2018・内モンゴル紀行4・恩格貝へ2018・内モンゴル紀行6・砂漠植林

2018年06月02日

2018・内モンゴル紀行5・恩格貝点描

前回記事からの続きであります。

恩格貝2日目の朝・・・

DSCN8805

早朝から散策していた隊員たちが作業帰りのオート三輪に乗せてもらって戻ってきました。



DSCN8799

左は沙漠の緑化基地として全国的に有名になってから観光用に建てられた展望台。
ただし窓ガラスの内外にびっしりと細かい砂が付いてて眺望は良くないようです。
そりゃあ窓ガラスの外側をメンテするのは大変だし、飛砂ですりガラスになるでしょう。

右の風車は植林初期にドイツの援助で建てられた風力発電用で、こちらも完成してすぐに
砂で動かなくなったそうで、稼働後のメンテへの援助や指導は一切なかったようです。
まさに海外援助失敗例の典型ですね。

ちなみに6年前の恩格貝賓館は中国全土からの見学客でいっぱいでしたが、今回は我々だけ、
日本沙漠緑化実践協会の数次隊も参加者がめっきり減ったようで、やはり中国政府が本腰を入れて
緑化政策をやり出すと、そのやり方は別としても我々のボランティア活動は一段落という感じでしたし、
中国国内でも一時期はブームに沸いたものの、あちこちで緑化が進むと、ここまで来ないでしょう。

ここ恩格貝での植林と育林、農業開発と観光開発は、まさに試行錯誤の繰り返しで、政府や地方、
投資家たちの思惑もあり、遠山先生の遺志を継ぐためにも今後も注視しなければなりません。



・・・といったよーなことは、いったんおいといて・・・

DSCN8810

とりあえずは朝食であります。
この後、熱々の饅頭なども出ましたが都市部のホテルに較べるとシンプルなものであります。

ま、わたくしはチャーハンのおかわりを頼みましたが・・・げふっ

と、たっぷりのシンプルな朝食後は・・・

恩格貝宿舎前

まずは恩格貝賓館前で記念写真。
この日は全員N.GKSの「DO YOU KYOTO?」バージョンTシャツを着ています。
1997年の地球温暖化防止京都会議(COP3)に因んで京都から世界へ発信している合言葉で、
「京都してる?」というのは「環境にいいことしてる?」という意味、祇園祭の山鉾と大樹を組み合わせた
デザインは、N.GKS隊で何度も隊長をされてる切り絵作家T富さんのもの・・・


で、高齢の澤井代表以外は徒歩で・・・

DSCN8811


DSCN8813

池畔にずらりと並べてあるのは電動?レンタサイクル・・・



DSCN9090

荷台がソーラーパネルになってるのですが、ボトムブラケット(BB)にモーターは付いてなかったし、
後輪のリムかタイヤをローラーで廻してるのか、ソーラーだけで充電できるとも思えませんが・・・
ひょっとしてテールランプがさりげに光るだけ・・・だったりして・・・


と、あれこれ考えながら・・・

DSCN8815

池の対岸にある石壁を目指します。


そう・・・

DSCN8817

1989年からの恩格貝での緑化功労者の名前が刻まれている石壁なのであります。


ええ・・・

DSCN8818

我がN.GKS澤井代表の名前もありました。
わたくしの名前も(壁の裏側に)刻まれてたはずですが確認に行く時間はありませんでした。



その後は・・・

DSCN8819




DSCN8821

近くにある遠山正瑛記念館へ・・・




ま、せっかくなので・・・

DSCN8820

緑化功労者の二人・・・って、6年前にも同じことしてるな・・・まったく進歩がないな・・・



DSCN8832


DSCN8826

記念館という名称ですが本人の遺志で分骨されてるので、ここが恩格貝での先生のお墓、
外の彫像も、この記念館も、すべて中国政府によって作られたものです。


中にあった古い写真・・・

DSCN8828

今の恩格貝賓館がちょうど完成した頃でしょうか・・・
遠山正瑛像が噴水の下にありますが、記事冒頭の画像とは樹木のボリュームが全く違いますね。

右上に見えるロ型の平屋建てが古い宿舎で、遠山先生もずっとここで暮らされてました。
わたくしも初期にはここに泊まってましたが、当時はトイレもシャワーも共同で、トイレは一本の溝に
簡単な間仕切りがあるだけ、しかも慣れない日本人がトイレットペーパーを一緒に流してしまうので、
よく詰まってました。シャワーもお湯が出るのは夕方の一瞬だけで、しかも温度調節は至難、
熱湯や冷水を浴びてました。食事も当時は羊肉と野菜を獣油で炒めた、全く同じ味付けのものが
野菜の種類を変えて数種類、おかずもご飯もお皿もコップも、すべてが砂まみれでした。
ま、わたくしはその当時でも何度もおかわりしてましたが・・・ばくばくばく


で、古い宿舎では毎晩・・・

DSCN8829

遠山先生の沙漠講座があり、先生も我々も植林で疲れ夕食でたっぷり食べて飲んだ後でしたが、
それでも短期ボランティアのために熱心に話されてました。ま、わたくしはうとうとしてましたが・・・


で、記念館の隣の棟に、その古い宿舎での先生の部屋の内装が移されてました。

DSCN8836

DSCN8839

今回はじめて見ましたが、粗末なベッドと机だけのじつに質素な部屋だったんですね。
晩年にマグサイサイ賞を受賞され、ノーベル平和賞の受賞直前に亡くなられた偉人の部屋とは
とても信じられませんが、90歳を過ぎても、ずっとここで暮らされてたんですね。

と、感慨に浸りつつ、記念館で澤井代表と合流、バスに乗りました。

道すがら・・・

DSCN8840


DSCN8843


DSCN8844

6年前にはなかった施設が・・・何をやるつもりなのか、よくわかりませんでしたが・・・



歩行者・自転車専用道まで整備されてました・・・

DSCN8845

ここは全滅した植林地の沿道に再植林してるようですが・・・


よく見ると・・・

DSCN8859




DSCN8861

高く育っている部分、あまり育っていない部分、全滅して草地になっている部分があります。

高く育っている部分は洪水で栄養分の豊富な砂が運ばれてきたところ、ところがそんな場所は、
大洪水になると何万本もの苗木が一度に流されてしまうこともあり、過去にN.GKSで3000本
(自分たちで植えたのは300本で残りは現地スタッフに植えてもらいましたが)を植林した場所も、
低地で地下水が溜まりやすい場所だったので、きっと大きく育つだろうと期待していたら、
大洪水で全て流されてしまったこともありました。まさに試行錯誤です。

全滅している部分は、当初は放牧されたヒツジさんに苗木の柔らかい樹皮を食べられてたもので、
牧柵で入れないようにして3年も経つと樹皮が硬くなって食べられなくなるのですが、少し生態系が
回復してくると、今度はウサギさんが登場、硬い樹皮も食べるし牧柵も穴を掘って越えるので大増殖、
今ではウサギさんの被害が一番大きいそうです。さらに生態系が回復して、ウサギさんの天敵である
猛禽類などが戻ってくるとバランスの取れた森になるそうですが・・・


そこで・・・

DSCN8851

王明海氏が自らの管理地に設置した、5kmにも及ぶ「万里の長城」!!!
地下は20cmまであり、ヒツジさんはもちろん、さすがのウサギさんも侵入できないとか・・・




さっそく中に入って・・・

DSCN8850




N.GKSのTシャツを着て待っていただいてた王明海氏ご本人から、

DSCN8854




直接説明を受けます。

DSCN8855

中央にあるのはナツメの苗木で、地元の雇用も考えると今はナツメの植林が一番いいと考えている
とのことでしたが、N.GKSの澤井代表からは、現地の土壌からナツメの化石は出土しているのか、
ニレやマツやポプラなどはあったが化石にないものを植えるのはリスクが大きいと指摘がありました。

現地長期ボランティアのT城さんによると、今は古い土壌の上にタクラマカンの砂が堆積しており、
この砂でも育つよう品種改良されたナツメを植えているとのことでしたが、やはり試行錯誤なんですね。

そう、じつは今回、遠山先生と苦労を共にされてきた王明海氏に何かプレゼントしたいと打診したところ、
モノは要らないので、そのお金でN.GKSの森を作りましょう、とおっしゃっていただき、ここがまさに、
その予定地だったのであります。
ちなみに1000本のナツメ森にするのに必要なお金は昨夜の贈呈式で奈良の地酒とともに渡しました。


ま、せっかくなので、

IMGP2847

「N.GKSの森」予定地で王明海氏と記念撮影・・・


と、この後は恩格貝ボランティア植林地の最前線へ移動・・・

DSCN8866

手前の植林地はヒツジさんやウサギさんで全滅してましゅが・・・



バスを舗装路に停めてからは徒歩で・・・

DSCN8867

昔は包頭・恩格貝間の道も殆どがこんな状態だったのですが・・・


今回の植林地を目指します・・・

DSCN8869

そう、いよいよ今回の植林作業であります。

(と、次号に続きます。)



m98k at 17:15│Comments(0)mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018・内モンゴル紀行4・恩格貝へ2018・内モンゴル紀行6・砂漠植林