ウェア

2017年12月07日

いただきものサバイバルグッズ!!!

(いただきもの)サバイバルグッズのご紹介であります。

最近、川端さんと行動を共にする・・・つーか・・・
川端さんにあちこち連れて行ってもらう機会が何回かあり、じつはその都度・・・


高級サバイバルグッズをいただいてたのであります。むひひひ



川端さんはここ2年ほどブログ記事の更新をされてないのですが、サバイバルグッズは着々と
更新されておられるようで、せっかくなのでこちらで一部をご紹介・・・

まずはこちら・・・

DSCN6547

釘抜き付きのバールであります。




DSCN6549

上は大きさ比較用のビクトリノックス・スーベニアで長さは約6cm・・・

そう、きわめてちっちゃな「バール」なのでありますね・・・

川端さんは、さらにチタン製か焼きの入ったのが欲しいとかおっしゃってましたが、
確かにサバイバルグッズとして「何かをこじあける」とか「何かを引っ掛けて引き抜く、ねじ曲げる」
といった用途に使えるバールは本来必需品です。

地震や火事で歪んでしまった鉄扉や障害物などをこじあけて、活路を切り開くためにバールは
ビル管理や救助隊では必ず用意してますし、自宅やクルマや職場でも常備しておくべきでしょう。

ただし、いつもEDCする最低限のサバイバルキットには、通常のバールでは重くて嵩張りますので、
入れておくわけにはいかず、せいぜい小さなマルチツールで代用するしかありません。

ところが、小さなマルチツールに付いているドライバーなどで何かをこじあけようとしても、
力点が小さいのでうまくいかず、ナイフのブレードでは薄すぎて折れてしまいそうです。

こちらは小さくても「こじあけるための」バールですから、それなりに力を入れることができるので、
実際にこれをいただいてから、瓶のフタをこじあけたり、ちょっとした歪みを戻したりするのに重宝しており、
川端さんも「少しの歪みでも素手では絶対に戻せませんがバールを使えば戻せる場合もあります。」
とおっしゃってましたし、「てこの原理」をそのまま体現してるのがバールなんですね。

僅かな力で「こじあける」ことができるというのは、確かにサバイバルでは重要な要素だと思いました。





で、こちら・・・


DSCN6544

チタン製で収納式の・・・






DSCN6545

「爪楊枝」であります。ま、文房具としては「千枚通し」になるんでしょうか・・・

「先の尖った硬いもの」とゆーのは日常生活でもけっこう頻繁に使うもので、家庭や職場なら千枚通しを
使ったりしてますが、アウトドアならせいぜい救急キットに入っている針か安全ピンがあるぐらいで、
トゲなどで皮膚をほじくる程度ならこれでいいのですが、もっと強度や長さが必要な場合は困ります。

こちらもナイフやマルチツールで代用することが多いのですが、細かい作業でもっとしっかりした
「尖ったもの」が欲しいと思ったことは何度もありました。

他にどんなサバイバルシーンで必要となるのかは思いつきませんが、どうなんでしょうね?

ま、わたくしはフォークがわりに何かを突き刺して食べる、とゆーシーンが最も多いでしょうが・・・
そう、大阪人の活力源であるたこ焼きを、あらゆるシーンで作ったり食べたりするのには必携・・・


と、ともかく今回いただいた2点については、さっそく・・・

DSCN6550

キーホルダーのビクトリノックスとフェニックスに追加させていただきました。




で、こちらが・・・

DSCN6551

やはり川端さんからいただいた、SOLのサバイバル・ポンチョであります。

わたくしの愛用しているお安い簡易ポンチョは65gで、こちらは90gになってます。
ただし、わたくしのは使い切り前提のペラペラで耐久性・保温性はまったく期待できません。

いっぽう、こちらの高級品は上記リンク先にもあるとおり、身体からの放熱の90%を反射させるうえ、
しなやかでベリベリしない生地で、引き裂き強度などの耐久性もけっこうありそうです。

実際に過日のVAPEのOFF会でwingさんと被ってみたところ・・・

「おおっ、こりゃあ暖かい!!! これならレスキューシートやビビィザックがなくても保温は充分ですね。」

「そう、これを被ったままリュックの上などに座り込んで膝を抱えて仮眠することもできそうですね。
さらに木や岩などに背中と頭を預けることができれば、もっと快適に仮眠できますね。」

「でもまあ、自転車での走行時や夏の歩行時の雨具としてはちと暑すぎるかな・・・」

「うーむ、まさにビバークも前提としたサバイバル専用つーところでしょうね・・・」

そう、軽い山歩きでも雨具とは別に薄いレスキューシート(サバイバルシート)ぐらいは持ちますが、
ツェルト(簡易テント)まで持ち歩くのは重いですし、風雨の中での使用も慣れないと大変です。

これならひとつで非常用の雨具と保温用具(仮眠用具)を兼用できるので、山歩きに限らずEDCすべき
最低限のサバイバルキットに入れておくのには最適かも知れません。
さすが、いろいろ試してキットの中身を厳選している川端さんの選択です。




で、ついでに・・・

wingさんから巻き上げたいただいたサバイバルグッズ???がこちら・・・

DSCN6553





DSCN6557

ロープ・ストッパーつーかコード・テンショナーつーか、いわゆる「自在」の一種ですね。


わたくし、一番ちっちゃい穴の使い方がわからず、wingさんに教えてもらったのですが・・・


こんなふうに使うようです・・・

DSCN6555

「でも、これだとふつーの(お安い)自在でもよかったんじゃないの? もらっといて、ゆーのもなんだけど・・・

「いやいや、ふつーの自在だとペグ打ちする場合などはいいのですが、木などに巻きつける場合は、
コードをいったん巻きつけてから自在を通して端を結ばねばなりません。
これだと巻きつけるだけでテンションがかけられますし、ホテルの部屋で物干し用のコードを張る際にも
すぐに使えて便利ですよ。
さらに非常の際にはエイト環がわりに懸垂下降に使うことも可能かと・・・」

「まあ、それならサバイバル用にコードとともに持ち歩く価値はある・・・のかも知れませんが・・・
これに使えるコードといえば、せいぜいパラコードぐらいまででしょう。ダブルにさえできなさそうだし・・・」

「確かに本体の強度は不明ですが、パラコードはシングルでも一人分の体重ぐらいは支えられるはず・・・」

「ま、そーっと慎重に・・・といってもパラコードの細さで速度調整できるほどフリクションが効くのか・・・
それにエイト環ならカラビナを通してハーネスで体重を支えるけど、こんなちっちゃい穴では・・・」

「まあ他に脱出手段がない場合に、これに賭けてみるかどうかですね・・・要りませんか?」

「いやいや、少なくとも旅行用や立木への巻きつけ用には便利そうなので・・・じゅるじゅる

と、ありがたく巻き上げたいただいた次第。



いやあ、川端さん(とついでに)wingさん、ほんとにありがとうございました。

ま、わたくしがEDCしているサバイバルグッズなら・・・

DSCN6552

いつでもプレゼントしますので・・・

ちなみにビクトリノックスは大きさ比較用でプレゼント用ではありません。げひげひ





m98k at 03:33|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年11月15日

フルフィンガー・グローブ!!!

これからの季節に備えて・・・

はじめてフルフィンガータイプのサイクル・グローブを買ってみました。

ええ、指切りタイプはスゴイのを使い切れないほど買ってしまったけど・・・ 

フルフィンガータイプはモーターバイク用の革製ツーリング・グローブがあるだけでした。



じゃーん

DSCN6239




DSCN6242




DSCN6243







DSCN6247

HAND CREWのSF-3-2でカラーはレッド、サイズはXLであります。



DSCN6246

台湾のブランドだと思ってましたがタグは韓国語で裏にはMADE IN CHINAとありました。

現在使っている指切りタイプもHAND CREWで使い勝手がよく、サイズもXLでちょうどだったので、
同ブランド同サイズにしましたが、こちらはわたくしには親指部分がやや長かったです。
さらに母指球反対側のパッド(画像でGELと書いてある部分)が指切りタイプより薄くて小さかったです。

わたくしはブラケット部を握るとゆーより、その手前にこの部分を載せて、のんびり走ることが多いので、
ここには厚いパッドが欲しかったところです。ま、長距離を走るわけでもないけど・・・へらへら

特に冬用というわけではありませんが、薄くても指先があると、やはり「冷え」がちがいますね。
そう、これまでは指先が冷たく感じるようなことはなかったのですが加齢とともに・・・げほげほ・・・

指切りタイプだと、携帯なんぞのキー操作でもトイレ休憩でも、極端なハナシ食事休憩の際でも、
装着したままでも特に不自由はないのですが(手を洗う際にそのままだとズブ濡れになります。←実体験)、
フルフィンガーだと、その都度外さないとやはり不自由ですので、頻繁に休憩を繰り返すわたくしは、
基本的には指切りタイプです。

ただ、怪我に備えて夏でも常にフルフィンガータイプを装着される方(aralis540さん)もおられますし、
逆にロードレースを見てると、手先に伝わる感覚を優先するためか素手のレーサーもけっこう多く、
ま、何を優先するかで決める、とゆーことなんでしょうね・・・
わたくしはお気楽に走るための振動吸収性と休憩時のお手軽さを優先して指切りタイプですが・・・











m98k at 00:15|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月02日

トスカーナ紀行16 定点観測とショッピング

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

7月23日は日曜日・・・

ということで、朝はゆっくりと朝寝坊して・・・

DSCF6541

カフェが併設されたパスティッチェーラ(ケーキ屋さん)へ・・・


まずケーキ屋さんで好きなケーキを選んで・・・

DSCN4261




DSCF6542

併設されたカフェのほうで・・・



DSCN4265

まったりと朝食・・・



さすがに日曜日、帰り道では・・・

DSCN4267




DSCN4266

いつもより多くのサイクリストを見かけました。

で、帰宅後はのんびりと過ごしてたのですが、わたくしはローリスさん宅近くの幹線道路に出て、
「定点観測」をすることにしました。

そう、これまで歩きながらやクルマの中からサイクリストの画像は撮ってたのですが、同じ場所から、
一定時間にどんな自転車がどのぐらい通過するのかと・・・ええ、なにせヒマですから・・・


撮影時間は9時40分ぐらいから10時10分ぐらいまで・・・

DSCN4272

さっそく1台が枝道から出てきました。これまで幹線道路を避けて走ってたのでしょうか・・・

ちなみに右がどちらかといえば山方面、左がどちらかといえば市街地方面になります。、





DSCN4273

右側通行なので道路を横切って右側車線に入りました。




こちらも市街地方面から山方面へ・・・

DSCN4274

よく見ると反対側から1台やってきます。



DSCN4275

もう、ひとっ走りして下りてきたのでしょうか・・・



以下、さくさくっと・・・

DSCN4278



DSCN4280


DSCN4285



DSCN4290




DSCN4294



DSCN4298




こちらはご夫婦でしょうか・・・

DSCN4302




って・・・

DSCN4303

脱いだジャージが見当たりませんので最初から着てないようですね・・・

と、数えてみると30分で13台・・・ではなく・・・
撮影が間に合わなかったり、ブレてアップできなかった画像が5~6台分はありますので、
30分で20台ぐらいのロードバイクが通過していたことになります。

日曜日とはいえ中途半端な時間帯でしたし、幹線とはいえ他にも「ローマへの道」とか多くの道路が
あるので、この周辺だけでも当日のロードバイクの数は相当なものだと思われます。

クリくんによると、イタリアではロードバイクはサッカーと同じで「見て楽しむ」スポーツだったけど、
最近になって自分で乗って楽しむ人がけっこう増えてきた、とのことでした。
日本では「見て楽しむ」人はまだ少数ですが、自分で楽しむ人は(わたくしを含め)ここ数年、けっこう
増えてきており、これはマレーシア・ボルネオでも現地のN嶋さんが同じ状況といってましたから、
歴史的・文化的な違いを別にしても、世界的な増加傾向なのかもしれませんね。

ただまあ、絶対数はやはりこちらが圧倒的に多く、特に年配の人たちが気軽に楽しんでいることと、
みんながロードバイクを(乗らない人でも)よく知っていることは、今回あらためて感心しました。


と、この後はローリスさん宅周辺を散策したり、部屋で荷物を整理したりしてのんびり過ごし・・・

昼食であります。じゅるじゅる

DSCN4314

まずはマルタさん手作りのミートソース・パスタから・・・





DSCN4315

チーズをたっぷりとかけていただきます。旨いっ!!!



で、メインディッシュは・・・

DSCN4316

やはりマルタさん手作りのタラのオリーブオイル焼き・・・というかオリーブオイル煮込み・・・






DSCN4318

レモンを絞り、さらに新鮮なオリーブオイルをたっぷりとかけて・・・旨いっ!!!





DSCN4319

フルーツなどもいっぱい・・・




DSCN4320

食後酒などもいっぱい・・・ひっく



午後からはアレくんクリくんが大きなショッピングセンターに連れて行ってくれました。

DSCN4333

こちらが巨大な専門店街・・・



で、こちらが巨大な(日本でいえば)ホームセンター

DSCN4332

「DOMENICA APERTO」日曜日もオープン・・・というのがイタリアではウリなんですね・・・




屋外にテントなどを展示してるのは日本のホームセンターと同じですね。

DSCN4335

アウトドア用品はケシュア製品ばかりでしたが・・・





とりあえずスポーツ用品売り場へ・・・

DSCN4336

日本の大きなスポーツショップより、はるかにデカいブースでした。



入り口前にBBQ用品などシーズン物が置いてあるのも同じ・・・

DSCN4334

こちらはけっこう本格的ですねえ・・・



で、まずは自転車売り場へ・・・

DSCN4339



DSCN4341

ヨーロッパでは子供用自転車は少ないと聞いてましたが、年齢別に様々なサイズがありました。
殆どがマウンテンバイク・タイプでしたが、これはやはり石畳が多いからでしょうね。





DSCN4343

ママチャリ・タイプも少数ですが置いてました。


いっぽう大人用は・・・

DSCN4352



DSCN4355



DSCN4356


DSCN4358



DSCN4357

それこそ物凄い数・・・って、すべてビトゥイン・ブランドばかりでしたが・・・



サイクル・シューズも・・・

DSCN4345






サイクル・グローブもサイクル・キャップも・・・

DSCN4347





サイクル・ジャージも・・・

DSCN4348



DSCN4346

こちら、いかにもイタリアらしいですね・・・



サドルも・・・

DSCN4340





サイクル・ヘルメットも・・・

DSCN4349




特価品もありました。

DSCN4351




って、よく見ると・・・

DSCN4350

国際的な展開のようですね・・・



ちなみにこの後、さらに大きなアウトドア用品売り場も行きましたが、こちらはケシュア・ブランドばかりで、
やはりDECATHLONとゆーのは国際的な展開のようです。


で、日本のホームセンターにはまずないであろう・・・

DSCN4363

狩猟用ウェアやシューズの専用コーナーであります・・・
ホームセンターに専用コーナーがあるほどですから、狩猟は一般的なんでしょうね・・・





DSCN4364

セールでけっこうお安くなってるのね・・・じゅるじゅる
と、ついついロングソックス3足組(Lサイズ)を買ってしまいました・・・
いわゆるニッカーホースというやつで、日本では通販でも、わたくしのサイズ(日本サイズでXL)や、
こんな色合いがないし、しかも高級品ばかりでお高いし・・・




それにこちらも、日本のホームセンターでは絶対にあり得ない・・・

DSCN4362

乗馬用品の専用コーナーです。
やはりスポーツとしての乗馬もホームセンターに並ぶぐらい一般的なんでしょうね・・・



とまあ、スポーツ用品だけでなく一般的なホームセンターのコーナーも廻りました・・・

DSCN4389



DSCN4388



DSCN4387

ええ、懐中電灯コーナーだけでしたが・・・




ちなみにアルカリ電池のお値段は・・・

DSCN4391

ま、こんなものでした・・・日本の100円ショップよりは高いですね・・・うーむ・・・





で、専門店街のほうへ・・・

DSCN4395




通路にSkyのブースがありました。

DSCN4402

スカイって、ヨーロッパ最大の有料放送だったんですね・・・チームスカイしか知らなかったけど・・・



ちなみにカメラのお値段はこんなもの・・・

DSCN4400

さすがにニコンやキャノンは日本の量販店の方がお安いようです。



ま、こちらはおなじみ・・・

DSCN4405




と、駐車場に戻り・・・

DSCN4407






DSCN4408

のんびりと帰宅して、またまたまったりして・・・


夕食であります。

今夜はピザパーティ!!! 前回とは別のお店からの宅配であります。

DSCN4422

こちら・・・




DSCN4423

中味はヘルシーなんですが、生地の量は倍ですね・・・じゅるじゅる





DSCN4429



DSCN4432

前回と同じく日本のLサイズ相当を各種一人一枚分・・・




と、思ってたら・・・

DSCF6581

テーブルの端にまだ3枚残ってますね・・・



そう、この日は・・・

DSCN4438

アレくんのお母さんとアレくんのお姉さん夫婦、その子どもたちがシチリアでのサマーバカンスを終え、
トスカーナに戻ってくる日で、予定より少し遅れて到着されたのでありますね。





DSCN4441




まあ、せっかくなので・・・

DSCF6592

到着したみなさんにも、日本酒と梅酒を試していただきました・・・

と、この夜も延々と飲んで食べて、トスカーナの夜は更けていくのでありますね・・・ひっく


(次号に続きます。)




m98k at 10:11|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月31日

トスカーナ紀行14 バッキーニバイク!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


トスカーナ紀行、今回はバッキーニバイクBachini Bikesのご紹介であります。

シモーナさんの案内でピサを散策し、シモーナさんとマウロさんがやっているアグリツーリズモのお宿を訪問、
トスカーナ伝統の家庭料理をいただき、シモーナさんにローリスさん宅まで送っていただきました。

夕食まで時間があり、うちの奥様はマルタさんとお出かけ、わたくしはのんびりとポタリングへ・・・


アルトパーショ中心街への入り口にあるバイクショップが・・・

DSCN4249




DSCN4239

Bachini Bikes バッキーニバイクであります!!!




お店の前に停めてあった、お客さんの自転車もなかなかのもの・・・

DSCN4233




DSCN4237




DSCN4234






と、まずは窓ガラスに映る自画像を撮って・・・

DSCN4231

よく見ると土曜日以外は3時半から7時半の営業で日曜日と水曜日がお休みなんですね・・・
何度か前を通った際に閉まってたので不思議に思ってました。




と、さっそく中へ・・・

DSCN4236





DSCN4235





DSCN4240

ここはビアンキのオフィシャル・ディーラーなんですね・・・





「あのう・・・トスカーナのオリジナル・ジャージとかはありますか???」

DSCN4241

「前にあるのが、この店のチームジャージでオリジナルだよ。日本人???」

「ええ、獣医のローリスさん宅にホームステイしてます。わたくしのサイズはどうでしょう???」

「うーむ、このLサイズかな・・・一度着てみて・・・あははは、ゆったり着るならXLサイズだね。」

と、倉庫から持って来てくれました。



ついでに・・・

DSCN4242

「こちらのエナジーバーとかでイタリア製はありますか?」

「すべてイタリア製だよ。お土産にするの?」

「ええ、日本の自転車仲間へのお土産に・・・じゃ、これとこれとこれを・・・」

「じゃあ、これとこれも一緒に入れておいてあげよう。」

と、サービスしてくれ、忙しい中、店内を案内してくれました。

DSCN4244





DSCN4245

オールドバイクも人気のようです。





DSCN4246

こちらが裏口、やはり奥に深いお店でした。





DSCN4243

「おおっ、ヴィットリアのタイヤですね!!!
神戸の友人がカレラのフレームにフルクラムのホイール、ヴィットリアのタイヤなんですよ。」

「まさにイタリア車だね。」

「彼のコンポーネントはカンパニョーロではありませんが・・・」

「あははは、日本ならシマノだろ。ロードに乗ってるの?」

「はい、スペシャライズドのルーベです。
最近、ホイールをシマノに、タイヤをコンチネンタルに換えてもらいました。」

「米日独の組み合わせだね。日本もよさそうだなあ・・・フジヤマとかヒルクライムしてるの?」

「いや、ヒルクライムは苦手なので富士山とか高い山へは行きません。
琵琶湖レイクとか淡路島アイランドとかを一周・・・
・・・できずに途中でリタイアしてますが・・・あははは

「ぜひ、そのジャージを着て日本のロードを走ってる画像を送ってよ!!!」

「そうします。ま、日本の夏は暑いので秋になりますが・・・とりあえずは・・・」

と、お店に来てたお客さんに頼んで・・・

DSCN4248

記念写真を撮ってもらいました。

とても親切にしていただき、ありがとうございました。



で、こちらが・・・

DSCN3853


DSCN3852

バッキーニバイクのチームジャージ!!! ・・・のXLサイズ・・・



DSCN3854

100%イタリア製ハンドメイド・・・それでもパールイズミなどを定価で買うよりずっと安かったです。



まあ、こちらのエナジーバーやエナジージェルは・・・

DSCN3856

自転車仲間へのお土産用ということで買ったりサービスしてもらったりしたもの・・・なんですが・・・
やはり自分で使おうかな・・・げひげひ

(次号に続きます。)



m98k at 10:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月10日

ハイドロライト・ジャケット!!!


とーとつですがハイドロライト・ジャケットであります。

じゃーん

DSCN0785




DSCN0795

HydroLiteとゆー素材を使った、おなじみSUGOiスゴイのレインジャケットであります。

ええ、例によって一瞬だけ税込み定価の1/4ほどになってたので、ついついポチっとな・・・


わたくし昨年の秋にスゴイのヘリウム・ジャケットつーのを買って、ずっと愛用してるんですが、
なにせヘリウムつーぐらいで極薄生地、軽くてちっちゃくなるし、それなりの撥水性もあるけど、
やはりレインジャケットとしては、やや不安だったもので・・・


こちらは・・・

DSCN0790

メッシュの表側に樹脂をコーティング、つーか、半透明ビニールの裏側にメッシュを貼り付けたような
感じですが、それなりの厚みがあります・・・
メッシュにしてあるのは、濡れてもジャージにベッタリくっつかない工夫なんでしょうね。
また、半透明になってるのは、着たままでジャージのゼッケンなどが見える工夫ですね。



脇の下には、

DSCN0789

いっぱい通気孔が穿たれています。




バックポケットは大きいのがひとつ・・・

DSCN0791

フラップが中央で縫い付けられてあり、これはバタつきで雨が侵入しにくい工夫ですね。


しかもポケットは内側に別に作られており・・・

DSCN0792




DSCN0793

外側からの雨が直接あたらいようになってます。

重量は200gで、ヘリウム・ジャケット100gのちょうど倍でした。
(どちらもアメリカンサイズのL、日本サイズではXL相当での実測)


仕舞寸法は・・・

DSCN0794

ヘリウム・ジャケットの倍・・・より、かなり大きいですね・・・

ま、これでもわたくしのモンベル・レインダンサーよりは軽くてちっちゃいですし、自転車用ですから、
それなりにフィットしてバタつかず、後身頃が長いので前傾姿勢でも雨が入ることはありません。

といいつつ、わたくしが雨の中をそれなりの速度で走り続けることはまずなく、途中で雨が降れば、
緊急用ポンチョを被ってゆっくりと雨宿りできる場所まで移動、あとは雨が収まるのをのんびり待つ・・・
とゆーパターンですから、本格的なレインジャケットを使う機会があるのだか、どーだか・・・うぐぐぐ

さらにわたくし、ゴアテックスのレインウェアでも、少しでも動くとすぐに内側がびちゃびちゃになるので、
こちらはそれ以上にびちゃびちゃになるかも知れませんね・・・ううっ



4/30追記です。

奥様に収納袋を作ってもらったので仕舞サイズの比較画像をアップしておきます。

DSCN0930

左からスゴイ・ヘリウムジャケット、同・ハイドロライトジャケット、モンベル・レインダンサージャケット




DSCN0932

本体重量は左から100g、200g、350g、サイズはどれも日本サイズXL相当。

比較的ゆったりと収納してますが、仕舞寸法の差はこんな感じです。
ヘリウムならサドルバッグの隅にでも、ハイドロライトならジャージのバックポケットに何とか入りますが、
レインダンサーは大型サドルバッグかデイパックがないと入りませんね・・・

(さらに自転車走行での雨具に関する追記メモです)

荷物を少なくするため雨具は持たず、降るようなら沿道のコンビニなどで使い切り雨具を購入する、
つーのもありですが、わたくしの場合、そこまで小型軽量化する必要もないかと・・・
とりあえず防寒・防風対策を兼ね、降水確率と季節で選択して、いずれかを持つことにします。

ちなみに山歩きとは異なり、自転車走行ではレインパンツは使わない人が多いようですね。
雨の夜間もずっと走り続けるとかなら、レインパンツやシューズカバーも用意するんでしょうが、
よほど寒い時期でもない限り、シューズと下半身の濡れはあまり気にしないようです。
雨に打たれ続けると風圧でどんどん内臓の温度が下がる上半身とは別の発想なんですね。

そーいや山歩きでも、わたくし上半身(とリュック)はカバーしてても下半身は短パンのままでした。
ただし山歩きで靴の中が濡れるとすぐに靴ずれになるので、最低限ショートスパッツは必携でしたが、
自転車走行の場合は単純な回転運動だけで、靴の中での動きがほぼ固定されているからなのか、
確かにズブ濡れになって漕いでても靴ずれしませんでしたし、足指凍傷などの心配がない限り、
靴の中が濡れてても漕ぎ続けることができるんですね。
さらに下半身にレインパンツがまとわりつく状況つーのは、山歩きの場合よりずっと嫌ですね。
まあ、寒い季節にはレインパンツとシューズカバーは要るんでしょうが・・・

ちなみにこの春の琵琶湖一周???には、今回のハイドロライトとあわせてイスカのレインチャップスも
いちおー持参して、雨にも少し逢いましたが、結局レインチャップスは装着しませんでした。
ま、雨上がり後の土埃なんぞが、背中側と靴にびっしりと付着してましたが・・・




m98k at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック