書斎

2018年08月15日

知ってはいけない・・・

本日は終戦記念日・・・つーことで、まあ・・・

読売テレビ「そこまで言って委員会N.P」8月12日放送分でも内容の一部が紹介されてましたが・・・
(ちなみに番組には「トモダチ作戦」の立案者の一人、ロバート・エルドリッヂ氏も出演されてて、
8月20日までならネットで無料視聴できるようなので、よければこちらも・・・)


「知ってはいけない~隠された日本支配の構造~」とゆー本のご紹介であります。

DSCN7767

矢部宏治著 講談社現代新書2439 2017年8月20日発行・・・



例によって目次だけ・・・

DSCN7768



DSCN7769

ちなみに政治的な議論を当お気楽サイトでするつもりは一切ありませんので念のため・・・
(もちろん各章のタイトルも著者の見解です。)

遥か昔の学生時代、やりたかった軍事史のゼミがなかったので政治史のゼミを選択したわたくしですが、
社会人になってからは戦後の政治史などとはすっかり離れてました。

で、昔から何となく「ごっちゃ」になってた部分が、順を追ってキーワードで整理して書かれてあると、
一部ですが何となく「すっきり」した気分になった次第で、わたくしはけっこう興味深く読めました。

ちなみに本書に紹介されてた講談社のウェブサイトでも、一部の立ち読みなどができるようです。
http://goo.gl/EZij2e  ま、興味のある方はこちらも・・・



以下、日米関係の気になった部分だけですが、わたくしの読後のメモ書きから・・・

・旧安保条約
・日米地位協定
・日米合同委員会

・ライス国務長官の独白
太平洋軍司令官は植民地総督で政府間の外交政策と軍事政策をぶち壊してしまう。

・本書による(条文上の)歴史的な流れ

大西洋憲章(1941年8月 米英2か国)

連合国共同宣言(1942年1月 26か国)

ダンバートン・オークス提案(1944年10月 米英ソ中4か国)⇒国連憲章の原案

国連憲章(1945年6月 50か国)

日本国憲法草案(1946年2月 GHQ原案)

日本国憲法公布(1946年11月)同施行(1947年5月)
(ここまでの内容は全て連合国軍(=国連軍)による武力支配が前提)

朝鮮戦争が勃発し、その前提が覆る

サンフランシスコ講和条約(1951年9月 共産圏等を除く49か国が署名 日米安保条約とセット)

同条約発効・独立(1952年4月)

安保法体系 吉田・アチソン交換公文
日米合同委員会 日米安全保障協議委員会
(基地権密約 裁判権密約 指揮権密約・・・等々・・・)

・上記各条文の英文原文でのピープルとネイションとステイトの違いが重要

・地域限定の二国間条約である日米安保条約で集団的自衛権はあり得ない。
米軍が集団的自衛権に基づく相互防衛条約を締結しているのはリオ条約(中米・南米)と、
NATO条約(ヨーロッパ)のみで、それ以外はすべて個別的自衛権である。
(こちらも本書の見解ですが興味深いですね。)

・本書の最後にあった(9条3項・加憲案が発表されてからの)「追記」より・・・

憲法9条はもともと国連憲章(国連軍)とセット
ダレスにより(朝鮮戦争により)独立後は安保条約(プラス密約)とセットに
そのままで自衛隊を「加憲」すれば「米軍による日本の軍事利用体制」の完成

「いま、すべての人が、すべてのポジション・トークを一度やめて、遠く離れた場所
(沖縄、福島、自衛隊の最前線)で大きな矛盾に苦しむ人たちの声に真摯に耳を傾け、
あくまで事実に基づいて(第七章)、根本的な議論を行うときにきていると私は考えます。」

つーことで著者は「粘り強く平和裡に(米国に)改正を求めていくべき」との立場なんでしょうが、

はてさて・・・




m98k at 08:15|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年08月13日

BE-PAL9月号と・・・


ついつい買ったビーパルBE-PAL9月号と・・・そのおまけのご紹介であります!!!


じゃーん

DSCN9753

特集は「ウルトラライトな山登り入門」!!!

ええ、ウルトラライトなアイテムがいっぱい紹介されてたので・・・
わたくしも体力の落ちた分だけ軽量装備を整えて、担いで行くキャンプ宴会を再開しよう・・・
といった気持ちから・・・ではさらさらなく・・・



とーぜん、こちらに目が行ってしまい・・・

DSCN9754




DSCN9756

ついつい衝動買いしてしまった次第・・・




ま、こちらの道の駅や最新eバイク特集にも興味があったのですが・・・

DSCN9755

って、まったく担いで歩くつもりがありませんね・・・あははは




と、まずはメインの特別付録であります・・・

DSCN9757

シェラデザインズのマウンテンパーカが発売されて今年で50年になるんですね・・・
ま、50年間ずっと高級品だったので、わたくしは一度も手にしたことがありませんが、
ベースになった米軍のM65フィールドジャケットは50年ちかく愛用してました。



で、こちらが本題の50周年記念ミニ・シェラカップ・・・

DSCN9758

満水で140ccと小型ですが目盛りもあって直火可能なので、それなりに使えそうです。
酒を温めたり鍋物や焼き肉、つまみの取り皿にしたり・・・って、宴会シーンしか思い浮かばんな・・・






DSCN9759

リッド(縁)にワイヤーを巻いた本格的な作りの(重い)ステンレス製カップであります。





DSCN9763

左は大きさ比較用のトルクのガラホ・・・





DSCN9767

まあ、この浅さでは、やはり取り皿か「盃」としての使用がメインになるか・・・




おまけで付いてた雑誌の目次であります。

DSCN9768



DSCN9769

総重量1.6kg前後つーのは確かに魅力ですね・・・




DSCN9770

ひさしぶりのシェルパ斎藤氏、野田知佑氏、サラリーマン転覆隊などの記事が懐かしかったです。

75歳になった野田知佑氏「これが最後になるだろう」とかで、ユーコン川の700kmを24日かけて、
はじめて筏で下られたんですね・・・わたくしもまだまだ、がむばらねば・・・げほげほ・・・

ちなみに次号の特別付録は「モンベル寝袋型マルチケース」!!!だとか・・・じゅるじゅる・・・



m98k at 00:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月04日

おクジラさま・・・

前回記事に続き「晴漕雨読」の日々・・・
つーか、今週は雨と宴会が続いてるので「雨読のち暴飲暴食」ばかりですが・・・

おクジラさま~ふたつの正義の物語~(単行本)のご紹介であります。独立記念日だし・・・

DSCN7472

佐々木芽生著 集英社2017年8月30日発行。

映画監督・プロデューサーである著者が制作した同タイトルのドキュメンタリー映画の公開に合わせて、
出版されたものですが、わたくし映画作品の方はまだ観てません。



恒例により目次のみのご紹介

DSCN7477




DSCN7474

まずは、著者がこの映画の製作を決意した経過が書かれてました。

著者が映画「ザ・コーブThe Cove」を見たとき、その制作者の姿勢に違和感を持っていたけど、
同作品がアカデミー賞を受賞したとき、その虚偽表現について発信したのは太地町の町長だけで、
あとの批判はナショナリズムを煽る捕鯨文化論やドキュメンタリー映画のあり方論ばかりだった・・・

あれはドキュメンタリーではないとか、隠し撮りしていたとか、そんなことは大した問題ではないのに、
それを理由に日本でこの映画を批判する人々の多くが最後まで見ていない。

なぜ無理な演出や事実誤認を製作者に正式に抗議する人がいなかったのか。
国際社会で公に抗議していればアカデミー賞を受賞することも、世界中に歪められたメッセージが
拡がることもなかったはず。

このままでは偏見や憎しみ、対立だけが深まるばかりなので、このテーマをきちんと掘り下げて、
海外に向けて発信するには、同じドキュメンタリーが最適・・・

と映画の制作を決意されたようです。


表紙カバーにあった著者紹介・・・

DSCN7476

これまで捕鯨問題に関して(英語圏では)反捕鯨を唱える環境保護団体からの情報しかなかったので、
両方の主張をバランスよく伝えることが重要と考えた著者は、できる限り両者の目の前で取材しようと
努力されたようですが、これがけっこう大変だったようです。



以下、本文にあった賛否両論など、わたくしのてきとーなメモ書きです。

・海洋資源や陸の資源をどうやって持続的に利用するか。
クジラについては科学的な問題も法的な問題も解決している。
持続的利用が可能な技術もすでに達成されている。

・アラスカのイヌイットが獲るホッキョククジラ(7800頭のうち5年間で280頭)の生息数は少なく、
日本が要求していたミンククジラ(25000頭のうち5年間で50頭)はさらに増えている。

・(商業捕鯨は)商業である以上は必ず暴走する、乱獲する、環境破壊する。

・ヨーロッパでは奴隷制度や闘牛やキツネ狩りという伝統もやめた。
切腹や鉄漿をやめた日本人は捕鯨という伝統もやめられるはず。

・子牛や子羊を食べるあなたに人道性はあるのか。

・動物の殺戮映像は捕鯨のみが流される。

・ほとんどの日本人はイルカを食べないし食べたいとも思っていない。
太地町は国益を損なうイルカ漁を即廃止すべき。

・日本政府の南極海での調査捕鯨へのこだわり
科学や資源の持続的利用とどこまで関係があるのか。

・商業捕鯨を再開するなら南極海の調査捕鯨をやめて沿岸捕鯨を目指した方が有益で、
資源の持続的利用という目的にも適っている。地域の伝統も守れる。
需要の少ない鯨肉のために巨額の補助金を投入して南極に出向く必要はないのではないか。

・クジラとイルカは全く同じ鯨類、大きさで一応区分してるが80種以上存在し、定義もあいまい、
その中には絶滅危惧種もあれば、すでに充分な個体数に達している種もある。

・アメリカに長く住む日本人である著者と、日本に長く住むアメリカ人であるジェイ・アラバスターのちがい

・旧約聖書が生まれた厳しい世界では「神の姿に似せて作られた人間は、すべての動物を自由に殺して
食べたり利用していい。」とのお墨付きが必要だった。
「感謝」という気持ちが生まれてくるほど豊かな自然に恵まれていた日本とは異なる世界観

・ユダヤ人とギリシャ人の思想を統一したのがトマス・アクィナスで人間中心の世界観がカトリックで定着。

・2015年4月、世界動物園水族館協会WAZAが日本動物園水族館協会JAZAに突きつけた通告

・広西チワン族自治区にある玉林市(ユリン市)の犬肉祭
著者はできれば犬は食べて欲しくないと感じてしまった。

・クジラやイルカを大量に食べる太地町の人たちは、なぜ水俣病にならず健康で長寿なのか。
金属水銀 
無機水銀(硫化水銀)顔料・塗料・朱肉など、短期間で排出される
有機水銀
セレンとの関係

・CASアメリカにある化学物質の登録機関
20世紀初めには12000種ほど
1999年のNHK「世紀を越えて」の取材時には2000倍の2000万種になってた。
2015年6月には1億種目が登録されていた。
環境破壊の加害者は、もう水俣病のように特定することはできない。
加害者は先進国で電化製品に囲まれ大量のモノや食料を持て余して捨てながら暮らしている、
我々そのもの・・・

・テディベア 駆除すべき猛獣が愛すべき友達になった例

・鯨は生き物ではなく産業革命やアメリカを支えた産業資源だった。
1960年には日本が世界一の捕鯨国に
1964年から1967年まで「わんぱくフリッパー」TV放映
1971年、グリーンピースがアムチトカの核実験を阻止
1972年 商業捕鯨モラトリアム クジラが環境保護運動のシンボルに

・アメリカ広告業界にある「クライシスPR」という専門分野

・歴史も価値観も違う世界中の国を巻き込んで、国際社会がある特定の生き物だけを守ろうとすれば、
それは政治問題に発展し対立が起きかねない。

・肉を食べなければ、それで動物が救われるわけではない。

・太地町には移民の歴史があるので、以前は外国人に対してとてもオープンな町だった。

・現在の太地町の「森浦湾・鯨の海構想」

・EU離脱に投票した人たちやドナルド・トランプに投票した人たち
もし太地町で取材していなければ、彼らに怒りを感じ、その無知を嘆いたかもしれない。
世界の変化(グローバリズム)に戸惑い、自分たちがこれまで必死に守ってきた仕事や生活、
アイデンティティが脅かされている人々は、太地の漁師たちの不安と怒りに重なったから。

・私が太地での衝突で学んだことは「正義の反対は悪ではなく別の正義」だということだった。


などなど・・・


わたくしも著者にならい賛否についての思いはあえて書きませんが、著者も書いておられたとおり、
最近は捕鯨問題について報道されることが少ないので、とてもいい機会でした。

まあ・・・
日本人はクジラやイルカを家畜化して(養殖して)それだけを食べます。
みなさんが家畜化されたウシやブタやトリやヒツジは今後一切食べません。
つーのなら、世界に発信してもインパクトがある・・・とは思いますが・・・はてさて・・・



m98k at 23:23|PermalinkComments(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月30日

別冊新評「筒井康隆の世界」


「晴耕雨読」ならぬ「晴漕雨ネト」(晴天なら自転車漕いでから暴飲暴食、雨ならずっとネットで暴飲暴食)

・・・と、明るく健康的な日々を過ごしている98kさん・・・なんですが・・・

今年の梅雨シーズンは珍しく「晴漕雨読」(もちろん暴飲暴食付きですが)もしてました。

で、そのうちの一冊・・・


別冊新評「筒井康隆の世界」・・・であります。

DSCN7758

昭和51年7月10日・新評社発行・・・そう、42年前の雑誌です。



例によって目次だけ・・・

DSCN7760

って、広告が懐かしいですね・・・暖かく響き合うお中元・・・かぁ・・・




せっかくなので、折り込みの目次を開く前に・・・

DSCN7761

住友銀行とか三和銀行とかも・・・いざというとき、やっぱり信用・・・かぁ・・・





で、折り込み見開きの目次であります・・・

DSCN7763


DSCN7764


DSCN7765


DSCN7762

そして目次裏の三井銀行とか・・・明日をたしかに・・・かぁ・・・




で、上記「素顔の筒井康隆」グラビア特集の中の一枚だけご紹介・・・

DSCN7766

前年に神戸で開催された、SHINCON・第14回日本SF大会での山下洋輔氏との共演!!!




ちなみにこちらが・・・

DSCN5555

当日のオフィシャル・プログラム・ブック・・・こちらは43年前ですね・・・うるうる・・・


この別冊新評は刊行当時にも購入してるはずなので、実家の書棚を探せば出てくるんでしょうが、
過日、古本屋さんにお安く並んでたので、ついつい衝動買いして一気に読んでしまった次第。

ま、どの記事もいっこうに思い出せませんでしたが・・・

わたくし、古本屋さんでぺらぺらと立ち読みして「これはまだ読んでなかったな・・・」と買って帰り、
読み進むうちに以前買ったものと気づくことはよくあるのですが、こちらは最後まで新鮮なままでした。
ちなみに最近はテレビ番組(再放送)の録画でも同じようなことが増えてます・・・あははは



で、それぞれの記事の紹介や感想なんぞを書き出せばキリがありませんが・・・

二月の京都の街を筒井康隆氏、山下洋輔氏と三人で夜明けまで飲み歩いた時の様子を綴った、
浅川マキさんのエッセイが、いかにも彼女らしく気だるげで印象的でした。

また、いくつかの記事の中で「最近タモリという面白い若者に会った」とゆー話が出てましたが、
まだ当時は福岡と東京でのライブから、各地でのライブを始めたばかりだったはず・・・

わたくしもSF研の仲間に誘ってもらい、吉本終演後の旧なんば花月での一夜だけのライブを
初めて見て、その毒に満ちたギャグとセンスに驚愕し、延々と笑い続けて苦しくなったのですが、
あまりにマニアックで毒が強すぎるので、彼がテレビに出ることなんか絶対にないよね、とか、
帰りがけに話し合ってたことを思い出しました。時代の流れつーか、まさに感慨無量ですね・・・

さらに目次にあるとおり、当時活躍中の方はもちろん、当時は新進気鋭だった方も執筆されてて、
その若手の中でも何人かの方が、ここ数年の間に物故者になられてるので、楽しく読んでる際に
そのことをふと思い出したりすると、こちらも感慨無量になりました・・・

もちろん筒井康隆氏ご本人をはじめ、現在さらに活躍されてる方も多くおられますし、今はネットで、
比較的容易に楽しむこともできるのですが、やはり当時の雑誌を手にすると新鮮に感じますね。

これを機会に実家にあるSFマガジンのバックナンバー(ただし200号まで)なんぞも読み返そうかな・・・

そう、清く正しい「晴漕雨読」の日々を過ごすためにもですね・・・
って・・・どっちにしても「暴飲暴食付き」の日々は同じか・・・あははは



m98k at 00:30|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月24日

一汁一飯のすすめ・・・

(期間限定のお知らせ)
熊野キャンプ(5月3日~5日)へのお誘い記事はこちらです。


前回記事は「ゆるポタ」でしたが、それまでビステッカ!!!手巻き寿司!!!など過食記事が続いてたので・・・


今回は心を入れ替えてと・・・


じゃーん

DSCN8041

一汁一飯のすすめ~体をととのえる毎日の基本食~梅﨑和子著
家の光協会2009年7月発行・・・本のご紹介であります。




裏表紙・・・

DSCN8042

表紙絵を見てるだけでも身体によさそうですね。じゅるじゅる




例によって目次のみのご紹介

DSCN8043



DSCN8044

四季折々、旬の食材を使った一汁一飯と養生食の一汁一飯が紹介されています。

ご飯と汁物なんだから、以前紹介した糖質制限本と方向が逆ではないか、と最初は思いましたが、

◎「ご飯」は玄米や分つき米、胚芽米などを中心にして雑穀や豆をプラスする。

◎「汁」は旬の野菜、いも類、海藻など4~5種類の具を取り合わせてつくる。

つーことで、縄文食とも共通点があって、こちらもヘルシーだったんですね。

「ご飯に一汁三菜」が理想的な和食といわれてましたが、こちらは一汁一飯の提案・・・
ただし、朝食と昼食は一汁一飯に発酵食品の漬け物、それで足りなければ夕食に一品か二品、
おかずを加えてもいい、つーことで、ま、気軽に楽しみましょうとのこと。

ただまあ個人的には「シンプルな白ご飯」と「シンプルな吸い物」が好きなので、それ以外はやはり
「おかず」として上に乗せたりして食べたいところですが、それだと、白ご飯を食べ過ぎるだろうし、
調理の手間もかかるとゆーことなんでしょうね・・・

以下、読んで面白かった部分なんぞをメモしておきます。

旬の食材・・・
春は冬にたまった老廃物を排泄してくれる山菜や緑の豆、夏は体を冷やしてくれる果菜、
秋は厳しい冬に備えて元気な体を作る穀物やいも類、冬は体を温める根菜・・・

基本ルール・・・
◎食材は穀物や野菜を中心に、豆や乾物、海藻、魚介を組み合わせる。
◎野菜は旬を意識して皮ごとアクも抜かずに調理
◎ご飯は炊き込みご飯から、おすしまでバラエティー豊かにする
◎汁は野菜を中心に4~5種類盛り込んで具だくさんにする
◎材料が4~5種類の場合は「重ね煮」で陰陽の調和をはかる
◎シンプルな調味料で薄味にし、だしは必要に応じて手作りのものを使う

組み合わせのポイント・・・
◎食材が重ならないようにする
◎味付けが重ならないようにする
◎ご飯と汁でボリュームを調整する
◎ご飯と汁の和洋中を合わせる

春は苦味、夏は酸味と水け、秋は糖質、冬は熱と油けを盛れ、と昔から言われている。

土の上で育つ葉菜や果菜は陰性、土の中で根を張って育つ根菜は陽性

重ね煮の基本~陰は下に、陽と陰陽調和している穀物などは上に~
上から
魚介・肉
穀物
根菜
いも類
葉菜・果菜・花菜
きのこ・海藻

ホモサピエンスは250万年前から狩猟採集生活で1万年前から農耕生活をスタートして食糧の生産、
貯蔵が始まったとはいえ、進化史の99%は飢餓と隣り合わせの生活だったから、その結果、
人は飢餓に備えて体にエネルギーを貯蔵するという生理(能力)を身につけてきた。


云々・・・


そう、250万年前の生理(能力)のままで、ついつい食べ過ぎるのが現代人なんですね・・・

といいつつ、本を読むだけで満足してしまい、今夜も白いご飯をばくばくと・・・あははは



m98k at 00:24|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック