糧食、飲料

2018年05月01日

四万十川・・・


風薫る五月となりました・・・

いよいよ川遊びシーズンの到来であります・・・ま、水はまだ少し冷たいですが・・・

つーことで、今回は「四万十川」のご紹介なのであります。ややきっぱりと・・・

四万十川(しまんとがわ)は高知県の西部を流れる渡川水系の本川で一級河川。
全長196km、流域面積2186㎢。
四国で最長の川で、流域面積も吉野川に次ぎ第2位となっている。
本流に大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」、
また柿田川・長良川とともに「日本三大清流の一つ」と呼ばれる。
(ウィキペディアより一部抜粋)

わたくし四国の吉野川では、毎年ラフトやカヤック(ファルトボート)で遊んでた時期がありましたが、
四万十川では一度も川下りをしたことがありませんでした。

そう、大阪からだと同じ四国でも吉野川に較べて、行くのがけっこう「不便な川」だったんですよね。
ま、だからこそ「最後の清流」として残ったのかも知れませんが・・・

また以前、吉野川を下ってる際に四万十川の流域に暮らすハードカヤッカーに出会ったことがあり、
なぜ清流の四万十川から、ダムができて清流とは言えなくなった吉野川に来るのか訊ねたら、
「四万十川は自然河川に近いので増水期や渇水期が長く、カヤックで下れる日数が限られます。
こっちには上流に早明浦ダムがあって年中水量が安定してるので、けっこうよく来ます。」
とのことでしたので、年中ガンガン下りたい人にとっても「不便な川」なのかも知れません。

そう、けっこう不便な川・・・なので・・・なんと今回は・・・




「四万十川」をお取り寄せしました!!!




ええ、2+1=3パックで届きました。

DSCN8184






そう・・・

DSCN8192

土佐の純米吟醸酒「四万十川」のご紹介だったのであります。

水色の瓶が素敵でしょ・・・じゅるじゅる



スペックであります。

DSCN8193

ふむふむ・・・

って・・・

わたくし、自慢じゃないけど日本酒(清酒)の味わいについては・・・よくわかりましぇん。

ま、洋酒についてもほぼ同様なんですが高級なのは何となく高級なお味のような気はします。
ところが清酒となると、たまに高級なのを飲んでも甘口なのか辛口なのか濃厚なのか淡麗なのか、
ぐらいしか分からず、何となく損してるような気がしてました。

で、少し前に近所の和食屋さんで「(安くて)飲みやすいものを」と適当に選んでもらったのがこちらで、
わたくしには、とても飲みやすくて美味しかったので、以後、何度かお取り寄せしている次第・・・

ま、淡麗なのは(書いてあるので)分かりますが、前述のとおり、その他の味わいについては、
わたくしうまく表現できませんので、飲まれた方がおられましたら、ぜひご教示下さいね。


ちなみに日本酒器研究所のサイトにあった「日本酒の味の表現」によれば、表現としては、

淡麗(口に含んだ時のすっきりした味わい)
濃醇(口に含んだ時の濃厚な味わい)
荒い(口に含んだ時に味が一度に出たり刺激を強く感じる⇒フレッシュな感じ)
収斂味(酸っぱいような渋み⇒若いお酒に多い荒い状態のひとつ)
ゴク味がある(五味(甘辛酸苦旨)がバランスよく整っている)
吟味(吟醸香を伴っていてあっさりとした旨みが感じられる)
キレ(飲み込んだ時、その後味がすっと抜けるような感じになる)
押し味(キレと対になり、飲み込んだ後も余韻が長く続く状態)
コシ(押し味があり、さらに余韻がぼやけず安定している)

といった表現があるようで、舌への運び方によっても味わいが異なるようです。

さらに香りについても、

酒器に注いだ時に立ち上がってくる香り⇒上立ち香
口に含んだ時に最初に感じる香り⇒含み香
含み香から変化し飲み込む瞬間に感じる香り⇒吟香
飲み込んだ後に鼻に抜ける香り⇒返り香

と、タイミングによって異なるようで、この世界も奥は深そうです。ま、詳しくはリンク先で・・・

で、わたくしもさっそく、この味わいと香りで表現してみると・・・


とっ、ともかく、飲みやすい・・・あははは


ま、いずれソムリエ資格を持つライトマニアさんにでも教えてもらうことにしましょう・・・




m98k at 00:01|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月24日

一汁一飯のすすめ・・・

(期間限定のお知らせ)
熊野キャンプ(5月3日~5日)へのお誘い記事はこちらです。


前回記事は「ゆるポタ」でしたが、それまでビステッカ!!!手巻き寿司!!!など過食記事が続いてたので・・・


今回は心を入れ替えてと・・・


じゃーん

DSCN8041

一汁一飯のすすめ~体をととのえる毎日の基本食~梅﨑和子著
家の光協会2009年7月発行・・・本のご紹介であります。




裏表紙・・・

DSCN8042

表紙絵を見てるだけでも身体によさそうですね。じゅるじゅる




例によって目次のみのご紹介

DSCN8043



DSCN8044

四季折々、旬の食材を使った一汁一飯と養生食の一汁一飯が紹介されています。

ご飯と汁物なんだから、以前紹介した糖質制限本と方向が逆ではないか、と最初は思いましたが、

◎「ご飯」は玄米や分つき米、胚芽米などを中心にして雑穀や豆をプラスする。

◎「汁」は旬の野菜、いも類、海藻など4~5種類の具を取り合わせてつくる。

つーことで、縄文食とも共通点があって、こちらもヘルシーだったんですね。

「ご飯に一汁三菜」が理想的な和食といわれてましたが、こちらは一汁一飯の提案・・・
ただし、朝食と昼食は一汁一飯に発酵食品の漬け物、それで足りなければ夕食に一品か二品、
おかずを加えてもいい、つーことで、ま、気軽に楽しみましょうとのこと。

ただまあ個人的には「シンプルな白ご飯」と「シンプルな吸い物」が好きなので、それ以外はやはり
「おかず」として上に乗せたりして食べたいところですが、それだと、白ご飯を食べ過ぎるだろうし、
調理の手間もかかるとゆーことなんでしょうね・・・

以下、読んで面白かった部分なんぞをメモしておきます。

旬の食材・・・
春は冬にたまった老廃物を排泄してくれる山菜や緑の豆、夏は体を冷やしてくれる果菜、
秋は厳しい冬に備えて元気な体を作る穀物やいも類、冬は体を温める根菜・・・

基本ルール・・・
◎食材は穀物や野菜を中心に、豆や乾物、海藻、魚介を組み合わせる。
◎野菜は旬を意識して皮ごとアクも抜かずに調理
◎ご飯は炊き込みご飯から、おすしまでバラエティー豊かにする
◎汁は野菜を中心に4~5種類盛り込んで具だくさんにする
◎材料が4~5種類の場合は「重ね煮」で陰陽の調和をはかる
◎シンプルな調味料で薄味にし、だしは必要に応じて手作りのものを使う

組み合わせのポイント・・・
◎食材が重ならないようにする
◎味付けが重ならないようにする
◎ご飯と汁でボリュームを調整する
◎ご飯と汁の和洋中を合わせる

春は苦味、夏は酸味と水け、秋は糖質、冬は熱と油けを盛れ、と昔から言われている。

土の上で育つ葉菜や果菜は陰性、土の中で根を張って育つ根菜は陽性

重ね煮の基本~陰は下に、陽と陰陽調和している穀物などは上に~
上から
魚介・肉
穀物
根菜
いも類
葉菜・果菜・花菜
きのこ・海藻

ホモサピエンスは250万年前から狩猟採集生活で1万年前から農耕生活をスタートして食糧の生産、
貯蔵が始まったとはいえ、進化史の99%は飢餓と隣り合わせの生活だったから、その結果、
人は飢餓に備えて体にエネルギーを貯蔵するという生理(能力)を身につけてきた。


云々・・・


そう、250万年前の生理(能力)のままで、ついつい食べ過ぎるのが現代人なんですね・・・

といいつつ、本を読むだけで満足してしまい、今夜も白いご飯をばくばくと・・・あははは



m98k at 00:24|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月18日

手巻き寿司!!!

