カレー

2012年03月21日

しまなみ無人島OFF会1

先週の土日、瀬戸内海のしまなみ海道沿いにある無人島で、キャンプ照射宴会をしてきました。

ま、いつもどおり画像を中心に、さくさくっとご紹介であります。

メンバーはいつもの関西のライト好き仲間、wingさん、red-bicycle(赤チャリ)さん、川端さん、わたくし98kの四人であります。

少し前から、このサイトでもお誘いしてたのですが、当日は雨の予報、それになにせ無人島ですから、
身の危険を感じられたのか、残念ながら他の参加者はおられませんでした。

で、当日は川端さんが大阪ディープサウスを午前三時に出発、わたくしとwingさんを次々とピックアップし、
播磨の国で赤チャリさんのクルマに乗り替え、山陽道を吉備の国に入ったのは、まだ午前七時過ぎでした。







で、まずは朝食・・・

RIMG12986


RIMG12985


モーニングカレーなんてあったんですね・・・ちなみにドリンクバー付きでした・・・








朝食後は、とりあえず四人で記念撮影であります。





じゃーん
RIMG12988

なっ、なんか、やたらリアルとゆーか、なんとゆーか・・・

「うーむ、wingさんはやはりイヌですね・・・で、赤チャリさんはサル、わたくしがキジでしょうか・・・」と川端さん。

「とすると、わたくしが・・・もっ、桃太郎ですねっ!!! じゅるじゅる」と98kさん。

「いや、あんたは退治される鬼に決まってます。これはきっぱりと」と川端さん。

「そう、だいいち吉備団子なんかくれないし・・・人の食べ物は掠めるけど・・・」と赤チャリさん。

「でも、鬼のお供をして、島に渡るとゆーのも不思議な話ですね。わははは」とwingさん。



とか、わあわあいってるうちに、クルマは尾道を過ぎて、いよいよしまなみ海道へ・・・

RIMG12990





その後もあちこちで・・・






RIMG12993








RIMG12999




BlogPaint


サービスエリアやパーキングエリアを見つけては、ばくばくもぐもぐごくごく・・・

いったい、どんだけ飲み食いしたら気が済むねんっ! ・・・あっ、わたくしのことですか・・・


で、この日の最初の目的地は、毒ガス工場跡や砲台跡のある大久野島。
大久野島へ渡るフェリーのある大三島で下りて、フェリー乗り場の盛港に着いたのですが・・・


「ありゃ、10時発のフェリーはもう出航してますね、次は12時までありませんね・・・」

「って、わざわざ時刻表も調べてたのに・・・誰のせいで乗り遅れたんでしょう・・・がるるる」

「そっ、そんなにわたくしを見ないで下さい・・・それに誰も時間を気にしてなかったじゃないすかっ!」

「そーいや、そーですね。あはは」

「ま、大久野島はまた次回、とゆーことで、早めに伯方島まで行って、名物の塩ラーメンとか、塩アイスとか・・・じゅるじゅる」

「またそっちですかっ! がるるる」



と、みんなで仲良く、お昼前には伯方島に到着・・・

RIMG13005

手前の橋脚の台になってるちっちゃな島が、今回のキャンプサイトの見近島であります。

ご覧のとおり、伯方島からは数百メートルの距離なんですが、徒歩か自転車か125cc以下のバイクしか入れず、
いったんクルマを置いて、再びしまなみ海道まで歩いて登って、橋の歩道をてくてくと渡るのであります。

「ではさっそく食糧を調達して、見近島へ・・・」

「まあまあ、その前に、まずは腹ごしらえ・・・」

「そーいや、塩ラーメンのおいしい店がありますよ。」と、自転車では何度も来ている赤チャリさん。


で・・・

RIMG13012

「伯方の塩ラーメン・さんわ」であります。







さっそく・・・

RIMG13011

右がわたくしの注文した塩ラーメン大盛りタコ飯付き、左は大きさ比較用の川端さんが注文したハーフサイズ・・・




BlogPaint


ちなみにwingさんと赤チャリさんはレギュラーサイズでした・・・




で、昼食後は伯方島のスーパーで夕食と朝食の買い出しを終え、道の駅の駐車場にクルマを置いて・・・






RIMG13015

いよいよ、見近島のキャンプ場目指して出発であります。

今回は舗装路なので、wingさんと赤チャリさんの持参されてたキャリーカートが役に立ちました・・・

って、どこがウルトラライト装備やねん・・・まあ、大部分は食糧と飲料でありますが・・・









RIMG13017

わたくしも、登り道にかかる前の元気な姿を、赤チャリさんに撮ってもらいました・・・









で、ひいひいいいながら、ようやくしまなみ海道まで登ると・・・

RIMG13022

見近島の全容が見えてきました・・・






橋を渡って島に向かうwingさん・・・

RIMG13027


この日はあいにくの天候でしたが・・・








晴れてたら、こんな感じになります。

RIMG13093


ま、こちらは・・・





RIMG13091

道の駅のトイレに貼ってあった、中国語圏観光客向けのポスターだったんですが、

しまなみ海道は「日本首座海上横貫自転車道」、自転車で本州四国間を走れる唯一の道、全長70kmもあるんですね。
って、愛媛県は「自転車愛好家的理想国」だったのか・・・










とかいってるうちに、いよいよ見近島の上空に到着しました。

RIMG13029

こちらが、これから下りていくキャンプ場。
まだ午後の早い時間、しかもあいにくの天候とあって、さすがに誰もいませんね。








RIMG13030

キャンプ場の上には、復元された村上水軍ののろし台も見えました。夜はここでライト照射を・・・







こちらでしまなみ海道と別れ、島に下りて行きます。

RIMG13032

ウェアは汗でぐっちょり、出発時と同じポーズをとってますが、少し歩いただけで、じつはへろへろなのであります。







島へ下りて、ようやくキャンプサイトへ到着であります。

キャンプ場全景パノラマ写真・・・は設定が面倒だったので、三分割パノラマであります。

RIMG13037

RIMG13038

RIMG13039


目の前は海水浴場、夏なら水着のおにゃのこも多いのでしょうが、この日は・・・





RIMG13043


海に向かってバカヤローと叫ぶオッサンたちだけでありました・・・







ちなみにこの島での・・・

RIMG13040


銃の使用は禁止・・・




って、この看板さえなければ???




(以下、次号に続きます。)




m98k at 00:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年02月05日

メガ盛り・・・

ええ、性懲りもなく食べ物ネタ、今度は「メガ盛り」・・・であります・・・
















じゃーん

RIMG6866


ガッツリ300g!!!

ふつーのレトルトカレーは200gほどですから、1.5倍で同価格とゆーのはうれしい限り・・・






つーことで・・・


RIMG6867


辛口と大辛、混ぜればおいしいかと・・・あわせて600gのルウになるし・・・じゅるじゅる・・・



つーことで、さっそく試食してみたのですが・・・
お味はごくふつーでしたが、さすがに肉や野菜などの大きな具はありませんでした。

ま、安物の冷凍ハンバーグも一緒に湯煎してハンバーグカレーにしたので、お腹いっぱいにはなりましたが・・・






わははは、しあわせじゃあ!!! ぷっつり










m98k at 22:22|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年08月03日

矢作川豪雨OFF会報告1

先週の土曜日から一泊で、愛知県の矢作川河川敷で開催された、ライト好きのみなさんのOFF会に参加してきました。




ええ、もの凄い雨と光の洪水でした。きっぱりと・・・



今回の参加にあたっては、このサイトでもすっかりおなじみとなった関西のライト好きの3人、
川端さん、red-bicycle(赤チャリ)さん、wingさんたちとメールで相談していたのですが、一番行きたがっていた川端さんが、
この時期はお仕事の関係で絶望的、wingさんと赤チャリさんも、お仕事がどうなるかわからない、とゆー状況でした。

わたくし自身は自分のクルマが使えなく(息子が使うことに)なりましたので、どちらか一方でも参加できる場合には、
同乗させてもらうことになっていたのですが、直前になってお二人ともなんとか参加できるようになったので、
その後は、途中でピックアップすることになったalaris540さんとの4人だけで打ち合わせメールをすればよかったのですが・・・




みなさん、参加できない川端さんにも、

事前の楽しいやり取りをずっと同報してました・・・



まあ、最初のうちはなんの反応もなかったのですが、楽しそうな雰囲気に耐えきれなくなったのか、やがて川端さんから・・・





「雨乞いしちゃるぅ」と、怨念メールが・・・





その後は、世界中の雨乞いや呪詛に詳しい川端さんから、国籍不明・意味不明の言葉を羅列したメールが次々と・・・

川端さん、ぜひこれらの解説コメントをお願いしますねっ!    って、そーゆー問題ではなく・・・

ともかく今回は、凄い雷雨の中でのOFF会となったのであります。



主催いただいたhowa_saraさんはじめ参加されたみなさん、ほんとうにお疲れさまでした。

まあこちらでは、集まった凄いライトの数々・・・なんてとても解説できませんので、てきとーに時間を追って雰囲気だけ・・・



会場からは一番遠い赤チャリさんが、wingさんとわたくし98kを順にピックアップ、京都を過ぎて滋賀に入り・・・

BlogPaint



RIMG5648

大津SAで近江牛のカレーやコロッケで遅い昼食を食べる頃、琵琶湖に急に白波が立ち、短時間の豪雨にも遭ったのですが、
亀山・四日市間の事故渋滞を一般道でパスして、三河安城駅まで新幹線で来られたalaris540さんをピックアップ、
駅前のフードスーパーでたっぷりの夕食、夜食、深夜食、朝食と飲み物を調達する頃には、天気はまずまず・・・だったのですが・・・










陽も暮れかかったこのあたりで、ふと空を見上げると・・・

RIMG5651





暗雲のなかに垣間見える「竜の巣」の中に・・・

RIMG5650


「とあるお方」(前回記事のコメント欄参照)の深い影がくっきりと見えたような気が・・・


まあ、そんなことは気にせず、日没直後の現地の河原に着くと、すでにNSUさんと某ライフルスコープメーカーの方が到着されてて、
みなさんご挨拶をされてたのですが、わたくしはひたすら、「とっ、ともかくタープを張ってまずは一杯・・・じゅるじゅる」と、
ご挨拶もそこそこにみなさんを草地に誘導、てきぱきと指示(だけ)して、wingさんのフルフラップスクリーンタープを設営、
(wingさんが参加できなかった場合は、わたくしのワンタッチキャノピーになっていたのですが、今回はフルフラップが大活躍!!!)





タープの中に、いつもどおりテーブルとイスとクーラーボックスをセットすると、まずは・・・

BlogPaint


かんぱーい!

って、飲まない赤チャリさんは、甘い甘いアップルジュースだったんですが・・・





あとは、すでに到着して懸命に準備されてるであろうhowaさんなんかはほったらかしにして、ひたすら・・・

RIMG5654

「うみゃ~でキムチ」なんぞをばくばく、もぐもぐ、んぐんぐ、わははは、しあわせじゃあ!!!・・・と・・・



確かこの頃に、つぶつぶカボスジュース(二日酔いの猫さんのカボス・ストーブの原材料!!!)を差し入れていただいたNSUさん、
牛丼とパスタを持ってきて、ひとりでばくばくと食べるだけ食べて去って行ったG3さん!なんかも来られたはずですが、
わたくしすでに、このあたりの前後関係は覚えておりません・・・あは・・・



とっ、ともかく、



OFF会スタート時刻の九時半時点で、全国から集まったライト好きは15名、で、恒例の自己紹介からはじまり・・・


BlogPaint



BlogPaint

こちらも恒例の、PLJさんなどのご好意で豪華賞品がもれなくもらえるとゆー、ビンゴゲームと続いたのですが・・・






やがて、「とあるお方」の怨念が・・・






(以下、次号に続きます。)



m98k at 01:15|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年06月11日

追加購入!!!

むひひひ・・・



前回記事から、本日さらに・・・




追加購入であります・・・












じゃーん

RIMG2195



RIMG2196



RIMG2194


ま、「お皿にひとふり」とゆーより、明晩は・・・

「お鍋に10本、全量投入!!!」の予定なんですが・・・





げひっ、げひひひ



m98k at 21:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年06月09日

どれでいこうか?・・・げひげひ

(期間限定のお知らせ) 無人島OFF会のお誘い記事はこちら、内蒙古植林ツアーのお誘い記事はこちらです。


えーっ、さるブログで、よく似たタイトルの記事がありましたが、偶然ですがわたくしも・・・

今週末に照射宴会に参加させていただく予定なのであります。



で、週末に備えて、本日とーとつに、こんなの買ってきました。












RIMG2167














そう・・・

RIMG2166

ペットボトルにも使える、高級ポータブルボトルカバーであります。どどんとふたつも・・・

ふつーにネオプレン製ですが、通常のペットボトルホルダーと異なるのは、そのサイズであります。

直径8cm、長さ21.5cm・・・
そう、500mlペットボトル専用のやつより、細くて長いのであります。むひひひ・・・










じゃーん

RIMG2170

マグの4Cと4D、いずれもwingさんのMOD作品でありますが・・・












RIMG2169

4Dに装着してもよし・・・













RIMG2168

4Cに装着してもよし・・・











さて、どれでいこうかな?  げひげひ






これらのライトはwingさんの貴重なMOD作品なので、ふだんは高級大型ライトケースに収納、
クルマでキャンプサイトまで運んでいるのですが、今回は、無人島へ渡るため、
できるだけ装備を削らねばなりませぬ。

ま、わたくしの荷物は、red-bicycleさんや川端さんといった、若い人たちに持ってもらうので、
べつに大きなケースのままでもいいのですが、なにせ彼らに運んでもらうわたくしの食料や飲料が、
膨大な量になりますので、キャンプサイトに到着する前にぶっ倒れられても困るのであります。
(まあ、到着してからなら、べつにかまわないのですが・・・)

で、彼らの負担を少しでも軽くしようとですね、これをライトケースとして購入した次第であります・・・













さて、どれでいこうかな?  げひげひ


と、さらに・・・

じつは、もうひとつの悩みが・・・








わたくし、今回の夕食、朝食を担当しているのですが、今回は趣向を変えて、こんな夕食を予定・・・




RIMG2164

まあ、4人前なら、材料はこの4倍は必要ですが・・・
問題はカレー以外の調味料なのであります。

まあ、とーぜん「鶴橋、黄さんのキムチ」は大量投入するとして・・・






あとの調味料をどーするか・・・






RIMG2163

とうがらしはペーストにするかパウダーにするか輪切りにするか、
コショーは粒にするか荒挽きにするかパウダーにするか、
豆板醤以外に、ハバネロやチリペッパーをどれだけ持って行くか・・・

いずれにしても、辛味調味料だけで、中途半端な量ではありませんので・・・






さて、どれでいこうか?

げひ、げひひひ・・・




m98k at 22:26|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年04月28日

北原照久 大コレクション展と・・・

                                                  (期間限定、熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです・・・)




んで、とーとつではありますが、わたくしとーとつに・・・



~昭和のおもちゃとマンガの世界~

北原照久 大コレクション展

つーのに行ってきました。

4月18日から6月21日まで、以前紹介した大阪歴史博物館の特別展として開催されているもので、
わたくしが行った4月25日には、その特別展の記念シンポジウムとして、


大阪おもちゃサミット

~関西三大子ども文化コレクションとの対話~

つーのもやってました。





じゃーん

RIMG1820

中央が大阪歴史博物館、左がNHK大阪放送局のある放送会館でエントランス部分は合体しています。
ちなみに右側に屋根だけ見えてるのが、再現された古代の高床式倉庫・・・









RIMG1822



RIMG1821

おおっ、こっち、こっち・・・











で、まず向かったのが・・・

RIMG1824

そう、兵庫県立歴史博物館の入江コレクションと、同じく姫路にある日本玩具博物館の玩具コレクション群、
堺にある大阪府立大型児童館ビッグバンの多田コレクションについての報告と討論のシンポジウムなのであります。


世界に類をみない、古今東西の貴重なおもちゃのコレクションについてのシンポジウムで・・・





RIMG1825


ま、会場はガラガラでしたが・・・


ほんとに、よくぞここまで・・・といった個人コレクションを中心に、それぞれの博物館に寄贈されたりしたものなのであります。
これは北原照久氏のコレクションも同じなのでしょうが、一人のコレクションで、充分ひとつの博物館ができるぐらい・・・

懐中電灯の世界でも、いずれ博物館ができるぐらいのコレクションをですね、どなたか・・・
ま、わたくしも安物の一本や二本なら寄贈しますので・・・


最後までシンポジウムを聴いていたわけでもないのですが、
特に面白そうだと思ったのが、入江コレクションの中の光学玩具と組上絵(立版古)のお話でした。


光学玩具・・・

影絵、ステレオスコープ、覗き眼鏡、幻灯機などでありますが、
江戸時代の写し絵(幻灯機)道具未使用品一式や明治のゾートロープ(アニメーション装置)など、
一度は現物を見てみたいと思ってしまいました。

レンズを通して見るだけで、ガラッと世界が変わる、あるいは、
光と影でイリュージョンを作り出す、とゆーのは、昔から好きな人たちがおられたんですねえ。
懐中電灯のレンズに、絵を描いた色セロハンを貼って、雨戸を閉めて・・・
わたくしもそんなことが大好きだった少年で、長ずるに及んで、カメラやスライド、映画に興味が移りましたが、
暗闇で見るスライドや映画、あるいは「覗く」世界は、万華鏡をはじめ、今でもわくわくします。
まさにカメラオブスキュラの原点、「暗い部屋」に映る、現実とはどこか異なる世界は魅力的ですね。
夜の野外や洞窟の暗闇で、ライトに照らし出される世界とゆーのも、
いつもの現実とは異なる世界で、わたくしこっちも大好きなのであります。
ま、工作が苦手なわたくしは、自分で作るより人様の作ったものを楽しむのが主流なのでありますが・・・



組上絵(立版古)・・・

こちらはいわゆるペーパークラフト、わたくしの少年時代には、まだまだ雑誌の付録についてたやつで、
こちらも江戸時代からの200点以上のコレクションがあるそうです。
後で観覧した北原コレクションにも何点かありましたが、
単品の戦艦などの巨大模型から、「飛び出す絵本」形式のやつ、さらに一大ジオラマまで、
こちらも、よくぞここまで集めたもの・・・つーか、よくぞここまで細かいパーツを作ったもの・・・
ちなみにコレクションで最大の立版古は、明治36年に大阪・天王寺で開催された博覧会のジオラマで、
なんと18枚で1組、これが究極だそうで、それ以降はまた小さくなっていったようです。
こちらも画像による紹介があり、模型やジオラマを(つくるのではなく)見るのも大好きなわたくし、
その変遷を知ることができて、けっこう楽しめました。




んで、いよいよ・・・

RIMG1835

特別展の会場へと向かったのでありますが・・・当然ながらこちらは撮影やメモは一切禁止・・・




まあこちらも、ブリキ製のおもちゃをはじめ、雑誌の付録からグリコのおまけ、
アメリカのモーションディスプレイに元祖自動販売機から元祖UFOキャッチャーまで、
シンプルなやつから複雑なからくりのあるやつまで、ともかく楽しかったです。

わたくし工作は苦手なのですが、ギミックのあるおもちゃは大好きなのであります。




で、会場前の特設ショップには・・・

RIMG1834



RIMG1831


RIMG1832


うーむ、なかなか面白そうなものが・・・










でも、なっ、なぜこんなのが・・・しかも大量に・・・

RIMG1830


RIMG1829



ううっ、
わたくしの原点がぁ・・・



とまあ、じつに感動した一日なのでありました・・・



m98k at 01:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年02月18日

メタルとハチと・・・

えーっ、昨夜から本日と、またまたドリコムさんのサーバがおかしくなってるようですが・・・困った

ま、めげずに記事をアップしますので、めげずに見に来てくださいね。悲しい




さて、関西人以外には、不思議なタイトルかも知れませんが・・・






メタルとハチであります。






別に、ヘビメタとスタスキー&ハッチの関係についての小論ではありましぇん。






こちら・・・






7c26c20b.jpg

beab8050.jpg


メタルレーベルインドカレーであります。 ややきっぱりと・・・





じつは、大阪府豊中市にあった「メタル食品」が昨年9月に正式に潰れて、現在は・・・
7371a0bc.jpg
大阪府守口市のこんな会社から、メタルレーベルとして出てたんですね。


ま、お値段もお安いし、それがどうした、とゆーことではなく・・・


昔、芦屋雁之助さんがターバン巻いてやってた、


譜面めたるぅ、いんどぉ、かれえぇ譜面とゆーテレビCM、


最近また、よく似たのをやってるらしいんですが、わたくしまだ視聴したことがありません。

で、今一度あの曲を聞いてみたくなり、あちこちカレー関係を調べているうちに、あの・・・


オリエンタルカレーびっくりのオフィシャルサイトを知った、とゆー次第。


で、そこでは、なんとあの・・・


「オリエンタルカレーの唄」がフルコーラスで聴ける!!!


のであります。


わたくし、何度も何度も聴いて、思わず涙ぐんでしまいました。悲しい

懐かしい、とゆーこともありますが、歌詞といい、曲といい、歌手といい、
まさに時代を超越した名曲なのであります。これはきっぱりと

ちなみに、B面の「カレー召しませ」も聴くことができ、こちらもなかなかの名曲であります。


オリエンタルさんは愛知県稲沢市にあり、この「オリエンタルカレーの唄」のページは、
昨年の11月末にアップされたばかりのようであります。

いやあ、オリエンタルさんは(メタルさんとちがってにっこり)、お元気そうでなにより、
八丁味噌入りの肉味噌カレーとか、名古屋の味シリーズも出されてるようで、
この名曲も、ホームページへのアップを機会に、再ヒット間違いなしであります。

って、すでに中京地区では、関西のメタルやパルナスと同じく、誰もが知ってる名曲???

とっ、ともかく上記リンクから、ぜひ一度試聴してみてくださいな。
二番、三番の歌詞も、わたくし知りませんでしたが秀逸であります。拍手




・・・・・・・・・・・・・・と、ここからがカレー限界領域・・・・・・・・・・・・・・・






えーっ、大阪のメタルから愛知のオリエンタルへ行ってしまったので・・・にっこり





じゃーん
f22c3be3.jpg


ハチ食品のビーフカレーであります。こちらはきっぱりと





このハチ食品、香辛料や調味料なんかも出してて、ハ○スやエ○ビーより、
ビミョーにお安く、関西ではメジャーなんですが、全国的にはどーなんでしょーか・・・





ちなみに、このハチ食品さんは、大阪市西淀川区にあります。
0c60c06f.jpg









で、ついでに・・・にっこり
0cdf2b0a.jpg


グリコ、カレー職人シリーズ、
スパイシーチキンカレー、あら挽き黒胡椒仕上げ
であります。




さすがにメジャーなグリコさん、高級感のある箱入りですね。にっこり






で、じつはグリコさんも・・・
1040a22c.jpg
同じ大阪市西淀川区にあるんですよね・・・





つーことは、ひょっとして・・・これに入ってる「あら挽き黒胡椒」・・・





わたくしの愛用している、ハチさんのと同じなのかな・・・にっこり





とまあ、最近、レトルトカレーのブレンダーとして、一部で知られている98kさんでした。
(ま、単に何種類かを、混ぜたりして食べてるだけなんですが・・・)

だってワンパックじゃ足りないし、同じ製品だとつまらないんだもん・・・悲しい







よろこびのP.S.
まさかこのトシになって、「オリエンタルカレーの唄」が、再び聴けるとは思ってませんでした。
オリエンタルさんのホームページ、けっこうレアなグッズの紹介もあって、オススメであります。
そういえば、日清食品さんの博物館もなかなかのものでしたし、
今度はいつか、グリコさんの博物館にも行ってみようっと・・・ラブ











at 22:55|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年12月26日

カレー鍋と七変化鍋・・・

(期間限定)
地下壕OFF会ご案内記事はこちら

(12月26日朝から27日夜まで、ドリコムのサーバ故障で画像を見ることができませんでしたが、復旧しました。)




引き続き、文字色はカレー色であります。にっこり

前回カレー記事が好評につき(ほんまかっびっくり)、カレーシリーズの第二弾であります。にっこり



第二弾は、最近話題になっているらしい、カレー鍋であります。ややきっぱりと




某ぶるじょわサイトの記事で知ったのですが、カレー鍋の元祖は姫路のお店だったんですね。
んで、わたくしもその老舗の支店で、豪華カレー鍋や高級酒を楽しんできた・・・

わけではなく・・・








じゃーん
65939734.jpg


レトルト、しかも、

夏のカレー鍋
であります。きっぱりと・・・



夏らしく、おすすめの具材には・・・
cd7bda17.jpg

おすすめ夏野菜
なんかも・・・あははは困った



そう、寒くなってから、季節はずれ処分でお安く買ったのであります。にっこり



158122e3.jpg

かつお節と昆布の和風だしで、ガーリックとブラックペッパーが効いた、

夏にぴったり
のカレー鍋スープなのであります。


どーだ、まいったか、と、寒くなってから何パックか食べたのですが・・・


かつお節と昆布の和風だしに、ガーリックとブラックペッパーが効いたカレー鍋でした・・・


おしまい拍手



と、ゆーだけでは、ちとさみしいので、今回は特別に・・・





丸秘98k風「七変化鍋」レシピを大公開びっくり



材料

一、水炊きの具材と昆布、ポン酢、一味

二、寄せ鍋の具材と薄口醤油

三、関東煮(おでん)の具材、ねり辛子

四、トムヤムクンスープの具材とトムヤムクンペースト

五、キムチチゲの具材とコチュジャン、生ニンニク

六、カレー粉、ハバネロ

七、うどんかパック飯

以上であります。

分量は四人前として・・・ともかく大量に用意することであります。


作り方と召し上がり方

一、暗くなる前に(ここがポイント)、鍋に水をはり、昆布を入れておきます。

二、暗くなったらすぐに点火し、水炊きの具材を適宜投入、ポン酢と大量の一味でいただきます。

三、水炊きの具材が少なくなったら、上から薄口醤油と関東煮(おでん)の具材を投入、
  さらにその上から、寄せ鍋の具材を投入し、大量の一味で寄せ鍋をいただきます。

四、寄せ鍋の具材がなくなったら、大量のねり辛子で下の関東煮(おでん)をいただきます。

五、関東煮(おでん)が少なくなったら、トムヤムクンスープの具材と、
  トムヤムクンペーストを投入、トムヤンクンスープとしていただきます。
  (この時点で、とてもトムヤムクンとは思えない様相となっておりますが、
  大量の一味を表面に浮かべて、中味を覆ってからいただきます。)

六、トムヤムクンのエビを食べたら、キムチチゲの材料とコチュジャン、
  大量の生ニンニクを一挙に投入、足らない場合はさらに一味を追加していただきます。

七、ここにカレー粉と大量のハバネロを投入、今度はカレー鍋としていただきます。

八、最後に大量のうどんかパック飯を投入・・・

この時点で、すでに夜が明けてるはずですので、

これを朝食として、おいしくいただきます。

さらにチョコレートなんぞも投入すると、食後のデザートとして・・・(以下略)


とゆー次第で、暗くなる前からはじめるのは、食べ尽くすのに時間を要するので、
最後のカレーうどん、またはカレー雑炊を朝食の時間に合わせるためなのであります。





真実のP.S.
この「七変化鍋」、実際に何度かやってますが、順番さえ間違えなければ、
けっこういけるものなのであります。だんだん舌の感覚がなくなってきますが・・・

まあ、雨続きのキャンプとかで、何組かで持ち寄った鍋材料を利用して、
延々と宴会を続ける時なんかには、まさにぴったりなのであります。

ま、さすがに、最後にチョコレートを投入したりは・・・やったことがあります。にっこり
誰かさんが、「カレーの隠し味にはチョコレートやで、げひげひ」などと、
キャンプテーブルにあった、おつまみ用の大量のチョコレートをどばどばと・・・

お味はまったく覚えておりませんが・・・困った





参考画像P.S.
1288322d.jpg
この二日酔いアルコールバーナーも、こんなふうにみっつ揃えば、七変化鍋ができるものを・・・くどくど・・・









at 02:10|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年12月23日

カレー三昧

(期間限定)地下壕OFF会のお誘い記事はこちら



えーっ、話はとーとつにかわりますが、文字色もカレー色にしてと・・・

わたくしの自宅では、今年の春から次男も下宿することになり、
奥様もまた、ダイエットのため夕食を殆ど食べなくなったので・・・

孤独食が続いている98kであります。ううっ悲しい

まあ、平日は職場の同僚と立ち呑みなんかで軽く一杯やってから、
自宅への最寄り駅を出たところに順番にならんでいる、
牛丼の吉野家、カレーのCoCo壱番屋、餃子の王将をメインに、さらに帰り道にある、
博多ラーメンとか讃岐うどんとかの大盛定食で済ませているのですが・・・

それでも深夜になるとお腹が空いてきますし、土日も奥様はたいてい、
カメラ持って遊びに出かけてますので、自宅で一人のんびりしている時にも、

やはりお手軽なカレーラブとゆーことになります。

特に、これからの年末年始、わたくしのお手軽カレー消費量が増えるのは必定・・・

そこで今回は、わたくしが最近食べてる、お手軽カレーをいくつかご紹介とゆーことで・・・





04c89d8f.jpg
こちら最近、特にハマっている、牛すじカレーであります。

ちかくの居酒屋?さんが片手間に、手作り製造販売しているらしいのですが、
いつも奥様が買ってくるので詳細は不明・・・でも株式会社になってますね・・・

これは中辛、ほかに辛口(同価格)、超辛口(40円プラス)もありますが、
寒い季節はこちらがまったりと暖まり、ハマってる次第。
ちなみに、これは自宅で冷凍したやつですが、売ってるのは真空パックしたてのやつで、
冷蔵で一か月、冷凍で六か月保存できるそうであります。
ちなみに、このPanasonicのEパックとゆー真空パック、一袋につき40円かかるそうであります。

240g入りでお値段は0.38k、たっぷり入ってる大きなすじ肉もうまく、
中味のわりには、ほんとに良心的なお値段だと思います。
ま、わたくしの範疇では、これも高級品の部類なんですが・・・悲しい







f9341a88.jpg

010b28af.jpg
こちらは、近江・松㐂屋(まつきや)のビーフカレー
(ヒがみっつの喜という字、環境依存文字なので表示されないかも知れません・・・)
こちらは奥様が近江の国で遊ばれた時にお土産に買ってきてくれたもの・・・落ち込み

たしかにお肉はいっぱい入ってましたが、まあふつうのレトルトカレーでした。
先ほどの牛すじカレーとほぼ同じお値段だったそうで、わたくしが一人で全部食べたら、

「わたしも食べたかったのにぃ、がるるるぅ」と・・・以下省略・・・病院






a03f0918.jpg
こちらは、お肉屋さんで売ってる、お肉屋さんの特製ビーフカレー・・・
袋の一番下の文字が見えなくなってますが、
「全国食肉生活衛生同業組合連合会指定」と、書かれてました・・・にっこり

こちらも、まあふつーのレトルトカレーのお味であります。







4c6cc369.jpg
こちらが、ドンキで売ってたお安いビーフカリー・・・
製造者は、愛媛県のアール・シー・フードパックとなってました。
こちらは、もっともっとふつーのレトルトカレーのお味であります。落ち込み





まあ、奥様が自分用に鍋で炊いたご飯の残りを冷凍したものや、
(ちなみにリオたんちでは、新しい炊飯器を買ってから、古い炊飯器をちまちま分解して、
無意識に改造修理してしまったそうですが、うちには炊飯器はありましぇん。にっこり)
あるいはパック飯を温めて、ルウを温めるだけで食べられるお手軽カレーは、
わたくしの大事なお友達なのであります。

以前は、手の込んだカレーを作ることもあったんですが、最近は作らなくなりましたねえ。

アウトドアでも、自宅で家族が揃ったときでも、たいてい鍋か焼き肉・・・

ううっ、こんな記事書いてたら、またお腹が空いてきたぞ・・・

どれにしようかな・・・そうか、今夜のお夜食は、二種類をミックスしてみよっと・・・ラブ







(12月24日追記です。奥様に詳細を聴いて、記事を一部追加修正しました。)






at 21:47|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年10月04日

今日の料理・・・

(期間限定のお願い)
アマゾン植林・苗木代公募記事はこちらです。 引き続き、みなさんのご協力をお願いします。






音符ぽんぽこぽこぽこ、ぽんぽんぽん

音符ぽこぽこ、ぽんぽんぽん



さて、「今日の料理」のお時間であります。

本日は、98kさんのおたんじょーびにふさわしい、豪華な料理を作っていただきます。

まずは材料から・・・
94e6dda6.jpg
左から、
タイ製グリーンカレーラーメン、ドンキにて一個0.069kでした・・・
水、375cc・・・中途半端ですが、指示どおりであります・・・

以上であります。





んで、本日の調理器具・・・
8834ec03.jpg
手前、左側から順番に・・・
二日酔いの猫さん自作アルコールストーブ(バーナー)、三個あるけどとりあえず一個、
燃料用アルコール、500ccボトル入り、
燃料用アルコール用、ナルゲンポリエチレン60ccボトル、お高いので一本だけ、
燃料用アルコール用、ではないアルミ100ccボトル、一本しかなかったのでやはり一本
ガラス製ショットグラス、シングルサイズ一個、
で、後にあるのが、安物アルミクッカー、めいっぱいで900ccサイズ、一個であります。





んで、いよいよ作り方であります。

まず、ショットグラスに燃料用アルコールをなみなみと注ぎます。
dcfeb3c5.jpg




これをアペリティーフとして、ぐいっと一気に・・・

決して飲んではいけませぬ。
死にます。ドクロ





これをストーブ外側の噴き出し口からあふれる程度に投入します。
6fbedcce.jpg
これ以上、いくら注いでも、アルコールは噴き出し口から溢れるばかり・・・



アルミホイル全体がびちゃびちゃになったところで、おもむろに点火・・・
139c99db.jpg



たちまちストーブは火だるまに炎、アルミホイルは火の海に炎


わははは、愉快愉快にっこり・・・などと、


これを持って走り回ってはなりませぬ。
火事になります。ドクロ




ストーブが暖まり、噴き出し口から青い炎が勢いよく噴き出したらクッカーを載せます。
d1fe430f.jpg


点火してから、ここまで約60秒・・・


今回は室内の食卓にまな板を置き、その上にアルミホイルを敷いてますので、
土台としては極めて安定してましたが、アウトドアでは、かなりしっかりと水平とらないと、
クッカーもストーブもひっくり返りますね。
アウトドアでは、片手はクッカーのハンドルから離すことなく、
もう一方の手と歯を使ってラーメンパックを食い破っておく必要があるようです。




4b68e94f.jpg

で、このように沸騰してきたら、麺を投入します。
クッカーを載せてから、ここまで約3分弱・・・






で、ここからさらに3分煮込んでから、粉末スープと液体スープを投入・・・
d764df77.jpg
まだまだ充分、ぐつぐつ沸騰しています。







で、器に移し替えると・・・
25b84f9b.jpg



豪華グリーンカレーラーメンの完成びっくりであります。


わははは、しあわせじゃあにっこり





専門的考証P.S.
本日の室温は25度、水道水もそれなりでしたが、袋ラーメン調理用の火力としては充分でした。
実際、クッカーを載せてから燃焼したアルコールは20cc程度でしょうか。
これで、7分以上は燃焼してましたから、かなり効率はいいと思います。

ただ、クッカーを載せたときの安定性は、やはりアウトドアでは不安ですね。
水平で無風の状態をつくるか、安定した風除け兼用のゴトクを使うか・・・
まあ、本文でも書いたとおり、片手で支えてやれば問題はないでしょう。

それにしても、ショットグラスに注いだ燃料用アルコール、いい匂いだったなあ・・・じゅるじゅる

あっ、ちなみに・・・
画像にあった、アルミボトルとポリエチレンボトル、
せっかく買ったので置いてあるだけで、別に調理には使いませんので・・・あかんべー

二日酔いの猫さん
ありがとうございました。
おかげで楽しいおたんじょーびが過ごせました。ううっ困った







at 21:21|PermalinkComments(14)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック