2017年08月09日

シチリア紀行6 パテルノー

シチリア紀行の6回目であります。

朝からタオルミナとカターニャとシラクーサ、さらに奈緒子さんのおいしいシチリア料理を堪能して、
夕方遅くにパテルノー郊外のアグリツーリズモまで戻ってくると、明後日に結婚式を挙げる若い二人が、
一足先に部屋を訪ねて来てくれました。

8年前に我が家にホームステイしていたアンドレアくんとフィアンセのマリアリタさんであります。

DSCF3457

マリアリタさんには昨夜、空港までお迎えに来てもらってたのでお会いしてたのですが、
アンドレアくんとはじつに8年ぶりの再会、ずいぶんと逞しくなってました。



さっそく結婚祝いや二人へのメッセージを渡し・・・

DSCF3467




DSCF3486

今回編集して持参した来日時のアルバムを見ながら、思い出話で盛り上がりました。

そーいや、あの時はwingさんや川端さんらとキャンプにも連れて行ったなあ・・・
ま、ライト照射と宴会がメインで、彼はけっこうほったらかしだったけど・・・


現在は二人ともスコットランドで働いており、彼はこの日の便でシチリアに来たようです。

とまあ、この日はとても充実した一日、シャワーを浴びて持参した柿ピーなんぞでかぱかぱ飲んでると、

DSCN1880

どーゆーわけか、翌朝には瓶ビールのストックが少なくなってました・・・
そうか、缶ビールは持ち運べるので瓶ビールからどんどん空けてたのか・・・




と、シチリア三日目の朝であります。

DSCN1888

この日はエトナ山の噴煙が右にたなびいてました。




ちなみに二回目の朝食は・・・

DSCF3473

イタリア風に少しシンプルになってきてますね。
この後は毎朝、コーヒーと甘いパンかケーキのみになりました。





で、午前中から新郎側の関係者が次々と到着、中庭のプールで泳いだりしてたので・・・

DSCF3480


DSCF3477

挨拶がてら一緒に泳いだりして、のんびりと過ごしました。





で、お昼までに到着した関係者でとりあえずの昼食宴会がはじまりました。
まずは日本式にビールで乾杯・・・

DSCF3495

・・・しているのはわたくしだけで、みなさんは赤ワインか白ワインか炭酸水でした。
そう、「最初はビール」派のわたくしの分だけ、わざわざ注文してくれてたんですね。



「最初のビールもいいもんだよ、まあまあ、おひとつ・・・」こぽこぽこぽ・・・

DSCF3497

「おっとっと、もう結構です・・・」とやってるのは、アンドレアくんの弟のクリスティアーノ(クリ)くん、
その隣で「食事の前にビールを飲むのかっ???」と驚いているのが、従兄のアレッサンドロ(アレ)くん、
この二人は英会話もでき、トスカーナでは通訳をはじめ、いろいろとお世話になることになります。



「まあまあ、赤ワインもどうぞ・・・こぽこぽこぽ」と、我々に注いでくれるアンドレアくん

DSCF3504

さすが日本式宴会に慣れてますねえ・・・我が家には1ヶ月ほどのホームステイだったけど・・・




DSCF3501

左からアンドレアくんのお姉さんのカテリーナさん、お母さんのマルタさん、お父さんのローリスさん・・・
式後、アンドレアくんは新婚旅行でしたし、カテリーナさんはこのままサマーバカンスでしたので、
トスカーナではマルタさんとローリスさんとクリくん、そして従兄のアレくんの四人で、我々の面倒を
全面的に見ていただくことになりました。



とまあ・・・

DSCN1893

わたくしは軽くビールとパスタだけの昼食・・・のつもりだったのですが、結局生ハムやらサラミやら
パンやらチーズやら焼きナスやら(たっぷりの新鮮なオリーブオイルで絶品でした。)、赤ワインやら
白ワインやらジェラートやらドルチェ(デザート)やらコーヒーやら、たらふくご馳走になりました。げふっ



昼食後はしばらくお昼寝してたのですが、その後も新郎側の関係者が次々と到着してたようで、

DSCN1898



DSCN1900

またまた一緒に泳いだり・・・






DSCN1902

エトナ山をズームで狙ってみたり・・・





電柱を撮ってみたり・・・

DSCN1907

電柱や高圧鉄塔の形状は、各国でそれぞれ特徴があって面白いですね。


と、まったりとした午後を過ごしているうちに、遅い夕食宴会となりました。


夕食はテラス席でのピザ・パーティーで・・・

DSCF3519


DSCF3520


DSCN1917

好みのピザが焼けたところから三々五々で始まって、それをお互い取り分けて食べつつ飲みつつ、
延々とお話しするスタイルのようでしたが、ピザの量と種類が半端ではありませんでした。

わたくしはわからず「アーリオ(にんにく)たっぷりのをてきとーに」と代わりに注文してもらいましたが、
みなさんは一人一人、じつに細かい注文をされてました。
って、このデカさのピザを一人一枚分は食べてから、さらに追加してたことになるのね。

また「パスタにはワイン、ピザにはビール」と口を揃えて言ってて、最初はビールが並んでましたが、
飲み続けてると、いつの間にかワインになってました。


ちなみにいくら完食しても・・・

DSCN1920

隣接するピザ窯で次々と焼いているので、いくらでも出てきます。げふっ




で、ようやく・・・

DSCN1925

シチリア名物のドルチェ(名前を忘れた)とエスプレッソ・コーヒーでお開きになりました・・・
8月9日追記です。
アレくんから下記のメールが届きました。シチリア名物のドルチェは「カンノーロ」だったんですね。
I keep reading your blog every now and then! very nice pictures! well done!
B
y the way,the name of the Sicilian cake is "CANNOLO",
may be you can add in one of your next part of the photo gallery!

アレくん、(グーグル翻訳版で)丁寧に読んでくれてありがとう!!!





腹ごなしに中庭を散策・・・

DSCN1924





DSCN1934






DSCN1929

この夜は遅くから他のグループも来てたようです。




DSCN1935

従姉(アレくんのお姉さん)のエリザベータさんと長男のトマゾくん・・・

もうとっくに11時を過ぎているというのに元気そのものでしたねえ。
夕食は遅く8時か9時ぐらいからで、しかも昼食以上にたっぷりと時間をかけるのが普通なんですが、
子どもたちを先に寝かせるといったことは、今回わたくしの知る限りはなかったように思います。



と、明日はいよいよ結婚式に臨みます。

(次号に続きます。)



m98k at 08:09│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字