ウェア

2017年01月24日

サイクルグローブ比較???

(期間限定のお知らせ)
2017年3月に行くボルネオ植林ボランティアツアーへの苗木代ご寄付のお願い記事はこちらです
N.GKSサイトに持ち物リスト同補足記事ウェア・靴リスト注意事項記事をアップしてますのでご参考まで。




と、とーとつにalaris540さんの記事に対抗して、サイクルグローブ比較であります・・・

ま、こちらは季節外れのスリーシーズン用ばかりですが・・・




まずは・・・

DSCN0035

以前紹介したSUGOiスゴイのRC PRO GLOVEであります・・・







DSCN0036

そう、税抜き定価3.8kが某アマ○ンで税込み1.2kほどになってたのでポチったもの・・・







いっぽうこちらは、最近あらたに購入した・・・

DSCN0032

同じスゴイのNEO GLOVEであります・・・






そう、こちらは・・・

DSCN0033

税抜き定価2.8kが、なんと税込み0.62kになってたので、思わずポチっと・・・







さらにこちら・・・

DSCN0037

やはりスゴイのFORMULA  FX GLOVEであります・・・





なんとこちらは・・・

DSCN0038

税抜き定価4.7kが税込み0.64kになってたので、思わずついでにポチっとな・・・


あははは


ま、スゴイではレース用のFORMULA  FX、プロ練習用?のRC PRO、そして一般向けのNEOの順に
性能が落ちていく・・・つーことなんでしょうか・・・

うーむ、どれもまだ使ってないので、これらをどう比較すればいいのか・・・

とりあえず、誰でもわかる割引率を比較してみましょう・・・わははは
RC PROは税込み4.1kほどのが1.2kほどで約70%OFF
NEOは税込み3kほどのが0.62kで約80%OFF
FORMULA FXは税込み5.1kほどのが0.64kで約87%OFF
やはりFORMULA FXが最高(割引率)ですが、RC PROとNEOは逆転してますね・・・あはは

ちなみにスゴイはサイクルパンツとかでも同様のスゴイ割引価格になってることがあります。
でも、ふだんはせいぜい定価の10~20%OFFとかで、けっこうお高い製品なんですよね・・・
うーむ、ますます比較の仕方がよくわかりませんが・・・

ま、これだけあれば数年はサイクルグローブを買わなくてもいいのは間違いありません。
といいつつ、0.5kとかを切ってたら、またまたついついポチっとするかも知れません。
そう、フラッシュライト好きのライトと同じで、使い切れない数のスゴイ・グローブが手元に揃いそうで・・・
しかもXLサイズばかりなので一般人にはプレゼントもできないし・・・うぐぐぐ

そうか、わたくしスゴイ・グローブのコレクターになればいいのか・・・コンプリートで揃えるとか・・・











m98k at 01:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年01月05日

お年玉ジャージ!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月に行くボルネオ植林ボランティアツアーへの参加と苗木代ご寄付のお願い記事はこちらです。


とーとつに新春・お年玉ジャージ!!!のご紹介であります。

ええ、さすがに薄手一枚では寒くなってきたので、自分へのお年玉として冬用サイクルジャージをば・・・





じゃーん

DSCN9980

カラーはアーミーグリーン、サイズはXLであります。





ストロボを焚くと・・・

DSCN9979

白い部分がけっこう反射します。







背中側・・・

DSCN9987







ま、こちらも・・・

DSCN9986

けっこう光ります。





ポケットは背中側にファスナー付きがひとつだけ

DSCN9990








DSCN9982

このARSUXEOとゆーブランド、サイクルウェアではよく見かけますが、なんて読むんだろ・・・






DSCN9991

ううっ、漢字のほうもやはり読めましぇん・・・









DSCN9985

USサイズとEUサイズではL、CNサイズではXL、JPNサイズでは・・・たぶんXLでしょう・・・





DSCN9992

裏返して洗うのがポイントなんですね。




以下、ヤフーショッピングへ投稿した商品レビューをそのまま載せておきます。
(「商品レビューを書いて送料無料!!!」だったもので・・・)

アーミーグリーンのXLサイズを購入しました。
身長171cm体重74kgで薄いアンダーと薄いインナーの上から着用してぴったりぐらい。
お腹周りはゆったり、袖は長めで裾は短め、やや白人体型向きでしょうか。
心配していた縫製などはしっかりしてて生地も分厚くて丈夫そうです。
脇下と肘、肩先の黒い部分が薄手ジャージ生地で通気性と伸縮性はよさそうですが、
この部分の耐久性はやや不安ですね。
全体的にはけっこう分厚くXLサイズで重量は470gほどありました。
有名ブランド品に比べても遜色はなくコスパは高いと思います。
バックポケットはファスナー付きが中央にひとつだけですが、
ファスナーはなくても3ポケットにしてほしかったですね。

ええ、けっこうゴツくて仕舞寸法もデカく、暑くなって脱いでもサドルバッグとかには入りません。
ま、わたくしがこれを着用する期間は年間で3ヶ月もないでしょうね。ややきっぱりと

同様の製品でさらにお安いのもあったのですが色合いが好みではなく、お気に入りの色合いの
有名ブランド品はこれの3~4倍のお値段だったし、自分へのお年玉としてはこれで充分。
ま、あとはこれの耐久性ぐらいですね、ええ、新年早々の心配事は・・・




m98k at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年10月05日

トレッキング・ソックス

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加・苗木代寄付へのご案内記事はこちらです。


で、わたくし今週末から恒例の熊野キャンプに行きますので、しばらく記事の更新ができませんが、
どうかご心配なく・・・って、誰も心配してないか・・・あはは


つーことで、とーとつにトレッキング・ソックスのご紹介であります・・・

DSCN8894

ええ、ご推察のとおり・・・特別割引で半値以下になってたもので・・・







DSCN8895

高級メリノウール混紡で、消臭機能はじめ様々な機能が付いた登山向け。








DSCN8896

立体設計のため左右非対称だそうで、わかりやすいLR表示が付いてます。






いっぽうこちら・・・

DSCN8897

現在愛用中のやつなんですが、同様のLR表示がおわかりでしょうか・・・
ええ、よほど目を凝らさないと見えないので、わたくしてきとーに履いてました。


これらのトレッキング・ソックス、その名のとおり本来はトレッキング用なのですが、山歩きの回数が
極端に減ってるわたくしは、これからの季節のポタリング用に使うつもりなのであります。

サイクルパンツ(レーパン)を履いてみて気づいたのですが、サポート機能、特にコンプレッション効果で
確かに疲れが軽減されるつーか、それなりの距離を漕ぐ場合には効果があるように感じました。

これまでずっと「ぴっちりしてたら通気性は悪いし苦しいだけやないか・・・」と思ってたのですが、
ロードレーサーやトレイルランナーはもちろん、ふつーの山歩きでも街中のジョギングでも最近は
よくサポートタイツを見かけますし、テーピングと同じく疲労だけでなく怪我の予防効果もあるようですね。

昔は山歩きでもサイクリングでもスキーでもゴルフでも、すべてニッカーボッカーが正装でしたが、
これにガーター(ゲートル)を正しく巻いた場合、ふくらはぎには同様の効果があったんでしょうね。

着圧で不要な筋肉の振動を抑えて疲労を軽減、さらに血流を高めることで「むくみ」の原因となる
疲労物質が溜まるのも軽減するのがコンプレッション効果のようですが、ソックスやパンツなんぞは
まだいいとして、コンプレッション機能のあるぴっちり上衣つーのは、やはり(お腹が)苦しそう・・・

で、わたくしはゆったりめ上衣なのですが、やはりお腹の筋肉脂肪がぷるぷると振動して・・・
ま、これはこれでダイエット効果があっていい・・・のだろうかっ???





m98k at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年10月01日

半袖ポロシャツとか・・・

(期間限定のお知らせ)
2017年3月18日~23日・ボルネオ植林ツアーへの参加・苗木代寄付へのご案内記事はこちらです。
(さらに期間限定のお知らせ)
2016年10月8日~10日・熊野キャンプOFF会へのお誘い記事はこちらです。


今日から10月だとゆーのに・・・

涼しげな半袖ポロシャツのご紹介であります・・・


DSCN8875


一見なんとゆーことはない、ふつーの半袖ポロシャツ・・・





ただし・・・

DSCN8876

後身頃が長めになってて、背中の右側にポケットが付いてます・・・





さらに胸元のボタンが・・・

DSCN8877

じつはダミーで・・・







DSCN8878


ジッパーで開閉できるようになってます。






そう・・・

DSCN8890




DSCN8891

「サイクルベースあさひ」のバイクポロシャツXL(グレー)なのであります。きっぱりと


ええ、ご推察のとおり・・・夏物処分で半値になってたもので、ついつい・・・




で、さらに・・・

このお店の通販は3k以上のお買い物で送料無料になるので涼しげなサイクル・ジャージも・・・

DSCN8879



DSCN8880



DSCN8881

こちらはふつーにバックポケットがみっつになってました。






DSCN8892


なっ、なんかクロスワードパズルみたいな紙タグが付いてましたが・・・





DSCN8893


こちらはさらに定価の半値以下になってたもので・・・あははは


これで合計3kちょいになり送料無料になって、めでたしめでたし・・・だったのか・・・

もう長袖の季節だとゆーのに・・・あっ、だからお安くなってたのか・・・




サイクルウェアに関する一考察P.S
(ま、今回も考察つーものではなく、ただの感想なんですが・・・)

いちおーまともなロードバイクに乗りはじめて2年余りが経ち、エンデュランス・タイプとはいえ、
それまでのクロスバイクよりは前傾姿勢になりましたし、スピードも速くなって走行距離も伸びました。

以前のインナータイプのサイクルパッドからパッド付きのサイクルパンツ、いわゆるレーバンにすると、
バタつきや擦れがなくなった代わりに、当たり前の話ですがズボンのポケットがなくなりました。

まあ、ズボンのポケットを使うとペダリングの邪魔になりますし、ジッパーのないサイドポケットだと、
確実に中味が落ちますし、ヒップポケットはサドルに干渉するので中味を入れるなど論外・・・

で、走行中の荷物は全て自転車本体に持ってもらうのがベストなんですが、汗拭きタオルを入れたり、
トイレやコンビニなど自転車を離れる際に貴重品を入れたり、すぐに使うものを仮に入れておいたりと、
上衣にポケットがあれば便利なんですが、もちろんTシャツには付いてないし、ポロシャツの胸ポケットは
小さいうえジッパーかフラップがないと使えないし、山用パーカは冬限定のうえサイドポケットを使うと、
ただでさえ腹筋皮下脂肪で前傾姿勢が苦しいのに、ポケットがつかえてさらに苦しくなるし・・・

さらに走行中は常に前から風を受けてますので、胸元を開閉することによる体温調整効果は絶大、
山歩きよりはるかに影響が大きいので、片手で微調整できるジッパーがあるのとないのとでは大違い。

つーことで、やはり背中のバックポケットと胸元ジッパーの付いてるサイクルジャージは便利です。

で、同じサイクルジャージでも、ほんとは身体にフィットして風の抵抗が少なく、視認性のいいド派手なやつ、
さらにコンプレッション機能もあって筋肉疲労も軽減してくれるレーサータイプがベスト・・・

なんでしょうが・・・

そんなのでへらへら走ってるとサマになりませんし、だいいち、そんなタイトなのを着ること自体が、
慣れないと苦しいですし、ド派手な色合いは自転車から離れたら、ちと気恥ずかしいし・・・

つーことでレーサーらしくない、ゆったりフィットでアースカラーのサイクルジャージがいいのですが・・・
これが、なかなかないんですよね・・・ええ、一部の高級品を除いては・・・

最近は今回のポロシャツタイプや通勤用・シティライド用などと称する、ゆったりしたおとなしいタイプも
出てるようですが、まだまだ種類が少なく、お値段もそれなりですので、わたくしは吸湿速乾性のある
ふつーのTシャツやポロシャツと併用してますが、やはり後身頃が長くて背中のバックポケットと、
胸元ジッパーのあるサイクルジャージのほうが、使い勝手ははるかにいいですね。

ぜひ某ユニク○など量販店でも、一般用サイクル・ウェアとして(もっとお安く)販売して欲しいものです。
フリースやダウン、吸湿速乾性や発熱性のあるインナーなどのアウトドア・ウェアは、量販店でも
ディスカウント・ショップでも、今や定番になってますし、本格的なレーサータイプとかでなければ、
デイパックやサコッシュみたいに汎用性やファッション性も期待できるので、けっこう売れるはず・・・
と思うのですが、いかがでしょう。
ま、色合いについては、わたくしは滅多に車道を走らないのでアースカラーでいいのですが・・・




m98k at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年09月28日

ヘリウム・ジャケット!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加・特典付き苗木代寄付のご案内記事は
こちらです。
(さらに期間限定のお知らせ)
2016年10月8日~10日・熊野キャンプOFF会へのお誘い記事はこちらです。


で、とーとつにヘリウム・ジャケットHelium Jacketのご紹介であります。

DSCN8870



DSCN8873

いわゆるウインドブレーカーで雨具ではありませんが、撥水性ぐらいはありそうです。









DSCN8886

バックポケットは右側に小さいのが一つ、裏地もない極薄生地で、ともかく小型軽量が最優先。






DSCN8882

ま、脇下には通気孔が設けられ、その部分のみ補強されてましたが・・・






今回購入したのはアメリカンサイズのLで日本ではXL相当なんですが・・・

DSCN8883

重量はちょうど100g、小さくたためばタバコの箱ぐらいになります。








DSCN8887

おなじみスゴイSUGOiの製品、おなじみ某ア○ゾンの処分特価で定価の1/3以下になってたので、
ついついポチってしまいました。(よく見ると消費税5%の頃からの在庫品だったんですね・・・)

ちなみにアメリカンサイズのXLなら定価の1/5程度だったのですが、さすがにデカいかと・・・








DSCN8888

スゴイのコンフォート・システムではS3・・・何のことやら、よくわかりましぇんが・・・

また、スゴイ独自の防風&軽量素材「ヘリウム」を使用、ともありましたが、縫込みタグの表記は
「ポリエステル100%」となっており、「ヘリウム」とゆー軽いポリエステル生地を独自開発した・・・
とゆーことなんでしょうか、これもよくわかりましぇんが・・・



ま、こちらの説明は・・・

DSCN8889

よくわかりますね・・・わたくしはリラックス・フィットでもよかったのですが・・・



究極のウインドブレーカーに関する?P.S

本格的な秋になると、さすがに薄手の半袖サイクルジャージでは寒いので、山用の長袖インナーなどと
重ね着するのですが、さらに寒くなって真冬になってしまうと、わたくし滅多に自転車に乗らなくなるし、
たまにのんびり漕ぐなら山用のフリースやパーカで充分、厚手の長袖サイクルジャージを買うよりは、
むしろ小型軽量な薄手のパーカのほうが汎用性があって、少々の雨にも対応できるのではないかと思い、
お安いのを探していた次第です。

本格的な自転車用雨具としてなら、同じスゴイでもハイドロライト・ジャケットとかになるんでしょうが、
これより(高くて)重くて嵩張るし、だいいち最初から雨ならわたくしは走らないでしょうし、急な雨とかの
「その場しのぎ用」の雨具なら、わたくし超軽量ポンチョを常備してますので、春秋シーズンに常時これを
ジャージのバックポケットかサドルバッグに入れておいて、寒さを感じたら取り出して着用する
(その分、ジャージは薄手のままで耐える)とゆー使い方をするつもりです・・・

前からの寒風では、顔や手先足先も冷えてきますが、わたくしはそんなに気になりません。
ただ胸部や腹部が冷やされ続けると内臓(五臓六腑)の機能が落ちてくるので注意が必要です。
逆にその五臓六腑さえ寒風から守ってやれば、いつまでも走り続けることができる・・・はず・・・
そう、たとえ顔や手先足先が凍傷になろうが、五臓六腑さえ冷えなければ死ぬことはなく・・・
って、わたくし死ぬまで走り続けるつもりだったのかっ???

ごみ袋やレジ袋をジャージの下に挟むだけでも風による内臓の冷えを軽減することはできますが、
やはり気持ち悪いですし、首筋や肩から上腕にかけての冷えなどは防ぎようがありません。
上記の超軽量ポンチョをジャージの下に被れば効果的なんでしょうが、さらに気持ち悪いだろうし・・・

そーいや高級な冬用サイクルジャージ・パンツは前が防風素材で後ろが通気性素材になってますね・・・

ま、しっかり前傾姿勢をとれば風の抵抗は少なく漕ぐのもラクになり、一石二鳥なんでしょうが・・・
そのためには、しっかり腹筋や背筋や首の筋肉を鍛える必要があってですね・・・

それよりは小型軽量な薄手のパーカを一枚持つほうが、はるかにラクなわけで・・・へらへら

そうか・・・さらにラクな究極のウインドブレーカーとして・・・

断熱・発熱素材である皮下脂肪を溜めるとゆー方法があるな・・・総重量は増えても発熱消費するわけだし・・・
それには大量の脂質や糖質を摂取する必要があるけど・・・ま、そっちのほうなら・・・
わたくしツール・ド・フランスの出場選手にも決して負けない自信があるし・・・わははは




m98k at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック