クーラーボックス

2015年03月11日

スバルXV2015・車中泊想定編


本日は、東日本大震災から4年目の3月11日です。

犠牲になられた多くの方々のご冥福と一日も早い被災地の復興を、喪心よりお祈り申し上げます。




さて今回は、災害避難時にも役立つ???かも知れない???車中泊想定の記事であります。

リクライニング・シートを倒しただけの仮眠ではなく、クルマをシェルターにして本格的に眠るためには、
やはりそれなりの工夫が必要ですし、車内でもきちんと睡眠がとれるということは、災害時でも重要ですね。

わたくしスバルXV2015とゆークルマを購入したものの、その本来用途のキャンプになかなか行けず、
仕方なく毎週末、いろいろと車中泊の工夫をしたりして遊んでます。

ええ、自宅前の路上で、ちまちまと明るく健康的に・・・うぐぐぐ

ま、実際にはわたくしテント泊ばかりで車中泊などめったにしないんですが、そこは想定つーことで・・・



納車編でも触れたように、XVに183cm×51cmのマットを敷いて車内で眠るためには、たたんだリアシートと、
前に押しやった助手席との隙間を、リアシートとほぼ同じ高さにしてやる必要がありました。
(厚みのあるマットがあれば、少々の高低差や隙間、凸凹などは無視できます。)



そこでまず、リアシートの足元にコールマン・ポリライト28とゆークーラーボックスを置いてみました。

DSCN4181

ちなみに助手席の背面ポケットに入れてあるのは三省堂の「世界星座早見」・・・
そう、世界中どこを走ってても夜になれば自分の位置がわかるとゆー最新ナビ・・・なのかっ???







リアシートのヘッドレストを外し、助手席を目いっぱい前まで動かした状態であります。

DSCN4184

横幅はぴったり、荷室後端から助手席バックレストまでに183cmのマットが収まる長さになりますが、
前にまだこれだけの隙間がありますし、荷室側との段差も12cmほどありました。


うーむ、この隙間を埋めて、荷室とほぼフラットにするにはどうすればいいか・・・



で、ポリライト28を足元中央に置き、マットを折り曲げてその上に置いてやると・・・

DSCN4186








この上にマットを敷けば、頭部がやや高くなるものの183cmの就寝スペースが完成・・・

DSCN4185

わははは、めでたしめでたし・・・

って、これではこの上に、もう一枚マットが要るではないかっ!!!






そこで、とりあえずダウンジャケットをまるめてポリライトに載せ、その上にマットを敷くと・・・

DSCN4180







183cm×51cmのマットが、まあまあフラットに置けました・・・

DSCN4179

もう片方のリアシートも倒せば狭隘部はなくなり、それなりに眠れる・・・はずです。


ダウンジャケットのかわりにサーマレストのリッジレストをまるめたまま載せるとさらに快適でしたが、
わざわざ嵩張るリッジレストを余計に持つのも無駄ですし、厚手のダウンジャケットも冬だけの装備、
さらに常にポリライト28を使うとも限りませんし・・・ええ、クーラーボックスも使い分けるので・・・

やはり横幅50cmまで、奥行き30~45cm程度、高さ45cm程度の収納ボックスを探して常備用にしておき、
車内泊の際にはここにおいて、就寝スペースとするのが最良か・・・

でもポリライト28も横幅はぴったりだし、助手席を通常位置に戻しても充分収まる奥行きだし、
わたくしの身長(171cmぐらい)なら、通常位置でもまっすぐ眠れるので、やはりこれを利用しない手はないか・・・

となると、ポリライト28のフタと同サイズもしくはやや奥行きがあって高さ12cm程度の収納ボックスを探すか・・・

ま、夜中に冷たい飲み物やおつまみが欲しくなったら、シュラフとマットと収納ボックスをどけないと、
クーラーボックスまでたどりつかないけど、その際には上半身は起こすわけだし・・・

ちなみにこの状態でわたくしが上半身を起こすと、ちょうど天井に頭が触れる高さでした。

うーむ、ここはなかなか悩ましいところではあるな・・・わくわく







と、翌週・・・

DSCN4232

ホムセンでアイリスオーヤマのバックル式コンテナをみっつも買ってきました。わははは

大きいほうが外寸で横幅45cm×奥行30cm×高さ26cm、小さいほうが同じく45cm×30cm×16cmであります。

底部がやや小さく、積み重ねるとフタのくぼみ部分に固定される仕組みなので、大と小なら高さは約41cm、
大ふたつなら約50cmになります。


すべてポリライト28に載せるとこんな感じ・・・


DSCN4233

組み合わせ次第で、なんとなくぴったり合いそうでしょ・・・





さっそく、大きいサイズをふたつ重ねて置いてみると・・・

DSCN4310



DSCN4311

これだけ(約7cm)頭部が高くなりました・・・あははは







で、大サイズと小サイズをひとつずつ重ねて置いてみると・・・

DSCN4308


DSCN4309

倒したシートバックとはほぼフラットなんですが、背面にオプションで装着したカーゴトレーマットの、
ちょうど縁の分(約2.5cm)だけ低くなりました・・・トレーの縁をカットするか・・・あははは







さらに今度は、ポリライト28の上に小サイズを置いてみると・・・

DSCN4305


DSCN4306

大サイズを重ねたのと同じぐらい(約6cm)頭部が高くなりました・・・あははは




さすがに専用の隙間クッションみたいにぴったりとはいきませんが、ま、それなりに使えそうです。

これまでは7枚目画像にある巨大なRVボックスをふたつとも積んでたこともあったのですが、
クルマで行くキャンプ宴会用の装備についても小型化しようと考えてたところだったし・・・


頭部が高いのも低いよりはマシですし、どうせ下半身とはさらに段差があるし、いちおーこれで・・・

DSCN4313

このような組み合わせにして上にマットを敷けば、二人でも就寝可能です。
ただし、コンテナとクーラーボックス以外の荷物は運転席や助手席への移動が必要ですが・・・

この状態だとリアシートの足元スペースが無駄にならないので、たとえ車中泊想定でなくても、
二人乗車までなら必需品を入れて常備しておけば、ほぼフラットな広い荷室として使えそうです。







ま、二人で車中泊するとしても、マットはいっぱいありますし・・・

DSCN4314

とーぜんわたくしは、大きくて分厚いダンロップ・キャンピングマットのほうですが・・・げひげひ







で、その後もいろいろと試して、最終的にはポリライト28と小コンテナをこのように組み合わせ・・・

DSCN4319


DSCN4318

こんな感じにすると、ちょうど小コンテナが枕になって一番快適でした。




もちろん、こちらのほうが・・・

DSCN4317

さらに快適でしたが・・・



今回購入したコンテナに、マットと季節に応じたシュラフ、着替え、非常用の食糧・飲料などを入れて、
クルマに常時積んでおけば、災害避難時や宿泊地にたどり着けない場合にも有効かと・・・

ただまあ、現実的には車内の荷物を整理して就寝スペースを作るよりポップアップテントを拡げるほうが、
はるかに簡単で快適ですので、よほどの悪天候や駐車環境などによりテントが張れない場合を除き、
仮眠はしても車内での一泊はしないでしょうし、マットやシュラフなどもキャンプ装備と完全にカブるし・・・
そう、わたくし一泊以上のクルマでのお出かけは殆どがキャンプ、キャンプ装備は常に満載なのであります。

うーむ、このあたりもなかなか悩ましいところではあるな・・・わくわく

と、めったにしない車中泊の想定でも、妄想は膨らんでいくのでありますね。わははは




(イグルーのクーラーボックスに関する)備忘のためのP.S・・・げひげひ

マリーンウルトラ30なら横幅47cm×奥行28cm×高さ43cm・・・
スポーツマン30なら横幅46.5cm×奥行33.5cm×高さ42cm・・・
高さならマリーンウルトラがよさげだけどスポーツマンにはハンターグリーンとゆー色合いがあるし、
お値段もかなりお安いし・・・でも保冷能力や耐久性ではやはりマリーンウルトラかな・・・
このあたりもなかなか悩ましいところではあるな・・・でへへへ



m98k at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年08月12日

マイナス16℃と・・・


とーとつにマイナス16℃から・・・




じゃーん

DSCN3013










そう・・・

DSCN2999

マイナス16℃まで冷やせる強力タイプの保冷剤であります。

マイナス16℃の保冷剤といえばロゴスのが有名ですが、こちらはコーナンのサザンポート・ブランド、
ええ、わたくしとーぜん、お安いほうにしました。
サイズ的にも350gと、一番小さいサイズであります。

強力タイプの保冷剤は凍らせるのに手間がかかる(マイナス18℃以下になる冷凍庫と長時間が必要)
ものの、アイスクリームも保存可能、缶ビールなどは保冷剤に触れたままだとシャーベット状になる・・・
とのことですが、今回はじめて購入したので、いずれフィールドテスト結果も追記する予定です。






保冷剤は大きいタイプほど保冷力も高く、重量比でもお買い得なのですが、今回はこちらの・・・

DSCN3001

小型ソフトクーラーにサイズをあわせました・・・






DSCN3005

同じサザンポート・ブランド、5リッターサイズのソフトクーラーであります。
同シリーズでは、ほかに10リッターサイズと15リッターサイズもありました。

なんとなく、某コールマンの某エクストリーム・シリーズに雰囲気が似てますが・・・





で・・・

DSCN3004

このソフトクーラーにぴったりサイズの保冷剤として、あわせて購入した次第。

こちらの画像もなんとなく、某コールマンや某ロゴスのやつに雰囲気が似てますが・・・


それにしても、一番暑くなるはずの・・・


天板だけが、なんで黒やねん??? 


周囲は遮熱素材っぽいのに・・・製品デザインの意図がわかりましぇん・・・





で、保冷剤を天板裏に載せて・・・

DSCN3008





DSCN3009

缶ビール(もどき)6本が、ちょうど収まるサイズなのであります。
(内2本は撮影中に飲んでしまい、すでに空き缶になってましゅが・・・)

ま、一人宴会ならこれで充分ですし、軽く飲むだけなら2~3人分、さらに豪華なソロキャンプなら、
ビールは半分程度にして焼き肉や鍋物用の生モノを詰め込み、食後にバーボンなんぞを・・・

このサイズなら、デイパックやショルダーバッグにも(こっそりと)収まりますし、重量も最大で5kgまで、
使用後は保冷剤を入れたまま薄く畳めるので、お手軽宴会には最適かと・・・

コールマンのエクストリーム・シリーズと較べると、お値段は1/5程度、しかも今回は、
コーナンの夏物処分セールとかで、さらにお安くなってました。

ただまあ、エクストリーム・シリーズの断熱材は厚さが10mm、こちらは6mmですから、
保冷力は単純計算でも、6/10しかないことになります・・・
(ちなみにコールマンのアルティメイト・シリーズは断熱材の厚みが15mmだそうです。)




そこで・・・

DSCN3014

自宅にあった銀マットの切れ端を内装に追加してみました・・・

ま、この銀マットは厚さが2mmですから合計でも8mm、エクストリームにはあと2mm及びませんが、
保冷力が足りなければ、やはり自宅にある厚手の銀マットの切れ端に交換する予定・・・

これでコールマンをも凌駕できる保冷力になる・・・はずであります・・・あははは


つーことでwingさん、

そちらが新調された極薄25リッターサイズのやつにも、銀マットを追加されてはいかがでしょう?











保冷に関するタメになる(かも知れない)一考察PS

この保冷剤の説明書によると、保冷剤はクーラーボックスの上面を覆う程度が必要、となってましたが、
実際には、保冷剤やクーラーボックスの性能、季節や気温、日数や開閉回数などの使用条件によって、
また内容物の温度などによっても必要量は大きく異なります。

「ファミリーキャンプ入門」カテゴリの「クーラーボックス」記事にも書いてますが、わたくしの経験では、
大型のクーラーボックス(スチールベルト54)に冷えた飲み物や冷えた生鮮食品を入れて、タープの下など、
日陰に置いた場合は、よほどの真夏でない限り、この半分程度の保冷剤でも三日目の朝までは持ちました。

スチールベルト54は断熱材も薄く、保冷剤もコールマンの年代物ですが、やはり大型のほうが持ちはよく、
ポリライト28サイズになると、せいぜい二日目の昼ぐらいまでしか持ちませんでした。

これがソフトタイプになって、しかもさらに小型になってくると、保冷力は極端に落ちてきますので、
小型ソフトクーラーで保冷力を維持したい場合は、より強力な保冷剤をより大量に使う必要があります。

また、水を入れて使えば冷えるのも早いですが溶けるのも早くなりますし、内容物を冷やしておく、
できる限り冷凍しておく、開閉回数を減らすなどの工夫をすれば、保冷剤の持ちはずっとよくなります。

二泊三日程度のキャンプには大型クーラーボックスと保冷剤が必需品ですが、それ以上長くなる場合や、
真夏の炎天下キャンプなどの場合は、途中でブロック氷の買い足しが必要になってきます。
ただし、どうせ氷を買い足すなら、ついでに冷たいビールや生鮮食品も買い足せばいいわけで、
この場合は三日目以降の食糧計画を、買い出し前提にしておけばいいでしょう。

逆に一泊二日のキャンプなら、せいぜい翌朝まで持てばいいので(どーせ二日目は飲めないし・・・)、
てきとーなクーラーボックスに、てきとーな保冷剤や氷を入れておくだけでも充分です。

ただし、これらはいずれもクルマを使う場合で、難しいのは担いで行くキャンプの場合の選択です。


ひと昔前なら、担いで行くキャンプで冷たいビールや生鮮食品などとゆーのは夢のまた夢でしたが、
他の装備が軽量化され、自宅でも手軽に低温冷凍できるようになり、ソフトクーラーの性能も高くなったので、
一日目の夕食ぐらいは、それなりに豪華な宴会ができるようになりました。

ただ、さすがに一晩ほどで無用の長物と化す保冷剤を、翌日以降もずっと持ち歩くわけにはいかないので、
低温冷凍した生肉などを保冷剤兼用にして、小型軽量のソフトクーラーに入れてリュックの奥に詰める、
とゆーのが一般的です。

で、夕食に程よく溶けたやつを食べ尽くして、翌日からはフリーズドライと生ぬるい飲み物だけの生活・・・

つーのが今どきの(それなりに豪華な)テント泊山行のようですが・・・

わたくしの場合、宴会がキャンプの目的そのものですから、やはり新鮮な食材や冷たいビールは必需品、
たとえ担いで行くキャンプでも、しっかりと保冷剤を入れて、しっかりと宴会したいのであります。



m98k at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2006年11月19日

ファミリーキャンプ入門6 クーラーボックス

このカテゴリの六回目は、季節外れのクーラーボックスであります。

文字色も、冷たく水色になっております。拍手


二回目のテント編で、ファミリーキャンプ入門に必要な七つ道具として、

1テント、マット
2タープ
3イスとテーブル
4バーナー
5クーラーボックス
6水タンク
7そして、ランタンと懐中電灯ぅぅぅ!

以上の七つ道具をあげておきました。

もちろんこれ以外にも、調理具や寝具、救急用品など、最低必要なものはありますが、
ファミリーキャンプ専用に揃えるのは、とりあえずこの七つ道具だけで、
あとはわざわざ専用に購入する必要はないというのが、わたくしの思いであります。

季節はかなり寒くなってきましたが、クルマを使ってキャンプするなら、
寒い季節でもクーラーボックスは必要であります。

クーラーボックスは最初から思い切って、大きいものを用意しましょう。
四人家族で二泊三日なら、最低でも40リッター以上が必要です。

クーラーボックスにはソフトタイプとハードタイプがあります。
ま、一日目に使う飲み物や肉などを別のソフトタイプに入れておくと、
折りたためるので、帰りの荷物が少なくなりますが、やはりメインは、
ソフトよりハード、ちっちゃいのより大きい方が保冷力は高いです。

容量さえあれば、釣り用でも、発泡スチロールのトロ箱でもいいのですが・・・

baa4c8ad.jpg

こちらは、わたくしが長年愛用している、コールマンのスチールベルト54であります。
容量は54クォートですから、51リッターぐらいで、容量のわりにちっちゃい、
つまりポリライトシリーズなんかにくらべて薄い、ということですが、
これだけ容量があると、よく冷やしたものと保冷剤を入れる限り、二泊三日程度なら、
なんとか最終日の朝までは保ってくれます。
さすがに真夏の炎天下では、氷の補充も必要になりますが・・・
かなり傷だらけになってますが、ともかく丈夫で信頼できる逸品であります。
最近は、これのステンレスぴかぴか版がでているようですね。


で、
6c31c2cb.jpg

上に積んでるのが、同じくコールマンの、ポリライト28であります。
外形はごらんのとおり、ひと回りちっちゃくなるだけなのですが、
容量は半分程度になります。
ファミリーキャンプでも、三泊ぐらいになると、
このふたつに、さらにソフトタイプをいくつか持って行ってました。

ま、お父さんのビールが大部分でしたが・・・

ちなみに帰りは、こんなふうにぴったりスタッキングできます。
f0b04f8d.jpg


さらにポリライト28の中にも、
8e8028a8.jpg

こちらはタッパーウェアの密閉ボックスで、保冷機能はありませんが、
川下りのランチボックスなんかに使ってました。
これも中身を断熱シートで包み、保冷剤を入れて、濡れタオルをかけておけば、
クーラーボックスとして使えました。やはり密閉性が大事なんですね。

帰りに、このようにきれいにスタッキングするためには、

食べ尽くし、飲み尽くすこと!

が、わたくしのキャンプの基本となるのであります。きっぱりとショック


クーラーボックスの保冷剤は、懐中電灯の電池と同じく、必要不可欠と考えましょう。
保冷剤は、容量の1/4から半分程度は必要、といわれてますが、それは氷と水を入れた場合で、
冷凍するタイプの保冷剤で、あらかじめよく冷やした飲料食糧を入れる場合は、
そんなにたくさん入れる必要はありません。
わたくしスチールベルト54には、コールマンの1リッターサイズの保冷剤をふたつ入れるだけであります。
保冷剤は何日も前からカチカチに凍らせておいて、二日目の飲料などもできるだけ凍らせて、
保冷剤がわりにすることがポイントですね。

ま、それでもケースごと持って行った予備のビールを、急いで冷やすこともありますが、
その時は大量の氷を仕入れてきて、水を入れて一気に冷やすしかありません。
そんな使い方をする場合は、底部にドレンプラグが付いてないと、凄い重さで傾けて排水することもできず、
一人で持ち運ぶことも困難になりますのでご注意を!

イワタニのモビールクールなど、カセットガスで冷やすクーラーボックスもあり、
製氷までできるという保冷力はたしかに魅力なんですが・・・
三泊以上の長期滞在とか、氷の入手も不可能、という状況でもない限り、
あえてファミリーキャンプ用に購入する必要もないでしょう。

(ほんとは、欲しいと思っているのですが、お値段と大きさが・・・ううっ)


at 01:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2006年10月10日

強風キャンプ宴会入門?


買ったばかりのフォレスター・エアブレイクで、キャンプ宴会してきましたあ。

fe460ff6.jpg

七日午前中は時折の雨と突風、山奥の道は木の枝が散乱し、舗装工事中の箇所は泥濘状態、
おかげで新車の下回りが、半日で傷まみれの泥まみれ・・・ううっ泣く

で、とりあえずは、乾杯用にいつもどおりにタープを張ったのですが、画像左側のとおり、
たちまち強風で倒されてしまいました。

タープのペグやポールがまっぷたつ、という突風はさすがにはじめてであります。
4e58f74a.jpg


倒れたイスとテーブルを起こし、ブルーズハープを奏でつつ対策を練る98k氏・・・
531d5213.jpg


どーして、みんないなくなるの???

ちなみに赤いコールマンのキッズチェアは、ペグでしっかり固定してあるので大丈夫!
さすが110パパさんであります。

「うーむ、突風で飛ばないのは、2リッターサイズのペットボトルだけか・・・
そうか、2リッターサイズのビールを飲めばいいのかっ!」

「そーゆー問題じゃないでしょうがあ!
この突風では、98kさんが大量に持ってきた焼肉や鍋ができませんよ。」

「うぐぐぐ、それはまずい・・・」

さいわい、雨は完全に止んで晴れてきたので、この日は風上中心にクルマを並べて、
予定どおり焼肉、鍋宴会に突入しました。
76c96347.jpg
38189441.jpg


きみのボトルネック奏法は、どーしてみんな聞き惚れるの???

ちなみに、テーブル上の飲み物と取り皿が飛ばず、鍋用のバーナーとBBQグリルが使えれば、
とりあえず宴会はできるのですから、西部劇の幌馬車隊のように、クルマでテーブルを囲む、というのは有効であります。

以前、海岸で暴風雨のときは、囲んだクルマにタープを固定して、破れないように片手で支え、
もう一方の手で、全員がビールを飲んでました。
他のグループは主催者の勧告に従い、近くの体育館に避難してましたが、
主催者が我々のサイトをしげしげと点検して、
「これで駄目なようなら来てくださいね。じゃ楽しんで下さい。」とにっこり


夜じゅう凄い風で、テントの天井が寝ている顔に触れるぐらいにたわみましたが、
さすがにダンロップやヨーレイカのテントは折れたり破れたりはしませんでした。



で、こちらも翌日はスコーンと快晴! でも相変わらず風は強い!
063a629f.jpg

結局クルマは、ご覧のとおりテント用の風除けに使い、
わかりにくいですが、タープは「片流れ」に張りました。

じゃーん
256e3d68.jpg

スクエアタープというのは、こんな時に便利なのであります。きっぱりと
ちなみに、風下は一本のポールにつき四本のライン、
風上は一本のラインにつき二本のペグで固定してあります。

あっ、テーブルの上の「黒チンギスウォトカ」フルボトルは自分用のお土産、
みなさんにはミニチュアボトルでしたが・・・げひげひ

ちなみに自分の身体を風除けに、朝から焼肉を焼き続ける110パパさん・・・
e407fe0e.jpg

我々は、こんな時のために、風を通しにくい体型に・・・

やがて、98kさん専用特製クーラーボックスに日は沈み・・・
4baa7d25.jpg


十六夜の月を愛でつつ、焼肉と鍋は果てしなく続くのであります。げふっ
08a12fed.jpg


P.S
中部山岳地帯では多くの遭難者もでたようで、大荒れの連休でしたが、
熊野は二日目の夜からは好天に恵まれました。
でもその中部山岳地帯のど真ん中で、フラッシュライトを照らしまくってた集団があったようです。
詳しくは、左バーのリンク集にある、G3さんのブログをご覧下さい。

at 22:01|PermalinkComments(13)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック