お菓子・つまみ

2018年01月12日

ベファーナの魔女!!!

(期間限定のお知らせ)
内モンゴル・沙漠植林ツアー(5月19日~23日)へのお誘い記事は
こちらです。



で、とーとつですが・・・


DSCN6945

ベファーナの魔女であります。きっぱりと





箒に下げていた赤い袋には・・・

DSCN6946

エピファニア(公現祭)のドルチェ(お菓子)がいっぱい!!! じゅるじゅる

そう、毎年1月6日のエピファニアには、ベファーナの魔女が箒に乗って、良い子のみんなに
プレゼントを届けてくれるのであります!!!

???

ま、詳しくはネット検索いただくとして、キリスト教徒の多い国では12月24日夜のクリスマス祭から、
1月6日のエピファニア祭までが伝統的にお祭りシーズンで、クリスマスには「今日から2週間は、
一年中で一番のご馳走を食べ続けます!!!じゅるじゅる」とのメールも来てました・・・

まあ日本でもお正月にはご馳走を食べ続け、1月7日の「七草がゆ」で胃腸を休める習慣ですから、
けっこう同じ状況なのかも知れませんが・・・げふっ

で、ラテン諸国では子どもたちがプレゼントをもらうのはクリスマスではなくエピファニアだそうで、
さらにイタリアでは、サンタ・クロースではなくベファーナの魔女が届けてくれるそうです。

なのでイタリアの子どもたちにとってベファーナの魔女は、「オズの魔法使い」に出てくる北の魔女や、
「千と千尋の神隠し」に出てくる銭婆(ゼニーバ)のような、とても優しい魔女・・・

いやあ、この話は今まで全く知りませんでした。

サンタ・クロース伝説よりもはるかに古く、おそらくキリスト教以前からイタリアにあった魔女伝説が、
その後キリスト教と習合して、東方の三博士の誘いを断ったことを後悔してずっと彷徨っているという、
ベファーナの魔女伝説になったのかも知れませんね。


そう、こちらは昨年7月にホームステイさせていただいたイタリア・トスカーナのご家族から、
エピファニアにあわせて航空便で届いたもの・・・いやあ、ありがとうございました!!!


航空便パックにはベファーナの魔女の分だけでなく・・・

DSCN6948


DSCN6947


DSCN6949

ほかにもドルチェ(お菓子)がいっぱい詰まってました。

わたくしがドルチェ好きなので、さらに詰め込んでくれたんですね・・・
重ね重ね、ありがとうございます。


ちなみに調べてみると、エピファニアの夜に子どもたちが靴下を吊るしておくと、良い子の靴下には
素敵なプレゼントが入ってるけど、悪い子の靴下には炭が入っているそうです。

いやあ、いつも良い子で暮らしてて、よかったよかった・・・げひげひ



m98k at 01:12|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年12月23日

柿の種とか・・・

(期間限定のお知らせ)
内モンゴル・沙漠植林ツアー(2018年5月19日~23日)へのお誘い記事はこちらです。



ええ、おなじみ新潟・亀田製菓の「柿の種」・・・



の・・・

DSCN6708




DSCN6709

有村架純開発本部長???昇進記念???・・・って、新潟の人事異動は奥が深いな・・・





DSCN6710

期間限定・ソースマヨ味バージョンであります。じゅるじゅる


わたくし、柿ピーは座右の銘菓つーか、つまみやおやつに欠かせないので常備してるのですが、
ふだんは亀田製菓のより少しお安い三幸製菓のばかり買ってました。



でも今回は昇進記念???つーことだし、せっかくなので・・・

DSCN6711

どどんとレギュラーバージョンも・・・



そう・・・

DSCN6712

「今だけおまけで10%増量中」だったのでありますね。じゅるじゅる


そーいや柿ピーつーのは、いろんなお味が次々と出てきて、これは結構いけると思ってても、
いつの間にかレギュラー味に戻ってしまうんですよね・・・


ちなみに三幸製菓といえば、ずっとハマってるのがこちら・・・

DSCN6717

「新潟仕込み」とゆー、うす焼きせんべいであります。

確かにパリパリと食感がよく、シンプルな塩味で飽きがこなくて、さすが売り上げNo.1のおいしさ!!!

そう、ついつい食べ過ぎてしまうので・・・

DSCN6721

たっぷりと常備してます・・・



ま、

DSCN6719

三幸製菓も新潟なんですが、塩については奥が深いですね・・・



で、こちらが亀田製菓の対抗馬・・・

DSCN6723

「サラダうす焼き」であります。

グラム当たり単価はこちらの方が少しお安いのですが、塩以外のお味がびみょーに濃いです。

ま、これはこれでおいしいのでついつい両方買ってますが・・・




さらについでに・・・

DSCN6713

甘いチョコも必需品・・・最近チョコボールを大人買いされてた川端さん人もおられましたが・・・




こちらは・・・

DSCN6714

神戸市認定PRパートナー第1号・・・だそうです・・・




そう・・・

DSCN6715

神戸ローストカカオ5%使用・・・だそうです・・・

ま、こちらは大阪のグリコ製ですが・・・


と、寒い冬は、こんなのをポリポリもぐもぐしながら暖かい部屋でまったりしてるのが一番・・・

いかんいかん、やはり寒風の中を自転車漕いだり、はたまた寒い河原で石拾いキャンプしたり・・・???

って、いったい何をしようとしているのかっ・・・???




m98k at 00:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年12月15日

デカビタCゼリーとか・・・


とーとつですが、デカビタCゼリーとか・・・であります。



はじめて買ったデカビタCゼリー!!!

DSCN6558

瓶入りデカビタのデザインそのまんまですね・・・




なにせデカビタ!!!つーぐらいですから・・・

DSCN6559

BIG270gなんですね・・・じゅるじゅる




そう、他のエナジージェルに較べると・・・

DSCN6560

確かにデカいです。




で・・・

DSCN6564

一袋270gあたりのエネルギーは230kcalになってました・・・

サイクリング用としても、様々な成分やおいしさ(飲みやすさ)やお値段なども重要なんですが、
やはりカロリー補給がメインですから、グラムあたりカロリーが気になるところです。

単にグラムあたりカロリーだけなら、ジェル(ゼリー)より水分の少ない固形タイプのほうが高いですし、
ジェルや液状でも濃厚になればなるほどグラムあたりカロリーは高くなる・・・のですが・・・

へろへろになってる時は水分と固形物を別々に摂るよりゼリー状のほうがはるかに摂取しやすいですし、
専用の濃厚タイプは甘すぎてちとなじみにくいし、固形タイプは水分と一緒でないと食べにくいです。

わたくしはお気楽ポタなので少々大きくて重くても、安くて飲みやすいこんなジェルで充分なんですが、
「まったり休憩」では固形物と水分も別々に摂りたいので、結局どちらも持って行くことになります・・・

ちなみにわたくし、たまにそれなりの距離を走ると夜中に足が攣る(こむら返りになる)ことがあり、
そうなると七転八倒しますので、筋肉の収縮と弛緩を担うカルシウム・カリウム・マグネシウムなどの
ミネラルも多めに摂ってイオンバランスを保つことが重要なんですが、こんなエナジージェルだけでは、
とても足りないので、日頃から食事やサプリメントで補わないといけない・・・のでしょうが・・・
肉肉肉!!!ご飯ご飯ご飯!!!ビールビールビール!!!麺類麺類麺類!!!だけでは、なかなか・・・



で、右側の「速攻元気」は・・・

DSCN6562

一袋180gで100kcalになってます。





いっぽう左側の「アミノバイタル」は・・・

DSCN6563

一袋180gで160kcalになってます。160kcalつーのは、ちょうどご飯一杯分なんですね・・・
ご近所では「速攻元気」よりお安いしカロリーも高いので、最近はこちらがメインでした・・・





以下参考に・・・

DSCN6566




DSCN6565

「トスカーナの休日」で買ったイタリアの濃厚液状タイプであります。レモン・コーラ味ですね。




DSCN6568

80mlで210kcal??? こちらは40ml(50g)入りなので半分の105kcalなんでしょうか???




同じくトスカーナで買ったエナジーバー(固形タイプ)・・・

DSCN6569



DSCN6570

こちらは30gで120kcalになってますね・・・




同じシリーズ・・・

DSCN6571



DSCN6572

こちらは35gで156kcal・・・

やはりエナジーバー(固形タイプ)はグラムあたりカロリーが高いです。



ま、固形とゼリーの中間つーか、しっとりして食べやすく安価でグラムあたりカロリーも高いのは・・・



以前にも紹介してますが、なんといっても・・・

DSCN6573

安物の羊羹であります。




カロリー補給がメインなら安物でも充分ですし・・・

DSCN6575

グラムあたりカロリーは専用エナジーバーには若干負けてますが、パサつかず食べやすいし、
ニッポンの「まったり休憩」には「お茶と羊羹」も外せません。きっぱりとじゅるじゅる

これからのシーズン、「熱いお茶と羊羹」とか「熱いコーヒーとチョコレート」とかでほっこりするのは、
けっこうな贅沢で、そのためには通常ボトルに加えて魔法瓶かクッカーも必要になりますが・・・

って、毎回お気楽ポタばかりで消費カロリーより摂取カロリーのほうが高くなってるのか・・・
しかもポタ昼食ではいつもよりたっぷり食べるし、駅前宴会や帰宅後宴会ではさらにばくばく食べるし・・・




m98k at 12:35|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月09日

バルセロナ紀行4 バルめぐり!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

モンジュイック城から下りてきたらお昼を過ぎてたので、135年間ずっと建築中の教会は後回しにして、
念願の「バル(BAR)めぐり!!!」に連れて行ってもらうことにしました。

じつは旧市街を歩いているときにも、あちこちにバルがあり、ティエリーさんに訊いてたのですが、
バルとして飲食営業するのは早くても1時からで、2時からのところも多いとのことでした。
(このあたりはイタリアのバールとは異なるところで後述します。)

さらに旧市街周辺のバルは観光客向けが多いので、もっと地元らしいバルに行きましょう、
と、案内してくれたのは、ティエリーさんが以前住んでいたという市内北西側の住宅街。

で、地下鉄の路線を乗り換えて市内北西部へ・・・

DSCF6825

最寄り駅で下ります。



地上に出ると・・・

DSCF6829



DSCF6830

一階は店舗か事務所で二階以上は住宅になったビルが整然と並んでいる街区で、
いかにも都心の住宅街という感じ、確かにこのあたりには観光客も来ないでしょう。






DSCN4785

なかなか素敵な駐輪スペース・・・




と、まずはティエリーさんオススメ一軒目のバルへ・・・

DSCN4797






DSCF6832

わーい、しあわせじゃあ!!!







DSCF6833

時刻はご覧のとおり午後2時過ぎ、近所から軽く飲食する人たちが集まってきています。

ちなみにイタリアではバール、スペインではバルで語源は同じ英語のBARからきているそうですが、
入ってみると、かなり感じが異なりました。
イタリアのバールは基本的に喫茶軽食という感じで、トスカーナでは何度か朝食などに利用しました。
スペインのバルは基本的に居酒屋という感じで、朝はカフェテリア営業している店もあるようですが、
バルとしての営業は1時か2時からで、そのまま深夜までやってる店もあるし、夜からの営業まで
いったん閉める店もあるようです。

ティエリーさんによると、バルセロナの事業所の窓口業務は昼までが多く、デスクワークとかなら、
1時か2時ぐらいからバルで飲んで食べて私用を済ませたりして、夕方にいったん職場に戻り、
7時か8時ぐらいまで管理業務などの仕事をして帰宅するか、バルで軽く飲んで食べてから、
9時か10時ぐらいから本格的なレストランに行ったり、バルをはしごしたり、映画や観劇やスポーツなど
遊びに出かける、というパターンだそうで、バルは生活に不可欠な存在なんですね。

まあ、バールでもバルでもお酒もコーヒーも飲めるしレストランやカフェを兼ねている店も多いですが、
バルセロナでは別にカフェテリアも多かったので、やはりバルは居酒屋がメインなんでしょうね。
また、注文や支払いの方法も、バールとバルでは異なってました。
バルの店内はカウンター席と簡単なテーブル席が一般的で、表にテラス席のある店も多いようです。


閑話休題


テーブル席に座り「とりあえずビール」とティエリーさんに伝えたのですが「はいはい」というだけで、
いっこうにオーダーに行く様子がありません。
やはりイタリアのリストランテと同じで、ウェイターを呼ばずに来るのを待ってるんですね。

「この時間帯にバルに入るということは、それなりの飲食を楽しむ時間があるということ。
決して急いではいけません。あまり時間がない場合はカウンター席を利用します。
それより余裕があるならテーブル席へ、さらにゆっくりするならテラス席へ、が基本です。
それぞれの担当が確認してますので、タイミングをみてウェイターが来ます。とはいいつつ・・・
あんたはせっかちといわれる日本人の中でも、特にせっかちといわれる大阪人やったな・・・

「わははは、そのとおり。全国調査で大阪の平均歩行速度は東京を抜いて日本一じゃ!!! いらいら・・・」


と、例外的にオーダーに行ってもらって・・・

DSCN4787

まずはビールで乾杯!!!




で、カウンターの手前にあるのが冷菜のタパスで、向うの爪楊枝に刺してあるのが、
さらにお手軽なピンチョス、どちらもバルのはしごには欠かせないつまみ・・・

DSCN4788




と、ティエリーさんオススメのピンチョスをまたまたオーダーしてきてもらい・・・

DSCN4792

テーブルに届いた頃には、すでに一杯目のビールが空いてました。
さすが日本一「いらち(せっかち)」の大阪人!!! ぱちぱちぱち って、よろこんでる場合かっ!!!





と、さらにオーダーしてもらってたティアリーさんオススメの温菜のタパスも出てきたのですが・・・

DSCN4793

二杯目のビールがなかなか出て来ません。いらいらいら・・・

「こんなにゆっくり出てくるなら、タパスもピンチョスもおいしいし、種類もいっぱいありそうなので、
ここでまったりと腰を据えて、片っ端から食べ続けて飲み続けましょう!!!」

「いや、バルでは軽く食べて飲んで、次々と別のバルに移るのが地元の楽しみ方ですよ。」

「うーむ・・・どうしようかな・・・といいつつ、2杯目が来ましたね。ぐびぐび・・・」

と、おいしいピンチョス各種とタパス各種でかぱかぱ飲みつつ、ティエリーさんに伺います。

「バルセロナはトスカーナよりかなり西なのに標準時間は同じ、ということもあるのでしょうが、
昼食や夕食の開始時間がトスカーナより、さらに1時間は遅い感じですがいかがでしょう?
日本となら2~3時間ぐらいズレている気がします。ステイ先の夕食は9時からだそうですし。」

「9時ならかなり早いですね。もっと遅くから外へ飲食に出たり遊びに行ったりするのが普通です。」

「わたしが入院してた時の夕食なんか4時半からでしたよ。」と、うちの奥様。

「あははは、4時半というと、バルセロナでは昼食を食べ終える時間ですね。」

「まあ、わたくしが2年前に立ちゴケ骨折で入院した時は、さすがに6時からになってましたが・・・
ティエリーさんもご存知のとおり、日本なら仕事帰りに飲む時でも遊ぶ時でも、まあ6時か7時から、
で、いくら遅くとも平日なら12時か1時には帰宅して寝ますよね・・・
こちらも仕事や学校は朝9時からでしょ? 毎晩遅くから飲んだり遊んだりして、いつ寝るのか・・・
そうか、そのために長い昼休みのシエスタ(お昼寝)があるんですねっ!!!」

「いやいや、長い昼休みにお昼寝するのは農家など一部だけで、都市ではみんな起きてます。」

「えーと、夜は遅くまで飲んで遊ぶし、長い昼休みも寝ないとなると、いったい、いつ寝てるの???」

「だから・・・仕事中とか、授業中とか・・・あははは


DSCN4796

と、少し落ち着いたところで・・・




次の店に向かいます。

DSCN4799

こちらはたっぷりと時間がある人たちですね・・・





ティエリーさんオススメ2軒目のバルへ・・・

DSCN4803






DSCF6834







DSCN4804

バルセロナでもバルには必ずサッカーなどの中継用の大画面テレビがありました。






DSCN4805







DSCN4806








DSCN4809

同じバルといっても、つまみはまったく別種類で、こちらは肉類やチーズがウリのようです。




まあ、一軒目でけっこう食べたので・・・

DSCN4807

こちらでは軽く乾き物のタパスと赤ワインを一杯だけ・・・




で、最初はバルを延々とはしごするつもりだったのですが、前夜の睡眠不足と歩き疲れからか、
2軒はしごしてビール2杯とワイン1杯だけで、けっこう廻ってきました。ひっく

DSCF6835

「さて、次のオススメのバルは交差点を渡ったところに・・・」

「いや、もうけっこう廻ってきました・・・建築中の教会にも行かないといけないし・・・げふっ」



と、次に案内してもらったのは、ま、サンドイッチなどがメインのカフェテリアですね・・・

DSCF6836





こちらは日本と同じセルフサービス式で、やはりティエリーさんオススメの・・・

DSCF6837



DSCF6839

新鮮なミルクを使って専用のマシーンで淹れる名物のドリンク・・・




と、その左に見えている、やはり専用マシーンを使った・・・

DSCN4811

地元(といっても隣の州ですが)名物バレンシア・オレンジの搾りたてジュース!!!

ちなみに一杯分で、小ぶりでしたが6個のバレンシア・オレンジを投入してました。
見てると皮むきも全自動で、まさに果汁だけを抽出する専用マシーンなんですね・・・


と、こちらも地元名物のデザート(出来上がってて名前忘れたけど・・・)

DSCN4814



DSCN4815

いやあ、どれもおいしかったです。


ティエリーさんのカタルーニャへの愛情あふれるお話が続きます。

「うちではテレビも新聞もインターネットもカタルーニャ語なので、カタルーニャ独自の文化に浸ってますね。」

「ロードバイクはいかがです? ブエルタ・ア・エスパーニャとか・・・」

「あれはあくまでスペインのレースです。カタルーニャには独自のロードレースの大会があり、みんなそちらで
大いに盛り上がってますね。自転車もサッカーも大人気で盛んですが、こちらでは何といっても・・・」

と、見せていただいた資料がこちら・・・

DSCN4816

そう、スペインの闘牛に対してカタルーニャでは「人間の塔」で、やはり一時期、弾圧されていたのが、
今では最大のイベントとして一番盛り上がっているとか・・・



ちなみにこちらのお店・・・

DSCN4812


DSCN4810

ゲーム機やタバコの自販機もあり、飲み物や食べ物のテイクアウトもできて、日本でいえば、
喫茶店とコンビニの機能もあるようで、これはイタリアのバールに近いですね・・・

と、我々にとっては遅めの昼食となりましたが、この後はいよいよ・・・
135年間ずっと建築中のサグラダ・ファミリア教会へ・・・

(次号に続きます。)




m98k at 02:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月04日

トスカーナ紀行17 バルセロナへ???

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

7月24日はトスカーナからスペイン・バルセロナへの移動日で、この日がトスカーナ最後の日・・・
・・・のはずだったのですが・・・まあ、詳細はのちほど・・・


フィレンツェの空港へは夕方に着けばいい、ということで、朝からアレくんのお姉さんの嫁ぎ先へ・・・
昨夜シチリアでのサマーバカンスから戻られ、ご自宅に招待いただいてたのであります。

アレくんのお母さんの運転で、わたくしたち夫婦とクリくんがまず連れて行ってもらったのは・・・

DSCN4464

おいしいケーキ屋さん!!!




DSCN4463

そう、まずは朝食であります。いやあ、じつにおいしかったです。



で・・・

DSCN4466



DSCN4467



DSCN4470

サイクリストに導かれるように・・・



アレくんのお姉さんの嫁ぎ先へ・・・

DSCN4477





DSCN4476

広大な敷地の中に何棟も建物があって、大家族がそれぞれ各棟で暮らしておられるそうで、
これはローリスさん宅もある意味同じ、トスカーナでは一般的なんでしょうか・・・



せっかくなので・・・

DSCN4473

ご主人やそのお母さん、ご主人の姉妹の子どもたちと記念撮影・・・


ご自宅の内部も案内いただきましたが、個人宅ですので詳細は省略させていただきます。


こちらの大きな風景画は結婚記念にもらったというモンテカルロの油絵・・・

DSCN4480




で、こちらは帰り道からの風景・・・

DSCN4486

まさに、この家から見た風景だったんですね・・・





と、帰り道には古い教会にも寄っていただき・・・

DSCN4482

アレくんのお姉さんご夫婦が結婚式を挙げられた教会だそうです。



ま、帰り道でも・・・

DSCN4487

サイクリストはけっこう走ってました。



と、ローリスさん宅に戻り、最後の昼食であります。

DSCN4488

マルタさん手作りのおいしいパスタもこれが最後・・・





DSCN4493

ローリスさんの採れたてトマトやトスカーナの生ハムやチーズやサラミもこれが最後・・・




アレくんのお母さんがケーキ屋さんで買ってくれてた食後のドルチェも、食後酒も・・・

DSCN4495

って、食べる前に撮ればいいものを・・・




毎朝、窓から眺めていた・・・

DSCN4497

何年も前から建築中のお隣さんとも・・・



その奥に見える・・・

DSCN4499

モンテカルロの旧市街ともお別れであります。




マルタさんとはご自宅前でお別れ・・・

DSCN4509





アレくんともここでお別れであります。

DSCN4511



本当にお世話になりました。ありがとう!!!



と、心からの感謝を込めて・・・

DSCF6611






DSCF6606





フィレンツェの空港まではローリスさんとクリくんに送っていただきました。

DSCN4516

アルトパーショの旧市街ともお別れし・・・




DSCN4517



DSCN4520





DSCN4522

フィレンツェの空港へ・・・


ローリスさん、クリくんとも、空港の駐車場でお別れしました。
最後の最後まで本当にありがとうございました。 グラーチェ・タント!!!



と、2階の出発カウンターへ・・・って、この時はじめて気づいたのですが・・・

DSCN4521

1階・2階・3階はマレーシアなど英国式ではG・1・2だったんですが、ここでは0・1・2なんですね・・・



と、無事にスペイン・バルセロナ行きの搭乗手続きをして、まったりしてると・・・

DSCN4531

「ありゃま、バルセロナ空港行きの出発予定が4時間以上も遅れてるぞ!!!」

「まだよかったじゃない、その前のパリ・ド・ゴール空港行きなんかキャンセルだもん。」

「って、そういう問題ではなく・・・こんな時に重要なのは・・・」



そう、夕食であります。

DSCN4534

次々と焼きたてのピザが出てくるので、一人でLサイズ1枚分は食べたな・・・げふっ





DSCN4533

さすがに、この後どうなるのかわからないので、ビールやワインは我慢しましたが・・・
って、夕食にビールやワインを飲まなかったのは出発以来はじめてでした。


ちなみに、こちらのミネラルウォーターのボトル・・・

DSCN4528

750cc入りで飲み口が2段階になっていて自転車用ボトルと同じ仕組み、片手で絞って飲めるので、
ついつい空きボトルを持ち帰りました。



で、時間をかけた遅い夕食後も、出発予定がさらに1時間以上遅れ、やがて・・・

DSCN4535

「あははは、とうとうキャンセルになっちゃった!!!」

「って、深夜というか、もうとっくに日付変わってるし・・・」

と、バルセロナでの手配をしてくれている方々に連絡をとったりして、あたふたしてると、
航空会社から、指定するホテルに各自タクシーで行くように、との指示がありました。

タクシーが相乗りだったので、いったんフィレンツェの市街地まで戻り、再びプラトーに近い郊外へ、
ホテルのチェックインを済ませたのは、まさに夜明け前でした。


と、結局、7月25日の朝も、めでたくトスカーナで迎え・・・

DSCN4538




せっかくなので、遅めの朝食・・・

DSCN4541

デルタ航空系列のホテルでしょうか、朝食ビュッフェにはいろんなものがありました。



ただまあ・・・

DSCN4542

イタリア式のシンプルな朝食に慣れたので、比較的シンプルに済ませましたが・・・げふっ




で、バルセロナへの臨時便はこの日の夕方に飛ぶようなので、さらにまったりと昼食も・・・

ええ、せっかくなので・・・

DSCN4547




DSCN4548

同じ「キャンセル仲間」のスペイン・バルセロナ?のご夫婦と一緒に・・・




当然、パスタの後はメインディッシュとかも出てきたのですが・・・

DSCN4549

朝食が遅かったので、さすがに途中でお腹が苦しくなりました・・・げふっ


で、夕方前には空港に戻ったのですが、この日の夕方からフィレンツェはひどい雷雨になり、
予定時刻になってもバルセロナ行き臨時便の案内は一切なく、各便の発着も大幅に遅れてました。


ま、うちの奥様は・・・

DSCN4552




DSCN4551

空港内でまったりとお買い物を楽しまれてたようですが・・・

丸一日フィレンツェに足止めされ翌日も臨時便の案内がなく、果たしてバルセロナへ行けるのか・・・

と、気を持たせておいて、次号に続きます。



m98k at 12:05|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック