糧食、飲料

2017年12月03日

VAPEでOFF会その2


遅ればせながら、先月26日にやった「VAPEでOFF会その2」報告であります。




VAPE沼にハマり、完全にリキッド調合基地と化してしまったwingさんのお部屋・・・

DSCN6531




こちらは川端さんが持参されたリキッドの数々・・・と、すっぱいマシュマロ・・・

DSCN6532

そう、彼も相当VAPE沼の深みにハマっておられるようです・・・




様々なアトマイザーで、様々なリキッドを試させていただきました・・・

DSCN6534

それぞれの組み合わせで、それぞれ味わい方が異なるようですね・・・




こちら・・・

DSCN6535

wingさんのコイルの数々・・・ま、自分でも「巻き巻き」されてるそうでしゅが・・・






DSCN6536

同じくwingさんのリキッド調合セット・・・これ以外にも夥しい数の容器がお部屋に散乱してました・・・





DSCN6537





昼食後から延々とVAPEを試しつつ、いつものヲタ話で盛り上がってたのですが・・・

DSCN6539

夜になっても、おいしいピザと飲み物でさらに延々と・・・




で、

BlogPaint

youtubeで「自作スピーダー」動画を見てたら、たまたま「サバイバル・テクニック」動画を見つけて、
以後は三人で延々とそのシリーズを観るハメになりました。

森の中で、まったく何もない裸の状態から、石器を作り、火を熾し、簡単な小屋掛けからはじまり、
動物や魚の罠や弓矢、投げ槍、芋の栽培、やがて自作の窯で焼いた煉瓦でオンドル付きの豪邸や
製錬用の反射炉まで作ってしまうという、とても面白いシリーズでした。

残念ながらスラグの中に鉄分が含まれておらず鉄器製作までは行きませんでしたが、
まるで人類の進化過程を観ているようで、けっこう三人ともハマってましたねえ・・・

「最終的に半導体を作るとこまで見たかったなあ・・・もぐもぐごくごく」とかやりつつ盛り上がり、
VAPEのリキッド消費量も相当なものでしたね。ええ、何度も充電したりして・・・

で、今回も川端さんからはサバイバルグッズをいただき、wingさんからも様々なVAPEグッズをいただき、
またまた川端さんの送迎で、この日は日曜日だったので夜遅くに日帰りした次第です。

いつもながら、お二人の好意には心から感謝です。ええ、この御恩は必ずや・・・すやすや





m98k at 23:46|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年11月22日

MIRAIZA・・・

とーとつですが・・・MIRAIZA・・・であります・・・



じゃーん

DSCN6272

そう、大阪城天守閣の・・・




お隣にある・・・

DSCN6251




DSCN6249

旧帝国陸軍・第四師団司令部庁舎を改修して先月オープンしたばかりの・・・





DSCN6275


DSCN6273

MIRAIZA OSAKA-JOであります。



大阪城は江戸末期には徳川幕府の外交上・防衛上の拠点となり、明治になってからも第四師団の
前身である大阪鎮台時代からずっと陸軍の拠点だったのですが、当時東京市を抜いて東洋一の大都市
となっていた大阪市が陸軍と交渉、昭和6年にその一部を市民の寄付により公園として整備し一般開放、
本丸御殿の大阪市への移管ということもあり、その際の寄付金で天守閣の再建とあわせて建設された、
今となっては貴重な現存するロマネスク様式の司令部庁舎であります。

その後は昭和15年に中部軍管区司令部となり、戦時中は再び大阪城全域が立ち入り禁止になり、
戦後は全域が史跡公園となったのですが、この建物は米軍の接収から大阪市警視庁(のちの大阪府
警察本部)庁舎などを経て、平成13年まで大阪市立博物館として使われてました。

師団司令部として専用設計された堅固な造りで天守閣とともに米軍の猛爆にも耐えたのですが、
戦後の内部改修などで今の耐震基準に合致しなくなり長年放置されていたのを今回耐震補強して、
集客施設としてリニューアルオープンしたとゆー次第。

なにせ師団司令部ですから公開されている設計図にはない極秘の地下指揮所とか地下通路とか、
様々な都市伝説があり、万城目学氏の小説「プリンセス・トヨトミ」では天守閣の地下とされてますが、
この司令部の地下深くにも・・・
って、わたくしは大戦末期にあわてて掘られた地下室や地下通路ぐらいしか知りませんが・・・


閑話休題


今回はいつもの職場の同期会で行ったのですが、今も建物の一部には・・・

DSCN6254

独特なアーチなどは一部に残ってました。




今回はじつにひさしぶりのイタ飯でした・・・

DSCN6255




DSCN6253






DSCN6261

って、食べる前に撮ればいいものを・・・げふっ








m98k at 01:22|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月05日

チャルメラニャ!!!


とーとつにチャルメラニャ!!!であります。




にゃははは

DSCN5693



DSCN5694



DSCN5697

さらに「すずネコ・リカちゃん」をプレゼントニャ!・・・だそうにゃ


そう、春の熊野キャンプ前に紹介した明星チャルメラとリカちゃんのコラボシリーズなのでありますね。




って、上記リンク記事と同じく、今回もチャルメラおじさんが居ないぞ・・・

DSCN5699





よく見ると・・・

DSCN5698

一番下で小さくチャルメラを吹いてました・・・



と、こちらも今週末からの秋の熊野キャンプに持って行く予定です。にゃははは






m98k at 20:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月01日

奈良・上ツ道ふらふら

(期間限定のお知らせ)
8月1日から1ヶ月半にわたり2017夏「トスカーナの休日」記事を長期連載しています。


今日から10月になりました。
大阪でも少し秋らしくなった一昨日、奈良の「上ツ道」を小径車でふらふらしてきました。

奈良の都から飛鳥の里へ南下する古道は、ハイキング向きの「山の辺の道」を除き、「下ツ道」、
「中ツ道」、「上ツ道」とありますが、今回は「上ツ道」ルートを輪行ポタリングで楽しんできた次第。


まずはJRの奈良駅に集合して、駅前で愛車を組み立てて記念撮影・・・

BlogPaint





BlogPaint

って、三人なのに自転車が2台しかありません・・・???

そう、わたくしと同じシルヴァF8Fに乗る友人が、今回は歩くと思って手ぶらで来てしまったのであります!!!

彼に連絡したダッシュP18に乗る俳句好きの友人は、主語や目的語の省略は日本語の特徴で、もともと
正確な情報伝達には向かない言語、しかしこの省略が俳句には不可欠であって・・・ぶつぶつ・・・
とか抜かしてましたし、片方は、そーいや前回のサイクリングで涼しくなったら三人で上ツ道を走ろう
とか言ってたような気もするけど、そんなこたあ、もうすっかり忘れてたし・・・ぶつぶつ・・・
とか抜かしてましたし、ったく、トシをとるとウンチクやら物忘れやらロクなことはないな・・・ぶつぶつ・・・
と、文句ばかり言うようになるのもトシをとったせいか・・・ぶつぶつ・・・


と、三人でぶつぶついいながら、とりあえず猿沢池を目指して(自転車を押して)歩きます・・・

DSCN5571

平日でしたが観光客が多く自転車走行は困難、幸か不幸か、のんびりと散策できました。




で、猿沢池に到着・・・

DSCN5574



ここで右折すると・・・



DSCN5576

古い街並みの残る「ならまち」の中心を南下する「上ツ道」ルートであります。



やはり観光客の多い「ならまち」を(幸か不幸か)のんびりと歩き続けます。

DSCN5577

ピザーリアなんかも、飛鳥時代からあったのね!!!






DSCN5579

シルヴァF8Fを持ってこなかった友人、遮熱傘は持ってきてて「完全街歩き仕様」ですね・・・







DSCN5580

旨そうなお土産が・・・じゅるじゅる・・・





DSCN5584

旨そうな弁当が・・・じゅるじゅる・・・





DSCN5585

旨そうな地酒が・・・じゅるじゅる・・・




DSCN5586

旨そうなドルチェが・・・じゅるじゅる・・・



と、昼食には早かったのですが「ならまち」のほぼ南端にある食堂へ・・・じゅるじゅる

DSCN5589





店名どおり、竈で炊くご飯がウリのようでした。

DSCN5590

DSCN5592




この日のご飯は・・・

DSCN5597

やはり竈で炊いたご飯はおいしいですね・・・ばくばく・・・



とまあ・・・


DSCN5593


DSCN5594


DSCN5596

ともかく完食・・・って、ご飯のおかわりは自由だったけどアルコール類は一切ありませんでした。
イタリアやスペインでは、まずあり得ない食堂ですね・・・



で、自転車を忘れた友人は「ならまち」を一人で散策して帰ることになり、彼とはここでお別れ、
残った二人は(ようやく自転車に乗って)「上ツ道」の南下を再開しました。

DSCN5599

昔の風情は残ってるけど、このあたりは抜け道になってるのか、けっこうクルマが多かったです。





DSCN5600

「京終(きょうばて)」を過ぎたあたりから、ほぼJR桜井線と並行して走ります。




DSCN5604




畔には点々と彼岸花・・・

DSCN5606



DSCN5603

「みのりの秋」らしい風景です・・・





このあたりの「上ツ道」は・・・

DSCN5608

しばらく水田の間を走ると小さな集落に入る、といった繰り返しになります。
これが「ニッポンの里道」の原型ですね・・・





「帯解寺」にお参りしました・・・

DSCN5609






DSCN5612





DSCN5611

奈良では安産祈願で有名なお寺だそうです。





こちらの眼科医院・・・

DSCN5613

じつに渋い建物ですねえ・・・






DSCN5616

この先あたりでいったん右折して天理市街に入り・・・






DSCN5617

丹波市町の市場跡だそうです。



田園風景の向こうに三輪山が見えてきました。

DSCN5618






芭蕉の句碑で休憩・・・

DSCN5621

熱心に説明板を読む俳句好きの友人・・・





DSCN5619

・・・とゆー次第で藤棚があるんですね・・・





西を望めば金剛山、大和葛城山、二上山が・・・

DSCN5625

いつも見てる大阪側からとは逆に並んで見えます。
当たり前なんですが、何度見ても不思議な感覚になります・・・




いっぽう、東を望めば・・・

DSCN5626

三輪山がかなり近づいてきました。




ようやく「ならクル」の標識を見つけました。


DSCN5627

箸墓古墳から橿原方面へ・・・




こちらが箸墓古墳・・・

DSCN5632





上空から見ると・・・

DSCN5631

こんな感じなんですね・・・




走行中の画像でブレブレですが・・・

DSCN5633

さらに三輪山が近づいてきました。





せっかくなので三輪山にもお参りすることにしました・・・

DSCN5635

三輪山・・・正式には「三輪明神・大神神社」なんですね・・・大和の国の一之宮だそうです・・・
ちなみに摂津の国の一之宮は住吉大社で・・・ぶつぶつ・・・

さらにちなみに、わたくし寺は「参る」もので神社は「詣る」ものだと思ってましたが、ちと調べてみると、
諸説あって、その違いがじつに面白かったです。

ま、語源は同じで「参出る」の変化した「もうでる」に、言葉が旨くなる、転じて高みに行くという意味の
「詣」の字を使うようになった、という説が納得できましたし、明治政府の神仏分離・廃仏毀釈までは
お寺も神社もずっと神仏習合で仲良く一緒に存在してたわけですから、寺社仏閣に限らず人々の
信仰を集めているようなところに「行く」際には、「行く」の謙譲語である「参る」を今後は使うことに・・・
でも、「参詣」とか「初詣」などとゆー言葉もあるので、そこはまあ、てきとーに気分次第で・・・



閑話休題



大鳥居を潜り抜け・・・って、じつは横の旧道から入ったのですが・・・

DSCN5634





JRの踏切を越えた先に見える・・・

DSCN5636

三輪山そのものが神社のご神体なのであります。





中の鳥居前の駐輪場に自転車を置いて・・・

DSCN5639


DSCN5638

本場で食べる三輪そうめんかあ・・・じゅるじゅる・・・って、まずは神社に「お参り」ですね・・・




中の鳥居から参道を上って振り返ると・・・

DSCN5644

やはり「高み」に「参った」気分になりますね・・・






さらに「高み」へ・・・

DSCN5645





DSCN5646






DSCN5647

ご神体を背後に抱える拝殿であります。
本殿はなく拝殿の一番奥に結界をあらわす鳥居があって、そこから先はご神体そのもの・・・
これは神社建築ができる前からの祭祀方式で、わが国最古の神社とされているとか・・・


ま、我々は・・・

DSCN5651

素敵なおねいさん巫女さんの優雅な神楽なんぞを拝んでましたが・・・




ちなみに境内では・・・

DSCN5671

こんなのをやってました。




せっかくの「あかり展なので、わたくしの気に入ったものをいくつか・・・

DSCN5661



DSCN5662


DSCN5665



DSCN5666



DSCN5667


DSCN5668



DSCN5669

いつかwingさんにも出展してもらいましょう!!!





と、お帰りの際は・・・

DSCN5672

ちゃんと大鳥居を潜りました・・・




飛鳥の里に入り、特別史跡・山田寺跡に立ち寄りました。

DSCN5681

ま、発掘調査された礎石なんぞは埋め戻されてるので、ただの更地にしか見えませんが・・・




詳しくは文化庁の説明なんぞを・・・

DSCN5674

って、わたくしのシルヴァF8Fが邪魔ですね・・・





DSCN5676

法隆寺より古い大規模な伽藍配置があったようですね。




飛鳥寺・岡寺方面に進みます。

DSCN5683








DSCN5689



DSCN5688

この「雷(いかづち)の丘」南側の狭い道を西へ抜けるのが本来の「上ツ道」ルートだったのですが、
それに気づかず、いったん北上してから橿原神宮方面へ・・・



ようやく近鉄・橿原神宮前駅に到着、とーぜん・・・

DSCN5690

駅前のバル居酒屋で、まずはビールであります。
ちゃんと飲む前に自転車をたたみました。そう、これが学習効果というやつであります。




ま、冷製タパス突き出しで最初の一杯だけは撮りましたが・・・

DSCN5691

この後の記憶がいつもどおり・・・殆どありましぇん。

って、やはり学習効果が活かされていないではないかっ!!!


と、サイコンによると今回の走行距離は自宅と駅との往復を含めて35kmちょいで走行時間は3時間、
平均時速は12km/hになってました。

まあJR奈良駅から最初の2kmは、1時間かけて三人でのんびりと歩いてましたから・・・
35km-2km÷2時間=平均時速16.5km/h程度で走ってたことになります。
小径車による、のんびりポタリングにしてはなかなかのスピード・・・

って、JR奈良駅から近鉄・橿原神宮前駅までの所要時間は6時間ほどでしたから、やはり半分以上は
昼食と居酒屋宴会に費やしていたことになりますね・・・どっとはらい





m98k at 11:11|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月16日

日本めし!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


7月末に「トスカーナの休日」から帰国して以来、ずっと「イタめし」記事が続いてたので・・・


今回は日本めし!!!であります。

DSCN5547

ちゃんと、そう書いてあります。



じゃーん

DSCN5542

そう、日清食品の「スキヤキ牛めし」なのでありますね。





DSCN5544

「足し算の和食」で、スキヤキと牛めしを「がっちゃんこ」した味だそうです。



ただし・・・

DSCN5543

「※牛肉は入っておりません。」とも書いてありました。 
ま、これはこれでヘルシーかと・・・乾燥牛肉って、あまりおいしいものじゃないし・・・

とりあえず上記の熊野キャンプに持って行って、wingさんらと試食してみます。じゅるじゅる




で、こちらはおなじみカレーメシ・シリーズの・・・

DSCN5545





DSCN5546

シーフードかれーらいす!!!

ビーフとチキンはすでに何度か食べてるのですが、今回ようやく入手できました。




ついでにこちらも・・・

DSCN5540



DSCN5548

サッポロ一番「旅麺」シリーズの京都と札幌であります。





さらについでに、こちら・・・

DSCN5541

元祖味仙の台湾ラーメン・・・

ま、もとは「日本めし」ではなく「台湾めん」ですが、今は名古屋名物ですね・・・

って、おいしいイタめしを食べ続けたので、帰国してからはおいしい和食を食べ続けよう・・・
・・・と思ってたのですが、高級な和食はけっこうお高いので・・・うぐぐぐ





m98k at 22:37|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック