フラッシュライト、ランタン

2018年07月14日

キャンピング・ライトを!!!

ええ、今回は・・・

キャンピング・ライト、しかもウルトラ・ポータブル!!!のご紹介であります。



じゃーん

DSCN9605

しっかりと、そう書いてあります。




で、さっそく開けてみると・・・

DSCN9607

おなじみNITECOREの製品なんですが、これは今回まで知りませんでした。




DSCN9608






DSCN9612

テールのねじ込みでオン、さらに素早く回すことで三段階に調光し、最大では135 lm!!!


で、このライトの特徴なんですが・・・


テールと本体の間にあるリングをリップスティックのようにぐりぐり回していくと・・・

DSCN9613

にゅるにゅると伸びてきて、明るいランタンとしても使えるのでありますね。

まさにキャンピング・ライト!!!、しかもテール部分がマグネット式で、あちこちに固定できます。



いやあ、じつによさげなものを・・・いただきました・・・

そう、じつはこれ、川端さんからのいただきものだったのでありますね・・・

ほんと、いつもありがとね!!!

と、恒例により・・・


御礼は言葉だけにとどめて・・・


さりげにスペックとかの紹介であります・・・

DSCN9609




DSCN9610



DSCN9611

L⇒M⇒Hに加えてビーコン・モードもあるんですね。
クルマのルーフとかにマグネット固定しておけば、夜間のいい目印になりそうです。

単三電池1本で小型軽量のわりに明るく、明るさとランタイムのバランスもなかなかのもの・・・
なにせ、にゅるにゅる伸びてランタンにもなり、ディフューザー不要とゆーギミックが面白いです。

いやあ、これだから・・・

オフ会と称して集まるのが楽しみなんですよね!!! げひげひ

川端さん、これからもお付き合いのほど、何卒よろしくです。へらへら



m98k at 00:14|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月10日

ASTROLUX S42とか・・・

ええ・・・アウストラロピテクス・・・

もとい、アストロラックスASTROLUXのS42とかであります。


きっぱりと、そう書いてあります。

DSCN9614




DSCN9615

ご覧のとおり、こちらはLEDがXP-G3×4個のバージョン・・・

今回はwingさんが海外通販で様々な「大人買い」をされる際に、わたくしにも声をかけていただき、
とりあえず一番明るいバージョンを!!!、と、お願いしていたのであります。



まずは本体・・・

DSCN9621

なんか箱絵より、ずいぶんと長いです・・・

そう、このエクステンション・チューブに必要なのがIMR18650電池だったのでありますね。



で、テールを閉め込むとクリックスイッチが緑色に点灯します。

DSCN9623




DSCN9622

ローからのスタートで6段階の明るさ+ターボモードにワンクリックずつで変化します。





DSCN9625

ええ、どんどん明るくなっていきます。ターボモードでは白トビしてしまいましたが・・・




スペック・・・

DSCN9616




DSCN9619

ハイ2モードで735 lm、ターボモードだと・・・なんと2030 lm!!!

この明るさでこのサイズ、さらにお値段は僅か数kほど・・・
いやあ、時代は進化してるんですねえ・・・うるうる

ま、さすがにターボモードにすると20秒後には自動的にハイモードに戻るようです。
そりゃあ、こんなにちっちゃく放熱フィンも少ないボディで2000 lm出せば、たちまち熱くなりますからね。



モードの切り替え方法・・・

DSCN9618

他にもいろんなモードがあるようです。ま、わたくしには無縁でしゅが・・・



で、XP-G3の四つ目には・・・

DSCN9626

wingさんがたっぷりと蓄光処理をしてくれてました。




ちなみに・・・

DSCN9632



DSCN9633

電池をいちいち取り出さなくても、そのままでも充電できるようですね。




付属品・・・つーか・・・

DSCN9620

左が18350電池用の短い標準チューブ。

で、手前にあるパーツを・・・




テールに付いてる三脚穴にねじ込めば、

DSCN9627




いざという時の・・・

DSCN9628

緊急野外宴会用ウィスキー・オン・ザ・ロックスのアイスピックに!!!
ちなみに付属品の説明では「アタック・ハンマー」になってましたが・・・





さらに専用の・・・

DSCN9629

ケースも同時購入してくれてました。何から何までありがとね、wingさん!!!

と、わたくしにとっては、はじめて手にする2000lm超のフラッシュライトであります。

いやあ、この小ささでこの明るさでこのお値段つーのは、じつにうれしいですね!!!
ええ、わたくしのアウトドア遊びで2000lm超の明るさが必要なのかどうかは別として・・・



m98k at 00:10|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月13日

IMRとやらを・・・


とーとつですが、IMR18650リチウムイオン電池が届きました・・・

DSCN9432


DSCN9433


DSCN9435




DSCN9436

とまあ、これでもかっ!!!、つーぐらい注意書きがありましたが・・・



KEEPPOWERのIMR18650リチウムイオン電池、3120mAhモデルであります。

DSCN9434

2本セットだと少しお安くなってたので2本セットで・・・





DSCN9438

KEEPPOWERでの型番はNH1831になってますね。

ええ、自慢ではないけど、わたくしにはわかりません・・・

箱には「電子タバコ用」と書いてあったけど、わたくし電池交換できるような高級品は持ってないし・・・

そう、過日wingさんから、とーとつにメールがあり、

「とーとつですが、IMRが要りますよ。」

「なんじゃ、そりゃ??? MRIの検査なら毎年受けてましゅが・・・」

「ともかくMRI、もといIMRを買っておいて下さい。」

「きっぱりとわからんけど、とりあえずオススメを教えて。」

と、いくつかのオススメの中から一番上にあったのを、ユタカさんのアマゾンサイトで購入した次第。

ま、とりあえず買ってはみたものの、引き続き何のことやらわからないのですが・・・
どうやら保護回路の付いていないリチウムマンガン系18650電池のようですね。

で、保護回路がないので2.5V以下まで放電すると高確率で駄目になるし、それを再充電すると、
発火・破裂の恐れがあると・・・

さらに輸送時の安全のためフル充電していないので使用前に充電を・・・とか書いてあるけど、
フル充電したまま放置しておくのもよくないよ・・・って書いてあるし・・・

ううっ、次回wingさんにお会いするまで、わたくしはどうすればいいのでしょう???

(追記です。)
その後に入手した、この電池を使うフラッシュライトの記事はこちらです。



m98k at 18:55|PermalinkComments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月27日

アンカーのモバイルバッテリー!!!

(災害避難についての「まとめ記事」はこちらです。)

わたくし密かに・・・

ブリヂストン・アンカーANCHORのクロモリ・フレームにバッテリーを仕込んで電動ロードに!!!

といったハナシ・・・

ではもちろんなく・・・タイヤに空気を入れるのさえ怪しいんだかんね・・・





アンカーANKERのモバイルバッテリーPowerCoreⅡ10000のご紹介であります。

DSCN8130

ええ、箱にそう書いてあります・・・




で、箱の中には・・・

DSCN8133



DSCN8134

本体と収納袋、接続ケーブル、日本語を含む取説が同梱されてました。




DSCN8135

左は大きさ比較用のトルクTORQUEのガラホ・・・



で、この2018年モデルからPowerCoreシリーズには・・・

DSCN8136

「くるくるLED」つーのが付いて残量や充電状態が8段階でわかるようになってます。
その分、少しお高くなって少し重量も増えたようで、旧モデルとどちらを買うかで悩んでましたが、
ま、せっかくなので新モデルにしてみました・・・



スペックであります・・・

DSCN8139

PowerCoreシリーズは接続機器を自動検知して最適の状態で供給してくれるようです。
ま、仕組みなんぞはよくわかりませんが・・・



って、わたくし・・・


そもそもスマホやタブレットなんて持ってないし・・・

カメラ(クールピクスS9700)の予備バッテリーは2つ持ってるし、ガラホの予備バッテリーは1つだけど、
ふだんは電話かメールぐらいで、道に迷ったり、お店を探す際にはGPSやネットにも接続するけど、
みなさんのスマホやタブレットみたいに常時は使わないので予備バッテリー1つでも充分・・・

なので電源のないキャンプサイトでも三泊程度までなら、これまで不自由することもなかったし、
旅行とかなら寝る前に宿泊先のコンセントで充電すれば済むハナシだし・・・

そう、モバイルバッテリーなんて縁がない・・・と、ずっと思ってたのですが・・・

今回は熊野キャンプ内モンゴルでVAPEなどに充電するために購入したのでありますね。

cinqさんにいただいたJUST2 MINIやwingさんにいただいたiCare、買ってもらったiCare2なんぞは、
ずっと愛用しているのですが、どれも電池の容量が比較的小さく、しかも電池交換ができないので、
電源のないキャンプサイトや長時間の行動中に頻繁に使うためには、頻繁な充電が必要・・・

まあ熊野キャンプでは、大容量のモバイルバッテリーはもちろんソーラー充電器まで持参されてる
wingさんから電力を奪ってもらってもいいのですが・・・

内モンゴルでの長時間の移動中や沙漠では、とーぜん電源がないので、あれば安心かと・・・





さらにキャンプでモバイルバッテリーがあれば、こんなのも使えるし・・・

DSCN8138

って、これらもwingさんから奪ったいただいたものだったかな・・・




さらにこんな充電器を持って行けば・・・

DSCN8137

キャンプで毎晩でも満充電!!!照射比較宴会!!!ができるし・・・むひひひ




P.S
わたくしフラッシュライト各種、カメラ、ケータイなどには、それぞれ予備バッテリーを持ってますが、
それでも汎用モバイルバッテリーつーのは、いざという時には頼りになりそうですね。
さらにモバイルバッテリーにも接続できるソーラー充電器を持てば、基本的にずっと電源不要・・・

実際に海外遠征隊のベースキャンプなどをドキュメンタリー番組で見てると、あちこちに大面積の
ソーラーパネルを拡げて、機器への充電や電力供給をしてますね。

最低限の「灯り」と「情報機器」への電力供給さえできれば、キャンプサイトでも災害時でも安心ですし、
数日間なら必要な容量のモバイルバッテリーを常備、それにソーラー充電器をプラスしておけば、
さらに長期間でも電力供給が可能になります。

ま、個人が持ち運べる、あるいは自宅に常備できるモバイルバッテリーやソーラー充電器の容量は
限られるでしょうから、最低限の「灯り」と「情報機器」への電力供給がメインになるでしょうが・・・

長距離を行くバックパッカーやサイクリストも小型軽量なソーラーパネルを利用しているようですが、
ケータイの電波が届かない状況であっても、わたくしのガラホやカメラ付き地図のように、GPSや
本体ソフトは電力供給さえ続けばずっと使えますし、何より「灯り」の消える心配がない、ということは、
サバイバルにとって重要でしょう。

さらに冒頭に書いたようにロードバイクに小型軽量なモーターとバッテリーを仕込んでおいて、
必要ならソーラーやハブ・ダイナモで充電しつつ走れば、苦手な坂道もぐんぐん上っていけるだろうし、
そうなれば、わたくしでも憧れのロングライドが可能に・・・じゅるじゅる

wingさん、ここはひとつ改造をよろしくです!



m98k at 00:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月21日

バリアフリー2018・ポタ???

(期間限定のお知らせ)
熊野キャンプ(5月3日~5日)へのお誘い記事はこちらです。




一昨日、バリアフリー2018・ポタ???に行ってきました・・・

???

ええ、正確には・・・

インテックス大阪で開催中のバリアフリー2018に参加されるalaris540さんが、愛車のミニベロ、
ダホンCurve SLを持参されると知り、ならば一緒に走りませんかと、急遽お誘いした次第。





じゃーん

DSCN8145

大阪・南港にあるインテックス大阪であります。




待ち合わせ時刻よりかなり早めに行って、わたくしも少し廻ろうかと・・・
ええ、自分自身の差し迫った老後のために・・・げほげほ

DSCN8148

イベント広場では、こんなのもやってました。







DSCN8151

うーむ、おねいさんも介助犬もかわゆいけど、介護ロボットもかわゆいかも・・・




ややっ???

DSCN8149

じゅる・・・




じゅるじゅる・・・

DSCN8150

けっこう、ご当地グルメの屋台も出てるのね・・・じゅるじゅるじゅる・・・





と、ひたすらヨダレを垂らしてたら、閉館直前にalalis540さんと無事合流できました。

DSCN8153

コインロッカーに預けてたCurve SLをてきぱきと組み立て・・・
ちなみに小さなビンディングペダルでも身体に触れるようで、その都度ペダルを脱着されてました。
ハンドルグリップは、わたくしがシルヴァF8Fに換装したのと同じエルゴン・グリップGP-2ですね!!!





で、せっかくなので・・・

DSCN8155




DSCN8156

わははは、高級ミニベロのオーナーじゃあ!!!




と、

DSCN8158

わたくしが十数年前に自転車通勤してた南港自転車道をまったりとポタリング・・・

で、まったりと貯木場を抜け、住吉川沿いの古い道へ・・・

「自転車通勤してた頃、この辺りは街灯もなく夜は真っ暗でした。舗装も荒れてたし・・・」

「古いブログ記事で読んだことがあります。確か最初はフィラメントのミニマグ1本でしたよね・・・」

「ええ、それからガーバーのLX1.0になって、SUPERFIREのSF-501はもったいなくて・・・」

「SF-501で70ルーメンだったはずです、高価なCR123Aを3本も使って・・・あは

「それが今や1000ルーメンどころか10000ルーメン超の小型ライトがありますからねえ・・・」

とか、フラッシュライトの今昔話に花を咲かせながら・・・

DSCN8160

住吉大社に到着・・・走行距離は10kmほどでした。



せっかくなので太鼓橋を上ったり・・・

DSCN8162

って、さすがにSPD-SLタイプのビンディングシューズだと上りにくそうでしたね・・・



記念撮影したり・・・

DSCN8163

ちゃんと小型三脚まで持参されてるんですね・・・




「せっかくなのでライトネタをひとつ・・・どこか暗いところは・・・ごそごそごそ」と・・・

DSCN8166

「おおっ、これがNITECOREのEAX HAMMERですかっ!!!」

「ええ、ご覧のとおり上半分の光量を自作でカットしてますが、XM-L2の水平2灯でリフも専用なので、
光軸が大きく左右に広がって、夜間走行には最適なので常備してます。
単三AA電池8本仕様で重くてデカいですが、自分が走るのは殆どが夜なので・・・」



とか、ひとしきりライト談義もしてから住吉大社駅へ・・・

DSCN8173

この後、夜は岸和田で介護の勉強会に出席されるとかで、てきぱきと収納されてました。
大阪・南港から岸和田に行くなら南海本線の駅まで自転車だと無駄がないのでお誘いした次第。


この日の走行距離は往復でも20kmほどでしたが、ひさしぶりにスペシャ・ルーベSL4を漕ぎました。
alaris540さんにも試乗してもらいましたが「いかにもカーボンつー感じですね」とのことでした。

逆にCurve SLにも試乗させてもらいましたが、16インチのわりには、けっこう安定してました。
やはりホイールベースが長いので安定するんでしょうね。
「走行性なら20インチですがコンパクトさを最優先しました。」とのことで、確かに小さかったです。

alaris540さん、
今回はお忙しい中をお付き合いいただき、ありがとうございました。とても楽しいひと時でした。
次回はぜひ堺の自転車博物館なんぞを、みんなでまったりと廻りましょう!!!



m98k at 00:21|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック