ヘッドランプ

2016年11月01日

ボイジャーとマーズ!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加・苗木代ご協力へのお願い記事はこちらです。

(さらに期間限定のお知らせ)
上記の植林ツアーなど植林活動でお世話になっている現地旅行社・N嶋さんが関わられたTV番組が11月に放映されます。
11月3日(木) NHK総合 19:30~ 「珍獣と暮らしてみないか」
11月7日(月)NHK BS プレミアム 20:00~ ワイルドライフ
「ボルネオ島 巨木の森 奇妙なカエルたちの王国に分け入る」
11月14日(月)NHK BS プレミアム 8:00~(同番組、再放送)
同じくN嶋さんが関わられた、上記植林ツアーで訪れるムル山の洞窟群そのものを紹介した「グレートネイチャー」は7月に放映済みですが、
いずれ再放送もあると思いますので、ぜひチェックしてご覧ください。 



で、今回は某サイトのアルテミスとクロノス記事をパクって・・・

ボイジャーVOYAGERとマーズMARSの記事なのでありますね。げひげひ

って、いよいよ98kさんも火星探検や太陽系外の探索に旅立つのかっ???




じゃーん

DSCN9088

ええ、ちゃんとVOYAGER & MARSと書いてあります。







DSCN9091

左の赤玉がマーズで、右の白玉がボイジャー・・・







DSCN9092

そう、マーカーライトのセットなのでありますね。










DSCN9093

なにせマーカーですから、左右の広い範囲から視認できるよう工夫されてます。







DSCN9090

おなじみブラックバーンBlackburnの製品・・・








マーズはテールマーカーですから・・・

DSCN9097

シートチューブの上端に装着。
シートチューブ・ポストの角度に合わせて上向きになってるので上下を間違えないように・・・






いっぽうボイジャーはフロントマーカーですから・・・

DSCN9094

ハンドルに装着します。







DSCN9095


DSCN9099

ご覧のとおり上部には「庇」が付いてて、走行中に眩しくないよう工夫されてるので、
こちらも上下を間違えないように装着します・・・


どちらもレンズ部ワンプッシュで点灯、次のプッシュで点滅、次のプッシュでOFFであります。
走行中でも片手で簡単に操作できるので便利ですね。


じつは、愛用していたDosun RUBY R80とゆー同様のプッシュタイプのテールマーカーを、
ベルトが外れたのか切れたのか、どこかに落としてしまったのに淡路島一周???の前日に気づき、
あわてて新しいテールマーカーを買いに行ったのですが、このセットだと単体で買うより割安だったもので・・・
ええ、フロントマーカーは自宅にいくつかあったのですが、そこは割安感に惹かれてですね・・・あははは


わたくし夜道を走ることは殆どないので、前照灯はPHENIXのP1Dを緊急用に常備しているだけ・・・
なんですが、黄昏時の人の多い歩道とかでは、前方からも視認してもらう必要があり、P1Dだと、
近づくと対向する人や自転車が眩しいでしょうし、また真っ暗なトンネルならP1Dを装着しますが、
照明のあるトンネルなら、いちいちP1Dを着脱するのも面倒な話だし・・・とも思ってましたので、
今後はフロントマーカーを常時装着しておけばいいかと・・・

ただまあ、ハンドルにフロントバッグを付けた際にはフロントマーカーが隠れてしまう場合があるので
フロントバッグ位置とマーカー位置の関係に注意が必要ですね・・・


(追記です。)
その後、失くしたはずのDosun RUBY R80が自室から出てきて(自分で外して忘れてた・・・)
マーズのほうは、今までリフレクターだけだったシルヴァF8Fに付けましたとさ。



m98k at 01:11|PermalinkComments(2)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年04月18日

自転車用ライトとか・・・

(期間限定のお知らせ)
2014春・熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。参加予定状況などを随時更新しています。


わたくし、ダホン・エスプレッソ2014を購入してからとゆーもの、堺浜なんぞで毎日乗りまくり・・・

などとゆーことは、時間的にも体力的にもめったにできませんので、わずかなヒマをみつけては、
インドアでちまちまと、いろんなものを付けたりして遊んでます・・・あは・・・暗い・・・






まずは・・・やはりライトであります・・・べひべひ

DSCN2099

左はおまけで付いてた水平4LEDライト、ま、こちらはストロボモードでマーカー専用でしょうか・・・

で、右がとりあえずミニマグ用の古いアタッチメントで装着した、ウルフアイズのT3-Ⅱであります。

公称1610ルーメン、PLJさん実測1300ルーメンでややワイドなパターン、テールキャップを廻すだけで、
4段階の明るさと2種類のストロボモードへの切り替えが一瞬でできますし、予備バッテリーを持てば、
これ一本で一晩中でも走行できるはず・・・まあ、その体力があればの話ですが・・・

ただ、この面ファスナー式のアタッチメントは、ミニマグを装着してた際にも振動でズレてましたので、
いずれ、しっかりした固定用ブラケットは欲しいところです・・・





DSCN2098

前から見たところ・・・そう、左のは4灯仕様、右のは3灯仕様なんですが・・・









DSCN2100

右のはローモードでも画像が白トビしましたので、下に向けて再撮影しました・・・あは






で、リアには・・・

DSCN2101

新潟の洞窟OFF会でalaris540さんからいただいた、青色マーカーライト・・・

ちょうど右側に見える赤色リフレクタとペアになってますね。
ま、舷灯は左舷赤色灯、右舷緑色灯が国際ルールですから、夜間水上走行はできませんが・・・







DSCN2103

こちらは常時点灯とストロボモードとオンオフが、レンズプッシュで切り替わります。







さらに、100均のバンジーコードを追加したリア・キャリアのエンド部には・・・

DSCN2106





こんなぬこさんを・・・

DSCN2105

こちらもalaris540さんから(10万アクセス祝いとして?)いただいた白色マーカーであります・・・







DSCN2107

こちらはマグネットチップで上下2LEDのオンオフ、常時点灯、数種類のストロボモードが選べます。


ま、前方は白色灯、後方は赤色灯が厳格なルールなら、赤色フラッシャーもどこかにあるはずなんですが、
リアに赤色リフレクタと、こんな白色フラッシャーを併用するのはどうなんでしょう???

(追記です。秋になって日暮れが早くなったので、高級?赤色フラッシャーをリアに追加しました。)






あとはさらに・・・

DSCN2108

今回おまけで付いてきたリフレクタや、自宅にあった100均リフレクタをスポークに装着すれば・・・

って、真ん中にある黒いリフレクタは、いったいどこに付ければいいのでしょう???
フロントフォークの付け根あたりでしょうか、でもそれだとフロントバッグと干渉しそうだし・・・




ま、これだけマーカーをチカチカさせておけば、おそらく存在には気付いてくれるはず・・・




で、さらに狙い撃ち用として・・・

DSCN2114

cinqさんから強奪、もとい気持ちよくいただいた「伝説の妖灯」ベースのヘッ電に加えて、

wingさんが強制され、もとい気持ちよく雷神仕様に換装してくれた20灯ヘッ電をば、

前頭部と側頭部に装着しておけば、視線先のターゲットも気づいてくれるでしょう。わははは



ま、これ以外にも、ハンドルの左右に雷神ランタンぶら下げてぇ、おサルの駕籠屋だ、ほいさっさとか、
L型ライトシリーズを胸廻りに装着して、さらにチェーンで繋いだMC-E仕様のデカマグ2本を首から下げ、
「あちょー!!!」とか叫びつつ、ヌンチャクさながらに振り回して走ると、これはもう・・・アブないだけですね・・・







いっぽう、こちらはすでに使用中の昼間走行装備であります・・・

DSCN2113

スナグパックのレスポンスパックとお手製のボトルホルダーをハンドルに常時装着しています。

ええ、なにせサイクルコンピュータとかタブレットとかスマホとかは持ってないもんで・・・ううっ






サドル側から見るとこんな感じです・・・

DSCN2109

このサイズでブレーキワイヤーなどと干渉せずにぴったり装着できましたが、パックについては、
サイドポケットからの出し入れ以外は、いったんハンドルから外す必要があります。

ま、両サイドのポケットにカメラとケータイを入れておけば、乗車したままでも使えますし、
残りのモノを取り出す場合はいったん下車して、スタンドを立ててからでも間に合うでしょう。




で、このボトルホルダーもボトル本体も、物置からひっぱり出してきた古いやつ・・・

DSCN2110

ダンロップの黄色いホルダーに100均ホルダーの外側部分を被せた改造ホルダーに、
ラーケンのアルミボトルを入れてあります。
ボトル容量は750cc、めいっぱいで800ccですが、けっこう傷だらけになってますねえ・・・

そういえばこのラーケンのボトルとダンロップのホルダー、決して好みの色合いではなかったのに、
特価だったのでついつい買ってしまい、苦労して外見をオリーブドラブ系にしたけど、その後すぐに、
ナルゲンの500ccボトルとミレーの(オリーブドラブ系)ホルダーを使うようになり、ずっと放置していた・・・
とゆー苦い記憶が、今よみがえりました・・・

ま、このハンドルにはこのダンロップのほうが確実に装着できましたし、やはり500ccより750cc・・・

ちなみに、ボトルキャップは最初についてたワンタッチ式(バイト式)から、スクリュー式に換装しました。
スクリュー式のほうがシンプルで軽く、かぱかぱ飲めてホルダーからも取り出しやすいですし、
わたくしは走りながらの水分補給なんかしませんでしたので、こちらで充分だったのであります。



m98k at 21:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年03月30日

ダホン・エスプレッソ2014と・・・

(当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)
(左バーにタグクラウドを表示しました。関連記事の検索にご利用ください。)



ええ、わたくしようやく、自分の自転車を更新しました・・・

これまでの愛車は、ちょうど9年前の記事で、「7年ほど前に買った・・・」と紹介している、
ブリヂストンのクロスロードでしたから、16年も乗ってたことになりますね・・・あはは

で今回は、米国ではスタートレック初期の頃から、折りたたみ式自転車専門メーカーとして知られる、
ダホンDAHONの製品・・・の中では最もマイナーといわれる、エスプレッソESPRESSOとゆーモデル・・・

マイナーといわれてるのはサイズとの関係らしく、20インチと16インチには多くのモデル展開がありますが、
26インチモデルは現在、このエスプレッソのみ・・・

このサイズの折りたたみ式は強度的にどうしても重くなるし、たたんでもかなり大きいので、
まともな自転車乗りから見ると、折りたたみ式にする意味がなく、ふつーのを分解して輪行するほうが、
はるかに軽くて快適、さらに折りたたみ式でなければ、同じ価格帯でもっと高性能なモデルがある・・・
つーことで、折りたたみ式のフルサイズ自体、あまり人気がないようです。

ええ、確かにそのとおり・・・なんでしょうが、それはあくまでまともな自転車乗りの場合・・・

alaris540さんやred-bicycleさんのように、高級フルサイズ車を用途別にいっぱい持ってて、
さらに旅のお供専用にするなら、まずは重さと仕舞寸法、次に走行性能や快適性などで選ぶわけで、
そうなると20インチや16インチモデルの中から(さらに高級なのを)選ぶのがとーぜん・・・

ところがわたくしは普段乗りのメインにするつもりなので、まずは快適に走ってくれないと・・・
つーことで当初は、ダホンならせめてミニベロタイプのダッシュP18あたりか・・・けっこう剛性もありそうだし・・・
最新の2014モデルの中では、まあP8ぐらいか・・・と直前まで悩んでたのですが・・・

ちと比較してみると・・・

仕舞寸法はダッシュP8が89×95×34、エスプレッソ(Mサイズ)が96×92×41
重さはダッシュP8が10.8kg、エスプレッソ(Mサイズ)が13.7kg

そう、仕舞寸法も重さも、P8の1.3倍程度だったのでありますね・・・
(ま、ミニベロタイプ以外なら、もっと軽くちっちゃくなりますが、なにせメインにするつもりですから、
せめてミニベロなみの快適性は欲しかったのであります・・・)

それに仕舞寸法はどちらも最大幅ですが、ダッシュP8は20インチタイヤでミニベロタイプなので、
画像で見る限り、ちっちゃなタイヤにけっこうおっきな折りたたんだフレームがくっついてる感じ、
いっぽうエスプレッソは、26インチタイヤに折りたたんだフレームがちょこんとくっついてる感じでした・・・

うーむ、これならべつにエスプレッソでもいいではないか、なにせランドナー伝統の26インチだし、
それにミニベロタイプの中では最もお安いダッシュP8よりかなりお安いし・・・

つーこともあって、さらにもともと・・・

ふつーのクロスバイクを分解して輪行・・・といっても、前輪のクイックリリースハブぐらいなら外せても、
後輪やブレーキの処理となると、わたくしの技術レベルでは何度やっても不安が残るのであります・・・

ところがこれならシートポストとフレームはクイックレバーをパチンとするだけで、ペダルは折るだけ・・・
ま、ハンドルについてはどーゆーわけか、クイックレバー式から4mmと5mmのアーレンキーで、
ふつーにねじを緩めるとゆー、ふつーの方式に戻ってましたが、ま、これぐらいなら泥酔してても・・・

そう、わたくしが今回折りたたみ式に変更したのは、出先でいつもどおりたまに泥酔した際にですね、
なんとか自転車を電車に持ち込んで無事帰還する(とゆー前提でさらに飲む)のが主目的ですから、
泥酔状態で容易に折りたためる、つーことも、ひじょーに重要だったのでありますね。げひげひ
これなら最悪、やや手間のかかるハンドルはそのままでも、なんとか収納袋には収まりそうだし・・・


ま、たまにはキャンプ用としてクルマに積むこともあるでしょうが、基本は自宅や駅からの街乗りですから、
ふつーのクロスバイクとしての快適性も重要なのであります。
フルサイズの折りたたみ式ではフレームのねじれが心配だったんですが、今年から「re-bar」なる、
トップチューブもどきが付いたので(ただしMサイズのみ)、まあこれならと・・・







と、たいへん前置きが長くなりましたが・・・

DSCN1992

ダホンDAHON・エスプレッソESPRESSO・Mサイズ・マットブラック・2014モデルであります。

てきとーに組んだのですが、どゆーわけか、まだパーツがいっぱい残ってます・・・

タイヤはシュワルベのビッグアップル26×2.0とゆースリックタイヤ・・・
同じリム径で1.0から2.3ぐらいまでは選べそうですが、段差のある街乗りならこの程度がいいようですね。

近くの河川敷の自転車道に友人を誘い、軽く走ってみましたが、心配していたフレームのねじれ感もなく、
まさにマウンテンバイクベースのクロスバイクとゆー感じで、なかなか快適でした。




DSCN1993

左が友人のダホン・ダッシュP18・・・これの廉価最新版のP8と最後まで悩みました・・・

どちらも試乗しましたが、P18は軽くてまさにミニベロそのもの、剛性もあり、魅力的ではあります。
いっぽうエスプレッソは3kg重いのですが、やはり26インチフルサイズの安定感も捨てがたい・・・

いやあ、やはり何台か揃えたくなりますね・・・じゅるじゅる

ちなみに折りたたみ画像は撮ってませんので、ダホンのホームページででもご覧ください。





とりあえず、オプションパーツとして・・・

DSCN1994

ダホン製のプラ泥除けと、ジャイアント製のアルミ荷台をセットしました・・・
この荷台にはバニアバッグ用のサイドバーも付属してましたが、まだ取り付けてません・・・
いちおー耐荷重が20kg~30kgとなってましたので、個人用キャンプ宴会装備ぐらいは積めるかと・・・

(追記です。その後、高級?自作リアボックスを装着しました!!!)





あとはダホン製のショルダー式収納袋・・・

DSCN2012

薄くてちと頼りない気もしますが、なにせ小型軽量になるのが魅力・・・


これら以外にもサイクルコンピュータなど欲しいものがまだまだあり、楽しい悩みが続きそうですが、
これは必需品!!!つーものがあったら、ぜひコメントをお願いしますね・・・生ビールサーバーとか・・・





で、ギヤは前が3枚

DSCN1996

チェーンガードが最初から組み込まれてるのが、わたくしにはありがたいですね。
前機種のクロスロードでは裾止めを忘れて、何度ズボンを破ったことか・・・ううっ

ちなみにアルミ製のセンタースタンドも標準装備でした。




後輪のギヤは7枚・・・

DSCN1995

とゆー21速シフトで、これは前機種クロスロードと同じ構成なんですが、ギヤの構成から見ても、
やはりマウンテンバイクベースのクロスバイク、つー感じですね。

まあ、わたくしきつい山道なんぞに行くつもりはないので、ここまでは要らないかも知れませんが、
緩い坂道でもすぐへろへろになって、一番軽いギヤにすることがけっこうありますから・・・うぐぐぐ



で、ベルやリフレクターとともに・・・

DSCN2006

こんなのも付いてましたが、説明は一切ありませんでした・・・







さらに今回、おまけで付いてたのが・・・

DSCN2008

小型軽量極細のカラビナ式ワイヤーキーと・・・





なんと4LEDのライト!!!・・・

DSCN2009



だったんですが・・・


DSCN2010

いちおー、「フロントライト」って書いてありますね・・・4LEDが一列に並ぶワイド設計だそうですが・・・

わたくし20LEDが並ぶワイド設計のヘッ電持ってるし・・・しかも誰かさんの手で、全て雷神に換装済みだし・・・





DSCN2017

なんかペラペラのプラ製だし、ジョイントもゴムを引っかけるだけだし・・・




ともかく自宅にあった新品単四AAA電池を3本入れて・・・

DSCN2018





いちおー点灯してみました・・・




DSCN2019

ええ、想像どおり・・・ウルフアイズT3のLOWモードよりさらに暗かったです・・・

ま、二種類のストロボモードがあるので警告灯ぐらいにはなるんでしょうが・・・

一般的な自転車のフロントライトつーのは、こんなもんなんでしょうか・・・

どーせなら、お安いサイクルコンピュータとかにしてくれればいいものを・・・うぐぐぐ

ま、とりあえずT3が装着可能なブラケットを探すことにします。

(追記です。その後、ライト類についてはたっぷりと装着しました!!!)




m98k at 00:44|PermalinkComments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年11月21日

Fox Fury wingスペシャル!!!

じつにひさしぶりのライトネタであります。

過日の駐屯地キャンプの帰り際に、わたくし、いかにもさりげに、以前名古屋のOFF会でいただいた、
Fox Furyのコマンド20ファイアーファイターエディションとゆーヘッドランプを取り出してきました。

「そうそうwingさん、たまたまこんなの持ってきたので、あんたに預けておくことにします。むひひひ」

「預けておくことにします・・・って、ひょっとして、わたしにこれをMODせよと???」

「いや、そんな厚かましいことは・・・わたくしはただ、これがもっと明るくなればいいなぁと思ってるだけで・・・げひげひ」

「たしかこれ、某cinqさんが500GSに入れ替えて、もう二度とやりません、とかいってたやつじゃ・・・ぶつぶつ・・・」

「がははは、そんなコメントもありましたかねぇ・・・ま、ともかく預けておきますので、じゃあね!!!ばいばい!!!」

「ちょっと待って・・・わわっ、危ないっ!!!」

と、わたくし水平対向エンジンの音を響かせて、そそくさと走り去ったのでありますが・・・



先々週の砲台OFF会キャンプの際に、とーとつにわたくしの手元にかえってきたのでありますねえ、これが・・・





ええ、見事に明るくなって・・・げひげひ






もともとオリジナルのままでも、近距離を広範囲に照らすには充分過ぎるぐらい明るいヘッ電なのですが、
そこはそれ、せっかくのwingさんからお申し出を無下にお断りするわけにもいかず・・・(違)


某cinqさん同様、ひょっとしてそれ以上に手間暇をかけていただいたようですが、フラッシュライトファンBBSの、
改造日記などにはまだアップされてないようなので、とりあえずこちらでご紹介・・・

とはいってもわたくし、中身のことはまったくわかりませんので、例によってwingさんからの解説コメントに期待してと・・・





じゃーん

RIMG14363

Fox Furyのコマンド20ファイアーファイターエディション、wingスペシャルであります。

右は大きさ比較用のFENIX MC-10で長さは約10cm・・・







RIMG14364


重さ160gほどのヘッ電で、単三電池4本を入れると250gほどになります・・・



RIMG14365

なんと、新品電池や電池のキャリングケースまで付いて返ってきました・・・でへへへ





RIMG14367

で、こちらが換装していただいたLED・・・

「ともかく明るくなれば・・・」といってたのですが、たしか、日亜の570GSとかおっしゃってたような・・・

ま、とーぜんキャンプでは飲んでましたし、wingさんも珍しく早寝されたので詳しくは解説コメントを期待しましょう・・・






で・・・

RIMG14369








RIMG14370

スイッチをワンプッシュするとセンターの4灯が点灯・・・わたくしの好きな電球色であります。

手元や足元を見るにはこれだけで充分・・・






さらにワンプッシュすると・・・

RIMG14371

12灯が点灯します。すべて電球色であります。

かなりの広範囲を照らすので、タープの下に吊り下げてランタン代わりにするのにも最適です。







で、さらにもうワンプッシュすると・・・

RIMG14372

20灯全灯が点灯します。外側の8灯は白色にされたたようであります。
真っ暗な夜道を歩いたりするには、このぐらいの色合いがいいかも知れませんね。






もちろん蓄光処理も・・・

RIMG14373

って、蓄光はセンターの4灯だけだったのであります。

そーいや、wingさんがキャンプでいってたな・・・

「最初の4灯が完成したとき、あとこの作業を4回も繰り返すのかと考えたら、思わずメゲました。」って・・・

わははは、人間忍耐が大事なのでありますよ・・・むひっ、むひひひっ


さて、これでランタンにもなる明るい電球色のヘッ電が手に入ったし、あとは・・・どうしようかな・・・げひげひ・・・






m98k at 21:35|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年09月10日

メリディアンキャンプ?その1

(期間限定のお願い)
アマゾン植林・苗木代公募記事はこちらです。 引き続き、みなさんのご協力をお願いします。





土日でキャンプ行ってきましたぁにっこり

で、日曜の夜は、睡眠不足でばたんきゅー、月曜火曜はお仕事や飲み会の深夜帰宅でばたんきゅー、
水曜になってようやく、てきとー画像による、とりあえずのご報告であります。




現地到着は昼前、さっそくはじめて使用するワンタッチキャノピーなるものを設営。
fd2528df.jpg
ほんとにワンタッチでしゃこしゃこ開くだけなんですねえ。
天頂部から風が抜けるようになっていて、いちおーの突風対策もされています。




で、とりあえず・・・むひひひ
990a5344.jpg





我が家にホームステイしているタイからの留学生と、うれしいことに残念なことに、
来れなくなった奥様のかわりに参加してもらった、同じタイからの留学生仲間
88e2057a.jpg
じょしこーせい二人と昼食宴会であります。ラブ





麦とホップ三本目になる頃には、川端さん一家も、ワンテンママさんとその娘さんも到着、
da70b90d.jpg

みんなで乾杯っ乾杯・・・って、川端さん、いつの間にスキンヘッドに・・・ショック


「それにしても、wingさん遅いですね。道に迷ったんでしょうか。」

「まさかぁ、国道ばっかしで、しかも一本道ですよ。」

「そうですよね、サルでもわかるキャンプ場として有名ですもんね、ここは。」

とかいってると、wingさんからメールが・・・



「道迷った」




で、ちょっと遅れて・・・にっこり  wingさんと娘さんも無事到着・・・
ae08d791.jpg
ワンテンママさんちのタープも追加して、大宴会場の完成・・・


総勢11名、うち男性はわたくしとwingさん、川端さんの3名のみ、残りの8名は、
美女びっくりと美少女びっくりばかりとゆー、素晴らしいキャンプになったのであります。




で、心配していた雨もなく、みんなで川へ水遊びに・・・
427b396e.jpg




ちょうど、ラフティング教室の午後の部が、スタートするところでした。
77be419c.jpg
「今度は娘を旦那に預けて、カヤックを持って来よう。」と、
うらめしげに水面を見つめる、ハードバイカー、ハードカヤッカーのワンテンママさん。
そんな母親の気持ちを知ってか知らずか、そっぽを向くワンテン令嬢・・・

ううっ、やはりわたくしも、ダッキーを持ってくるべきだったな・・・悲しい


まあ結局、全員ずぶ濡れになり、管理棟のお風呂に行ったんですが、
女湯は沸いてたものの、男湯はまだ冷たく、温かくなるまで浸っていたわたくし、
そのまま寝てしまい、川で溺れず、浴槽で溺れそうに・・・ドクロ





で、いよいよ夕暮れであります・・・
a3912965.jpg
奥から順に、炭火焼き肉に、本場トムヤムクン鍋に、焼き鳥・・・
ちなみに左下の留学生が装着してるのは、cinqさんからいただいたプリムスプライムライトであります。


わははは、しあわせじゃあ・・・

しっかし、美女と美少女軍団の、よくしゃべること、遊ぶこと、食べること・・・

その後、男性三人はひたすら料理の補充と、飲み物のお給仕であります。ひいひい


で、ようやくひと段落して、三人で記念撮影・・・
7f322d26.jpg
そう、こちらの記事で紹介した、二日酔いの猫さんからのガーバーメリディアンを装着して・・・

メリディアン三兄弟びっくりびっくりびっくり

うーむ、どう見ても怪しいな・・・困った


わたくしは緑、wingさんは赤、川端さんはメインの1wLuxeonにセットしたのですが、
明るさのバランスを考えて、メインを下に向けているのはさすがであります。


ちなみに、左に吊るしてあるのは、今回デビューのEX-777XPであります。
やはりカバーを外して、このように上から吊るすのが正解でした。
夕暮れから、わたくしがおしっこに起きた四時頃まで、10時間ほど点灯していたのですが、
光量はほとんど変わりませんでした。いやあ、これなら実用性は充分であります。


んで、お二人のアップ画像なんぞも・・・
34016813.jpg


うーむ、ますます怪しいな・・・困った

おっと、画像が倫理コードに・・・もとい枚数制限に・・・

次号に続きます。





at 22:55|PermalinkComments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年08月28日

ガーバー メリディアンを!!!

期間限定の・・・いっぱいありますが・・・すいません

(お知らせ)
本日より、コメントの並び順を、古いものからに変更しました。やっと順を追って読むことができるようになりました。まる

(お詫び)
一部のみなさんに、hi5からの案内メールが送信されたようです。大変失礼しました。
わたくしがhi5登録の際に、「アドレスで友達を探す。」とゆー機能をONにしてたようで、
もちろん、無視していただいても結構ですし、参加していただいても特に問題はないと思います。

(お願いとお礼。)
アマゾン植林ツアー・苗木代公募記事は、こちらです。
応募期限は年内ですので、引き続き、みなさんのご協力をお願いします。
すでにご応募いただいたみなさん、多大なご協力をありがとうございました
みなさんの苗木をアマゾン河口に植えるのは、来年2月の予定です。



で、とーとつに記事本文になりますが、わたくし、

ガーバーGERBERのメリディアンMERIDIAN

とゆー、ヘッドランプをいただいてしまいました。


あの、自作アルコールバーナーで有名な、

二日酔いの猫さんからでありますびっくりびっくりびっくり



じゃーん
9b8a44c2.jpg



しっ、しかも・・・


bc92af1c.jpg

みっつもびっくり



じつは、これがわたくしの手元に届いたのは8月のはじめ、
このサイトの30万アクセス記念に、とゆーことで太っ腹にも三個まとめて・・・

えっ、ちがうんでちゅかショック

どーも二日酔いの猫さんからのメールによると、
まずこれを、お世話になったwingさんと川端さんにプレゼントしたいと・・・
で、98kさんも、ついでとゆーか、いちおー30万アクセス記念でもあるし、
みっつ送ったうちのひとつをあげますから、何かの機会にあのお二人に、
ひとつずつ渡してほしい、と、ゆーことだったのでありますが・・・

ふっふっふ、甘いな二日酔いの猫さん・・・ドクロ

もうすぐ九月とゆーのに、これは未だにわたくしの手元に・・・げひげひドクロ

わたくしが、いったん手に入れたものを手放すような、
そんな軟弱な人間だとでも思われていたのでしょーか。げひ、げひひひドクロ

まあ、みっつ持っててもなんなので、あのお二人には・・・
法外な値段で売りつけてやることにしようっと・・・むひひひひドクロ




で、みっつもいただいてしまったヘッドランプのご紹介であります。にっこり

5230b1ed.jpg

cbc5037e.jpg

このヘッドランプの特徴は・・・最初の画像にある台紙の説明の直訳ですが、

・30ルーメンの1w(Luxeonなんでしょーね)LED、
・夜間視力を保護する(暗順応しやすい?)赤色LED、
・獲物を驚かせない?緑色LED、それぞれの切り替えができ、
・五秒の長押しで赤色LEDがSOSモードになる、
・バッテリーパックがセパレート式で後頭部に、
・安定性を高めるオーバーヘッドストラップ付き、

とゆー、単三電池三本3AA駆動のヘッドランプであります。
ちなみに、台紙の裏には、連続点灯100時間、と書かれてあります・・・ショック

最初の画像の右下にさりげに書かれた、
AA=LOW OPERATING COST、とゆーのは、たしかにうれしい限りであります。にっこり

ガーバーにしては、レンズのキズもあまりないし、
このデザイン、好みの分かれるところでしょうが、わたくしは好きであります。

ただまあ・・・
e1cdb470.jpg
左の黄色いスイッチが1wLux用、右のグレイの小さいスイッチが赤と緑用であります。

メインの黄色いスイッチが下側に付いている、とゆーのはいいのですが、
普通のボタンスイッチよりは、やや押しにくいかな、と・・・
特にちっちゃいグレイのスイッチは、装着したままの手探りだと慣れが必要でしょう。
まあその分、誤点灯は少なくなるのでしょうが・・・けっこう固いし・・・

それと、いかにも「黒プラスチックそのままでっせえ」とゆーボディも、
好みの分かれるところでしょうね。これもわたくしは嫌いではありませんが。

ともかく、夜の動物観察などには最適、とゆーことは間違いないですね。

もちろんこんなの持ってなかったので、よろこんで奥様に説明したのですが・・・

うちの奥様、最近は夜の動物や昆虫の観察会にもよくお出かけになられてますので、
まあ、奥様がいちばんよろこんでいる、とゆー次第であります。にっこり



で、

以前、洞窟OFF会でcinqさんからいただいた、プリムス プライムライトのトレックとゆーモデル
これが同じく3AAで1wLux駆動とゆーヘッドランプなので、久しぶりの照射比較VSであります。


じゃーん
1321ec1c.jpg
左が、今回二日酔いの猫さんからいただいた、ガーバーのメリディアン、
右が洞窟OFF会でcinqさんからいただいた、プリムスプライムライトのトレックであります。

プリムスのトレックは、近距離用に強弱切り替えのできる5mmLED6灯が付いてますので、
メインの1wLuxは、遠距離専用にかなりスポットになってるのがわかりますね。
いっぽう左のガーバーのほうは、かなり広範囲をフラットに照らしてます。
ちなみにプリムスはスムースリフ、ガーバーはコリメータレンズのようであります。

やはりヘッドランプも、目的に応じていくつか必要だということでしょうか。

で、それを二種類も、いただきもので揃えられたとゆー・・・

ああ、わたくしはなんとゆー果報者なのでありましょう。げひげひげひチュー




あっ、ちなみにこのガーバーのバッテリーパックのふた、
ee1c625d.jpg
柔らかいゴム製、アタマに当たる表面部分にはよっつの大きなコブつきで、
べったりとアタマにゴムが密着しない工夫がされているのであります。

で、ヘッドの角度調節は無段階、固さはねじを締めて調節、とゆータイプで、
ねじはコインで廻せるようになっています。
ちなみにプリムスのトレックはカチカチとクリック式、ねじ調整の必要はないのですが、
こちらは何度もやってるとプラのギザギザが磨滅しそうで、どちらも一長一短ですね。

いずれにしても、

これで我が家の最新ヘッドランプは、いっきに二種類四個に・・・

わははは、ありがたいことであります。

あらためまして二日酔いの猫さん、ありがとうございました。

あっ、くれぐれも、あのお二人にはこの記事のことはご内聞に・・・

えっ、もう何度も連絡とりあってるってショック

こっ、これはこれは、wing様、川端様、じつは二日酔いの猫さんから、
素晴らしいプレゼントをお預かりしておりまして・・・

いやいや、すぐにお渡ししようとしたのですが・・・
その時偶然、信貴山にUFOが現れまして・・・

いやあ、エイリアンとのコンタクトに大量のメリディアンが必要で・・・

ごにょごにょごにょ・・・崖の下のぽにょぽにょぽにょ・・・もごもごもご・・・






二日酔いの猫さん
ありがとうございました。ご紹介が遅くなりましたが、大切に使わせていただきます。
お二人には、九月にお会いする予定ですので、その時に渡し・・・ま・・・以下省略チュー







at 01:30|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年06月22日

プライムライトと・・・

えーっ、またまた恒例の、いただきものご紹介であります。
うれしくて、文字色もほんのり桜色に・・・ひひひひ

過日、新潟で行われた懐中電灯好きの洞窟OFF会に参加したわたくし、
いろんなものをいただいて帰りました。


で、その第一回目・・・



じゃーん
136a7251.jpg

cf6c95a0.jpg
今回cinqさんからいただいた、PRIMUSプリムスのPrimeLiteプライムライトであります。

プライムライトシリーズの中では、最高級グレードからリモコンと赤色LEDを省いた、
もっとも実用的なグレードで、発売当初、わたくしが買うならこれ、と決めていたグレードであります。まる

日亜の5mm玉6灯にLux1wタイプが1灯・・・であろうと思われますが・・・
わたくし、詳しい中味はまったくわかりません・・・ううっ

ヘッド上部の白ボタン、片方が電源スイッチ、もう片方がモード切り替えスイッチで、
押す度に、6灯弱点灯→6灯強点灯→Lux1w点灯→6灯強点滅、に切り替わります。
単三電池三本3AAを納める電池ボックスが後頭部に付き、
頭頂部のバンドも付いた本格的なヘッデンであります。


ちなみにcinqさんは、わたくし以外の五人にも、それぞれ相応しいプレゼントをされてました。
じつはわたくし、新潟へ出発する前の、こちらの記事に、へッデンを持ってないと書いてたのですが、
cinqさん、ちゃんと読んでてくれてたのね・・・ありがたやありがたや・・・ラブ

なんでも、「LEDを換装しようとしたけど、分解できなかったので使って下さい。」とのことで、



cinqさん、これからも、

分解できない高級品をどんどん買ってね。
むひひひチュー




まあ、わたくし今回の洞窟進攻には、Lux3wに換装済みのL2P(wingさんからのいただきもの)を、
ミニマグ用のヘッドバンド(ちなみにウッドランドカモですが・・・)に装着してたのですが、
キャンプ宴会や夜の山道歩きとかには、こちらが最適かもしれませんね。
グラつかないし、なによりもプリムスブランドとゆー信頼感がありますし・・・
いやあ、ありがたいいただきものでありました。


で、みなさんとダベってて、たまたまカモフラージュパターンのお話になったとき、
確か森のプ~さんだったと思いますが、

「そういえばcinqさん、カモフラージュパターンのケースをお持ちでしたね。」

「ああ、これですか。」と、さりげに出してこられたのが・・・

じゃーん
f58e15bf.jpg

3bbd42fa.jpg
Mag Instrument社純正、リアルツリーカモのミニマグ用ケースびっくり

「こっ、こんなのあるんですねえ、はあはあはあ、じゅるじゅるじゅる汗汗汗

「あっ、あげますから、畳にヨダレを垂れないで・・・」


とゆー次第で、これもいただいてしまったとゆー・・・すいません


で、cinqさんからは、他にも越乃寒梅と雪中梅とゆー、超高級銘酒を差し入れていただき、
わたくし、しっかりと衣類でくるんでクルマに積んで帰ったのでありますが、
大阪の実家に着いて、荷台から下ろそうとした、まさにその時・・・



いきなり背後から、

「何者か」に、「鈍器のようなもの」で襲われ、

それっきりになってしまったのであります。


註1  「何者か」・・・現場には二人しか人影はなく、一人は日本酒に目がなく、もう一人は殆ど飲まない。にっこり
註2 「鈍器のようなもの」・・・たとえば大型のマグライトとか・・・にっこり






まあ、これからも「仁義なき大阪抗争」は当分続きそうであります。にっこり




とっ、ともかく、
cinqさん、高価なものばかりどっちゃりと、
ほんとにありがとうございました。すいません






追加の感謝P.S.
今回、わたくしが洞窟に持参したのは、上述のFENIX L2P wingスペシャルと、
ストリームライト・サイクロンのプ~さんスペシャルでしたが、
プ~さんから、
「このサイクロンのMODは、いまいち気に入ってないんですよね。
なんなら、TOMOさんのサイクロンに仕込んだコンバータがひとつだけありますので、
換装しておきましょうか。ダミー電池使わなくとも4AAで使え、ランタイムがよくなって、
明るさも少しは・・・それにいろんなモード切り替えもできますよ。」
との申し出があり、わたくし二つ返事で何の遠慮もなく、
「それはそれは、ぜひ・・・むひひひ」
と、洞窟を出てすぐに、何度か落として泥だらけのサイクロンと、
エクスパック料金だけ渡して、新潟を後にしたとゆー次第なのであります。

さっそく翌々日に、送っていただいたのですが、これが面白いのなんの・・・
詳しくはTOMOさんの記事にありますので省略しますが、
あらためまして、森のプ~さん、ありがとうございました。

TOMOさんや、
これでそちらのサイクロンと同グレードになりましたぞい、げひげひ
今回、洞窟で実戦投入しましたが、超ワイドな照射が、足元から天井まで照らし、
しかもセンターが、そこそこ遠くまで進行方向を照らしてくれるという、
まさに洞窟にはうってつけの使い勝手でしたよ。
ぜひ、そちらでも、洞窟で試されてみては・・・
万一閉じ込められても、数日間は500GSのバックアップがありますし・・・
ああ、そちらもこちらも、奥様に閉じ込められたら、脱出不可能か・・・ドクロ




at 21:50|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年04月19日

無人島オフ会レポートその2

えーっ、川端さん主催の、無人島オフ会レポート二回目であります。

幾多の困難を乗り越え!第4砲台跡を探検したみなさんに、わたくし、
「海岸に下りて、海に向かって叫ぼうじゃありませんか!」と提案しました。
そう、青春の一頁を飾る良き思い出として・・・
ま、その時は、キャンプサイトまでの登りがつらかっただけなんですが・・・

で、海岸線に出てみると、みなさん・・・
67f1d398.jpg

「おおっ、あんなところに重そうなバッグが!ひょっとして札束が?」とwingさん

「こいつを磨けば、充分使えそうだぞ!」とnobさん

「このヘルメット、まだまだ使えるなあ・・・」と川端さん

そしてひたすら自転車部品(たぶん)を探す、alaris540さん・・・

ぶるじょわなはずのTOMOさんまでが、
「98kさーん、サザエの殻がいっぱいですぞ!探せば喰えるのがあるかも!」と・・・

ビーチコーミングとゆーか、なんとゆーか・・・

なんでそんなに目の色が変わるねん!

いやあ、懐中電灯マニアの、不都合な真実を見てしまいました・・・ショック

で、海岸からのすごい標高差を、決死の覚悟で登り、
なんとかキャンプサイトに帰還して、さっそく宴会の再開であります。
7129df36.jpg
ライト談義に花を咲かせつつ、ひたすら暗くなるのを待つマニアたち・・・

6bea164b.jpg
やがて、我々だけの島に夜の帳が・・・


de51ca65.jpg
ひたすら呑む者、食べる者・・・


3ce6789f.jpg
いっ、いつのまにか、テーブル上は、わたくしの持ってないライトに占領され・・・

48e07ba2.jpg
alaris540さん、結局このラガーを飲んだのは、わたくしです。すいません


わたくしが完全に泥酔状態になったところで、川端さんが、

「さあ、そろそろ第3砲台跡に出発しましょうか。ひひひひ」

げげっ、ほ、ほんとに行くのかっ、もう天地の境目もなくなってるぞ・・・

みなさん、はじめは最後尾で最貧弱装備のわたくしを気遣ってくれてたようですが、
やがて、かすかに届いていたHIDの光も見えなくなり、
はるか山上の闇の中から、

「ひっひっひ、どうやらうまく巻いたようですね。」

「これで心置きなくライト談義ができますね、よかったよかった。」

といったひそひそ話が、聞こえてきたような、こなかったような・・・泣く

しかし、真っ暗な山道にひとり取り残されたわたくしには、
キャンプ宴会のおしっこ用に、いつも帽子に付けているTM-303Xが・・・

「でもなんか暗いなあ、そういえば、ずっと電池替えてないものなあ・・・ううっ」

「そうだ、今回は、最近EDCにしてるP1D-CEをミニマグ用ヘッドバンドに着けてたんだ!
すっかり忘れていたぞ、えっと、ハイモードにするには・・・
ううっ、アタマに着けたままだとヘッド廻しにくいなあ・・・
とりあえずアタマから外してと・・・わわっ、落としちまったぞ、ど、どこだ?」

ぐるぐる廻る山道(廻っていたのは自分か???)で悪戦苦闘しながら、
必死で砲台入口の将校用宿舎跡にたどり着いたわたくしが、
朦朧とした意識の中で見たものは・・・





97ca675f.jpg

光の集団でありました・・・

そしてその瞬間、脳幹に直接、未知との遭遇のあのフレーズが飛び込んできたのであります。

や、やはり彼らは・・・地球外生命体???




ハードな登りで、かなりアルコール分を発散させたわたくし、
TOMOさんから、ストリームライトのKL-3をお借りしたりして、
みなさんと砲台跡探検を楽しんだのでありました。
e96d5025.jpg


6bf38558.jpg



それにしてもみなさん、夜の探検にはすごいライトをお持ちでしたねえ。

ちなみに本邦初公開の、自転車用ヘルメットを脱いだalaris540さんの素頭であります。
4085bfd1.jpg

ほ、ほんとに地球人なのかっ???

(以下次号)




at 00:01|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2006年05月15日

ヘッドサイドライトと・・・

4daf51f4.jpg

キャンプいただきものシリーズ第四弾は、G3さんからいただいた、
コンテック社の「ヘッドサイドライト」であります。
いただいたときには、ちゃんと左上にプレゼント用のリボンが・・・風でとんでしまったけど・・・

この箱絵をようく見てください・・・下の三人ではなく、中央の帽子を被った画像の帽子に注目・・・
困った

困った

困った

困った


このモデル・・・
困った

困った

困った


じつは、わたくしなのであります!

1f9c4563.jpg


ま、たまたま、箱絵と同じ帽子を持ってたとゆーだけの話なのですが・・・にっこり


重さ約50g、LR44電池3個で24時間連続使用できるとゆー、ヘッドホン型のヘッデンであります。
a2bf1688.jpg

イヤホンみたいな突起がついてますが、音楽は聞こえてきませんでした。うぐぐぐ


こんなシールが貼ってあるだけに、けっこう明るいです。
51d45f24.jpg



Arc-AAAカモと比較しても、近距離なら遜色はありません。VS
0a695b66.jpg

右がヘッドサイドライト、左がArc-AAAカモであります。


わたくし、G3さんがキャンプに来られたときも、FENIXのLOPを口に咥えて、キムチチゲを作ってたのですが、鍋を覗き込みながら、材料を投入していくため、その都度大量のヨダレが鍋に入ります。

LOP以前はパトプロ、その前はミニマグでしたし、たまにサイクロンを咥えたときなんか、
鍋の汁よりわたくしのヨダレのほうが多いとゆー・・・じゅるじゅる汗

ま、それを見ていたG3さんが、

「あっ、あのう、これを差し上げますので、お使いになられては・・・」

と、提供してくださった次第なのであります。チュー

「やっ、これはどうも。まずはこちらの大阪鶴橋、黄さんのキムチ、これは鍋に入れる前にそのままで食べてみてくださいね。じゅるじゅる・・・」

「わっ、キムチにも大量のヨダレが・・・98kさん、まずLOPを口から離されては・・・」

「おおっ、これは失礼しました。このアルミの味がたまらんのですが・・・じゅるじゅる・・・」

G3さん、食欲がなかったのでしょうか、ずいぶん少食でしたねえ???

ちなみに翌朝、ドロドロで酸っぱくなったキムチチゲの残り汁でおじやを作ったのですが、
G3さん、作る前にそそくさと帰っちゃいましたねえ。アレ食べさせたかったのに・・・
見た目も匂いも、ゲ○そのもので・・・ぐえっ


G3さんからはこんな差し入れもいただきました。
932152df.jpg

わざわざ尾鷲のオークワで買ってきてくれたんですね。
尾鷲に「開拓農協」なんてあるんですねえ、知りませんでした。
じつは甘夏、わたくしの母親の大好物だったようで、
「はじめてみやげに買ってきてくれた。ううっ」と泣き出さんばかりに・・・
いやあ、久しぶりに親孝行ができました。いただきもので・・・

これだけでワンパックなんですが、わたくしの仲間の分まで大量のパックを・・・

ありがとうございました!

それから・・・

ビギナーズラックさん(今は川端さん)からもらったあの壱億円札!

銀行では両替してくれませんでしたぁ
あれって、ガムだったんです。ううっ
dc410fb6.jpg

それにしてもでかいっ
今度、みんなで噛み噛みしましょうね、
それまで預金しておくことにします。
利子はつくのかっ・・・

at 00:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月04日

ナショナルヘッドランプ BF-182

IMG_0023_2

このカテゴリーのはじめてのご紹介は、お約束の!
BF-182であります。

フィラメント球が黒く煤けているのがおわかりでしょうか?
最後の予備球を使い果たしてから、すでに幾星霜・・・悲しい

こちらも十ん年前に、「小さくて軽くてかっこいい」ヘッドランプが欲しくて、大枚をはたいて
買ったものです。

そういえば、以前NHKのプロジェクトXで、日野レンジャーのパリダカ制覇を放映してましたが、
ドライバーもメカニックも確か全員、このタイプを装着してたような気がします。
一回目一台の挑戦で完走、四年後に二回目三台でエントリーしてワンツースリーフィニッシュだったんですね。
いやあ知りませんでした。すごいぞ日野レンジャー国旗祝

最近は球切れのないLEDのヘッドランプが主流で、日本フラッシュライトチャンネルでも最新の機種が話題になってますが、・・・って今コピーしにいったら、もうこのブログを紹介していただいてるじゃないですか!

こりゃ急いでアップしないと・・・まだリンクの仕方もわからないし・・・トラックバック?なんじゃこりゃ?ひ、日野レンジャーか!

BF-182の続きは、そのうち追記とゆーことで・・・


at 02:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック