トスカーナ紀行6 ジョリーバイク!!!トスカーナ紀行8 コンサート!!!

2017年08月21日

トスカーナ紀行7 リボルノ

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。
②日程が重なりますが2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。



7月18日は朝から海辺へピクニック!!!

本日もローリスさんのクルマで連れて行っていただきます。

DSCN2983





DSCN2994





DSCN2987

見渡す限りのひまわり畑とぶどう畑・・・



と・・・

DSCN2973

サイクリスト・・・この日もけっこう多かったです。






DSCN2995

やがて海が近づいてくると、街路樹も傾いてきました・・・



まずは海を眺める高台で・・・

DSCF4989



DSCN3004




DSCN3010



DSCN3011





DSCN3012

コーヒーブレイク・・・というかトイレ休憩であります。


で・・・


海辺の都市リボルノへ・・・


こちらがローリスさんの生家跡だそうです・・・

DSCN2998

彼はリボルノ出身だったんですね・・・





さらに市街地の中心部、海岸通りに入ります・・・

DSCN3015



DSCN3017

車道を走るロードバイクを追い越す際は、みなさん充分な間隔をとって丁寧に追い越します。
自転車はジロ・デ・イタリアのように見て楽しむ国民的スポーツとして普及してたようですが、
近年、自分で乗るサイクリストも増えているとかで、もともとの素地があるんですね・・・

さらにクルマは路上駐車が基本、サマーシーズンの海辺はこのように一車線が完全にふさがれますが、
路上駐車のマナーはとてもよく、どんなに混んでても交差点付近や車椅子表示のある前などは、
いつもスペースが空けられてました。ま、悪質な二重駐車などは取り締まりの対象だそうですが。

さらに右側通行で交差点の殆どがロータリー(ラウンドアバウト)という経験も面白かったです。
もともと都市の交差点には広場や記念碑や噴水があって、その周りに馬車道があった国ですから、
郊外の小さな交差点のラウンドアバウト化もスムースに進んだのでしょうね。
たいてい助手席に座ってたのですが、ウィンカーを出すタイミングや車線変更のタイミングなどは
最後まで掴めませんでした。進入は環状側優先で、まあわかりやすいのですが・・・





で、左に見えてきたのが・・・

DSCN3021





DSCN3053

「ACCADEMIA NAVALE」 リボルノ海軍士官学校であります。




正門の横には・・・

DSCN3054

「マルゲリータ王妃を護るため」と刻まれている・・・のでしょうか???

と、ちと調べてみると、ナポリとジェノバにあった海軍士官学校がリボルノに統合されたのが1881年、
マルゲリータ・ディ・サヴォイアがイタリア王妃となったのは1878年ですから年代は合いますね。

ちなみにイタリア海軍がオーストリア・ハンガリー帝国の戦艦を魚雷一発で沈めたのが1918年6月10日で、
今でも毎年6月10日がイタリアの海軍記念日だそうです。

さらにイタリア海軍といえば1940年にタラント軍港に停泊中だった戦艦リットリオなど主力艦が、
イギリス空母イラストリアスから飛来したソードフィッシュ雷撃機の魚雷攻撃を受け多数大破した、
いわゆる「タラント空襲」で大きな損害を受け、これがイタリアを含む各国の、大艦巨砲主義から
空母中心主義への転換点となり、旧帝国海軍の真珠湾攻撃もタラント空襲を参考にしていたとされ、
水深の浅い軍港での低空魚雷攻撃を研究して・・・って、タラントではなくリボルノでしたね・・・

リボルノといえば米軍の日系人部隊・第442連隊が1944年7月にリボルノのドイツ軍を制圧してピサで休養、
その後はフランス戦線に投入され1945年3月にリボルノに再上陸、最終的にはジェノバまで進撃して
5月にはイタリアの全ドイツ軍が降伏、ヨーロッパでの戦いを終え・・・ぶつぶつぶつ・・・
って、陸軍ではなく海軍でしたね・・・



閑話休題・・・




DSCN3025


DSCN3026

有名なグランドホテル・・・の近くにクルマを置いて・・・




DSCN3029

有名なマスカーニ・テラスへ・・・



DSCF5047


DSCN3041

ともかく広くてきれいなテラスでした。


で・・・

DSCF5045

隣接する水族館の開館時間を確認して・・・



いったんクルマまで戻り、市街地の南端へ移動して砂浜へ・・・

DSCF5064



じゃーん

DSCF5084

地中海で海水浴であります。



ま、せっかくなので・・・

DSCF5118



DSCF5109

ばしゃばしゃばしゃ・・・わははは、地中海を横断じゃあ!!!

「どうぞどうぞ、沖へ流されたらエルバ島ですから、当分そこで暮らして下さい!!!」

「わしはナポレオンかっ!!!」



って、実際・・・

DSCF5052

コンテナ船の左、うっすらと浮かぶ島影がエルバ島であります。




ま、さすがにエルバ島まで泳ぎ着く自信はなかったので、そそくさと海から上がり・・・

DSCF5143

公共シャワーを浴びてさっぱりしました・・・




ちなみに公共トイレは極めて少ないのですが、公共水道はあちこちにあって・・・

DSCF5059



DSCF5150


DSCF5151

みなさん水分補給されてました。




それにしても真夏の月曜日だというのに・・・

DSCF5153

サイクリストが多かったです。やはりサマーバカンスなんですね・・・



と、いったんクルマまで戻り・・・

DSCF5152

左の標識のとおり海辺の遊歩道には自転車道が併設されてましたが、本格ロードバイクは、
殆どが車道を走ってました。やはり走行速度と舗装程度の違いなんでしょうね・・・



クーラーボックスなんぞを持って木陰のある公園へ・・・

DSCF5154



DSCF5160



DSCN3063



DSCN3064




マルタさん手作りのピクニック・ランチであります!!!

DSCN3066

まずはビールで乾杯!!!





DSCN3067

さらに次々とビールで乾杯!!!



DSCN3075

ピクニックでも、やはり締めはフルーツとドルチェと魔法瓶に入れたエスプレッソでした。



DSCF5186


DSCN3076

ミニチュア瓶のコントワー(リキュール)なんかもエスプレッソに足したりして・・・ひっく



DSCF5190

さすがにドライバーのローリスさんはエスプレッソだけでしたが・・・




と、ふたたび水族館付近までクルマで移動・・・

DSCN3081

って、けっこう年配のサイクリストも多かったです・・・


で、

DSCF5197


DSCF5198

リボルノ水族館を見学しました。




ま、わたくしの今のカメラには「水族館モード」がないので・・・

DSCN3096

記念写真を一枚だけ・・・




と、帰り道では巨大ショッピングモールへ立ち寄っていただきました・・・

DSCN3152



DSCN3146



DSCN3148

ええ、ともかく巨大でした・・・



で、帰り道に見た・・・

DSCN3153

一部復元されたローマ時代の水道橋・・・




とか、

DSCN3162

昔のままの城塞・・・

とか、どこも歴史を感じさせてくれますねえ・・・

と、とても楽しい海辺の一日を過ごさせていただいた次第。

(次号に続きます。)






m98k at 12:11│Comments(0)mixiチェック トスカーナの休日 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
トスカーナ紀行6 ジョリーバイク!!!トスカーナ紀行8 コンサート!!!