オリーブドラブ

2018年05月15日

ADキャンパーズチェア!!!

とーとつですが・・・

アディロンダックADIRONDACKのADキャンパーズチェアを買ってみました!!!
ま、キャンプ用ハイバックチェアでは定番らしいので、今さらといえば今さらなんですが・・・

じつは過日の熊野キャンプで、十数年は愛用していたサウスフィールドのディレクターズチェアが、
ついに逝かれまして・・・(リンク記事に何枚か画像があります。)

安物のわりにはしっかりしてて座面もゆったり、色合いもお気に入りだったのですが、クルマで
踏んづけたこともあり、わたくしの体重のせいもあるのか、けっこう歪んできてたのですが・・・

今回いよいよフレームパイプの一部が捲れてきて、遠巻きに観察していたwingさんから
「これ以上の使用は危険です。捲れた金属が飛散して人に突き刺さる可能性があります。」
といわれたことを・・・わたくし希貨としてですね・・・

以前から欲しかったハイバックタイプのチェアを(ネットで)比較検討してたのでありますね。
そう、ハイバックだと背もたれに頭を預けてタープの下でまったりとお昼寝できるのが魅力。

で、まず10k以上の高級品は除外して、最終候補に絞ったのが、このADキャンパーズチェアと、
姉妹品のADリラックスキャンパーズチェア、そしてコールマンのレイチェアでした。

ADリラックス~はその名のとおり、これの座面を低くして背面にもさらに傾斜をつけたタイプ、
いっぽうレイチェアは背面の傾斜角を3段階で変えられるタイプ・・・

ま、本来なら実際に座って比較すべきなんですが、今回はてきとーにネット情報だけで判断・・・

リラックスはどちらかといえばロータイプで、wingさんのコールマン・コージーチェアみたいな感じ、
まったりするには最適でしょうが、立ったり座ったりが億劫そうだし、ふつーのキャンプテーブルで
料理したり食べたりするには、ちと低すぎるかと・・・

で、コールマンのレイチェアはこちらと似た感じで、さらに安かったのですが、可変タイプつーのは
便利そうだけど、アウトドアで常用するにはやはりシンプルなのがいいし、ネット上の口コミには
前部の強度が弱かったとかの書き込みもいくつかあったので、今回はこちらにしてみた次第。

と、前置きが長くなりましたが・・・


じゃーん

DSCN8265

アディロンダックADキャンパーズチェア、色はODグリーンであります。




スペック・・・

DSCN8279

耐荷重80kgとゆーのが、やや気になりましゅが・・・




真横から見るとこんな感じ・・・

DSCN8267

これやヘリノックスなど、お尻部分が沈むタイプはリラックスしますが体型(足の長さ)によっては
座面前端が太腿の裏にあたって気になる場合があります。

ところがこちらは、ご覧のとおり前端部を水平にしてあるので、かなり緩和されるはずです。
足が長めのわたくしなんか、太腿が前端に触れないぐらい・・・げひげひ

で、本来目的だったハイバックの背もたれについては、身長171cmほど(で足が長め)のわたくしが、
深く腰掛けて上半身を倒すと、背もたれの上端部がちょうど首のあたりにきました。
で、少し浅く腰掛けると、ちょうど後頭部にきてヘッドレストのように頭を預けることができました。
角度は寝椅子ほどではないけどクーラーボックスなどをオットマンにすれば、充分お昼寝できそうです。
ま、熟睡したら頭が左右にブレそうなので、その際には何かクッションが必要でしょうが・・・

タープの下で朝から飲んで食べて、うたた寝を繰り返しつつ、終日を過ごすには最適かと・・・




で、こちらが座面。

DSCN8268

幅は広すぎず狭すぎず、標準体型ならゆったり、少々太め98kでも狭く感じることはなかったです。
あまり幅広や大きなチェアはタープの下の貴重なスペースを奪うし、雨や夜露にも濡れやすく、
たとえ軽くても場所移動や持ち運びには不便なので、サイズ的にはこの程度が限界でしょう。

さらにこれのようにワンタッチでたためるタイプは寝る前にたたんでテーブルに立て掛けておくと、
濡れることもなくタープ下での移動も容易ですが、ヘリノックスのような分解式では面倒です。

で、この肘掛けのカーブがじつに絶妙で肘をかけると、ずっと置いておきたくなるほどでした。
ただし、ご覧のとおり肘掛けはアルミの剥き出し、シンプルでいいのですが寒い時期には何かを
巻くといった、ちょっとした工夫が必要でしょう。
わたくしは逝かれたチェアの肘掛けに付いてたネオプレン筒を切り裂いて付け替える予定です。


こちらが下部であります。

DSCN8269

接地部のプラパーツが小さくジョイント部との余裕もなく、やや不安ですが、まあ使ってみて・・・




背面であります。

DSCN8270

フレームもこれまでのよりスリムで、やはり不安ですが、ま、これも使ってみて・・・




タグ部分を拡大・・・

DSCN8274

連絡先が「新宿・東京」になってますが、こちらエイアンドエフのオリジナルブランドだそうで、
日本のブランドなので安心・・・つーのも選択理由のひとつです。




収束した状態。

DSCN8276

載せてるのは大きさ比較用のガラホ・・・って、ぜんぜん比較になってませんが・・・

使用時の大きさから考えるとスリムです(スペックでは14cm×14cm、脚側をいっぱいに絞れば
11cm程度になりました。)が、長さはスペックでは108cmで、けっこう長いです。

まあ、現在使ってるイベントタープの仕舞寸法が114cmなので、その上に置くことになるでしょう。
(ちなみにスバルXVの荷室には上記タープがギリで横積みできないので、こちらなら可能なはず。)

重量もスペックでは2.9kgと、使用時の大きさからはかなり軽量、持ち運びや移動はラクでしょうが、
どこまで耐久性があるのかはこれからですね・・・
なにせわたくし、キャンプ宴会では期間中、ほとんど座ったままですから・・・



さらに備忘のために・・・

DSCN8280

開く際と閉じる際のポイント・・・これぐらいは覚えておかないといけませんね。


とまあ、まだキャンプでは使ってないので強度とかは不明ですが、室内で使ってみた感じでは、
少し浅めに座れば念願だった頭を椅子に預けてのお昼寝もできるし、深く座って上半身を起こせば、
ヘリノックス同様それなりに料理や飲食などの作業もできそうです。

ただし、標準的な高さ(65cm~)のキャンプテーブルには、深く座ったとしても座面は低めでしょう。

ま、わたくしのキャンプテーブルは高さ可変で低めにセットしてますし、テーブル上のバーナーや、
かんてき(七輪)のさらに上にある鍋や焼き網をつつくには、どうせ立ち上がらないと届かないので、
少し低めだけど立ち座りのしやすい、この程度のハイバックが一番まったりできるはず・・・

そう、わたくし最近、さらにまったりと生きようとしてますので・・・




m98k at 00:15|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年10月05日

トレッキング・ソックス

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加・苗木代寄付へのご案内記事はこちらです。


で、わたくし今週末から恒例の熊野キャンプに行きますので、しばらく記事の更新ができませんが、
どうかご心配なく・・・って、誰も心配してないか・・・あはは


つーことで、とーとつにトレッキング・ソックスのご紹介であります・・・

DSCN8894

ええ、ご推察のとおり・・・特別割引で半値以下になってたもので・・・







DSCN8895

高級メリノウール混紡で、消臭機能はじめ様々な機能が付いた登山向け。








DSCN8896

立体設計のため左右非対称だそうで、わかりやすいLR表示が付いてます。






いっぽうこちら・・・

DSCN8897

現在愛用中のやつなんですが、同様のLR表示がおわかりでしょうか・・・
ええ、よほど目を凝らさないと見えないので、わたくしてきとーに履いてました。


これらのトレッキング・ソックス、その名のとおり本来はトレッキング用なのですが、山歩きの回数が
極端に減ってるわたくしは、これからの季節のポタリング用に使うつもりなのであります。

サイクルパンツ(レーパン)を履いてみて気づいたのですが、サポート機能、特にコンプレッション効果で
確かに疲れが軽減されるつーか、それなりの距離を漕ぐ場合には効果があるように感じました。

これまでずっと「ぴっちりしてたら通気性は悪いし苦しいだけやないか・・・」と思ってたのですが、
ロードレーサーやトレイルランナーはもちろん、ふつーの山歩きでも街中のジョギングでも最近は
よくサポートタイツを見かけますし、テーピングと同じく疲労だけでなく怪我の予防効果もあるようですね。

昔は山歩きでもサイクリングでもスキーでもゴルフでも、すべてニッカーボッカーが正装でしたが、
これにガーター(ゲートル)を正しく巻いた場合、ふくらはぎには同様の効果があったんでしょうね。

着圧で不要な筋肉の振動を抑えて疲労を軽減、さらに血流を高めることで「むくみ」の原因となる
疲労物質が溜まるのも軽減するのがコンプレッション効果のようですが、ソックスやパンツなんぞは
まだいいとして、コンプレッション機能のあるぴっちり上衣つーのは、やはり(お腹が)苦しそう・・・

で、わたくしはゆったりめ上衣なのですが、やはりお腹の筋肉脂肪がぷるぷると振動して・・・
ま、これはこれでダイエット効果があっていい・・・のだろうかっ???





m98k at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年08月02日

モンスターエナジーM3!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加と苗木代寄付へのお願い記事はこちらです。


8月・・・さすがに真っ昼間に自転車でふらふらしてると、へろへろになる季節であります。

つーことで今回は、ライトちゃんも愛飲されておられるモンスターエナジーのさらなる強力版、
M3のご紹介であります!!!

じゃーん

DSCN7645




DSCN7646

そう、この中に・・・






DSCN7647

ヤバさが濃縮されてるのでありますね・・・






DSCN7648

中味は濃いがスムースに飲め、そして・・・ブチかませる!!!のでありますね・・・ガードレールとかに・・・




いろんな「ヤバくて、ブチかませる」ものが入っているようです・・・

DSCN7649

ま、お味はほぼふつーの栄養ドリンク味でしたが・・・

お仕事が多忙なwingさんred-bicycleさんも、一度試されてみてはいかがです・・・



P.S
モンスターエナジーがスポンサーになってるスペシャライズドのチームジャージ(コピー品?)が、
某アマ○ンにお安く出てるのですが・・・色合いもロゴもまさにこんな感じ・・・

うーむ・・・どうしようかなあ・・・ちと欲しい気もするけどなあ・・・
せめてモンスターグリーンがオリーブドラブだったら、すぐに買うんだけどなあ・・・




m98k at 00:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月25日

自作?ツールボトル!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加と苗木代寄付へのお願い記事はこちらです。



今回は自作?ツールボトルのご紹介であります。ややきっぱりと・・・

ツールボトル・・・

そう、自転車のボトルケージに装着するツールケースであります。

わたくしスペシャライズド・ルーベSL4には、ミノウラ製アルミ・ボトルケージを2個付けてますが、
よほどの山奥でもない限り、自販機や公共上水道、コンビニなどで飲料はてきとーに補充できるので、
(ほんとうはケガの洗浄などに備えて、水道水を予備に持っておくほうがいいのですが・・・)
通常は800cc真空ボトルをひとつだけ、寒いシーズンにはパーカー、輪行の際には輪行袋などを
もうひとつのケージに装着することはありますが、ふだんは使わないままでした。

で、予備チューブや工具などはサドルバッグに常備してたのですが、ツールボトルを使えばここに、
財布やケータイなど必需品を入れることができ、フロントバッグは不要になるのではないか・・・
と、ふと思いついた次第。

で、お安いツールボトルを探したのですが、どれも似たり寄ったりでお気に入りのアースカラーもなく、
わざわざ買うこともなさそうだったので、思い切って?自作?してみました。へへへへ





じゃーん

DSCN8120



DSCN8121



DSCN8122

ボトルキャップに「お酒」とありますが・・・








じゃじゃーん

DSCN8123

この表示はダミー・・・

750ccチューハイのペットボトルをふたつ足したもので、カバーはボトルカバーとお揃いの奥様の手作り・・・
つーか、本来600cc真空ボトル用として作ってもらったカバーですが、750ccペットにもぴったりでした!!!




ペットはてきとーにじょきじょきして、真ん中を被せてあるだけなので・・・

DSCN8124

ワンアクションでぱかっと取り出せますし、上部を被せてあるので雨水が浸水することもありません。

今回のカバーは奥様の手作りですが、てきとーなサイズのペットボトルとボトルホルダーさえあれば、
ま、どなたでも自作できるかと・・・あははは




せっかくなので、ボトルに入れてある常備品をご紹介・・・

DSCN8125

上から時計回りに、予備チューブ1本、炭酸ガスボンベ2本とネオプレンカバーと巻き付けてあるのは
面ファスナー2本、キャノンデールのインフレータ付きアーレンキーセット、タイヤレバー3本セット、
川端さんからいただいたダクトテープ、ちっちゃいのが仏式米式変換バルブアダプター、
救急絆創膏が大小数種類、そして使い切りポンチョであります。





ついでに、サドルバッグに残っている常用品もご紹介・・・

DSCN8126

左から順に、ミノウラ製バイクレスト(スタンド)、チェーンキー、FENIX P1Dとwingさんからいただいた、
ハンドル固定用ゴムベルト、red-bicycle(赤チャリ)さんからいただいた「自転車守」!!!であります。

ここに今後は、ケータイや財布、キーホルダーにビクトリノックス・クラッシックとARC-AAAwingスペシャル
の付いた自宅のカギ、たっぷりの行動食など、フロントバッグに入れてたものが入る予定です。

そう、わたくしのサドルバッグ、下部のファスナーを開くと容量が増えるのでありますね・・・

カメラと地図は新規購入したバイタルパックに入れておくし、大きな気温変化や輪行が想定されない限り、
フロントバッグを装着する必要はなくなったのでありますね・・・めでたし、めでたしと・・・






理想と現実の狭間P.S

これまで自転車を離れる際には、フロントバッグとしてハンドルに装着していたレスポンスバッグなどを
ワンタッチで外し(バイタルパック購入後はカメラをそちらへ入れ替えて)、持ち歩いていたのですが、
このシステムだと、バイタルパック内のカメラとサドルバッグ内の財布などの貴重品をそのまま持ち歩く
とゆーことになりますね・・・

背中にポケットの付いたサイクルジャージならまだ何とかなるのですが、ポケットのない上衣とかだと、
カメラや財布やケータイなどをバラバラで手持ちすることになり不便です。
(ジャージの背中ポケットに入ったとしても、どーせ汗でベトベトになるだろうし・・・)
かといって、小さなポーチをサドルバックに入れておいて、いちいち移し替えるのも億劫です・・・

ま、余分にカメラが入る程度のポーチに貴重品類を入れ、それを丸ごとサドルバッグに入れておく、
つーのが現実的なのでしょうが、わざわざ別のポーチに入れておくつーのも、うっとおしい気もします。

でも今回の自作?ツールボトルで、サドルバッグ内にはスペースができたことだし・・・
やはりワンタッチで脱着できるリクセンカウルとかのサドルバッグがいいのでしょうかねえ・・・

でも、わざわざ使わないライトやバイクレストを持ち歩くとゆーのもねえ・・・
そうか、バイクレストは定石どおりフレームに装着して、ライトはいつも持ち歩くのがライトマニア・・・

でもそうなると古いP1Dではなく、赤チャリさんみたく明るいE15とかを持ちたいし・・・じゅるじゅる

と、やはりどう廻っても、最後は物欲に行き着くのでありますね・・・でへへへ

(とりあえずは、小さなトートバッグを丸めてサドルバッグに入れてます。)




m98k at 00:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年03月10日

リアキャリアとリアバッグと・・・

グラマンF8Fもといブリヂストン・シルヴァF8F用にリアキャリアなんぞを揃えました。

わたくし、ダホン・エスプレッソ用にもスペシャライズド・ルーベSL4用にも今回のシルヴァF8F用にも、
フロントバッグはスナグパックのレスポンスパックノーブランド品のタクティカルポーチの使い回しで、
フロント以外では、エスプレッソにはジャイアントのシートポストキャリアを装着して大量の荷物に対応、
ただルーベSL4はシートポストもカーボン製でキャリア取付けは不可なうえキャリア用ダボもないので、
フロント・サドルバッグとボトルケージ×2とサイクルジャージの背面ポケットで対応しています。

F8Fにもジャイアントのは使い回しできるのですが、ストレート形状のため荷台の位置が高くなるし、
奥様とエスプレッソでご一緒させていただく場合には、とーぜん使い回しはできません。
(フロントバッグは上記の二種類があるので、二台同時でも装着可能。)




で、とりあえず、ネット通販で一番お安かったシートポスト用リアキャリアをどどんと・・・

DSCN7264




DSCN7263

お安い中華品だけあって、最初に送られてきた製品は溶接もリベットもとんでもない角度で付けられてて、
とても使えなかったので交換を希望したところ、迅速で丁寧な交換対応をしていただきました。
さらに「どの製品もびみょーに歪んでますので、こちらでも気に入らなければいつでも返金します。」
とのことでしたが、若干の歪みはあるものの実用上は問題なさそうだったので、これで納得した次第。





DSCN7171

アルミ製で総重量は630g、耐荷重は9kgとなってましたが、今のところ大丈夫そうです。







DSCN7265

ゴムひも付きでこの程度の大きさの荷物なら身体に干渉することなく乗せられます。

そう、この角度の小径車向きつーのがなかなかないんですよね、特にお安いのでは・・・





もちろん・・・

DSCN7267

高級な自作リアボックスも装着可能であります!!!

まあ、シートポストキャリアつーのはお手軽に付け外しができますし、ゴムひもを使って軽い荷物を積んだり、
脱いだジャケットなんぞを丸めて上に留めたりするには、シンプルで便利なんですよね。





いっぽうこちら・・・

DSCN7270

小径車専用の高級リアバッグ???であります。





そう・・・

DSCN7271

冒頭で紹介した汎用フロントバッグとセットなのでありますね。げひげひ





使い方はオストリ○チなんぞの高級品と同じ・・・

DSCN7274

小径車特有の縦に長いシートポストの後部空間を有効利用するのでありますね。







DSCN7272

比較的幅が狭いので、下半身に干渉することも殆どありません。




DSCN7275

サドルには面ファスナーで、シートポストにはバックルベルトで簡単に固定できます。わははは

じつはこれ、冒頭に紹介したスナグパックのレスポンスパックの前に使っていた安物コピー品、
スナグパックよりゴツくてデカく、フロントバッグには使いにくかったのですがこちらにはぴったり、
しかも前後がお揃いセットになるのですが、とーぜん今回のリアキャリアとの併用はできません。




で、さらに・・・

DSCN7278




DSCN7279

泥酔撮影のため手ブレ補正が追いついてませんが・・・

こちらは正真正銘の高級品、モンベルの「ヘッドポーチ」であります。






DSCN7280

容量は少ないですが、さすが高級なモンベル製、ぴったりと固定できて、しかも止水ジッパー付き、
財布や濡れては困る小物を入れるのに便利に使えそうです。
(追記です。太いトップチューブには付属の面ファスナーではちと足りず、百均のを付け足してます。)

じつはこちら、熱烈なモンベラーであるwingさんからのいただきものなのであります。
そう、わたくしが高級なモンベル製品を自分で買うはずが・・・あははは

かなり以前にいただいてて、エスプレッソやルーベSL4にはやや使いにくかったのですが、
今回のF8Fにはぴったりだったので、今回あらためて紹介させていただきました。

いやあ、wingさん、あらためてありがとね!!!





って・・・我が家もいよいよ・・・

DSCN7284

本格的な「趣味の物置小屋」になってきたな・・・息子たちが帰ってきたらどこに寝かせよう・・・


(追記です。さらにボトルホルダーも追加しました!!!)



m98k at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック