糧食、飲料

2017年09月01日

トスカーナ紀行15 和食?で利き酒?

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


ピサからシモーナさんマウロさんのお宿へ、そして帰宅後はバッキーニバイクへポタリングして・・・

この日の夕食は・・・なんと、和食で利き酒???




そう、トスカーナ伝統の家庭料理をいただいてるので、わたくしもアレくんクリくんと三人で・・・

DSCF6488

日本の伝統家庭料理を作ってみました・・・

ちなみにこちらはアレくん家のキッチンで、今回わたくしは調理に専念?してましたので、
今回記事の画像はうちの奥様が撮ったものばかりです。





じゃーん

DSCF6493

そう、日本の家庭、特に大阪の家庭では伝統的なスープパスタであります。がははは





まずは・・・

DSCF6492

生卵を食べる習慣がないので、上に載せる卵をいったん加熱することにしました。





DSCF6489

アレくんご自慢の電子レンジ用ボイルドエッグ器で・・・

「半熟状態になればいいので、よろしくお願いします。」

「半熟状態になる加熱時間がわかりません。」

「まあ、いろいろと試してみて・・・」

DSCF6491

「35、36・・・」    ぼんっ!!!



ま、爆発してしまった卵は・・・

DSCF6495

アレくんに食べてもらうとして・・・

ちなみにチキンラーメンのダブルエッグポケットには、二人ともさすが日本と感心してました。






DSCF6497

「16、17・・・」って、わたくしの時計をレンジ前に置いたんだから、測ればいいものを・・・



と、ようやくみなさんにサーブして・・・

DSCF6498

ブラックペッパーをたっぷりかけます・・・ま、これはわたくしの好みですが・・・





DSCF6501

「お箸はこのように持ちます。」と、ひととおり説明したのですが・・・

日本通のクリくんは「マイ箸」を持ってますし、ローリスさんやマルタさんも上手に持ってました。
ま、クリくんだけは、少しなじめないようでしたが・・・



「それでは今から、正しいニッポンのスープパスタの食べ方をお見せます。
イタリアとは逆で、大きく音を立て、ノイジーに一気にすすり込むのがポイントです。」

DSCF6506

「ふっ、ふっ、で、一気に・・・ずるずるずるっ・・・


「あははは、そんなにノイジーに食べるのは、できないなあ・・・」

「このほうがずっとおいしいですよ、もちろんヌードル以外でやってはいけませんが。」

とか、解説しながら食べてたのですが、ずっとお箸にチャレンジしてて・・・

DSCF6521

「あははは、正しく持つのはあきらめました。」という人がいました。





DSCF6522

「こうやって・・・」




DSCF6512

「ありゃ、いっぺんについてきたな・・・」





DSCF6514

「このぐらいかな・・・」





DSCF6515

「ちゅるちゅるちゅる・・・」

「ま、お好きなように・・・」

と、日本の伝統的なアンティパスト・パスタ?を食べていただきました。
って、飲んだ後にラーメン!!!というのが日本の習慣なのですが、ま、ここはイタリア風に・・・


次は、やはり日本伝統の利き酒会であります!!!

DSCN4252

持参したのは日本酒が5種類に梅酒、ぐい吞み3個セットを2組、冷酒グラスなど・・・




それと・・・

DSCN4251

日本の高級おつまみ各種・・・




で、「まあまあまあ、こぽこぽこぽ・・・」

DSCF6530

「おっとっと、もうけっこう・・・」と、このあたりは日本と同じですね・・・





DSCF6532

「左の甘口からテイスティングしていって下さい。右のが一番辛口になります。」





「こちらが濁り酒といって日本酒の原型です。とくとくとく」

DSCF6533

「ううっ、確かに濁ってて気持ち悪いな・・・

と、アレくんクリくんにも冷酒グラスでテイスティングしてもらいました。

イタリアでも日本酒は日本料理店などで徐々に知られるようになってるそうですが、さすがに
「利き酒」というのは、はじめての体験だったようです。

でも、そこはワインにうるさいお国柄、しかもトスカーナワインの本場ですから、みなさん味や香り、
口当たりの違いなどを充分に理解されたようで・・・

DSCF6535

「この中では、これが一番わたしの好みだったな・・・」とローリスさん。

彼が選んだのは京都・城陽酒造の「たれくち酒」で、最も芳醇な無濾過の生原酒・・・さすがです!!!

で、この後も「まあまあ・・・もう一杯・・・」とかやって、すっかり出来上がり・・・

彼のもう一本のお気に入りブラックニッカ・ディープブレンドと記念撮影・・・

DSCN4260

いやあ、違いのわかる人がいてくれて、持参した甲斐がありました。


今回、本来なら和食の基本調味料を持参して、すき焼きとか天ぷらとかざる蕎麦とか寿司とかを
作ろうかとも相談してたのですが、現地でどんな食材が入手できるかわからなかったし、やはり
本格的に調理するなら、それなりの調理器具や器も要るし、それに好みもわからないし・・・
と断念したのですが、せめて日本酒に合うレトルトやフリーズドライになった和食お惣菜などを、
少しでも持って行けばよかったと後悔しています。

まあ、彼らが来日した際には、たっぷりと味わってもらうことにしましょう!!! 納豆とか・・・

(次号に続きます。)





m98k at 11:01|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月27日

トスカーナ紀行11 ヴィアレッジョとTボーン

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

7月21日は早朝からアレくんクリくんにヴィアレッジョに連れて行ってもらいました。

ヴィアレッジョはリボルノやピサの北にあるビーチリゾートで、きれいな砂浜の続く海岸・・・
アレくんクリくん、ほんとは彼女とかと行きたかっただろうに、おじさんおばさん連れでごめんね!!!


DSCF5991

朝早くに出たので、7時にはヴィアレッジョの海岸に着きました。



そう、このシーズンのヴィアレッジョはとても混みあうので早めに行って場所取りを・・・

DSCF6010

さすがにこの時間、人影はほとんどありません。



ご覧のとおり・・・

DSCF6011



DSCF6012

見渡す限り有料のビーチパラソルやタープが並んでますが、ここの砂浜だけはフリーエリア・・・
そう、一日中ずっとビーチで過ごすなら有料エリアもいいけど、短時間ならフリーエリアでも充分、
でも早めに行って場所取りしておかないと・・・という冷静な判断だったのでありますね。



さっそく波打ち際に近い場所を確保・・・

DSCF6015






で、アレくんクリくんオススメのおいしいお店で・・・

DSCF6016




DSCN3765

まずは朝食であります。



って、アレくんクリくん、サングラスをかけたりすると・・・

DSCN3768

イタリア人みたいでキマってますね・・・って、彼らはイタリア人でしたね・・・

ちなみにアレくんのサングラスはロードバイク用だそうで、彼はロードバイクには乗らないのですが、
こういうタイプは、やはりキマりますねえ・・・



と、こちらヴィアレッジョでも・・・

DSCN3771


DSCN3774



DSCN3769


DSCN3799



DSCN3772

ロードバイクやマウンテンバイクは多かったです。こちらはコルナゴのクロスバイクですね・・・




で、波打ち際に戻って、通りすがりの方にお願いして・・・

DSCN3785

記念撮影・・・



その後は、むこうに見えるピアまで波打ち際を歩くのに、しばらくついて行ったのですが・・・

DSCN3788





DSCN3789

日本人観光客のむこうから、素敵なおねいさんたちが来たので・・・






DSCN3790

わたくしはついついそちらのほうへ・・・




って、この日は少し疲れが出たのか砂浜を歩く気力がなく、のんびり寝転がってると・・・

DSCN3793

徐々に人が増えてきて・・・



3人がピアから戻る頃には・・・

DSCN3802



DSCN3801

ビーチはけっこういっぱいになってました。来た時にはほぼ我々だけだったのですが・・・




と、ビーチでローリスさんのおいしいフルーツを食べたり・・・

DSCF6074







DSCN3813

ピザーリアのテラス席でおいしいピザをビールで流し込んだり・・・



って・・・

DSCN3814



DSCN3816

テラス席の前を通る自転車ばっかり撮ってて、ピザの画像がありませんが・・・



2時過ぎにはヴィアレッジョを後にして・・・

DSCN3819





DSCN3822





DSCN3825

ルッカ・フィレンツェ方面へのアウトストラーダ(自動車道)に入りました。




わたくしアウトストラーダのサービスエリアも見てみたいと、トイレ休憩を兼ねてお願いして・・・

DSCN3826

「area servizio」へ・・・このイタリア語は、なんとなくわかりますね・・・





DSCN3827




DSCN3828

ここは比較的小さなサービスエリアだそうですが・・・






DSCN3829

しっかりとワインは置いてありました・・・



帰り道で見た・・・

DSCN3842

城跡でしょうか・・・こんなのがあちこちにあるのが、やはり凄いですね・・・




DSCN3844




DSCN3845

こちらは一部復元された水道橋・・・




で、こちらがアウトストラーダの料金所・・・

DSCN3846

右端は日本のETCと同じTELEPASSゲート、アレくんが入るのは現金かクレジットカードのゲート・・・
・・・なんですが、よく見るとカードの種類でゲートが分かれているようにも見えます・・・
だとしたら、けっこう難しそうですね・・・ちなみにローリスさんのクルマはTELEPASS車でした。


と、この日は早めに帰宅して、少し疲れていたわたくしは自室でお昼寝。

で、体調を万全に整えてから夕食に臨みました・・・

そう、この日の夕食は・・・
わたくしが一度は食べたいとお願いしていたトスカーナ名物Tボーンステーキ!!!だったのであります。

以前の夕食時に、何か食べたいものはあるかと訊かれ、わたくしがTボーンステーキと答えると、
「おおっ、フィオレンティーナかっ!!! そういえばしばらく食べてないな・・・じゅるじゅる」
「あの店はどうだろう・・・じゅるじゅる」
「この店なら宅配してくれるかも、でもやはり焼きたてに限るな・・・じゅるじゅる」
「こっちの店はメニューにないけど作ってくれるかも・・・さっそく聞いてみよう・・・じゅるじゅる」
「あの、わたくしはマルタさんの手作りで充分なんですが・・・」
「いやいや、本格的なフィオレンティーナはとても手間と時間がかかるので家庭でできるもんじゃない、
店によっては肉の準備もあるので早めの予約が必要だし・・・じゅるじゅる」
と、食べることについてはみなさん真剣というか情熱的というか、まさに議論百出・・・
で、この日の予約をしていただいてたのでありますね。

議論百出の末、最終的に選んでいただいてたのは・・・

DSCF6119




DSCN3858

住宅街にあるこちらのお店・・・
(追記です。)
ここに限らず、どのお店にも大型テレビがありましたが、サッカー中継やロードレース中継の観戦用で、
これがないと、その時間帯には誰も来なくなるからとか・・・




DSCN3863



DSCN3866



DSCN3864

ボリュームのある各種アンティパストや各種のサラダ、ポテトなどに続いて・・・

って、すでにこの時点でけっこう食べて飲んでたんですが・・・




シェフ自らが「どやっ!」顔で持って来てくれた・・・

DSCN3871




DSCN3870

ビステッカ・アラ・フィオレンティーナ、Tボーンステーキであります。じゅるじゅる





DSCF6117

フォークやナイフ、ワインのデカンタなどと比較していただくと大きさが分かると思いますが・・・
この二枚を6人でいただきます。じゅるじゅる



お店でまず、片側を各6等分に切り分けてくれて・・・

DSCN3884

6切れ÷3人=???




DSCN3885

わたくしは三切れいただきましたが・・・いや、一切れでいいという方がいたからですよ・・・
いやあ、シンプルで牛肉そのものの味を引き立てる焼き加減でした。
どうすれば、こんな分厚いステーキをうまく焼けるんだろう・・・



さあ、次はこっちだよ!!!

DSCN3888

そう、骨(Tボーン)の両側の肉の質や味の違いを楽しむのがフィオレンティーナの醍醐味!!!



って、わたくしとローリスさん以外は、すでにお腹がいっぱいのようだったので・・・

DSCN3892

反対側の部位は、わたくしとローリスさんが丸ごと一枚ずつ・・・確かに異なる肉質とお味でした。
いやあ、最後に骨に付いた肉を齧り取って食べるところまで、二人ともそっくりだったなあ・・・


でも、さすがに食べ過ぎて、もうこれ以上は何も入らない・・・


といいつつ・・・

DSCN3894



DSCN3895

ドルチェとエスプレッソは、日本でいえば「別腹」というやつですね・・・でへへへ



さらに・・・

DSCN3899

カウンターで何杯でもサービスしてくれる強い食後酒もね・・・ひっく

と、この日はさすがにアンティパストのハムやサラミ、サラダなどが少々残ったのですが、きちんと
持ち帰り用の箱を用意してくれてました。さすが食に関しては真面目というか見習うべきですね。

それと、これだけ本格的なフルコースで食べて飲んで一人20数ユーロ、日本円なら3000円弱で、
人件費や家賃などの違いはあるでしょうが、食材の選択や調理の手間、価格設定などの真面目さは、
この店に限らず、やはり見習うべきところがあるのでは・・・とも思いました。

大手ハンバーガーショップに一度だけ行ったことがあるけど、もう二度と行く気はないといっていた、
クリくんたちの感覚の方が、ずっとまともなのかも知れません。
まあ、わたくしやローリスさんの食べる分量は別として・・・

(次回に続きます。)



m98k at 15:17|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年07月01日

超クリーミー!タンブラー生サーバー!!!


7月になって、はじめての記事は夏らしく・・・




昨日、自宅に届いたばかりの・・・

DSCN1419





DSCN1423

淡麗グリーンラベル「超クリーミー!タンブラー生サーバー」であります。

「絶対もらえるキャンペーン」とはゆーものの、応募にはけっこうな本数を飲まねばならず・・・
って、それを言い訳に、毎日かぱかぱ飲んでたのでしゅが・・・ひっく




こちら・・・

DSCN1422

そう、アウトドアでもクリーミーな泡立ちが簡単に楽しめるのでありますね・・・じゅるじゅる

アウトドアではクーラーボックスから出してすぐ、缶のまま一気に飲むことも多いのですが、
まったりキャンプでは(ヒマなので)、アクリルタンブラーとかに注いでまったり飲んだりします。

で、その際に(ヒマなので)いろんな注ぎ方をしてみるのですが、本当にクリーミーな泡とゆーのは、
なかなかできないものなんですね・・・

つーことで、どうしてもこれが欲しくなり、最近は淡麗グリーンラベルばかり飲んでた次第。
(ま、もともとお気に入りでしたが応募マークなんて知らずにずっと捨ててたので・・・)


ええ、期待していたとおり・・・

DSCN1425

精密機器とゆーだけあって、なかなかのメカであります。






DSCN1427

どーやら、この金属板が泡立てポイント(高周波発生装置???)のようですね・・・
ちなみに電源は単四電池2本2AAAでした。





ともかく・・・

DSCN1429

手作業では不可能なくらいのクリーミーな泡がフタになって、しかも長い間消えずに残るので、
最後まで美味しく飲めました。

ま、暑い季節にキャンプサイトにたどり着いたら、ともかく最初のひと缶は一瞬で空けてしまうので、
これを楽しむのは次の缶からになりそうですが・・・げふっ








m98k at 01:01|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年05月31日

韓国宮廷料理!!!


ええ、韓国宮廷料理つーのを味わってきました。でへへへ

以下、お店ネット情報の一部をコピペしておきます・・・でへへへ

韓国調理技能士1級の免許を女性で初めて取得した朴三淳から受け継いだ韓国宮廷料理を
ベースにしたコースのみのお店です。
鶴橋の本店と同じく、前菜には名物の高麗人参のお刺身や自家製のキムチ盛合せなど、
焼肉には佐賀牛の特上クラシタロースの特大一枚肉と豚肉の骨つきカルビをご用意しております。
そして、最後には商標登録済みでもある韓味一のサンゲタンでしめてもらうという
鶴橋で四〇年愛され続けたコースはそのままございます!!!


つーことで、そのコースをば・・・じゅるじゅる

DSCN1113


DSCN1114



DSCN1116

大阪・靱本町にある韓味一・朴邸とゆーお店であります。





高齢もとい恒例の同期会だったのですが・・・

DSCN1115

お向かいにある靭公園に夕日が沈まないうちから、わたくしはお店の中で待機・・・じゅるじゅる



数人が集まったところで、とりあえず・・・

DSCN1118

でへへへ んぐんぐんぐ ぷはぁ



で、高齢もとい恒例の幹事も来たので、定刻前でしたがお構いなくコース料理をスタート・・・

DSCN1120

次々と出てくる前菜・・・全部で十数種類あったはず・・・




DSCN1122

中央が高麗人参のお刺身、その右側にある蜂蜜を好みでつけていただきます・・・






DSCN1123



DSCN1126

いやまあ、どれもおいしかったな・・・ばくばくごくごく





特にこちら・・・

DSCN1127

アワビとウニを濃厚なお粥に載せたものですが絶品でした。

この後、上記ネット情報にあるメインの焼肉と名物のサンゲタンが出てきた・・・のですが・・・

わたくしはすでに飲食に夢中、もちろん以降の画像は一切ありません・・・

めでたし、めでたしと・・・げふっ
       




m98k at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年05月18日

コーラマニア・・・


とーとつにコーラマニアであります。



じゃーん

DSCN0072

開封後で見にくいですが、上部には「ちがいが分かるか?」と書かれてます。




そう・・・

DSCN0073

「第3のコーラ登場」により、
クラシックコーラ味とマイルドコーラ味とポップコーラ味の3種類が入ったハードグミであります。

ちなみにカバヤ食品って、岡山市にあったんですね・・・知りませんでした・・・






ま、「ちがいが分かるか?」と問われれば・・・

DSCN0074

まず色合いのちがいは一目瞭然・・・

で、お味のほうも、確かにちがいました・・・




が・・・


どこがクラシックでマイルドでポップなのかっ???



・・・つーのは、わたくしにはよく分かりませんでした。ややきっぱりと・・・






うだうだとP.S

このハードグミとゆータイプのお菓子、ビミョーといえばビミョーな食感ですね。
どんな食感かと訊かれたらハードグミの食感、としかいいようがない・・・
噛みごたえからいえば、ぷるるんタイプのゼリー→グミ→ハードグミとゆー順番で固くなりますが、
ちと調べてみると、単にゼラチン(またはゲル化剤)含有量のちがいなんですね。知りませんでした。
で、ドイツで子どもたちの噛む力を育てるために作られた「元祖グミ」はいわゆるハードグミで、
今でもこれが主流、ところが日本ではさらに柔らかい「グミ」が好まれ、こちらが一般化したようです。
子どもたちの噛む力を育てるつーより、ゼラチンに含まれるコラーゲンがお肌にいいとゆーことで、
じょしこーせいの間でブームになって定着したようで、そーいやコラーゲンたっぷり、つーのがウリですね・・・
ま、わたくしはゼリーもグミもハードグミも大好きなんですが、キャンディや飴、キャラメルなんぞは、
ちとつらくなってきました・・・ええ、なにせ歯の衰えが・・・ふがふがふが・・・




m98k at 12:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック