オリーブドラブ

2020年07月26日

ランバーパックMとボルネオ学習会???

とーとつですがモンベル・ランバーパックMとボルネオ学習会であります。

???

この連休、いつもの懐中電灯仲間でこっそり遊ぼうと画策してたのですが、川端さんはお仕事、
赤チャリさんはお出かけつーことで、今回はわたくし98kとwingさんの二人だけに・・・

「じゃあ、わたくしが通販で、実家用にブルーレイ・プレーヤーを買っておきますので、
これまで録りためたボルネオ番組を見て、次回「チームフラッシュ光ツアー」に備えた
学習会つーことにしましょう。どうせずっと雨だろうし・・・
そうそう、来られる際のお土産には大阪駅のモンベルでランバーパックMを買ってきてね。
わたくし繁華街へ買い物なんぞに出かけるのは自粛中だし・・・げひげひ」

「なんとゆー身勝手な・・・こちらも今のご時世、電車に乗ったり繁華街に出たりは嫌です。
でも、カメラを入れるショルダーバッグを実際にお店で確かめてから選びたいしなあ・・・
ではクルマで郊外のモンベルへ行って二人で買い物してから学習会にしましょう。」

とまあ、お互いの物欲が一致、
金曜日の10時にwing号にピックアップいただいた次第。

と、やや前置きが長くなりましたが・・・

DSCN6814


DSCN6825

モンベルmont-bellのランバーパックLamber Pack、Mサイズであります。

そう、モンベル定番のウェストバッグで、わたくし(おそらく初号機の)ブラックを長年愛用
してたのですが、さすがに内側ウレタンコーティングがボロボロになって処分済みでした。

ウェストバッグ・ウェストポーチ・ヒップバッグ類は、まだ使えるモノがけっこうあるのですが、
このサイズがなかったので(自転車でのポタリング用にも)新調しようと思っていた次第。

ま、同じモンベルのサイクル・ランバーパックやトレイル・ランバーパックも軽くていいのですが、
普段のEDCにも使うなら、やはり丈夫で多機能なこれで、wingさんも長年愛用されてますね。

背面にはとーぜん・・・

DSCN6817

収納式のウェストベルトが付いてて・・・



DSCN6818




DSCN6819

コンプレッションベルトにランバーパックボトルケージつーのが装着できるのであります。



ただまあ、わたくしのは(ランバーパック初号機と同時に買った)年代物のため・・・

DSCN6824

やはり内側のウレタンコーティングなんぞはボロボロですが・・・
ま、伸び切ったエラスティックコードを交換すればまだ使えるし、もともと保冷機能がないので
薄くて軽く、装着したままで畳んで背面に収納しておけます。
ただし実際に使えるのは、ウェストベルト使用時に限られますが・・・



んで、本体ポケットのボトムは結構薄かったので・・・

DSCN6821



とりあえず・・・

DSCN6822

銀マットをカットして敷きましたが、いずれA3サイズのプラまな板を探して、型崩れ防止
兼用に曲げて入れておくつもりです。硬い平面はアウトドアで色々と使えるし・・・
(追記です。さっそく購入しました!!!)

ちなみに画像下のメッシュポケットにはキーフックが付いてました。


で、ふたつあるフロントポケットの大きい方には・・・

DSCN6823

スマホ収納用の内張り付きポケットがありましたがコンデジならここにも入りますね。

旧型を愛用されてるwingさんは、これを見て、
「あっ、ポケットが随分大きくなってる、やはり画面サイズの大型化に合わせてるなあ、
わたしのは今のスマホにはギリギリサイズだものなあ・・・いいなあ・・・
そーだ、どーせ98kさんはガラホだし、わたしのと交換してあげましょう!!!」
とかヌカしておられましたが、きっぱりと断っておきました。

ちなみにwingさんは各種のショルダーバッグを試して最終的にベルニナフラップショルダー
のMサイズを購入されましたが、なんと色合いはミリタリーオリーブを選択!!!

「その色合い、いいなあ・・・こっちはライムだものなあ・・・それちょーだい!!!」

「あげません、きっぱりと。OM-D E-M1mkⅢに300mmズームを付けてジャストサイズだし、
ポケットもいくつか付いてるのでレンズとか財布とかスマホとかも入るし・・・うひうひ」

と、物欲を満たした二人、まずはわたくしの実家で「アサヒ ザ・リッチ」で乾杯!!!

引き続き「ボルネオ学習会」に移行・・・する前に、徒歩で近くの韓国料理屋さんへ移動し、

DSCN6776

チヂミで2回目の乾杯・・・


さらに・・・

DSCN6781

ホルモン炒めで3回目の乾杯であります。



とりあえずの・・・

DSCN6782

完食・完飲後は近くのスーパーで夕食・夜食・朝食・甘味・飲み物なんぞを大量購入。


さらに帰宅途中でwingさんが駄々をこねて、結局自分で買ってた、たこ焼きで・・・

DSCN6785

実家に戻って4回目の乾杯であります・・・


で、食べつつ飲みつつ、これまでわたくしが録りためたボルネオ番組を次々と視聴・・・

DSCN6786

グヌンムル洞窟の2003年番組と2018年番組との撮影機材、特に照明機材の大きさの変化や、
300万匹のコウモリさんが織りなす「昇竜」撮影テクニックなんぞで盛り上がってたのですが、
さすがに二人とも前日は深夜まで起きてて睡眠不足で夕方の5時半にはそのまま寝落ち・・・
で、2時間ほどでようやく目覚め、さらにラオスの巨大洞窟やボルネオの昆虫・オランウータンくん
ゾウさんや幻のランやトリさんなどの番組を甘味とアイスコーヒーなんぞで次々と視聴・・・

「こんなの見てると撮りたくなってきたな・・・新しいバッグも試したいし・・・うずうず」

「じゃあ、以前行った住吉大社の御田に行ってみますか、ちょうど雨も止んでるし・・・」

「わーい、ちょうど赤色光で夜のサギさんとか撮りたかったんですう・・・わくわく」

と、すっかり日付が変わってから、二人で深夜の散策に・・・

DSCN6790

ま、今回はサギさんはおらずカエルさんなども見つかりませんでしたが・・・


DSCN6799

「何を撮ってるんですか?」

「いや、樹上に虫さんを見つけたので・・・ゴキさんかな・・・」


って・・・

DSCN6793

「人に赤色光を向けないで下さいっ!!!」

「ま、これなら視力の改善になるかと・・・むひむひ」

とか、ひっそりと楽しみながら、さらに24時間営業のスーパーで食糧・飲料を追加、
帰宅後はボルネオ番組を見つつワインなんぞをかぱかぱ、結局寝たのは4時前でした。

で、翌朝は10時に起床し、まったりと朝食後は引き続きボルネオ番組を鑑賞してたのですが、
NHK番組でも民放番組でも何度もテロップに(いつもボルネオ・サラワク州でお世話になってる)
N嶋さんのお名前が流れてましたね。

と、遅めの昼食は、近くにできた古民家カフェで日替わりのランチ・・・

DSCN6808

わたくしのご飯がやや多いように見えますが広角レンズのせい・・・にしておこう。

いやあ、今回もじつに楽しかったです。

モンベルまで送迎いただいたwingさんに感謝を込めて・・・

DSCN6810

と、土曜日の夕方には無事解散しました。めでたしめでたし・・・




m98k at 16:40|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年07月08日

エヴァンウィリアムス・・・

とーとつにヱヴァンゲリヲン・・・ではなくヱヴァンウィリアムスであります。


じゃーん

DSCN6437




DSCN6439

ケンタッキーで一番の(蒸留所の)ストレートバーボンだそうです・・・





DSCN6440

ウィスキーのボトルは700mlが一般的なので750mlつーのはちょっちうれしい。
ラベルもいい色合いだし・・・
ちなみにグリーンラベルつーのは36ヶ月=3年熟成モノ???




DSCN6444

で、さっそく・・・こぽこぽ、くんくん、むぐむぐ、ごくり・・・

愛飲しているアーリータイムスに較べると、ややまろやかつーか、ややかろやかつーか、
ガツンと来るバーボンらしさがやや少ないつーか・・・
同じ40%なんですが・・・
そう、口当たりは(滅多に飲めない)ジャック・ダニエルズにやや似てるような気も・・・

そのままでもいいけど、水割りやハイボールでかぱかぱやるのにいいですね。
そう、何せ750ccナナハン仕様だし・・・





m98k at 11:30|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年01月20日

ツールボックスとか・・・

とーとつですが、お世話になっている方からのいただきものであります。



ご本人がお仕事で愛用されてて、わたくしも「それ、いいなあ」と言い続けてた・・・

DSCN5138





DSCN5139


DSCN5140



そう、

DSCN5142

トラスコ中山の・・・




DSCN5155

プロツールボックス・ODグリーンであります。




このシリーズは、ごくふつーのシンプルなツールボックス・・・

DSCN5149



DSCN5150

なんですが・・・

お値段と軽さに較べた丈夫さ、プロユースでの信頼性・・・ついでに色合い・・・
と、トータルバランスではベストの製品ではないかと以前から思ってました。

ただネットでは以前より値上がりしてたのと、書き込みで少し気になる点があったので、
購入するか悩んでたのですが(いただいたので価格は別として)、気になってた点が・・・

DSCN5146

まずハンドル部の端仕舞・・・


そう、

DSCN5145

フタの凹んでる部分に雨水とかが溜まった場合、そのまま内部に浸水する構造なんですね・・・
ま、完全防水の「プロテクター」シリーズも出てますから、アウトドアでのハードな使用とかには、
そっちを使ってね!!!つーことなんでしょうが、さらにお高く重く外寸も大きくなることだし・・・


で、こちらをアウトドアでも使う予定のわたくしは、とりあえず・・・

DSCN5147

フタの裏側に同色の!!!ビニールテープをペタペタと貼ってみました・・・




さらにもう一ヶ所・・・

DSCN5151

鍵穴部分からも漏水の可能性があるので・・・




DSCN5153

やはり同色のビニールテープを・・・ええ、キャンプ宴会で鍵をかけることなんかないし・・・

ご本人は、屋内作業に使ってるので浸水は考えてなかったけど、屋外で使うならパテ盛りですね、
とおっしゃってましたが、わたくしはとりあえずテープペタペタだけ・・・
ま、これで浸水するようなら二ヶ所ともパテ盛りを考えないといけませんね。


ともかく、

DSCN5144

2019年4月製造の自衛隊納入品(のメーカー)だし、丈夫さは信頼できそうです。

そう、アウトドアに限らずソフトキャリーとかに入れて航空貨物として預ける場合にも、
100均プラケースでは実際に何度か破損したことがあったので、絶対に壊したくないモノ
(ライトとか酒とかライトとか酒とか)用には最適かと・・・

いやあ、じつに嬉しいものをいただきました。


で、さらに、こんなのも・・・

DSCN5158




DSCN5159

おでかけウェット「アウトドアボーイ」つーのと・・・




DSCN5161




DSCN5162




DSCN5163

カーキ色パッケージのアルミホイルであります。
さすがに中のアルミホイルはアルミ色だそうですが・・・

いやあ、どれもわたくしの琴線に触れるものばかり・・・うるうる
いつもお世話になっているY川さん、ほんとにありがとうございました。

ま、ビニールテープで浸水した場合はパテ盛り作業をよろしくです!!! むひひひ




m98k at 01:20|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年03月16日

LED充電式キャンピングランタン!!!その2!!!

(期間限定のお知らせ)
春の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。どなたでもご参加ください。


で、今回はLED充電式キャンピングランタン!!!・・・その2!!!であります。


じゃーん

DSCN1645




DSCN1646





ええ、前回のとは・・・





DSCN1647



DSCN1648

色合いが異なるだけなんでしゅが・・・ ま、なにせアースカラーだったもんで・・・へらへら

なので、スペックなど詳しくは上記リンク記事をご覧くださいね・・・



ま、

DSCN1650



DSCN1651

ラベルはびみょーに異なってましたが・・・

ちなみに前回のは某ア○ゾンのタイムセールで0.5k引きでしたが、今回は0.3k引きクーポンでした。
さらにちなみにバスウさんのはタイムセールで1k引きだったようです。いいなあ・・・



と、さっそく電池残量4(フル充電)にしてからの電球色比較であります。

DSCN1652

左が今回のアースカラー・・・ま、あまり大きな個体差はなさそうですね。



次に、今回のを高輝度(最高照度)で14時間連続点灯させて、電池残量1になった後の比較・・・

DSCN1644







DSCN1643


明らかに暗くなってますが、再びフル充電してからの低輝度(最低照度)状態と比較すれば・・・


DSCN1653

まだまだ明るいですから、二泊三日のキャンプなら充電なしでも使えそうです。

まあ、この200ルーメン弱のランタンふたつだけでも、4~5人程度のキャンプ宴会なら充分そうですが、
鍋の煮え具合や肉の焼け具合を正確に確認するには、もっと明るいメインランタンも欲しいところ・・・
あるいは、これをあとふたつ追加してタープの四隅から照らすとか・・・
はたまた当分は、これまで使ってたEX-777XPやwingさん特製雷神12灯と併用するか・・・
それともwingさんから明るいディフューザー付きの充電式ライトを強奪するいただくか・・・

さてさて、春の熊野キャンプまでにどうするかですね・・・わくわく






m98k at 00:16|PermalinkComments(3) mixiチェック

2019年03月12日

かいちゅうでんとう

(期間限定のお知らせ)
春の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。どなたでもご参加ください。


つーことで、じつにひさしぶりになりますが・・・

新しい「かいちゅうでんとう」のご紹介であります。


まずは1本目・・・の表表紙・・・

???

そう・・・

DSCN1625






裏表紙・・・

DSCN1626







奥付・・・

DSCN1631

みやこし あきこ さく 福音館書店 2018年11月10日 第1刷発行の絵本であります。
ちなみに英語タイトルは「TURNING ON A FLASHLIGHT」になってますね・・・

わたくしの知る限り、我が国で唯一のフラッシュライト本!!!が、昨年の11月に発行されてた!!!
(しかもハードカバーで!!!)つーことになるのですが・・・
他にも「かいちゅうでんとう」本をご存知であれば、ぜひコメント等で教えて下さいね!!!




もちろん著作権のある出版物なので、内容について詳しくは紹介できませんが・・・

DSCN1628

じつに素晴らしい「書き出し」であります・・・わくわく


寝る時間になり真っ暗になった自分たちの部屋で、隣に寝ている「おにいちゃん」と二人、
(おそらく新しく買ってもらった)自分の「かいちゅうでんとう」で遊ぶのですが・・・


お話の途中から、もう一言だけ・・・

DSCN1630

けっこう遠射もできる「かいちゅうでんとう」だったんですね・・・じゅるじゅる




つーことで・・・

2本目のご紹介であります・・・

98kおじさんも新しい「かいちゅうでんとう」を買いました。

じゃーん

DSCN1632


DSCN1633



DSCN1634

おじさんは「かいちゅうでんとう」をボディの色合いで選ぶんだぞ・・・げひげひ





DSCN1637

ま、はじめからレンズに傷がついてましたが・・・



「スイッチ カチ。」

DSCN1639





DSCN1635

「おじさん いいものもってるから くらいの こわくないんだ。」


(中略)


「もっと とおくを てらしてみよう。」

DSCN1636

「あ、ひかりがすじになって・・・」ないな・・・

おなじみ単四AAA電池3本仕様のワリには暗いですし、それらしいボディのワリにはOリングがなく
防水仕様でもありませんが、ま、きれいな拡散でランタイムは約24時間だそうだし・・・


なにせ・・・

DSCN1640

おじさんの「かいちゅうでんとう」は高級品なんだぞ!!! むひひひ 大人買いはしなかったけど・・・





m98k at 00:12|PermalinkComments(2) mixiチェック