カメラ・映像・音楽

2019年04月22日

昆虫撮影テクニックとか・・・

とーとつですが・・・

最近、昆虫撮影に興味を持たれた方が何人かおられるようですので・・・


まずは・・・

DSCN2156

「(デジタルカメラによる)海野和男の昆虫撮影テクニック 改訂増補版」
海野和男著 2014年5月30日 誠文堂新光社刊
とゆー実用書のご紹介であります。




例によって目次だけ・・・(クリックすると拡大します)

DSCN2158



DSCN2159

ひとくちに昆虫撮影といっても、じつにいろんなテクニックがあるんですねえ・・・

ちなみに昆虫撮影では、フルサイズの一眼レフだけでなく、小さなセンサーのミラーレスや、さらに
センサーの小さなコンデジも、被写体に応じて様々に使い分けるとのことでした。ふむふむ

またフィルムカメラの時代、昆虫撮影は高度な知識・機材・経験を要するプロの世界だったけど、
デジタル時代になってからは進歩も早く、ずっと簡単に撮れるようになった・・・とも書かれてましたが、
そーいやわたくし、フィルム時代に昆虫を撮ろうと思ったことは一度もありませんでしたね。

やがて安物コンデジを使うようになり、簡単に接写やマクロ撮影ができるようになってからも、
たまに花なんぞのクローズアップを撮ることはあっても、昆虫撮影には興味がないままでした。
ま、この本をナナメ読みしてフラッシュライトなどと同じく、沼にハマる世界だと納得しましたが・・・

そう、じつは昆虫好き(だった?)うちの奥様が一昨年、オリンパスOM-D E-M1 MarkⅡを買った際に
合わせて購入してた本だったのでありますね。
で、カメラと同じく買っただけで満足してたようで、本の整理をしてたら新品のまま出てきたとか・・・




つーことで同時に出てきた、もう一冊(やはり新品の)撮影テクニック本もご紹介・・・

DSCN2162


DSCN2161

「(世界一わかりやすい)デジタル一眼レフカメラと写真の教科書 改訂版」
中井精也著 2014年12月1日 インプレス刊であります。



こちらも目次だけ・・・

DSCN2163

中井精也さんのTV番組は、食べ物をじつに美味しそうに食べるので大好きなんですが
まず何をどう撮るか、があり、そのための一眼レフの設定の仕方などのテクニックについて
初心者向けに書かれた入門書ですが、それなりのマニアでもおさらいには最適でしょう。

ちなみに、こちらの本の監修はNikon College、とーぜんニコンのデジイチがメインになってますが、
他のデジイチやミラーレス、コンデジでも使えそうなワザもいっぱい載ってました。

ま、こちらもナナメ読みしただけですが、今のデジイチは、いろんな撮り方や設定が素早く、
自分の思いどおりにできるようになってるんですね。
ただし、それなりに使い方をマスターすれば、のハナシなんですが・・・


どちらも入門書とはいえプロの裏ワザも満載なので興味のある方はご一読を・・・
ただまあ、わたくしには殆ど役立つことはないのではないかと・・・
そう、わたくしがすでにプロ並みの技術と知識を有しているから・・・ではもちろんなく、
安物コンデジでも使えるワザとかもあったけど、他の機器の操作と同じで、まず覚えられないし、
ふと思い出して簡単な設定を変えるだけでも、今はめんどーになってますからね・・・あははは





ぐだぐだとP.S

人に感動をもたらす一枚、あるいはお気に入りの一枚を撮るためには、以前にも書いたとおり、
まず本人の感性・センスだと思ってますが、その上で、ある程度の努力も必要・・・

たまたま素晴らしい一枚が撮れた経験は誰にでもあるでしょうが、自分の感性・センスをそのまま、
写真作品にしたいと思えば、他の創作活動と同様の技術や工夫、機材もそれなりに必要ですし、
さらにそれらを駆使して、時間と労力をかけることが重要になってきます。

今回紹介したようなプロの写真家の場合は、まさにそのために全てを捧げておられるのでしょうが、
アマチュアの場合、素晴らしい感性やセンスを持っていても、どこまで時間と労力(とカネ)をかけるか、
つーことが大きな問題になってきます。ま、プロでも「せめぎあい」はあるんでしょうが・・・

たとえばアウトドアに出かける際、写真を撮ることがメインであったとしても、やはりせっかくなので
山頂も目指したいし、キャンプ宴会も楽しみたい、さらには温泉も家族サービスも・・・
とかなってくるので、みなさん「せめぎあって」おられるのではないでしょうか・・・

ま、今のわたくしはアウトドアでも完全に宴会がメインになってますので、撮影に時間をかけたり、
重い撮影機材を持ち歩くことは皆無ですが(って、そもそも、そんなの持ってませんが・・・)、
ならばスマホで(って、スマホも持ってませんが)、お気楽なスナップ写真だけでいい・・・
とゆーところまでは割り切れず、安物コンデジにも決して満足はしていない・・・のですが、
昆虫撮影の沼にハマるようなことはまずないだろうし、簡単な設定変更さえめんどーだし・・・

ま、とりあえずG7XがMarkⅢになって、少しでも小型軽量になれば機種更新してみるか・・・
そーいや、昔はG7を持ってた時期もあって、あの絵作りは好みだったものなあ・・・
でも最短撮影距離はあまり変わらないだろうし、防塵防滴にもならないだろうし・・・
さらにバリアングル液晶のままだと厚みもそれなりにあるだろうし・・・
でもG9Xだと新しくなってもズーム域やレンズの明るさが・・・
それにダイヤル操作以外で深層まで入って設定変更するのもめんどーだし・・・ぐだぐだぐだ・・・




m98k at 19:22|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年02月02日

インスタマチックとディスク!!!

2月2日になったことだし・・・新?コンパクト・カメラを2台ご紹介・・・


まずは・・・

DSCN1160



DSCN1161

コダックEASTMAN KODAKのポケット・インスタマチックpoket INSTAMATIC 40であります。





DSCN1158

こちらが軍艦部(上部)で青いのがシャッター、フォーカスは1m~2mと2m~∞の二段切り替え。
中央の穴はマジキューブとゆー4面発光の使い切りフラッシュバルブを装着するためのもの・・・





DSCN1159

本革風の底部(下部)・・・左が巻き上げレバーで三脚穴も付いてます。




DSCN1162

110フィルム・カートリッジをポンと入れて、下部のレバーをスライドすれば巻き上げ完了。
あとはシャッターボタンを押すだけで撮影後の巻き戻しも不要、じつに画期的なメカです!!!




DSCN1163


DSCN1164

誇らしげなMADE IN USAの刻印!!!

ウィキによると1970年代から80年代にかけて普及したそうで、いわゆるワンテンカメラの走りですね。



いっぽうこちらは、さらに新機軸の・・・

DSCN1165




DSCN1166

KODAK DISK4000 camera、珍しいディスクカメラであります。

デザインが未来的で今でも新鮮ですね。






DSCN1167

やはり誇らしげなMADE IN USA刻印のある裏ブタを開けて・・・





DSCN1169



DSCN1170

こちらも円形のフロッピーディスクフィルムをポンと入れるだけ・・・

あとは内臓のリチウム電池!!!によりディスクがモーターで回転する仕組み、とーぜん巻き戻しも不要、
ストロボやシャッターも電動式で、まさに最新テクノロジー製品だったのであります!!!

ま、ウィキによると、普及していた110フィルムより画質が悪く、撮影枚数も15枚と少なかったため、
僅か数年で姿を消したそうなので、こちらは希少品といえば希少品でありますね。
「なつかしカメラ館」とかに寄贈しようかな・・・
ちなみにロール(巻き取り)式ではなくディスク式なのでフィルムの平面性は高かったようです。
さらに当時のリチウム電池は自宅での交換なんぞはできなかったそうです。

いずれも今は専用のカートリッジやディスク自体が生産されてないので使えませんが・・・

そう、年明けから身辺整理させられしてて、つい先ほど出てきた奥様のカメラたちであります。

わたくしは70年代になっても35mmモノクロフィルム(主にコダック・トライX)長尺缶を愛用してて、
使い古しのパトローネに、ちまちまと詰め替えてはキャノンFTなんぞに使ってました。
何せ当時のカラーフィルム現像・引き伸ばしは温度管理が大変だったし高価でしたからねえ・・・




m98k at 12:22|PermalinkComments(2) mixiチェック

2017年09月20日

なにわブルースフェスティバル2017!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。
③8月1日から一ヶ月半、2017夏「トスカーナの休日」記事を連載しています。



とーとつですが、9月17日に「なにわブルースフェスティバル2017」に行ってきました!!!




じゃーん

DSCN5565

って、このポスター写真、よく見ると南海・汐見橋駅のホームでの撮影ですね・・・

大阪市内にある始発駅でありながら1時間に2本しか電車がないとゆー渋い駅・・・
しかも渋いベンチに座ってる、渋いブルース・ギタリストは今年3月まで現役だった浪速区長・・・
そう、ブルース好きの彼の肝いりで数年前から始まったフェスティバルなのでありますね。

大阪市浪速区も範囲に入る天王寺も含めたミナミ一帯は、こてこて大阪ブルースの発祥の地でもあり、
まさにぴったりのフェスティバル・・・


もちろん会場は・・・

DSCN5555

2002年のこけら落としに世界の超一流ブルース・ミュージシャンらを招いた、なんばHatch!!!
あの時は観客席にも関西ブルース・シーンを代表するミュージシャンが大勢来てたなあ・・・
いやあ懐かしいなあ・・・あれからもう15年になるのか・・・げほげほ



と、とりあえずホールへ・・・

DSCN5552




DSCN5554

この日は台風18号で開催が危ぶまれていたのですが、午後になって開催が決定しました。ほっ





ホールのロビーでは・・・

BlogPaint

ナオユキさんの一人ライブが始まってました。



ロビーにはいろんなポスターが貼ってありましたが・・・

DSCN5561

こちらは出演者といい会場といい、なかなか渋そうです・・・



とまあ、開演までのあいだ、とりあえず・・・

DSCN5558



DSCN5559

ブルース好きの仲間と乾杯であります。ぷしゅ、んぐんぐんぐ、ぷはぁ




豪華な出演者を再掲・・・

DSCN5566

わたくしは17日の公演でしたが、ロックも含めたオールスターキャストで、まあよく集まったもんです。

有山さん金子さん木村さんといった大御所はもちろん、女性ヴォーカルも大好きなわたくし、特に
大西ユカリさん率いる「ロックかしまし三人娘」と「ORESKABAND」にすっかりハマってしまいました。
それと幕間にもやってたナオユキさんの一人ラップ語りとゆーのか・・・わたくしははじめてでしたが、
まさに琴線に触れたとゆーか、こちらにもすっかりハマりました。


ともかく中味が濃くて、ぴったり5時の開演から正味5時間半、びっちり、こてこてでした・・・
最後のステージ準備では、一体何本マイクをセットするんや・・・とか思ってると、なんと、出演者全員で
有山さんの「梅田からナンバまで」を演奏・熱唱・大合唱!!! じつに楽しいフィナーレでした。


もちろん公演中は撮影禁止なので、こちらは開演前の様子・・・

DSCN5562

このホール、一階席は基本スタンディングなんですが、今回は指定席になってて助かりました。

そう、さすがに5時間半も立ちっぱなしとゆーのは、このトシではねえ・・・げほげほ
まあ立ち呑みとかキャンプ宴会では、今でもちょくちょくやってるけど・・・げひげひ

と・・・

大阪のブルースシーンの定番として定着して欲しい、素晴らしいフェスティバルでした。





m98k at 00:20|PermalinkComments(0) mixiチェック

2017年08月22日

トスカーナ紀行8 コンサート!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。
②日程が重なりますが2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。



リボルノへのピクニックから帰って、わたくしがまったりとしているあいだに・・・

DSCF5240

ローリスさんは菜園でフルーツの収穫とかを・・・




DSCF5247

マルタさんは台所でパスタの準備とかをされてました。ありがとうございます。ぺこぺこ



で・・・

DSCF5241





DSCF5250

マルタさんのおいしいアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ・スパゲティ・・・
・・・に、さらにオリーブオイルとチーズをたっぷりとかけて・・・
って、ペペロンチーノにもチーズをかけるんですね・・・



と、

DSCF5252

夕食のスタートであります。




ま、この日は事情があって・・・

DSCN3169

昨夜の残り物なんぞで・・・


DSCN3170

パスタの後は比較的短時間で済ませました。




DSCN3171

って、それでも2時間近くは食べ続け、飲み続けてましたが・・・



そう、この日は夕食後に・・・

DSCF5262

クリくんのクルマでアルトパーショへ連れて行ってもらったのであります。




DSCF5268

踏切にはちゃんと遮断機があったんですね。まったく気づきませんでした。




DSCF5271 (2)


DSCN3180

いったん旧市街へ入ります・・・




DSCF5273



DSCF5274




DSCF5272 (2)

ポタリング時には気づかなかったけど、コインランドリーのドアの絵まで凝ってますね・・・




で、いったん旧市街を抜け・・・

DSCF5283

新市街を廻って・・・





DSCF5282

この新しい「プッチーニ劇場」も、ポタリング時には気づきませんでした。



カーショップの前・・・

DSCF5279






DSCF5280

アレくん、どどんと買っちゃいましょう!!!




別の門から旧市街のOspitalieri広場に入ると・・・

DSCN3181

コンサート会場であります。



そう・・・

DSCF5314

この日は21時15分から無料のコンサートが開催されるのであります。
って、平日の9時を過ぎて開演というのは日本では考えられませんが、イタリアでは普通なんですね。

ちなみに、この「Ospitalieri広場」というのは・・・
ヨーロッパでも最古といわれる「タウ騎士団」(Order of Saint James of Altopascio)の本拠地・・・
だったんでしょうか???
アレくん、見てたら、またメールで教えてね!!!


閑話休題



以下、音声なしの画像だけですので、さくさくっとご紹介・・・

DSCN3196

主催者の簡単な挨拶があり・・・




DSCN3198

まずはピアノ独奏から・・・




続いて・・・

DSCN3200

ギター独奏・・・






DSCN3204

ピアノ伴奏によるバイオリンの独奏・・・






DSCN3208

フルートとギターの合奏・・・







DSCN3211

フルートの二重奏・・・





DSCN3214

再びピアノ伴奏によるバイオリン独奏・・・





で、いよいよ・・・

DSCN3217

アレくんのピアノ独奏!!!

そう、以前も書きましたが彼はピアニストで、ふだんは子どもたちに教えたりしてるのですが、
この夜は出演者の一人だったのであります。ブラボー!!! ぱちぱちぱち   




と、この後は・・・

DSCN3221

アコーデオンの独奏に続き・・・





DSCN3223

ピアノ伴奏の譜めくりでも活躍してました。




平日の夜遅くだというのに・・・

DSCF5328

広場は立ち見が出るほどの盛況でした。



で、クラッシックの第一部が終わり、第二部はジャズ・・・

DSCN3225

どちらかというと、わたくしはジャズのほうが好みなのですが、朝から地中海をエルバ島まで泳いで
疲れてたし、なにせ開演が遅く終演まで聴くと深夜になるので、一曲目で中座しました。




DSCF5342


DSCF5343

夜のアルトパーショも静かで風情がありましたねえ・・・

と、翌日は早朝から鉄道でフィレンツェに向かいます。

(次号に続きます。)




m98k at 21:28|PermalinkComments(0) mixiチェック

2017年06月23日

想い出のあの歌・・・

想い出のあの歌・・・

先週めずらしく、関西二期会主催のコンサートに行ってきました。

DSCN1388

今年でもう20回目になるそうですが、わたくしははじめて・・・





当夜の出演者のみなさん・・・

DSCN1392






会場のいずみホール・・・

BlogPaint

公演中は撮影禁止なので、終演後に・・・ちなみに公演中はほぼ満席でした。





で、当日の演目・・・

DSCN1391




DSCN1390

全37曲・・・
オペラなんて行ったことないけど、おなじみの歌ばかりつーのはいいですね。

特にわたくし、第1部18曲目の「幸福を売る男」がじつにひさしぶりで琴線に触れました。うるうる

みなさんの琴線に触れるような「想い出の歌」はありましたでしょうか・・・




m98k at 00:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0) mixiチェック