姫路押絵の特別展!!!蟹取県?へ・・・

2019年02月26日

ひかりのかたち展!!!

前回記事「姫路押絵の特別展」から二週連続の展覧会ご紹介になりますが・・・

一昨日の日曜日に「ひかりのかたち展」に行ってきました。


???


そう・・・

DSCN1353

ウラン鉱山で有名だった人形峠にある「妖精の森ガラス美術館」で3月25日まで開催されている
(紫外線で光る)ウランガラスによる作品の企画展であります。

いやあ二週続けて美術鑑賞とは、じつにゲージュツ的な生活だなあ・・・げひげひ



と、二週続けて(今週は前半がとーとつに休暇になった)wingさんとの二人旅となりましたが、
今回は神戸からwing号で、まずは中国道に入り院庄ICを目指して・・・

「って、おかしいなあ・・・そろそろ院庄ICのはずなんだけどなあ・・・」

「次のインターは落合ですよ・・・たしか院庄ICは落合ICの手前だったはず・・・」

「あは、ナビの目的地が違ってました。この先さらに米子道へ入れと言ってます。」

「ずっとハナシに夢中になってて出口表示を見逃したようですね。」

「昔は道路標識で下りたけど今はナビのおねいさんに言われて下りますからねえ・・・あは」



とまあ、せっかく先の落合ICから一般道に出たので・・・

DSCN1295

何か美味しいものを食べようと右往左往・・・




結局は落合IC近くの「道の駅」まで戻って・・・

DSCN1302





遅めの昼食となりました。

DSCN1301

って、ビビンパを混ぜる前に撮ればいいものを・・・




と・・・

DSCN1304

怪しいお城なんぞを尻目に殺して・・・




DSCN1310

人形峠に差し掛かれば・・・




DSCN1315





DSCN1314

「妖精の森ガラス美術館」に到着であります。周辺にはけっこう雪が残ってました。




で、たまたまこの日は・・・

DSCN1316

つーことで入館無料だったのでありますね。やはり、わたくしの普段の善行が・・・




と、まずは常設展示室から・・・

DSCN1319





DSCN1318

そう、この美術館はウランガラスの名品を展示してて・・・



DSCN1321

「ヒカリモノ」が大好きなフラッシュライトマニアには、まさにぴったりの美術館・・・

と、入口からずっと興奮してる二人に学芸員さんが丁寧に解説してくれました。

「・・・といった経過なんですよ。ここから先、何ならブラックライトをお貸ししましょうか?」

「いや、きっぱりと持ってきました。しかも強力なやつを・・・じゅるじゅる



ちなみにウランガラスの安全性については・・・

DSCN1322

つーことでした。



常設展示の一部には通常照明と紫外線照明(ブラックライト)の切り替えスイッチがあって、

たとえば・・・

DSCN1324


DSCN1325

以下、手持ちオート撮影でブレブレですが・・・




DSCN1341



DSCN1342


DSCN1327



DSCN1328



DSCN1329



DSCN1330




DSCN1343


DSCN1344




DSCN1345





ま、切り替えスイッチのない展示には・・・

DSCN1337





わたくしがフェイク・ブラックグリーンライトを照射・・・

DSCN1338

そう、wingさんの本格ブラックライトは人がいると危険なので滅多に照射されませんでした。




こちらはエミール・ガレの作品・・・

DSCN1331

DSCN1332

ええ、こちらも周りに人がいたので・・・




わたくしがフェイクライトで・・・

DSCN1334



DSCN1335

わははは、これはこれで、きれいきれい・・・



ほかにも様々な展示があったのですが・・・

DSCN1336





二人は二階にある企画展示室へ・・・

DSCN1349

この通路には人が少なかったのでwingライトを照射していただきました。





DSCN1352



DSCN1351




DSCN1384

きれいきれい・・・



と、いよいよ企画展示室へ・・・

DSCN1356


DSCN1387




とても全ては紹介できませんので一部のみ・・・

DSCN1362



DSCN1363



DSCN1364



DSCN1366



DSCN1367



DSCN1368




DSCN1369


DSCN1370




DSCN1376



DSCN1377



DSCN1378



DSCN1379



DSCN1380



DSCN1382




企画展示室にも、いくつか切り替えスイッチのある作品があり、そのひとつ・・・

DSCN1375


DSCN1374

いやあ、じつに美しいですね・・・


それにしても・・・

DSCN1393

こちらの蒸気機関車の前照灯・・・のウランガラス製の反射板(リフレクター)・・・




DSCN1392

wingさんのブラックライトで照射して欲しかったなあ・・・


と、ウランガラスによる「ひかりのかたち」を堪能した二人は満足して帰宅・・・するはずもなく・・・



DSCN1404

さらに雪の人形峠を越えて、岡山県から蟹取県?へ向かうのであります。

(ウランガラスは今回でおしまいですが旅は次回に続きます。)




m98k at 23:26│Comments(2) mixiチェック わからないもの | フラッシュライト、ランタン

この記事へのコメント

1. Posted by バスウ   2019年03月02日 01:26
Wingさんが使っているUVライト。
私も教え頂きUV樹脂を固めるのに愛用しております。
教えて頂いた当時は破格でしたが今改めてみると倍の値段になっておりました😅
https://gearbest.app.link/Gnqwxi2RHU
2. Posted by 98k   2019年03月02日 01:37
>バスウさん
コメントありがとうございます。
わたくしもwingさんが樹脂を固めるのを見たことがありますが、これだったんですね。
そーいや、UV樹脂の便利さを解説してくれたこともあったけど、工作しない(できない)わたくしには馬の耳になんとやらでした。
でもこちらのウランガラスの美術館は、なかなか面白かったですよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
姫路押絵の特別展!!!蟹取県?へ・・・