梅の花・・・古市古墳群ふらふら

2018年03月14日

住吉大社ふらふら

(期間限定のお知らせ)
熊野キャンプ(5月3日~5日)へのお誘い記事はこちらです。



住吉大社をふらふら・・・つーか・・・

2008年に我が家にホームステイしていたタイの女の子がドイツ人の彼氏と立ち寄ってくれたので、
案内がてら、ひさしぶりに住吉大社にお参りしてきた次第・・・

彼女のホームステイ中にはwing家・川端家・ワンテン家と吉野川でキャンプしてました。
もう、あれから10年の歳月が流れたんですねえ・・・しみじみ・・・



と・・・

DSCN7582

南海本線・住吉大社駅で待ち合わせ・・・

昔は住吉公園駅の名称で浜寺公園駅と並ぶ古い木造駅舎でしたが、高架化に伴いコンクリート
駅舎となり、隣接していた阪堺電車(上町線)の終着駅も最近廃止されました。

昔の鉄道は参詣客のために作られたものも多く、南海電鉄の高野線は高野山へ、本線は住吉大社へ、
参詣客を運んでたんですね・・・
ちなみに住吉公園は大阪最古の公園で南海電鉄は現存する日本最古の私鉄・・・しみじみ・・・



閑話休題・・・




BlogPaint

お馴染みの太鼓橋(反橋)前でツーショット・・・

この橋は淀君の寄進によるものだそうで、昔は階段がなく急なスロープの左右に僅かな窪みが
あるだけで、特に下りは大変だったようで、その様子が川端康成の短編「反橋」にも描かれてて、
その一部が石碑として橋のたもとに建てられています。

わたくしの小さい頃でも、まだ現在のような立派な階段はなく、申し訳程度の小さな出っ張りだけで、
しかもそれがすり減ってて、子どもにはやはり怖かったですねえ・・・しみじみ・・・



ま、せっかくなので彼氏にカメラを渡して・・・

BlogPaint

こちらもツーショット!!! わははは

そーいや後ろの二人も、恐る恐るとゆー感じで下りてますね。



で、太鼓橋を渡り、第四本宮から第一本宮まで参拝しました。どれもがすべて国宝であります。
本来は第一本宮から順に参拝するようですが、いったん第一本宮に行って戻るのもね・・・

それぞれの祭神についてはネットででも検索いただきたいのですが、名ガイドのわたくしは、
「ま、ネプチューンみたいなもんやな・・・海上と海中と海底で、それぞれ別になってて・・・」
と、流暢なドイツ語・・・は喋れないので、彼女に英訳してもらいましたが・・・

BlogPaint

第一本宮前にて・・・

ほんとは、さらに奥まで案内したかったのですが、ここから先は午後四時の閉門でした・・・

ま、せめて住吉大社駅にあった案内図で・・・

DSCN7581

画像をクリックすると拡大しますが、奥のエリアにも石舞台や五大力を集める五所御前、初辰参りで
招福猫を集める楠珺社など見どころがいっぱいなんですが、今回は残念ながら引き返します。



で、太鼓橋をバックに・・・

BlogPaint






もちろんついでに・・・

BlogPaint

わははは、しあわせじゃあ!!!




と、次は奥の天神「生根神社」へ参拝しました・・・

DSCN7593

ここでも「阿吽」の説明をしたりして・・・



ちょうど梅の花が満開でした。

BlogPaint




こちらは「枝垂れ梅」

DSCN7598





こちらは白梅でしょうか・・・

DSCN7600





と、周辺をふらふら散策してから、自宅にも寄ってもらって・・・

DSCN7613

リクエストのあった「牛しゃぶ」で歓迎宴会!!!

「最初にわたくしがお手本を見せるので、まだ食べずにしっかりと見ておくように・・・
まず、この薄切り肉を箸でつまんで、昆布出汁の中で泳がせるようにしゃぶしゃぶして・・・
こちらのセサミソースに漬けていただきます・・・ばくばくばく・・・」

「次に冷たいビールをば・・・ごくごくごく・・・」

「同様に次の肉をしゃぶしゃぶして、今度はこちらのサワーソースに漬けて・・・ばくばくばく・・・」

「で、残りのビールを一気に・・・ごくごく・・・ぷはぁ・・・で、おかわりを・・・こぽこぽこぽ・・・」

「あとは、これをひたすら繰り返して、ばくばく・・・たまに野菜なんぞも・・・ばくばく・・・んぐんぐ・・・」

と、ここで「あんたばっかりやないかっ!!!」と奥様からクレームが・・・

「わははは、そうでした・・・ま、とりあえず乾杯・・・ざっはぁ、ぶろすとっ!!!」

「おお、よくご存じですね。」

「歌も覚えてるぞ・・・あいん・ぷろぉじっと、あいん・ぷろぉじっと、でみゅーとりっひ・かいと・・・」

「オクトーバーフェストの歌ですね。ドイツ語にはなってないけど・・・

「こんな歌も知ってるぞ・・・・・・」

「その歌は現在のドイツでは歌ってはいけません。」

「じゃ、これは・・・・・・」

「それもダメです。」

と、楽しく飲みつつ食べつつお話をしてて、わたくし昔のクルマもカヤックもスキーもビンディングも
登山靴もすべてドイツ製だったよ、とか話してると、なんと彼のお姉さんはロンドン・オリンピックの
カヤック選手だったそうで、ご本人もご家族もアウトドア・スポーツが大好きだとか・・・

現在はバイエルン州の電力会社の電気技師で、東京大学の大学院に留学中に彼女と知り合ったとか、
で、なんと電柱・鉄塔マニアでもあるそうです!!!

「日本は市街地でも様々な電柱や鉄塔があるので、とても楽しみです。」

「ドイツの市街地では電線は全て地下化してるようですね。行ったことないけど・・・」

「ほんとは市街地でも空中架線にしたいのですが、ドイツでは嫌がる人が多いです。」

「日本でも幹線道路や街並み保存地区では地下化・共同溝化も始まってますよ・・・」

「いやいや、街中に電柱や空中架線がいっぱいある日本の風景がいいですね。」

と、日本の美しい川も大好きといってたので、次回は一緒に熊野キャンプに行きましょう!!!
今回は話す機会がなかったけど、おそらく興味があるはずのフラッシュライトの話もできるし・・・



m98k at 15:50│Comments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア 

この記事へのコメント

1. Posted by donchan   2018年03月15日 09:18
春になりましたね。この二日ほどは、葛城古道や淀川の三川合流をアクティヴに身体を動かせる陽気ですね。
98Kさんから川端康成が出てくるなど、予想外の展開ですが、住吉の反橋。亡母などは、子どもの頃足をかける穴が空いていて怖かったなどと言ってました。私は、二回ほど行った記憶がありますが、なんせ高所恐怖症なので渡らなかったような……。
ところで、ドイツ語(?)の歌は、Ein Prosit Gemutlichikaeit(Uにウムラウトが打てないので、ごめん) ですか?梅田の某ビアーホールで八時頃に歌いながら回し飲みしていたことを思い出します(多分、今でもやっているのでしょうが、その上で勤務したけど結局行かなかった)。
止められた歌は、例の〇〇ス党、第三帝国絡みですね。ドイツでは、多分犯罪行為。訪独の際は気をつけてください、臭い飯を食いますよ。(*´∀`*)
2. Posted by 98k   2018年03月15日 20:18
>donchanさん
コメントありがとうございます。本日は早めのお彼岸で墓参りに行ってました。
ほんと春の陽気で葛城古道も三川合流付近も面白そうですね。
太鼓橋、おっしゃるとおり昔は下駄や草履を引っ掛ける小さな窪みが左右にあっただけみたいですね。
まあ、donchanさんが呉国から渡来された頃には、まだ入り江だったはずですが・・・
Ein Prosit Gemutlichikaeit・・・
さすが青春時代、某帝大のストームで毎晩マントを着て絶叫されてただけに原文をよくご存じですね!!!
5年前から大阪でも大規模公園での「オクトーバーフェスト」が盛んになり、本場のこの歌とドイツビールが野外で楽しめるようになりましたが、
(と、他人事のように書いてますが、初年度の企画では油まみれの排水など後の処理が大変でした・・・)
はるか昔から、某アサヒ・ビヤホールでは定時にこの歌を歌って回し飲みしてましたね・・・
止められた歌・・・
わたくしが歌ったのは党歌などではなく正規軍の歌ばかりでしたが、やはりダメでしたね。
某大学のカレッジソングにもなってる愛唱歌は知らなかったようで、やはり世代の差でしょうか・・・
学生時代にゼミの教授が「ドイツのビヤホールで歌ったら大うけした。」と言ってたのですが・・・
ま、訪独の際にはファッションなどにも配慮するようにします。m(_ _)m


3. Posted by バスウ   2018年03月16日 11:12
大変雰囲気の良いカップルですね。
10年の時を経ての再開はさぞ嬉しい事でしょう。
彼氏も98kさんの弄りにも耐えられそうですし(笑)
4. Posted by 98k   2018年03月16日 12:46
>バスウさん
コメントありがとうございます。
彼女が東京の職場で人間関係で悩んでいるときに支えてくれたそうで、
とても誠実で真面目な勉強家のようで、わたくしの持っていたドイツ人のイメージにぴったりでした。
しかも東京から熊本までヒッチハイクで旅行したとも言ってましたから、大いに生活も楽しんでるようです。
お互い信頼し合っててラブラブだし、いやあ、若いっていいなあ・・・
自堕落な生活をしてて糖質コントロールさえできない、どこかの国の中高年とはえらい違いですね・・・げほげほ
今週いっぱいで帰国するようですが、次回来日の際には、ぜひ一緒にライト談義もしたいものですね。
5. Posted by バスウ   2018年03月16日 15:45
ゲホゲホゲホゲホ、咳が止まりません(>_<)
6. Posted by 98k   2018年03月16日 15:52
>バスウさん
それはいけませんね・・・
「100%新潟産こしいぶき」とかの食べすぎが原因でしょう・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
梅の花・・・古市古墳群ふらふら