チェア

2018年05月15日

ADキャンパーズチェア!!!

とーとつですが・・・

アディロンダックADIRONDACKのADキャンパーズチェアを買ってみました!!!
ま、キャンプ用ハイバックチェアでは定番らしいので、今さらといえば今さらなんですが・・・

じつは過日の熊野キャンプで、十数年は愛用していたサウスフィールドのディレクターズチェアが、
ついに逝かれまして・・・(リンク記事に何枚か画像があります。)

安物のわりにはしっかりしてて座面もゆったり、色合いもお気に入りだったのですが、クルマで
踏んづけたこともあり、わたくしの体重のせいもあるのか、けっこう歪んできてたのですが・・・

今回いよいよフレームパイプの一部が捲れてきて、遠巻きに観察していたwingさんから
「これ以上の使用は危険です。捲れた金属が飛散して人に突き刺さる可能性があります。」
といわれたことを・・・わたくし希貨としてですね・・・

以前から欲しかったハイバックタイプのチェアを(ネットで)比較検討してたのでありますね。
そう、ハイバックだと背もたれに頭を預けてタープの下でまったりとお昼寝できるのが魅力。

で、まず10k以上の高級品は除外して、最終候補に絞ったのが、このADキャンパーズチェアと、
姉妹品のADリラックスキャンパーズチェア、そしてコールマンのレイチェアでした。

ADリラックス~はその名のとおり、これの座面を低くして背面にもさらに傾斜をつけたタイプ、
いっぽうレイチェアは背面の傾斜角を3段階で変えられるタイプ・・・

ま、本来なら実際に座って比較すべきなんですが、今回はてきとーにネット情報だけで判断・・・

リラックスはどちらかといえばロータイプで、wingさんのコールマン・コージーチェアみたいな感じ、
まったりするには最適でしょうが、立ったり座ったりが億劫そうだし、ふつーのキャンプテーブルで
料理したり食べたりするには、ちと低すぎるかと・・・

で、コールマンのレイチェアはこちらと似た感じで、さらに安かったのですが、可変タイプつーのは
便利そうだけど、アウトドアで常用するにはやはりシンプルなのがいいし、ネット上の口コミには
前部の強度が弱かったとかの書き込みもいくつかあったので、今回はこちらにしてみた次第。

と、前置きが長くなりましたが・・・


じゃーん

DSCN8265

アディロンダックADキャンパーズチェア、色はODグリーンであります。




スペック・・・

DSCN8279

耐荷重80kgとゆーのが、やや気になりましゅが・・・




真横から見るとこんな感じ・・・

DSCN8267

これやヘリノックスなど、お尻部分が沈むタイプはリラックスしますが体型(足の長さ)によっては
座面前端が太腿の裏にあたって気になる場合があります。

ところがこちらは、ご覧のとおり前端部を水平にしてあるので、かなり緩和されるはずです。
足が長めのわたくしなんか、太腿が前端に触れないぐらい・・・げひげひ

で、本来目的だったハイバックの背もたれについては、身長171cmほど(で足が長め)のわたくしが、
深く腰掛けて上半身を倒すと、背もたれの上端部がちょうど首のあたりにきました。
で、少し浅く腰掛けると、ちょうど後頭部にきてヘッドレストのように頭を預けることができました。
角度は寝椅子ほどではないけどクーラーボックスなどをオットマンにすれば、充分お昼寝できそうです。
ま、熟睡したら頭が左右にブレそうなので、その際には何かクッションが必要でしょうが・・・

タープの下で朝から飲んで食べて、うたた寝を繰り返しつつ、終日を過ごすには最適かと・・・




で、こちらが座面。

DSCN8268

幅は広すぎず狭すぎず、標準体型ならゆったり、少々太め98kでも狭く感じることはなかったです。
あまり幅広や大きなチェアはタープの下の貴重なスペースを奪うし、雨や夜露にも濡れやすく、
たとえ軽くても場所移動や持ち運びには不便なので、サイズ的にはこの程度が限界でしょう。

さらにこれのようにワンタッチでたためるタイプは寝る前にたたんでテーブルに立て掛けておくと、
濡れることもなくタープ下での移動も容易ですが、ヘリノックスのような分解式では面倒です。

で、この肘掛けのカーブがじつに絶妙で肘をかけると、ずっと置いておきたくなるほどでした。
ただし、ご覧のとおり肘掛けはアルミの剥き出し、シンプルでいいのですが寒い時期には何かを
巻くといった、ちょっとした工夫が必要でしょう。
わたくしは逝かれたチェアの肘掛けに付いてたネオプレン筒を切り裂いて付け替える予定です。


こちらが下部であります。

DSCN8269

接地部のプラパーツが小さくジョイント部との余裕もなく、やや不安ですが、まあ使ってみて・・・




背面であります。

DSCN8270

フレームもこれまでのよりスリムで、やはり不安ですが、ま、これも使ってみて・・・




タグ部分を拡大・・・

DSCN8274

連絡先が「新宿・東京」になってますが、こちらエイアンドエフのオリジナルブランドだそうで、
日本のブランドなので安心・・・つーのも選択理由のひとつです。




収束した状態。

DSCN8276

載せてるのは大きさ比較用のガラホ・・・って、ぜんぜん比較になってませんが・・・

使用時の大きさから考えるとスリムです(スペックでは14cm×14cm、脚側をいっぱいに絞れば
11cm程度になりました。)が、長さはスペックでは108cmで、けっこう長いです。

まあ、現在使ってるイベントタープの仕舞寸法が114cmなので、その上に置くことになるでしょう。
(ちなみにスバルXVの荷室には上記タープがギリで横積みできないので、こちらなら可能なはず。)

重量もスペックでは2.9kgと、使用時の大きさからはかなり軽量、持ち運びや移動はラクでしょうが、
どこまで耐久性があるのかはこれからですね・・・
なにせわたくし、キャンプ宴会では期間中、ほとんど座ったままですから・・・



さらに備忘のために・・・

DSCN8280

開く際と閉じる際のポイント・・・これぐらいは覚えておかないといけませんね。


とまあ、まだキャンプでは使ってないので強度とかは不明ですが、室内で使ってみた感じでは、
少し浅めに座れば念願だった頭を椅子に預けてのお昼寝もできるし、深く座って上半身を起こせば、
ヘリノックス同様それなりに料理や飲食などの作業もできそうです。

ただし、標準的な高さ(65cm~)のキャンプテーブルには、深く座ったとしても座面は低めでしょう。

ま、わたくしのキャンプテーブルは高さ可変で低めにセットしてますし、テーブル上のバーナーや、
かんてき(七輪)のさらに上にある鍋や焼き網をつつくには、どうせ立ち上がらないと届かないので、
少し低めだけど立ち座りのしやすい、この程度のハイバックが一番まったりできるはず・・・

そう、わたくし最近、さらにまったりと生きようとしてますので・・・




m98k at 00:15|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年01月26日

タクティカルチェア・ミニ!!!

(期間限定のお知らせ)
内モンゴル・沙漠植林ツアー(5月19日~23日)へのお誘い記事は
こちらです。


と、とーとつですが、ヘリノックスHelinoxのタクティカルチェアミニであります!!!


じゃーん

DSCN7164

そう、愛用しているタクティカルチェアの、ほぼ半分の寸法と重量で、歩いて持ち運ぶには最適・・・

でも、ノーマルサイズとほぼ同価格だったので、ずっと購入を躊躇してました。

そりゃあ加工賃とかは一緒だろうけど使う材料は半分以下だろうし、デザインや仕組みは全く同じ、
だから、もう少し安くてもいいのでは・・・と躊躇していた次第です。

ところが先日ふと見たら15%のポイントが付いてたので、思わずポチっとな・・・あははは




さっそく、ノーマルサイズとの比較であります。・・・

DSCN7133

わははは、確かに小さいっ!!! 軽いっ!!!






DSCN7134

厚みもノーマルサイズの2/3ほどでしょうか・・・




パックから出してみると・・・

DSCN7136

「大きさ半分なのに同価格でごめんね」・・・つーことか、カップホルダーが付いてました。



で、いそいそと組み立ててみると・・・

DSCN7141


DSCN7139



DSCN7138



DSCN7140

まさにタクティカルチェアそのものであります。



ええ・・・

DSCN7147

大きさ以外は・・・


うーむ、ミニとゆーよりミニチュア、まさにスケールモデルですね・・・あははは



スペックはこんな感じです。

DSCN7165

実際に量ってみると、パックとボトルホルダー込みで550gぐらいでした。
ノーマルサイズはパック込みで980gほどですから、重さもほぼ半分と言っていいでしょう。

ちなみにチェアワンのミニなら本体450gでパックが50g、合計500gと、さらに軽量になり、
お値段もこれより安かったのですが・・・

ま、タクティカルチェアを持ってることだし、色もお揃いのフォリッジ・グリーンにして・・・


こうすれば・・・

DSCN7158



DSCN7159

(ノーマルサイズ)タクティカルチェアのオットマンになるし・・・





DSCN7160

取り外し式のカップホルダーも別に使えそうだし・・・




さらに・・・

DSCN7157

わたくしオリジナルの高級石突きセットも共用できたし・・・


これはこれで単独でも充分使えると思ってます・・・


もちろんノーマルサイズに較べると、はるかに窮屈で背中をゆったりと預けることもできませんが、
わたくしの大きなお尻でも何とか収まりますし、耐荷重もノーマルの145kgに対して僅か90kgですが、
他の同サイズの軽量チェアや軽量スツールに較べると、はるかに丈夫で仕舞も小さくなりますし、
座り心地に関しては、おそらくどれよりも快適でしょう。

ま、ノーマルサイズとほぼ同じお値段・・・つーのが、難点といえば難点かも知れませんが・・・


さて、これでわたくしの「どこでも宴会」の行動範囲がさらに広がったぞ!!!

って、この寒さでは、さすがに野外宴会は・・・ぶるぶる







m98k at 01:26|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年01月30日

サーマレストのトレオチェア!!!

Therm-A-Rest (サーマレスト)のトレオチェアであります。

ええ、本日届いたばかりです。



じゃーん

DSCN7128

右は大きさ比較用の現用HELINOX(ヘリノックス)タクティカルチェア

そう、この仕舞寸法と期間限定40%引き!!!つーのに惹かれて、ついついポチッと・・・




ご覧の収納ケースが樹脂(ABS)製で、

DSCN7130







これをぱかぱかっと開くと・・・

DSCN7131

中にポールと生地が入ってて、この収納ケースが脚部になるとゆーギミック・・・

なんかサンダーバードの秘密基地みたいで、わたくしすっかりお気に入り・・・



ネット上のスペックであります。

■高さ:69cm
■幅:51cm
■シート高:33cm
■収納サイズ:26×11cm
■重量:998g
■耐荷重:約110kg
■材質:リップストップナイロン、アルミ、ABS
■生産国:Made in USA


いっぽう、現用HELINOX(ヘリノックス)タクティカルチェア
のネット上のスペック・・・

・使用時サイズ:52cm×53cm×67cm(幅・奥行き・高さ)
・収納時サイズ:13cm×40cm(直径・高さ)
・座面の高さ:25cm
・使用時:875g
・収納時:975g
・耐荷重:145kg
・フレーム素材:金属(アルミニウム合金)、樹脂、ヒンジ
・先端部素材:ナイロン
・張り材素材:ポリエステル
・収納袋素材:綿、ポリエステル
・表面加工:フレーム(アルマイト)

トレオチェアのほうが座面が8cmほど高く、本体はヘリノックスのほうが100g以上軽いのですが、
トレオチェアはご覧のとおり本体下部が収納ケースになるので総重量では僅か23gの差・・・

それ以外のスペックは似たようなものなんですが、なにせ収納時はトレオチェアが26cm×11cm、
ヘリノックスが40cm×13cmで、この差はかなり大きく、特に徒歩や自転車で遊びに行く場合に、
ヘリノックスと同じような座り心地だとすると、この小ささはじつにありがたい・・・

ただまあ、ネット通販では実際の座り心地がわからず、届くまで不安だったので・・・





さっそく愛用中のヘリノックス・タクティカルチェアと比較してみました。

DSCN7135



DSCN7138




DSCN7144



DSCN7143




DSCN7152

座面前部が8cm高く、お尻はより沈み込む感じでした
全体的にヘリノックスのほうがゆったりしてましたが、テーブル使用時など脚を投げ出さない場合は、
こちらのほうが高さがあって使いやすいかも・・・

やはり座面が8cm高いと座り心地とゆーか、座り方や使い方が変わりますね。
ちなみにトレオチェアのほうは、浅く腰掛けて寝そべると、お尻がポールに当たって冷たかったです。
ま、ポール自体がしなるので痛いとゆーことはなく、どちらもハンモックのような吊り下げ式なので、
パイプ椅子式や収束式の小型チェアなんぞに比べるとはるかに座り心地がよくお昼寝もできます。

部は三点支持ですが接地面積が大きく滑り止めもあり、けっこう安定しています。
ただ一か所から四方向にポールが伸びるため、上部はヘリノックスより若干グラグラします。

組立もほぼ同じですが、ヘリノックスはポールの差し込みが8ヶ所、トレオチェアは4ヶ所で済みます。

DSCN7142

耐久性・堅牢性は買ったばかりなのでまだわかりませんが、本体生地もポール受け部の生地も、
タクティカルチェアよりかなり薄く、やや不安なんですが・・・
ま、その分小さくたためるし、信頼できるブランドなのでそれなりには使えるでしょう・・・

となると、やはり仕舞寸法の小さい方が便利かと思いますがいかがでしょう。

定価ではトレオチェアのほうがタクティカルチェアよりややお高いのですが、今回はなんと40%引き!!!
になってて、わたくしの購入価格では逆転してましたし・・・
ただまあ、キャンプ用のチェア類だけでも、すでに十数脚以上になってるんですが・・・




ま・・・

DSCN7147

座面の低いヘリノックスのほうは、今後は「いちおー奥様用」つーことにしておこうっと・・・




追記です。
ストラップ付のキャップはタクティカルチェア同様、前部のポールに引っ掛けておくと汚れませんね。


m98k at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年04月06日

2015春・お花見でふらふら!!!

四月第二弾は毎年の恒例行事、家族でのお花見宴会記事であります。




まずは4月3日の金曜日・・・

DSCN4432

昼前にいつもの公園に母親と行ったのですが、この日は昼から雨の予報、お弁当は持参せずに、
自転車を押してぐるりと巡っただけで、早々に引き揚げて自宅での「すき焼き宴会」にしました。






で、翌4月4日の土曜日も当初は雨の予報、お休み日程から今年のお花見宴会はあきらめてたのですが、
当日の午前中はけっこう天気が良く、午後からも当分は持ちそうだったので急きょ・・・

DSCN4452

もうひとつの近くの公園へ、お弁当を持って行ってきました。





桜花は大阪では4月2日が満開だったそうで、まさに満開から散り初めとゆーところでしょうか、
曇り空でしたが雲に溶け込む桜花もなかなかのもの・・・






DSCN4446







さっそく、これまた恒例により・・・

BlogPaint

高齢の母親用には、小型軽量なのに座りごごちのいいヘリノックスチェア、わたくしと奥様用には、
HOHER BERGのフォールディングスツールを用意していったのですが、たまたまベンチが空いたので、
結局スツールは使わずじまいでした。

ちなみにテーブルはロゴスのトレックテーブルと、ブロックスのフォールディングLOWテーブル
さらにちなみに、ベンチ上にあるのは900cc入りのよく冷えた純米酒・・・じゅるじゅるじゅる







DSCN4443

お弁当は相変わらずシンプルですが、茶そばの下のクーラーボックスは花見では今回がデビュー、
中には珍しく本物のビールがどっちゃりと・・・じゅるじゅるじゅる






で、いつもどおりかぱかぱごくごくもぐもぐげひげひ、用事のある母親と奥様が先に帰ってしまい・・・

DSCN4451

ベンチを一人で占領するのも気が引けるので、あらためて池畔に一人宴会セットを設置・・・

ちなみにこちらのママチャリ、奥様が重いとわたくしに下賜されたものであります。

残りものでさらにかぱかぱごくごく、すっかりへろへろになり自転車を押して帰りましたとさ・・・げふっ




m98k at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年07月10日

チェアーキャップ!!!

(期間限定のお知らせ)
2014夏・内モンゴル沙漠植林ツアーへのお誘い記事は
こちら、募集締め切りは7月20日です。


(2014.7.13 記事末尾にフィールドテスト?結果を追記しました。)

とーとつに「チェアーキャップ」であります。



DSCN2900

丸型で内径は21mm




DSCN2901

材質はTPEとなっており、熱可塑性エラストマーのようですが、何系のTPEなのか・・・

使用上の注意の下からみっつめに、「屋外や直射日光の当たる場所では使用しないで下さい。」とあり、
太陽光線で劣化するのか、熱で柔らかくなって破れるのか、それとも土や水分がいけないのか、
じつはそのあたりが気になるのですが・・・これ以上はわかりませんでした・・・





そう、わたくしこれを・・・

DSCN2903

この脚先のキャップ(石突き)部分に重ねて使おうと考えたのであります・・・








DSCN2904

でへへへ




DSCN2905

むひひひ





これで・・・

DSCN2907

かなり接地面積が大きくなる・・・はずです・・・








そう、これを装着するチェアは・・・

DSCN2912

最近購入したヘリノックスのタクティカルチェア・フォリッジグリーンなのであります。きっぱりと

ま、色は今回記事とは関係ないでちゅが・・・




で、こちらの脚先にですね・・・

DSCN2913




このように被せると・・・

DSCN2908

接地面積が増えて、地面にめり込みにくくなる・・・はずです・・・


上記リンク記事にも書いたとおり、ヘリノックスは初期のチェアワンからタクティカルとかになって、
キャップ(石突き)部分の接地面積がより小さくなっており、わたくし購入当初から気になってました。

ヘリノックスのこのタイプは、荷重を全て点で支えているため、チェアワンのやや大きめの石突きでも、
何かの拍子に、四点のうち何点かが急にズブズブと地面にめり込んで、危うく転倒しかけたことが、
これまでに何度かあったので、購入直後から径の合う(お安い)キャップを探していたのであります。




ま・・・

DSCN2911

こんな感じで地面に接していたのが・・・








DSCN2909

こんな感じになるだけなので、効果のほどは試してみないとわかりませんが・・・

TPE製でプラに似た剛性もあり軽くて取り外し可能、ヘリノックスの収納袋に一緒に収まりますので、
必要に応じて装着できますし、ま、あまり効果がなかったとしても、なにせセットで税込0.18kでしたので、
置いとけばいずれ何かに使えるかと・・・




って、このようにして、モノは増殖していくのでありますね・・・ぶつぶつ・・・ぶつよくぶつよく・・・


(いずれフィールドテストしてその結果を追記しますので、乞う、ご期待・・・)





(7月13日追記です。)


さっそくフィールドテスト?してきました。

ロケーションはこんな感じ・・・

DSCN2932

キャンプ場のファイアーサークルのある広場で、けっこう踏み固められた地面です。




DSCN2927

しばらく座った後・・・

DSCN2931

この程度のめり込みでした。




ちなみにチェアワンなど、やや大きめのキャップ(石突き)と・・・

DSCN2940


DSCN2941


ほぼ同程度でしょうか・・・




さらにちなみに、二日目は早朝からの雨で広場全体がぬかるみ状態になりましたが・・・

DSCN2953

この程度のめり込みで、キャップを外せば本体には殆ど泥は付いてませんでした。

つーことで、まだ一回の使用だけですが、今のところ使えそうだと思ってます。

ただ、一回の使用でも底の部分がけっこう傷だらけになったので、屋外使用での耐久性については、
かなり不安が残りますが、ま、なにせセットで0.18kですから・・・


m98k at 10:07|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック