四万十川・・・2018春・熊野キャンプ報告・後編

2018年05月08日

2018春・熊野キャンプ報告・前篇

一週間のご無沙汰でした。

5月2日から5日まで、恒例の熊野キャンプに行ってました。

初日は午後から雨、翌日は朝からまずまずのお天気、三日目は夕方まで風が吹き荒れ、そして
最終日は五月晴れで絶好の行楽日和・・・と、目まぐるしく天候が変化した三泊四日でした。

で、その天候激変に対応しつつ、ひたすらタープの下で食べ続け、飲み続けるとゆー、
まさに滝に打たれる修行僧にも似た荒行キャンプ・・・
つーか、例年よりも、さらに徹底した宴会(だけ)キャンプだったとゆーべきか・・・

とりあえず、さくさくっとご紹介させていただきます。
(今回はいただいたwingさん撮影画像も、さりげに無断使用してます。)




5月2日、到着時の様子・・・

P_20180502_162823

まだ平日で午後から雨の予報だったので、とーぜん広い河原には我々だけでした。

わたくしは生鮮品の買い出しを終え10時に大阪を出発、13時20分に着いたのですが、wingさんは
その1時間ほど前に到着されたようで、剣鉈コレクターさんとワンテンパパさんは午前中に着いて
雨が降り出す前にテントやサイドオーニングを張り終えてたそうで、さすがですね・・・
ちなみにwingさんもその予定だったけど出遅れたとか・・・さすがです・・・



で、とりあえず・・・

P_20180502_130837

剣鉈コレクターさんのプリプリ海老パスタや熱々ポトフで淡麗グリーンラベルをやってると・・・




P_20180502_134258

トンビ飼いさんも(大量の飲み物とともに)少し遅れて到着・・・



そう、じつは吉備湯浅PAでトイレ休憩の際にたまたま出会ったのですが・・・

DSCN8195

彼は和歌山ラーメンを食べはじめたところだったので、無情にも置いて行った次第・・・
そう、一刻も早くパスタやポトフで飲みたかったし・・・げひげひ



と、とりあえず白ワインには・・・

BlogPaint






DSCN8198

やっぱ泉州名物「がっちょの唐揚げ」っしょ!!! そだねー!!! ごくごくばくばく・・・




で、赤ワインには・・・

DSCN8200

やっぱチーズに生ハムっしょ!!! そだねー!!! ごくごくばくばく・・・





で、日本酒には・・・

DSCN8201

やっぱ焼き鳥っしょ!!! そだねー!!! ばくばくごくごく・・・



さらに、

DSCN8202

炭火焼肉には・・・






DSCN8203

高級ビールに安物ワインとか・・・もう何でもいいっしょ!!! あははは、ばくばくごくごく・・・




とかやってると、夕方には若者チーム5人が到着・・・

BlogPaint


BlogPaint

なんと本格的な生ビールサーバーを持参してくれてました!!!




DSCN8211

で、試飲できる頃には雨も本格的になってきましたが・・・




そんなこたぁ、関係なく・・・

P_20180502_183925

んぐんぐんぐ、ぷはぁ、こりゃあ、たまらん・・・

タープの下で本格的な生ビールが飲めるなんて・・・んぐんぐ・・・






で、彼らも焼き物に移行しようとしてたのですが・・・

DSCN8213

足元が完全に水没しているのがお分かりでしょうか・・・すでに水深は5cmを超えてました・・・

ちなみにタープに吊るしてたwingさんのモバイルバッテリーとLED電球も雨で逝かれたようですが、
その後どうなったんでしょうね???




ま、そんなこたぁ、関係なく・・・

BlogPaint

白角や芋焼酎(名前忘れた)で、すっかり出来上がってるwingさん・・・


と、この夜は大雨の中でテントを張る気力もなく、わたくしはワンテンパパさんの大型テントで、
wingさんは車中泊で、日付が変わる頃に就寝しましたが、若者たちは遅くまでやってたようです。



で、雨は深夜の3時過ぎに止んで天候は回復・・・

DSCN8219

翌朝はまずまずのお天気になりましたが、中州はすっかり水没してました。





まったりとモーニングコーヒーの後は、まったりと朝食・・・

DSCN8218

ハム入りスクランブルエッグと辛子明太のせ炊き立てご飯に味噌汁、いかなごのくぎ煮や漬物・・・
と・・・朝ビールであります・・・ま、この日に帰る連中は飲めませんが・・・げひげひ



で、食後も飲みつつ、さらにまったりしてると・・・

DSCN8220

早朝に大阪を出たという、わたくしの昔からの友人夫婦も到着・・・

てきとーにテントを張り終えると、さっそく、ぷしゅ、くはぁ・・・


ま、こんなのを持って来てくれてたので・・・

DSCN8224

なんと100gパック1200円の(アメリカ産)牛タンを3パック!!!



せっかくなので・・・

DSCN8223

つーか、この日に帰る連中の要請で、そのまま早めの昼食宴会に突入・・・




ま、楽しみにしていた・・・

BlogPaint

こちらの猪肉と鹿肉の缶詰は、生肉が大量にあったので次回に持ち越しになりましたが・・・



若者チーム恒例となった砂肝アヒージョ・・・

DSCN8226





やはり恒例となったピザ各種・・・

DSCN8225

さすがに今回はピザ生地からではなく冷凍ピザでしたが、炭火で焼くと旨かったです。



で、昼食(残留組はもちろん昼食宴会)を終え・・・

DSCN8228

一泊だけの若者チーム、剣鉈コレクターさん、トンビ飼いさんが次々と出発する頃には・・・





DSCN8233

わたくしやwingさんもようやくテントを張り終え、まったりとお昼寝したりして・・・



夕方になり・・・

DSCN8232

ワンテンパパが特急くろしおで来るママと娘を新宮駅まで迎えに行ったので・・・





DSCN8235

新宮・徐福寿司名物のさんま姿寿司を買ってきてもらい・・・






DSCN8234

まずはスパークリングワインで(ワンテン娘はジュースで)乾杯であります。



その後は・・・

DSCN8240

スペアリブやソーセージなど様々な焼き物に・・・




ワンテンママによるジンギスカン鍋!!!

DSCN8238





DSCN8241

ジンギスカン鍋は本来「鍋」なんですよね・・・ばくばくごくごく




んで、わたくしも・・・

BlogPaint

いぇい、期待してますよ!!!



わははは、まかしとかんかいっ!!!

BlogPaint

と、お得意のボルネオ名物!!!サラワク・ラクサ鍋を作ってた・・・はず・・・なんですが・・・

じつは、これ以降の記憶と画像がまったくありません。

ただ、なんとなく・・・

「わわっ、98kさんが肉パックの吸水シートまで鍋に入れたぞっ!!!」

とか、

「げっ、今度は鶏肉団子のタレパックが鍋の底から出てきたぞっ!!!」

とかいった叫び声が聞こえ、わたくしがかぱかぱ飲んでた白角の瓶をwingさんが隠した・・・
ぐらいまでは、おぼろげに覚えてるのですが・・・うぐぐぐ

と、次号に続く・・・のだろうか・・・




m98k at 00:08│Comments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | 糧食、飲料

この記事へのコメント

1. Posted by バスウ   2018年05月08日 12:11
参加したら5kgは太りそうです(笑)
2. Posted by 98k   2018年05月08日 12:30
>バスウさん
いやいや、これでもそちらの日常生活にはとても及びません・・・
なので次回は安心して参加下さいね!!!必ず5kgぐらいはげっそりと・・・
3. Posted by donchan   2018年05月08日 14:54
いつに違わぬ食べっぷり、飲みみっぷり。「腹も身の内」という言葉を完全に失念しているような。かの国では美食家を「グルメ」、健啖家(早く言やぁ「大飯食らい」ですなぁ)を「グルマン」と呼ぶとか、呼ばないとか。
ところで、遅れてきた古くからの友人は、「ノ・ミカタ」は、つきあいで飲んだ。宿酔はないと主張してはりますが……。
4. Posted by 98k   2018年05月08日 15:23
>donchanさん
いやいや、かの国には「グルマンでなければ真のグルメにはなれない」という言葉があります!!!
わたくし高松ではうどん屋を5軒、久留米ではラーメン屋を3軒、一晩で(夕食後に)はしごしたことがありますが、
出汁や麺を残したことは一度もありません。これが真のグルメとゆーものであって・・・くどくど・・・
って、彼は早朝に着いてから、ひたすらビールを飲み続けてましたからねえ・・・
ま、本人は「山道でのクルマ酔いか湯あたり」とか抜かしてましたが、これまでそんなことは一度もなかったし・・・

5. Posted by donchan   2018年05月10日 07:35
今気づいたのですが、「一週間のご無沙汰でした」は、例の玉置某氏のパクリでしたか。何というか、懐かしいと言うか、ショウムナァと言うか😁
ご苦労様です。
6. Posted by 98k   2018年05月10日 09:54
>donchanさん
あははは、そうでしたね、こちらも言われて今気づきました!!!
記憶のどこかに残ってたんでしょうねえ・・・無意識にパクってたようです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
四万十川・・・2018春・熊野キャンプ報告・後編