ポール・ストック

2013年06月17日

しあわせOFF会で・・・

過日、「しあわせOFF会」に参加してきました。

なんとなく胡散臭そうなOFF会の名称ですが、集まったのはいつもの関西のライト好き仲間・・・

いちおー、神戸にある「しあわせの村」のキャンプ場でやったので、「しあわせOFF会」なのであります。




ただ、わたくしの仕事の都合で金曜日からになったため、みなさんはお仕事なんぞを済ませてからとなり・・・

RIMG15580

二時過ぎに到着したわたくしは、とーぜん一番乗り・・・









週末は予約で一杯になるキャンプ場だそうですが、梅雨時の金曜日だけあって、我々以外はひと組だけ・・・

RIMG15582

雨天を予想して、宿泊6人用(日帰り8人用)とゆー大きな常設テントを借りていたのですが、受付で、

「泊るのは4人なんですが、約一名、いびきがうるさいのがおりまして、できれば遠くに隔離したいのですが・・・」

とお願いして、少し離れたところにケシュアテントを拡げ、荷物なんぞは常設テントに放り込み・・・




RIMG15584

まずは一人宴会であります。






で、そろそろハーフ&ハーフにして二杯目を・・・

RIMG15583

と思っていると、三時過ぎにはwingさんがお見えになりました・・・










RIMG15590

お約束の銀河高原ビールとともにやってきた・・・その手前がwingさん・・・








RIMG15589

いやあ、遅れて・・・ごめんねこ・・・



じつはwingさんと合流後、買い出しに行ったスーパーでガチャガチャの前から動こうとしないwingさん、
なんでもリオさんから、とあるガチャグッズの買い占め指令が出ているとかで、そこは、ま、てきとーに・・・





で、かぱかぱ飲んでると、すっかり暗くなってしまったのですが・・・

RIMG15593


まだred-bicycle(赤チャリ)さんと川端さんは来る気配がなく、ビールとビールもどきの空き缶が増えるばかり・・・






で、仕方なく、熊野とーとつキャンプでデビューしたスモークをば・・・

RIMG15594

但馬屋のソーセージなんぞをスモークして、わたくしはwingさん持参の銀河高原ビールをかぱかぱ、
wingさんはわたくしの持参した麦とホップをちびちびと・・・




「うーん、コメントでお約束のスモークとビールもどきも出たことだし、ほれ・・・」

と、wingさんがわたくしに投げてよこしたのは・・・な、な、なんと・・・

RIMG15611




RIMG15610


RIMG15609


そう、前々回記事のコメント欄でおねだりしていた、カメラ用一脚をタープ用ポールに使う際の「ねじカバー」!!!

削り出しで作ってくれてたようで、さすがキャンプ好きのwingさん、ポール用の石突きとしてぴったりの形状・・・

「ほんとはこの上から、なにかハズカシイものを被せたかったんですが、てきとーなハズカシイものがなく・・・」

「それなら、さっきの「ごめんねこ」のどてっぱらに風穴をあけてですね・・・」

「そんな可哀そうなことはできません、だいいち部分的なカバーにしかなりません・・・」

「うーむ、石突きとしては最高だけど、カメラボディの底があたる部分が土とかで傷だらけになるのもなあ・・・」

「って、どーせカメラ用一脚なんかには使わないくせに・・・ぶつぶつ・・・」

「わははは、ま、それはそれ、これに被せるフルカバーも心に留めておくよーに・・・げひげひ」

「ったく、なんて厚かまししい・・・そーいや、cinqさんからも最近また何か強奪してましたね。」

「そんな人聞きの悪いことを・・・ま、これがcinqさんの妖灯です・・・いいでしょ、むひひひ」

「うーむ、よくできてるなあ・・・でもこんな複雑なモード切り替え、あんたにゃ無理でしょ、これはわたしが・・・」

「わわっ、待てい・・・」



とか、広いキャンプ場で、ほとんど二人きりで遊んでると、やがて仕事を終えた赤チャリさんが到着・・・



「ほうほう、これがwingねじカバーを装着した一脚ですか・・・どれどれ・・・」





RIMG15602

「きぇーいっ!!!」


って、一脚って、そんな風に使うもんじゃない・・・





で・・・

RIMG15601

ええ、右のソウルマッコリがwingさん、その左の・・・





RIMG15600

いかにも甘そうな「つぶつぶいちごミルク」が赤チャリさんのドリンクであります。








RIMG15595

彼が来て、ようやくOFF会らしくなったんですが、この時点で川端さんがまだ仕事中だったそうで、
やがて「今回はあきらめます。」とのメール連絡が・・・ううっ、残念・・・





ま、仕方がないので・・・

RIMG15596

タコのスモークとか・・・








RIMG15598

リオさんオススメの、とゆーより、リオさんによると「往年のチェリオグレープ味」のスパイラルグレープとか・・・

ま、わたくしやwingさんには、矢作川OFF会でしぶーのさんからいただいたサルミアッキに近かったな・・・






RIMG15599

ちーちくやウズラの卵のスモークとか・・・


日付が変わってからは、さすがにお腹がくちくなってきて、真っ暗なハイキングコースを照射散策・・・

目のいい赤チャリさんがヒメボタルを何匹か見つけたのですが、さすがに画像には撮れませんでした・・・



で、照射散策から帰ってみると・・・

RIMG15597

ソーセージが、見事なドライソーセージになってたりして・・・ううっ



と、この日のわたくしは三時前に就寝、常設テントの中では、赤チャリさんがベッドを組み立てる音が延々と・・・



で、翌朝、ようやく三人が起き出した頃に、なんと川端さんが到着!!!

シュークリームとコーヒー(赤チャリさんは紅茶)でまったりした後は、朝シャワーを浴びてきた川端さんを残し、
しあわせの村にあるジャングル温泉へ・・・


その後は、これまたしあわせの村名物のハンバーガーで早めの昼食・・・

RIMG15604

ハンバーガー通の川端さんによると、「あまりにも叩かなさすぎ」のパテらしいですが、
わたくしには、いかにも肉っ、とゆー感じでおいしかったです。




で、最後は・・・

RIMG15608

クマモンたちとお別れし、一足先に帰宅したのですが、みなさんは翌日の日曜日もお休み・・・

はてさて、土曜日の夜は、どこで照射してたのでしょう・・・



それにしても今回のしあわせOFF会・・・




じつにしあわせじゃったあ!!!




いつもの三人のみなさん、今回もお世話になり、ありがとうございました。

で、次回は??? げひげひ・・・





m98k at 01:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年06月05日

モノポッド!!!

いきなりモノポッドであります。

モノポッド・・・そう、撮影用に使う一脚であります、ええ・・・一般的には・・・




じゃーん

RIMG15547

今回購入したのはサンワサプライのマルチスタンド(一脚)とゆーやつ、しっかりしたケース付きでした。





RIMG15548

4段式で170cmまで伸び・・・





RIMG15549

収納時は54.5cmとコンパクト、ちなみに本体重量は360gほどでした。(ただし自由雲台は別売り)







RIMG15551

RIMG15552

耐荷重は3kgまで、デジタル一眼レフだってビデオカメラだって装着することができるのであります。


スローシャッター時に限らず、ブレのないきちんとした画像を撮ろうとすると、三脚(トライポッド)が必須ですが、
しっかりした三脚は重くて嵩張り、たとえ小型軽量タイプでも、拡げるとけっこう他人迷惑なものであります。

また、手持ちで重いカメラを構え続けてると、やがて手がプルプルしてきて、ストラップで肩も痛くなってきます。

そこで、軽くて拡げる必要がなく、しかも気軽に移動できる一脚の出番となる・・・のでありますが・・・


わたくしデジタル一眼レフやビデオカメラなんて持ってないし・・・




そもそも、きちんとした画像を撮るつもりもない・・・





???





だったら何故、この期に及んで、モノポッドなんぞを購入したのでありましょう???








そう、わたくしこれを・・・



タープ用ポールとして購入したのであります。げひげひ


だってタープ用アルミポールより安かったんだもの・・・むひひひ





石突きだって・・・

RIMG15554





ちゃんとスクリュー式になってて、硬い岩場でも安定しそうだし・・・

RIMG15555






長年愛用のモンベル・モノポールシェルター用のポールと組み合わせると・・・

RIMG15563

軽量なアルミ製メインポール×2のシステムが完成するのであります。ぬははは


じつは過日のとーとつ熊野キャンプの際に、wingさんがヘキサタープとともにアルミポールも新調されてて、
それを強奪しようと、もとい、わたくしも軽いポールが欲しいと、それ以来思ってたのであります。


ソロキャンプ宴会やツェルト用なら、ウォーキングストック(トレッキングポール)を使えばいいのですが、
ふつーのストックはせいぜい145cm程度まで、わたくしのBDディスタンスFLは最長で125cmであります。

ところが、担いで行く多人数キャンプ宴会用タープには、最低でも170cm以上のメインポール×2が欲しい・・・

つーことで、今回の選択となった次第。

なにせケシュアのタープに付いてたスチールポールよりかなり軽いし、単体のアルミポールより安かったし・・・



ただ・・・



ウレタングリップが付いてて、ストックとしても使えるのはいいのですが、グリップの天頂部には・・・

RIMG15556

カメラ固定用のねじが付いています。

うーむ、これではまるでカメラ用の一脚ではないか・・・あっ、これ、カメラ用の一脚か・・・あははは

タープ用ポールとしては、上部が細い方が安定しますし、三枚前の画像のように底部の石突きを隠して、
タープのラインを隙間に固定すると上にすっぽ抜けないので、天地を逆にして使うことになるのですが・・・

そうなると、このカメラ固定用の天頂ねじ部分が、地面にめり込むことになりますね・・・
ちなみに天頂部にキャップの付いたやつもあったのですが、なにせお値段がハネ上がり・・・ううっ





で・・・

RIMG15561

とりあえず、八角ナットを着けておくことにしました。

ステンレスかプラの袋ナットが欲しかったのですが、1/4インチねじの袋ナット自体、コ○ナンにはありませんでした。
(どなたか持ってたら、次回OFF会でちょーだいね!!!)

まあこれでも、ねじ山だけはガードできそうですが、一脚として使う場合にカメラと接する台座部分が、
このままでは傷だらけ、泥だらけになってしまいますね・・・ううっ

ここはやはり、グリップの天頂部だけでも、すっぽりと覆うようなキャップが要るなあ・・・

と、椅子の足キャップやシリコン製ボトルオープナー、空き瓶やスプレー缶のふたなど、ほどよい径のやつを、
いろいろと物色したのですが、浅いとズレそうだし、深いと大層になるし、まだ見つけることができません・・・

どなたか、いいアイデアがあったら教えて下さいね・・・ぺこぺこ

(追記です)
コメント欄にあるとおり、wingさんに「次回OFF会までに・・・」とかお願いしてたら、ほんとに持ってきて下さいました。



m98k at 12:50|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年12月29日

BlackDiamond ディスタンスFLを!

BlackDiamond  Z-POLE SERIESのディスタンスFLをやっと購入しました・・・





じゃーん

RIMG6641



RIMG6642

そう、いわゆるトレッキングポール、ウォーキング用のストックであります。

仕舞寸法は実測で約37cm、重さは左右ペアで445g、小型軽量を最優先したポールなのであります。








某レキなどに代表されるような一般的な伸縮締め込み式の固定ではなく・・・

RIMG6644

中に通したラインにテンションをかけることによって固定する折りたたみ式で、これだと締め込み用のパーツが不要、
中仕舞いによる重なり部分もないので、より仕舞い寸法が短く、軽量になるのでしょうね。





よく似た方式のやつでは、wingさんがお持ちの、モンベルのコンパクト・フォールディングポールとゆーのがあり、
これよりさらに短くなるのですが、115cmと125cmの二種類で、長さ固定式のモデルであります。

ディスタンスには固定式もありますが、このFLとゆーモデルには、ブラックダイヤモンド独自の伸縮システム、
フリックロックシステムが最上段のみに付いており、これで20cmまでの長さ調整ができるのであります。

RIMG6645

こちらがフリックロックシステム、ぱちんと締めるだけで固定する、三脚に使われているのと似たシステムです。







今回わたくしが購入したのは、105~125cmサイズですが、ほかにも95~115cmと115~137cmサイズがあります。



RIMG6646



RIMG6647

まあ、このフリックロックシステムが付くことによって、ペアで100g近くも重くなるわけで、ご覧のとおり、
20cmといえばせいぜいグリップひとつ分、FLなしのディスタンスシリーズは、その分グリップも長いですから、
この程度なら、持つ位置を変えるだけでも済む話・・・なんですが・・・

わたくし、トレッキングポールはシェルター用ポールとしても使いますので、長さ自体を調整できるのが欲しかった次第・・・


ただまあ・・・これは購入してから気づいたのですが・・・

わたくしがシェルターポールに使うのは、今はいずれもモノポールタイプのやつばかり・・・

それなら、二本を継ぐ際に調整すればいいので、別にポールそのものの長さを調節する必要はないわけで・・・

ううっ、ふつーのディスタンスにしておけばよかったか・・・軽いし、お値段もややお安かったし・・・

いやいや、やはりここは二本ポールタイプのゴーライト・シャングリラ1なんぞを購入してですね・・・


と・・・


これを本末転倒とゆーのでありますね・・・ううっ










ごーじゃすな羨望P.S.

これを購入したのは、川西池田駅前の好日山荘であります・・・
そう、過日の廃線OFF会の帰りに、10%OFFにつられて、思い切って購入したものであります。

その際に、川端さんもこれを購入され、さらにファイントラックのツェルトⅡも同時購入されてました。
わたくしも以前から欲しいと思っていた、透湿性コーティングが施された高級軽量ツェルトザックであります。

うーむ、まさにぴったりの組み合わせですねえ・・・

一般的な三角型ツェルトの外付けポールとしてトレッキングポールやスキーストックなどを代用する際には、
ポールの角度とラインの長さで張りを調整するのですが微調整が難しく、張った後の弛みへの対処でも、
いちいちラインの長さを調整するのは面倒なもの、その点、伸縮式のポールなら便利なのであります。

さらにモノポール式のシェルターやゴーライト・シャングリラ1、2などの内付けポールタイプになると、
周囲をペグ止めしてから、最後に中でポールを立てるので、立ててから調整できるのは決定的に有利なのであります。

それに、固定式はグリップが長めのものでも、急な登りで下部に持ちかえるとストラップは使えませんし、
まあ少々重くなっても、登りと下りである程度の調節ができるものを選択した、とゆー次第であります。

それにしても川端さん、ファイントラックのツェルトにブラックダイヤモンドのポールとは・・・

じつにごーじゃすな組み合わせですねえ・・・遭難した時には入れてね!  じゅるじゅる



m98k at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年08月16日

モノポールテントMP2

前回記事のケシュアテント購入に前後してですね、じつはわたくし・・・

キャンパーズコレクションから最近発売された、モノポールテントMP2とゆーのも購入していたのであります。




ええ、きっぱりと・・・




「ええ、きっぱりと、って、まだテント買ってたの? 

昨日ひとつ届いたばかりなのに、しかも、

めったにキャンプ行かなくなったのに、きいーっ」



「いっ、いや、昨日届いたのはポップアップテントなわけで、

これにはまた別の目的があってですね・・・わっ、わわっ・・・

ま、まあ、落ち着いて聴きなさいってば・・・(汗)」






こほん


わたくし、モノポールタイプとゆーか、ティピータイプとゆーか、一本ポールタイプのシェルターでは、
モンベルのモノポールシェルターテンチョを持っており、特に最近、モノポールシェルターのボトム用として、
じつはこんなのまで買って、担げる程度に軽量な「シェルター宴会システム」を構築したばかりなのですが・・・







その直後に、これが発売されまして・・・ううっ





まあ、わたくしの構築したシステムとは、フルメッシュのインナーが付くか、ボトムだけか、のちがいでしたので、
「ボトムの付いた夏用メッシュインナーとしても使えそうだけど、そのためだけに、また8k近く使うのはなあ・・・
ボトム専用にすでに2k近く使っているものなあ・・・でもゴーライトのシャングリラ・シリーズなんか、ボトムだけと、メッシュ付きと、
全シリーズでどちらも用意されているしなあ・・・でもま、今回は我慢、我慢・・・」と、あきらめていたのですが・・・





これ、つい最近、どどんと値下がりしまして、なんと6k未満に・・・





で、ついついポチっとしてしまったとゆー・・・あははは







で、これははじめて投稿したヤフーショッピングのレビューにも、ちらっと書いたのですが、


ネット上のスペックでは、重量は2.7kgになっており、それが付属品も含む重量なのかどうか、気になってましたので、
届いてすぐに実測してみると、だいたい、

インナーテント 1020g
フライシート    650g
ポール       400g
ペグ(12本)    180g
ケース         70g

ぐらいで、全部足しても2.7kgになりませんでした。外箱を含んでもそんなに増えないだろうし・・・

わたくし、キャンパーズコレクションの重量表示では以前、勝手な思い込みでシュラフを買って後悔したことがあるのですが、
今回はうれしい誤算とゆーか、ポールはストックを代用するとして、インナーとフライだけなら、なんと1.67kg、
210×210サイズの二人用テントとしては、かなり軽量な部類でしょう。(ちなみにわたくしの構築したシステムでは1.77kg。)

今回も総重量が2.7kgと思い込んで、ポールの材質がスチールとなってましたので、インナーとフライだけなら2kgちょい・・・
と勝手に判断し、それなら担いで行くキャンプにも使えそう、と購入してみたのであります。

ふつー、テントの重量表示といえば、「本体、フライ、ポールのみ」と表示されているか、ペグなどの付属品を含む、
「総重量」と表示されているか、どちらかなのですが、結果的には総重量自体もかなり軽かった!!!のであります。




仕舞寸法も・・・

RIMG5780

ケシュアの3人用より、46インチテレビより、はるかに小さい!!!   ・・・って、ま、これはあたりまえですが・・・

スペックでは仕舞寸法は13×13×49となってますが、インナーとフライだけならもっと小さくできそうです。





で、いつ行けるかわからない実戦投入は待ってられないので、狭いお部屋で無理やり拡げてみると・・・


RIMG5773

こんな感じ・・・もちろんお部屋の中でペグ止めはできませんので、四隅は植木鉢や本を乗せてあるだけですが、
ちゃんと張ってやれば、それなりの格好になりそうです。







で、フライシートを外すと・・・

RIMG5775

インナーはこんな感じでフルメッシュであります。で、ポールの高さは150cm・・・

そう、モンベルのモノポールシェルターと同じ高さで、こちらのボトム付きインナーとしても使えるのであります。

もちろん、暑い晴天時には、これだけ使用すれば通気性は抜群、快適に眠れそうであります。

で、虫のいないシーズンには、上にリンクしたボトムを持っていけば、さらに軽量化できるのであります。

わははは、これで高級なゴーライト・シャングリラシリーズと同じ(あっちはもっと薄くて軽いですが)、
ボトムレスシェルター、フルメッシュ・ボトム付きインナーテント、バスタブ式のボトム、とゆー、
季節や状況に応じて、組み合わせを変えることのできる軽量なフルシステムが完成したのであります。









RIMG5776

インナーの四隅もこんな感じでボトムが立ち上がるようになってますし・・・












RIMG5779

白熱灯モードでストロボを焚いたため色合いがおかしくなってますが、ボトム内側のシームテープ処理もしてあります。










RIMG5777




RIMG5778


ポール受け部分も天地ともに、けっこうしっかりと補強されてるし・・・(これはフライシートの天頂部も同じでした。)














RIMG5774


これで5.98kとは、なかなかやるじゃないか、

キャンパーズコレクション!!! 
ちょうど色合いもいいし・・・








って・・・わたくしこれで・・・いくつめのテントになったのでありましょう・・・めったに使わないのに・・・うぐぐぐ・・・








m98k at 21:40|PermalinkComments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年12月28日

マイ・ストックシリーズその3.5

いよいよ本年もあとわずか・・・
やっと仕事を終え、ちょっとだけ打ち上げして、只今帰宅いたしました。
何とか年末年始は暦どおり休めそうであります。ほっ

そこで、またまたとーとつですが、日曜日に買った新製品のご紹介・・・

ええっと、たしか2回で最終回を迎えたはずのマイ・ストックシリーズでしたが・・・

シリーズ番外編として、こちらの記事のP.Sで、ちらっと紹介したことがありますので、
まあ今回が、3.5回目ということになっております。

ちなみに、こんどこそ最終回・・・の予定なんですが・・・にっこり

ドロミテのK2 8611というモデルであります。
世界で二番目に高い山、K2峰、標高はたしか8611m・・・まんまの製品名ですね。


じゃーん
e7df18ca.jpg
ちなみに上側にある、ぐちゃぐちゃオリーブドラブに塗装したやつが、
番外編で紹介したいただきもの寄せ集めストックであります。

上のやつが最大長110cmで、ご覧のとおり三段式を二分割すると仕舞寸法48cmになります。

で、下のやつが今回購入したドロミテのストックで、仕舞寸法は61cmですが、
やはり三段式で、最大長はなんと140cmにもなります。
まあ、わたくしの身長では、せいぜい130cmあれば充分なんですが・・・


じゃじゃーん、世界に冠たるドロミテであります。
bb9561bc.jpg

もちろん、世界に冠たるイタリー製であります。
a37851c9.jpg
すでにこの画像でお気づきでしょうが、いつものアウトレットショップでの購入で、
展示品だったのでしょうか、かなりキズだらけであります。

しかも、「あっ、こっちのは色違い、こっちのはマッドガードがないぞ・・・」
ということで、「こっちのマッドガードをこっちへ着けてくれい。」
とか無理をお願いすると、

「はいはい、やってみましょう・・・がりがり・・・外れんな・・・がりがりがり・・・」

「わわっ、じゃ、こっちの不良品の部品をこっちへ・・・」

「はいはい、がりごりがり・・・やはり外れんな・・・ごりごりごり」

「わわっ、どっちもキズだらけになったじゃないすかびっくりショック

「あははは、まあ、こうなったことだし、さらにお安くしときますよ。」

「えっ、いやそんな、でへへへ、いつもありがとね。にっこり

という次第で、K2二本で4k、というお値段に・・・拍手

でも結局は、工具で挟んであちこちごりごりやったあとだったので・・・
7799e084.jpg
こんなキズがあちこちに・・・ううっ

しかし、こんなキズぐらい、わたくしの高度な塗装テクニックとこれさえあれば、
feb2f0b4.jpg



じゃーん
b668328c.jpg
あははは、みごとに修復完了・・・と・・・困った


で、こんな表記があるのですが、
cd11c35a.jpg
カーバイドチップはてな・・・炭素鋼のチップはてな


この部分のことかなはてな
50ce95dc.jpg
よくわかりませんが、先端のキャップはありませんでした。これはきっぱりと悲しい

で、本体の素材は、アルミニウム5083、となってましたので・・・
みんなの百科事典である「カワバタペディア」のアルミ合金解説記事を、
検索しようとしたのですが・・・うまくいきませんでした。
どうも強度より耐食性や耐低温性を重視する場合に使用される、アルミ・マグネシウム合金のようですね。

まあ、わたくしが使用するのには、材質なんざあ、どーでもいいのですが・・・にっこり


これで我が家には、四組7本のウォーキングストック(トレッキングポール)が揃ったことになります。
bbc29549.jpg


で、肝心のこれの使い心地なのでありますが・・・わたくし前述の番外編記事以来、

山歩きには行ってないのであります。悲しくもきっぱりと悲しい

まあ、上側三組に付いている衝撃吸収装置は内蔵されず、
その分、最大長の割に仕舞寸法は短くなっており、しかもかなり軽量、
しっかりと固定されて、ぐらつきもありませんので、
はやくフィールドテストをしてみたいのですが・・・ううっ悲しい






at 23:38|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年10月17日

マイ・キャンティーン・・・とか・・・

えーっ、マイ・キャンティーンシリーズとかの・・・
最近、物忘れがはげしくなって・・・第何弾になるのか・・・げほげほ
短パンTシャツ、掛け布団なしで寝てたら、風邪をひいてしまったようで、
先ほど起きたところであります。ううっ、ニャん丸さんを他山の石として、
素直にタオルケットでも出しておけばよかった・・・ぐしゅん風邪



以前のマイ・キャンティーンシリーズへのTOMOさんのコメントにもあったのですが、
わたくしも寄る年波には勝てず、ザックやウェストポーチのストラップに、
重くて大きいキャンティーンを装備するのがつらくなってきました。

ま、500mlのPETボトルが軽くていいのですが、やはり耐久性、信頼性に不安がありますし、
なるべくPET入りの飲み物は買わないようにしなければ・・・ゴアさん、ノーベル賞とったし・・・

つーことで、先週ついに、

nalgenのポリカーボネイト製500mlボトルを買ったのであります。きっぱりと
このサイズは、わたくしの買ったキャンティーン(水筒)の中では最小であります。

で、さっそく先週の土曜日に、厳重なフィールドテストのために単独行で・・・またまた・・・




嶮しい府庁山へ登ってきましたあびっくり

ドクロ・・・この日も出会った登山者は2組のみでした・・・ここで無理したのも風邪の一因か・・・ドクロ





e0d78cbc.jpg
今年も変わらない、美しいニッポンの秋であります。


で・・・
58481c17.jpg
おおっ、新しい道標がついてるぞびっくりしかも三色カラーで立体にびっくり

ふーむ、これはありがたい・・・といいつつ、また分岐で迷いましたが・・・泣く



で、いつものとおりひぃひぃいいながら、なんとか山頂に到着。
8c2905cc.jpg



じゃーん
9996833e.jpg
左には、カメラケースとタバコケース、タバコケースには愛用の「TOMOさんカモジッポー」が・・・ラブ
そして右のMILLETのボトルケースには・・・



じゃーん
85bf678f.jpg
ナルゲンの広口ポリカーボネイトボトル500ml、色はシーブルーであります。

ほんとはポリエチレン製のほうが軽いのですが、
やはりこちらのほうが、臭いが付かないし、なにより防弾になるし・・・にっこり



で、さっそく山頂豪華宴会と・・・でへへへ
85746ad6.jpg
賞味期限の切れてしまった牡蠣めしと・・・


81d9590e.jpg
豪華128円のきつねうどんパックびっくり


ちなみにこのプリムスP-153バーナー、出汁を入れてから、画像の沸騰状態になるのに中火で2分半ほどでした。




とっ、ところで・・・

ビールを忘れてるやないかっびっくりうがががショック

朝、奥様が太鼓の足がどうとかですっかり出遅れて、冷蔵庫のやつを入れ忘れたのか・・・ううっ悲しい



仕方なく、ウォーターパック水筒の旧型に入れてきた水道水でも飲もうとしたのですが、
冷凍室で凍らせていたやつが、ほとんど溶けてませんでした。

「うーむ、わたくしはずっと短パンでTシャツだけど、世間は涼しくなってるのね。」


で・・・
9a8990d2.jpg
太陽光線で、氷が溶けるのを待つ98kさん。
ま、バーナーで溶かすという手もありましたが、あまりにみじめなので・・・悲しい


もちろん、駅前に着いたとたん、ビールを買ったのはいうまでもありません。
de60aeea.jpg




ちょっとだけうれしいP.S.
最後の画像にチラッと見えてるストック、
先週、アウトレットショップのおっちゃんにもらった、
「壊れて交換したやつから部品取りした寄せ集めストック」なのであります。

色が派手だったので、アースカラーにわたくしがスプレー・・・
ま、表面がぶつぶつ、ざらざらになりましたが・・・

いやあ、いつも安物を値切ってるので、すっかりおなじみになってましたが、にっこり
最大長110cm、そのままだと仕舞寸法は68cmになりますが、二分割したときの仕舞寸法は48cmで、
ななめにすれば、ぎりぎりわたくしのデイパックに収まります。

この110cmで48cmというサイズ、おそらく市販品ではないのではないでしょうか。
まあ、標高610mとかの山へ行くのに、本格的な2本ストックを持ち歩くというのもですね、
さすがにちと躊躇してたので、ありがたい限りであります。

という次第で、この記事はさりげなく「マイ・ストックシリーズの番外編」にもなっているのであります。わはははにっこり


at 16:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年09月17日

マイ・ストックシリーズ最終回???

(期間限定のおしらせ)
2007年秋季キャンプOFF会のお誘いはこちら

ご高評のマイ・ストックシリーズでありますが、
現在、我が家には二種類しかウォーキングストックがないので、
はやくも今回が最終回であります。わはははにっこり
(追記です。じつはまたまた買ってしまった記事はこちらにっこり)

前回記事のとおり、奥様に「Mt.Fuji Special Edition」ストックを取り上げられたわたくし、

しばらくは、「そこらに落ちてる棒っ切れ」なんぞを愛用していたのですが・・・

今度は高級品を入手しようと・・・またまたロゴスのアウトレットへ・・・悲しい

で、こちらが、現在わたくしが使っているストックなのであります。きっぱりと
3dba5ccc.jpg
グリップが前傾してるあたりなんざ、なかなかそれらしいでしょびっくり

最大長は135cmになり、衝撃吸収用のスプリングも内蔵され、
ねじ込み式のバスケット(ペラペラですが)も一応付属している、
ロゴスブランドの試作品アウトレットであります。
(試作品というより、大量生産前の小ロット生産品なんでしょうね。
ビミョーに仕舞寸法や仕様の異なるものが並んでおり、
できるだけ似たようなやつを、2本選んだ次第です。)

特徴は、グリップの下についてる補助グリップ・・・
c944caef.jpg

135cmまで目盛りもついてて、もちろん長さ調整できるのですが、
アップダウンの激しい山道などでは、いちいち長さ調整しなくても、
この補助グリップに持ち替えるだけで、短く持てるのであります。拍手

前回記事でも書きましたが、急な登りと急な下りでは、
ストックの長さをかなり変える必要があります。
その点、弘法大師ご愛用の金剛杖とか、川端さんご愛用の「ただの棒っ切れ」なんかは、
自由に持つ位置を変えられる、という利点がありますね。
ウォーキングストックの場合は、グリップ部分以外は滑って持ちにくいです。


ちなみに日本の山では、杖の重要な用途に「マムシを払いのける」というのがあります。
全国遍路中の弘法大師もマムシには大変悩まされたようで、
遍路修行の必需品として、金剛杖を挙げておられるのであります。
ハブさんほどの攻撃性はないといわれるマムシくんですが、
人が近づいてもあまり逃げないので、いわゆる「出会いがしら」というやつ、
至近距離で出会うとたいてい攻撃姿勢をとってますので、避けられない時には、
杖やストックで払いのけるのが一番いいようであります。


閑話休題
2fd87928.jpg
うーむ、前傾グリップはスポーツトレッキング用なのね・・・
そういえば前傾グリップ使ってる人は、みんなてきぱき歩いてるな・・・ううっ

ちなみにこちらは、前回記事の限定品のさらに半値程度、
レキやコーラの高級品に較べると、ほぼ1/8のお値段でした。げひげひ


at 09:40|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年09月14日

マイ・ストックシリーズその1

期間限定のおしらせ
2007年秋季キャンプOFF会のお誘いはこちら



八月から、「ほぼ週刊・趣味の物置小屋」になりつつある98kであります。うぐぐぐ

まっ、今回は元気をだして、健康的なグッズの紹介記事であります。

前回記事のコメントにも書いたのですが、一昨日のテレビで、
アメリカ合衆国東部を南北に縦断するアパラチア山脈の3500kmを、
半年間かけて歩きとおす、スルーハイカーたちの番組がありました。

いろんな傷を負ったいろんな世代が、いろんな目的で歩いてましたねえ。

昔々に、このアパラチアン・トレイルを紹介した映像を見たことがあるのですが、
大きく異なってたのは、全員が両手ストックを使うようになってたという点であります。

ストック・・・
トレッキングポールとも、マウンテンステッキとも呼ばれるようですが、要は、

川端さんが無人島に持ってこられた「杖」であります。

無人島では、TOMOさんもその辺に落ちてた棒切れをさっそく杖にして、
泥酔状態の登りでひいひいいってたわたくしにも、
適当なのを見つけてくださいました。いやあ、ありがたかったなあ・・・・

まあ、昔から杖というのは山歩きに使われていたのですが、
ノルディック・ウォーキングといいましょうか、
ノルディックスキーのストックのように使うのが、
最近の山歩きの主流となっているようであります。

で、こちらが、わたくしの愛用していたストックであります。
6e429222.jpg
ご覧のとおり、一本で普通のステッキとしても使えるT字グリップになっており、
二本でスキーストックのように使うこともできます。


6cfab955.jpg
使い勝手の悪かった付属のストラップは、再帰反射の細引きと交換してあります。

ストックといえばレキとかコーラ、日本製ならシナノやキザキが有名ですが、
こちらは我等がブランド、ロゴス製なのであります。きっぱりと。

しかも、このストック、なんとなんと・・・
ad250b5f.jpg

bf678fa6.jpg
500本限定のスペシャルエディション、シリアルナンバー入り、なのであります。


しかもしかも、この限定500本バージョンは、ロゴスのスタッフが、

富士山頂まで担ぎ上げて安全祈願してあるびっくり

という、ありがたーいストックなのであります。ははーっすいません
21e55f4a.jpg

いやあ、こうなるともう・・・プレートなんかもついてるし・・・って・・・

プレートは邪魔になるだけやないかいっびっくり

でもさすがにスペシャルエディション、衝撃吸収のスプリングも内蔵されており、
取替え用のバスケットやチップもきちんと付属しているのであります。
fa3e3a1a.jpg


最大長は110cm、愛用しているモンベルのカモ・テンチョ用に、
ポールとして使うのにはぎりぎりなのですが、
急な下りなどでは、やや長さが足りない気もします。

でも、とてもコンパクトになり、
お値段もアウトレットでレキやコーラの1/4程度だったのがうれしく、
(まあ、限定500本が売れ残ってアウトレット行き、というのも貴重ですね・・・)
わたくし、ずっと愛用していたのですが・・・

あるとき、めずらしく奥様がわたくしの六甲山歩きに同行され、
最初は一本だけ貸していたのですが、途中から二本とも使用され・・・
「気に入ったから、使ってあげる。」とお召しあげになり、
それ以来、奥様専用に・・・ううっ悲しい




at 01:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック