糧食、飲料

2017年10月05日

チャルメラニャ!!!


とーとつにチャルメラニャ!!!であります。




にゃははは

DSCN5693



DSCN5694



DSCN5697

さらに「すずネコ・リカちゃん」をプレゼントニャ!・・・だそうにゃ


そう、春の熊野キャンプ前に紹介した明星チャルメラとリカちゃんのコラボシリーズなのでありますね。




って、上記リンク記事と同じく、今回もチャルメラおじさんが居ないぞ・・・

DSCN5699





よく見ると・・・

DSCN5698

一番下で小さくチャルメラを吹いてました・・・



と、こちらも今週末からの秋の熊野キャンプに持って行く予定です。にゃははは






m98k at 20:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月01日

奈良・上ツ道ふらふら

(期間限定のお知らせ)
8月1日から1ヶ月半にわたり2017夏「トスカーナの休日」記事を長期連載しています。


今日から10月になりました。
大阪でも少し秋らしくなった一昨日、奈良の「上ツ道」を小径車でふらふらしてきました。

奈良の都から飛鳥の里へ南下する古道は、ハイキング向きの「山の辺の道」を除き、「下ツ道」、
「中ツ道」、「上ツ道」とありますが、今回は「上ツ道」ルートを輪行ポタリングで楽しんできた次第。


まずはJRの奈良駅に集合して、駅前で愛車を組み立てて記念撮影・・・

BlogPaint





BlogPaint

って、三人なのに自転車が2台しかありません・・・???

そう、わたくしと同じシルヴァF8Fに乗る友人が、今回は歩くと思って手ぶらで来てしまったのであります!!!

彼に連絡したダッシュP18に乗る俳句好きの友人は、主語や目的語の省略は日本語の特徴で、もともと
正確な情報伝達には向かない言語、しかしこの省略が俳句には不可欠であって・・・ぶつぶつ・・・
とか抜かしてましたし、片方は、そーいや前回のサイクリングで涼しくなったら三人で上ツ道を走ろう
とか言ってたような気もするけど、そんなこたあ、もうすっかり忘れてたし・・・ぶつぶつ・・・
とか抜かしてましたし、ったく、トシをとるとウンチクやら物忘れやらロクなことはないな・・・ぶつぶつ・・・
と、文句ばかり言うようになるのもトシをとったせいか・・・ぶつぶつ・・・


と、三人でぶつぶついいながら、とりあえず猿沢池を目指して(自転車を押して)歩きます・・・

DSCN5571

平日でしたが観光客が多く自転車走行は困難、幸か不幸か、のんびりと散策できました。




で、猿沢池に到着・・・

DSCN5574



ここで右折すると・・・



DSCN5576

古い街並みの残る「ならまち」の中心を南下する「上ツ道」ルートであります。



やはり観光客の多い「ならまち」を(幸か不幸か)のんびりと歩き続けます。

DSCN5577

ピザーリアなんかも、飛鳥時代からあったのね!!!






DSCN5579

シルヴァF8Fを持ってこなかった友人、遮熱傘は持ってきてて「完全街歩き仕様」ですね・・・







DSCN5580

旨そうなお土産が・・・じゅるじゅる・・・





DSCN5584

旨そうな弁当が・・・じゅるじゅる・・・





DSCN5585

旨そうな地酒が・・・じゅるじゅる・・・




DSCN5586

旨そうなドルチェが・・・じゅるじゅる・・・



と、昼食には早かったのですが「ならまち」のほぼ南端にある食堂へ・・・じゅるじゅる

DSCN5589





店名どおり、竈で炊くご飯がウリのようでした。

DSCN5590

DSCN5592




この日のご飯は・・・

DSCN5597

やはり竈で炊いたご飯はおいしいですね・・・ばくばく・・・



とまあ・・・


DSCN5593


DSCN5594


DSCN5596

ともかく完食・・・って、ご飯のおかわりは自由だったけどアルコール類は一切ありませんでした。
イタリアやスペインでは、まずあり得ない食堂ですね・・・



で、自転車を忘れた友人は「ならまち」を一人で散策して帰ることになり、彼とはここでお別れ、
残った二人は(ようやく自転車に乗って)「上ツ道」の南下を再開しました。

DSCN5599

昔の風情は残ってるけど、このあたりは抜け道になってるのか、けっこうクルマが多かったです。





DSCN5600

「京終(きょうばて)」を過ぎたあたりから、ほぼJR桜井線と並行して走ります。




DSCN5604




畔には点々と彼岸花・・・

DSCN5606



DSCN5603

「みのりの秋」らしい風景です・・・





このあたりの「上ツ道」は・・・

DSCN5608

しばらく水田の間を走ると小さな集落に入る、といった繰り返しになります。
これが「ニッポンの里道」の原型ですね・・・





「帯解寺」にお参りしました・・・

DSCN5609






DSCN5612





DSCN5611

奈良では安産祈願で有名なお寺だそうです。





こちらの眼科医院・・・

DSCN5613

じつに渋い建物ですねえ・・・






DSCN5616

この先あたりでいったん右折して天理市街に入り・・・






DSCN5617

丹波市町の市場跡だそうです。



田園風景の向こうに三輪山が見えてきました。

DSCN5618






芭蕉の句碑で休憩・・・

DSCN5621

熱心に説明板を読む俳句好きの友人・・・





DSCN5619

・・・とゆー次第で藤棚があるんですね・・・





西を望めば金剛山、大和葛城山、二上山が・・・

DSCN5625

いつも見てる大阪側からとは逆に並んで見えます。
当たり前なんですが、何度見ても不思議な感覚になります・・・




いっぽう、東を望めば・・・

DSCN5626

三輪山がかなり近づいてきました。




ようやく「ならクル」の標識を見つけました。


DSCN5627

箸墓古墳から橿原方面へ・・・




こちらが箸墓古墳・・・

DSCN5632





上空から見ると・・・

DSCN5631

こんな感じなんですね・・・




走行中の画像でブレブレですが・・・

DSCN5633

さらに三輪山が近づいてきました。





せっかくなので三輪山にもお参りすることにしました・・・

DSCN5635

三輪山・・・正式には「三輪明神・大神神社」なんですね・・・大和の国の一之宮だそうです・・・
ちなみに摂津の国の一之宮は住吉大社で・・・ぶつぶつ・・・

さらにちなみに、わたくし寺は「参る」もので神社は「詣る」ものだと思ってましたが、ちと調べてみると、
諸説あって、その違いがじつに面白かったです。

ま、語源は同じで「参出る」の変化した「もうでる」に、言葉が旨くなる、転じて高みに行くという意味の
「詣」の字を使うようになった、という説が納得できましたし、明治政府の神仏分離・廃仏毀釈までは
お寺も神社もずっと神仏習合で仲良く一緒に存在してたわけですから、寺社仏閣に限らず人々の
信仰を集めているようなところに「行く」際には、「行く」の謙譲語である「参る」を今後は使うことに・・・
でも、「参詣」とか「初詣」などとゆー言葉もあるので、そこはまあ、てきとーに気分次第で・・・



閑話休題



大鳥居を潜り抜け・・・って、じつは横の旧道から入ったのですが・・・

DSCN5634





JRの踏切を越えた先に見える・・・

DSCN5636

三輪山そのものが神社のご神体なのであります。





中の鳥居前の駐輪場に自転車を置いて・・・

DSCN5639


DSCN5638

本場で食べる三輪そうめんかあ・・・じゅるじゅる・・・って、まずは神社に「お参り」ですね・・・




中の鳥居から参道を上って振り返ると・・・

DSCN5644

やはり「高み」に「参った」気分になりますね・・・






さらに「高み」へ・・・

DSCN5645





DSCN5646






DSCN5647

ご神体を背後に抱える拝殿であります。
本殿はなく拝殿の一番奥に結界をあらわす鳥居があって、そこから先はご神体そのもの・・・
これは神社建築ができる前からの祭祀方式で、わが国最古の神社とされているとか・・・


ま、我々は・・・

DSCN5651

素敵なおねいさん巫女さんの優雅な神楽なんぞを拝んでましたが・・・




ちなみに境内では・・・

DSCN5671

こんなのをやってました。




せっかくの「あかり展なので、わたくしの気に入ったものをいくつか・・・

DSCN5661



DSCN5662


DSCN5665



DSCN5666



DSCN5667


DSCN5668



DSCN5669

いつかwingさんにも出展してもらいましょう!!!





と、お帰りの際は・・・

DSCN5672

ちゃんと大鳥居を潜りました・・・




飛鳥の里に入り、特別史跡・山田寺跡に立ち寄りました。

DSCN5681

ま、発掘調査された礎石なんぞは埋め戻されてるので、ただの更地にしか見えませんが・・・




詳しくは文化庁の説明なんぞを・・・

DSCN5674

って、わたくしのシルヴァF8Fが邪魔ですね・・・





DSCN5676

法隆寺より古い大規模な伽藍配置があったようですね。




飛鳥寺・岡寺方面に進みます。

DSCN5683








DSCN5689



DSCN5688

この「雷(いかづち)の丘」南側の狭い道を西へ抜けるのが本来の「上ツ道」ルートだったのですが、
それに気づかず、いったん北上してから橿原神宮方面へ・・・



ようやく近鉄・橿原神宮前駅に到着、とーぜん・・・

DSCN5690

駅前のバル居酒屋で、まずはビールであります。
ちゃんと飲む前に自転車をたたみました。そう、これが学習効果というやつであります。




ま、冷製タパス突き出しで最初の一杯だけは撮りましたが・・・

DSCN5691

この後の記憶がいつもどおり・・・殆どありましぇん。

って、やはり学習効果が活かされていないではないかっ!!!


と、サイコンによると今回の走行距離は自宅と駅との往復を含めて35kmちょいで走行時間は3時間、
平均時速は12km/hになってました。

まあJR奈良駅から最初の2kmは、1時間かけて三人でのんびりと歩いてましたから・・・
35km-2km÷2時間=平均時速16.5km/h程度で走ってたことになります。
小径車による、のんびりポタリングにしてはなかなかのスピード・・・

って、JR奈良駅から近鉄・橿原神宮前駅までの所要時間は6時間ほどでしたから、やはり半分以上は
昼食と居酒屋宴会に費やしていたことになりますね・・・どっとはらい





m98k at 11:11|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月16日

日本めし!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


7月末に「トスカーナの休日」から帰国して以来、ずっと「イタめし」記事が続いてたので・・・


今回は日本めし!!!であります。

DSCN5547

ちゃんと、そう書いてあります。



じゃーん

DSCN5542

そう、日清食品の「スキヤキ牛めし」なのでありますね。





DSCN5544

「足し算の和食」で、スキヤキと牛めしを「がっちゃんこ」した味だそうです。



ただし・・・

DSCN5543

「※牛肉は入っておりません。」とも書いてありました。 
ま、これはこれでヘルシーかと・・・乾燥牛肉って、あまりおいしいものじゃないし・・・

とりあえず上記の熊野キャンプに持って行って、wingさんらと試食してみます。じゅるじゅる




で、こちらはおなじみカレーメシ・シリーズの・・・

DSCN5545





DSCN5546

シーフードかれーらいす!!!

ビーフとチキンはすでに何度か食べてるのですが、今回ようやく入手できました。




ついでにこちらも・・・

DSCN5540



DSCN5548

サッポロ一番「旅麺」シリーズの京都と札幌であります。





さらについでに、こちら・・・

DSCN5541

元祖味仙の台湾ラーメン・・・

ま、もとは「日本めし」ではなく「台湾めん」ですが、今は名古屋名物ですね・・・

って、おいしいイタめしを食べ続けたので、帰国してからはおいしい和食を食べ続けよう・・・
・・・と思ってたのですが、高級な和食はけっこうお高いので・・・うぐぐぐ





m98k at 22:37|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月01日

トスカーナ紀行15 和食?で利き酒?

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


ピサからシモーナさんマウロさんのお宿へ、そして帰宅後はバッキーニバイクへポタリングして・・・

この日の夕食は・・・なんと、和食で利き酒???




そう、トスカーナ伝統の家庭料理をいただいてるので、わたくしもアレくんクリくんと三人で・・・

DSCF6488

日本の伝統家庭料理を作ってみました・・・

ちなみにこちらはアレくん家のキッチンで、今回わたくしは調理に専念?してましたので、
今回記事の画像はうちの奥様が撮ったものばかりです。





じゃーん

DSCF6493

そう、日本の家庭、特に大阪の家庭では伝統的なスープパスタであります。がははは





まずは・・・

DSCF6492

生卵を食べる習慣がないので、上に載せる卵をいったん加熱することにしました。





DSCF6489

アレくんご自慢の電子レンジ用ボイルドエッグ器で・・・

「半熟状態になればいいので、よろしくお願いします。」

「半熟状態になる加熱時間がわかりません。」

「まあ、いろいろと試してみて・・・」

DSCF6491

「35、36・・・」    ぼんっ!!!



ま、爆発してしまった卵は・・・

DSCF6495

アレくんに食べてもらうとして・・・

ちなみにチキンラーメンのダブルエッグポケットには、二人ともさすが日本と感心してました。






DSCF6497

「16、17・・・」って、わたくしの時計をレンジ前に置いたんだから、測ればいいものを・・・



と、ようやくみなさんにサーブして・・・

DSCF6498

ブラックペッパーをたっぷりかけます・・・ま、これはわたくしの好みですが・・・





DSCF6501

「お箸はこのように持ちます。」と、ひととおり説明したのですが・・・

日本通のクリくんは「マイ箸」を持ってますし、ローリスさんやマルタさんも上手に持ってました。
ま、クリくんだけは、少しなじめないようでしたが・・・



「それでは今から、正しいニッポンのスープパスタの食べ方をお見せます。
イタリアとは逆で、大きく音を立て、ノイジーに一気にすすり込むのがポイントです。」

DSCF6506

「ふっ、ふっ、で、一気に・・・ずるずるずるっ・・・


「あははは、そんなにノイジーに食べるのは、できないなあ・・・」

「このほうがずっとおいしいですよ、もちろんヌードル以外でやってはいけませんが。」

とか、解説しながら食べてたのですが、ずっとお箸にチャレンジしてて・・・

DSCF6521

「あははは、正しく持つのはあきらめました。」という人がいました。





DSCF6522

「こうやって・・・」




DSCF6512

「ありゃ、いっぺんについてきたな・・・」





DSCF6514

「このぐらいかな・・・」





DSCF6515

「ちゅるちゅるちゅる・・・」

「ま、お好きなように・・・」

と、日本の伝統的なアンティパスト・パスタ?を食べていただきました。
って、飲んだ後にラーメン!!!というのが日本の習慣なのですが、ま、ここはイタリア風に・・・


次は、やはり日本伝統の利き酒会であります!!!

DSCN4252

持参したのは日本酒が5種類に梅酒、ぐい吞み3個セットを2組、冷酒グラスなど・・・




それと・・・

DSCN4251

日本の高級おつまみ各種・・・




で、「まあまあまあ、こぽこぽこぽ・・・」

DSCF6530

「おっとっと、もうけっこう・・・」と、このあたりは日本と同じですね・・・





DSCF6532

「左の甘口からテイスティングしていって下さい。右のが一番辛口になります。」





「こちらが濁り酒といって日本酒の原型です。とくとくとく」

DSCF6533

「ううっ、確かに濁ってて気持ち悪いな・・・

と、アレくんクリくんにも冷酒グラスでテイスティングしてもらいました。

イタリアでも日本酒は日本料理店などで徐々に知られるようになってるそうですが、さすがに
「利き酒」というのは、はじめての体験だったようです。

でも、そこはワインにうるさいお国柄、しかもトスカーナワインの本場ですから、みなさん味や香り、
口当たりの違いなどを充分に理解されたようで・・・

DSCF6535

「この中では、これが一番わたしの好みだったな・・・」とローリスさん。

彼が選んだのは京都・城陽酒造の「たれくち酒」で、最も芳醇な無濾過の生原酒・・・さすがです!!!

で、この後も「まあまあ・・・もう一杯・・・」とかやって、すっかり出来上がり・・・

彼のもう一本のお気に入りブラックニッカ・ディープブレンドと記念撮影・・・

DSCN4260

いやあ、違いのわかる人がいてくれて、持参した甲斐がありました。


今回、本来なら和食の基本調味料を持参して、すき焼きとか天ぷらとかざる蕎麦とか寿司とかを
作ろうかとも相談してたのですが、現地でどんな食材が入手できるかわからなかったし、やはり
本格的に調理するなら、それなりの調理器具や器も要るし、それに好みもわからないし・・・
と断念したのですが、せめて日本酒に合うレトルトやフリーズドライになった和食お惣菜などを、
少しでも持って行けばよかったと後悔しています。

まあ、彼らが来日した際には、たっぷりと味わってもらうことにしましょう!!! 納豆とか・・・

(次号に続きます。)





m98k at 11:01|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月27日

トスカーナ紀行11 ヴィアレッジョとTボーン

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

7月21日は早朝からアレくんクリくんにヴィアレッジョに連れて行ってもらいました。

ヴィアレッジョはリボルノやピサの北にあるビーチリゾートで、きれいな砂浜の続く海岸・・・
アレくんクリくん、ほんとは彼女とかと行きたかっただろうに、おじさんおばさん連れでごめんね!!!


DSCF5991

朝早くに出たので、7時にはヴィアレッジョの海岸に着きました。



そう、このシーズンのヴィアレッジョはとても混みあうので早めに行って場所取りを・・・

DSCF6010

さすがにこの時間、人影はほとんどありません。



ご覧のとおり・・・

DSCF6011



DSCF6012

見渡す限り有料のビーチパラソルやタープが並んでますが、ここの砂浜だけはフリーエリア・・・
そう、一日中ずっとビーチで過ごすなら有料エリアもいいけど、短時間ならフリーエリアでも充分、
でも早めに行って場所取りしておかないと・・・という冷静な判断だったのでありますね。



さっそく波打ち際に近い場所を確保・・・

DSCF6015






で、アレくんクリくんオススメのおいしいお店で・・・

DSCF6016




DSCN3765

まずは朝食であります。



って、アレくんクリくん、サングラスをかけたりすると・・・

DSCN3768

イタリア人みたいでキマってますね・・・って、彼らはイタリア人でしたね・・・

ちなみにアレくんのサングラスはロードバイク用だそうで、彼はロードバイクには乗らないのですが、
こういうタイプは、やはりキマりますねえ・・・



と、こちらヴィアレッジョでも・・・

DSCN3771


DSCN3774



DSCN3769


DSCN3799



DSCN3772

ロードバイクやマウンテンバイクは多かったです。こちらはコルナゴのクロスバイクですね・・・




で、波打ち際に戻って、通りすがりの方にお願いして・・・

DSCN3785

記念撮影・・・



その後は、むこうに見えるピアまで波打ち際を歩くのに、しばらくついて行ったのですが・・・

DSCN3788





DSCN3789

日本人観光客のむこうから、素敵なおねいさんたちが来たので・・・






DSCN3790

わたくしはついついそちらのほうへ・・・




って、この日は少し疲れが出たのか砂浜を歩く気力がなく、のんびり寝転がってると・・・

DSCN3793

徐々に人が増えてきて・・・



3人がピアから戻る頃には・・・

DSCN3802



DSCN3801

ビーチはけっこういっぱいになってました。来た時にはほぼ我々だけだったのですが・・・




と、ビーチでローリスさんのおいしいフルーツを食べたり・・・

DSCF6074







DSCN3813

ピザーリアのテラス席でおいしいピザをビールで流し込んだり・・・



って・・・

DSCN3814



DSCN3816

テラス席の前を通る自転車ばっかり撮ってて、ピザの画像がありませんが・・・



2時過ぎにはヴィアレッジョを後にして・・・

DSCN3819





DSCN3822





DSCN3825

ルッカ・フィレンツェ方面へのアウトストラーダ(自動車道)に入りました。




わたくしアウトストラーダのサービスエリアも見てみたいと、トイレ休憩を兼ねてお願いして・・・

DSCN3826

「area servizio」へ・・・このイタリア語は、なんとなくわかりますね・・・





DSCN3827




DSCN3828

ここは比較的小さなサービスエリアだそうですが・・・






DSCN3829

しっかりとワインは置いてありました・・・



帰り道で見た・・・

DSCN3842

城跡でしょうか・・・こんなのがあちこちにあるのが、やはり凄いですね・・・




DSCN3844




DSCN3845

こちらは一部復元された水道橋・・・




で、こちらがアウトストラーダの料金所・・・

DSCN3846

右端は日本のETCと同じTELEPASSゲート、アレくんが入るのは現金かクレジットカードのゲート・・・
・・・なんですが、よく見るとカードの種類でゲートが分かれているようにも見えます・・・
だとしたら、けっこう難しそうですね・・・ちなみにローリスさんのクルマはTELEPASS車でした。


と、この日は早めに帰宅して、少し疲れていたわたくしは自室でお昼寝。

で、体調を万全に整えてから夕食に臨みました・・・

そう、この日の夕食は・・・
わたくしが一度は食べたいとお願いしていたトスカーナ名物Tボーンステーキ!!!だったのであります。

以前の夕食時に、何か食べたいものはあるかと訊かれ、わたくしがTボーンステーキと答えると、
「おおっ、フィオレンティーナかっ!!! そういえばしばらく食べてないな・・・じゅるじゅる」
「あの店はどうだろう・・・じゅるじゅる」
「この店なら宅配してくれるかも、でもやはり焼きたてに限るな・・・じゅるじゅる」
「こっちの店はメニューにないけど作ってくれるかも・・・さっそく聞いてみよう・・・じゅるじゅる」
「あの、わたくしはマルタさんの手作りで充分なんですが・・・」
「いやいや、本格的なフィオレンティーナはとても手間と時間がかかるので家庭でできるもんじゃない、
店によっては肉の準備もあるので早めの予約が必要だし・・・じゅるじゅる」
と、食べることについてはみなさん真剣というか情熱的というか、まさに議論百出・・・
で、この日の予約をしていただいてたのでありますね。

議論百出の末、最終的に選んでいただいてたのは・・・

DSCF6119




DSCN3858

住宅街にあるこちらのお店・・・
(追記です。)
ここに限らず、どのお店にも大型テレビがありましたが、サッカー中継やロードレース中継の観戦用で、
これがないと、その時間帯には誰も来なくなるからとか・・・




DSCN3863



DSCN3866



DSCN3864

ボリュームのある各種アンティパストや各種のサラダ、ポテトなどに続いて・・・

って、すでにこの時点でけっこう食べて飲んでたんですが・・・




シェフ自らが「どやっ!」顔で持って来てくれた・・・

DSCN3871




DSCN3870

ビステッカ・アラ・フィオレンティーナ、Tボーンステーキであります。じゅるじゅる





DSCF6117

フォークやナイフ、ワインのデカンタなどと比較していただくと大きさが分かると思いますが・・・
この二枚を6人でいただきます。じゅるじゅる



お店でまず、片側を各6等分に切り分けてくれて・・・

DSCN3884

6切れ÷3人=???




DSCN3885

わたくしは三切れいただきましたが・・・いや、一切れでいいという方がいたからですよ・・・
いやあ、シンプルで牛肉そのものの味を引き立てる焼き加減でした。
どうすれば、こんな分厚いステーキをうまく焼けるんだろう・・・



さあ、次はこっちだよ!!!

DSCN3888

そう、骨(Tボーン)の両側の肉の質や味の違いを楽しむのがフィオレンティーナの醍醐味!!!



って、わたくしとローリスさん以外は、すでにお腹がいっぱいのようだったので・・・

DSCN3892

反対側の部位は、わたくしとローリスさんが丸ごと一枚ずつ・・・確かに異なる肉質とお味でした。
いやあ、最後に骨に付いた肉を齧り取って食べるところまで、二人ともそっくりだったなあ・・・


でも、さすがに食べ過ぎて、もうこれ以上は何も入らない・・・


といいつつ・・・

DSCN3894



DSCN3895

ドルチェとエスプレッソは、日本でいえば「別腹」というやつですね・・・でへへへ



さらに・・・

DSCN3899

カウンターで何杯でもサービスしてくれる強い食後酒もね・・・ひっく

と、この日はさすがにアンティパストのハムやサラミ、サラダなどが少々残ったのですが、きちんと
持ち帰り用の箱を用意してくれてました。さすが食に関しては真面目というか見習うべきですね。

それと、これだけ本格的なフルコースで食べて飲んで一人20数ユーロ、日本円なら3000円弱で、
人件費や家賃などの違いはあるでしょうが、食材の選択や調理の手間、価格設定などの真面目さは、
この店に限らず、やはり見習うべきところがあるのでは・・・とも思いました。

大手ハンバーガーショップに一度だけ行ったことがあるけど、もう二度と行く気はないといっていた、
クリくんたちの感覚の方が、ずっとまともなのかも知れません。
まあ、わたくしやローリスさんの食べる分量は別として・・・

(次回に続きます。)



m98k at 15:17|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック