ナイフ・刃物

2010年09月13日

ビクトリノックス・クラシックの・・・

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)


ええ、じつは・・・

今を去ること四年前、このブログサイト「趣味の物置小屋98k」の10万アクセス記念に、

他の高級品いっぱいと一緒にTOMOさんからいただいた、大事なビクトリノックス・クラシックを・・・


最近、失くしてしまったのであります。ううっ


そう、ずっと大事に、とゆーか、ずっとカラビナもどきのキーホルダーでEDCしてたのでありますが、
先月、うちの奥様の実家での法事の際にですね・・・

お寺やらお墓やら食事処やらの駐車場をクルマで往復、しかも次男と何度か交代で運転してたため、
ポケットからの出し入れが激しく、どこかでキーホルダーから外れてしまったようで、
(やはりEDC用には、ロック付きのカラビナもどきにしておくべきでしたねえ・・・)
気づいてからは探しようもなく、その後は毎日毎晩、後悔とやけ酒の日々を・・・




まあ、再度TOMOさんに、

おねだりしてもよかったのですが・・・





今回、思い切って自分で購入した次第なのであります。奥ゆかしいぞ、98k!  ばしっ、べきっ・・・




じゃーん

RIMG2575

そう、ビクトリノックスのクラシックモデル、カモフラージュハンドルタイプであります。











RIMG2576

右は大きさ比較用のFENIX LD10で、長さはちょうど100mm、左は同梱されてたケースであります。











RIMG2577

メインブレードに爪やすり兼用のマイナスドライバー、はさみとピンセットと爪楊枝、と機能はいたってシンプル・・・

でも、これがちょっとした普段使いには、じつに便利なのであります。
メインブレードで食品を切り分ける、ハサミで袋入り食品の小出し口を作る、ドライバーで食品のフタをこじ開ける、
爪楊枝で食品を食べる、ピンセットで落とした食品のごみをとる、といったようにですね・・・






食べてばっかりかいっ!!!







ほんとにちっちゃくて薄くて、ポケットにぴったりですね・・・

RIMG2578

下は大きさ比較用のスイスアーミーナイフ(ソルジャーモデル)でハンドルの長さは111mm・・・









って、ところでこのマーク・・・

RIMG2579


画像の上下が逆になってますが、右はスイス陸軍の紋章とのことであります。
で、左のは新しいビクトリノックスのロゴマーク、それともスイスの国章??? どうなんでしょうね・・・
(追記です。調べてみると左は現在のビクトリノックス社章、右はスイス国軍章のようですね。)









あらためてお詫びとかのP.S.

TOMOさん、大事ないただきものを紛失してしまい、申し訳ありません。
失くしたのはたぶんうちの次男、責めるならぜひ彼をですね・・・って、なんちゅー親でしょう・・・

同様にTOMOさんからいただいた、同柄のジッポーはアウトドア専用にしてるんですが、
こちらはEDCツールナイフとして、ほんとによく活躍してくれました。

平時でもTOMOさん同様、鞄の中にはいろんなツールがあり、ましてやキャンプ宴会などでは、
これもいただいたコールマンのマルチツールをはじめ、いろんなものを持参してるのですが、
すぐに欲しい時に、ズボンのポケットに入ってるのは、これとFENIXのL0Pだけ・・・

とゆー次第で、今後は二代目のこちらになるわけですが、まあ、EDCしてる以上、
いつまた紛失するやも知れず、予備として何本かいただいておいても・・・ぼかっ、べきっ、ぐしゃ・・・


もとい・・・


とゆー次第で、今度こそ失くさないようにですね・・・


じゃーん
RIMG2609

こんなのも買いました。

なにせスチール製のねじ式・・・
なんか上腕の止血に使えば漏れそうですが・・・つげワールド、懐かしいなあ・・・










RIMG2611

なにせ高級品で、ねじ山がびみょーに波打っており、今度こそ、そう簡単には外れないはず・・・
でもケースがクルマの振動で、ずり落ちてきそうですね・・・さて、どうしたものか・・・

ちなみに、このクラッシック、ついでにソルジャーのキャンプデビューは、先週末の土日でした。

吉野川の水遊びキャンプで、さっそく役立ったのですが、その模様はまた次回に・・・むひひひ


m98k at 21:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年08月01日

スイスアーミーナイフ専用ケース???

(期間限定のお知らせ)
2005年3月から2010年2月までの過去記事について、本文中のリンク貼りかえ作業をやっと完了しました。(旧ドリコムから現ライブドアへ)
移行による文字化け等もほぼ修正しましたので、古い記事にもコメントやトラックバックをお待ちしています。




で、前回記事の続きとゆーか、お約束の、とゆーか・・・



2009年からスイス陸軍が制式採用しているマルチツールナイフ(現用スイスアーミーナイフ)である、
ビクトリノックスの新ソルジャーモデルを購入したわたくし、前回記事のとおり、
パラシュートコードを220cmにカットして四つ折りにし、これのキーリングに装着、
ハンドルにぐるぐる巻きにして、ケース兼用ネックストラップとしたのでありますが・・・

結び目のコブを持って振るとクルクルと落下していき、それを片手に巻きつけていくと、
確かに安定して保持できるのでありますが、それまでの間、少なくとも片手は、
しばらく安定した状態で作業をしなければいけないことが判明しました・・・







って・・・






あたりまえの話やないかっ!!!












アウトドアの緊急事態で、不安定な姿勢のまま、素早くラインなどをカットする目的で購入したのですから、













いったん手元から離れて、

クルクルと自然落下するのを、




ただただ、ぼーっと眺めていたのでは・・・



命がいくつあっても足りましぇん!!!




とゆーことに、やっと気づいたのであります。えっ、えらいぞ、98k・・・












んで、話は、6月の無人島OFF会に遡るのでありますが・・・

じつはあの時、参加者のお一人であるred-bicycleさんから、
こんな高級ライトケースを取り上げてたいただいてたのであります。













じゃーん

RIMG2447

RIMG2448

そう、UltraFireのリアルツリーカモの高級ライトケースであります。しかもふたつも!!!

赤ワイン2ccほどで、すっかり出来上がってたとはいえ、ありがとね、red-bicycleさん!!!












ただまあ、どちらも複数のリチウム電池を使用するような、大光量の高級ライト用ですので・・・



細身の右側のやつの、ベルクロカバーを最短にしてみても・・・

RIMG2455

まだ、けっこうな長さがあります。(右端のFENIX LD10がちょうど100mmであります。)











RIMG2451

今回購入した新型ソルジャーのハンドル長は111mmで、ご覧のとおり沈んでしまい、
これではワンタッチで取り出すことができましぇん。



ま、ビクトリノックス純正の専用ケースを買えばいいようなもんですが、
なにせ、このいただきものライトケース(の特に色合い!)はわたくしのお気に入りですので、
なんとしてもアウトドアで、日常的に使いたいのであります。
(どーせリチウム仕様の高級ライトなんて、あんまり持ってないし・・・)



で・・・




RIMG2452

パラコードを今度は1mにカット、これをキーリングに装着してケースのベルトクリップに通すと・・・












じゃーん

RIMG2461


RIMG2460


RIMG2459


現用スイスアーミーナイフ、ビクトリノックス・ソルジャーの、

ランヤード付き専用ケースの完成であります。



わは、わははは・・・ぷつん







感謝とお悩みのP.S.

いやあ、red-bicycleさん、ほんとにいいものをいただきありがとうございました。
細身のほうのケースは、当面、これ専用として、ありがたく使わせていただきたいと思います。
ま、太いほうのケースの中身は、いずれどこかで誰かから・・・げひひひ(以下略)

今回はランヤードを1m(二重で50cm)にしてみたのでありますが、ランヤードを引っ張って取り出すため、
やはり片手でランヤードをたぐり寄せてナイフを手にするまで、数秒かかってしまいます。
ハンドストラップ程度の長さにすれば、ほぼ同時にナイフ本体を掴めるのですが、
その長さだと、ケースとつながってると作業ができませんので、いったん手首に巻きつける必要があります。
やはりランヤードをもう少し長めにして、いったん首にかけてから作業するか・・・
いずれにしても、作業前にナイフを落としてしまうのは絶対に避けたいので、ランヤードは必需品、
問題は、その長さと固定先なんですねえ・・・うーむ・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で、試行錯誤結果の追記であります。

結局、1mパラコードの両端に、もやい結びで「輪っか」をつくり・・・
RIMG2463





ナイフ側の輪っかだけを外にだしておいて・・・
RIMG2462

こちらの結び目を引っ張れば、ワンアクションでナイフを取り出せる・・・
のですが、指はパラコードの結び目を持ってるわけで、ハンドルを手のひらに収めるには、
腕をいったん伸ばして、本体の位置をスライドさせねばなりません。

つまり、
1ケースのベルクロカバーをべりべりと開ける、と同時に、
2外に出ている結び目を引っ張るとナイフがついて出てくる
3そのまま腕を高く挙げ、ハンドルを手中に収める、と同時に、
4サムホールに親指を入れてブレードを開く

とゆー、4アクションで緊急作業開始、となるのであります。
ま、わずか数秒のことなんですが、あとは2と3の工程を、なんとか短くしたいですね。

って・・・せっかくの休日なのに、ずっとこんなことしてていいのかっ!!!


m98k at 04:44|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年07月30日

現用!スイスアーミーナイフ!

ぬははは、発売から一年遅れで、やっと購入しました。

2009年にスイス陸軍に制式採用となった、これがほんとの・・・


現用!スイスアーミーナイフ! であります。きっぱりと












じゃーん
RIMG2425

右は大きさ比較用のFENIX LD10ですが、新型スイスアーミーナイフのハンドル長は111mmとなっております。


なんでも、こちらの旧モデルからは、じつに47年ぶりのフルモデルチェンジだそーで、
マイナーチェンジからでも29年ぶりとゆーことで、商品名としては、新旧ともに「ソルジャー」モデルであります。

実際のスイス陸軍への納入品には、キーリングがないそうですが、あとはマークまでまったく同じ仕様、
いやあ、いつかは欲しかったモデルなのであります。




RIMG2428


RIMG2429

RIMG2433

大きな変更点は、ハンドル長が91mmから111mmになり、メインブレードが、
ワンハンドオープン用のサムホール付きになり、2/3ほどが波刃になったことであります。







それ以外にも、メインブレードと7mmマイナスドライバー(旧モデルは6mm)がライナーロック式になり・・・



RIMG2432


フィリップス型のプラスドライバーが追加、リーマーなどの形状も変更され・・・









RIMG2446


わたくしが欲しかったノコ刃も、どどーんと追加されたのであります。



川下りや山歩きでは、ライン、ストラップ、ベルト、テープの類がどうしても多くなってしまいます。
ま、山歩きでは、ザイルワークを必要とする冬山や岩場以外では、
ザックのストラップ類や、それに付けたり首からかけたりしてるストラップ程度ですが、
川下り、特に激流のラフティングなんぞでは、様々な太さや長さのラインやストラップが、
船体や眼鏡をはじめ身体中に、はたまた缶ビールを満載したネット袋まで、
それこそあらゆるものに結び付けてあります。

その状態で沈したり、あるいは岩に乗り上げたりしたときに、それらのラインが、岩や船体、
あるいは身体に巻きついたりしますので、場合によってはラインを切断する状況になります。

で、そんなときは、片手で何かにしがみつきながら、もう一方の手を水中に突っ込んで手探りで切断、
とゆーことになりますので、わたくしはダイビング用のノコ刃つきシースナイフを愛用しておりました。
ふくらはぎにシースをセットするタイプで、ワンタッチで抜けるようになってましたが、
けっこう大げさで、そのわりには切れない、といった安物でしたが・・・

まあ、山歩きでも、滑落してザックなんぞのストラップが首にひっかかったりすると、
これはこれで命に関わりますから、やはりワンハンドオープンできる波刃とゆーのは欲しかったのであります。

スイス陸軍での使い方はわかりませんが、なにせ山岳地帯ですから、改良要求も強かったのでしょうね。

ちなみにビクトリノックス社でサムホール付きのブレード、とゆーのは、これがはじめてだそーであります。

特に濡れたラインとゆーのは、ふつーの刃ではなかなか切れませんから、波刃の切断力はうれしいですね。

ただし、ラインが太くなれば、波刃でも切りにくいので、そんな場合はノコ刃の出番になりますが・・・

山岳地帯での、装備類の簡単なメンテナンス、糧食の缶詰めを開ける、あるいは木の枝を切るといった、
基本性能だけに特化しているのもうれしいところですね。

まあ、ナイロンとプラのハンドル、滑らず色合いも好みなのですが、アルミハンドルに較べて、
耐久性はどうなんでしょうね・・・ま、永久保証があるからいいか・・・

RIMG2434

ま、取り説表紙の色合いも好みだし・・・





で、わたくしの考案した、これの所持方法なんですが・・・





RIMG2435

まず、手の大きさや首からの長さにあわせて、パラシュートコードをカットしました。

わたくしの場合は220cmほど、これを四つ折りにしてキーリングにとおして・・・










RIMG2436

これをハンドルにぐるぐる巻きにして、結び目の手前をメインブレードのサムホールに突っ込んで・・・










このまま、ポケットに入れるか、ワンハンドで取り出せるケースに入れておき・・・


片手手探りで結び目のコブを掴んでそのまま振ると、くるくるとパラコードがほぐれますので、
それに手首をとおして片手に巻きつけていくと・・・


RIMG2440

長ささえあっておれば、ちょうどこのような状態になります。

ちなみにこの長さで、ちょうどハンドル全体を覆う感じ、首から下げれば腰のあたり、
また結び目をほどけば、220cmのコードになりますから、これはこれで非常用に使えます。













で、あとは・・・

RIMG2442


RIMG2443

手にパラコードが巻きついているので、かなり無理な姿勢でも、まず落とすことはありませんし、
切りにくいものでも、ぐっと力を加えることができ、誰かに奪われることもありません。

って、これはあくまでマルチツールナイフ、格闘用ではありませんでした・・・
まあ、立ちあがった巨大なヒグマの胸元に抱きついて、頸動脈を掻き切るぐらいのことは・・・





でっ、できるのかっ???



余計なお世話P.S.
みなさん御承知でしょうが、日本では、このようなマルチツールナイフでも、
銃砲刀剣類として取り締まりの対象になることがあります。
ですから、キャンプや山歩き、川下りなどの目的、場所以外での携帯には、いちおーの配慮も必要です。
自宅を出るときから、ベルトに装着して・・・といったようなおバカな行為は慎みましょうね。
ま、キャンプサイトで酔っぱらって振り回すといったようなこともですね・・・
と、自分にいいきかせつつ・・・



m98k at 03:55|PermalinkComments(12)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年03月15日

放棄品箱に!!!

さる三月の七日、こちらの記事でご案内していたとおり、アマゾン植林ツアーに無事出発しました。

わたくしの代理として、わたくしの次男が・・・ううっ しっ、仕事がぁ・・・悲しい


で、当日、お見送りとゆーかポーターとして、久しぶりに伊丹にある大阪国際空港へ・・・

ここ10年ほどは、中国とモンゴル、ボルネオに植林に行きましたが、
すべて泉州沖にある関西国際空港からで、伊丹空港はじつに久しぶりであります。



47ca82cf.jpg


93715211.jpg


4318117f.jpg



香港の啓徳(カイタック)空港同様、街の中にあるこぢんまりとした古い空港で、
以前、ボルネオ島北部にあるラハダトゥ空港に着いたとき、商社マンをしていた古い隊員が、
「昭和30年代の伊丹空港にそっくりやなあ・・・」と感想を漏らしてましたが、
今はもちろん近代的な空港となって、大阪モノレールの起点にもなっています。



acc9ace5.jpg




で、成田でトランジット、ダラスへの便なので、さっそく国際線出発ロビーへ・・・



0bb30616.jpg




手荷物チェックを受けるゲートには、以前TOMOさんが無視したとゆー、こんなものが・・・



e3580192.jpg


f5143f97.jpg




まあ、わたくしの持ってるアウトドアグッズも、ライト以外は殆ど持ち込めませんね・・・困った






で、さりげに覗いてみると・・・
b34e9967.jpg


13eca1fa.jpg



けっこう、ええもんがあるやないかっショック


ビクトリノックスのキャンパーモデルでしょうか、たぶんEDCしてたんでしょうねえ。
で、ついつい、ポケットに入ったままになってたのでしょう、お気の毒に・・・


ところで・・・


これって、お持ち帰りはできないのかっはてな




感謝とご報告のP.S.

とゆーよーな次第でにっこり、予定どおり、アマゾン植林ツアー一行は無事出発しました。
わたくしを置き去りにして・・・
まあ今回は年度末とゆーことで、スケジュール的にも参加は絶望的だったのですが、
いきいきと出発する隊員たちを見送ってると、さすがにがっくりときましたねえ。ぐすん悲しい

出発日直前に隊長が肩と手を骨折したり、急きょ参加者が減ったり増えたりと、
いろいろトラブルもあったようですが、まあ予定どおりの出発でひと安心であります。

昨年夏に、この植林ツアーや苗木代募集のご案内をはじめたころに比べると、
世界不況により、ブラジルの治安は急激に悪化しているそうですが、
次男には、パワーショットG7を修理して渡してありますので、いずれ植林のご報告記事も、
このブログサイトでアップしたいと思っています。

遅くなりましたが、苗木代募集にご応募いただいたみなさんに、
感謝の気持ちを込めて、とりあえずの出発のご報告であります。すいません













at 16:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2006年05月26日

今度は、西の国から・・・

あぁあー、あああああー

って・・・それは「北の国から」でしょうがぁ




こんにちわぁー、こんにちわぁー

って・・・それは「世界の国から」でしょうがぁ
 これはちと古いな





とゆーことで、10万アクセスいただきものシリーズの第二弾は、
北の国から、大阪を飛び越えて西の国に行っちゃった、
このサイトの常連様、TOMOさんからのプレゼントであります。


でっかい箱にずっしりと詰め込まれてたのですが、まず一番おっきいのは・・・
ba867bbe.jpg


ほっ、ホルスターやないかっ!

しかも、厚みからみて、リボルバーではなくシングルカアラムのオートマチック用!

ずしりと重いぞ・・・ついにコールマンもハンドガン製造に手を染めたのか・・・

で、あけてみると・・・
4d0f1432.jpg


おおっ

140ed234.jpg


ちゃらららっちゃちゃぁーん!

マルチツールセット!
やはり、のぶ代の声で!

be2043b4.jpg


わーい

わたくし、マルチツールとゆーのは持ってなかったけど、これひとつ腰に下げておけば、
キャンプ中にいろんなツールを探さなくてもいいのね!ありがたや!

583c563f.jpg



そして、同梱包の中で、いちばんちっちゃいの・・・
ea024320.jpg

こ、これって、ライトマニアのあいだで評判になったナイフじゃないか!
でもたしかTOMOさん、以前にカモ柄がどうとかいってたはず・・・


で、あけてみると中味は・・・
7b60c098.jpg


おおっ

しかも・・・


c9edc7d0.jpg

わたくしのあこがれだった、ハサミつきであります。ううっ




で、お腹がすいたら・・・
a1631386.jpg


これって、マルタイ棒ラーメンの二倍以上する地元の高級品だそうであります。じゅるじゅる



しかも食後には・・・
c66b833a.jpg


こちらも地元の名産品だそうであります。じゅるじゅる

ラーメン4人前に、羊羹3棹かぁ・・・

さすがのわたくしも、2回に分けていただきます。きっぱりと。

TOMOさん、ありがとねー!TOMOさんのブログ開設記念とかには、わたくし壱億円札を・・







本日の言い訳P.S
やっと風邪が小康状態になったら、仕事や歓送迎会で遅くなる日々が続き、いただきものの整理と記事アップが遅れております。ううっ
とりあえず、頂戴した順に、ぼちぼちアップしていきますのでご容赦を・・・ぺこぺこ
それともうすぐ・・・
今回のいただきもので、一気に増えたわたくしのコレクションを、
高額でネット販売しようとゆー極悪会社・・・
「アマライトジャパン98k」
を設立いたしましてですね・・・げひげひ

at 01:44|PermalinkComments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック