴェスパが置いてあると、じつに絵になりますねえ・・・



と通路を抜けると、いきなり・・・

DSCF3389

ドゥオーモ広場に出ました。

そう、奈緒子さんのお店はドゥオーモ広場の海側にあったんですね。




ドゥオーモであります。

DSCF3392


DSCF3398





ドゥオーモ広場であります。

DSCN1811






で、いったんお店まで戻り・・・

DSCN1816




DSCF3411




DSCF3415

開店準備のある奈緒子さんとはここでお別れ、帰りは旦那様に送っていただきます。




帰り道に寄って下さった、すぐ近くにある「アレトゥーサの泉」

DSCF3418



DSCN1826

ご覧のとおり海沿いの泉なのに、きれいな真水が滾々と湧き出てました。

ま、アレトゥーサとアルフェウスの哀しいお話については、ネット検索で・・・





DSCF3423



DSCN1838




DSCN1822



DSCN1830


DSCN1834






DSCN1823


DSCN1840

ほんとはこんな旧市街の道ものんびりと散策したかったのですが・・・
すでに予定よりかなり遅い時間になってしまいました。






DSCN1843





DSCN1846






DSCF3448

サン・ジョバンネッロ要塞を抜けて・・・





DSCN1850

橋を渡って新市街へ・・・新市街といってもけっこう風情のある街並みでしたが・・・



DSCN1851

誰の像なんでしょうか?  アルキメデス???




DSCN1852

このあたりで海岸線ともお別れして・・・





DSCN1860

カターニャ方面へのアウトストラーダへ入ります。

今回は残念ながら、古代ギリシャの遺跡や郊外などを廻る時間はありませんでしたが、
奈緒子さんのおいしいシチリア料理とオルティージャ島の旧市街を楽しむことができました。


で、しばらくアウトストラーダを走ってると、またまた煙が充満してきたので旦那様に訊いてみました。
わたくしは大阪弁、旦那様はシチリア弁なんですが、なんとなく話が通じます・・・

「さっきの火事、阪神高速は大丈夫なんやろかっ???」

「無問題、無問題、人生に何も問題はない。わははは」

といった感じで、そのまま走ってると・・・

DSCN1865


DSCN1864



DSCN1866


「やっぱり通行止めやないかっ!!!」

「無問題、無問題。抜け道を知ってるさかい。」


DSCN1871

「って、こっちも燃えとうよっ!!!」と、シチリア弁につられて神戸弁になってましゅが・・・

「わははは、まかしとかんかいっ、がしがしがし・・・」


DSCN1859



と、またまた見事なシフトワークで、次々と炎や煙をかいくぐり・・・



DSCN1873

「どや、ちゃんとアウトストラーダに戻ったやろ、がははは」と自慢する旦那様。さすがです。

そーいやシラクーサに向かう反対車線は凄い渋滞になってますね。

と、抜け道でも楽しいドライブ(うちの奥様はぐっすり眠ってましたが)、さらに、

DSCN1877

その後のアウトストラーダでも、あちこちで「火の輪くぐり」を楽しみつつ・・・




DSCF3451





DSCF3453

かなり遅くなってから、パテルノー近郊アグリツーリズモのお宿に帰り着きました。

後でテレビで知ったのですが、この日の火災は石油コンビナートとかにも近づいていたようで、
その後はあちこちで消防ヘリも飛んでて、けっこう大規模だったようです。

ともかく・・・
奈緒子さんと旦那様、朝から丸一日、ほんとうにありがとうございました。
タオルミナ、カターニャ、シラクーサの案内も、奈緒子さんのシチリア料理も素晴らしかったです。

と、さすがにこの夜は、持参したおつまみとスーパーで買ったビールだけで充分でした。げふっ

(次号に続きます。)



m98k at 08:08│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字