(期間限定のお知らせ)
熊野キャンプ(5月3日~5日)へのお誘い記事はこちらです。



前回記事のビステッカ!!!に続き、今回は手巻き寿司!!!であります。

日曜日に家族全員がめずらしく実家に揃ったので手巻き宴会を楽しんだ次第。

わたくし自宅での宴会では焼肉か鍋物か手巻き寿司が定番、ま、関西人なので、たこ焼き宴会とか、
お好み焼き宴会とかもやりますが、キャンプ宴会では、やはりお手軽な焼肉と鍋物が多いですね。
もちろんキャンプ宴会でも、たこ焼きやお好み焼きや手巻き寿司も、何度かやってますが・・・

ま、焼肉や鍋物なら、焼奉行(わたくし)や鍋奉行(わたくし)の指示に従わないといけないのですが、
手巻き寿司の場合は好きなタイミングで好きなように食べられるのがいいみたいですね。


冬の間は鍋物が中心だったので手巻き寿司はじつにひさしぶり、しかも今回は全員が揃ったので、
我が家ではけっこう贅沢な部類に入るネタも買い揃えて準備しました。

じゃーん

DSCN8098





DSCN8100

じゅるじゅるじゅる



と、まずは乾杯であります!!!

BlogPaint

今年に入って一気に家族が増えましたが、我が家に全員が揃ったのは初めてのこと。






BlogPaint

残念ながら運転手2名はノンアルコールビールでしたが・・・


「いやあ、一家のおとーさんとしては、じつにうれしい限りじゃな・・・うるうるうる・・・


とか、わたくしがひたすら感慨に浸ってたら、全員ひたすら・・・

DSCN8111

「おっ、めずらしく高そうなネタもあるぞ・・・ばくばく・ごくごく・・・」

「肉系はサラダ菜で包んでマヨネーズでね・・・もぐもぐ・んぐんぐ」

「鰻は卵焼きと紫蘇と一緒に巻いて・・・むぐむぐ・かぱかぱ・・・あっ、ビールこっちも追加・・・」

と、さすがにわたくしの家族・・・って、ウニはまだ残ってるのか・・・あせあせ・・・

とか、みんなでわいわい飲んで食べて、最後はあさりのお澄ましで〆ました・・・げふっ


で、ちょうど4月が誕生月の二人がいたので・・・

BlogPaint

バースデーケーキを食後のドルチェにしてコーヒーと紅茶でまったりしました・・・


いやあ、じつに楽しかったです。

レストランとかで豪華宴会つーのもいいですが、自宅でのお気楽宴会もいいものです。

ま、わたくしは青空や星空の下での「野外宴会」が一番好きなんですが・・・




m98k at 00:18|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月15日

ビステッカ!!!

(期間限定のお知らせ)
熊野キャンプ(5月3日~5日)へのお誘い記事はこちらです。




一昨日、ひさしぶりに本格的なビステッカを食べてきました!!!

DSCN8045

宮崎牛専門の「ビフテキの南海グリル」であります。

大阪・堺市にある鉄板焼きステーキの老舗で、1952年の創業だったんですね・・・



まずはシンプルな前菜から・・・

DSCN8050

って、食べる前に撮ればいいものを・・・

カレー風味のマスタードソースつーのが新鮮でした。



で・・・

DSCN8052

スープと食パンを厚手の電熱鉄板で温め・・・





DSCN8053

フライドガーリックを温めたお皿に準備して、まずはスープをいただきます。

わたくしは濃厚な伊勢海老のスープ、奥様らはコーンスープを選択・・・

「ずるずる・・・うまうま・・・で、このガーリックは食べ放題なの? ばりばりもぐもぐ・・・」

「すみません。この店のガーリックが美味しい、といわれる方は多いのですが、昔から使っている
最高級の国産品が高くなってしまい、最近は数量限定とさせていただいております。」

「いやいや、他の3人のを横取りするのでいいですよ・・・ばくばくばく・・・」

と、運転手で飲めないわたくし、フライドガーリックのやけ食いをやってると・・・


じゃーん
DSCN8055

お手軽なステーキランチ(極上コース)は、ロース肉と赤身肉のセットで一人前120g・・・




ソースは・・・

DSCN8059

おろしポン酢と甘口ステーキソースの二種類であります。じゅるじゅるじゅる




で、サラダなんぞを食べてると・・・

DSCN8064




まずは・・・

DSCN8057

ロース肉の脂身を切り分けてから・・・






DSCN8061


DSCN8062

一気にフランベ!!!

「やはりフランベすると美味しくなるんですか?」

「昔は肉の保存方法がかなり限定されてて、古くなった表面の臭みを除く目的もあったのですが、
今はそのままでも美味しいので、香りづけ・・・と鉄板焼きの場合はパフォーマンスですね。



で、温めたパンの上にのせてもらって、2種類のソースでいただきます。

DSCN8063

って、こちら母親用に細かく切ってもらったやつ・・・を一部横取りしたものでしゅが・・・

「ご高齢の方には了解を得た上で、細かく切ることにしています。喉に詰まらせた方がおられたから
なんですが、中にはそれでも大きいまま食べたいとゆー方もおられますので・・・」

うーむ、わたくし大きな肉塊の喉ごしが大好きなんだけど、これからは少し気を付けないとね・・・



と、次は・・・

DSCN8065

焼き野菜なんぞを・・・さすが肉の脂で焼くので旨いですね。



で、頃合いをみて・・・

DSCN8068

次は赤身肉をフランベ!!!

このお店、駅ビルにも支店があるのですが消防法の関係で支店ではフランベ禁止だとか・・・




DSCN8071

母親と母親の妹はミディアム、わたくしと奥様はミディアムレアに焼いてもらいました。


赤身といっても、さすが高級な宮崎の黒毛和牛、とても柔らかかったです。ばくばくばく・・・


で、

DSCN8072

巨大なバターの塊を一瞬で切り分けて溶かし・・・



肉汁たっぷりの食パンを載せて、ぎゅうぎゅうにプレスします。

DSCN8073





DSCN8076

バタートーストとゆーより、中までバター漬けでパリパリに仕上げた逸品でした。げふっ




で、パンを食べてまったりしてると、調理人がおねいさんに代わり・・・

DSCN8077


DSCN8079

てきぱきと鉄板焼きチャーハンを作ってくれました。

野菜などの具材や卵を見事に捌いていくのは、じつに見ごたえがありましたねえ・・・





DSCN8085

フランベしてカリカリに焼いたロース肉の脂身部分を加えて完成!!!




DSCN8086

って、食べる前に撮ればいいものを・・・




ちなみに〆はチャーハン以外にも茶そばと梅茶漬けが選択できたので・・・

DSCN8087

母親と奥様は茶そばを選択・・・って、こちら母親のを途中で横取りしたものでしゅが・・・




で、食後は半地下の喫茶室でセットに付いてるデザートとコーヒーでまったりしました。

DSCN8094

飲食前に撮ればいいものを・・・
ちなみにわたくしはバニラアイスを選択しましたが、とても濃厚で美味しかったです。




と、

DSCN8091

今回の「中店」は飛騨の古民家を移築した建物だそうで、喫茶室から眺めるお庭もなかなかでした。
本部の周辺には様々な業態のお店が集まってるんですね・・・



通路にあった宮崎牛(黒毛和牛)の数々・・・

DSCN8090

ぜーんぶ食べれば何kgになるのかなぁ・・・じゅるじゅるじゅる

昨年7月に現地で食べた「ビステッカ」は、わたくし1kg近く平らげたんだけどなぁ・・・





m98k at 00:33|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月11日

インドア縛りOFF会!!!報告

(期間限定のお知らせ)
熊野キャンプ(5月3日~5日)へのお誘い記事はこちらです。


先週末から一泊二日で行ってきた「インドア縛りOFF会!!!」のご報告であります。


???


98k「暖かくなったので軽く播磨の国でも走りませんか? 日帰りでも一泊でも・・・」

wing「しんどいのは嫌じゃあ、まったりとお花見宴会がいいな!!!」

98k「では、お花見宴会つーことで・・・姫路城あたりはいかがです?」

wing「でも今は花粉がいっぱいだし、やっぱアウトドアよりインドアがいいな、手ぶらで行けるし・・・」

と、今回はインドア縛りで手ぶら、つーことで、いつもの関西のライト好きが集まった次第。


いつもどおり(新)川端号がわたくしとwingさんをピックアップ、姫路城を尻目に殺して・・・


まずは遅めの昼食であります。

DSCN8003

飲まない川端さんの運転なので、わたくしとwingさんは遠慮なく、こぽこぽ、ぐびぐびと・・・




何度か来たことのある、お値段の割にボリュームが評判の定食とステーキのお店であります。

DSCN8005

って、wingさんのライスが半分になってて、わたくしのが1.5倍になってるのはなんでだろ??? 



さらに・・・

DSCN8008

最大ボリュームのスペシャルランチだけ空になってるのはなんでだろ???




と、食後にいつもの姫路wing別邸に着いたとたん・・・

DSCN8010



DSCN8013

お二人とも、ぐったりされてたのはなんでだろ???

「そりゃあ、あんだけ食べたら苦しくて動けなくなりますよ・・・常人ならば・・・」

「そう、それに今日は寒いのでブランケットにくるまりますよ・・・常人ならば・・・」

ま、この週末は「寒の戻り」とかで、確かに前週末より10℃以上気温が下がってましたが・・・

「まあまあ、とりあえずわたくしの『緊急どこでも宴会セット』で温まりましょう。ひっく」

とスコッチや乾き物なんぞでちびちびやってると、ようやく元気になってきたwingさんが、

「今回は手ぶら・・・つーことだったので、何も持って来てませんが・・・」

といいつつ・・・

DSCN8015

「あれっ、手ぶらのつもりが何本かポーチに入ってたな・・・なんでだろ???」

とか言ってると、red-bicycle(赤チャリ)さんも遅れて到着。

「いやあ、今回は手ぶらつーことで何も・・・あっ、なんか入ってるぞ・・・なんでだろ???」

DSCN8017


「あは、みなさん何本も持ち歩いてるんですねえ・・・あたしなんかメインはこれ1本ですよ。」


と、川端さんが腰のベルトから外されたのは・・・

DSCN8018

「なんか凄いのが出てきましたね・・・PT60ですか・・・どれどれ・・・」

「うおっ、明るいっ!!! 約1000ルーメンのこちらより、はるかに明るいですね・・・」

「ええ、確か3000ルーメンぐらい出てたかと・・・」

と川端さん、PLJさんのHPで再確認してみて・・・

「あは、スペック上で9600ルーメン、実測値で12000ルーメンになってますね・・・

「そりゃあ、明るいはずですね・・・」

「そーいや昨年秋の八王子OFF会まで1000ルーメン超のウルフアイズT3で充分と思ってたのですが、
あの時にcinqさんが『では軽く照射比較してみましょう、とりあえず10000ルーメン縛りぐらいで・・・』
と言われたのに驚愕、しかもそれらの小ささにも驚愕して、ついつい買ったものでした。

と、みなさん、ライトの話題で盛り上がり、その後も時空を超えたあらゆる話題で盛り上がってた・・・
はずです。あまり覚えてませんが・・・

結局、全員就寝したのは朝の4時過ぎでしたが、前日の昼過ぎから、ちびちびと飲んでたわたくし、
すっかり半覚醒の状態に馴染んでしまい、この日は寒さもあってなかなか眠れませんでした。

ちなみに赤チャリさんは暖房部屋のソファ、川端さんは暖房部屋+テント、wingさんは暖房なしテント、
つーことで暖房なしテントなしのわたくし以外は、みなさん熟睡されてたようです。ううっ

と、あまり眠れなかったわたくし、腹いせに8時にはみなさんを叩き起こし、三々五々で朝食後、
赤チャリさんは朝からロードバイクで走りたかったようですが、この日の空模様がイマイチだったので、
「仕方ないので今から日曜出勤して仕事します。」と現地でお別れ、残りの三人は一路神戸へ・・・

じつはこの春から神戸wing邸の近くに下宿している娘さんに川端さんが書類を渡す用事があり、
わたくしとwingさんも、じつに10年ぶりに川端娘と再会することができました。

「乃が美」の食パンを買ったりして用事を済ませてから、四人で駅近くの天ぷら屋さんへ・・・

DSCN8023



DSCN8024

ここのランチも、けっこうボリュームのあるコースでした。

「懐かしいなあ・・・確かタイからの留学生たちと一緒にキャンプして以来やねえ・・・」とwingさん

「生き別れになった娘と、まさか再会できるとは・・・うるうるうる」と98kさん

「って、あんたの娘とちがうやろっ!!!」とツッコミをいれる父親さん


と、立派に成長した娘と別れた後は神戸wing邸へお邪魔し、またまたまったりしました。


シュークリームを食べつつボルネオ番組やプリミティブ・テクノロジー動画を観てインドア三昧・・・

DSCN8029

このピーチベルグつーのは旨かったな・・・



いっぽう飲まない川端さんも・・・

DSCN8030

こちらのイカ天はお気に入りのようでした。

と、今回はインドア縛りつーことで、桜花などアウトドア・シーンは一切ありませんが、いつもどおり、
とても楽しい二日間でした。

ええ、特に何をやったとゆーこともなく、何を話してたのかもよく覚えてませんが、それで充実していた
と感じられるのは、やはりいい時間を過ごせたとゆーこと・・・

みなさん、今回もありがとうございました。ぺこぺこ





m98k at 00:11|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック