明治とか・・・エンシュア1.5メロン味!!!

2019年07月30日

小松左京著「大阪タイムマシン紀行」とか・・・

またまた、ひさしぶりの記事更新となりました。

例によって近況報告から・・・

先週、三ヶ月ぶりに歯科へ定期洗浄に行ったら血圧が高すぎて受けられず、母親の処方箋相談のついでに
近所のかかりつけ医に診てもらったところ、おそらくは睡眠不足と運動不足と不摂生による高血圧症の再発です
と言われ、三年ぶりに血圧降下剤を処方されました。

それまで10年以上、血圧降下剤を服用してたのですが、ロードバイクを購入してから10kgほどの減量に成功、
血圧やその他の数値も全て正常値になり、「まさに理想的な血圧降下剤の止め方です。」と褒められてたのですが・・・

すでに二ヶ月以上、少し仮眠してはひたすら飲んで食べるとゆーキャンプ宴会のような泊まり込み介護を続けてて
この間ロードバイクにもまったく乗ってなかったので、まあ、自業自得といえば自業自得・・・
それにしても数年かけて、いちおー健康体になったのが、僅かこの二ヶ月で、もとの木阿弥になろうとは・・・

で、母親はほぼ寝たきり状態が続き、最近は一部記憶の混乱も増えましたが、それでも可能な限りは
介護保険制度を活用しながら、わたくしが在宅で介護しようと考えています。

でも、わたくしが倒れると元も子もないとケアマネさんにも言われてるので、とりあえずはミニベロ(小径車)だけでも
実家に持って行って1時間でも暇を見つけて近所を走り、深夜の食餌量や飲酒量も少しは制限して・・・
とは思っているのですが、ともかく物理的・精神的に熟睡できないというのが辛いですね。
泊まり込みの介護職や看護職の方々のご苦労を、僅かですが実感してきました。



と、眠れぬ夜のひととき(こちらは勤務中でもないので)、スーパー玉出で夕方の半額セールになると
1パック約50円になる焼きそば・お好み焼き・たこ焼きと、安物ボロニアソーセージをばくばく食べつつ、
ブラックニッカのクリアをサンガリア強炭酸レモンで割ったハイボールをかぱかぱ飲みながら・・・

ここ数日、あらためて読み返しているのがこちらであります・・・

DSCN2697


DSCN2699

小松左京著・大阪タイムマシン紀行・PHP研究所1982年12月24日・第1版第1刷とゆー新書版であります。

新聞連載の単行本化で、こちらはわたくし初版と同時に購入してたはず・・・



DSCN2703




例によって目次のみ・・・

DSCN2700



DSCN2701



DSCN2702

「街道をゆく」シリーズの大阪・小松左京版とでもいうのでしょうか、当時の最新の研究成果などを踏まえた、
歴史紀行です。

前書きにありましたが、大阪人に歴史を訊いても「高津宮の仁徳はん」の次は「大坂城の太閤はん」になり、
この間1000年も歴史が跳んでしまっている、とゆー認識は今でもあまり変わらないでしょう。

河内湾の頃からの膨大な資料を(当時はもちろん手作業で)集め、当時としては斬新な観点からの歴史紀行、
今では定説・常識となっているものでも、当時としては現場の最新情報だったものもあって、
これは「日本沈没」に描かれた当時の「プレートテクトニクス理論」などと同じ状況ですね。

あらゆる分野の最新情報を分析して読者に分かりやすい文章にするのは、まさに氏の真骨頂、
ただし大阪・関西に愛着を持っておられた氏だけに、思い入れも深く、内容も多岐にわたってて、
過去だけでなく大阪の未来像に関する記述も豊富でした。
ま、さすがに「百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に!!!」つーのはありませんでしたが・・・

7月のNHK番組「100分de名著」で、氏は阪神淡路大震災の徹底した取材で精神的に小説が書けなくなり、
東日本大震災の精力的な取材でさらに体調を崩して、ついに帰らぬ人となったと紹介されてましたが、
膨大な情報を自分の足で集め作品にするという点では、まさに司馬遼太郎氏と双璧ですね。




m98k at 16:55│Comments(4)mixiチェック 書斎 | ブログ日誌

この記事へのコメント

1. Posted by donchan   2019年07月31日 06:51
暑いですね🥵。ご母堂の介護、ご苦労のほどお察しいたします。確かに、98Kさんが倒れると大変なのでくれぐれもご自愛ください。
小松左京、遠い昔に『戦争はなかった』やゴエモンなど読んだ記憶があります。一時凝っていた高橋和巳の友人で呑んだくれて殴り合いしたと等々のエピソードも思い出します。
2. Posted by 98k   2019年07月31日 16:55
>donchanさん
ありがとうございます。そちらもどうかご自愛ください。
本日は某用地部有志による退職者お祝い会に出席のため、先ほど一時帰宅してきました。
これからシャワー浴びて着替えて、ひさしぶりにミナミで大宴会じゃあ!!!
以前も書いたことがありますが、学生時代に小松左京氏による「現代史」の授業が文学部であり、
わたくしを含むSF研の他学部メンバーが(本来授業をサボって)無断聴講してたんですが、
現代史といっても氏の場合は地球生命誕生からが現代で、まあ、今なら情報伝達史みたいな感じでしょうか。
で、授業の最終日に「打ち上げをやろう」とご本人から提案があり、何度か当サイトでも紹介した例の汚いお店へ。
「学生時代、ここで毎晩のように安酒飲んで高橋和巳、山崎正和と大激論してたなあ。
店は当時のままやから三人で書いた落書きが便所の前の廊下あたりに残ってるはずや。」
と大変懐かしがっておられましたねえ・・・
まあ、現在では廊下に新しい合板が貼られて別の落書きで溢れてますが・・・
で、当日はけっこうな大人数になったのですが、打ち上げ費用は全額講師持ち、
「ここは安い店やけど、大学からもらった講師料では全然足りんな・・・がははは」と豪快そのものでした。
万博の総合プロデューサーから各種審議会の委員など、まさに「日本SF界のブルドーザー」として
あらゆる方面で精力的に活躍されてる時期でしたね。
3. Posted by alaris540   2019年08月01日 11:22
アチラで最新記事案内、真に有難う御座居ます。
そして御家族の介護も頑張りが伝わってきます。時にはレスパイトも、自転車も是非。^^

コレですね↓
https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/89_komatsu/
あまり昔の人間ではありません(ウソ)ので小松さんとくれば「さよならジュピター」のイメージ。宇宙作家クラブの一員・あさりよしとおさんが自身の漫画「宇宙家族カールビンソン」で「コーちゃん(特技監督の川北紘一)の『木星沈没』はメカ描写が最悪」と茶化していたのを思い出しました。
4. Posted by 98k   2019年08月01日 18:00
>alaris540さん
ありがとうございます。
レスパイト入院つーのも可能性としてはある、とケアマネさんから教えてもらいました。
他にも夜間のトイレ介護など短時間の訪問介護も可能なようですが、結局はわたくしが応対することになるし、
現実的には週一回とかのショートステイでしょうが、環境が変わることによる影響が大きいかも・・・
とりあえずミニベロだけでも実家に持って行きます。(^_^;
「さよならジュピター」
興行的にはコケて氏も借金を抱えたようですが、スターウォーズに負けない本格宇宙SF映画を作ろうと、
各分野の若手や精鋭を集めてたようで、当時秋葉原のジャンクパーツ類が全て店先から消えたと友人から聞きました。
「宇宙家族カールビンソン」
読んだことないのですがマニアックそうですね・・・(^_^;

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
明治とか・・・エンシュア1.5メロン味!!!