2017年11月01日

無学・・・


とーとつに「無学」であります。


じゃーん

DSCN6044




BlogPaint

引き戸が開いてて見にくいですが、そう書いてあります。

故・六代目笑福亭松鶴氏が大阪市住吉区に住んでた当時の旧宅を、ここへも通っておられた
弟子の笑福亭鶴瓶氏が改築し「無学」と名付けた小ホールであります。
ちと調べてみると、鶴瓶氏は大学の落語研究会時代に「無学」を名乗られてたんですね。

よく前を通りながら、いつオープンしたのかの記憶がありませんが、月一回ベースの「無学の会」が、
すでに200回を超えているようなので、もうけっこう前から、つーことになりますね。

何度かここで開かれる落語会には行ってたのですが、昨年末から改装のため閉まってて、
今年6月にリニューアル・オープン、先月ひさしぶりに落語会を楽しんできたとゆー次第。

ま、改装されたといっても・・・

DSCN6037

土足で上がれるようになり客席部分が少し広がった・・・ぐらいしかわかりませんでしたが・・・

下町の住宅街にある小さな敷地ですから、小ぢんまりしてて落語を楽しむにはいい空間です。

ちなみに生前、六代目はここから大阪市住之江区に「宿替え」されたのですが、たまたまわたくし、
その近所にも宿替えしてたことがあって、まるで六代目の後を追ってるようで縁を感じます。

さらにちなみに、わたくし十代の頃は落語にハマってて、当時あちこちで開催されるようになってた
お安い「落語会」で、六代目はじめ「上方落語の四天王」や後に大御所と呼ばれる人たちの芸を
けっこうナマで楽しんでました。
思えば上方落語の普及のために、みなさん苦労されてたんですねえ・・・

さらさらにちなみに・・・
わたくしが一時期所属していた落語研究会の顧問は故・桂米之助氏でした。
故・三代目桂米朝氏の兄弟子に当たるアマチュア落語家で、やはり上方落語の普及に尽力されてて・・・
って、昔話をしてるとキリがありませんが、上方落語は演者も聴き手も層が厚くなりましたねえ。



で、この日の演者と演題・・・

DSCN6038

いやあ、「包丁間男」はじつにひさしぶりでした・・・






m98k at 01:11│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック わからないもの 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字