2017年09月06日

バルセロナ紀行1 やっとバルセロナへ!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

「トスカーナの休日」カテゴリのタイトルも、今回から一応「バルセロナ紀行」になります・・・

フィレンツェからスペイン・バルセロナへの搭乗予定便が大幅に出発遅延の末、ついに欠航となり、
フィレンツェで丸一日の足止め、さらに翌日も空港では、雷雨の影響からか臨時便の出発時刻が
きても搭乗案内もなく、しかも何の表示も出ませんでした。

後の便が次々と離陸していく中、前日のキャンセル便に搭乗予定だった人たちだけが取り残され、
ずっと同一行動でしたから顔見知りもでき、わざわざ遅延情報を提供してくれる人もいました。
航空会社からの説明がないうえ、空港のフリーWiFiも繋がりにくく電話とSMSのみ、しかもバルセロナとの
連絡だけで、そちらにも情報は入ってなかったので、この情報提供はありがたかったです。

で、出発時刻をかなり過ぎてから、やっと搭乗案内のアナウンスがあり、この時はキャンセル仲間から、
一斉に歓声が上がってました。そりゃあ一日遅れのうえ今日も飛ぶのか不安でしたからねえ・・・




ようやく雷雨が止み青空も見え始めた頃、やっと臨時便の機内へ・・・

DSCN4553






ところが、雷雨待機の影響で滑走路が混みあってたのでしょうか・・・

DSCN4555

すっかり日が傾いても、いっこうに離陸しません。






結局、この日も予定より2時間以上遅れ、遅い日没とともにようやく離陸・・・

DSCN4560

今度こそ本当にトスカーナとお別れであります。





ま、雲海のうえは・・・

DSCN4581

ずっと夕焼けが続いてました・・・そりゃあ、ずっと真西に飛び続けてますから・・・



イタリア・トスカーナ州・フィレンツェからスペイン・カタルーニャ州・バルセロナへは、
ほんのちょっと地中海をかするだけ・・・ではなく、地中海をほぼ横断するんですね・・・
わたくし、なにせヨーロッパははじめてで、まったく地理的な感覚がありませんでした。



で、夜遅くになり、丸一日以上の遅れでバルセロナ空港に到着・・・

DSCN4593

機長から無事着陸のアナウンスがあった時にも、機内からは歓声と拍手が沸いてました。


搭乗予定便の欠航でご迷惑をおかけしていた旅行社の現地スタッフに空港から案内していただき、
バルセロナで四日間(本来なら五日間の予定でしたが)お世話になるお宅へ・・・

そう、バルセロナではうちの奥様が、ネットで短期ステイできるお宅をお願いしていたのであります。

お宅は港に近いバルセロナ・オリンピック(1992年開催)の選手村として建築された集合住宅の一画で、
オリンピックではバレーボール選手の宿泊に使われていたという、中庭付きの広い一階部分でした。

で、ご家族が少なくなってからは2部屋を留学生向けの下宿にされてて、夏休みの長期帰省とかで、
一時的に空き部屋が出た場合に、短期ステイも受け入れておられるようです。

そういえばバルセロナのあちこちに「今年はオリンピック開催25周年!」のポスターが貼ってありました。

ちなみに、この時のバルセロナ・オリンピックと、わたくしとの関係なんですが・・・
わたくしのカヤックのうち一艇は、この時のスラローム競技の優勝艇だったかを、その年に市販化した、
「パーセプション・リフレックス」モデルで、もう25年前になるんですねえ・・・
ま、今では腹回りがきつくて乗れませんが・・・


閑話休題


到着が一日遅れの深夜になり、しかも旅行社を通じての要請などしていなかったにもかかわらず、
「夕方からずっと待機でお腹が空いてるでしょう。」と、軽食を用意して待ってくれてました。

DSCN4594

いやあ、これはありがたかったですね。




と、結局・・・

DSCN4595

ホテルや空港での待機と移動だけで深夜になってしまった(一日遅れの)バルセロナ初日でしたが、
最後に歓待を受けたので、ま、「終わりよければすべてよし」ということで・・・

(次号に続きます。)



m98k at 03:00│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字