自転車ふらふら

2019年11月21日

半年ぶりポタで自転車博物館とか再訪

半年ぶりのポタリング記事であります・・・

この5月中旬から、わたくしの母親がほぼ寝たきりになり、9月からは完全に寝たきりになったため、
ずっと実家に泊まり込んでまして、ボルネオから帰国してからは病院での泊まり込みでした。
でもまあ、まさに「老衰」でしたので最期までお気楽に看取ることができた・・・のですが・・・

この間、わたくし「母親の介護」とゆー美名のもと、自堕落な「ほぼ一人暮らし」を続けてまして、
自転車は全く漕がず、ひたすら飲んで食べる毎日、とーぜん体脂肪は増加するわ、筋力は落ちるわ、
さらに血圧も上昇して血圧降下剤を数年ぶりに再開、もちろんインナーマッスルも落ちて腰痛も悪化、
ボルネオ照射ツアー!!!の際にはストックを手放せなくなってました。

で、11月に入って、ようやく気分的にも落ち着いてきたので、そろそろポタリングでも再開しようか、
などと考えていたところ、12年前に我が家にホームステイしていたオーストラリア娘のファミリーが
我が家を再訪してくれることになり、なんと本人は彼氏とマウンテンバイクで!!!とのことでした。

じつは彼女の姉が奈良の三輪大社で神前結婚式を挙げることになり、オーストラリアから親類縁者
60名以上が来日して挙式(三輪大社でも前代未聞だったそうです)、その後に彼女の両親と本人と
彼氏の4人が、わざわざ我が家を再訪してくれた次第。

で、11月15日の昼過ぎに、まず彼女のご両親が奈良から近鉄と南海を乗り継いで我が家に到着、
所望された日本の豚カツで祝杯を挙げ、お馴染み住吉大社や商店街なんぞを案内しました。
前回来訪いただいた際は台風の大雨でしたが、今回は天候もよく、とても喜んでくれました。

で、彼女らは前日に、なんとあの「暗峠越え」!!!で奈良から大阪まで自走、挙式後に観光中だった
彼女の姉妹と難波のホテルに泊まったそうで、夕方には(もちろん自走で)我が家に到着、全員揃って
深夜まで「鍋宴会」とかで、チューハイや日本酒を飲みつつ再会を祝して盛り上がりました。
ちなみに彼女らは関西空港から奈良までは輪行でバスと鉄道を乗り継いだそうです。

翌16日は、昼過ぎに関西空港からシンガポール経由で帰国するご両親をウチの奥様にまかせて、
わたくしは朝10時前に2人と我が家を出発・・・

DSCN4631

お馴染みの商店街から・・・




DSCN4632



DSCN4633

住吉大社へ・・・

ちなみに出発時にヘルメットを被ろうとする二人に「今日は歩道をのんびり走るから要らないよ」と
制止したのはわたくし・・・そう、彼らと一緒に車道を走ったら、わたくしの足腰がですね・・・

彼女の彼氏ですが、日本は今回が初めて、お父さんは海南島生まれ、お母さんは広州生まれの
中華系だけど本人はメルボルン生まれの生粋オーストラリア育ちで北京語も広東語もカタコトだけ、
メルボルンでは弁護士資格を取得して現在就活中だけど、ずっとメッセンジャーのバイトをしてて、
日本を含む世界中のメッセンジャー仲間と交流があり、前回は仲間を頼りながら北アメリカ大陸を
二人で縦断、激坂とラフロードとメカとキャンプと「モンベル」が大好き・・・とのことでした。
ええ、メルボルンにはモンベルがなく来日目的のひとつがモンベル・ショップとか・・・
さらにオーストラリアのブルベ(に似た、さらに過酷な)500kmレースの上位完走者で・・・ぶるぶる

彼女については、我が家にホームステイしてた頃は高校1年生でスリムな美少女だったんですが、
彼氏と一緒に走るようになったからか、すっかり筋肉美女になってるのに、さらに次のレースに備えて
筋力アップしたいけど、パークレンジャー志望で自然や環境についても勉強中なので両立が大変、
とのことでした。

二人とも、そんな中で1ヶ月の休みを取って日本でマウンテンバイク・ツーリングを楽しむ・・・
将来設計にも好きな事にも前向きに懸命に取り組んでる若者とゆーのは、自堕落な生活をしている
わたくしから見ると、まさに一服の清涼剤でしたね。ニッポンのお父さんもうれしいぞ!!! 
ま、とても500kmブルベは一緒には走れないけど・・・

で、何度か紹介したコースばかりですが、(彼らへの来日記念画像ダウンロード用として)今回は
顔モザイクなしの記念画像と彼氏の好きな自転車画像を中心にアップしています。

以下、さくさくっとご紹介・・・

DSCN4634

ポータブル・シュライン・・・ちょうど七五三参りで賑わってました・・・




DSCN4635

ラッキー・キャット・・・





DSCN4638

ストーン・ステージからインペリアル・ゲストルーム





DSCN4639

ドラム・ブリッジ・・・





DSCN4644

ま、ついでに・・・





DSCN4650





DSCN4653




DSCN4647

サカイ・ナイフ・ミュージアム




DSCN4655

マングース・バイク2台




DSCN4657

と、1台おいてブリヂストン・シルヴァF8F



DSCN4658

で、サカイ・サイクル・ミュージアム



DSCN4660

クラウチング・スタイル



DSCN4662

さすが、決まってますね!!!





DSCN4665

ニューモデル・サイクル




DSCN4666

ニューモデル・ガン



DSCN4667

ニューモデル・サイクルズ




DSCN4668





DSCN4675

5パーソンズ・ロードレーサー




DSCN4677

???



DSCN4687

オールドモデル




DSCN4689

オールドモデル



DSCN4693

オールドモデル



と、3階へ・・・

DSCN4700




特に彼氏が興奮してたのがこちら・・・

DSCN4696



DSCN4698

スペシャライズド・スタンプジャンパーでした。

ホンモノは初めてとのことでしたが、解説パネルとほぼ同じ内容を一気に英語で説明してくれました。
やはり相当のメカ好きなんですねえ・・・



DSCN4703


DSCN4704

ちなみに1995年から4年かけて世界一周を達成した上記の坂本達氏ですが、
2018年に3ヶ月かけてご家族で6大陸大冒険を達成、特にボルネオ島では前回記事までの
「夜のジャングル照射ツアー!!!」でもお世話になったMRCのT井さんやインサーツアーN嶋さんらの
サポートを受けて、クチンからコタキナバルまで走破されたようで、さらにちなみに今年は予定を変更、
ご家族で日本一周中だそうです。素晴らしいなあ・・・わたくしももう少し若ければ・・・げほげほ



さらさらにちなみに・・・

DSCN4708



DSCN4712

二人とも、宮崎アニメは全作品をメルボルンで観たそうです。


と、今度は一階へ

DSCN4717


DSCN4718


DSCN4716


DSCN4719

デュラエースの歴史についても延々と英語で説明してくれてました。

一階の図書室に入っても彼氏は興味津々、雑誌で東京のメッセンジャー仲間を見つけたりして、
次々と本や資料を手に取って調べてました。

と、そのまま放置すれば何日でも居そうな雰囲気だったので強引に連れ出しましたが・・・

そーいや、前夜に自宅のすぐ近くにあるサイクルパーツ屋さんに案内した時も目を輝かせて物色、
やはり強引に連れ出したのですが、この日に帰宅してからも「あの店に行ってもいいですか?」と、
閉店まで粘ってから、うっとりした目で帰ってきましたね。ええ、買い物は殆どせずに・・・
「オーストラリアでこんな品揃えのあるパーツショップはないので夢のような時間でした。」と・・・



と、ようやく自転車博物館を連れ出して・・・

DSCN4725

ワールド・ビッゲスト・ツーム

以前も書きましたが、面積で世界最大が仁徳天皇陵、高さで世界最大がピラミッド、体積で世界最大が
秦始皇帝陵なんですね。以前、ここのボランティアガイドの方に教えていただきました。


と、次は・・・

DSCN4727

サカイ・シティ・ミュージアムへ・・・




DSCN4729




DSCN4730

ニュータイプ・サイクルヘルメット




DSCN4731

古墳づくりのお手伝い・・・




DSCN4733

鉄砲足軽にもなって・・・って、英訳すればシューターかガンナー・ソルジャーか・・・
当時まだライフリングはないのでライフルマンとは言えないだろうし・・・ぶつぶつ・・・


と、この日は、たまたま堺の文化施設が全て入館無料、しかも博物館では当日限定のオペラ歌手の
公演もあったりして、あっとゆー間に時間が経過してしまいました。

本来なら紀州街道から竹内街道、さらに旧堺港から堺浜や彼女の通学していた高校を廻って、
スペシャライズド屋さんにも立ち寄る予定だったのですが、メカ好き彼氏の琴線に触れるものが多く、
昼食どころか、ふと気づけば夕暮れ時が近づいてたので、堺市役所最上階からの古墳群展望
(彼女にプレゼントしたズーム・モノキュラーが役立ちました)を最後にですね・・・

DSCN4735

一度は食べてみたかったとゆー日本のカニ料理をご馳走しました。
(彼氏は自分は働いてるので、お礼にご馳走したいと、最後まで言ってくれてましたが・・・)



DSCN4736




DSCN4740

まずは茹でカニとカニのお造り・・・箸置きなど全てカニ尽くしで驚いてました。


DSCN4744

カニの茶碗蒸し・・・カニの出汁が効いて初めての味わいだけど美味しかったとか・・・



DSCN4745

カニグラタンは熱々を食べてしまってたので貝殻風の器だけ・・・はふはふ



DSCN4746

ティーポットもカニさんだぁ!!!




DSCN4748

カニの唐揚げ・・・



DSCN4749

〆はカニ寿司とカニのお吸い物・・・


で、デザートは・・・

DSCN4750



DSCN4751



DSCN4752

抹茶のアイスクリームでした・・・

ま、お安いコースだったので、若い二人にとっては(ちなみに暴飲暴食系・某高齢者にとっても)
ボリューム的には物足りなかったので、帰りに老舗「むか新」に立ち寄って大福餅をばくばく・・・

帰宅後には、お好み焼き・たこ焼き・焼きそばの関西三大高級食を奥様が大量購入してきてくれ、
ビールやチューハイでばくばく、いやあ、さすがに若い人(と某高齢者)のよく食べること・・・
ちなみにアスリート2人の基本食は大量のパスタだそうです。ええ、お安いので、とのことでした。

さらにちなみに、この日の走行距離は25kmほど、所要時間は朝の10時前から夜の6時半過ぎまで、
9時間ほどで殆どが見学(休憩)時間、平均速度は15km/h程度なので走行時間は2時間弱ですね。


と、翌朝にようやく、お二人のバイクをゆっくりと拝見・・・

DSCN4756

こちら彼女のバイク・・・後ろ3台はわたくしの・・・ええ、いつもの置場が2人のベッドルームに・・・

DSCN4762

パック類だけでなく大きな「前かご」は長期ツーリングには必携のようですね。



こちら彼氏のバイク・・・

DSCN4755

なんとリアもシングル!!! これで世界中の激坂を上ってるのね・・・ぶるぶるぶる


DSCN4763

やはり大きな「前かご」・・・他にもあちこち自作してるようで・・・


DSCN4765

それしてもリアのシングルギヤちっちゃいですね・・・ぶるぶるぶる


彼氏のフロントライト・・・

DSCN4758

さすが使い込んでますねえ・・・下のケースは予備バッテリー・・・



彼女のフロントライト・・・

DSCN4761

サイコン兼用なんでしょうか・・・

ちなみにグリップは二人ともエルゴン・グリップGP-2で、わたくしと3人でお揃い!!!



DSCN4764





DSCN4760

リアライトはお揃いで・・・



DSCN4759

オーストラリアではお馴染みコアラのバックアップ・リアライトもお揃い・・・

って、じつはこれ、昨夜わたくしが近くのパーツ屋に案内した際、お揃いでプレゼントしたもの・・・
そう、これで走ってたら、すぐにオーストラリア人だと分かってもらえるかと・・・



と、まったりブランチ後にはサイクル・アラウンド・ジャパンやチャリダーなんぞを早送りで観たりして、
昼過ぎには最寄り駅までお見送り・・・

DSCN4766


DSCN4767


DSCN4769



改札を入って、てきぱきとディスアッセンブル・・・やっと分解とゆー英語を覚えたぞ・・・

DSCN4778



DSCN4781

おいおい、忘れ物が・・・


と、一緒に荷物を持ってホームまで・・・

DSCN4785

キャンプ用品が最大の荷物で、特に冬用スリーピングバッグが重くて嵩張ると言ってましたが、
それでも冬のキャンプ装備を含めて1ヶ月のツーリング用品を、これだけにまとめるとゆーのは、
さすがですね。夏なら小型のリアパニアだけで充分だそうです。


DSCN4788

とまあ、この日はとりあえず和歌山市まで輪行(平地のロングライドに興味はないようです。)、
その後は熊野などの山々を巡って伊勢から中部山岳地帯、乗鞍から富士の山々、最後は成田空港へ、
ま、てきとーに成り行きまかせですが・・・と言ってましたが・・・

日本の山間部の積雪量は世界最高レベルだぞ、東海地方などの暖かい半島とかを廻るように!!!
と勧めておきましたが、ま、成り行きまかせ、つーのも若者の特権かも知れませんね・・・

とはいいつつ、翌日の午後からは雨の予報だったので、少なくともキャンプはせずゲストハウスとかを
ネットで探して停滞するよう(高齢者として)さらに忠告しましたが・・・



m98k at 00:21|PermalinkComments(3) mixiチェック

2019年09月19日

グラン・フォンド・ラ・ムッサラ!!!


とーとつですが、グラン・フォンド・ラ・ムッサラ(GRAN FONDO LA MUSSARA)であります。

スペイン・カタルーニャ州・タラゴナ県にあるムッサラ山脈を駆け抜けるロングライド・イベント・・・

・・・で完走してきました・・・ややきっぱりと・・・



完走証であります。

DSCN2874




BlogPaint

そう、バルセロナに住むエマさんと夫のアドリアンさんが完走!!!

ええ、坂道の苦手なわたくしが山岳ロングライドで完走できるわけがありません。
95kmコースのようですが、急峻な山岳地帯ですから獲得標高は相当なものでしょう・・・

で、上記リンク記事ではお世話になりました、つーことで大会限定グッズを送って下さいました。

DSCN2870



DSCN2876


DSCN2877




DSCN2879

グラン・フォンド・ラ・ムッサラ限定、オリジナルグッズのウィンドブレーカーであります。

画像検索しましたが、この色合いも大会のオリジナルカラーなんですね。






DSCN2882


DSCN2881



DSCN2880

高機能なイタリア製であります。

常に風を受けて走るロードバイクでは内臓を冷やし過ぎないことが大事、特に山岳コースだと、
気温も低く下りのスピードは相当なものになり、逆に上りでは大量に発汗するので、容易に脱着や
調整ができてバックポケットに入るベストタイプがベスト・・・
そう、手足は少々冷えてもパフォーマンスには影響しませんからね。

ま、わたくしはのんびりポタでパフォーマンスとか関係ないので、こんなのを愛用してますが、
さらに小型軽量で「ジャケット着るほどではないけど・・・」とゆーシーンには最適ですね。

エマさん、アドリアンさん、ありがとうございました。
バルセロナのサイクルジャージとともに大切に使わせていただきます。


つーことで、殆どシルヴァF8Fにも乗らなくなった、うちの奥様には・・・

DSCN2883

大阪での記念アルバムをプレゼントしてくれました・・・
って、2019になってるけど、新婚旅行で来阪されたのは2018の夏でしたが・・・


初来日したバルセロナの方から見た大阪、せっかくなのでその視点をご紹介・・・

DSCN2884


DSCN2885




DSCN2886

DSCN2887



DSCN2888



DSCN2889


DSCN2890



DSCN2891



DSCN2892



DSCN2893


DSCN2894


DSCN2895


DSCN2896


DSCN2897

アドリアンは鉄オタでスペイン国鉄の運転士、エマは整体師で、ともにトライアスリートですが、
初めて見るニッポンの都市オーサカで何に興味を惹かれたのか、視点がとても面白いです。



m98k at 00:44|PermalinkComments(2) mixiチェック

2019年04月13日

花見で渡船場めぐり!!!

(期間限定のお知らせ)
春の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。どなたでもご参加ください。


で、一昨日になりますが、渡船場を利用して春の大阪をふらふらしてきました。

大阪市内には現在8ヶ所の渡船場が残っており、道路扱いのため全て無料・・・

つーことで「無料」とゆー響きが大好きな、いつものポタリング仲間三人で相談、
「だいぶ旬季もようなったさかい、ひとつ渡船場めぐりでもしようやないか・・・」と、
ズボラなもんで「でも」付きの渡船場めぐり・・・って、これ東の旅・発端のパクリなんですが・・・
ま、分かる方には分かっていただけるかと・・・


長居公園に朝10時に集合、まずは「木津川渡船場」を目指し、西へ西へとやってまいります。

DSCN1808

わたくしが一時期、自転車通勤に使ってた細井川左岸沿いの遊歩道。

そーいやalaris540さんが来られて二人で南港から住吉大社まで走った際にも通ったな・・・




DSCN1812



DSCN1814




DSCN1816

桜花は散り初めといったところでしょうか、なかなか見事でした。



住之江区平林南から平林北へ運河を渡ります。平林には貯木場が多いので・・・

DSCN1817


DSCN1819

わたくしの大好きな、ちっちゃいタグボートもありました。




やがて新木津川大橋直下にある「木津川渡船場」の左岸側に到着であります。

DSCN1820

歩行者・自転車が渡れる橋もありますが上がるのは大変なので今でも渡船が残ってるんですね。




で、時刻表を見ると・・・

DSCN1821

ここでは朝夕は10分毎なんですが、それ以外の時間帯は1時間に1~2便の運航でした。


ま、

DSCN1825

乗ってしまえば対岸まで僅か数分なんですが・・・


次の便まで20分以上あったので、のんびりと記念写真・・・

DSCN1828

今回わたくし以外の二人はミニベロでした。
確かに市街地・短距離をのんびりポタリングするにはミニベロのほうが合ってますね・・・



ちなみに・・・

DSCN1822

お知らせも5月からは「令和元年」表記になってました。



とか、まったりしてると、

DSCN1838

渡船が対岸からやってきて・・・




DSCN1839

乗船・・・



DSCN1841

住之江区平林を後にして・・・



あっとゆー間に大正区船町に到着、船町を北へ数分も走れば・・・

DSCN1843





あっとゆー間に木津川運河を渡る「船町渡船場」に到着であります。

DSCN1847


DSCN1844



DSCN1849

ここの桜はかなり葉桜になってました。



こちらでは昼間でも20分間隔で運航されてて・・・

DSCN1851

僅かな待ち時間で・・・



大正区鶴町に向けて出航・・・

DSCN1855





DSCN1858




やはり、あっとゆー間に鶴町に到着し・・・

DSCN1859




鶴町を南から北へ縦断・・・あちこちの桜花がきれいです。

DSCN1860



と・・・

DSCN1861


DSCN1862


DSCN1863

千歳橋の直下にある「千歳渡船場」へ・・・
橋の左側奥が尻無川で右側は大正内港、さすがに対岸まで距離があり便も乗客も多かったです。






DSCN1874

今度は大正区北恩加島を目指して出航・・・





DSCN1875



DSCN1876


DSCN1880

刻々と変わる橋の形が面白かったです。


で、北恩加島から今度は東へ???、のんびりと走り千島公園へ・・・???

DSCN1881


DSCN1882

ここで暫し休憩・・・って、渡船場の各待合室でも暫し休憩ばかりしてたんでしゅが・・・

じつは市内の渡船場をすべて廻るなら、北恩加島から北上して尻無川のやや上流にある、
「甚兵衛渡船場」で港区市岡へ渡り、そこから西へ走って天保山にある「天保山渡船場」で安治川を
USJのある此花区桜島まで渡らねばならないのですが、そうすると帰る方向と逆になり遠くなるし、
天保山の渡船は以前に乗ったことだし・・・さらにすでにお昼も過ぎたことだし、またいずれ・・・と、
渡船の待合室で妥協決意してたのでありますね。



で、千島公園の東側にあって、木津川を大正区千島から西成区津守に渡る・・・

DSCN1885



DSCN1887

「落合上渡船場」へ・・・





DSCN1886

この木津川水門と尻無川水門、安治川水門のおかげで、昨年九月の台風21号の際にも、
大阪市内では高潮被害にならなかったんですよね。ただし風害は大きかったけど・・・

ちなみにこれら三つの水門は1970年の大阪万博の際に100億円かけて設置され、その後11回、
稼働したものの税金の無駄遣いとか非難されてたのですが、台風21号の際に、これらの水門が
なかったら、被害額は17兆円に達していたとか・・・まさに50年ぶりの大活躍ですね。
でも南海トラフ地震などは想定していない設計で、今年2月に廃止・新設が決まったようです。


と・・・

DSCN1889

出航して・・・



こちらの対岸のフネ・・・

DSCN1890

どこの所属なんでしょう・・・


と言ってるうちに対岸に到着・・・

DSCN1891

木津川の左岸を下流へ走ります・・・



で、そのまま走れば帰れるのですが、せっかくなので・・・

DSCN1893

少し下流にある「落合下渡船場」へ・・・


ま、こんなのがあったので・・・

DSCN1895

お約束の記念撮影・・・


さらにせっかくなので・・・

DSCN1896

一人で撮ってもらいました・・・



とか遊んでると・・・

DSCN1900

対岸から渡船がやってきて・・・



DSCN1902

乗船して今度は大正区平尾に戻ります・・・ちなみに左端にちらっと見えてる・・・




DSCN1904

桜花もなかなか見事でした。



で、下流側に見える橋は・・・

DSCN1903

千本松大橋ですね・・・



で、平日の昼過ぎで閑散としている・・・

DSCN1907

平尾本通商店街へ・・・


さらに商店街を横道に曲がったところにある・・・

DSCN1924

沖縄そばのマルトミ食堂へ・・・

そう、この一帯は大阪でも昔から沖縄からの移住者が多く、沖縄料理が名物なんですね。


さっそく中へ・・・

DSCN1916

DSCN1911

二人はソーキそばを注文しましたが、わたくしは暖簾にあった沖縄そばの大盛りを注文・・・


てきとーに沖縄系のおかずを温めてもらって・・・

DSCN1913

まずは乾杯であります。駅や自宅はもうすぐだし、あとは渡船に乗るだけだし・・・


と、かぱかぱやってると・・・


まずはわたくしの沖縄そば・・・

DSCN1918

あれっ、大盛りを頼んだけどふつーのが出てきたな・・・
ともかく、ここで手打ちしているという麺も、あっさりしたスープもおいしかったです。



二人のソーキそば・・・

DSCN1919

こちらのほうが、はるかにボリュームがあるやないか!!!
ひょっとして、おばちゃん、こちらを大盛りと勘違いしたのか・・・ううっ
骨付きの豚肉なんぞがたっぷり入って味噌味のスープも抜群だったとか・・・ううっ
次回はわたくしもこちらを頼むことにしよう・・・うぐぐぐ


とまあ、

DSCN1917

食後にはサーターアンダーギーやキャンディまでサービスしてくれました。ありがとね!!!



飲んだので、とーぜん帰りは自転車を押して・・・

DSCN1929

商店街をふらふらと・・・




DSCN1925




DSCN1932




DSCN1930




DSCN1934

さすが大阪の沖縄ですねえ・・・


と、

DSCN1945

商店街を抜けた近くの公園で、またまた暫し休憩・・・




DSCN1943

こちらはもう、少し葉桜になってますね・・・



と、さらにふらふらと自転車を押し続けてると・・・

DSCN1950




千本松大橋が見えてきました。

DSCN1951

飲んでるからか、画像が完全にボケてますね・・・



と、大橋直下の「千本松渡船場」へ・・・

DSCN1952


DSCN1958


DSCN1955

この橋、両岸にループがあって上から見ると眼鏡に見えるので「眼鏡橋」とも呼ばれてるのですが、
水面からの高さは33m、ループは三周半あってクルマでも自転車でも、ぐるぐると目が回ります。


ま、我々はとーぜん渡船に乗って・・・

DSCN1962

この辺りまで来ると船も大きくなり・・・




DSCN1963

下流に見えるのは最初に渡った「木津川渡船場」のある新木津川大橋・・・
そう、6か所の渡船場を巡って狭い範囲をぐるりと一周したことになりますね。




で、最寄りの地下鉄駅で豊中に住むシルヴァF8Fに乗る友人とはお別れ・・・

DSCN1968

彼の輪行袋、昨年12月の旧堺港ふらふらで、ダホンのスリップショルダーカバーMサイズに
買い替えたと言ってたけど、これはスリップショルダー「バッグ」のMサイズですね・・・
「バッグ」はボトムまで完全に覆うタイプだから、Mサイズだと余裕がなかったんですね。


と、この日の走行距離は24kmほど、走行時間は2時間ちょいでした。
遅めの昼食後は押して歩いてるので、走ってる時の平均時速は20km/h弱ぐらいでしょう。

で、9時半過ぎに自宅を出て3時過ぎに帰宅してますから所要時間は5時間半・・・???
ふだんのポタリングなら走行時間の倍の4時間が所要時間なのに・・・???

そうか、渡船の乗船時間と待ち時間が所要時間に加算されてるのね・・・にゃーるほど!!!





m98k at 03:07|PermalinkComments(2) mixiチェック

2018年12月15日

旧堺港とかふらふら

12月10日、じつにひさしぶりに自転車でふらふらしてきました。

この夏は異常な暑さで、さらに9月以降は坐骨神経痛がひどくなり殆ど漕いでなかったのですが、
インナーマッスルを鍛えて減量すれば改善するらしいので、まあ、ぼちぼち再開しようかと・・・


この日は曇り空で気温も上がらず最高気温は10℃以下、12月初旬の大阪としては寒い日でした。

DSCN0734

いつもの住吉大社に、いつもの3人が、いつもの折りたたみ小径車で集合・・・

って、あと1名は新調した輪行袋(ダホン・スリップショルダーカバーMサイズ)への
シルヴァF8Fの収納に苦労してたようで、彼の到着を待ってるところなんですが・・・

後で訊くと、ぴったりサイズだったので悩んでて、駅員さんにも手伝ってもらったそうですが、
慣れれば、ぴったりサイズの方が駅での移動や車内に置いたりするのにも、ずっと便利なはず。
わたくしはダホン・エスプレッソ用に買った同モデルのXLサイズをシルヴァF8Fにも兼用してて、
かなり大きめだったので(同モデルにはLサイズがなく)彼にはMサイズを勧めていた次第。



と、ようやく3人揃ったところで、いつもの旧紀州街道を南下・・・

DSCN0735

お風呂屋さん(銭湯)も次々と閉まってきてますねえ・・・大好きなんだけど・・・





大和川にかかる由緒ある橋、大和橋を渡ります。

DSCN0736

こちら上流側には阪堺チンチン電車の鉄橋、下流側には南海本線の鉄橋があり、
どちらも古くて風情があります。ちなみに南海本線は日本最古の私鉄ですね。




DSCN0738

すでに多くのカモさんが飛来してました。鴨鍋もいいなあ・・・じゅるじゅる




紀州街道沿いにある堺伝統産業館へ・・・ここに入ったのは今回がはじめてです。

DSCN0741

そう、今まで有料施設だとばかり思ってたもので・・・





DSCN0739

自転車なども堺の伝統産業なのですが・・・



堺といえば、やはり刃物・・・

DSCN0743





二階の堺刃物ミュージアムへ・・・

DSCN0744



DSCN0745

鉄原料の数々・・・




DSCN0751


DSCN0746


DSCN0747


DSCN0748



DSCN0749



DSCN0750

和包丁といっても、いろいろあるんですねえ・・・


と、感心しつつ、さらに紀州街道を南下して・・・

DSCN0752

高級そうなサイクルショップを尻目に殺し、進路を西へ・・・



大浜公園にある、

DSCN0753

(一等三角点のある)日本一低い山「蘇鉄山」への冬季初登頂を目指して・・・



高度な冬山テクニックを駆使しながら・・・

DSCN0756

30秒ほどで登頂に成功!!!




DSCN0760

そーいや、ここの三角点を撮るのは、はじめてだったはず・・・



DSCN0759

いつか(三角点のある日本一低い山)天保山とあわせて山岳会に認定証をもらいに行こう・・・
そう、どちらも何度となく登頂してるもんね・・・




と、大浜公園をぐるっと廻って・・・

DSCN0767

旧堺灯台へ・・・ようやく薄日が差してきました。




DSCN0772

木造洋式灯台では日本最古であります。




こちらも台風21号の被害でしょうか・・・

DSCN0770

補修作業中でした。


自由の女神像・・・ではなく龍女神像(乙姫さん)と・・・

DSCN0774

彼女に会いに来た・・・





DSCN0776

呂宋助左衛門・・・織姫と彦星みたい・・・そうか、旧堺港は天の川やったんか!!!




DSCN0778

環濠に佇む南蛮人を尻目に殺して・・・



日本最古の国道、竹之内街道を東へ・・・そう、日本最古があちこちにあります。

DSCN0780

堺市役所であります・・・自転車は庁舎西側にある駐輪場に停めて・・・



高層階エレベーターで最上階の展望ロビーへ・・・

DSCN0781

って、建設局に「自転車まちづくり部」という部があるんですね。さすが自転車産業の街。



まずは展望ロビーを南側から・・・

DSCN0782






DSCN0784

世界最大の仁徳稜と履中陵が眼下に見えます。



百舌鳥古墳群の位置関係・・・

DSCN0789

③反正陵の左側にある超高層ビルが堺市役所で、その最上階から南を見ています。

そーいや百舌鳥古墳群は今年の1月に廻りました・・・あの頃は元気だったなあ・・・げほげほ



こちらは東側

DSCN0786

東隣に庁舎と同じ高さのマンションが建設中で、この景色が見られるのもあと少しとのこと。
左が③反正陵、正面山麓にある古市古墳群とあわせて世界文化遺産登録を目指してるんですね。

古市古墳群も今年3月に廻ったなあ・・・あの時コケたのも坐骨神経痛の一因か・・・げほげほ




北側

DSCN0791

阿倍野筋のハルカ先に「あべのハルカス」が見えます。

ハルカスを越え大阪城までポタリングしたのは8月の炎天下・・・あれも一因か・・・げほげほ






そして西側

DSCN0793

中央の道が日本最古の国道・竹内街道で、その向こうに見える内海が今回廻った旧堺港、
さらにその向こうにWTCビルから六甲連山までが見えます。

摂津の国、河内の国、和泉の国が一望できて、地名どおり「三国ケ丘」の絶景ですねえ・・・



ちなみに、この展望ロビーにもありましたが・・・

DSCN0794

鉄砲と茶の湯も堺の文化遺産でしたね。


と、堺市役所からは阿倍野筋を北上し、大和川左岸を少し遡上してあびこ筋を北上・・・


結局、いつもの「餃子の満州」で遅めの昼食宴会となりました。

DSCN0795

食べる前に撮ればいいものを・・・

宴会後、豊中に住むシルヴァF8Fに乗る友人は地下鉄へ、帰りは(飲んでるにもかかわらず)
無事に輪行袋に入れることができたようです。やはりちょっとした慣れなんですね。

で、近所に住むダホン・ダッシュP18に乗る友人とわたくしは、いつもどおり自転車を押して
(二軒目に立ち寄ることもなく)ふらふらと帰宅しました。めでたしめでたし・・・


と、この日の走行距離は僅か23km、走行時間は(押し歩き時間も含め!!!)2時間弱でした。
10時集合で帰宅は3時過ぎでしたから所要時間は(宴会時間も含め!!!)5時間以上・・・
まあ、ポタリング再開にはちょうど良かったかと・・・ひっく

12月8日9日と京都環境フェスティバルのお手伝いだったので、二日連続でけっこう動き回ってて、
さらにその翌日だったのですが、特に足腰の痛みもなく坐骨神経痛もようやく落ち着いたか・・・
・・・と思ってたら案の定、この翌日から痛みが出てきて・・・うぐぐぐ・・・




m98k at 00:15|PermalinkComments(2) mixiチェック

2018年12月03日

オーストラリアから・・・

(期間限定のお知らせ)
12月8日9日に開催される京都環境フェスティバル2018へのお誘い記事は
こちらです。


先週、オーストラリアからの留学生が我が家に一時ホームステイしてました。

フィジー出身のインド系で8歳の時に家族でオーストラリアに移住、現在はメルボルン郊外に住んでて
ヒンディー語、フィジー語、英語が母国語、日本語も一年前から習っているとか・・・
ま、わたくしも泉州語、河内語、大阪語が母国語ですが、日本語と英語はカタコト・・・


と、彼はメルボルン~シドニー~羽田と乗り継いで、東京駅から新幹線で新大阪駅へ・・・

DSCN0574

ウェルカムボードを持ってお出迎え・・・って、ジャケットの色もお揃いでした!!!

羽田には午前四時に着いたそうですが、新大阪駅には午後一時半の到着となりました。
ちょうど大阪マラソンの開催日だったので、混みあう地下鉄に乗って我が家へ・・・


さっそく、お約束の・・・

DSCN0575

日本のトラディショナル・ショッピングロード粉浜商店街から自転車でポタリング・・・





これまたお約束の住吉大社へ・・・

DSCN0577



DSCN0586

自転車を置く際には、バルセロナのトライアスリートと同じように、
「こんな細いワイヤーでロックするなんて信じられない!!!」と言ってましたが・・・






DSCN0578

七五三参りで境内は賑わってました。




ま、せっかくなので・・・

BlogPaint

七五三を足しても15歳か・・・彼は17歳なのですが、ま、初参りとゆーことで・・・






DSCN0583

パワースポットで、Five Great Power(五・大・力)ストーンを探したり・・・
って、あっとゆー間に何個も見つけてました。赤チャリさん以来の逸材やな・・・




畏きあたりが池越しに舞楽を鑑賞するStone Stage(石舞台)へ案内したり・・・

DSCN0585

ちなみに彼はあちこちのバンドから共演を依頼される優れたドラマーで・・・


ステージ活動だけでなく、

DSCN0643


DSCN0644

これまでに何枚ものアルバムに参加してて、彼の作った曲も数多く収録されているそうです。





で、短いポタリングを終え、わたくしの実家で大相撲を見ながらスキヤキ・ウェルカム・パーティ!!!

DSCN0589

生まれてはじめてとゆー生卵にびくびくしてましたが・・・






DSCN0595

なんて柔らかくておいしいビーフなんだ!!! と、喜んで食べてくれてました。

ご飯も大好きで、オーストラリアでも毎日食べてたけど、こんなおいしいご飯ははじめて、
と、こちらも喜んでくれてました。

でも本人が大好きと言ってた枝豆は、スーパーの加工品だったせいか「これはおいしくない・・・」
と、ひとくち食べただけでした。
けっこう味覚がしっかりしてるようで、「オーストラリアではみんながジャンクフードを食べてるけど、
僕はナチュラルなものが好き。」と、飲み物もミルクか紅茶か水だけでした。

うーむ、若いのになかなかやるじゃないか・・・
ま、わたくしはこの歳になってもジャンクフードが大好きなんですが・・・げふっ

と、翌日からは大阪・真田山にある男子校に通学、朝食は他のオージーと同じシリアルでしたが、
やはりナチュラルなものをスーパーで選択してました。

で、水曜日の夜には、わたくしが(母校のではなく別の)SF研究会の同窓会に誘ってもらってたので、
彼はうちの奥様ほか1名と夜のミナミに繰り出して映画鑑賞・・・

そう、今けっこう評判の「ボヘミアン・ラプソディ」とゆー映画であります。
彼もクィーンが大好きでアルバムでもカバーしてるそうですが、わたくしが参加したこの夜の同窓会でも
なんと13名中10名がすでに観てて、最初はこの映画の話題で持ちきりでした。
うちの奥様も彼も「とてもよかった」と言ってましたが、さて、わたくしはどうするか・・・


以下、奥様の撮った夜のミナミでの画像を何枚か・・・

DSCN0606

高級な「赤垣屋の回転寿司」・・・ 

まあ、バルセロナの夫婦とは異なり、生モノはあまり好みではなかったようですが・・・





DSCN0612

お約束の巨大な動くカニ・・・



こちらもお約束の・・・

DSCN0617

雨に煙るグリコ・・・




そして・・・

DSCN0621



DSCN0623

雨の御堂筋!!!

こぉぬかぁ あめふるぅ みぃどおっすじぃっ・・・って、彼は知らないだろうなあ・・・



と、週末を待たず次にお世話になるホームステイ先へ・・・

DSCN0625



そう・・・

DSCN0631


DSCN0632



DSCN0635

素晴らしいメッセージと数々のお土産や思い出を残して・・・


まじめで感受性が強く、とても才能のある賢い若者でしたが、いろいろと悩みもあるようでした。
将来は日本で音楽関係の仕事をしたいと言ってましたが、今回のホームステイが彼にとって、
どうか有意義な経験になりますように・・・




m98k at 23:53|PermalinkComments(4) mixiチェック