アマゾン

2020年05月09日

いのちの木を植える

とーとつに「いのちの木を植える」であります。

DSCN5198

岡田卓也・谷川俊太郎著 マガジンハウス 2007年12月20日 第1刷発行


そう、イオンの岡田卓也氏と詩人の谷川俊太郎氏の対談集であります。

DSCN5199

つーことなんですね・・・



例によって目次のみ・・・

DSCN5200

イオン環境財団からは、わたくしの所属していた海外植林ボランティア団体N.GKSでも、
国土緑化機構などからの助成金とあわせて、何度か植林費用の助成を受けてきましたし、
現在も植林ボランティア・ツアーの主催や各団体への助成をずっと継続されてます。
あらためて敬意を表する次第です。


以下、岡田卓也氏の言葉からいくつかを要約・・・

・昭和30年代、住んでいた四日市にコンビナートができて庭の南天の木に実がならなくなった。
続いて木犀の花が咲かなくなり、杉の木も枯れはじめた。この小さい頃の体験が原点。

・日本海側の店舗を廻っていると80年代後半ぐらいから沿岸の松が枯れるようになった。
亜硫酸ガスを含んだ酸性雨で弱ったところに松くい虫にやられたと考えられる。
最初は山陰の大陸に近いあたりから、現在(2007年)では秋田と青森の県境あたりまで北上している。

・20世紀は東西問題だったが21世紀は南北問題、そのキーワードは環境と考えて、1991年に
財団を設立、国内やタイなど各地の植林事業に助成、支援するようになった。

・イオンとして、はじめての植樹は海外で1995年マレーシアボルネオ・サバ州の荒廃地だった。

・当時は現地のボランティアを頼むのも難しく、日本からスタッフを連れて行って植えたが、
今(2007年)では海外でも多くの現地の方々に参加していただけるようになった。

・海外での最大の植樹活動は万里の長城で1998年から。
ボランティア参加の方々には一人10万円の旅行費を負担いただいたが、3年間で4000人が参加、
中国側からも学生や多くのボランティアに参加いただいた。

・店舗でお客様にツアー参加を呼びかけられるのが小売業の強み。

・新店舗がオープンするときには、必ずお客様と一緒に店舗周辺に木を植える。
・今の子どもさんは土に触れることが少ないので喜ぶし、自分が植えた木の成長に関心を持つことは
木や自然や環境に関心を持つ心を育むきっかけになるので、活動は小さくても効果は大きい。

・中国の沙漠では故・遠山正瑛先生の日本沙漠緑化実践協会などが熱心に取り組んでおられる。
・熱帯雨林では日本の製紙会社などの企業が積極的に支援しているがイオンはツアーでも行く。

・これまで(2007年現在)で760万本の木を植えたが、一人10本として76万人が植えた計算。
つまり76万人の「木を植えた男」がいることになり、考えてみると、これはすごいこと・・・

云々・・・わたくし、このような背景は知りませんでした。

そういえば、わたくしが初めてボルネオ島・サバ州のキナル森林保護区でサバ州の森林公社や
JICA派遣スタッフとともに植林した際も、イオン財団の看板があちこちにありましたねえ・・・

岡田氏も言っておられるように、現地の子どもたちと一緒に植林すると、木の成長に関心を持ち、
木や自然や環境に関心を持つ心を育むきっかけになるので、活動は小さくても効果は大きいですし、
彼らが大きくなった時に木も大きくなって恩恵を受け(我々はすでにこの世にはいませんが・・・)、
その際には、きっと彼らの子々孫々にも伝えて行ってくれるはず、と信じてやってきました。

さらに現地の子どもたちと一緒に植林すれば、現地の父兄や先生方も巻き込むことになるので、
その影響も大きいはずです。

ま、イオン環境財団はあくまで企業活動の一環ですから、我々が受けた助成金についても、
帰国後すぐの結果報告が求められてて、植林ボランティアつーのは植えた本数とかではなく、
(ご本人も書いておられましたが)10年先100年先にようやく結果が現れる事業なのに・・・
と思いながら報告書作成を手伝ったこともありましたが、財団でもツアーを実践されてるので、
使途不明金とかが出ないよう植えた苗木の本数や写真を報告させることも必要だったんですね。
そう、助成金が現地での飲み代とかに化けたりしないようにと・・・ふむふむ

いつか世の中が落ち着いたら、植林ツアーでも大いに宴会しましょう!!! 
ボルネオとか内モンゴルとかモンゴルとかアマゾンとか・・・じゅるじゅる



m98k at 22:33|PermalinkComments(0) mixiチェック

2017年12月11日

京都環境フェスティバル2017報告


昨日の日曜日、京都環境フェスティバル2017つーのに行ってきました。



京都駅からREX(らくなんエクスプレス)とゆーバスに乗り・・・

DSCN6577





烏丸通りを南下していくと・・・

DSCN6578






DSCN6579

どどーんと、ニンテンドー本社・・・は尻目に殺して・・・





DSCN6583

どどーんと、京セラ本社・・・



・・・の隣にある・・・

DSCN6585




DSCN6588

京都ブランドの発信拠点!!!京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)に到着。



さっそく一階にある大展示場へ・・・

DSCN6590



DSCN6591



DSCN6592

植林ボランティア団体N.GKS(エヌ・ジクス)の前身である「NGO緑の協力隊・関西澤井隊」の
過去の活動を紹介するブースを、N.GKSのボルネオ植林ツアーなどで何度も隊長を務められた、
切り絵作家のT富さんが個人出展されてたので、わたくしもお手伝いに行ってきた次第・・・



こちらが出展されてた16番ブースであります。

DSCN6598


DSCN6633




各ブースには〇✖式のクイズがあって、全ブースを廻って回答するとプレゼントがもらえる!!!
とゆー面白い企画になってて、T富さんが出された16番ブースの問題は・・・

DSCN6632

けっこう難しかったようで、「正解を教えて下さい!!!」と話しかけてくる来場者も多かったです。
難問をきっかけに来場者に説明できるというのは、なかなかうまい設問方法ですね。
ちなみに「ビールス」とあるのは「微生物」の意味ですが、正解がわからない方はコメント下さいね。

N.GKS代表の講演時には、ブースに誰もいなくなるので留守番をしてほしいと頼まれてたのですが、
それ以外の時間には特にやることもないので、各ブースをふらふらと見学しました。



会場内のミニ・ステージでは・・・

DSCN6602

自然系アイドルグループ!!!「ぽぽっぽくらぶ」のミニ・コンサート!!!とか・・・




DSCN6661

気象予報士・蓬莱大介さんと、お天気キャスター・斎藤雪乃さんの環境トークショーとかが・・・




テーマゾーンでは・・・

DSCN6594


DSCN6634



DSCN6635


DSCN6636



DSCN6645



DSCN6646

エコカーの展示とか・・・




こちらは・・・

DSCN6641

T富さんの主催する切り絵サークルの展示・体験ブース






DSCN6678

同じくT富さんの所属する自治会環境部のブース



こちらでは・・・

DSCN6679

電気を人力で生じさせるのは、いかに大変な労力かを体験するコーナーとか・・・




DSCN6656

火打石の体験コーナーとかをやっておられました。




ちなみに・・・

DSCN6660

「火打金」を関東の方言では「火打鎌」とゆーそうです。これまで知りませんでした。

まあ、わたくしが留守番しているときには、「こんなのより非常用にはファイアースターターですが、
むしろ使い切りライターを持つのが一番確実です。」と説明しておきましたが・・・げひげひ




以下、さくさくっと一部のブースをご紹介・・・

DSCN6608






DSCN6609






DSCN6617






DSCN6619






DSCN6620






DSCN6624






DSCN6628






DSCN6651






DSCN6652






DSCN6654






DSCN6662





DSCN6665






DSCN6666






DSCN6667





DSCN6671

官公庁やその外郭団体、企業やその関連団体の出展も多かったですが、ちまちまと活動している、
我々のような小さなボランティア団体の出展もけっこうありました。

みなさん、それぞれの分野で楽しく実践しておられる雰囲気が伝わってきて素晴らしかったです。
そう、自分が楽しめる範囲だけでも、何もしないよりはるかにマシなんですよね、地球環境には・・・




で、第一展示場のワークショップで行われた、

DSCN6675



DSCN6676

N.GKS代表による「世界の植林事情」と題した講演。





DSCN6683

ええ、わたくしはこの時、ブースの留守番でしたので、別の会員に撮ってもらった画像ですが・・・


と、今回はブースの留守番をしている間だけでも、多くの来場者や出展者とお話ができました。

環境問題については関心と知識をお持ちの方が多かったのですが、沙漠や熱帯雨林の現状や、
現地での植林活動については、けっこう誤解されておられた方も多かったです。
やはり実際に体験してみて、その経験を踏まえて情報を発信し続けることも大事ですね。





m98k at 22:22|PermalinkComments(3) mixiチェック

2009年04月11日

アマゾン植林ツアー画像サンパウロ編

わたくしの代理で行った次男の撮った画像で続けてきたアマゾン植林ツアーシリーズも、
(途中何度か、お花見記事が入りましたがにっこり)、いよいよ今回が最終回であります。

帰国報告記事にも書きましたが、3月7日に出発した植林ツアー一行の帰国日は、
帰りのニューヨーク一日観光も含めて3月19日、わたくしの次男は23日の帰国でしたから、
五日間ほど、ツアー一行と別れてから、サンパウロで過ごしたことになります。
ほんとうは、もっとゆっくり滞在したかったそうですが、授業やバイトの関係で、
あまり日程が取れなかったようであります。



んで・・・



五日間のあいだサンパウロで、いったい何をしてたんだはてな



とゆーのは、親としては気になるところであります・・・困った







で、わたくしに届いた画像と、抜けてる画像番号から、その行動を推理すると・・・








f1895ad8.jpg
このあたりが、お世話になった友人宅のようであります。






a7edb0aa.jpg
で、たぶん友人とその部屋・・・なかなか素敵なベッドルームじゃないか・・・






54ea640a.jpg
サンパウロ大学のジムへ行った、とかいってましたから、これがサン大でしょうか・・・







d4f6af44.jpg
んで、大学のキャンパスで逆立ちしたり・・・








618903b2.jpg
学生食堂はてなでランチを食べたり・・・









c7869086.jpg
コーヒー飲んだり・・・って、小指を立てるなっ、つーのびっくり









11b4910f.jpg
街にもでたりして・・・







7f9012ce.jpg
スーパーでお茶を買ったり・・・って、こんなブランド、日本にあったっけ・・・







1c018118.jpg
シェラスコ料理食べたり・・・いいなあ・・・本場だもんなあ・・・じゅるじゅるラブ






ff9eff65.jpg

eca32696.jpg


で、夕暮れになると女の子を誘って・・・って、おいおい・・・ショック






43f85914.jpg
夜の街へ繰り出して・・・



いったい、何をしてたんやっはてな・・・

カルナバルでもあったのかっはてな










964f1809.jpg
んで、ショーを見たり・・・って、アルゼンチンタンゴやないかっ・・・








878ca0e9.jpg
また、お夜食を食べたりして・・・








75e80634.jpg
これはもう、空港でのお別れ場面やないかっびっくり
一人だけ、ポケットに航空チケット入ってるし・・・落ち込み






とゆーよーな、断片的な画像だけですので、詳細はわかりませんでしたが、
たぶんサンパウロ在住の同級生?(留学生)たちと、楽しく過ごしたようであります。
まあ、画像番号が途中スッポリと抜けてたのは、気になるところですが・・・困った

うちの次男がお世話になったみなさん、ともかくありがとうございました。すいません
今回参加された隊員のみなさん、ほんとうにお疲れさまでした。拍手
苗木代募集にご応募くださったみなさんにも、あらためてお礼申し上げます。すいません


とゆー次第で、アマゾン植林ツアー関連記事は今回でおしまいであります。



で・・・



次回本年12月予定のボルネオ植林ツアーには、ぜひご一緒しましょうねびっくりびっくりびっくり









at 13:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0) mixiチェック

2009年04月04日

アマゾン植林ツアー画像リオ、イグアス編

アマゾン植林ツアーに、わたくしの代理で参加した次男の撮った画像、
前回のベレン編に続き、今回はリオ、イグアス編であります。




リオたんといえばちまちま、リオ・デ・ジャネイロといえば、まずはコルコバードの丘であります。
d10fbd42.jpg
譜面雲にそびゆる高千穂のぉ・・・あっ、曲調がちがうな・・・やはりラテンリズムで・・・にっこり






で・・・
b3591c1e.jpg
どーやって登るのかと思ってたんですが、こんなアプト式登山鉄道があるんですねえ。

ちなみにわたくし、香港のビクトリア・ピークには、
たしかケーブルカーで登ったような気がしますが・・・思い出せないぞ・・・
二階建てバスの二階席で、ばしばし木の枝が当たったような気もするし・・・
そうか、その様子をケーブルカーから眺めてたのか・・・困った





で、山頂からリオの街を見下ろすキリスト像・・・だったかな・・・
2d58f9aa.jpg

って、足なんて、上げてないでしょうがぁにっこり







a6d0e4fa.jpg

8cc56024.jpg

c49c1cc9.jpg
なかなか魅力的な街並みのようですね・・・ドキドキ大





で、リオの街であります。
39ba19fe.jpg
これがカテドラル・・・かな・・・はてな







b73eda78.jpg
大阪長居スタジアム、ではなく、サッカーの聖地、マラカナンスタジアム・・・








で、リオからイグアスへ飛んで、あまりにも有名な・・・
593e0a23.jpg
イグアスの滝であります。









bc0ef148.jpg
いやあ、さすがに迫力がありそうですねえ・・・









今回は、アルゼンチン側からも「悪魔の喉笛」の滝壺まで迫る、とゆーことで・・・
7c6df12a.jpg
日本出発直前に両手を骨折した隊長との記念写真・・・

この滝は、ブラジル、アルゼンチン、パラグァイの国境になってるんですねえ・・・
ここで川下りしたかったなあ・・・ううっ悲しい






で・・・
e364cfb2.jpg


11fab52e.jpg
こちらがアルゼンチン側からの画像であります・・・たぶん・・・


きっと凄い迫力なんでしょうね、実際に近くで見ると・・・ううっ悲しい







今回は、すっかり観光記事になってしまいましたが、なにせ地球の裏側、
わたくしも簡単に行けない国なので、自分の画像ではありませんが、
もう一回だけお付き合いくださいね。すいません









at 23:35|PermalinkComments(7)TrackBack(0) mixiチェック

2009年04月02日

アマゾン植林ツアー画像ベレン編

途中、お花見マクド記事にっこりが入りましたが、前々回のマナウス編につづき、
今回植林ツアーの植樹先である、アマゾン河口部のベレン編であります。


ベレン近郊の植林基地、Asfloraの森に行く途中、バスがスタックしたようであります。
c6d89853.jpg

72f13c05.jpg
このトラクターが来て、なんとか脱出できたそうですが、未舗装の湿地を走るんですね・・・困った







で、いろいろあって、なんとか現地に到着したようです。
3eaece69.jpg
こちらが、Asfloraに手配してもらい、今回植樹した、3000本の苗木であります・・・

マホガニーなど、20種類以上の現地樹種の苗木ですが、当初は2000本でお願いしてて、
苗木代募集に多くの方からのご応募をいただいたため、急きょ追加したもの。






子どもたちに、日本から持参した桜とイペーのTシャツを着てもらっているところ・・・
45fdefe3.jpg
やはり、XLサイズは少なめでよかったかな・・・困った




撮影者(次男)がこの日、ずっと下痢だったため、植林地の全景がないのが残念ですが・・・








かわりに、次男の野グ○現場のアップなんぞを・・・



ショック



うんち



ショック



うんち



にっこり











5e7b5107.jpg


にっこり

6d2c648b.jpg


にっこり

6c7fbb79.jpg


にっこり

6de92651.jpg


にっこり

b5428d38.jpg


にっこり

8519e451.jpg


にっこり

9662ab4f.jpg

何度もしゃがみ込んで、こんなの撮ってたのね・・・にっこり



ちなみに、これらベレンに生息する花や鳥については、推測もできませんので、
詳しい方がおられましたら、ぜひコメントをお願いしますね。






んで、現地スタッフの方と・・・
a9519183.jpg


ちゃっかり記念撮影はしてるのね・・・にっこり






まだもう少し続きます。すいません










at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) mixiチェック