ミリタリーグッズ

2019年07月10日

明治とか・・・

またまた一か月ぶりの記事更新となってしまいました。

5月以降ほぼ寝たきりになってしまった高齢の母親を、引き続き実家に泊まり込んで介護中です。
ま、平日は隔日の訪問介護でシャワーや着替えや掃除をしてくれますし、週一回の訪問看護もあり、
わたくしの仕事といえばせいぜいトイレへの往復と三度の食事の世話ぐらい、あとは隣室で飲みながら
ごろごろしてるだけなので、実家に置いてあった古い本なんぞを読み返したりしています。


で、こちら・・・

DSCN2669


DSCN2668

坂の上の雲 司馬遼太郎著 文春文庫版 全8巻であります。

新聞連載は昭和43年から47年にかけてですが、こちらは新装の文庫版を古本で購入したもの。

ま、読み返しても殆ど思い出せなかった・・・つーか、改めて新鮮な気持ちで読めました。

ベストセラーですし読まれた方も多いでしょうが、日清・日露戦争の頃の秋山好古・真之兄弟と、
正岡子規の三人を中心に明治の歴史(軍事史など)を綴った名作であります。


いっぽうこちら・・・

DSCN2670


DSCN2667

翔ぶが如く 司馬遼太郎著 文春文庫版 全10巻であります。

新聞連載は昭和47年から51年にかけてですが、同じく新装文庫版を古本で買ってますね。

こちらは西郷隆盛などを中心に西南の役までの明治の政治史・軍事史を綴ったもので、歴史的には
「坂の上~」の前史になりますが、作品としては続きとゆーか補足とゆーか、明治とゆー時代への
著者の考え方が、軍事・政治の変遷も含め、さらに詳しく述べられています。

どちらもテレビドラマ化もされてますし、内容について詳しく述べたりする時間もありませんが、
ネット環境など全くない昭和40年代に、ここまで膨大な明治時代の情報を集めて自分の作品にする
というのは凄い・・・ということを(ネット環境のない実家で読み返してみて)改めて実感しました。

明治維新や明治とゆー時代についての氏の考え方は当時「司馬史観」ともいわれ、物議を醸すこと
もあったようですが、ともかく戦略・戦術などの当時の膨大な資料を手作業で集めて長編歴史小説
という作品(しかも新聞連載!!!)に収束させるというのは、やはり凄いの一言ですね。

ちなみに司馬氏は母親と同じ大正12年生まれで、終戦直前には本土決戦に備えた戦車隊にいた
というのは大正9年生まれのわたくしの亡父と同じ、さらに終戦直後の住まいや長男誕生の時期なども
偶然ですが全く同じで、こちらは(自宅でのお気楽ネット検索で)今回はじめて気づきました。
いやあ、のんびりと読み返してみる、というのも、なかなか面白いものですね。

そういえば今月のNHK番組「100分de名著」は小松左京スペシャル、氏も凄い情報量の作家でしたが
実家の書架には殆どの作品が(ほぼ初版ハードカバー版で!!!)並んでいます。
こちらも改めて読み返してみようかな・・・



m98k at 18:28|PermalinkComments(2) mixiチェック

2018年10月05日

ワールド・スケールモデラー創刊!!!

とーとつですが・・・

モデルアート社から新雑誌が創刊されました!!!


(表紙)
DSCN0079






(裏表紙)
DSCN0080

ワールド・スケールモデラーWORLD SCALE Modeler 創刊号 
モデルアート社 平成30年10月20日発行・・・であります。
ちなみに一般書店ではなくAmazon通販などでの発売・・・ 

編集長は、わたくしの古い友人で有名なモデラー(モダーではありません)の楽八さん。



例によって目次のみ紹介させていただきます。

DSCN0083

内容は・・・素人から見ても超絶の一言に尽きますね・・・

世界のすぐれたモデラーの作品と技法を、オールカラーで一人十数ページにわたって詳しく紹介、
魚雷攻撃を受けて爆発した瞬間のUボートなど、撮影テクニックも超絶の一言でした。
それぞれが独自の技法を編み出し、作品やその撮影に活かしているというのも凄いですね。

次号は来春発売予定とのことなので、今後は季刊になるようです。

わたくし模型に限らずライトや自転車でも工作趣味は一切ありません、つーかできないのですが
工作やメカの様子を見るのは大好きで、ジオラマをつぶさに観察するのも大好きです。

この本の冒頭にあったミグ・ヒメネス氏の「創刊に寄せて」と題する一文によると、日本は昔から
世界中のモデラーにとって、一度は訪れてみたい「約束の地」だった、しかし日本の模型趣味は
長い間「鎖国」状態だったのだが、20年来の楽八さんの努力で世界のモデラーと繋がるようになり、
世界中からすぐれた作品を集めた模型誌が日本で創刊されることになった、とのことでした。

日本のすぐれたライト・モダーは世界のライトマニアの憧れのようですが、さらにマイナーな世界なので、
日本でこんな雑誌が創刊されることは今後もないでしょうが、せめてすぐれたMOD作品を紹介する
サイトがあれば楽しいですね。ぜひ、どなたか・・・



m98k at 17:25|PermalinkComments(2) mixiチェック

2018年08月15日

知ってはいけない・・・

本日は終戦記念日・・・つーことで、まあ・・・

読売テレビ「そこまで言って委員会N.P」8月12日放送分でも内容の一部が紹介されてましたが・・・
(ちなみに番組には「トモダチ作戦」の立案者の一人、ロバート・エルドリッヂ氏も出演されてて、
8月20日までならネットで無料視聴できるようなので、よければこちらも・・・)


「知ってはいけない~隠された日本支配の構造~」とゆー本のご紹介であります。

DSCN7767

矢部宏治著 講談社現代新書2439 2017年8月20日発行・・・



例によって目次だけ・・・

DSCN7768



DSCN7769

ちなみに政治的な議論を当お気楽サイトでするつもりは一切ありませんので念のため・・・
(もちろん各章のタイトルも著者の見解です。)

遥か昔の学生時代、やりたかった軍事史のゼミがなかったので政治史のゼミを選択したわたくしですが、
社会人になってからは戦後の政治史などとはすっかり離れてました。

で、昔から何となく「ごっちゃ」になってた部分が、順を追ってキーワードで整理して書かれてあると、
一部ですが何となく「すっきり」した気分になった次第で、わたくしはけっこう興味深く読めました。

ちなみに本書に紹介されてた講談社のウェブサイトでも、一部の立ち読みなどができるようです。
http://goo.gl/EZij2e  ま、興味のある方はこちらも・・・



以下、日米関係の気になった部分だけですが、わたくしの読後のメモ書きから・・・

・旧安保条約
・日米地位協定
・日米合同委員会

・ライス国務長官の独白
太平洋軍司令官は植民地総督で政府間の外交政策と軍事政策をぶち壊してしまう。

・本書による(条文上の)歴史的な流れ

大西洋憲章(1941年8月 米英2か国)

連合国共同宣言(1942年1月 26か国)

ダンバートン・オークス提案(1944年10月 米英ソ中4か国)⇒国連憲章の原案

国連憲章(1945年6月 50か国)

日本国憲法草案(1946年2月 GHQ原案)

日本国憲法公布(1946年11月)同施行(1947年5月)
(ここまでの内容は全て連合国軍(=国連軍)による武力支配が前提)

朝鮮戦争が勃発し、その前提が覆る

サンフランシスコ講和条約(1951年9月 共産圏等を除く49か国が署名 日米安保条約とセット)

同条約発効・独立(1952年4月)

安保法体系 吉田・アチソン交換公文
日米合同委員会 日米安全保障協議委員会
(基地権密約 裁判権密約 指揮権密約・・・等々・・・)

・上記各条文の英文原文でのピープルとネイションとステイトの違いが重要

・地域限定の二国間条約である日米安保条約で集団的自衛権はあり得ない。
米軍が集団的自衛権に基づく相互防衛条約を締結しているのはリオ条約(中米・南米)と、
NATO条約(ヨーロッパ)のみで、それ以外はすべて個別的自衛権である。
(こちらも本書の見解ですが興味深いですね。)

・本書の最後にあった(9条3項・加憲案が発表されてからの)「追記」より・・・

憲法9条はもともと国連憲章(国連軍)とセット
ダレスにより(朝鮮戦争により)独立後は安保条約(プラス密約)とセットに
そのままで自衛隊を「加憲」すれば「米軍による日本の軍事利用体制」の完成

「いま、すべての人が、すべてのポジション・トークを一度やめて、遠く離れた場所
(沖縄、福島、自衛隊の最前線)で大きな矛盾に苦しむ人たちの声に真摯に耳を傾け、
あくまで事実に基づいて(第七章)、根本的な議論を行うときにきていると私は考えます。」

つーことで著者は「粘り強く平和裡に(米国に)改正を求めていくべき」との立場なんでしょうが、

はてさて・・・




m98k at 08:15|PermalinkComments(2) mixiチェック

2018年01月20日

百舌鳥古墳群ふらふら

(期間限定のお知らせ)
内モンゴル・沙漠植林ツアー(5月19日~23日)へのお誘い記事は
こちらです。


初ポタ・・・つーことで昨日、百舌鳥古墳群をふらふらしてきました。

百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)は、大阪府堺市にある古墳群。
半壊状態のものも含めて44基の古墳がある。
かつては100基を上回る古墳があったが、第二次世界大戦後に宅地開発が急速に進んだため、
半数以上の古墳が破壊されてしまった。
巨大な前方後円墳を擁する古墳群として知られる。
2017年7月31日、文化審議会が古市古墳群と合わせ世界遺産の2019年登録審査候補として
正式に推薦することを決定した。(以上ウィキより一部抜粋)

(追記です。ちょうど昨日、この推薦への政府閣議了解がありましたね。)


ま、それぞれの古墳の詳細についてはネット検索ででも・・・


つーことで、朝10時に大阪市内南部の公園にダッシュP18とシルヴァF8F(2台)が集合、

BlogPaint



BlogPaint

まずは(三人とも元気なうちに)記念撮影であります。



で、ふらふらと公園を出発、あびこ筋を南下しはじめて間もなく・・・

DSCN6960


DSCN6962

あびこ観音でさっそく休憩、道中の無事を祈願・・・




DSCN6965

立派なクスノキがありました。



で・・・

DSCN6967

大和川を渡り、堺市内をふらふらと南下します・・・




DSCN6970

道沿いに楠塚公園というのがありました。
もとは金岡神社の御旅所(西宮頓宮)だったそうですが、こちらも見事なクスノキでした。
丸く小高くなってるので、さらに古くは円墳だったのかも知れませんね・・・




あびこ筋を百舌鳥あたりで東へ折れ、まずはニサンザイ古墳に到着。

DSCN6976

前方後円墳の形がはっきりと分かりますね・・・



古墳側には・・・

DSCN6974

トリさんたちがのんびり羽を休めてました。



ぐるっと一周しました。

DSCN6977

墓地側からは後円の形がよく分かります。



あびこ筋に戻り、せっかくなので百舌鳥八幡宮へもお参り・・・

DSCN6982



DSCN6984

一の鳥居?から二の鳥居?までの参道が長いです。






DSCN6995







DSCN6988






DSCN6990

百舌鳥さんが咥えてるのは何なのか・・・





本殿を下りた池の中にあるのが、左の弁天社と右の水天宮社・・・

DSCN6994

なんですが、右側の小さな水天宮社には橋がありません。




DSCN6999



でも、

DSCN6998

社には真新しいお供え物がありました・・・

舟なんかなかったし池はけっこう深そうだし、どうやって毎日のお供えをしているのか???

「ウェイダーとか履いて、ざばざば渡っているのではないかい・・・」

「いや、長い竿とかを使って三宝ごと取り替えてるんやろ・・・」

「いやいや、神主さんが祈祷すると、池の水が割れて道が現れるんやっ!!!」

「ここの神主さんはモーゼの子孫やったんかっ!!!」

とか、楽しく議論しながら・・・

DSCN7010





御廟山古墳に到着であります。

DSCN7004

こちらも前方後円墳でこちらは後円側・・・



古墳の立札をズームアップしてみると・・・

DSCN7006

宮内庁としては「陵墓参考地」なんですね。




ちなみに・・・

BlogPaint

この古墳も、すぐそばまで住宅が建ってました。


記事の冒頭にあるとおり、戦後の宅地開発で古墳群は次々と破壊されてたのですが、


次に廻ったこちら・・・

DSCN7015

いたすけ古墳での宅地開発に反対する学者や市民の運動が・・・




DSCN7014

その後の全国の文化財保存運動の先駆けとなったそうです。

昭和30年といえば戦後10年目、生きるのに精いっぱいの時代から高度成長へと向かう時期・・・
まあ、よくぞ残してくれたものです。





と、次に廻ったのが・・・

DSCN7020






DSCN7025

履中天皇陵古墳。全国で3番目の大きさだそうです。






DSCN7021

さすがに地上から全容を撮ることはできませんね。




で、履中陵の北側にある大仙公園に入りました。

DSCN7033

右の整備計画図にあるとおり仁徳稜と履中陵の間にある公園で、園内にも多くの古墳があります。



案内図の一番下にある七観音古墳・・・

DSCN7028

左半分に石積みが復元された円墳で、頂上が展望台になってます。

本来の古墳は、このように石積みで覆われたものが多かったようです。



頂上から履中陵を望みます。


DSCN7031

やはり全容は撮れませんでした・・・




で、

DSCN7034

公園内各所にある円墳や前方後円墳をふらふらしながら・・・




DSCN7036





DSCN7037

やはり公園内にある堺市博物館へ・・・





DSCN7038

こちらの企画展も楽しみです。




以下、さくさくっと・・・

DSCN7043





DSCN7053





DSCN7049

古墳時代の甲冑・・・
主要部の鉄や金銅を革で覆ったもので、戦国時代の終わりに出てくる当世具足同様、質実剛健で
武士の派手な甲冑とは対照的な実用品ですね。
冑が「衝角付き」になってますが、当時の白兵戦では「頭突き」が有効だったんでしょうか。





DSCN7056





DSCN7057






DSCN7061






これまで廻ってきた百舌鳥古墳群・・・

DSCN7067

当時はこんな感じで陪塚も含めて、ずらっと並んでたんですね・・・
右端が最初に行ったニサンザイ古墳で、ほぼ時計回りに廻ってることになります。




で、時代は戦国時代へ・・・

DSCN7076

鉄砲足軽の装備・・・ずいぶんとイケメンですが・・・
すでに銃撃戦用の野戦装備になってるので、ボディアーマーと弾薬・食糧の携帯がメインつーのは、
現代の歩兵と変わりませんね。イラストにはありませんが瓢箪や竹筒の水筒も必携でしょう。





DSCN7071

堺は刀と鉄砲でも有名ですね・・・





DSCN7074

火縄銃の作り方・・・石斧より難しそうです・・・





DSCN7073

慶長大筒・・・だったはず・・・でかいです。






DSCN7072

江戸時代も中期以降になると、火縄銃も実用品から美術工芸品へ、室内射的用もあったようです。



こちら包丁のできるまで・・・

DSCN7094

こちらは道具さえあれば、石斧作りと同じ感じかな・・・



各地方用の鰻さき包丁・・・ぜーんぶ堺で作ってるんですね・・・

DSCN7093

これらの刀や鉄砲の加工技術と分業体制が明治以降、堺の自転車づくりに繋がっていきます。

そーいや、この大仙公園に隣接してシマノが管理受託している自転車博物館がありましたね。



堺の町並みのジオラマ・・・

DSCN7084




DSCN7086

いやあ、よくできてました・・・




で、大幅に省略して企画展の一部もさくさくっと・・・

DSCN7101




DSCN7102




DSCN7104




DSCN7105





DSCN7106





DSCN7107





DSCN7108





DSCN7109





DSCN7110

いやあ、じつに懐かしかったですねえ・・・



と、博物館を出て、さらに公園内の古墳群を巡り・・・

DSCN7115

こちらは前方がずいぶんと小さいですね・・・



と、いよいよ公園の北側に隣接する・・・

DSCN7120

仁徳天皇陵古墳に到着であります。





DSCN7124

ちょうどサギさんがとまってましたが・・・もちろん全景は撮れません。




せめて現地にあった航空写真で・・・

DSCN7116

そう、言わずと知れた世界最大の墳墓、我々は左正面にある遥拝所にいます。


で、ピラミッドや秦の始皇帝陵が世界最大の墳墓とも聞いてたので、わいわい議論してると、
近くにいたボランティアガイドの方が教えてくださいました。

DSCN7122

面積で世界最大の墳墓が、この仁徳天皇稜古墳、
そして、高さで世界最大の墳墓がエジプト・クフ王のピラミッド、
秦の始皇帝陵は地下部分が大きく、体積で世界最大の墳墓・・・

つーことだったんですね・・・いやあ、長年の疑問が解けてすっきりしました。

と、すっきりしたところで、あびこ筋を引き返して帰路に・・・

DSCN7125





で、ご近所まで帰ってくれば、とーぜん・・・

DSCN7132

かなり遅めの昼食宴会となりました。ええ、とーぜんかぱかぱと・・・




って・・・

DSCN7126

食べる前に撮ればいいものを・・・

ちなみにこちらは餃子6人前の後に出てきた料理の完食画像であります。げふっ
こんなのは「インスタ映えする」とは言わないのかっ???

と、豊中に住む友人は、駅前でシルヴァF8Fをたたんで地下鉄で無事帰宅、
わたくしと近所の友人はいつもどおり自転車を押して無事帰宅・・・したはずです・・・


今回の走行距離は31kmで走行時間は2時間16分、平均速度は13.4km/hになってましたが、
朝9時半に自宅を出発して帰宅したのは3時半でしたので、所要時間はちょうど6時間・・・
博物館の見学時間を除いたとしても、やはり半分以上は休憩と宴会に費やしてますね・・・

まあ今年もずっと、このペースのポタリングになりそうです。あははは

追記です。二か月後の「古市古墳群ふらふら」記事はこちらです。




m98k at 17:43|PermalinkComments(2) mixiチェック

2018年01月08日

新春!!!石斧OFF会???

(期間限定のお知らせ)
内モンゴル・沙漠植林ツアー(2018年5月19日~23日)へのお誘い記事は
こちらです。


で、新春恒例・・・では決してありませんが・・・

予定調和の「石斧OFF会」であります・・・

???

昨年、川端さんwingさんと三人で「プリミティブ・テクノロジー」とゆー動画を延々と見てたことがあり、
その後、川端さんから「あの石斧を作ってみたいな・・・」と連絡があって年末にも集まったのですが、
ちと寒かったのであっさりと挫折、年が変わった昨日にリベンジしてきた次第。

ま、年末挫折の際にも(室内でぬくぬくと)議論してたわけで・・・

「動画では安山岩などの硬い石を黒曜石で削って形を整え、水辺の石と水で丹念に磨いて仕上げて、
最後は生木の柄を付けて完成させてたようでしたね。」

「うむ、柄に生木を使うのは、乾くと締まって抜けにくくなるからなんですね。」

「ま、生木や硬い石はどこでも手に入るでしょうが、黒曜石なんて近くにはないでしょう。」

「いやいや、わたしは屯鶴峰で黒曜石らしきものを見たことがあります。」とwingさん。

「その話を聞いて調べてみましたが、屯鶴峰を含む二上山あたりはサヌカイトの産地だったらしいので、
見られたのは黒曜石ではなくサヌカイトでしょう。」と怪しむ98kさん。

「いやいや、あれには光沢があったのでサヌカイトではなく黒曜石のはず・・・と、こちらも調べたら、
地質専攻らしき学生による屯鶴峰に黒曜石があった、との記事を見つけました。」

「うーむ、関西には黒曜石の産地は存在しないと書いてあったけどなぁ・・・ぶつぶつ・・・」

「それは産地といえるほどの埋蔵量がないからでしょう・・・ぶつぶつ・・・」

「まあまあ、石を削るノミには別にどちらでもいいので、ともかく屯鶴峰あたりへ・・・」と川端さん。

つーことで今回はwingさんが、わたくしと川端さんをピックアップして下さいました。


「では、さっそく屯鶴峰を目指して・・・」

「いや、今回は腰が痛いので、あのアップダウンはきついなあ・・・」と渋る川端さん。

「じつはわたしも年末年始の運動不足で、ちと腰が・・・」とすぐラクな方向に流れるwingさん。

「ま、大阪ディープサウスまで来てることだし、今回は紀の川で硬そうな石を探すことにしましょう。」


と・・・

DSCN6819

以前よくキャンプ宴会に来てた紀の川・打田の河原へ・・・いやあ、じつに懐かしいなあ・・・



さっそく川端さんは・・・

DSCN6821

がしがしがし




DSCN6822

「これはけっこう硬そうです。」





DSCN6825

がんがんがん





DSCN6827

ばきばきばき





DSCN6828

「そっちは割った破片です。本体はそれなりの形になりましたよ・・・ふうふう」



いっぽうのwingさん・・・

DSCN6829

「大きいのは大変そうなのでミニチュアサイズを探します・・・ふらふら」




DSCN6831

「水中のは冷たくて採れないので画像に撮っておこう・・・ぱちぱち」

って、画像に記録して一体どうなるとゆーのか???





ちなみにわたくしが拾ったのはこちら・・・

DSCN6938

ま、左端は川端さんが割った切れ端ですが、けっこう鋭利なのでそのままで使えるかと・・・

「って、石斧を作るにしては、薄いのとか細いのばかりですね・・・」

「ええ、わたくしは石斧より矢じりや投げ槍に加工したほうが有利かと・・・むひひひ」

「木を伐ってみるのが目的なんですが・・・あんたは飛び道具かっ!!!」

「いやいや、このままでも振り回せば鈍器になるし頸動脈を掻き切るぐらいなら・・・」

「って、それでは進化つーより退化・・・さらに狩猟用つーより対人用のような・・・びくびく

「ま、なにせ今回はプリミティブですからね・・・げひげひ


と、無事に石拾いは終了、とりあえず熱いコーヒーと大量のチョコボールで一息ついてから・・・

DSCN6833



DSCN6834




DSCN6837

まずは昼食であります。

「さて、昼からどうしましょう。やはり腰痛には温泉ですね・・・もぐもぐ」とwingさん

「せっかくのプリミティブなOFF会なので、池上曽根遺跡に行ってみたいな・・・ばくばく」と98kさん

「そーいや、あそこには石斧も展示してあったはずです。」と地元民の川端さん

「そりゃあ、いいですね。一度実物も見ておきたいし・・・」

と・・・

DSCN6838

弥生時代の集落遺跡としては全国有数規模の池上曽根遺跡へ・・・



DSCN6844




DSCN6847




DSCN6853





DSCN6854




DSCN6855




ま、せっかくなので復元された建物内部も見学・・・

DSCN6856



DSCN6862





DSCN6859

やはり明るいライトを持参されてました・・・





DSCN6885

こちらが発掘された実物のサヌカイト・・・




DSCN6886

こちらが実物の石斧・・・ここまで成形して磨くには相当な時間を要したんでしょうね・・・




ま、わたくしは・・・

DSCN6882

こちらの実物を参考に・・・


と、まさにプリミティブなOFF会でしたが、〆は新春恒例の神頼み・・・


そう、泉州航空神社(泉州磐船神社)へ三人で初詣であります。

DSCN6894

狛犬がわりにはヘリコプターが・・・


天の磐船に乗り天より降りたとされるニギハヤヒノミコトの分霊を祭る神社だそうで、
関西空港建設にあわせて創建された、比較的新しい神社であります。


この付近つーか関空付近には昔の陸軍・佐野飛行場があったりして航空機とは縁のある土地柄、

DSCN6893

本殿の地下は航空資料館になっているのであります。




初詣のあとは、とーぜん資料館を見学・・・

DSCN6898



DSCN6899




DSCN6913


DSCN6905



DSCN6928




DSCN6906


DSCN6920



DSCN6921




DSCN6923



DSCN6926



DSCN6925

なにせ4000点の航空関連資料があるそうで・・・





DSCN6929

出てきたら、あたりはすっかり暗くなってました。


いやあ、大阪ディープサウスも播磨の国と並び、なかなか奥が深いです。


と、地元民の川端さんとはこのご近所でお別れ、わたくしはwingさんに大阪市内まで送っていただき・・・



DSCN6935


DSCN6936

ご近所にできた、おいしい蕎麦屋さんで夕食を食べてお別れした次第。

いやあ、今回もじつに楽しかったです。ありがとうございました。

次回は黒曜石かサヌカイトを探し出して本格的に石器を加工・・・
するのはけっこうめんどーだし、グラインダーとかを使えば済むハナシなんですが・・・

ま、wingさんが屯鶴峰で見たのが黒曜石だったのかサヌカイトだったのかを確認に・・・
よろしければご一緒しましょう!!!
って、そんなモノ好きに誰が付き合うとゆーのか・・・



m98k at 03:22|PermalinkComments(8) mixiチェック