LED充電式キャンピングランタン!!!「トモダチ作戦」の本!!!

2019年02月10日

Moon Lence キャンプテーブルM

(2/10前回記事の末尾にランタイムとかの感想を追記しました。)

ええ、またまた、ついつい、ソロキャンプ用テーブルを買ってしまいました・・・

某Amaz○n(のタイムセール)で注文した際の商品名は、
「Moon Lence キャンプテーブル アルミロールテーブル アウトドア ハイキング BBQ 
折りたたみ式 コンパクト 超軽量 耐荷重23kg Mサイズ」でした。
ずいぶんと長い商品名であります。

DSCN1171

ま、箱に貼ってあったラベルはキャンプテーブル以下が「・・・」になってましたが。



いそいそと箱を開けると収納袋が二重になってて・・・

DSCN1189



DSCN1175

天板と(土砂の付く)脚部を別々に収納できます。平たく収納できるし、これはありがたいですね。
さらに天板にゴム紐が付いてて、ぴったり閉じることができます。まあ、すぐにゴムが伸びるでしょうが・・・



X脚を拡げてポールと天板を固定する、ごく一般的な組立方式・・・なんですが・・・

DSCN1178

上部ポール2本の片方ずつがX部からぶら下がっており、これを270度回転させて留めるだけで、
このような状態になります。ポールを失くすこともないし、これもありがたいですね。
ただし、外す際は回転する側と外す側を間違えないようにしないといけません。



で、あとは天板を被せてパチンと留めるだけ。

DSCN1179

スペックによるとMサイズは「高さ40・横幅56.5・奥行40」で、仕舞寸法が「60×16」、
重さは1.3kgになってました。実測はしてませんが、まあ、そんなもんでしょう。




これ、じつはサイズ的には・・・

DSCN1185

キャンパーズコレクションの「アルミハードトップテーブル」とほぼ同様で・・・




DSCN1187

重さは約300g重くなり、仕舞寸法も幅はかなり大きくなるのですが・・・




DSCN1184

やはり厚みのあるしっかりしたアルミ天板つーのが魅力で(タイムセールで)ついついポチった次第。
ま、2台並べると40×110あるいは80×55程度の宴会テーブルになることだし・・・



さらにテーブルクロスも共通で使えることだし・・・

DSCN1180

めでたし、めでたし・・・

少し気になったのは、二枚前の画像で分かると思いますが、右のキャンコレ・テーブルだけでなく、
さらに軽量なロゴスのトレック・テーブルに較べても、脚部の投影面積が天板に比してやや小さい点で、
端っこに重いものを置いたりしたら不安なような気もします。

ま、しっかりした天板の重さを脚部の小型化で相殺してるともいえますが、少し注意が必要ですね。

それにしても・・・

よく似たサイズのソロ用テーブルだけで3つになってしまったな・・・
さらに低くて小さいやつも自作も含めていっぱいあるけどソロキャンプには行かなくなったしなあ・・・
ま、これを機会に再開・・・できるのだろうか・・・まだまだ寒いことだし・・・


ぐだぐだとP.S
過日「ドキュメント72時間」とゆーTV番組で「冬のキャンプ場」つーのをやってました。
目の前に富士山が聳える広大な芝生フリーサイトのキャンプ場で金曜日から72時間の取材、
けっこうな賑わいで冬のキャンプを楽しむ人たちも随分と増えているようですね。
冬でも使えるテントやシュラフ、バーナーなどが昔に比べて入手しやすくなったこともあるでしょうが、
ソロのバイカーからグループの若者、夫婦連れの高齢者まで、その目的も様々でしたねえ・・・
そーいや・・・
今は亡きリオさんから「冬にバイクツーリングやキャンプするのが好きで、よく夫婦で行ってます。」
とか、以前にコメントをいただいたことがありました。
確かに凛とした空気の中で、焚火をしたり暖かい料理や飲み物を楽しむのは至福の喜びですし、
蟲はいないしキャンプ場は空いてるし澄み切った星空も最高、野外で暑いのはどうにもならないけど
寒いのは工夫すればいくらでも対処できるので、これもじつに楽しいし・・・
でも自分で寒い中をわざわざ出かけるのは億劫だし、どなたかが誘ってくだされば・・・
でも誘われたら「そんな寒い思いはせず、ぬくぬくの居酒屋に・・・」とか言ってしまいそう・・・



m98k at 00:10│Comments(2)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | その他アウトドア

この記事へのコメント

1. Posted by バスウ   2019年02月12日 02:04
自分も一回り小さいのを買いました😅
このくらいの高さの方が使い勝手がいいですね。
ロースタイルとか風が吹くと食卓がほこりまみれになりますしねw
ランタンの追加記事、読まさせて頂きました。
私のはインジケータが最後一つから点灯させて、照度を落としながら12時間以上もってました。
もっとも最低照度になったままでしたが(^^)
2. Posted by 98k   2019年02月12日 02:17
>バスウさん
そうなんですよ。結局ソロや少人数のキャンプでは、この程度の高さ(と大きさ)が一番使いやすいですね。
おっしゃるとおりロースタイルでは埃が溜まりますし(腹が出てると)立ったり座ったりもしんどいですし・・・

前回記事のランタン、インジケータ表示1からでも12時間以上もちましたか・・・
わたくしはリチウム充電池の「ブラックアウト」が怖くて表示1になったら再充電してましたが、
けっこう、それなりのキャンプでも使えそうですね!!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
LED充電式キャンピングランタン!!!「トモダチ作戦」の本!!!