ブログ日誌

2016年01月01日

2016新年ご挨拶


みなさん、新年あけましておめでとうございます。


本年もどうかよろしくお願いします。


 




                         2016年 申年 元旦

BlogPaint


ええ、なにせ申(さる)年なので・・・


DSCN6158
                                (2015.11.01 ボルネオ島・サラワク州セメンガ・ワイルドライフセンターにて)







って、ウータンくんはモンキーではなくエイプ、しかも森の人なんですが・・・







まあ、昨年はわたくしもいろいろとありまして・・・・

DSCN5366

8月中旬、にこにことお気楽ポタリングしてて・・・








DSCN5389

前代未聞の???立ちゴケによる左足外踝(くるぶし)骨折で、生まれて初めて10日間の手術入院、
全身麻酔でチタンプレートを埋め込んでもらい・・・








DSCF1254


DSCF1269

10月上旬には順調に回復、リハビリ・ポタリングにも連れて行ってもらったものの、
その後、なんと内踝の剥離骨折も判明・・・








でもまあ、10月下旬にはボルネオ島への植林ボランティアツアーにも参加して・・・

BlogPaint

って車椅子で行ったわけではなく、こちらは「空飛ぶ車椅子」活動のお手伝い画像ですが・・・





サラワク州サバルで800本のエンガバンを植えてきたし・・・

DSCN5869

って、植えたのは現地の子どもたちでしたが・・・



ツアー直前には、このボランティアツアーを主催するN.GKS(エヌジクス)のblogも立ち上げたし・・・



さらに11月にはライト好きのみなさんに快気祝いOFF会???もやってもらったし・・・

BlogPaint





おそらく今年もいろいろとあるでしょうが、ま、ぼちぼちと楽しくやっていきましょう。



いつもながらのこんなサイトですが、なにとぞ本年も

ご愛読のほどをお願いします。

                        趣味の物置小屋98kスタッフ一同
BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


BlogPaint

わははは、幸せじゃあ・・・


って、もしこんなスタッフに囲まれてたら・・・


ブログなんかほったらかしじゃあ!!!




m98k at 00:11|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年12月02日

2015秋・京都ふらふら

(期間限定のお知らせ)
当サイトの沙漠緑化カテゴリ記事を中心に「
N.GKS(エヌジクス)のblog」を立ち上げました。
この団体の各幹事による記事も今後は充実しますので、海外植林ボランティアに興味のある方はぜひご覧ください。

また、
12月10日から東京ビック゜サイトで開催されるエコプロダクツ2015にN.GKSブースを出展しますので、
上記N.GKSサイトで詳細をご確認のうえ、ぜひお越しください。



先週の土曜日、恒例となった学生時代のサークルの同窓会で京都をふらふらしてきました。

京阪三条で下車、まずは御池通りからスコーンと晴れた賀茂川の上流を望み・・・

DSCN6834

左側、賀茂川の右岸にある・・・




もと角倉了以別邸、山形有朋の第二無鄰菴である「がんこ二条苑」をズームアップ・・・

DSCN6833

うーむ、今年の紅葉もあまり期待できないなあ・・・と、確認しつつ・・・




木屋町通りをふらふらと北上して行くと・・・

DSCN6837




DSCN6835




DSCN6839

高瀬川一之船入であります。







DSCN6841

船入って、けっこう奥が深かったんですね・・・知りませんでした・・・





と、少し早めに着いたので、先に小川治兵衛作の名庭へ・・・

DSCN6849

せっかくの秋空なのに、やはり今年の紅葉はイマイチ、まだ青いか枯れてるかのどちらかでした・・・







DSCN6846

わずかにあった紅葉も、今年はくすんでますねえ・・・





で、カメラのクイック・エフェクトとやらで・・・

FSCN6951

「極彩色」にしたりして・・・


宴会は例によって二時間の飲み放題コース、例によってへろへろになってから、また庭園を散策、
さらに例によって、へろへろ状態での記念撮影をしてから・・・


二条通りを北に渡った、毎年紅葉のきれいなお寺へふらふらと入ります・・・

DSCN6871





DSCN6872

こちらも今年はイマイチでしたねえ・・・



ま、こちらも・・・

FSCN6954

「極彩色」にしたりして・・・

「見た目」どおりの鮮やかさにするために、コントラストと色の濃さを上げることはありましたが、
これは「見た目」以上の鮮やかさ・・・でも紅葉の美しい年は、ほんとにこんな感じなんですよね・・・




寺町通りをふらふらと北上して、旧新島邸へ・・・

DSCN6877

一昨年に来たときにはNHKの大河ドラマ「八重の桜」が放映中で、見学者は多かったんですが、
昼の宴会が遅かったため、内部観覧はすでに終了してました。
ちなみに来年の大河ドラマは大阪城ゆかりの「真田丸」なんですよね・・・


ま、今年はぎりぎり閉館までに入れたので・・・

DSCN6878



DSCN6879

中を見学します。






DSCN6886

京都初といわれる西洋式キッチン・・・今から見れば和洋折衷ですね・・・





DSCN6897

書斎・・・こちらもまさに和洋折衷・・・





こちらは八重さんの桜・・・

DSCN6905





DSCN6906

一昨年に比べて、ずいぶんと成長してますね・・・




せっかくなので、八重さんの時代???の、もと・じょしだいせーたちと・・・

BlogPaint

こちらもずいぶんと成長して・・・ま、ずいぶんと高齢化してとも・・・わっ、ぼかっ、べきっ、ぐしゃ




ぼこぼこにされつつさらに北に歩くと、学生時代の憧れだった・・・

DSCN6908

女子寮が・・・じゅるじゅる・・・




もちろん・・・

DSCN6909

今でも関係者以外は立ち入り禁止、やはり秘密の花園なのね・・・どきどき





で、寺町御門から御所に入り・・・

DSCN6910






DSCN6918




DSCN6922

ふらふらと北上するのですが・・・



DSCN6916






DSCN6917

今年は御所の紅葉もイマイチ、その代わり皇宮警察のパトカーが目につきましたねえ・・・
やはりテロ対策なんでしょうか・・・






と、ようやく創立140周年EVE祭で賑わう、われらが母校へ・・・

BlogPaint

ちょうど学園祭最終日の夕方とあって、もの凄い賑わいでした。



とーぜん、じょしだいせーのおねいさんたちもいっぱい・・・

BlogPaint

剣道部の一回生でしょうか、声を嗄らさんばかりに最後の売り込みに廻ってました。




DSCN6930

人をかき分け、ようやく西門まで抜けました・・・みんなすでに打ち上げモードでしたねえ・・・
ずっと徹夜で準備してきたりして本番を迎えて最終日の夕方・・・
すべてが終わる直前、みんな最高潮に盛り上がって・・・
そして、その後には「祭りのあとの虚しさ」が・・・いいなあ・・・青春だなあ・・・

ま、いまだにキャンプ宴会じゃ!OFF会じゃ!と、そのノリで楽しんでる某OBもいますが・・・





ま、せっかくなので・・・

BlogPaint

もと・じょしだいせーたちの記念写真を撮ってると・・・





BlogPaint

おおっ、現役のじょしだいせーたちも・・・




とーぜん、わたくしはこちらとですね・・・

BlogPaint

わははは、幸せじゃあ!!!  わっ、ぼかっ、べきっ、ぐしゃ・・・



と、「もと」のほうからぼこぼこにされつつ、「もと」学生会館跡にできたカフェテリアへ・・・

DSCN6932





DSCN6934

わたくしが入学した頃は、学生会館2階の「レストラン」の日替わりランチが確か150円ぐらい、
で、卒業する頃には倍近くになって・・・今は内容も充実してるだろうし、食べてみたいなあ・・・じゅるじゅる

「みんなコーヒーでいいわね、もうすぐいつもの居酒屋で先輩たちと二次会だし・・・」

「あのう・・・わっ、わたくし週替わりパスタランチを・・・」

「無視無視・・・」

と、もと・じょしだいせーたちが入ってくれたんですが、なにせ学園祭最終日の夕方で凄い人出、
店内もいっぱいでカウンターにも延々と学生が並んでたので・・・

BlogPaint

もと・じょしだいせーたち、ちゃっかりと水だけ持って来て、テラスでまったりと休憩・・・




真新しい校舎に夕日が映える頃には・・・

DSCN6937

地下鉄に乗ってふらふらと四条に出ました。

この後、みなさんは例の居酒屋へ行かれたようですが、わたくしは翌日に所用があったため、
そのまま阪急電車に乗って帰宅しました。
ええ、こちらも凄い混雑で、ふらふらと立ちっぱなしでしたが・・・



m98k at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月05日

某SF研究会・創立45周年!!!

はてさて・・・

一昨日、5年前の40周年から、なんと5年ぶりに(ま、当たり前ですが・・・)参加してきました。

ええ、某SF研究会の創立45周年記念祝賀会であります。

わたくしと某SF研究会との関わりなどについては上記リンク記事をご覧いただくとして・・・

今回もさくさくっと・・・画像を中心に紹介していきましょう・・・



5年前と同じく京都市営地下鉄の丸太町駅で下車、堀川通下立売あたりを目指して歩きます。

今回はこちら側から・・・できれば敷地内を通って・・・落車骨折リハビリ中のため・・・じゅるじゅる

DSCN5519


DSCN5520



DSCN5522



DSCN5523

憧れの某女学院であります。じゅるじゅる

ちょうど入学説明会開催中で、ほんとに中に入れそうだったのですが時間が・・・じゅるじゅる





さらに西に歩いていくと、ようやく祝賀会の会場・・・

DSCN5528

ではなく、こちらはまだ京都府庁ですね・・・ひいひい







その向かいのビルが・・・

DSCN5525



DSCN5526

うーむ、こちらも違うなあ・・・ひいひい・・・









DSCN5529

ここでもないし・・・それに、いまさら生き方探求つーのもなあ・・・うぐぐぐ・・・







で、このあたりには古い町並みがあったのですが道路拡幅されてて・・・

DSCN5530

前回も通り過ぎた旅館、路地がずいぶん短くなってましたが、今回もまた通り過ぎて・・・ひいひい・・・






何とか定刻ぎりぎりに、会場のホテルに到着であります。やれやれ・・・

DSCN5531







まずは全員で(酔っぱらう前に)記念撮影であります。

DSCN5610

なにせ創立45周年ですから三世代、その子どもたちも含むと四世代が集まってます。
(プリントからの粗い接写画像で、いちいちモザイク処理してませんが、問題があるようなら削除しますのでお知らせください。)







ちなみにこちらが40周年の際の記念写真・・・

DSCN5585

ええ、現役生以外はなんと全員、5歳は更けてますね・・・ま、これも当たり前ですが・・・







記念撮影に続いて、現会長のK村さんによる開会宣言であります・・・

BlogPaint

現在3回生で現SF研では唯一の女性・・・ええ、女帝として君臨しておられる・・・のでしょうかっ???

ちなみに彼女、自転車競技部にも所属されてるそうで、ロードバイクで落車骨折したてのわたくし、
もっとゆっくりお話ししたかったのですが、なにせ現会長でみなさんのお世話に追われてて、
わたくしが独り占めするわけにもいかず・・・でも、今回はお世話いただきありがとね!





続いて、このSF研の創設者で初代会長でもあるK山さんのご挨拶であります・・・

BlogPaint

たしか、わたくしが入学した際には3回生ぐらいで、卒業する際にも3回生ぐらいだったような気が・・・
ええ、今でも現役の3回生として君臨しておられる・・・のでしょうかっ???

会長時代、NHK「若い広場」に小松左京氏らとともに出演した際のエピソードなんぞを披露されてました。
放送局でのビデオテープ収録がようやく一般的になった頃で(もちろん大部分の番組はモノクロ)、
まだまだ家庭用の録画機器などは存在せず、放映時に記念にテレビ画面を写真撮影していたとか・・・

ハードディスクやブルーレイに簡単に高画質録画できる現在とは、まさに隔世の感がありますねえ・・・







で、乾杯の後は、古い8ミリフィルムからダビングした懐かしい映像を次々とプロジェクターで上映・・・

DSCN5608

じつは今回、幹事としてお世話いただいたS本さんが、このサイトの上記40周年記事を読まれてて、
「古い機関誌とかの展示だけで、SF研らしい最新技術による映像とかは一切なかった・・・あははは」
とゆー部分に触発されて、今回は苦労して映像にまとめられたとか・・・ほんとにありがとね!!!

で、エンディングは2020年の50周年へ繋ぐとゆーことで、同年開催予定の東京オリンピックをテーマに・・・
ええ、映像はまぼろしの1940年版のポスター、音楽は1964年版の「東京五輪音頭」でしたが・・・








さすがに映像は撮れませんでしたので、貴重な展示品のうち、コンベンション関係の一部をご紹介・・・

DSCN5553




DSCN5557





DSCN5552

1974年に京都で開催された第13回日本SF大会MIYACONのプログラムブックとレポートであります・・・

ええ、ここで我がSF研がプロレスショーをやって冷たい視線大ウケしたのでありますね・・・















で、こちらは同年に東京で開催された・・・

DSCN5556

第2回日本SFショーのプログラムブック・・・







こちらは・・・

DSCN5558

やはり同年東京で開催の第6回SFフェスティバルEDOCONのプログラムブック・・・



いやあ、1974年にはいろんなSF関係の催し物が開催されてたんですねえ・・・




で、その翌年の1975年・・・

DSCN5555

神戸で開催された第14回日本SF大会SHINCONのプログラムブックとレポート・・・








こちらはさらにその翌年1976年に東京で開催された・・・

DSCN5554

第15回日本SF大会TOKON6のプログラムブックであります・・・











で、こちらは1978年1月号の京阪神Lマガジン・・・なんですが・・・

DSCN5559




そう、学園祭(EVE祭)でのSF研プロレスショーが有名になり、紹介されたのでありますね・・・

DSCN5561

この後、全国の大学でプロレス同好会なんぞが結成され、アマチュア・プロレスなる言葉も生まれました。

初代会長のK山さん、「まじめな研究会が、こんな方向で有名になるとは思わなかった・・・」とか、
嘆息されてましたが、ショーではずっとレフリー役をやってて、いちばん生き生きしてたような気もします・・・


創立間もないころは、SFといえばまだまだマイナーな世界でしたが、この頃にはスターウォーズ第一作や、
宇宙戦艦ヤマト第一作などが爆発的にヒットしてて、SF全体としてある程度メジャーになっていきました。

ま、それでもSF小説をメインに読み込むとゆーのはやはりマイナーな存在で、活字人口が減った現在では、
さらにマイナーな世界に戻ったようで、現役の会員はほぼ創設時と同じ8名しかいないそうですが、
まじめに読書会をやってるようで、映像情報が溢れる今となっては、本来の姿なのかも知れません。

ま、当時SFを楽しむとゆーのは、今でいえばコミケに出かけるのと同じぐらいの感覚だったでしょうか・・・

すでに何度か書いてますが、当時のSF研究会やSFコンベンションとかに集まる連中の中でも、
特に非社交的で自分の世界を持ってて、分厚い眼鏡かけて本ばっかり読んでるようなタイプから、
「お宅、今度の新作どう思う?」とか、実際に話しかけられることがあり、これがいつの間にか、
SFの世界だけに浸りきっているタイプが「あいつ、ほんまにお宅やなあ・・・」と呼ばれるようになって、
これが今の「ヲタク」の語源ではないかと、わたくしも信じているのでありますね・・・



閑話休題



とまあ、三波春夫の東京五輪音頭で5年後の堅い約束!をして、ホテルでの祝賀会は大団円となり、
その後は5年刻みぐらいのグループに分かれて、これまた恒例の2次会へ・・・

京都の地下鉄は東西線と南北線しかなく、しかも土日のバスやタクシーは観光客で渋滞するので、
地下鉄に乗車するまでけっこう歩き、降車してからもけっこう歩くことになります。ひいひい・・・

で、今回予約してくれてたのは、四条通柳馬場小路上ルにある、けっこうおしゃれなイタリアン・レストラン・・・

とはいっても、やはり学生向きのお店のようで、飲み放題メニューには、「一気飲み禁止」とか、
「店で嘔吐された場合はクリーニング代として5000円・・・」とか書かれてました・・・

「うーむ、嘔吐で5000円なら、お漏らしとかしたら、いったいどうなるんやろ・・・」
「そうそう、最近おしっこの切れも悪くなってるしなあ・・・」

と、このグループでは健康の話題が中心でしたが、いざ飲み放題となると、ついつい学生時代に戻り、
ふだんはお高くて飲めないカクテルなんぞをラストオーダーまで次々と注文、結局へろへろになって、
またまた記念品の手拭なんぞを忘れるやつが続出・・・



って、キミたちねえ・・・5年前にも書いたけどねえ・・・




まったく進歩とゆーものがないんかいっ!!!




そう、進歩したわたくしは、一度は失くした手拭もしっかりと・・・(S本さんに探してもらって・・・)

DSCN5628



ええ、どうやって大阪まで持ち帰ったのかは、まったく覚えてましぇんが・・・






m98k at 22:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年08月05日

大阪城ポタ案(業務連絡)

(期間限定のお知らせ) 2015秋・ボルネオ植林ボランティアツアーへのお誘い記事はこちらです。


すみません。

今回はいちおーwingさん赤チャリさん青チャリさんに向けた業務連絡記事です。

ま、リンク先をクリックしていただくと、何を企んでるかは容易にわかりますが・・・げひげひ



昼ポタ案16km(Y'sロード物欲ツアー付き)




夜ポタ案5.5km(ライト必携)




ついでに赤チャリさん専用・昼ロングライド案(片道だけで52km)





夜ポタ後に飲みたい方は、輪行袋か運転手付き送迎車をお忘れなく・・・じゅるじゅる

DSCN5231





m98k at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年03月03日

ついに開設10周年!!!



当ブログサイト「趣味の物置小屋98k」は、

本日2015年3月3日をもって不人気により店じまい、ではなく、


開設10周年を迎えることができました!!! ぱちぱちぱち



まさに奇跡とゆーか、自分でも信じられないとゆーか、まさか10年も続くとは思ってませんでした。

わたくし飽きっぽい性格で、なんでもちょっとかじっただけで「がはは、もうこの道は究めたぞっ!!!」と、
すぐに他のものに興味が移るんですが、10年も続けてきて、あらためて実感してるんですが、
ブログで日記を書くとゆーことは、自分だけの世界でわがまま好き勝手にやってるつもりでも、
あくまで相手方があっての行為なんですね。

それなりに読んでくれる人もいて、コメントのやりとりやOFF会などで意気投合したりすると、
親しい友人と遊んだり議論したりするのと同じ充実感があるので、長く続けてきたような気がします。
実際にOFFで親しくお付き合いさせてもらってる方々もおられますし・・・たとえ相手方は迷惑でも・・・

また、キーワード検索で来られる多くの方々とも、趣味では何らかのつながりがあるわけで、
(よく検索で来られる「イナバ物置」とは、残念ながらつながりはありませんが・・・)
やはり意識の中では検索で来られる方たちも視野に入れて、少しはためになる記事を書こう・・・
とゆー気持ちも芽生えている・・・としたら大きな進化・・・なんですが・・・へらへら



おかげさまで10年間の総アクセス数(PV数)は170万を超え、公開記事数は1,125、いただいたコメントも、
すでに7,000以上になってます。(ま、半分近くはわたくしの返信なんでしょうが・・・)
単純平均すれば月14,000ほどのアクセス、月9本ほどの記事、月60件ほどのコメントになりますね。


これもひとえに皆様のご愛読とわたくしの才能の賜物、あらためて感謝申し上げる次第です。ぺこぺこ


ともかく10年、とりあえず10年、されど10年、わずか10年、はや10年、いろんな思いはありますが、
なにせ10年ひと昔、確かに10年前と較べると、わたくし自身もかなり変化したかも知れません。

みなさんもこの10年間の変化や思いなんぞを、よかったらコメント欄へお願いしますね。
ええ、思い出話に花を咲かせ、せめて冥途への手土産に・・・げほげほ・・・




とまあ、こんなサイトですが、これからもぼちぼち続けたいと思ってますので、

てきとーにお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。



                          趣味の物置小屋98kスタッフ一同
DSCN4263

ありがたや、ありがたや・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・境界領域・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








とゆー次第で、いよいよ待ちに待った・・・



ブログ開設10周年記念・大プレゼントをもらう企画!!!




のはじまり、はじまり・・・げひげひ



今回は抽選で、まだ500kmしか走ってない新車同様のスバルXV2015年モデルをどどんと・・・
プレゼントするはずもなく・・・

そう、このサイトでは恒例の・・・
わたくしがみなさんから特別にプレゼントをもらってあげようとゆー有難い企画をですね・・・べひべひ



ただし前回の「10万アクセス記念・大プレゼントをもらう企画」の際には、処分に困ったガラクタなんぞも、
一緒に送りつけてきた輩もいたので(G3さん、元気?)、今回はわたくしからの希望をきっぱりと指定しようかと・・・

そうだなぁ・・・何がいいかなぁ・・・クルマは買ったばかりで、すっかりお気に入りだしなぁ・・・

クルマのアクセサリー類やパーツ類はどうかなぁ・・・
でもどーせ古タイヤとか使用済エンジンオイルとか送りつけられるんだろうなぁ・・・
廃車そのものを自宅前に乗り捨てられ「パーツ取り用プレゼントです。げひげひ」とか書かれてたりして・・・

思い切って豪華別荘なんぞを指定してみるか・・・
ま、登攀用具でもない限り到達できない秘境とか、ワープ航法でしか行けない星雲とかになるんだろうな・・・

さらにアウトドア用品を指定しても、処分に困ったガラクタばかりが集まるだろうし・・・

ライトモダーのみなさんに高級MODライトを指定すれば・・・
失敗作で自分では怖くて触れなくなったやつを「危険物」扱いで送ってくるか・・・ううっ

食べ物は・・・賞味期限切れどころか、ヘタすると「危険物」レベルのやつさえ届きそうだし・・・

ま、ほんとに欲しいのは、不摂生してても健康に暮らせる「不老不死のクスリ」なんだけど・・・
って書いたら、間違いなく正体不明の液体や怪しい劇薬が送られてくるだろうし・・・


うぎゅぎゅぎゅ・・・やはり濡れ手にアワとゆーわけにはいかないか・・・ぶつぶつ・・・ぶつよくぶつよく・・・


仕方ないので、今回はわたくしの処分に困ってる高級カヤック類を特別価格で
提供することにしましょうかね・・・

ソロのポリ艇が2艇、やはりソロのファルトボートが2艇、タンデムのインフレータブルカヤックが2艇で、
屋外で色褪せぬこさんの棲家になってたり、アルミフレームは曲がりウッドフレームは折れスキンは裂け、
ハイパロンゴムはべちょべちょにくっついて・・・とゆーよーなことはない・・・といえば不当表示になる・・・
とまではいえないやつも・・・なかにはある・・・かも知れない・・・

つーことで、ほんとに興味のある方で、大阪までクルマで取りに来ることができる方はご一報ください。
高額で特別価格で提供させてただきまっせ!!! げひげひ



m98k at 03:03|PermalinkComments(12)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック