2018・内モンゴル紀行9・恩格貝から北京へIMRとやらを・・・

2018年06月07日

2018・内モンゴル紀行10・紫禁城大団円!!!

2018・内モンゴル紀行記事も、いよいよ今回が最終回であります。
(最初から順にご覧いただくにはN.GKSサイトのこちらのカテゴリへ、ほぼ同じ内容です。)

ツアー5日目の朝にホテルの自室から見た北京市街・・・

DSCN9249

DSCN9248

この日も快晴でした。




DSCN9263

泊まったのは「船舶重工酒店」とゆーホテルで、



何か関係があるのかロビーには・・・

DSCN9253

中国初の本格空母「遼寧」の1/200模型がありました!!!

旧ソ連からウクライナの所有となってた未完成の艦体を「マカオの海上カジノにする」という名目で、
スクラップとして2000万ドルで購入、大連で長い年月をかけて艤装した、いわくつきの空母です。



DSCN9256



DSCN9257

艦載機は殲-15ですね・・・これも遼寧に合わせて開発された初の艦上戦闘機。



ま、せっかくなので・・・

DSCN9258

遼寧・・・よりフロントのおねいさんとツーショット・・・



と、ツアー最後の朝食であります。

DSCN9251

さすが北京のホテル、とても全ては味見できないほどの種類がありましたが・・・



特にこちらの湯麺は白湯スープで旨かったなあ・・・

DSCN9252

って、前夜遅くに醤油とんこつラーメンを食べたような気もしますが・・・ま、気のせいでしょう。




と、朝食後は近くのコンビニで・・・

DSCN9260

お安いパイチュウを買ったりして荷物をパッキング・・・



この日は朝から世界遺産「故宮博物院」(紫禁城)へ・・・
(ただし高齢の澤井代表はT橋さんとホテルで待機、昼食会場で合流します。)

DSCN9271

故宮博物院・・・故宮とも紫禁城とも呼ばれます・・・

明の時代から清のラスト・エンペラー愛新覚羅溥儀までの中国歴代皇帝が住んでいた王宮で、
世界最大の木造建築群、ただし中にあった宝物の大部分は台湾・台北市にある「故宮博物院」
に展示されています・・・と、バスの車中で通訳ガイドのワンさんからの説明。

なので数多くの宝物を見るなら台北へ、建物を見るなら北京へ、とゆーことになりますが、
2009年には初の共同展も開催されてるようですね。
ま、どちらも「故宮博物院」でややこしいので、今回記事では紫禁城で統一します。

DSCN9278

お馴染みの天安門から・・・紫禁城の南端の門であります。

正面の毛沢東の巨大な肖像画は3年に一度、新しく書き換えられているそうです。
隊員の一人と話してたのですが、正面スローガンにある「人民」も「共和国」も「世界」も「団結」も、
すべて明治期の日本で欧米の概念を翻訳する際に造られた日本語が中国に逆輸入されたもので
本来の中国語は「中華」と「万歳」だけ、他にも頻繁に使われる和製中国語は多いとか・・・
まあ、今の日本のように何でもカタカナ(中国の場合は意味と発音で当て字)にするよりいいですね。

ここ天安門前広場では100万人規模の集会ができるそうで、毛沢東が中華人民共和国の成立を
宣言したのもここでしたね。

広場には、あちこちに下水管が埋めてあり、舗装を外せば臨時トイレになる仕組みで、以前、
大阪でもこの仕組みを災害対策用に全ての公園に作ろうという動きがありましたが費用が・・・

と、記念撮影してから紫禁城の内部へ・・・・・・

IMGP3066

「いー、あーる、さん、茄子(ちぇいずっ)!!!」と日本人の団体が何度もやってると、
周囲の中国人観光客から、どっと笑いが起こってウケてました。



DSCN9279

わたくしは通訳ガイドのワンさんにぴったりと寄り添って・・・
もちろん、しっかりと説明を聴くためですよ!!!



天安門を抜け、次の午門・・・桝形配置になっており、やはり守りの城ですね。

IMGP3077

この門から内部が紫禁城の有料区域で入場には予約が必要、セキュリティ・チェックもあります。
ワンさんによると予約は一日10万人まで(ネット情報では8万人まで)に制限されてるとのこと。
同じくネットによると2017年の入場者数は約800万人でパリのルーブル城に次いで世界第2位。
日本のお城で入場者数が一番多い大阪城天守閣で年間255万人ですから、入場制限してても
やはり物凄い数で、スケールが違いますね。この日も凄い人出でした。
さらに紫禁城でも大阪城でも無料区域まで来てる人は入場者の何倍にもなるはず・・・
天安門前広場や天守閣前(本丸)広場で写真だけ撮って帰る観光客は多いです。



ま、セキュリティ・チェックを受ける際にも・・・

DSCN9285

わたくしはワンさんにぴったり寄り添って・・・
もちろん、しっかりと説明を聴くためですよ!!!
って、しっかりと手を握ってるな・・・
もちろん、迷子にならないためですよっ!!!




午門の次の太和門・・・

DSCN9289

前を流れるのは金水河・・・




DSCN9293

この辺りはもう宮殿の造りで、日本の城では本丸御殿への門になります。


こちらは門の内側、太和殿からみた太和門・・・

DSCN9303

この階段は皇帝専用で、映画ラスト・エンペラーの冒頭シーンでも使われてましたね。
この広場を埋め尽くすエキストラを使ってたわけで、やはり大作です。



城の中しか自転車で走れないラスト・エンペラー・・・なのかっ???

DSCN9291

そう、城の中は清のままだったけど、外はすでに中華民国だったんですよね・・・



太和殿であります・・・

DSCN9300

太和殿、中和殿、保和殿の総称で紫禁城の中心建物・・・


ま、せっかくなので・・・

IMGP3108

ここでも記念写真・・・いー、あーる、さん、茄子(ちぇいずっ)!!!

ともかく凄い人出で同じような建物が続いてたので、ま、あとはてきとーに・・・

以下、さくさくっと・・・

こちら、防火用の水瓶・・・

DSCN9305



DSCN9311

冬の凍結に備えて下部で火が焚けるようになってました。





DSCN9310

もうすぐ完成する北京で一番高いビル・・・成長は続いているようです。




DSCN9313

紫禁城の北にある景山も離宮として人工的に造られたものなんですね。
太和門の前を流れる金水河も、もちろん人工的に引き込んだもので、宮廷は山を背にして、
川に面するのが吉とされる風水の「背山面水」に基づいてるそうです。ふむふむ


太和殿の西にあり西太后など歴代の妃たちの居住地、西六宮へ・・・

DSCN9318


DSCN9325


DSCN9327


DSCN9328


DSCN9329


DSCN9331

以外と簡素な感じでした。



DSCN9333



と、ようやく

DSCN9342

一番北の門「神武門」を抜けて外へ出ました。



DSCN9344

道を隔てて北は景山・・・



DSCN9345

北濠を東に歩きます。



DSCN9348

北東の隅櫓・・・やはりお城なんですね・・・「北京の55日」では籠城してたし・・・



ま、せっかくなので・・・

DSCN9350

記念写真を撮ってもらったり・・・



こちらでも記念写真を撮ってもらってました・・・

DSCN9356

結婚式用の撮影でしょうか・・・多くのカップルが一斉に・・・




こちら・・・

DSCN9358

登録すれば自由に使えるレンタサイクルの回収車。
1時間3元とお安く、スマホでロック解除するそうで、市内のあちこちで見かけました。


と、紫禁城の東北側からバスに乗り・・・

DSCN9363

前日の夕食サヨナラパーティー会場と同じ、老舗の北京料理店へ



DSCN9365

おいしい昼食であります。ばくばくばく・・・


これで昼食宴会も最後なので・・・

DSCN9366

燕京ビールの純生もごくごくごく・・・



ちなみに窓から見えた改築中の建物・・・

DSCN9369

足場に竹とか間伐材を使っているのか???



と、よく見たら・・・

DSCN9370

塗装が錆びた鉄パイプでした・・・



と、まったりと昼食後は・・・

DSCN9374

渋滞する中、北京空港を目指します。


空港では奇跡的にセキュリティ・チェックも無事通過・・・


少し時間があったので、最年少のH田誠一朗隊員と・・・

DSCN9381

空港内の紫禁城???で・・・


DSCN9384


DSCN9385

限定のスタバ・ミッドナイト・モカとゆーのをまったりと味わい・・・


DSCN9378

北京空港のおねいさんたちともお別れ・・・



DSCN9388

搭乗ゲートが屋外に変更になったエア・チャイナ機に無事搭乗し・・・



DSCN9398

北京の街とも中国ともお別れしました。


ま、最後の画像は恒例により・・・

DSCN9399

機内食と燕京ビールで大団円!!!

関空到着は予定より30分ほど遅れましたが、離陸が1時間以上遅れてたので、よしとしましょう。

と、いろいろありましたが、ともかく全員無事で元気に帰国することができました。

旅行社のT橋さんはじめ通訳ガイドのみなさん、恩格貝生態示範区管理委員会のみなさん、
日本沙漠緑化実践協会のT城氏はじめ現地スタッフのみなさん、そして王明海氏・・・
みなさんのおかげでとても有意義なツアーになりました。ありがとうございました。
特に王明海氏と管理委員会の周書記には連日で宴席にお招きいただき、お礼の言葉もありません。
とても美味しく、とても楽しかったです。

恩格貝はじめ中国西北部だけでも、近年人類が沙漠化してしまった土地はまだまだ広大ですが、
植林した地域でも間伐禁止や大規模農業による地下水の汲み上げなど様々な課題があることが、
今回のツアーであらためて実感できました。

さらにオルドス市の石炭・不動産バブル崩壊による新市街の鬼城(ゴーストタウン)化の問題や、
レアメタルの国際取引所もでき発展を続ける包頭市でも、過剰汲み上げによる地下水位の低下や、
一部レアメタル抽出の際に生じる放射性廃液の処理問題(この処理に莫大な費用を要するので
埋蔵量はあるものの採算性から生産していない国も多い中、なぜか包頭では安価に生産してたそうで、
最近はその処理費用名目で値上げしたりもしてるようですが、ずっと井戸水を利用してた住民には
異常を訴える人も多いとか)など、そのまま放置すれば、やがて不毛の土地になってしまうような
大きな課題も、現地で見聞して初めて知りました。

いっぽうで、中央政府や地方政府が緑化政策を大規模に推進した結果、以前とは見違えるほどの
緑の大地になっていたことも事実でした。
逆に言えば、それが日本からの植林ボランティア活動が衰退してきた一因ともいえるでしょう。
ただしこれまで書いてきたとおり、緑化についてもまだまだ課題は多いので今後も注視していく
必要があるのは間違いありません。

日中平和友好条約が締結されて今年で(まだ)40年、それよりも長い間、両国は戦争状態だった
のですから、政府間では今後もぎくしゃくすることもあるでしょう。
それでも王明海氏と遠山先生のように、民間レベルでお互いを理解しあい、できることはあるはず。
機会があれば、またいつかご一緒しましょう!!!

最後になりましたが、Y崎隊長はじめ参加者のみなさんにも本当にお世話になりました。
今回様々なご寄付をいただいた方々と合わせて、あらためてお礼を申し上げます。


謝謝了!!!




m98k at 12:07│Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 

この記事へのコメント

1. Posted by donchan   2018年06月07日 15:52
大団円は北京城ですか。紫禁城は城郭のようですが、拙い知識で言えばそもそも彼の地では、城は都市のことではなかったかと❓空母遼寧😁殲戦闘機、浙江省に行った時すごい爆音で飛んでいたのが多分殲だったろうな。ただ、飛行甲板が盛り上がっているのは、改良の余地ありですか。我が方の新型空母「かが」とどうなんですかね?カタパルトに変えれば互角ですかね?
てな話は剣呑なので、日本産の漢語、前に漢字が文化の無断使用だとかの国からのお話がありましたが、交渉になれば相殺の取引材料になりそうな。
暑さと二日前の酒の残りでグタグタ。なんともまとまりの感想でした。
2. Posted by 98k   2018年06月07日 20:10
>donchanさん コメントありがとうございます。
ま、正確には紫禁城は北京(旧市街)の「内城」部分なんですね。
豊臣の大坂城でいえば内堀の内側にあたり、外堀から惣構えまでが北京では「外城」になります。
今回たまたま外城の城壁跡にできた首都環状3号線を走ったのですが、今は新市街が環状7号線まで広がっているそうです。
そりゃあ、北京市と隣接する天津市を足せば、四国とほぼ同じ面積があるので、まだまだ市街地が広がる余裕はあります。
ヨーロッパでは城と都市の語源は同じですが、中国語の城は本来は城壁を指し、都市は正確には「城市」だそうですが、
ま、都市と同じ意味で城を使ってることも多いようですね。
なので「都市」や「市街地」は取引材料に使えそうですね!!!
3. Posted by 98k   2018年06月07日 20:38
項をあらためて・・・ま、某空港関係者ほどマニアックな解説はできませんが・・・
遼寧は「スキージャンプ甲板」を持つ空母で、船体が短い軽空母で発艦を容易にする形式、
ソ連のキエフ級や英国のインビンシブル級など、現役の軽空母でも使われています。
旧帝国海軍の「加賀」のような直通甲板を持つ大型空母は、昔の艦載機なら、そのままで発艦できましたが、
今は直通甲板の大型空母でも、艦載機がさらに大型化してるのでカタパルト併用ですね。
海自の「かが」は直通甲板ですが船体が短く、あくまでヘリの発着が前提なので、
おっしゃるとおり通常の艦載機を発艦させるには最低限カタパルトが必要でしょう。
さもなくば遼寧のマネをしてスキージャンプ甲板にするか・・・その場合は大連の造船所で改造してもらうとか・・・
(8月6日追記です。)
ネットのニュース記事によると、
「空母化へは、甲板の塗装を変えて耐熱性を上げる改修をすれば、F35B最新鋭ステルス型戦闘機を搭載できるようになる。」
とありましたが・・・
確かにF35Bを垂直発艦させるなら塗装などの耐熱性を上げるだけでいいのでしょうが、
垂直発艦では膨大な燃料を消費するので長距離飛行などができなくなるし、
燃料節約のためスキージャンプ甲板に改造すれば、今度はフロントヘビーになり過ぎて、
「フネ」としての性能が著しく低下するようです。
やはりカタパルトの設置が現実的なようですが大改造になるだろうし・・・はてさて・・・
ちなみに西暦2000年までに国産の艦上戦闘機を作って「0式艦戦」つまりゼロ戦にしよう、
とゆー計画もあったようですが当時は直通甲板を持つ護衛艦もなく国産化自体をあきらめたようですね。


4. Posted by バスウ   2018年06月11日 00:10
一気に読まさせて頂きました❗️
ただ植えれば良いわけではなくていろいろな問題があるんですね。
この活動を通じて中国の人達も心の緑化になるのでしょう。
5. Posted by 98k   2018年06月11日 00:27
>バスウさん
だらだらと書いた記事のご愛読ありがとうございました。謝謝了!!!
わたくしも内モンゴルは6年ぶりだったので、その変化に驚きましたが、そーいや行く度に大きく変貌してますね。
特に都市部の変貌ぶりは凄いですが、日本の高度成長期より大きな課題もいっぱいのようでした。
内モンゴルに限らず緑も人も豊かになってくれれば一番いいのですが・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018・内モンゴル紀行9・恩格貝から北京へIMRとやらを・・・