ソロセット

2018年04月27日

アンカーのモバイルバッテリー!!!

(災害避難についての「まとめ記事」はこちらです。)

わたくし密かに・・・

ブリヂストン・アンカーANCHORのクロモリ・フレームにバッテリーを仕込んで電動ロードに!!!

といったハナシ・・・

ではもちろんなく・・・タイヤに空気を入れるのさえ怪しいんだかんね・・・





アンカーANKERのモバイルバッテリーPowerCoreⅡ10000のご紹介であります。

DSCN8130

ええ、箱にそう書いてあります・・・




で、箱の中には・・・

DSCN8133



DSCN8134

本体と収納袋、接続ケーブル、日本語を含む取説が同梱されてました。




DSCN8135

左は大きさ比較用のトルクTORQUEのガラホ・・・



で、この2018年モデルからPowerCoreシリーズには・・・

DSCN8136

「くるくるLED」つーのが付いて残量や充電状態が8段階でわかるようになってます。
その分、少しお高くなって少し重量も増えたようで、旧モデルとどちらを買うかで悩んでましたが、
ま、せっかくなので新モデルにしてみました・・・



スペックであります・・・

DSCN8139

PowerCoreシリーズは接続機器を自動検知して最適の状態で供給してくれるようです。
ま、仕組みなんぞはよくわかりませんが・・・



って、わたくし・・・


そもそもスマホやタブレットなんて持ってないし・・・

カメラ(クールピクスS9700)の予備バッテリーは2つ持ってるし、ガラホの予備バッテリーは1つだけど、
ふだんは電話かメールぐらいで、道に迷ったり、お店を探す際にはGPSやネットにも接続するけど、
みなさんのスマホやタブレットみたいに常時は使わないので予備バッテリー1つでも充分・・・

なので電源のないキャンプサイトでも三泊程度までなら、これまで不自由することもなかったし、
旅行とかなら寝る前に宿泊先のコンセントで充電すれば済むハナシだし・・・

そう、モバイルバッテリーなんて縁がない・・・と、ずっと思ってたのですが・・・

今回は熊野キャンプ内モンゴルでVAPEなどに充電するために購入したのでありますね。

cinqさんにいただいたJUST2 MINIやwingさんにいただいたiCare、買ってもらったiCare2なんぞは、
ずっと愛用しているのですが、どれも電池の容量が比較的小さく、しかも電池交換ができないので、
電源のないキャンプサイトや長時間の行動中に頻繁に使うためには、頻繁な充電が必要・・・

まあ熊野キャンプでは、大容量のモバイルバッテリーはもちろんソーラー充電器まで持参されてる
wingさんから電力を奪ってもらってもいいのですが・・・

内モンゴルでの長時間の移動中や沙漠では、とーぜん電源がないので、あれば安心かと・・・





さらにキャンプでモバイルバッテリーがあれば、こんなのも使えるし・・・

DSCN8138

って、これらもwingさんから奪ったいただいたものだったかな・・・




さらにこんな充電器を持って行けば・・・

DSCN8137

キャンプで毎晩でも満充電!!!照射比較宴会!!!ができるし・・・むひひひ




P.S
わたくしフラッシュライト各種、カメラ、ケータイなどには、それぞれ予備バッテリーを持ってますが、
それでも汎用モバイルバッテリーつーのは、いざという時には頼りになりそうですね。
さらにモバイルバッテリーにも接続できるソーラー充電器を持てば、基本的にずっと電源不要・・・

実際に海外遠征隊のベースキャンプなどをドキュメンタリー番組で見てると、あちこちに大面積の
ソーラーパネルを拡げて、機器への充電や電力供給をしてますね。

最低限の「灯り」と「情報機器」への電力供給さえできれば、キャンプサイトでも災害時でも安心ですし、
数日間なら必要な容量のモバイルバッテリーを常備、それにソーラー充電器をプラスしておけば、
さらに長期間でも電力供給が可能になります。

ま、個人が持ち運べる、あるいは自宅に常備できるモバイルバッテリーやソーラー充電器の容量は
限られるでしょうから、最低限の「灯り」と「情報機器」への電力供給がメインになるでしょうが・・・

長距離を行くバックパッカーやサイクリストも小型軽量なソーラーパネルを利用しているようですが、
ケータイの電波が届かない状況であっても、わたくしのガラホやカメラ付き地図のように、GPSや
本体ソフトは電力供給さえ続けばずっと使えますし、何より「灯り」の消える心配がない、ということは、
サバイバルにとって重要でしょう。

さらに冒頭に書いたようにロードバイクに小型軽量なモーターとバッテリーを仕込んでおいて、
必要ならソーラーやハブ・ダイナモで充電しつつ走れば、苦手な坂道もぐんぐん上っていけるだろうし、
そうなれば、わたくしでも憧れのロングライドが可能に・・・じゅるじゅる

wingさん、ここはひとつ改造をよろしくです!



m98k at 00:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年11月06日

VAPEでOFF会???

とーとつですがVAPEオフ会???に参加してきました・・・

VAPE・・・
語源はVAPOR(蒸気)あるいはVAPORIZER(気化器・蒸気吸入器)の略とされており、日本では
電子煙草と総称されるものの、気化させるリキッド中に煙草成分がなければ「煙草」ではないし、
アイコスやグローなど煙草の葉を使う日本独特の加熱式煙草と、グリセリンやプロピレングリコールに
香料やニコチンを調合する世界標準のVAPEとは、むしろ別物と考えた方がいいでしょう。

つーか、八王子でのライトOFF会以来、すっかりVAPEの深い沼にハマってしまったwingさんから、
「リキッドの調合なんぞも試してみたいけど自分で使う前に、いろいろと人体実験をしたいので・・・」
とゆー恐ろしい理由からわたくしを誘い、「そりゃ面白そうですね!!!」と、いつもの関西ライト仲間も
「見届け人」として参加した次第・・・って、なんちゅー非情な仲間なのかっ!!!

とまあ、恒例により川端さんがわたくし98kをピックアップして神戸のwingさん宅へ・・・
で、そのまま三人で姫路のwing別邸へ向かう・・・のではなく、まずは・・・

DSCN6137


DSCN6134

神戸市長田区にある川端さんオススメの「やきいも専門店」へ!!!



どどんと全種類(一本ずつ)買い求め、さらに焼きたてのシルクスイートを・・・

DSCN6143


DSCN6140

(三人で1本を分けて)店内のカウンターにて試食・・・確かに旨かったです。




で、これで食欲を刺激され・・・

DSCN6145



DSCN6150

近くのインド料理店で遅めの昼食・・・



で、姫路にあるwing別邸に着くなり、さっそく・・・

DSCN6156

cinqさんから送られてきた厳重密封の怪しげなリキッドなんぞも次々と開封・・・




DSCN6157



DSCN6158

次から次へと試飲・・・とゆーか試吸飲とゆーか・・・

いずれも、まずわたくしに試させてみて、感想を聞いたうえで自分たちでも試されてましたが、
「考えてみると、98kさんで試したとしても人体実験にはならないな・・・」とか抜かしてました。
わたくしは「人体」ではないのかっ!!! ぶつぶつ・・・

ま、確かにわたくし、(コーラ味を除き)どのフレーバーでも、それなりに楽しめました。
ちなみにwingさんは回し飲み用のマウスピースやお手軽なアイケアなんぞも人数分用意してくれてて、
いずれもありがたく頂戴しました。ありがとね!!!



と、ひととおり試した後は・・・

DSCN6168




DSCN6163

DSCN6165


DSCN6166

遠方からも多くのお客さんが来られるという、すぐ近くのVAPE屋さんへ・・・

って、すぐ近くに大きなVAPE屋さんがあるんですねえ・・・やはり播磨の国は奥が深い・・・

と、マスターから親切に教えてもらいwingさんと川端さんはオススメのリキッドや様々なグッズを購入、
その後は夕食や翌日の朝食、つまみや飲み物なんぞを買い出ししてまったりとwing別邸に戻ると、
この日もロードバイクで走り回ってたred-bicycle(赤チャリ)さんもサイクルウェアのまま到着され・・・

DSCN6171

さらにいろんなリキッドを試しましたが、不思議なことにわたくしと赤チャリさんは同じフレーバーを好み、
wingさんと川端さんはまったく逆とゆー結果になりました。

ま、わたくしはどれでも(極端なハナシ、ベースの溶液だけでも)それなりに楽しめたので、
あまり参考にはなりませんが、川端さんは軽いお茶系、wingさんは軽いミント系、赤チャリさんは
濃厚なフルーツ系がお好みのようでした・・・

その後も様々なフレーバーを次々と調合したりして試しましたが、全員がいけると合意したのは、
レッド・エナジーというドリンク系のフレーバーで、これは意外でしたねえ。

さらにお店イチオシのナッツ中心のリキッドは当初意見が分かれましたが、アトマイザーを高電力に
設定してモクモクやると濃厚な風味になるので、こちらは上級者向けということでも合意しました。


で、海外では煙草からの移行を推奨されているVAPEそのものについては・・・

まずニコチン依存の喫煙者はニコチン・リキッドを(日本では個人輸入して)正確に適量を配合して、
それを徐々に減らして行けば、やがて依存から脱することもできるだろうし、喫煙という作業(習慣)
は殆どそのまま維持できるので、禁煙からくるストレスも軽減できるだろうし、受動喫煙の影響も少なく、
タールなど他の有害物質をいっぱい含む煙草の「煙」を吸飲するよりは、気化したグリセリンなどを
吸飲するほうがまだマシ、というのがwingさんの意見で、これにはわたくしも同感でした。

さらに火や煙はもちろん灰や吸い殻も出ないので火災やごみの心配もなく、周りへの迷惑も少ない、
アイコスやグローなどに比べるとランニングコストが圧倒的に安く、自分で好みのリキッドを調合すれば
さらにお安くなるし、アトマイザーなどのMODも(自己責任で)楽しめる・・・

日本では薬事法上ニコチン入りリキッドの販売ができないので煙草を蒸す加熱式が主流だけど、
世界的にはVAPE式が主流でニコチンとは関係なく楽しんでいる人たちも多い・・・

(追記です。)
日本呼吸器学会の
「非燃焼式・加熱式タバコや電子タバコの新型タバコに対する見解」をまとめた
記事(J-CASTヘルスケア)の一部を引用させていただきます。
(引用に問題があるようならすぐに削除しますのでご連絡をお願いします。)

1)新型タバコの使用と病気や死亡リスクとの関連性についての様々な説があるが、科学的証拠は現時点では明らかでなく、
「紙巻タバコより健康被害が少ない」という説は推測にすぎない。

2)加熱タバコのエアロゾルには、紙巻タバコと同程度のニコチンや、ホルムアルデヒドなどの有害物質が1~3倍含まれているという報告がある。
また、葉タバコを気化させることによって、土壌中に含まれる放射性元素ポロニウムが吸引される危険性がある。
3)電子タバコ(ニコチン入り)のエアロゾルには、「ニコチン量は紙巻きタバコと同程度だが、ほかの揮発性有害物質が20~60%と少ないため、
より健康的である」という擁護論がある。
しかし、有害物質の20~60%程度の減少が健康被害の低減につながるという科学的根拠は全くない。
それらの有害物質が通常の大気中に含まれている量と比較すると、14~111倍も高いのだ。
4)「新型タバコは受動喫煙危害が少ない」とする説があるが、特殊なレーザー光線で呼気を照射すると、
大量のエアロゾルを吐き出していることが確認されている。
特に電子タバコの使用者の呼気には、ニッケルやクロムなどの重金属濃度が紙巻タバコの煙より多く含まれている。
また、世界保健機構(WHO)も「電子タバコのエアロゾルにさらされると健康に悪影響をもたらす可能性がある」と警告している。
以上のことから、同学会は、加熱タバコや電子タバコの使用は推奨できない、また、従来の紙巻タバコと同様に
すべての飲食店、公共の場所、公共交通機関での使用を禁止すべきだと訴えている。


この見解によるとニコチン以外でも無害というわけではないようで、まずは周囲に迷惑をかけない、
楽しむのはあくまで自己責任、というのはこれまでの喫煙と同じ、ただしニコチン依存からの離脱手段
としては有効、リスク覚悟のストレス解消手段としては喫煙よりマシ・・・ではないか・・・

といった感じですが、フラッシュライト好きのみなさんがVAPEにハマるのは、いろいろと「いぢれる」
からなんでしょうね。みなさんライト同様に海外通販やっておられるし・・・

ま、わたくしの場合はフラッシュライトやロードバイクと同様、入手やMODやメンテナンスなんぞは
すべてwingさんまかせで、自分で「いぢる」ことなんぞは今後もないでしょうが・・・
そう、もっと爆煙仕様が欲しいとか、○○風味のリキッドが欲しいとか・・・じゅるじゅる

と、その後もVAPEを楽しみながら・・・

DSCN6178


DSCN6179



DSCN6183



DSCN6182

川端さん新機軸の軽量コットをみんなで試したり・・・




DSCN6194


BlogPaint


DSCN6190

恒例の「明るい」記念撮影をしたり・・・





DSCN6202

「こちらも新機軸のヘリテイジのシェルターです・・・」と川端さん。



「では、こちらも新機軸のモンベルのシェルターをば・・・」とwingさん。

DSCN6205

ごそごそごそ・・・





DSCN6207

と、最近またまた、お二人ともウルトラライト装備にもハマっておられるようで・・・





DSCN6216

それらの(室内)テストも兼ねてセット・・・



ま、わたくしは・・・

DSCN6217

ちゃんぽんニャとか・・・太麺でおいしかったニャ・・・




やきいもを次々と・・・

DSCN6197



DSCN6199



DSCN6219




さすがにこの二種類は翌日廻しになりましたが・・・げふっ

DSCN6222

種類によって味や食感がまったく異なるものの、どれもおいしかったニャ・・・




で、午前三時を過ぎ、翌日お仕事の赤チャリさんとはお別れ・・・

DSCN6223

いやあ、お忙しい中、寄ってくれてありがとね!!!



と、結局この日に試したのは・・・

DSCN6226

まだ他にもあったはずだけど・・・ま、こんなものでした・・・



と、残った三人も三時半には就寝、翌日の朝食後は、またまたまったりとおしゃべりや試飲で過ごし、
お昼過ぎには散歩がてら、おいしい蕎麦屋さんへ・・・

DSCN6229




DSCN6230




って、揚げ物好きのwingさんは天ざる・・・

DSCN6231

川端さんは温かい汁そばにされてましたが・・・


昼食後はさらに歩いて昨日のVAPE屋さんへ、お二人はさらに追加の買い物をされて・・・

DSCN6235


DSCN6234

ハロウィンのカボチャになったwingさん・・・



とかで夕方まで遊び続け、最後は・・・

DSCN6236

残ってたやきいもと・・・





DSCN6237

じつにひさしぶりの葉巻で〆ました・・・
って、この葉巻のフレーバーが今回の最高点、つーのが三人が合意した結論でしたが・・・


と、帰り道の神戸wing邸で焼きそばやたこ焼きをレッドアイで流し込み、川端さんに送ってもらって、
日付が変わる前には無事に帰宅したという次第。

ま、凝り性の赤チャリさんもお気に入りのようでしたし、みなさん次々とVAPE沼にハマっていくようで、
これはこれで楽しくて深い世界であることは間違いないようです。

みなさん、今回もいろいろとありがとうございました。





m98k at 03:44|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年09月15日

アルミハードトップの!!!

(期間限定・植林ツアー参加者募集のお知らせ) 
2015秋・ボルネオ植林ボランティアツアーへの
お誘い記事はこちらです。
参加申し込みがまだまだ少ないので、少しでも興味のある方は、ぜひご連絡下さい!!!




で、9月に入って第二弾のお買い物は、アルミハードトップの・・・




じゃーん

DSCN5418


DSCN5419

ソロ宴会用テーブルであります。きっぱりと










天板サイズはスペック上は42cm×55cm(実測してませんが・・・)

DSCN5415



DSCN5416

そう、キャンパーズコレクションのアルミハードトップテーブル(グレー)であります。

9月に入ってグレーだけがとーとつに半値程度になったので、ついついポチッと・・・





特徴は、なんといっても布製天板にアルミプレートが入ってることですね!!!








DSCN5420

左はロゴスのトレックテーブルで、ご覧のとおり天板は中間のアルミポール2本で支えているのですが、、
飲み物の入ったカップを置いたりするにはやや不安定で、これが布製天板の宿命でした。

ま、わたくしは薄いアルミプレートの安物風除板をこの上に乗せてしのぐつもりだったのですが・・・

今回のは6枚のアルミプレートが布製の天板に縫い込まれており、その隙間にさえ注意すれば、
ほぼフラットな「ハードトップ」天板として使えます。

もちろん、フレーム構造になった折りたたみアルミ天板よりは軟弱で、真ん中に重量物を置いたりすると
けっこうたわみますが、その分だけ薄型軽量ですし、アルミポール2本で支える布製天板より使いやすく、
中のアルミプレートもわたくしの安物風除板よりは厚手で、それなりにしっかりしてました。





しかも・・・

DSCN5421

ロゴスのトレックテーブル(高さ36cm)よりさらに高さがあります。(スペック上は高さ41cm)









そう、まさに・・・

DSCN5424

ヘリノックス・タクティカルチェアにぴったりの、わたくしの求めていた高さだったのでありますね・・・

しかも今回、初期価格やロゴスの購入価格から半値程度になってたし、天板も脚も落ち着いたグレーだし・・・








ただまあ、うれしいことばかりではなく・・・

DSCN5425

この「重さわずか約800g」を信じてたのですが、量ってみると収納袋込み1060gほどでした・・・


ロゴスのトレックテーブルが760gですから800gなら許容範囲と思ったのですが、実際の差は300g、
担いで歩くにはそれなりの違いになりますね。

ま、風除板を天板がわりに持ち運ぶ必要もなくなったので、これはこれでよしとしておきましょう・・・
(ひょっとして、もっと薄いアルミプレートで800gにしたけど、ぺこぺこだったのであわてて強化したとか・・・)






そう、これで・・・

DSCN5423

手前の軽量ソロ宴会セットと、奥の豪華ソロ宴会セットの使い分けができるようになりました・・・
(色合いもヘリノックス・タクティカルチェア・フォリッジグリーンと、まあまあ合ってるでしょ!!!)


ちなみに手前のロゴス・トレックシリーズのセットなら760g+400gで1160g

奥のヘリノックスと今回のキャンコレのセットなら990g+1060gで2050g

とゆーことになり、その差は900gほど・・・はてさて、どちらを持って行くか・・・


そう、快適性をとるか軽量性をとるか、いつもの「アウトドアグッズ・究極の選択」になりますね・・・

わたくしとしては快適性を重視したいので、いつも余計に持ち運んでいる体脂肪を900g減らすか、
900gの荷物を余計に持ち運べるだけ筋力アップをすれば済むハナシなんですが・・・

でも豪華ソロ宴会セットになれば、さらに多くの飲料食料も持ち運びたいし・・・じゅるじゅる

そうすれば、余計に持ち運ぶ体脂肪は減るどころか逆に増えるだろうし・・・うぐぐぐ

でもわたくしにとっては、豪華キャンプ宴会がアウトドアの目的そのものだし・・・じゅるじゅる

かといって、たっぷりの体脂肪と飲料食糧と豪華宴会セットを持ち運ぶだけの体力はないし・・・

でもクルマでは行けないような環境で、豪華キャンプ宴会をしたいし・・・じゅるじゅる

ううっ、この究極の命題は、どうやって解決すればよいのだっ???



m98k at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年03月16日

プリムス・ライテックトレックケトル&パン!!!


ようやくプリムスPRIMUSのライテック・トレックケトル&パンを購入しました。とーぶん値下がりしそうにないので・・・



じゃーん

DSCN4354

って、箱絵のタイトルでは単にTrek Kettleとなっており、&パンがありませんが・・・???

ま、ケトルのフタが本体より分厚く樹脂加工もされてるのでパンにも使えるとゆーこと・・・なのか???






ちなみに収納袋の反対側は・・・

DSCN4346

メッシュ生地になってます。

ま、収納袋の軽さと強度と水切り・乾燥のしやすさを勘案したとゆーこと・・・なのか???







大きさや重さや容量はこんな感じです・・・

DSCN4355

日本語表示では&パンが付いてますし、フタは鍋本体の1.5倍ほどの厚みがありますね・・・
ま、英語圏ではこの程度のフタはパンとは呼ばないのでしょう・・・か???
たしかに内径11cmでは目玉焼きなら1個、焼き肉なら数切れで、ステーキや炒め物はできませんね。






けっこう定番の人気商品ですが、書かれてある特徴としては・・・

DSCN4356

やはりP-153などの小型バーナーと250サイズ・ガスカートリッジがぴったり入るのと、
チタン製に較べて熱伝導がよくご飯も炊きやすい(そして重いけどお安い)のがポイント・・・







DSCN4341

二日酔いの猫さんからいただいたオリジナルカバーを付けた250カートリッジとスタビライザーも、
P-153バーナーと合わせてなんとか入りました。

ま、これだけなら、わたくしが7年前から愛用しているロゴス・クッカー2でもよかったのですが・・・








さらにこのケトル&パンには・・・

DSCN4343

同じプリムスのイージークック・ソロセットSと、その中に110サイズのカートリッジなどが入るのでありますね。


ただし250サイズのカートリッジを入れると、ソロセットSは入りません・・・ま、当たり前ですが・・・


なので一般的には250カートリッジならケトル&パン、110カートリッジならソロセットS、両方使いたい場合は、
110カートリッジを入れたソロセットSをケトル&パンへ・・・つーことになるのですが・・・





わたくし日帰りでコーヒーを淹れる程度なら110でいいけど、キャンプ宴会には250サイズが欲しいし・・・

DSCN4340

ソロセットSにも最低限、これだけは入れたいので・・・でへへへ・・・







まず、こんな感じに収納していき・・・

DSCN4350









こんな風にスタックすると・・・

DSCN4349








めでたくキャンプ宴会・コンプリートセットの完成であります。わははは・・・

DSCN4348

って、荷物をひとつにまとめるために、これを買ったはずではなかったのかっ!!!

ふたつなら、べつにロゴスのクッカー2のままでもよかったではないかっ!!!



ま、これでお揃いになって使い分けもできるし、注ぎ口が付いてケトルとして使いやすいし・・・くどくど・・・

と、こんな風に小型軽量装備さえも肥大化していくのでありますね・・・あははは









でも、やはり・・・

DSCN4353

ビール(もどき)のレギュラー缶には、チタン450ccマグが最高ですからねえ・・・

さらにおかわりやワイン・コーヒーにはチタン300ccマグだし、ソロセットSのフタは鍋料理の取り皿にぴったり、
今回の「パン」は浅いのでつまみ類や焼き肉の取り皿にぴったりだし、それぞれの本体(鍋)には、
ご飯類や麺類をたっぷりと入れてと・・・でへへへ

と、こんな風にわたくしも肥大化していくのでありますね・・・あははは





m98k at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年11月24日

新100均容器!!!

某SNSのコミュニティでも紹介されてたモノ・・・かどーかは不明ですが・・・

で、いつぞやwingさんも、いそいそと購入されてたモノ・・・かどーかも記憶が曖昧ですが・・・





じゃーん

DSCN3515

100均の、説明的に言えば「丸型・スクリュー式・ポリプロピレン製・ほぼ密閉容器」であります。

ちなみに容量は、右が900ml、左が650mlとなってました。









DSCN3516

パッキンは付いてませんがスクリュー式で、完全密閉ではありませんが、ま、それなりに・・・








DSCN3517

耐熱は100℃、耐冷は-20℃、こちらにはMADE IN JAPANの表示がありました。

某SNSへのコメントによると、このタイプをキャンプ用のコメ容器に使ってる方も多いようです。
ちっちゃいほうなら3.6合、おっきいほうなら5合のコメが収まる計算ですね・・・

すでに何度か書いてますが、フリーズドライ米は調理は簡単だけど食感がイマイチでかなりお高く、
レトルト米は水不要だけど持ち運びが重いので、水補給と調理時間と燃料補給に余裕があれば、
担いで行くキャンプでも無洗米が最も安くておいしいので、最良の選択だと思ってます。

袋モノと異なり中味を使っても小さくならないのがコメ容器としては難点ですが、安心感がありますし、
1合ごとに目盛を入れておけば計量不要で、まあ、この程度の容量なら許容範囲かと・・・



コメなどの食品以外でも、アウトドアで濡らしたくないモノ、壊したくないものなどを入れておくには、
軽いプラ製の密閉容器が便利なんですが、昔は高かったタッパーウェア、袋モノではジップロックといった、
ブランド品しか使えるモノがなく、ずっとブリキの菓子箱や二重にしたレジ袋で代用してたものでした。

今では100均商品でも、探せばけっこう使えそうなモノもあるのですが、わたくし、ここ十数年の遊び方が、
クルマで行くキャンプ宴会がメインになって、ホムセンのプラ製ツールボックスや収納ケースといった、
大きめのモノばかりになり、食品なんぞはレジ袋や段ボールのままクルマの荷台へ放り込むだけ・・・
なにせキャンプ宴会中は、クルマは完全防水の巨大収納ボックスですから・・・
それにたまに行く日帰りの山歩きやポタリングでは、わざわざ専用プラ容器を持つほどでもないし・・・

でもまあ、これからは担いでいくキャンプの再開や、自転車やバイクでのキャンプも視野に入れてですね、
とりあえず道具から揃えようかと・・・あははは
なにせ今は、100均にも使えそうなモノがいっぱいあるし・・・






とゆー次第で、こちらもついでに・・・

DSCN3518



DSCN3522

同趣旨で買った・・・こちらがwingさんが購入されてたモノだったかな・・・はてさて・・・






そう・・・

DSCN3523

やはり100均の、やはり説明的にいえば「箱型・パッキン付き・四面固定式・ほぼ密閉容器」であります・・・

こちらも完全密閉ではありませんが、シリコンのパッキンが入って四面固定式なので、ま、それなりに・・・

100均とはいえ大きなのは200円でしたが、ちっちゃいのは2個100円でしたので、ま、それなりに・・・



DSCN3520

こちらも耐熱は100℃、耐冷-20℃、ちなみにこちらにはMADE IN KOREAの表示がありました。


箱型のプラ容器もアウトドアでは定番で、やはり完全密閉式はお高いのですが、川下り用とかは別として、
中のものを保護する(ぺしゃんこにしない)程度ならふつーのプラ容器で充分、これにパッキンが付いてると、
少々の水濡れや湿気も防げますし、四面固定式なら外れにくくてさらに安心です。

こちらもソロキャンプ用の食品や調味料を入れたり救急箱にしたり、壊れやすい小物をまとめたり、
あるいは(不必要に明るい)フラッシュライトを(不必要に多数)入れたりと、3種類のサイズがあれば、
様々に使えますし、キャンプ用だけではなく、旅行の際の小分け用などにも重宝しそうです。

わたくし、100均のプラ容器はすでにいくつも持ってますが、リュックやバッグの中でフタが外れないよう、
どれもストラップでしっかり固定する必要がありましたが、四面固定式ならある程度は安心できますし、
万一、内容物の液体がこぼれた場合でも、パッキンがあれば被害は最小限で済みそうです。


しっかし、こんなのが100均で入手できるとゆーのは、じつにうれしい時代になったものですねえ・・・

って、こうやってモノとゆーのは、限りなく増殖していくんですねえ・・・あははは




m98k at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年11月19日

ソロキャンプ装備メモ2014

この季節になると、どーゆーわけかリュックを担いだキャンプに行きたくなり、一昨年から2年続けて、
ソロキャンプ用の装備に関するメモをアップしてました。

ええ、残念ながらその間に担いで行くキャンプには行けてませんが、ま、今年もメモだけは・・・


一昨年は基本装備品とその重量をメモしており、
昨年はその後の追加や変更をメモしましたので、

今回はそれ以降に追加したものを中心に・・・って、モノが増えてるだけやないかっ!!!


まず、この一年間で記事にアップしたソロキャンプ用のモノとしては、

プリムス・イージークックソロセットS

風除板

マイ箸

ヘリノックス・タクティカルチェア

フォールディング・スプーン

米軍のビビィ・カバー

フォールディング・テーブル二段式

などを追加しており、この他にもソロ用としては、ケシュアテント・フレッシュなども追加してますが、
まあ、担いで行くキャンプ装備としてはこんなもんでしょうか・・・

なので、昨年のメモと比較すると・・・(重量は収納袋など付属品込み・・・だったはず・・・)

テント・タープセット
TNFマイカ1インナーのみ+ケシュアタープ本体+ライン8ペグ8、は昨年と変わらず1715g

シュラフ・マットセット
ハイアライトエアマット+ナンガシュラフ+プロモンテマクラ、も昨年と変わらず1320g

イス・テーブルセット
ヘリノックスチェアが「タクティカル」になりましたが重さはほぼ同じで960g
ロゴスのトレックテーブルが760g、
ロゴスのトレックチェアが400g、
プロックスの新テーブルが940g
ドッペルチェア+ダイソートレーの自作テーブルが725g・・・
実際には、この中から状況に応じて選択することになりますが、最も快適でテーブル面積の大きいのは、
ヘリノックスチェア+ロゴステーブルの組み合わせで、この場合は昨年と殆ど変わらず1720g

あとのバーナー・クッカーセット、小物類、衣類、リュック、その他も変わらずで計5670g

ここまでで合計10.4kg、これに新風除板や新プリムス・クッカーを足せば、やはり約11kgとなります。



あとは飲料と食糧をどれだけ持つか・・・なんですが・・・まあ、現実的に一泊二日を想定して・・・

前回は最低限で水が3ℓに食糧が2kg、合計5kgとしていますが、これは状況で大きく変化しますね。

キャンプサイトとかで水補給が可能な場合は、行動中の飲み水だけでいいのですが、逆にその分、
食事内容を豪華にしたくなるので、やはり一泊二日分でも最低5kg以上は欲しいところ・・・

まあ、イス・テーブルセットを軽量にしたり我慢したりする程度は可能ですが、やはり最低でも10kg、
水と食料で5kgになりますから一泊二日分で合計15kg前後、これに日数が増えれば×1kgほどの食糧と、
×120gほどの燃料が追加されることになります。




せっかくなので・・・今回は担いで行くキャンプの水と食料と燃料についてもメモしておきます。


燃料はガス230g缶(370g)を3日で1缶の計算ですが、フリーズドライやレトルトだけならこれでも余裕、
季節によっては4日で1缶の計算でも大丈夫でしょう。

最大火力では1缶60分程度の燃焼時間ですから、3日なら朝5分・昼5分・夜10分しか使えない・・・
とゆー計算になりますが、少量のお湯を沸かしたりレトルトを温めるのに、最大火力は使わないので、
効率よく調理すれば、この2~3倍の時間は使うことができます。

ただし、やれ鍋料理じゃ焼き肉じゃ、やれ焼酎のお湯割りじゃホットウィスキーじゃ、などと、
本格宴会をするなら、1日1缶でもとても足りませんので注意が必要です・・・じゅるじゅる

なおフリーズドライ・レトルト中心の一泊二日でも、余裕をみて110g缶ではなく230g缶で計算してますが、
110g缶だと160g軽くなりますし、アルコールバーナーやメタクッカーだとさらに軽量化できますね。
さらに、いわゆるネイチャーストーブだと基本燃料不要ですが、薪集めが確実にできるとは限りません。
ま、わたくしは、効率よく調理して早く食べたいので、火力調整を優先してガスにしてますが・・・



で、一番重くて嵩張る水の追加は、たとえ日程が伸びたとしても、これ以上はほぼ不可能ですし、
国内で日数分の水を全て担いで歩くことなど、まずありません。

むしろ季節とルートによって、担ぐ水の量は大きく変わりますので注意が必要です。
大量に汗をかく季節や激しく体力を消耗するルートなら、行動中も休憩中も大量の水が必要で、
その逆なら少なくて済みますが、必要な水の量については個人差もあり、経験を積むのがベスト。

わたくしは飲用と調理用に使って、人里に下りてきたときに500mlは残ってるように心がけてます。

あとは行程中のどこで水が補充できるか、特に一泊以上になるとこれは重要です。
わたくし予定の水場が見つからず、知らない沢へ下りて汲んだことも何度かありました。

日本のアウトドアでは水は比較的容易に確保できますが、知られている安全な「水場」以外では、
食用や飲用に使う際には、たとえきれいな湧水でも浄水器がなければ煮沸するのが原則・・・
浄水器があれば便利ですが、通常の小型浄水器では重金属や農薬や肥料、塩分などのミネラル分、
微小なウィルスなどは除去できないので、近くに鉱山や温泉、田畑や集落などがないか注意すべき・・・

といわれてますが、これも個人差が大きいようで・・・
わたくしは湧水(らしき水)ならそのままかぱかぱ、川下りで沈したときなんか、川の水も(意図せず)
がばがば飲んでましたが、今回はヤバそうと思った時に正露丸を飲むぐらいで大丈夫でした。

まあ、昔は北海道のキタキツネのみだった、野生動物の糞から感染する危険なエキノコックス菌が、
最近は本州の野犬などからも見つかってるようなので、非常用に小型浄水器だけは持つようにしてます。



で、最重要課題の食料について・・・は、このサイトの「糧食・飲料」カテゴリでさんざん書いてますので、
今回は唯一エネルギー源となる炭水化物・脂質・タンパク質についてのウンチクを少々・・・

まず、冬などに身体を温めるには肉(タンパク質)を食べるのが一番、とよくいわれてますが、
これは肉を消化する際の発熱量、DIT(食事誘発性熱生産)が最も大きいからだそうです。

脂質はカロリーの0%~4%、炭水化物は5%~10%、タンパク質は20%~40%がDITになるそうで、
身体の中から温まってくるとゆーのは、胃や肝臓など消化器系への負担が非常に大きいために、
大量に熱が発生している、つまり内臓をフル稼働させているので熱くなる、とゆーことなんですね。
さらにタンパク質の消化吸収には大量の水を必要としますので、行動中や寝る前などに摂取するには、
あまり適していない、とゆーことになります。

で、吸収されるエネルギー量は1gにつき脂質が9キロカロリー、炭水化物とタンパク質は4キロカロリーで、
長時間持続させるには脂質が一番、とゆーことですが、これも脂質の吸収には時間がかかるうえ、
エネルギーとして使う際も同様、しかも体内の酵素などを使って一番複雑な工程を要しますので、
脂質はゆっくり燃焼、とゆーことになるのですが、寒い時期には脂肪としての蓄積も重要ですね。

このような仕組みなので消化吸収の速さでは、炭水化物→タンパク質→脂質の順になってきます。

炭水化物は口に入れた瞬間から唾液による消化がはじまり、内臓への負担も最も少ないので、
行動中のいわゆる「シャリバテ」対策だけでなく、冬のテントで暖かく眠るためには、温かく消化の良い麺類、
あるいは甘いホットチョコレートなどの糖分が一番と考えてますがいかかでしょう。
(残念ながら、わたくしの大好きな(過度の)アルコール摂取は熟睡を妨げるそうですし、酔いが醒めると、
喉の渇きやそれまでの大量の水分摂取で、夜中に何度も起きて用足しにテントを出ないといけないし、
酔い醒めの寒さはひとしお・・・たしかにあまり推奨できる温まり方ではないかも・・・ううっ)


で、これらのバランスを考えてキャンプで暖かく過ごすためには、フリーズドライ食品だけでなく・・・
やはり、たっぷりの焼き肉と鍋物と麺類が必需品なのでありますね・・・





って、結局そっちに行くんかいっ!!!






とゆーことでわたくし、最終的には・・・

RIMG14605

左の50ℓサイズより右の35ℓサイズでキャンプに行って焼肉と鍋で宴会したいのであります・・・

でもこの容量では、やはりフリーズドライ中心で、飲み物も蒸留酒少々ぐらいか・・・ううっ

ちなみに「グレート・トラバース」の田中陽希氏も、テント泊ではTNFの51ℓサイズでしたね・・・中味は違うけど・・・

さらにちなみに氏は、10月に最後の利尻岳に無事登頂、第5集の放映は11/22、21:00から・・・
おっと、当日も飲み会で遅くなりそうなので録画予約しておかねば・・・


陽希くん、日本百名山一筆書き踏破・無事成功おめでとう!!!




って、こちらのリュックは、どっちもまだ新品のままですね・・・うぐぐぐ





m98k at 22:22|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年09月06日

コーヒードリッパー・・・


わたくし、ひさしぶりにコーヒードリッパーを追加しました。





じゃーん

DSCN3041

ハリオHARIOの「カフェオール ドリッパー」一杯用であります。





箱絵はカットモデルですが・・・






ホンモノはこんな感じ・・・

DSCN3040

「ペーパーフィルター要らずで本格アロマ」なのだそうです・・・








DSCN3042

そう、ステンレス・メッシュ製のペーパーレス・ドリッパーなんですね。

ちなみに目盛は12gと15gのところについてますね・・・

さすがに昔のような「本格金属アロマ」は、もうしないはず・・・と、最近あらためて買ったのですが、
同じハリオでメッシュが金メッキになったバージョンもあり、とーぜん「金属アロマ」も異なるのでしょうが、
金メッキはお高いので、わたくしはお安いステンレス製に・・・ええ、どーせコーヒー豆だって安物だし・・・



わたくし自宅で飲むコーヒーは、はるか昔はネルドリップ、その後ペーパーフィルターのドリップになり、
一時期、金属メッシュ製も試してみましたが、すぐに破れてしまったような記憶があります。
また、ネルからペーパーに変えた際の「紙アロマ」と同様、当時のはけっこう「金属アロマ」を感じて、
これまで抵抗感があったのですが、あれから進化もしてるはずだし、自分の嗅覚も落ちてきてるし・・・
ま、いずれ自宅のペーパーがなくなったら試してみて、記事の末尾に感想を追記するつもりです。


いっぽうアウトドアでは、はるか昔はインスタントコーヒーをフィルムケースに入れて持参してましたが、
その後ペーパーフィルター式のドリッパーを持参するようになり、折りたたみ式ドリッパーを自作したり
さらに挽きたてが飲みたくなって、小型のコーヒーミルを持参したりもしましたが、結局は簡単な個包装の
ドリップパックに落ち着いて、職場でも(熱湯が使える場合は)ドリップパックを愛飲するようになりました。

もちろんアウトドアではペーパーフィルターやドリップパックの紙類は、焼くか持ち帰るようにしてますし、
今はどちらもかなりお安くなってるのですが、やはり使い切りとゆーのには若干の後ろめたさもあり、
金属メッシュ式を再開してみようと決意した次第であります。

ま、アウトドアでは、その場で軽く洗える程度に水が使える状況に限られますが、自宅で使ってみて、
金属臭や手間などに抵抗がなければ、今後は職場でもこれに切り替える予定です。

ええ、なんといっても個包装ドリップパックより、安物・中挽き豆のほうが、はるかにお安いし・・・




それに、アウトドアに持ち出すにしても・・・

DSCN3043

せいぜいカップ1個分の大きさ、ボディはポリエチレン製で重量も僅かなものであります。

ただまあ一杯用ですから、複数の場合は何回も洗って何回も淹れねばならず、とてもめんどーですね。

なので今後はどなたか、これの四杯用しかも金メッキ高級バージョンを購入されましてですね、
ついでに高級コーヒー豆(中挽き)もたっぷり持参下さいますよう、よろしくお願いしますね。

ええ、もちろんわたくし、そちらをいただきますので・・・げひげひ・・・








m98k at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年08月25日

フォールディングLOWテーブル2段式!!!

またまた一週間のご無沙汰となってしまいました。

延々とお盆休み・・・だったらよかったのですが、わたくしはずっとお仕事で、単なる夏枯れ・・・

で今回、注文後1ヶ月にしてやっと届いた、とゆーより、じつは発売前から予約していた新製品、
プロックスPROX・フォールディングLOWテーブル2段式のご紹介であります。






じゃーん

DSCN3035

ネット上でのスペックは、

●材質:PPエコ素材
●使用時サイズ:一段/W40.5×D36×H14.6、二段/W40.5×D36×H24.5cm
●収納サイズ:W41.5×D20.5×H5cm
●耐荷重:約14kg

とゆーことでしたが、気になる重量表示がどこにもなかったので量ってみると、約940gでした。
ちなみに、ネット上は14kgになってた耐荷重が、さりげに13kgになってました・・・



小型のフォールディングテーブルは持ち運びが前提ですので、やはり仕舞寸法と重さは気になるところ・・・

まず、この940gとゆー重さについては・・・担いで行くキャンプにはビミョーなところですね・・・

天板も脚もPP(ポリプロピレン)製で、似たサイズのアルミ天板と鉄製脚のタイプよりはやや軽く、
アルミフレームに布製天板のタイプよりは重い、とゆーところで、まさにビミョーです。

で、仕舞寸法については・・・これまたビミョーなところなんですが・・・



展開しましたので、とりあえず画像をご覧ください・・・

DSCN3025

これが折りたたんだ状態で、ほぼスペックどおりのW41.5×D20.5×H5cm、
ま、デイパックにも、いちおー収まるサイズではあります。

ちなみに中央の溝はただのデザイン上の「飾り」、これ以上折りたたむことはできません・・・
軽量化のための肉抜きでもないだろうし、ここから割れたりしたら、じつに虚しい・・・





で、これを裏返しにして、観音開きにするとこんな感じ・・・

DSCN3029









さらに脚部を起こします・・・

DSCN3030

このままだと高さは14.5cm・・・テント内やシート上で胡坐状態で使う高さですね・・・





さらに折り込まれた足を、もう一段起こすと・・・

DSCN3031



DSCN3032

高さ24.5cmのテーブルの完成であります。

展開・折りたたみはじつにシンプル、足を完全に起こすとビミョーなクリック感があり、
ビミョーな凹凸でストッパーにしてるようで、けっこうビミョーなところがいっぱい・・・

約25cmとゆー高さですが、完全なロースタイルでない限り、低めのチェアでも35cmは欲しいところ、
この高さについてもビミョーなところなんですが・・・

ま、左バーにある「テーブル」タグをクリックしていただくと、わたくしの苦労の軌跡が追えますが、
なかなかないんですよねえ、高さ35cm程度の軽くてお安いテーブルつーのは・・・






そう、わたくしこちらのヘリノックス・チェアとセットで使おうと・・・

DSCN3033



DSCN3034

やはり、あと10cm欲しかったなあ・・・せめて三段式ならよかったのになあ・・・ぶつぶつ・・・

でもまあ、このセットでもそんなに不自由はありませんし、今までこのサイズのPP製はなかったし、
天板サイズもソロ使用には充分、オールPP製なのでそれなりの耐熱性や耐水性もあるでしょうし、
バイクやカヤックのツーリングなら、まったく問題のない重さと仕舞寸法、担いで行くキャンプでも、
それなりのテーブルが欲しいなら、この程度の重さと仕舞寸法は一般的な範囲内でしょう。
ただ、あと10cm高さがあれば・・・くどくど・・・


折りたたみ部の強度や耐久性はやや不安ですし、天板中央の余計な溝と、あと10cmは残念ですが、
なにせ税込で1.37k、ヘリノックス・テーブルの1/10程度のお値段で、布製には存在しない硬い天板、
しかもこの素敵な色合いとゆーのは、けっこうお値打ち品だと思います。



ちなみに横方向にも奥行き方向にも凸出っ張りは僅かですので、四人で一脚ずつ持ち寄って合体させれば・・・


81cm×72cmの大宴会テーブルに!!!

みなさん、担いで行くキャンプには、ぜひお揃いでですね・・・むひひひ





m98k at 19:25|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年08月18日

アウトドア番組など・・・

この一週間ほど、このブログサイトもお盆休みでした・・・ま、わたくしは通常勤務でしたが・・・

こちら関西では、先週の初めに台風が来たり、週末には大雨になったりと大変でしたが、通常の休日も、
さすがに暑いのでアウトドアに出かける気になれず、ぐだぐだと録画した番組なんぞを見てました。

今年は第二次大戦の終結からは69年目ですが、ノルマンディ上陸から70年、第一次大戦の開戦から100年、
とゆー節目の年になっており、その関連番組も多かったのですが、今回はアウトドア番組の感想なんぞを・・・

ま、感想といっても、このサイトではモノ中心になってますが・・・ええ、、ぶつよく、ぶつよく・・・


まずはNHKで5月24日からスタートした、「グレートトラバース~日本百名山一筆書き踏破~」

現在5回シリーズの第三集までが放映されてますが、プロ・アドベンチャーレーサーの田中陽希氏が、
4月1日の屋久島・宮之浦岳を皮切りに、10月中旬の利尻島・利尻岳登頂を目指して210日間ぶっとおし、
約7800km、標高合計10万メートル以上を踏破予定で進行中のドキュメンタリー番組であります。

これまでに踏破した方もおられるそうですが、海を渡るのにはフェリーなどを利用されてたようで、
今回は歩いて渡れる橋やトンネルのない部分ではカヤックを利用、それ以外はすべて徒歩で、
これはおそらくはじめての試みだそうです。

世界中の過酷な状況で行われるアドベンチャーレース、わたくし(見るのは)大好きで、いつも上位に食い込む、
日本チームの一員としての田中陽希氏は知ってたのですが、今回の番組ではなにせ主人公ですから、
彼の生き方をはじめ、アウトドアでの様々なテクニックや道具の選び方、使い方などを知ることができます。

氏はこれまで積雪期の3000m級や本格的な岩登りの経験があまりなかったそうで、その山のエキスパートに、
事前に重要なポイントを教えてもらってましたが、さすがプロのアドベンチャーレーサーだけあって、
訊き方も理解の仕方も的を得てて、やり取りを聞いてても気持ちよかったですねえ。

自分の位置は常に高度計、コンパス、地形図だけで確認されてましたが、それでも例年にない残雪や、
ホワイトアウトなどで道を失うこともあり、その都度、正確に夏道と同高度を維持しながらブッシュや崖を進み、
目標地点に到達してましたし、ショートカットのため登山道を外れる場合でも、常に自分の位置を把握、
このあたり、さすがに道なき道を行くプロ・アドベンチャーレーサーの真骨頂を発揮されてましたが、
これはプロの経験と技術と体力があってのこと、良い子のみなさんは決して真似してはいけません。

さらにプロ・アドベンチャーレーサーなんて、世間と隔絶したストイックな連中ばかりと思ってましたが、
おいしい名物や温泉があると、貴重な時間内でも苦労して遠回りする、食べることと温泉が大好きな、
照れ屋で素直で人に気を遣う、ごくふつーの好青年(30歳)だったのも驚きでした。

評判のカツ丼を食べるためにわざわざ遠回りして、閉店時間が迫ってきたので重装備のまま走り続け、
へとへとになって息を切らしながらも、おいしそうにばくばく食べるシーンには感動してしまいました。

本人いわく、アドベンチャーレーサーも「いかにおいしく食べ続けることができるか」が勝負だそうです。

アドベンチャーレースでは何日間もほとんど不眠不休ですし、この番組でも210日間、ずっと歩き続けます。
そんな極限の状況で、カロリーを効率よく消化吸収するためには、「おいしく食べ続けられる」こと、
やはりこれがポイントで、おいしく食べられなくなった時点で、すでに勝敗は決するんですねえ・・・

彼の行動中の摂取カロリーは一日4000~5000キロカロリー以上、行程の大部分を占める国道沿いでは、
お安い大衆食堂に入って、大好物のカツ丼など丼物の大盛りと麺類の大盛りを主食にして、
地元名産などの一品モノを何皿も並べて、片っ端からおいしそうにばくばく食べてましたし、
無人の山小屋やテント泊での自炊はフリーズドライでしたが、こちらでもご飯ものと麺類を数人前ずつ、
さらにシチューなどもおかずにばくばく、行動食は柿ピーやホテトチップスなど高カロリー食をばくばく、
それでもスタートして3ヶ月で7キロ以上、痩せているそうです。

うーむ、おいしく食べ続けるのには自信があるけど、わたくしなら3ヶ月で7キロ以上、太るのは確実・・・

と、食べる話が先になってしまいましたが、彼の基本装備は典型的なファースト&ライトであります。

靴は中部山岳地帯の積雪期を除きTNFのローカットモデルでしたし、リュックをはじめ、テント、マット、
ウェアやシュラフなども、すべて小型軽量を最優先したタイプでした。

予定していた地点に宿やキャンプ可能地がない場合はサポーターのクルマで仮眠されてましたが、
歩き続けて予定外の宿泊地となった場合や疲れて仮眠をとる場合には、適当な場所でテントを張るか、
それもできない場合には、バス停などでシュラフと半身のマットだけ、とゆーパターンでした。

ちなみに平地で担いでいたテントは、アライのライズ1プラス、ちょうど1kgの超軽量シングルウォールで、
ボトムがジッパーで開閉でき土間も作れるので、こんなファースト&ライトの旅にはピッタリなんでしょうね。
さすがに雪の残る中部山岳地帯に入ると、本格的なオールシーズン用ドームテントに交換されてましたし、
マットもクローズドセル・ジャバラタイプの半身用から、インフレータブルタイプの全身用に交換されてました。

ファースト&ライトを目指す方々にとっても、かなり参考になる番組だと思います。





もうひとつは、やはりNHKの「趣味Do楽」とゆー25分のレッスン番組で、2013年秋に放映された、
「歩く旅をしよう 気ままにロングウォーク」8回シリーズの再放送であります。

特に6~8回目の講師がビーパルとかでおなじみのシェルパ斉藤氏で、それぞれロングトレイルの、
「準備編」、実践としての「熊野古道前篇」、「熊野古道後編」とゆー構成でした。

準備編は八ヶ岳山麓のご自宅でのロングトレイル装備の紹介と、実際に背負ってのトレーニングで、
装備の基本はやはりファースト&ライトでしたが、旅を楽しむための装備がプラスされるので、
総重量は二泊三日分で約15kg、ま、わたくしの目指す装備とほぼ同様の内容でした。

ちなみに、こちらはロングトレイル入門番組のため、靴については、平坦路で荷物が軽い場合はミドルカット、
険しい山道で重装備の場合はハイカットと指導してましたが、これは当然体力と技術次第、
また、靴についてはインナーソールとソックスの重要性についても指導されてました。

いつも北山川のカヤック上から眺めてて、一度は行きたいと思ってた小口のキャンプ場でのキャンプや、
東京にボストンバッグひとつで出てきたときに、「これだけあれば、地球上どこでも自分の家!!!」
と気づいて世界中を歩いて旅するようになった、とゆー話も印象的でした。





で、最後はBS朝日で金曜日の夜に放映中の「アウトドア・ロックンロール」とゆー30分番組

こちらはビーパルの「サラリーマン転覆隊」でおなじみの本田亮氏ご本人が出演されてるドラマ?で、
毎回部下をアウトドア・バトルに無理やり連れ出すとゆー設定なんですが、現在放映中のシリーズは、
フォッサマグナの西端(静岡・糸魚川構造線)を太平洋から日本海へ自転車とパック・ラフトで縦断するもの・・・

特に今回のシリーズでは、(いつもの豪快なアウトドア料理もさることながら)パック・ラフトが面白そうでした。
番組で使ってたのはalpacka raftのalpacaモデルだったかと思いますが、重量は僅かに2kgちょい、
仕舞寸法も二人用テントと同じぐらいで、これがわたくしのダッキーたちと大きく異なる点であります。

そう、この重量と仕舞寸法なら、キャンプ道具と一緒に一人でも充分担いで行けますし、実際に、
荒地走行用のファットバイクやスキーと組み合わせたりして、あらゆるウィルダネスで使われているようで、
登りは徒歩で下りはパック・ラフトという使い方から、水面に来たらパック・ラフトを使って縦走を続けるとか、
また、けっこうホワイトウォーターでも使えるようで、激流下りや滝落ちなんぞもやってるようです。

そういえばサバイバル登山の服部文祥氏が、NHKのドキュメンタリー番組でシベリアの幻の湖へ着いたとき、
パック・ラフトを持ち込んで釣りをされてましたが、あのパック・ラフトはおそらくsupai adventure gearの
canyon flatwater2モデル、もちろん静水専用なんでしょうが、本体重量680gつーのは魅力ですね。

ちなみにこのシリーズでは、氏の友人であるシェルパ斉藤氏宅も訪問しており、自家製のカレーなんぞが、
めっちゃおいしそうでした。じゅるじゅる



とまあ、今回はみっつのアウトドア番組をご紹介、最後はまたまた食べ物のハナシになりましたが・・・

要はアウトドアでは、

「おいしく食べ続けること」が最重要なんですね・・・えっ、ちがったっけ・・・






今回は、ま、せっかくなので、わたくしが登頂した百名山の画像なんぞをおまけで・・・


まずは、何といっても富士山頂から!!!





じゃーん

天見冨士

ま、富士山頂といっても、天見冨士の山頂でちゅが・・・









こちらは本物の百名山のひとつ・・・

伊吹山

伊吹山の山頂であります。いやあ、懐かしいなあ・・・







で、こちらは立山であります・・・

立山

残念ながら山頂は見えましぇんが・・・こちらも懐かしいなあ・・・




って、どちらも駐車場から歩いただけやないか・・・あははは




m98k at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年08月12日

マイナス16℃と・・・


とーとつにマイナス16℃から・・・




じゃーん

DSCN3013










そう・・・

DSCN2999

マイナス16℃まで冷やせる強力タイプの保冷剤であります。

マイナス16℃の保冷剤といえばロゴスのが有名ですが、こちらはコーナンのサザンポート・ブランド、
ええ、わたくしとーぜん、お安いほうにしました。
サイズ的にも350gと、一番小さいサイズであります。

強力タイプの保冷剤は凍らせるのに手間がかかる(マイナス18℃以下になる冷凍庫と長時間が必要)
ものの、アイスクリームも保存可能、缶ビールなどは保冷剤に触れたままだとシャーベット状になる・・・
とのことですが、今回はじめて購入したので、いずれフィールドテスト結果も追記する予定です。






保冷剤は大きいタイプほど保冷力も高く、重量比でもお買い得なのですが、今回はこちらの・・・

DSCN3001

小型ソフトクーラーにサイズをあわせました・・・






DSCN3005

同じサザンポート・ブランド、5リッターサイズのソフトクーラーであります。
同シリーズでは、ほかに10リッターサイズと15リッターサイズもありました。

なんとなく、某コールマンの某エクストリーム・シリーズに雰囲気が似てますが・・・





で・・・

DSCN3004

このソフトクーラーにぴったりサイズの保冷剤として、あわせて購入した次第。

こちらの画像もなんとなく、某コールマンや某ロゴスのやつに雰囲気が似てますが・・・


それにしても、一番暑くなるはずの・・・


天板だけが、なんで黒やねん??? 


周囲は遮熱素材っぽいのに・・・製品デザインの意図がわかりましぇん・・・





で、保冷剤を天板裏に載せて・・・

DSCN3008





DSCN3009

缶ビール(もどき)6本が、ちょうど収まるサイズなのであります。
(内2本は撮影中に飲んでしまい、すでに空き缶になってましゅが・・・)

ま、一人宴会ならこれで充分ですし、軽く飲むだけなら2~3人分、さらに豪華なソロキャンプなら、
ビールは半分程度にして焼き肉や鍋物用の生モノを詰め込み、食後にバーボンなんぞを・・・

このサイズなら、デイパックやショルダーバッグにも(こっそりと)収まりますし、重量も最大で5kgまで、
使用後は保冷剤を入れたまま薄く畳めるので、お手軽宴会には最適かと・・・

コールマンのエクストリーム・シリーズと較べると、お値段は1/5程度、しかも今回は、
コーナンの夏物処分セールとかで、さらにお安くなってました。

ただまあ、エクストリーム・シリーズの断熱材は厚さが10mm、こちらは6mmですから、
保冷力は単純計算でも、6/10しかないことになります・・・
(ちなみにコールマンのアルティメイト・シリーズは断熱材の厚みが15mmだそうです。)




そこで・・・

DSCN3014

自宅にあった銀マットの切れ端を内装に追加してみました・・・

ま、この銀マットは厚さが2mmですから合計でも8mm、エクストリームにはあと2mm及びませんが、
保冷力が足りなければ、やはり自宅にある厚手の銀マットの切れ端に交換する予定・・・

これでコールマンをも凌駕できる保冷力になる・・・はずであります・・・あははは


つーことでwingさん、

そちらが新調された極薄25リッターサイズのやつにも、銀マットを追加されてはいかがでしょう?











保冷に関するタメになる(かも知れない)一考察PS

この保冷剤の説明書によると、保冷剤はクーラーボックスの上面を覆う程度が必要、となってましたが、
実際には、保冷剤やクーラーボックスの性能、季節や気温、日数や開閉回数などの使用条件によって、
また内容物の温度などによっても必要量は大きく異なります。

「ファミリーキャンプ入門」カテゴリの「クーラーボックス」記事にも書いてますが、わたくしの経験では、
大型のクーラーボックス(スチールベルト54)に冷えた飲み物や冷えた生鮮食品を入れて、タープの下など、
日陰に置いた場合は、よほどの真夏でない限り、この半分程度の保冷剤でも三日目の朝までは持ちました。

スチールベルト54は断熱材も薄く、保冷剤もコールマンの年代物ですが、やはり大型のほうが持ちはよく、
ポリライト28サイズになると、せいぜい二日目の昼ぐらいまでしか持ちませんでした。

これがソフトタイプになって、しかもさらに小型になってくると、保冷力は極端に落ちてきますので、
小型ソフトクーラーで保冷力を維持したい場合は、より強力な保冷剤をより大量に使う必要があります。

また、水を入れて使えば冷えるのも早いですが溶けるのも早くなりますし、内容物を冷やしておく、
できる限り冷凍しておく、開閉回数を減らすなどの工夫をすれば、保冷剤の持ちはずっとよくなります。

二泊三日程度のキャンプには大型クーラーボックスと保冷剤が必需品ですが、それ以上長くなる場合や、
真夏の炎天下キャンプなどの場合は、途中でブロック氷の買い足しが必要になってきます。
ただし、どうせ氷を買い足すなら、ついでに冷たいビールや生鮮食品も買い足せばいいわけで、
この場合は三日目以降の食糧計画を、買い出し前提にしておけばいいでしょう。

逆に一泊二日のキャンプなら、せいぜい翌朝まで持てばいいので(どーせ二日目は飲めないし・・・)、
てきとーなクーラーボックスに、てきとーな保冷剤や氷を入れておくだけでも充分です。

ただし、これらはいずれもクルマを使う場合で、難しいのは担いで行くキャンプの場合の選択です。


ひと昔前なら、担いで行くキャンプで冷たいビールや生鮮食品などとゆーのは夢のまた夢でしたが、
他の装備が軽量化され、自宅でも手軽に低温冷凍できるようになり、ソフトクーラーの性能も高くなったので、
一日目の夕食ぐらいは、それなりに豪華な宴会ができるようになりました。

ただ、さすがに一晩ほどで無用の長物と化す保冷剤を、翌日以降もずっと持ち歩くわけにはいかないので、
低温冷凍した生肉などを保冷剤兼用にして、小型軽量のソフトクーラーに入れてリュックの奥に詰める、
とゆーのが一般的です。

で、夕食に程よく溶けたやつを食べ尽くして、翌日からはフリーズドライと生ぬるい飲み物だけの生活・・・

つーのが今どきの(それなりに豪華な)テント泊山行のようですが・・・

わたくしの場合、宴会がキャンプの目的そのものですから、やはり新鮮な食材や冷たいビールは必需品、
たとえ担いで行くキャンプでも、しっかりと保冷剤を入れて、しっかりと宴会したいのであります。



m98k at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック