2017年08月29日

トスカーナ紀行13 チェラゾンマの宿!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


シモーナさんの案内でピサを見学した後はチェラゾンマへ・・・

チェラゾンマ・・・といっても、日本ではご存じない方が殆どでしょうが・・・
ルッカからセルキオ川を数キロ下ったところにある小さな集落で、この山あいにシモーナさんと、
ご主人のマウロさんが二人でやってるアグリツーリズモのお宿と農園があるのであります!!!



でもその前に、ぜひ見せておきたい重要な教会がある、ということで・・・

DSCN4103

アルノ川の河口方面へ・・・






DSCN4110

ピサ空港(ガリレオ・ガリレイ空港)の近くにある・・・





DSCN4122

サン・ピエトロ・ア・グラード教会であります。

で、何が重要だったのか、わたくしの英語力ではよくわからなかったので、ちと調べてみると・・・

まず、古い様式のまま改築されずに残っている、とても稀少な建物であるということ・・・
そういえばルッカやピサやフィレンツェの教会とは異なり、もっと古い様式のようですね。



そして・・・

DSCN4112





DSCF6347



DSCN4118

内部のフレスコ画も昔のままで残されているということ・・・



さらに重要なのが・・・

DSCN4113




DSCN4116

教会内部にある発掘調査されたこの遺構部分・・・

十二使徒の一人、聖ペテロ(ピエトロ)が殉教のためローマに向かう途中、ここグラードで下船し、
イタリアで最初の祭壇を築いた跡とされており、昔はローマへの巡礼者が必ず立ち寄った・・・
などと、ネット情報にありました。その意味でも「とても重要な教会」だったんですね・・・



と、今度はセルキオ川をルッカ方面へ遡上・・・

DSCN4128


DSCN4129

「あの岩場、ロッククライミングの練習場よ・・・」




って、その向かいとか・・・

DSCN4131

こんな古城が、あちこちにありました・・・



ちなみにサイクリストも・・・

DSCN4107


DSCN4132


DSCN4135



DSCN4142


DSCN4145

あちこちにいました・・・



で、チェラゾンマの小さな集落に入ると・・・

DSCN4147







DSCF6485



DSCN4149

マウロさんとシモーナさんのアグリツーリズモのお宿・・・



ただし、道沿いにあるこちらは・・・

DSCN4150

左の棟の一部をワイン醸造所として使っているだけで、右のメイン棟は未修復だそうです。
なにせ百年以上前の大きな農家で、これまで修復に相当の年月と費用を要しているとか・・・



で、シモーナさんが、この建物で最も重要と言ってたのが、こちらのプレート・・・

DSCN4221 (2)

明度を下げコントラストを最大にしてみましたが、まだ見にくいですね。
わたくしがネット辞書で大まかに訳してみると・・・

「チェラゾンマに派遣(分離?)されたオーストリア・ハンガリー帝国の戦時捕虜が、1917年11月から
1919年9月まで滞在した。」といった内容になります。

シモーナさんが、この農園はハンガリーの人たちによって作られた、と言ってましたから、
第一次世界大戦のイタリア戦線での捕虜の一部が、ここで農園を開墾して暮らしていたようです。
日本でいえば四国・鳴門市の板東俘虜収容所と、ちょうど時期が重なりますね。
たしかに重要なプレートです。


と、まずは・・・

DSCN4151

昼食用のハーブを摘み取り・・・



次にワイン醸造棟に寄って・・・

DSCN4156




こちらも昼食用に・・・

DSCN4155





DSCN4159

赤ワインをこぽこぽこぽ・・・



で、

DSCN4164

白ワインもこぽこぽこぽ・・・

まさに正真正銘の「蔵出し」ワインであります。じゅるじゅるじゅる



で、ワンくんの先導で・・・

DSCF6385

急な山道を上って行きます。




DSCF6392

ダッシュボードには摘み立てのハーブ、わたくしの手には蔵出しワイン・・・ぴちゃぴちゃぴちゃ




もちろん山道の両脇は・・・

DSCF6387

ぶどう畑と・・・



DSCF6391

オリーブ畑・・・

シモーナさんのアグリツーリズモはワインとオリーブオイルの生産地でもあるんですね。


と、山の中腹でクルマを下りて、まず案内されたのは・・・

DSCF6397

本格的なプールであります。完成まで何年もかかったとか・・・




「今カバーのスイッチを入れたので、ここでしばらく待っててね・・・」

DSCN4168

おおっ、電動巻取り式のカバーなんですね・・・
ちなみに左のホースは「全自動・底面清掃ロボット」だそうで・・・ルンバみたいなものか・・・



で、若者は泳いで、わたくしは足をぴちゃぴちゃさせて、まったりしてると・・・

DSCF6412

「はい、あなたは「まずはビール」でしょ!!!」 

「いや、これはこれは・・・じゅるじゅる





DSCN4169

まさに至福のひととき・・・




で、シモーナさんも一緒にプールでまったりしてから、すぐ上にあるお宿のほうへ・・・

DSCF6407




「わははは、よく来てくれたね!!!」と倉庫から豪快に裸で出迎えてくれたのは、

DSCF6408

畑仕事を終えたばかりのシモーナさんのご主人マウロさん・・・

いやあ、シチリアの結婚式では早朝から空港まで送ってもらったり、大変お世話になりました。
本日も大変お世話になります。わたくし、お先にビールいただいてます。ひっく

ちなみにマウロさんはダイビングのインストラクターで、シモーナさんは獣医さん、さらに二人で
アグリツーリズモのお宿とワインやオリーブオイルづくりをやっておられることになりますが、
イタリアではリスク回避の意味もあって兼業はごく普通だそうで、ローリスさんも獣医さんですが
ルッカでは新薬などの取扱もやっておられます。



と、

DSCN4210


DSCN4196


DSCN4195



DSCF6410

住居側の入り口からお邪魔します。古い建物をじつに見事に修復されてますねえ・・・





DSCN4172

半地下のダイニングキッチン・・・冷房なしでも中は涼しくて、とても快適!!!



「トスカーナの家庭料理ばかりですよ・・・」とシモーナさん

DSCN4176



DSCN4177


DSCN4178


DSCN4180



DSCN4181


DSCN4174



とりあえず少しずついただきます・・・

DSCN4183

野菜と穀類が中心でどれもおいしく、この後、何度もおかわりをしました・・・




DSCN4187

わははは、しあわせじゃあ!!!



で、締めは・・・

DSCN4191

特製フルーツ・ポンチと・・・



DSCN4192

トスカーナ伝統の手作りドルチェ(名前忘れたけど・・・)とエスプレッソ・コーヒーでした・・・げふっ



で、飲食に夢中で気づかなかったのですが・・・

DSCN4189

マウロさんは世界中の海でダイビングされてて、古い船具などもいっぱい・・・




DSCN4190

ランタンのコレクションだけでもなかなかのものでした・・・


と、帰りもローリスさん宅までシモーナさんに送っていただき、素晴らしい一日を過ごしました。

とても感じのいいお宿で、当日もドイツとスイスからのお客様が滞在しておられました。
ルッカやピサに行かれる際はぜひご利用ください。と、きっぱりと宣伝しておきます。

メールアドレスやホームページアドレスが、いただいたパンフレットからは変わっているようで、
とりあえずグーグル検索したホームページがこちら・・・

http://www.allepianelucca.it/

この記事へのコメント等で連絡いただければ、わたくしがいつでも取り次ぎます。

(次号に続きます。)



m98k at 11:09│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 

この記事へのコメント

1. Posted by donchan   2017年08月29日 14:03
家庭料理がこれでは、体重増加もむべなるかな、ですね。
それにしても美味そうな(ジュルジュル)。
2. Posted by 98k   2017年08月29日 16:00
donchanさん
トスカーナの家庭料理は本来質素でいたって健康的・・・なんですが、なにせ食べる量が・・・
まあ、何度もおかわりしてたのは、わたくしとマウロさんだけでしたが・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字