災害避難とか

2020年04月03日

銃・病原菌・鉄(承前メモ)

こんなご時世ですので、何かの参考になればと・・・

以前紹介したジャレド・ダイアモンド著「銃・病原菌・鉄」を読んだ際のわたくしのメモの中から、
とりあえず第11章「家畜がくれた死の贈り物」部分を記事にアップしておきます。
わたくしの読み違いなど、ご教示コメントをいただけるとありがたいです。

なお23年前に書かれた進化生物学者の著書(翻訳版)についての個人メモであることにご留意ください。

・第二次世界大戦までは負傷して死亡する兵士より戦場でかかった病気で死亡する兵士のほうが多かった。
・過去の戦争で勝利できたのは、たちの悪い病原菌に対して免疫を持っていて、免疫のない相手側に
その病気をうつすことができた側である。
・1492年のコロンブス以降、なぜヨーロッパ側の病原菌がアメリカ先住民を滅ぼし、その逆はなかったのか?
・いっぽうでアジアやアフリカの熱帯地方ではヨーロッパ人は大勢死んでいる。

・病原菌も人間と同様、自然淘汰の産物で自分の子孫を適正な生存環境にばらまくことによって生き残る。
・患者が感染源として生き延びられる長さと感染効率によって感染者数は決まる。
・もっとも何もしないタイプ→サルモネラ菌や寄生虫など→熱を通さずに食べてもらうのを待ってるだけ
・昆虫の唾液経由で感染するタイプ→マラリアの蚊、ペストのノミ、チフスのシラミ、睡眠病のツェツェバエなど
・感染を早めるため感染者を変化させるタイプ→梅毒、天然痘など
→アメリカでは意図的に天然痘患者の使った毛布を屈服しない先住民部族にプレゼントしていた。
・もっとも強力な感染手段のタイプ→インフルエンザ、風邪、百日咳などは咳やくしゃみ、コレラなどは下痢、
腎症候性出血熱ウィルスはネズミの尿、狂犬病ウィルスは犬を凶暴にして噛みつかせ唾液感染させる。
・病原菌自身が動き回るタイプ→鉤虫や住血吸虫の幼虫など→穴をあけて入り込む

・性器の炎症、下痢、咳などは人間から見れば病気の症状に過ぎないが、病原菌から見れば進化の過程で獲得した
より広い範囲に伝播するための方法。
・なぜ病原菌は自分の宿主を死に追いやって自分の住処を奪うのか?
→平均して一人以上の新しい犠牲者を出すことができれば目的の伝播を達成できるから・・・
・人間の側に立って考えると、まず遺伝子により発熱によって菌を焼き殺そうとする。
・もうひとつの反応は免疫システムの動員、白血球などの細胞が菌を探し出して殺そうとし、感染症にかかると
抗体が体内にできてかかりにくくなるが(ワクチンはこれを利用)一時的なものと終生免疫ができるものがある。
やっかいなのはインフルエンザやエイズウィルス、マラリア、睡眠病のような抗原を変化させるタイプ。
・さらに(人間側には)世代交代の際に遺伝子を変化させる自然選択があり、これがもっとも時間がかかるが、
→歴史上、同じ病原菌に繰り返しさらされてきた民族は、その菌への抵抗力を持った人の割合が高い。
→民族によりマラリア、結核、細菌性下痢など特定の病原菌に対する抵抗遺伝子を持つ割合が高い。
(NHK番組「食の起源」でやってた、稲作の伝播にあわせアセトアルデヒド分解酵素が少ない人=酒に弱い人
=体内に残ったアセトアルデヒドで殺菌できる人の割合が高くなっていったとゆー仮説もこれかも・・・)

・特定地域の感染症の種類と数が時系列的にどのように変化するか?
→病気の種類によって発生パターンがかなり異なる。
→突然大流行する感染症には共通する特徴がある。
①感染が早いため短期間で集団全体が感染する。
②感染者は短期間で死亡するか、完全に回復するかのどちらか。
③回復者は抗体を持つようになり同じ病気にかからなくなる。
④やがて感染者の数が減少し体内でしか生きられない病原菌が死滅して大流行が収束する。
⑤次の大流行は抗体を持たない新生児が感染年齢に達し集団外部から感染者が来るまで起こらない。
(つまり病原菌側からすれば、)
死滅前に抗体を持たない新生児が感染年齢に達する出生率を維持できる大集団でしか継続生存できない。
→なので集団感染症は狩猟採集民や焼畑農業の集落では、はびこりつづけることはできない。
→発生するのは病原菌が外部から持ち込まれた場合。→すぐに全滅するので特有の流行にはならない。
・集団感染症は(集団)農業が始まった1万年前に登場し、数千年前に都市生活が始まり加速度的に増えた。
→天然痘は紀元前1600年頃、おたふく風邪は紀元前400年頃、ハンセン病は紀元前200年頃、
ポリオは1840年、エイズは1959年に最初の患者が確認されてて、どれも比較的最近である。

・病原菌にとっての幸運は農業、森の開墾、都市の台頭、交易路の発展→一大繁殖地ができた。
→人種のるつぼは病原菌のつるぼである。

・群居性の動物が家畜化されてから9000年、病原菌が人間に感染できるよう属性を変化するには充分。
→はしか・結核・天然痘は牛、インフルエンザ・百日咳は豚・アヒル・犬、熱帯熱マラリアは家禽類から・・・
第一段階→動物や家畜からの直接感染
第二段階→動物のものだった病原菌が人間同士で感染する→治療か免疫か全員死亡で絶滅し収束する
第三段階→第二段階からまだ絶滅しておらず将来大量の犠牲者を出すか不明なもの
第四段階→人間だけがかかり、昔から大流行すると知られているもの→自然淘汰されなかった成功者

・チフスはシラミが合衆国で駆逐されたので北米ムササビから人間に感染する新ルートを開拓した
・オーストラリアでヨーロッパウサギ駆除のため導入したウィルスは1年目の致死率99.8%から数年後には
25%まで下がった。→すぐには死なせないように進化したため。
・梅毒菌は1495年には感染から数ヶ月で死亡してたが1546年には現在同様の症状に変化している。
→より長期間、菌を周辺にふりまき続けられるように進化した。

・北米ではコロンブス以降の200年で先住民2000万人が100万人に減少。→95%が死滅
→死因は天然痘、はしか、インフルエンザ、チフスなど10種類以上のヨーロッパからの病原菌
→逆に新大陸からヨーロッパに伝播した致死性の病原菌はひとつもない。(梅毒は不明)
・新大陸にそれまで集団感染症がなかったのは、前述の群居性の動物が家畜化されていなかったから。
・南北アメリカだけでなく世界各地でユーラシア大陸の病原菌により先住民の50~100%が死滅した。
・南北アメリカとオーストラリアではヨーロッパ人に伝播した致死性の病原菌はなかったが、熱帯アジア、
アフリカ、インドネシア、ニューギニアなどではコレラやマラリアや黄熱病があったため、ヨーロッパ人による
植民地支配の確立が南北アメリカより400年遅れた。
・非ヨーロッパ人を征服したヨーロッパ人は、より優れた武器、技術、政治機構を持っていたことも確かだが、
家畜との長い親交から免疫を持つようになった病原菌を先住民に渡すことによって征服できたのである。







m98k at 00:03|PermalinkComments(6) mixiチェック

2019年09月12日

宇宙おにぎりとか・・・

とーとつですが、宇宙おにぎりとか・・・であります。

岐阜県各務原市に住む次男夫婦が送ってきてくれました。

DSCN2836




DSCN2837

開封が三段階になっており、最終的には三角おにぎりの形になるんですね・・・にゃーるほど。





DSCN2838

JAXAの認証した製法で製造されてます。
中身は実際に宇宙で食べられたおにぎりと、ほぼ同じなんですね。





DSCN2839

おなじみ尾西食品の製品であります。



で、こちらは同封されてた・・・

DSCN2840

岐阜県郡上市・白鳥フーズの「えごま豆腐」・・・
胡麻と荏胡麻はまったく別物ですが、胡麻豆腐に荏胡麻を練り込んでるんですね。

そーいや、パックされた胡麻豆腐なんかも、宇宙食になるのではないかい・・・ちゅるちゅる




m98k at 18:20|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年09月05日

レトルトカレー三昧!!!

やはり先月になりますが、わたくしの母親の見舞いに立ち寄ってくれた長男夫婦が、
わたくしへの手土産として、レトルトカレーを何種類か置いて行ってくれました。

5月から続いている泊まり込み介護で食事も不規則になり、買い出しや外食も思うに任せないので、
レトルトカレーとパック飯は必需品のひとつとなっているので、うれしい限りです。

災害時でも電子レンジが使える状況なら数分で温められ、停電時でもカセットコンロと鍋があれば、
雨水や汚水ででも温めて飲料水なしで食べることができるので、備蓄用にも必需品ですね。
贅沢にも飲料水でレトルトカレーやパック飯を温めた場合、お湯はそのままカップ麺などに使えますし・・・

前回紹介したような医薬品の完全栄養食もありますが、やはり「カレーライス」や「麺類」といった、
ふだんからなじみのある温かい食べ物は、災害時にも気持ちが落ち着くと思います。



以下、さくさくっとご紹介・・・

DSCN2806




DSCN2807

こちらは以前にも紹介したことがある「なにわの女将の牛すじカレー」
名古屋でも入手できるのね・・・



DSCN2808


DSCN2809

こちらは「新宿 中村屋」のビーフカレー・・・




DSCN2810




DSCN2811

こちらは岐阜県恵那市の「和牛問屋いちよし和牛カレー」




DSCN2812


DSCN2813

ニチレイの「ポークカレー」レストラン用・・・
ポークカレーつーのは、関西ではあまりなじみがありません・・・



DSCN2818



DSCN2819

同じくニチレイの「ビーフカレー」レストラン用・・・
やはり関西でカレーといえばビーフカレーが基本ですね。



DSCN2814



DSCN2815

淡路島産玉ねぎとごろっとお肉の「元気豚カレー」・・・販売者は千葉ですね。




DSCN2816



DSCN2817

こちらはわたくしもおなじみ大阪市西淀川区にあるハチ食品の「スパイシーカレー(野菜カレー)」



ま、わたくしがいつも買ってるのは、同じハチ食品でも・・・

DSCN2820


DSCN2821

こちらの「メガ盛りカレー」でしゅが・・・
ちなみにこちらにはビーフ・チキン・ポークが入ってるようですがメインはやはりビーフ、
それをいちいち「ビーフカレー」と書かないのが、大阪のカレーらしいですね。





m98k at 18:36|PermalinkComments(4) mixiチェック

2019年08月27日

エンシュア1.5抹茶味!!!

前回記事の続き・・・つーか・・・

エンシュア1.5の抹茶味であります。


DSCN2835


DSCN2834

まだコーヒー味とメロン味が残ってるのですが、やはり高齢の母親にはちと飲みにくかったようで、
新たに処方していただきました。

期待していたとおり、一回で飲める量が、僅かながらも増えた感じです。

医薬品なので中味は抹茶色にはなっておらず、他のお味も全て同じ、やや赤みがかったクリーム色、
お蚕さんの糞とかの色素は入ってないので、虫嫌いさんにも安心です・・・

さっそくわたくしも味見したところ、まさに抹茶アイスクリームの溶液・・・といったお味でした。
ま、コーヒー味もバナナ味もメロン味も、それぞれの溶けたアイスクリームのお味でしたが・・・

で、残っているコーヒー味とメロン味については、わたくしがてきとーに処分・・・ごくごく




m98k at 12:41|PermalinkComments(4) mixiチェック

2019年08月20日

エンシュア1.5メロン味!!!

またまたひさしぶりの記事更新となりました。


以前の記事でも少し紹介したエンシュア1.5のメロン味であります。
母親担当のケアマネさんに「わりと飲みやすいですよ」と教えてもらい、さっそく処方してもらいました。

メロン味と抹茶味が新発売になったようで、これまで母親には既存の何種類か試させて、その中では
「コーヒー味」がまだ一番マシ・・・とゆーことで、ずっとコーヒー味にしてたのですが・・・

そう、どれも甘すぎて高齢者にはけっこう飲みにくいようですね。
ま、赤チャリさんにはどれもぴったりかも知れませんが・・・

で、さっそく

DSCN2705





DSCN2707





DSCN2706

1ccあたり1.5kcal、250cc缶で375kcal、2本なら750kcalで、寝たきり状態なら最低限の基礎代謝は
1日これ2本で維持できるようです。

で、4本ならとーぜん1500kcalとなり、丸一日通常の活動が維持できますね。

市販のエナジードリンクなどと異なるのは、経口・経管両用で人体に必要なすべての栄養分が
バランスよく配合された医薬品であること・・・ま、いわば究極のサバイバル・ドリンクですね。

まあ、鉄缶で持ち運びには重いですし、飲み物としてはけっこう甘すぎ濃すぎで飲みにくいのすが、
これだけを摂取して何年でも健康に生存できるというのは、やはり究極のサバイバル・ドリンク。

缶の組成表にもありますが、メイン素材はトウモロコシと大豆と砂糖なんですね。

で、栄養分としては・・・

DSCN2711

タンパク質13.2g、脂肪13.2g、炭水化物51.5gがメインで、カロリーバランスも理想的ですね。

他のビタミン・ミネラル類も理想的に配分されてるようで、炭水化物の中ではデキストリンが41.7g、
精製白糖が9.8gで、デキストリンには難消化性デキストリン(食物繊維)も含まれる?でしょうから、
まさに完全栄養・・・ただし水分は逆算すると1缶当たり170ccとなり、4缶でも僅か680ccですから、
サバイバルでは別に必要になりますし、液体だけで暮らすつーのも実際にはつらいもの・・・

そう、これはあくまで「患者の栄養保持」を目的とした医薬品で医師による処方箋を要するもの・・・
短期間の災害時や遭難時のサバイバル用には一般的な非常食と水ですし、さらにある程度の期間を
想定するとしても、サプリメントなんぞで補完するだけで充分でしょう。



とはいいつつ・・・

DSCN2708

次回は抹茶味にチャレンジじゃあ!!!

って、わたくしカロリーは毎日過剰摂取してるのに、さらに母親の上前をハネようとしてるのかっ!!!



m98k at 14:18|PermalinkComments(6) mixiチェック