トイガン

2006年07月30日

モンゴル紀行 拳銃編その1

ぜいぜい、はあ、はあ、汗
なんとか無事?に帰国しました。
みなさん、激励のコメントをありがとうございました。
しかし・・・

日本は、なんでこんなに暑いんだ!!ううっ

なんでこんなにビールが高いんだ!!ぶつぶつ



ま、ともかく今回、モンゴル国(モンゴル共和国から修正しました。「人民共和国」から、いきなり「国」になってたんですね。知りませんでした。)と中国内蒙古自治区への植林ツアーに個人ボランティアとして参加したのですが、
モンゴル国の首都、ウランバートルでの、到着初日に行われる半日観光をこっそり抜け出して、
左バーのリンク集にある「THE戦闘糧食」で知った、M.M.P.(モンゴリア・ミリタリー・プログラム)の射撃体験に行ってきました。

仕事の関係で、植林ツアーそのものがドタキャンになるかもしれない状況の中、
出発ぎりぎりまでメールのやりとりをしていたのですが、
とても丁寧な対応をしていただきました。
スタッフのムルンバーターさん、ほんとうにありがとうございました。

で、関西空港から北京へ、翌日早朝の便でウランバートルのチンギス・ハーン空港へ、
という旅程で、昼過ぎに空港に到着しました。

「国際線到着ロビーの外でお待ちしています。」
「お迎えの方の目印はなにかあるでしょうか?」
「迷彩服の上下なのですぐにわかります。」
「では、わたくしも迷彩にさせていただきます。」
「了解しました、ナランバートルという者が案内しますので伝えておきます。」

というメールのやりとりをしていたのですが、空港ではかなり目立つ二人でした。
55695167.jpg


なんとなく、わたくしに似てるような右の方が、ナランバートル氏であります。
「ナランはモンゴル語で日の出、バートルは英雄ですから、日本流に訳せば、
日出雄ということになりますが、ナランと呼んでください。」
と、モンゴルで習ったという流暢な日本語で教えていただいたのですが、
なんとこの方がM.M.P.の社長なのであります。
なんでもスタッフがみんな出払ってるので、ということでしたが、
背後にある彼の愛車は、わたくしと同じニッサンテラノ!

モンゴルでは日本のSUVが丈夫で人気があるけど、ランクルやパジェロは部品も高いし、モンゴルの道には大きすぎる、ということで中古のテラノが一番人気だそうであります。
もうすぐディーゼル規制で乗れなくなるわたくしのテラノ、モンゴルなら新車同様に高く売れるのに・・・ううっ
ちなみにモンゴルでは、ディーゼル車は高級車、ということで、軽油が一番高いとのことであります。うーむ

さて、空港からウランバートル市内を抜けて郊外に出ると、大草原の中に陸軍の演習場があり、そのなかでM.M.P.の射撃体験ができます。

ま、M.M.P.が代理で、軍の公式プログラムへの申請をするという感じで、そこはちょっと前まで社会主義国だったところ、結構きちんとした書類を作成していました。

b58b9675.jpg

この時は風も強く、今にも降り出しそうな天候でしたが、射撃場の中に入ると、
fed73157.jpg


こんなのや

c94002df.jpg


こんなのまで

7c225b3c.jpg

ちなみに、後方に見えているのがシューティングレンジであります。

はやる気持ちを押さえて、いそいそと記念撮影であります。

7341ef07.jpg

d0357684.jpg

bbd88b84.jpg


で、シューティングレンジに着いたら、陸軍の方がわたくしたちのためだけに、
ずらっと銃を並べて待ってくれてました。まさに貸切状態であります。

「どれでもお好きなのをどうぞ、まずは拳銃から選びましょうか。」

「えとえとえと。まずは、これとこれだけは絶対に・・・」

「ずいぶん古いのから選びましたね。古いので弾が残り少ないのですが。
 倉庫に在庫が残ってるか探させてきます。」

「ともかく、これは撃ちたかったんですう。お願いしますう。」

「わかりましたから、そんなところにしゃがみ込まないで・・・」

「わは、わは、わははは、しっ、幸せじゃあぁぁぁぁ・・・」
7a17c505.jpg


そう、最初に選んだのは、古いナガント軍用とモーゼル軍用だったのであります。

(次回に続く)



P.S.
ほんらいの植林のお話やフラッシュライトのお話に行くまで、かなり時間がかかりそうであります。すいません
昨夜の北京以来、数時間の睡眠だけでちびちびと飲み続けのため、そろそろ寝ます。
どうも旅の興奮で、感覚が麻痺してるようであります。ううっ

at 02:29|PermalinkComments(18)TrackBack(0)mixiチェック

2005年08月19日

サバゲッチュのポスター

72db008a.jpg
えーっと、こんなん見つけました。

多分、関西ローカルだと思うのですが、サバゲッチュという15分番組のポスターであります。

大阪にあるファーストというガンショップがスポンサーで、結構長く続いております。

驚いたのは、このポスター、地下鉄淀屋橋駅の改札正面に貼られていたことであります。

淀屋橋といえばビジネス街の中心、1日何十万人もが利用する改札であります。

わたくし、サバゲやミリタリーグッズは大好きなんですが、こんな陽のあたる一等地に、サバゲのポスターがあると、思わずドキッとしてしまいます。
番組自体も、はっきり言って、金のかかった大層なもんじゃないし・・・・

まあ、南海キャンディーズのしずちゃんと同じで、(^_^;)
この世界も、あまりメジャーにならない方がいいような気もするんですが・・

昔、いろんな戦記に出てくる、リリーマルレーンという曲が気になって、苦労して楽譜を調べて、自分だけの楽しみにしてた時期がありました。
その後、鈴木明という人がこの歌を本にして有名になり、いろんなバージョンも放送されて、うれしかった反面、ちょっと寂しい思いもしました。

ま、こっちの世界は、無知からくる誤解と偏見がまだまだ多いので、もう少しメジャーになってもいいんでしょうが、ブームになると必ずバカやる奴が出てくるし・・・うーん…


八月十九日午後九時五十五分追記です。
南海キャンディーズの素敵な女性の名前を訂正して、カテゴリ分類しました。

八月二十四日午前一時五十五分追記です。
ファーストさん、鶴見区から東大阪市へ移ってたので、本文修正しました。ながいあいだ、いってないなあ・・・
ちなみに、番組のHPから、過去の放映分がご覧になれますよ。
http://www.sabagetyou.com/



at 08:57|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック

2005年04月15日

コルト パイソン .357


エスアンドグラフ(旧エリカクラブ、わたくし音符「エリカの花」っていう歌、かなり好きです。)
に入り浸っているような、独逸マニアはさりげなく無視して、
コルト社のリボルバーを続けます。


IMG_0134

マルイのエアソフトガン、パイソン.357であります。
ひとつの薬室にBB弾が4発、合計24連発という、おそるべきリボルバーであります。
ときたま、2発同時発射で飛距離が出なかったりしましたが、まあまあ順調でしたね。
それにしても面白いギミックでした。
ただ、シリンダーをスイングアウトさせて、パーカッションモデルのように、シリンダーの前から、
ポコポコと4発ずつBB弾をリロードしていくのは、なんとなくイジイジしてるようで、みじめでした。
やはり豪快に一気に排莢(この日本語、一発変換しないぞ?)、スピードローダーで6発(24発)
を一気にリロードしたかったですね。

ちなみに、このホルスター、面ファスナータイプで、ゲーム中に抜こうとすると、ベリベリと大きな音がします。
おかげで、集中砲火を浴びて、蜂の巣にされたことがあります。ドクロ
みなさんも、ゲームや本番では、決して面ファスナータイプのホルスターは使わないようにしましょう。ダメ

ところで、この.357にしても、.223にしても、.300にしても、マグナム弾仕様の銃は、どうして、
谷径ではなく、山径で口径を表すのでしょう?


at 23:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2005年03月29日

コルトガバメント M1911A1



IMG_0077

た、タニオ・コバがなんだ、VP70で、1,2,3、ピカッ?はあっ?(マイクを床に叩きつける)
ファストドロウといえば、国本圭一さんでピースメーカーでしょうがあ!と、
さっそく古いCMCのピーメ引っぱり出してきて、すり減ったガンベルトに入れ、久しぶりに発火させて、
「これぞファストドロウ!」という連写画像を見せてやろうじゃないか、とベルトを腰へ・・・


は、はいらねえ・・・ベルトの先っちょさえ、バックルにとどかねえ・・・


ピーメのファストドロウ画像はいずれ(ダイエット成功後に走る)、アップしますので・・・とほほほ・・・

というわけで、ご存知、ウェスタンアームズ、マグナブローバックのガバであります。
ミリタリータイプの発売を雑誌で知ると同時に、「お、おっちゃん、こ、これ。」と興奮気味で買った記憶があります。
前評判どおりの、今までになかった凄いブローバックの反動と速さ!
リアルなディティールや刻印と重量感!
ほんとよくできたトイガンでした・・・

ガス漏れしない限りは・・・

そうなんです、これのガス漏れには・・・泣かされましたあ悲しい
特に、最初に付いてたマガズィンはよくガス漏れし、「工作」には全く疎いわたくしでさえ、
なんとかガス漏れを防ごうと、オイル吹いたり、微調整したり・・・
しばらくして、改良型のマガズィンがでて、これも買ったのですが、わたくしのは、最初のとあまり変わりませんでした。

もう長い間、ガスガンや電動ガンを買って遊んだことはありませんが、
(最近のキャンプ宴会には、このホルスターに、東京マルイのコッキングタイプを入れて持参しております。せめてカッコだけはつけないとね!って、どんな格好で宴会やってんだ!)
今のはどうなってるんでしょう?タニオ・コバのVP70とか・・・
「工作」できない人間でも、楽しく遊べるようになってるんでしょうか?

そういえば、ガバの実銃のほうは、米軍に正式採用されて94年目になるんですね。
それまでの38口径では、槍や斧をもって突っ込んでくる蛮族を止められないということで開発された、
.45ACPらしいですが、この頃からすでに世界中に展開する前提があったんでしょうか。

左バーのリンク集にある、THE戦闘糧食によると、二十世紀初頭に、米軍が本格的なコンバットレーションの開発をはじめたようですから、ガバの開発時期と似かよってますね。

第一次世界大戦までの大規模な戦争といえば南北戦争ですが、これが鉄道を使った食料や弾薬の大量輸送、
鋼鉄製の戦艦や潜水艦など、近代戦のはしりで、この南北戦争研究調査団の一員として、ドイツから派遣されたのが、若き青年将校、エルウィン・ロンメルとか。
彼は北軍の、騎兵隊を使った高速移動、奇襲、一撃離脱戦術に大変興味を持ったといわれていますが、
同時に、近代戦における遠隔地補給の重要性も認識したようです。

現在の米軍レーションは、世界中どんな地域ででも食えるシステムになってるらしいですが、あの味付けはどうしても好きになれませんね。
やはり、ごはんと麺類がいちばんで、ちなみに自衛隊では・・・
あっ、カテゴリーの違う話題になってきました。
続きはいずれ「糧食、飲料」のカテゴリーで・・・ごはんラーメン




(追記です)
2007年6月に東京マルイのM1911A1ミリタリーガバメントを購入、さすがにこちらはガス漏れはありませんでした。


at 22:05|PermalinkComments(14)TrackBack(1)mixiチェック

2005年03月15日

EDCなP-230とマカロフホルスター


IMG_0073

昨夜、記事をアップしようとしたら、またサーバにつながりませんでしたあドクロ
ページを見たり、コメント投稿はできたんですが・・・また変なサイトをお散歩することになりました。
結局「下書き保存」してなかったので、また書き直すことに・・・

お願いしますよ、ドリコムさんびっくり


ということで、シグザウエルP-230のトイガンと、旧東独軍マカロフ用ホルスターであります。

まさか、ブローバックのガスガンを普段から持ち歩くような怪しい人はいないと思いますが・・・
わたくしが仕事中も、持ち歩いたのが持ち歩くとしたら、これであります。
小さいわりにブローバックが小気味よく、ガス漏れもなく、ダブルアクションも軽快でした。

この銃、旧東独軍のマカロフ用ホルスターに、誂えたようにぴったりと納まります。
予備マガジンも予備マガジンケースにぴったし入ります。
マカロフはワルサーPPのパクリらしいですが、このP-230もワルサーのPPやPPKをルーツにしているとか。
そういえば、確かに雰囲気や造りが似てますね。こちらの方がより進化してるらしいのですが、メカのことはよくわかりましぇん。
ガバとトカレフといい、ワルサーとマカロフといい、まるで「趣味の工作部屋」と「趣味の物置小屋」のようなパクリ関係・・・あ、でもトカちゃんやマカちゃんは大量生産されてますね。
うーん数でも質でも圧倒的に負けてるか・・・

いずれにしても、EveryDayCarryなハンドガンであります。
一時期、安い東独軍のコートを着て通勤していた頃があったのですが、
(何も知らない上司の秘書に「ドイツ兵みたい」と気づかれ、米軍のトレンチに替えました。)
本当は、あのコートの上から、このベルトとホルスターを装着して・・・

地下鉄通勤してみたかったんですう。

旧東ドイツの崩壊後、数年して、東独軍のグッズが安く出回って、わたくしも一揃い揃えたんですが、
日本の雑木林ではあのレインドロップカモは目立つし、金具やベルトがペラペラだったので、
装備を持ってない初参加の女の子に、AK-47とセットでよく貸してあげました。
いやあ、わたくしって、昔から優しい人間だったんですねえ。ラブ


at 21:32|PermalinkComments(5)TrackBack(1)mixiチェック

2005年03月12日

可変倍率式照準眼鏡 3-9×40mm

4f0200aa.jpg

Hakko 3倍-9倍×40mmのズームスコープです。
最近いただいたウィルスコメントの中に、ズームスコープを
「G3からはずして」、夜な夜な怪しい目的に使用されていたというのがありましたので、笑い
急遽画像を撮ってアップいたしました。
(手持ちでかなりブレてますね、すみません。すいません


可変倍率式照準眼鏡の健全な使い方

1 銃に懸架して使用する。深夜に銃から外して屋外へ持ち出さない。
2 銃口は絶対に人に・・・向ける。
3 狙った獲物はかならずゲットする。どんな美女でも、そうでなくても、感情を殺してトリガーを絞る。
4 人に銃口を向けるとき以外はレンズカバーをかける。レンズの反射を防ぐ目的もあるが、あちこちぶつけて、画像のようになる。ううっ

以上の注意を守って、健全に使いましょう!

それではひきつづき、「ごくせん」をお楽しみ下さい。


at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2005年03月06日

LSなプラモたち


IMG_0034

LSが正しいんでしょうか、それともエルエスでしょうか?
この画像撮るのに、久しぶりにあちこち引っ掻きまわしたら、あるわあるわ・・・
これでもシリーズのごく一部なんでしょうね。
探せばまだまだ出てきそうですが・・・・・・やめました。ウインク
このシリーズ、最初の頃はひどい出来でしたが、だんだん凝ってきて、部品ひとつひとつまでリアルに再現するようになったと記憶しています。
リアルになって、可動部分にはABSも使ってましたが、なんせプラで、火薬の衝撃に耐えられる実銃と同じ設計になってるんですから・・・ギミックは何度か遊んでるうちに、全てぶっ壊れました。ドクロ

さて、ここで問題です。
この画像のプラモには二種類の表面塗装を施してありますが、模型好きのキミに、どれがどーだか、わかるかなはてな右のワルサーは無加工だよ笑い


はじめてフラッシュ使ったんですが、画質調整してフォルダに入れたら、どうやって出すのやら・・・やむなくそのままの見づらい画像をアップしてます。縮小方法もわからんままだし、こりゃデジカメとパソコン、理解するのに時間かかりそうだわ。



at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2005年03月03日

MGC M-16

ce0ff355.jpg

このカテゴリーで最初に紹介するのは、MGCのM-16アサルトライフルであります。
発火式のモデルガンですが、一度も発火させたことはありません。笑顔
もちろん、アウトドアに持ち出したこともありません。笑い

たぶん、亜鉛ダイキャスト製で、今をさることン十年前、社会人になってはじめてもらった給料を握りしめて、いそいそと買いに行った記念すべきトイガンです。

この頃からすでに銃規制は厳しく、バレルにはびっちりとインサートがあり、
最近のトイガンに較べると、モールドもいい加減、各パーツの大きさや時代考証もバラバラですが、全体のスリムな感じは、マルイのベトナムバージョンよりかっこいいでしょ。

ハンドガード、ストック、グリップ以外は金属製で、たぶん実銃より重いんじゃないでしょうか。
押し入れからひっぱりだしてきて、家族に気づかれないうちにあわてて撮ったので、ちゃんとアップしてくれるか心配です。デジカメやパソコンの使い方もイマイチわからないし・・・

ま、おいおいまともな画像になっていくよう努力しますので、よろしくお願いします。すいません

at 23:58|PermalinkComments(8)TrackBack(1)mixiチェック