書斎

2020年08月08日

坊さん、ぼーっとする。とスーダラ節と

ま、お盆つーことで・・・

まずは「坊さん、ぼーっとする。」であります。

DSCN6918

白川密誠著 
(株)ミシマ社 2020年2月4日 初版第1刷発行


帯にあった惹句であります。

DSCN6933

期待せずに、平気で待つ勇気・・・




DSCN6934

本文より・・・娘さんとのさりげない話題も素敵でした。



ちなみに・・・

DSCN6919

みんなのミシマガジン」わたくし知りませんでした。webの情報量って凄いんですね。




例によって目次のみご紹介・・・

DSCN6921



DSCN6922



DSCN6923

なんか目次だけみてると仏教経典の解説書みたいですが、日々感じたことや思ったことが
平易な文章で綴られており、各巻の末尾でそれにまつわる経典の一節を解説されてますが、
決して説教的ではなく「自分はこーゆーことかなと、思ったりしている。」つー感じで、
ぼーっと読むことができました。



著者紹介・・・

DSCN6920

2001年から2008年まで「ほぼ日」に寄稿されてたんですね・・・これも知りませんでした。

著者は、密教という教えに「雑」や「俗」という雰囲気を感じることが多い、宗教的な要素に
それらが加わっていることに対して、いいなぁと思う・・・とも書いておられました。



で、先日、TV番組「歴史秘話ヒストリア」で植木等のスーダラ節(萩原哲晶作曲・青島幸男作詞)
誕生秘話をやってましたが、植木等が筋金入りの反戦・反差別活動家で父である無私の僧侶、
植木徹誠に相談する有名なシーン、こんな不真面目な歌を歌っていいのかと悩みを打ち明けると、
徹誠は歌詞を聴いて大いに賛成し「晩年の親鸞聖人の教えがまさにこれである」と・・・

そう、山頭火もそうでしたが「わかっちゃいるけど、やめられない」のが人の性・・・



アホレ、すいすいすーだららったぁ、

すらすらすいすいすーいっと




ちなみにわたくし「ホンダラ行進曲」も大好きです。



どうせこの世はほんだらだほいほい、

だからみんなでほんだらだほいほいっと




m98k at 00:08|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年06月19日

世界昆虫記・・・

とーとつですが世界昆虫記であります。

まずは表表紙・・・

DSCN6385

表紙中央はマレーシアのメダマ カレハ カマキリだそうです。
こうやって威嚇されると、確かにビビってしまいそうですね・・・



裏表紙・・・

DSCN6388

裏表紙はコスタリカでヘコニアの蜜を取り合うアシナガバチとハチドリだそうです。。
よくまあ、こんな瞬間を・・・

そう、「世界昆虫記 INCECTS ON EARTH」 今森光彦(写真・文)
福音館書店1994年4月30日初版第1刷発行・・・であります。

26年前の発刊なので昆虫や昆虫写真に興味のある方なら一度は手にされたことでしょう。
わたくしは今回初めてでしたが、最新の写真集と見較べても全く見劣りしませんでした。
ちなみに本書はフランスやドイツでも翻訳出版されているとのことでした。




たまたま奥様が図書館で借りてきた中の一冊だったんですが・・・

DSCN6390

20年におよぶ膨大な取材フィルムの中から厳選された1300点の写真が掲載されてて、
昆虫の生態はもちろん、その地域の環境や人々の生活なども、子どもたちにも分かりやすく
まとめられ、「センス・オブ・ワンダー」がさりげに伝わる文章も素晴らしかったです。


著作権のある出版物なので内容は紹介できませんが、例によって目次のみ・・・

DSCN6392




DSCN6393



DSCN6394



DSCN6395

世界の辺境を20年以上旅して取材されてたんですね・・・



m98k at 10:11|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年05月20日

日本人には二種類いる・・・

とーとつですが、日本人には二種類いる・・・のであります。

???

そう、15000年前からの縄文人と3000年前からの弥生人といった従来の分類ではなく、
2万年前にマンモスを追ってきた北方民族と、4万年前にスンダランドから舟できた南方民族、
といった分類でもなく、半島経由で九州北部へきた民族と日本海沿いを北上していった民族、
という分類でもなく、じつは50万年前からトウヨウゾウとともに、ずっと日本に住んでいた
ネアンデルタールと、20万年前のグレートジャーニーで日本にやってきたホモサピエンス
の二種類が混血したのが縄文人の祖先ではないかと・・・
なので日本人だけがネアンデルタール由来の花粉症DNAを残す割合が高いのだと。
(アフリカ0%、ヨーロッパ・東南アジア15~30%、中国25%とかで、日本だけが51%)

ええ、これはTV番組「諸説あり」でやってて、とても面白かったのですが・・・


今回はそういったハナシではなく・・・


DSCN6277

予約貸し出しを再開した図書館から、奥様が大量に借りてきたうちの一冊・・・

「日本人には二種類いる~1960年の断層~」
岩村暢子著・新潮新書・2013年10月20日発行であります。

1960年以降に生まれた「'60年型」と、それ以前に生まれた「旧型」では生育環境が一変、
その境目がちょうど1960年になることを、35項目にわたって検証されておられます。

著者は1953年生まれで、おもに食と家族についての研究をされている方つーことですが、
まずはいつものように目次のみご紹介・・・


DSCN6280


DSCN6281

この35項目すべてが1960年(一部はその前後)を境目に一変しているということで、
いちいち内容までは紹介できませんが「そういわれれば、そのとおりやなあ・・・」
と、けっこう納得した次第。

著者が「おわりに」で書いておられましたが、本書の目的は違いを強調することではなく、
「'60年型」の感覚や背景の価値観を「旧型」が知るひとつの手がかりになれば、また、
「'60年型」にとっては、自らの「当たり前」や「普通」がなぜ「旧型」に通用しないか、
見つめ直すヒントになれば・・・つーことだったのでありますね。
確かに今の家族や社会の問題の中には、それぞれの特徴から必然的に起きていることも
あるような気がしました。

やはり同じく「おわりに」にありましたが、
体験が違うから「個」の在り方も、人間関係の作り方も、気遣いの仕方も、恥ずかしいことや
カッコよさの感覚も、心地よさや不快感も、好きなものや興味関心の持ち方も違う。
何より同じ言葉を使っていても、その言葉の意味や背景の価値観にはずいぶんズレがある。

たとえば「自由」という言葉ひとつにしても「'60年型」は「何もしなくてもいいフリーな
状態」を想像するけど、「旧型」は「やりたいことが何でもできる自由」を語る。
これは親から強制されることなく「やりたいことを何でもさせてもらった'60年型」と、
「やりたいことがあっても親に許してもらえず叶わなかった旧型」の体験の違いでは・・・

とか、既に少数派になってしまった「旧型」にとっても考えさせられる一冊でした。



m98k at 00:20|PermalinkComments(8) mixiチェック

2020年05月09日

いのちの木を植える

とーとつに「いのちの木を植える」であります。

DSCN5198

岡田卓也・谷川俊太郎著 マガジンハウス 2007年12月20日 第1刷発行


そう、イオンの岡田卓也氏と詩人の谷川俊太郎氏の対談集であります。

DSCN5199

つーことなんですね・・・



例によって目次のみ・・・

DSCN5200

イオン環境財団からは、わたくしの所属していた海外植林ボランティア団体N.GKSでも、
国土緑化機構などからの助成金とあわせて、何度か植林費用の助成を受けてきましたし、
現在も植林ボランティア・ツアーの主催や各団体への助成をずっと継続されてます。
あらためて敬意を表する次第です。


以下、岡田卓也氏の言葉からいくつかを要約・・・

・昭和30年代、住んでいた四日市にコンビナートができて庭の南天の木に実がならなくなった。
続いて木犀の花が咲かなくなり、杉の木も枯れはじめた。この小さい頃の体験が原点。

・日本海側の店舗を廻っていると80年代後半ぐらいから沿岸の松が枯れるようになった。
亜硫酸ガスを含んだ酸性雨で弱ったところに松くい虫にやられたと考えられる。
最初は山陰の大陸に近いあたりから、現在(2007年)では秋田と青森の県境あたりまで北上している。

・20世紀は東西問題だったが21世紀は南北問題、そのキーワードは環境と考えて、1991年に
財団を設立、国内やタイなど各地の植林事業に助成、支援するようになった。

・イオンとして、はじめての植樹は海外で1995年マレーシアボルネオ・サバ州の荒廃地だった。

・当時は現地のボランティアを頼むのも難しく、日本からスタッフを連れて行って植えたが、
今(2007年)では海外でも多くの現地の方々に参加していただけるようになった。

・海外での最大の植樹活動は万里の長城で1998年から。
ボランティア参加の方々には一人10万円の旅行費を負担いただいたが、3年間で4000人が参加、
中国側からも学生や多くのボランティアに参加いただいた。

・店舗でお客様にツアー参加を呼びかけられるのが小売業の強み。

・新店舗がオープンするときには、必ずお客様と一緒に店舗周辺に木を植える。
・今の子どもさんは土に触れることが少ないので喜ぶし、自分が植えた木の成長に関心を持つことは
木や自然や環境に関心を持つ心を育むきっかけになるので、活動は小さくても効果は大きい。

・中国の沙漠では故・遠山正瑛先生の日本沙漠緑化実践協会などが熱心に取り組んでおられる。
・熱帯雨林では日本の製紙会社などの企業が積極的に支援しているがイオンはツアーでも行く。

・これまで(2007年現在)で760万本の木を植えたが、一人10本として76万人が植えた計算。
つまり76万人の「木を植えた男」がいることになり、考えてみると、これはすごいこと・・・

云々・・・わたくし、このような背景は知りませんでした。

そういえば、わたくしが初めてボルネオ島・サバ州のキナル森林保護区でサバ州の森林公社や
JICA派遣スタッフとともに植林した際も、イオン財団の看板があちこちにありましたねえ・・・

岡田氏も言っておられるように、現地の子どもたちと一緒に植林すると、木の成長に関心を持ち、
木や自然や環境に関心を持つ心を育むきっかけになるので、活動は小さくても効果は大きいですし、
彼らが大きくなった時に木も大きくなって恩恵を受け(我々はすでにこの世にはいませんが・・・)、
その際には、きっと彼らの子々孫々にも伝えて行ってくれるはず、と信じてやってきました。

さらに現地の子どもたちと一緒に植林すれば、現地の父兄や先生方も巻き込むことになるので、
その影響も大きいはずです。

ま、イオン環境財団はあくまで企業活動の一環ですから、我々が受けた助成金についても、
帰国後すぐの結果報告が求められてて、植林ボランティアつーのは植えた本数とかではなく、
(ご本人も書いておられましたが)10年先100年先にようやく結果が現れる事業なのに・・・
と思いながら報告書作成を手伝ったこともありましたが、財団でもツアーを実践されてるので、
使途不明金とかが出ないよう植えた苗木の本数や写真を報告させることも必要だったんですね。
そう、助成金が現地での飲み代とかに化けたりしないようにと・・・ふむふむ

いつか世の中が落ち着いたら、植林ツアーでも大いに宴会しましょう!!! 
ボルネオとか内モンゴルとかモンゴルとかアマゾンとか・・・じゅるじゅる



m98k at 22:33|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年05月03日

センス・オブ・ワンダー・・・


とーとつですが、センス・オブ・ワンダーであります。


DSCN6234



DSCN6235



DSCN6236

レイチェル・カーソン著 上遠恵子訳 森本二太郎写真 新潮社1996.7.25発行

メイン州にある別荘に来た姪の息子のロジャーを、近くの森や海辺に連れて行った際の情景や
ロジャーの反応などを淡々と綴ったもので、ガンで余命が短いと知ったレイチェル・カーソンが
雑誌に掲載した本作を最後の仕事として、さらにふくらませたいと考えていたものだそうです。

珠玉の短編エッセイでしたが、わたくしが心に残った一節のみご紹介・・・

「残念なことに、わたしたちの多くは大人になるまえに済みきった洞察力や、美しいもの、
畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。」

「もしわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら
世界中の子どもに、生涯消えることのない『センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性』
を授けてほしいとたのむでしょう。
この感性は、やがて大人になるとやってくる倦怠と幻滅、わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、
つまらない人工的なものに夢中になることなどに対する、かわらぬ解毒剤になるのです。」

(93歳で世を去った海洋学者オットー・ペテルソンが、地球上の景色をもうそんなに長くは楽しめない
と悟ったとき、同じ海洋学者である息子に語った言葉)
「死に臨んだとき、わたしの最期の瞬間を支えてくれるものは、この先になにがあるのかという
かぎりない好奇心だろうね。」


写真説明から、素晴らしい情景と文章を思い浮かべて下さい。

DSCN6238

こんな文章が書けて、こんな写真が撮れるような「センス・オブ・ワンダー」が、
わたくしに残ってるのかなあ・・・
自然から遠ざかり、つまらない人工的なもの(と飲食)に夢中になってるからなあ・・・



m98k at 12:03|PermalinkComments(0) mixiチェック