モンゴル植林

2018年10月16日

モンゴル・ゲルで大宴会!!!

先週末、モンゴル・ゲルで大宴会してきました!!!

モンゴル・ゲル(テント・中国語ではパオ)・・・

モンゴル族の遊牧民が使ってきた移動式の住居で、わたくしモンゴル国で遊牧民のゲルを訪問したり
ツーリスト向けゲルに泊まったりしたことはあるのですが、内モンゴル自治区には何度も行ってるものの、
モンゴル国には数回しか行ってませんし、ゲルに泊ったのも毎回一泊ずつでした。
それでも、宴会しつつ星空を眺めるには最高!!!とゆー記憶は、きっぱりと残っておりました。

で、今回は植林ボランティア仲間に教えてもらった「オータニ・モンゴルの里」へ行ってみました。

今年5月に行った内モンゴル植林ボランティアツアーの報告会を兼ねて、つーことで当初は7月の
予約だったのですが、当日は記録的な豪雨で高速道路が閉鎖され、結局10月まで延期していた次第。

メンバーはわたくし98kと、植林ツアーでは宴会担当のY原さん、同じく酒類調達担当のH田さん、
昨年3月のボルネオ植林ボランティアツアーに初参加されたライト仲間のwingさん、
同じくライト仲間の川端さん、red-bicycle(赤チャリ)さん、そしてHiguさんの計7名・・・

で、土曜日の午後2時に丹波・篠山市内にある食品スーパー駐車場に計3台のクルマが集合・・・
ええ、わたくしは例によって川端さんにピックアップしてもらいました。いつもありがとね!!!


と、ゲル宴会用のつまみやお夜食、飲み物なんぞを全員で買い出しして篠山市内を抜け・・・

DSCN0114


峠を越えると・・・


DSCN0121

3時半には草山温泉にある「モンゴルの里」に到着しました。



ちなみに・・・

DSCN0123

山頂には巨大な観音様?が・・・




みなさん10人用の大型ゲルに案内してもらい、まずはまったり・・・

BlogPaint

エアコンも寝具もテーブルも電源も完備されてて、
「ここで宴会して酔いつぶれても、ばったりと後ろに倒れるだけで眠れますねえ。タープから出て
自分のテントまで行ってから倒れるとゆー、いつものキャンプ宴会より便利そうですね!」
とはwingさんの感想でしたが、実際、この夜のゲル宴会では、wingさん以下次々と、そのままばったり
後ろに倒れて、そのまま眠り込んでました。


ま、わたくしは、みなさんがまったりしている間に・・・

BlogPaint

「モンゴルの里」のちづかさんとツーショット・・・
内モンゴル・フフホト出身の旦那様スーチンドロンさんと、この「モンゴルの里」をやっておられます。



ちなみにこちらが、さらに大きなカフェ・レストラン棟のゲル・・・

DSCN0115

いろんなモンゴルの楽器や絵画・食料品・飲料などが置いてありました。懐かしいなあ・・・

さらにちなみに大型ゲル以外に小型ゲルも何棟かあって、すべて現地から取り寄せた実物だそうで、
大人数から家族・少人数のゲル宿泊だけでなく、様々なモンゴル体験もオプションで楽しめるようで、
とても温かい雰囲気でしたので、きっぱりとオススメしておきます。



と、そんなことは呑兵衛たちには関係なく、さっそく酒類調達担当が注文した・・・

BlogPaint

生ビールを中央広場のテラスでぐびぐびと・・・(wingさん提供画像)
・・・って、すでに赤い顔をしている98kさんも写ってるな・・・ひっく

呑まない赤チャリさんと川端さんは甘い飲み物やお茶でしたが、突き出しの新鮮な塩茹で落花生と
モンゴル式の牛肉燻製がとても美味しく・・・

DSCN0126

ついつい生ビールのおかわりを繰り返しましたとさ。ひっく




で、みなさん興が乗ってきて・・・

BlogPaint

呑まない赤チャリさんまで「グリコ」のポーズ(wingさん提供画像)・・・って???



そう・・・

DSCN0127

じつは赤チャリさん、前週に備中松山城をヒルクライム中???に骨折され右足をギプス固定中・・・
ま、wingさんにギプスを歩きやすいようMOD(改造)してもらったようだし、超人的な体力があるし、
すでに7回目の骨折で慣れてるようで、片足でぴょんぴょん飛び回っておられましたが・・・


と、松葉杖の赤チャリさんを含む全員で吊り橋を渡って温泉へ・・・

DSCN0130

かなり塩分の強い、いかにも効能のありそうな温泉でした。ひっく



と、温泉で少しだけ酔いを醒ましてから・・・

DSCN0132




DSCN0135

モンゴル料理とシシケバブなどのバーベキューで夕食宴会!!!

「モンゴルの里」以前は、大阪でモンゴル料理店をやっておられたとのことで、どれも本格的でした。




と、生ビールやワイン、モンゴル・ティーなんぞで盛り上がり、その勢いのままゲルに戻って・・・

DSCN0138

買い出したり持ち寄ったりした酒や肴でゲル大宴会であります!!! わははは

ええ、これ以後は画像も記憶もありませんが、星空観察に出たり、持ち寄ったライトで照射比較したり、
各ライトのルーメン測定したり、ライト談義に花を咲かせたり・・・してたようです。

って、今回は植林ツアー報告会のはずではなかったのか・・・
ま、報告者が植林ツアーの宴会担当と酒類調達担当ですから予定調和だったのですが・・・

ちなみに、まったく異なる業種・職種・環境の7人が集まり初対面の方も何人かおられたのですが、
みなさん知らない世界に興味がある常識人で、アウトドアや工作など共通する話題もあったりして、
じつに楽しい一夜となった・・・ようです。ええ、殆ど覚えてませんが・・・

ま、最終的には前述のとおり、宴会中に次々とばったりと後ろに倒れて、そのまま寝たようですが、
中には星空一人宴会に出たまま外でばったりと倒れてた人もいたようです。ええ、覚えてませんが・・・




で、とーとつに翌朝であります。

DSCN0140



DSCN0141





ま、ゲルの中では・・・

DSC_5173
                                                                                                (wingさん提供画像)

モーニングコーヒーでまったりする者、丹波ワインなんぞで「朝から宴会」する者、惰眠を貪る者、
コーヒーとワインで残り物をがつがつ食べる者など様々でしたが・・・



と、いちおー全員が(半覚醒を含み)起床して、8時にカフェ・レストラン棟で朝食・・・

DSCN0151


DSCN0149

おかずはシンプルでしたがモンゴル式の熱いお粥とパンがとてもおいしかったです。
ええ、画像はありませんが・・・



と、朝食後もまったりとゲル内でダベったり、近くを散策したりしてたのですが・・・

ライトマニアとはふだん接触のないY原さんとH田さん(そりゃあ周りにそんなのまずいないでしょう。)
「懐中電灯好きの集まりとゆーのは、夜はわかりますが昼は一体何をするんですか?」
「まあ名所旧跡に行ったりもしますが、夜が明けてからは殆ど抜け殻みたいなもんですね。
ただし坑道遺構や天然洞窟など暗い所へ行くと、昼でも活発に動き始めます。」
「あははは、やはり夜行生物の集まりだったんですね!!!」

と、わたくしは篠山城址を見学したかったのですが、この土日はお城を中心にイベントがあったようで、
お城付近は大混雑と予測、とりあえずお土産を買うことにして10時半過ぎに「モンゴルの里」を出発。


DSCN0160


DSCN0157

丹波名物を販売している「黒豆の館」へ・・・




お目当ての黒大豆枝豆は連続上陸した台風で近年にない不作とのことで売り切れてましたが、

DSCN0159

怪しいリカちゃんとかを見たり・・・





BlogPaint
                                                                                      (wingさん提供画像)

二日酔い連中はぐったりしたり、川端さんはお土産+黒豆ソフトを買ったりしてから出発・・・








DSCN0179




DSCN0178

柏原(かいばら)にある蕎麦屋さん「和さび」へ・・・


昼時で予約客でいっぱいでしたが、次の予約までの僅かな時間に何とか入れました。

DSCN0165

なかなか雰囲気のあるお店で・・・




DSCN0168

前菜9種盛りに胡麻豆腐に蕎麦茶・・・


DSCN0171

肉厚の鯖ずしに稲荷・・・ま、わたくしは稲荷だけに変更してもらいましたが・・・



メインの新そば・・・

DSCN0172

ま、わたくしは少食の川端さんのを半分いただき1.5人前になりましたが・・・




デザートの蕎麦ぼうろと蕎麦アイス・・・

DSCN0176

わたくしのはいつもどおり、食べてから気づいたので、お向かいのY原さんのでしゅが・・・

と、お値段の割にはボリュームがあり満足したのですが、特に最後に出てきた蕎麦湯が濃厚で、
とても味わいがありました。ちなみにこの日の蕎麦は富山産で、日によって変わるようでした。

とまあ、昼食後にはてきとーに解散、JR柏原駅から特急「はしだて」にハイボールを持ち込んで
車内宴会したり、途中の酒蔵で試飲してから新幹線で本格宴会したり、ともかく全員無事に帰宅、
わたくしは復路も川端さんに自宅まで送ってもらいました。

みなさん、お土産品や持ち寄り品、貴重なライトなんぞを持参されてて、わたくしもまたまた、
色々といただいてしまいました。ありがとうございました!!!

ちづかさん、スーチンドロンさん、今回は大変お世話になりました。バイルラー!!!

とても居心地がよかったので、また行きたいですね。いつかご一緒しましょう!!!


(10月17日追記です)

red-bicycle(赤チャリ)さんがブログサイトに記事をアップされました。
(酩酊して撮れなかった)ゲル宴会の様子など、こちらにはない画像がいっぱいです!!!




m98k at 14:36|PermalinkComments(6) mixiチェック

2017年12月11日

京都環境フェスティバル2017報告


昨日の日曜日、京都環境フェスティバル2017つーのに行ってきました。



京都駅からREX(らくなんエクスプレス)とゆーバスに乗り・・・

DSCN6577





烏丸通りを南下していくと・・・

DSCN6578






DSCN6579

どどーんと、ニンテンドー本社・・・は尻目に殺して・・・





DSCN6583

どどーんと、京セラ本社・・・



・・・の隣にある・・・

DSCN6585




DSCN6588

京都ブランドの発信拠点!!!京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)に到着。



さっそく一階にある大展示場へ・・・

DSCN6590



DSCN6591



DSCN6592

植林ボランティア団体N.GKS(エヌ・ジクス)の前身である「NGO緑の協力隊・関西澤井隊」の
過去の活動を紹介するブースを、N.GKSのボルネオ植林ツアーなどで何度も隊長を務められた、
切り絵作家のT富さんが個人出展されてたので、わたくしもお手伝いに行ってきた次第・・・



こちらが出展されてた16番ブースであります。

DSCN6598


DSCN6633




各ブースには〇✖式のクイズがあって、全ブースを廻って回答するとプレゼントがもらえる!!!
とゆー面白い企画になってて、T富さんが出された16番ブースの問題は・・・

DSCN6632

けっこう難しかったようで、「正解を教えて下さい!!!」と話しかけてくる来場者も多かったです。
難問をきっかけに来場者に説明できるというのは、なかなかうまい設問方法ですね。
ちなみに「ビールス」とあるのは「微生物」の意味ですが、正解がわからない方はコメント下さいね。

N.GKS代表の講演時には、ブースに誰もいなくなるので留守番をしてほしいと頼まれてたのですが、
それ以外の時間には特にやることもないので、各ブースをふらふらと見学しました。



会場内のミニ・ステージでは・・・

DSCN6602

自然系アイドルグループ!!!「ぽぽっぽくらぶ」のミニ・コンサート!!!とか・・・




DSCN6661

気象予報士・蓬莱大介さんと、お天気キャスター・斎藤雪乃さんの環境トークショーとかが・・・




テーマゾーンでは・・・

DSCN6594


DSCN6634



DSCN6635


DSCN6636



DSCN6645



DSCN6646

エコカーの展示とか・・・




こちらは・・・

DSCN6641

T富さんの主催する切り絵サークルの展示・体験ブース






DSCN6678

同じくT富さんの所属する自治会環境部のブース



こちらでは・・・

DSCN6679

電気を人力で生じさせるのは、いかに大変な労力かを体験するコーナーとか・・・




DSCN6656

火打石の体験コーナーとかをやっておられました。




ちなみに・・・

DSCN6660

「火打金」を関東の方言では「火打鎌」とゆーそうです。これまで知りませんでした。

まあ、わたくしが留守番しているときには、「こんなのより非常用にはファイアースターターですが、
むしろ使い切りライターを持つのが一番確実です。」と説明しておきましたが・・・げひげひ




以下、さくさくっと一部のブースをご紹介・・・

DSCN6608






DSCN6609






DSCN6617






DSCN6619






DSCN6620






DSCN6624






DSCN6628






DSCN6651






DSCN6652






DSCN6654






DSCN6662





DSCN6665






DSCN6666






DSCN6667





DSCN6671

官公庁やその外郭団体、企業やその関連団体の出展も多かったですが、ちまちまと活動している、
我々のような小さなボランティア団体の出展もけっこうありました。

みなさん、それぞれの分野で楽しく実践しておられる雰囲気が伝わってきて素晴らしかったです。
そう、自分が楽しめる範囲だけでも、何もしないよりはるかにマシなんですよね、地球環境には・・・




で、第一展示場のワークショップで行われた、

DSCN6675



DSCN6676

N.GKS代表による「世界の植林事情」と題した講演。





DSCN6683

ええ、わたくしはこの時、ブースの留守番でしたので、別の会員に撮ってもらった画像ですが・・・


と、今回はブースの留守番をしている間だけでも、多くの来場者や出展者とお話ができました。

環境問題については関心と知識をお持ちの方が多かったのですが、沙漠や熱帯雨林の現状や、
現地での植林活動については、けっこう誤解されておられた方も多かったです。
やはり実際に体験してみて、その経験を踏まえて情報を発信し続けることも大事ですね。





m98k at 22:22|PermalinkComments(3) mixiチェック

2011年06月29日

2011モンゴル紀行・番外DMZ編


2011モンゴル紀行の最終回は、番外DMZ編!であります。

ウランバートルから朝7時にソウルのホテルに着き、三時間弱の仮眠だけで夜まで市内を観光したわたくし、
ほんとは一人で夜の街に出て、せめてコンビニでカップ麺とビールぐらいは買いたかったのですが、
さすがにこの夜は、自室で残り酒を飲んだだけで、日付が変わる前に寝てしまいました。

で、翌日のホテルでの朝食後は一路、烏頭山統一展望台へ・・・

そう、この日は午前中だけですが、いちおー「DMZツアー」の予定だったのであります。




DMZ・・・DeMilitarized Zone、いわゆる「非武装中立地帯」であります。




東西ドイツが統一された今、残っているのは韓半島の38度線だけで、最近の韓国映画でもいくつか取り上げられ、
ご承知の方も多いと思いますが、背景をざっと整理しておくと・・・


現在でも北朝鮮(朝鮮人民民主主義共和国)と韓国(大韓民国)との間には、正確には国境というものはなく、
1953年7月27日に休戦協定が発効したときの、陸上で両軍が対峙していた最前線をそのまま繋いだだけの、
軍事境界線(MDL・・・Military Demarcation Line)が事実上の国境となっているのであります。

ですから、一般に38度線とはいっても、西部では軍事境界線は北緯38度より南側ですし、東部では逆に北側になっています。

で、このMDLでの武力衝突を避けるため、そこから南北双方に原則幅2kmにわたって定められたのが非武装中立地帯DMZ、
韓国側ではさらにその南側の一部に、民間人統制線(CCL・・・Civilian Control Line)が定められているのであります。

今回訪問した烏頭山統一展望台は、北から流れてくる臨津江(イムジンガン)と、南から流れてくる漢江(ハンガン)が、
一つに合流してやがて黄海に注ぐ、まさにその合流点を眼下に望む位置にあるのですが、このあたりでは、
川の真ん中が軍事境界線MDLになっており、その南北の川幅そのものがDMZになっているのであります。





ま、ソウルもちょうどこの日から梅雨入り、とゆーことで、DMZツアーにはあいにくのお天気だったのですが・・・



ソウルから北に向けて、漢江沿いの「自由路」をひた走ると、やがて・・・

RIMG5359

あちこちに監視所が目立ち始めます。

ちなみにこの「自由路」、戦車の走行にも耐え、航空機が離着陸できるだけの直線距離と幅を確保しているはず・・・

















RIMG5362

監視所の窓に映る、銃を持った兵士のシルエットがお分かりでしょうか・・・

この鉄条網は民間人統制線(CCL)境界で、内部へは厳しくチェックされた地元の農民と漁民しか下りることができません。

このあたりの対岸はまだ韓国なんですが、夜陰に乗じて川から潜入される可能性があるため、CCLが設定されているとのこと。

ですから、このあたりの河原でキャンプ宴会したり、川下り宴会したりするのは・・・おそらく無理なんでしょうね・・・







で、漢江沿いから臨津江沿いへ曲がる手前で自由路からはずれ、つづら折れになった坂を烏頭山の頂上まで登りつめると・・・

RIMG5369

緑の山の中に、どどーんと立派な展望台が現れます。















晴れた日には対岸(北朝鮮側)の様子がくっきりと見える山頂の広場にはこんなものが・・・

RIMG5367

先祖のお墓が北にあり墓参ができない方々は、お盆などにはここで供養されるそうであります。















で、周囲にはそれらしいポストも・・・

RIMG5365

「わっ、わたくし、けっして川を渡ってきたわけでは・・・いっ、いや、濡れているのはただの汗でして・・・
そりゃあ、たしかに目立ちにくい服装はしてますが、これはまあ、好みとゆーやつで・・・へらへらへら・・・」

と、なんとかセキュリティチェックをすり抜け・・・って、今は誰でも自由に中に入れるのですが、少し前までは、
民間人統制線のないこの展望台でも、ほんとに軍による厳しい入山チェックがあったそうです。












で、中に入ったわたくしを、まず出迎えてくれたのは・・・

RIMG5370




RIMG5371


おお、あのJSAの主人公たちが・・・














とーぜん、記念撮影はこちらの方と・・・でへへへ

BlogPaint

ちなみに、この展望台からイムジン川の上流を渡ってクルマで20分ほど走れば、軍事境界線上に唯一存在する、
あの共同警備区域JSA・・・Joint Security Areaの「板門店」なのですが、さすがにJSAへは事前の申し込みから、
「撃たれても文句は言いません。」という誓約書や、徹底した身体検査、さらには軍服に類似した服装の着用禁止!
などの厳しいルールや事前審査があり、今回は残念ながら行けませんでした。













で入館すると最初に、外国人は4階、韓国人は3階にある、全く同じ造りの円形展望ホールに上がり・・・

RIMG5404

対岸を眺めながら(って、この日は殆ど見えませんでしたが・・・)ビデオで歴史や現状についての説明を受けます。
















で、ホールの前方に置いてあるのが、この展望台周辺のジオラマ・・・

RIMG5406

ご覧のとおり、右上(北側)から流れてきた臨津江(イムジン河)と、左下(南側)から流れてきた漢江(ハンガン)がここで合流、
左上へ流れて黄海に注ぐのですが、赤と青のテープが示すとおり、川の中央が軍事境界線、で中央からの川幅自体が、
それぞれの非武装中立地帯DMZになっているのであります。

ちなみに画像左上のあたりから上(北)に曲がって黄海になるのですが、前述のように合意された軍事境界線は陸上のみ、
黄海上では南の主張する北方限界線(NLL・・・Northern Limit Line)と、北の主張する海上の軍事境界線が交錯しており、
こちらの河口の沖合に、昨年秋に大規模な砲撃事件のあった延坪島があるのであります。







で、画像手前の山頂にあるのが・・・

RIMG5430

今まさにわたくしがいる烏頭山統一展望台、この青い円形部分の最上階なのであります。

ちなみにここでの川幅はテープが示すように3200mですから、南北1600mずつのDMZ、とゆーことになります。
ジオラマをよくみると、南北両岸ともに、厳重な川岸のフェンスが再現されていますね。

さらにちなみに、ここから下流は干満の差も激しく、黄海が入りこんでますから、合意された陸上の軍事境界線は、
ちょうどこのテープのあたりが西の起点、ということだと思うんですが、わたくし詳しくは調べられませんでした。














で、実際の展望台からの様子・・・

RIMG5436

この日はなにせ梅雨入り、中央に僅かに黒く浮かび上がっているのが対岸(北朝鮮側)であります。






ま、画像がこれだけ、とゆーのもなんなので、わたくしあちこちに潜入して、決死の撮影をば・・・










で、軍事境界線まで行った時の様子・・・

RIMG5389

なぜかモノクロ撮影、兵士の制服や小銃も、どーゆーわけか旧式ですが・・・














凛々しいセーラー服の水兵さんもいました。うふっ

RIMG5382


















で、JSA板門店の様子・・・

RIMG5390

って、こちらも制服や建物が古いですが・・・手前は野戦用テントだし・・・

















付近に展開していた、最新装備の米軍・・・

RIMG5383

ま、個人携行用の対戦車装備の形状は、大戦以来、あまり変わってませんね・・・
















潜入してきた小型潜航艇・・・

RIMG5394














で、決死の撮影を終えて、DMZ内の地雷原でお昼寝なんかしていると・・・

RIMG5397

なにやら頭上を探るものが・・・









とまあ、以上の画像は展望台に展示されていたパネルからなんですが、それ以外にも・・・








RIMG5451

北のファッションや、南北のミリタリーグッズなども展示されており、もっとゆっくりと見学したかったのですが、
この日の午後の便で帰国するため、時間がありませんでした・・・次回はぜひJSAにも・・・完全装備で・・・




で、この後、インチョン空港への途上でビビンパとビールの昼食を食べ、夕方には関西空港に帰り着き、
約一週間のモンゴル植林ツアーの全行程を無事に終えた、とゆー次第なのであります。




今回のモンゴル植林ツアーについては、東日本大震災の影響により、一時は延期や目的地変更も検討したのですが、
最終的には、震災支援へのお礼のメッセージを書いたTシャツを作製し子どもたちに着てもらい実施することにしましたが、
当初の予定どおりモンゴルの子どもたちと一緒に木を植えることができて、本当によかったと思っています。

また今回は、終戦後の2年間モンゴルで強制労働に従事させられ、故郷を見ることなく死んでいった将兵たちが眠っている、
ウランバートル近郊の日本人墓地や、東西冷戦の負の遺産ともいうべき、韓半島の非武装中立地帯DMZにも行きました。

DMZについては、南北1000人ずつの監視員のみに入域制限している上に地雷原もいっぱいで、殆ど人間が入らずに、
60年が経過したため、激戦地が今や韓国では貴重な自然の宝庫になっている、という皮肉な結果にもなっています。



人類の営みによる沙漠化や荒漠地化をくい止める本筋は、やはり環境を考えた持続性のある発展でしょう。

ただ、いったんその地域で紛争が起きればすべては「おじゃん」、ともかく紛争が起きないようにすることも重要です。

紛争がなく、環境への意識を持てば、人類がある程度豊かに暮らしていけるだけの恵みは地球が与えてくれるはず。

以前にも書きましたが、過去の紛争の原因は宗教や思想、民族の対立など、いろいろ云われてますが、
それぞれの当時の状況を見ると、その殆どの背景には、貧困や富の偏りの問題があります。

沙漠化、荒漠地化が進んでいる地域の多くは貧困や富の偏りの問題を抱えており、今後は紛争の火種にもなるでしょう。

その前に、沙漠化、荒漠地化をくい止め、本来の豊かさを取り戻すためには、やはり国際的な協力と意識の変革が不可欠・・・

現地の子どもたちと一緒に木を植えるという、わたくしたちの活動にも意義はある、と確信している次第なのであります。



なんか、えらそうなことを書きましたが、ま、お気楽にできる範囲で、今後もぼちぼちと続けていきたいと思っています。
来年はボルネオの熱帯雨林で、現地の子どもたちと一緒に木を植える予定ですので、機会があればご一緒しましょう。



(2011モンゴル紀行はおしまい、次回からいつもの記事に戻ります。ご愛読ありがとうございました。)


m98k at 21:55|PermalinkComments(7)TrackBack(0) mixiチェック

2011年06月27日

2011モンゴル紀行・番外ソウル編

えーっ、モンゴルでの日程は前回植林記事でおしまい、今回は番外ソウル編つーことで・・・








結局チンギス・ハーン空港を予定より二時間半遅れで、午前2時20分に離陸した大韓航空機内では、

RIMG5306

ビールをお願いすると、こんなのがでてきました。

いやあ、モンゴル・韓国間の便で、知らないフィジーのビールが飲めるなんて、ラッキーだなあ・・・
って、親善協会のレセプションからバス、空港のカフェから待合室・・・ずっと飲んだり、うたた寝したりの生活だなあ・・・

と、飲んだり、うたた寝していると、すぐに朝食の機内食がでてきて、3時間のフライトでソウル近郊インチョン空港に着陸・・・
韓国は日本と同じでモンゴルより1時間遅れになりますから、ソウル市内のホテルに着いたのは、すでに朝の7時を過ぎてました。







で、とりあえずシャワーを浴びて仮眠、昼前にホテルを出て、さすがに食欲のないみなさんのために用意されたのは・・・


RIMG5315




RIMG5310



RIMG5311

韓一会館名物の、栄養満点で消化の良い牛スープ・・・

って、おいしいキムチや塩辛なんぞが食べ放題なもんで、韓国ビールやご飯も、ついついおかわりしてしまったわたくし・・・


ソウルでも、この日の午後と翌日の午前が観光という、変則的なスケジュールだったんですが、食事はすべて韓国料理、
どのお店でもキムチなどは食べ放題だったのが、わたくしにはうれしい限りでありました。うふっ

で、この日は、新羅免税店でのお買い物から青瓦台(大統領官邸)付近を通って景福宮見学、その後は現大統領が、
現代建設の社長からソウル市長になった際、公約どおり復活させ大統領への足がかりとなった清渓川(チョンゲチョン)を歩き、
明洞(ミョンドン)から南大門市場(ナンデモンシジャン)、焼肉店での夕食後は東大門市場(トンデモンシジャン)へと、
まさに「ソウルお買い物ツアー」の王道のようなコースを廻りました。

わたくしソウルでは、南大門市場にあるサープラスショップが並ぶ路地が今回のお目当て、様々なライト類やミリタリーグッズ、
強力なレーザーポインターなんかもあったのですが、さすがに写真を撮るような雰囲気ではありませんでした・・・

現地添乗員さんにおおまかな場所を訊いて、一人で探して行ったのですが、心配になって見に来てくれた添乗員さんに、
ミリタリーグッズやライト類の解説を延々としてたら、あっとゆー間に集合時間になり、殆ど買い物はできませんでした。あは


でまあ、今回は、ソウル市内で印象に残った画像なんぞを、てきとーにさくさくっとご紹介・・・





景福宮で、宮廷官吏に迎えられるのは・・・

RIMG5321



RIMG5322


RIMG5332

チャングムの誓い!!!


・・・って、韓国宮廷ドラマ好きには聖地なんでしょうねえ・・・ここ
















明洞(ミョンドン)にて・・・

RIMG5333

うーむ、この回は見逃したなあ・・・トリビアの泉・・・















復活した清渓川のせせらぎと遊歩道・・・

RIMG5345

ちなみに、この橋はとても古い石橋、せせらぎ復活前は、高速道路の下の道路のさらに下の下水道に埋もれていたそうで、
隊員には造園、土木、建築の関係者もいましたので、熱心に解説を聴きながら歩いてました。

















こちらは南大門市場の表通り・・・

RIMG5348

ここではミリタリーショップの並んだ路地だけでなく、他の路地にも入りたかったのですが・・・
添乗員さんへの商品説明に時間をとられましてですね・・・でへへへ
















で、夕食は待ちに待った焼き肉店、その名も「えーやんか」・・・って、なんで大阪弁やねんっ!

RIMG5350






例によって、メインの焼き肉が出たとたん、食べるのに夢中になり・・・






RIMG5351

完食してからの画像しかありませんが・・・











RIMG5352

ま、追加注文した冷麺は、なんとか食べてる途中で撮影する余裕ができました・・・あは



で、夕食後は東大門市場へ、わたくしは東大門デザインプラザの地下にあるアウトドアショップの集まったフロアに行ったのですが、
欧米一流ブランドのブースがずらりと並んでおり、お値段も日本で定価で買うよりちとお安い、とゆー感じでした。
ま、一流ブランドにはあまり興味のないわたくしは、ざっと見ただけでコーヒーショップで時間を潰して、バスでホテルへ向かいました。



(次回最終回、番外DMZ編に続きます。)







m98k at 20:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0) mixiチェック

2011年06月24日

2011モンゴル紀行その7植林編

今回は、いよいよモンゴルでの子どもたちとの植林記事であります。

今回の植林ツアーについては、東日本大震災の影響で関東からの参加者のキャンセルも相次ぎ、三月末の時点では、
いったん延期したうえで、目的地を東北の被災林などに変更してはどうか、との意見も内部にはありました。

でも、モンゴル政府がいち早く救援の手を差し伸べてくれたり、全ての公務員が一日分の給料を寄付してくれたり、
企業ぐるみの支援から、手作りの羊毛製品をはるばる馬に乗ってウランバートルの支援窓口まで届けてくれた遊牧民まで、
まさに国を挙げての支援をモンゴルからいただいたので、それらへのお礼のメッセージを書いたTシャツを作製のうえ、
ハポンはこのとおり元気です、みなさん、ご支援をありがとう! と、お礼の意味も込めて実施することにしたのであります。



わたくし、木に関しては全くの素人なんですが、今回の参加にあたっては、北海道大学大学院環境科学院のHPや、
環境省のHPなどで、少しはモンゴルの植生などについて調べてみました。

わたくしなりの理解で誤解もあると思いますが、日本の4倍以上のモンゴルの国土のうち、森林面積は8%ほど、
その大部分はシベリアの凍土森林地帯に近い北部にあり、南のゴビなど沙漠地帯を除けば、残りは大部分が草原であります。

で、この草原の維持には、うまく環境や季節に適合した伝統的な遊牧と、森林の存在が大きく関わっているようであります。

伝統的なモンゴルの遊牧では、ウマ、ウシ、ヒツジ、ヤギ、ラクダのいわゆる「五畜」のうち、地域に応じた組み合わせと頭数で、
それぞれ数種類が広範囲に放牧され、そのことによって多種多様な草(日本の草原では1㎡あたり10種、モンゴルでは30種以上)
を育んできたようで、放牧が過度であっても、逆に少なすぎても、草の種類が減少することが判明しているそうです。
そして国土の8%を占める森林が、草原の水源涵養や、草原を流れる河川の流量調節に大きな役割を果たしている、と・・・

そう、じつに1000年以上、過酷な環境でうまく遊牧して、生活と環境のバランスを維持してきた、ということであります。
このあたり、定住農耕で多様な生態系を維持してきた日本の里山とは対照的ですが、どちらも持続性では共通していますね。

それが近年になって、森林や草原の面積が減り、沙漠化が進んでいるのが明らかになってきたのであります。
そして、もともと寒冷で乾燥した過酷な環境ですから、いったんサイクルが壊れると、再生するのはきわめて困難なのであります。
今回の現地添乗員さんの実感でも、年を追うごとに草が短くなってきています、とのことでした。

原因については、地球規模での温暖化は別としても、森林の伐採や鉱山開発、人口の増加やクルマの草原への進入、
また、草の根元まで食べてしまうカシミヤ山羊の過放牧(ちなみに増産したカシミヤの主要輸出国は日本であります。)など、
様々な要因が輻輳しているようにわたくしは思いましたが、このあたりは議論も分かれているようです。

もともとあったモンゴル大草原での遊牧は、ボルネオ熱帯雨林の焼き畑や日本の里山同様、持続可能な生活手段であったはず・・・

それを考えると、遊牧民の定住化や工業化による都市部への集中がいいのか、効率優先でカシミヤなどを増産することは、
環境破壊、沙漠化につながるのではないか、また一方で、国民全体の生活水準の向上もまだまだ必要ですから、
ここはやはり、発展と環境保護とのバランスを見据えた規制と誘導が最重要、と思っていたのですが・・・

昨年、モンゴル科学アカデミー地理研究所所長のドルジゴトフ博士が、ウランバートルの日本センターでの講演後の質疑で、
荒廃した自然をどうすれば再生できるか、との質問に対し、「木が(モンゴルで)本格的に育つには100年から150年かかります。
保護するのは責任者だけの問題ではなく、自然に対する意識を、小さい時から育てていく必要があります。」
と答えておられたという、北大のHPにあった記事が、わたくしには特に印象に残りました。

~世界の子どもたちに「木を植え育てる心」をはぐくむ~

という、わがボランティア隊の目的のひとつを、あらためて認識した次第であります。




さて・・・

今回の植林は、日本モンゴル親善協会が環境保護・緑化プロジェクトとして実施している、空港道路沿いの緑化イベントに参加、
現地の子どもたちと一緒に、モンゴルではもっとも多く見られるカラマツなどの苗木を植えよう、というものであります。

子どもの頃に日本人と一緒に植えた苗木が大人になった頃には大きく成長し、やがて豊かな環境をもたらしてくれる・・・

このことを実際に体験できるのは現地でも子どもたちだけですし、彼らが大人になってそのことを実感した時、
かならずその子どもたちにも、「木を植え育てる心」を引き継いでくれることでしょう。


今回は植林に合わせて、いろんなセレモニーやイベントもあるので、早めに会場に到着して準備であります。







こちらが設営中の来賓用テント・・・

RIMG5219

うしろに見える校舎が、今回の主役である生徒たちの通う、小中高一緒になった学校であります。

で、隊員はすでに全員、東日本大震災支援へのお礼のメッセージを書いた緑色のTシャツを着用していますが・・・

今回はこれを270枚持ってきて、地元の子どもたちにプレゼントして着てもらい、一緒に木を植えようとゆーことなのであります。

















RIMG5234

学校の先生にもすでに着てもらいましたが、こちらが、準備中のイベント舞台、柵の中が今回の植林地であります。
このあたりを中心に、約6kmの空港道路沿いを、親善協会の手で徐々に植林しているのであります。


で、わたくしの今回のお仕事は、「Tシャツ配布係り」とゆーことで、集合した子どもたちに、サイズごとに並んでもらい、
順序良く全員にTシャツを着てもらおうとゆーお役目・・・





で、集まってきたのは・・・

RIMG5221


って、おいおい・・・話がちがうじゃないか・・・


















RIMG5225


ううっ、この上からTシャツを着せるのは至難の技・・・それに、こっちのほうがずっとかわゆいし・・・
















ま、仕方がないので・・・

RIMG5227


わははは、しあわせじゃあ・・・





って、こんなことしてる場合じゃなかった・・・






と、あわてて学校の先生に、教室に残っている生徒を呼んできてもらい・・・

RIMG5230

まあ、植林要員には、無事にTシャツを配布することができました。
(民族衣装の子どもたちには、イベントのあとで校長先生から渡していただきました。)











RIMG5231

って、時間待ちにTシャツ着て、モンゴル相撲の練習をするんじゃありません!!
















とかいってるうちに、いよいよセレモニーがはじまり・・・



RIMG5242

わざわざ来ていただいた、駐モンゴル日本大使の挨拶が始まる頃には、かなり雨と風が強くなってきたのですが・・・















RIMG5252

我が隊の澤井代表の挨拶や、親善協会、協力いただいた行政機関代表の挨拶などが続き・・・


















RIMG5245


RIMG5246

その後、子どもたちの踊りや・・・
















RIMG5255

馬頭琴の独奏などが次々と・・・

降りしきる雨の中でも、背後の警察関係者をはじめ、傘をさす人はほとんどいませんでした。
モンゴルでは、たまに降る雨は恵みをもたらす宝物、来客とともに雨が降れば、幸せを運んで来たと歓待されるそうです。

ちなみにこちらの警察のみなさんも、今回一緒に植林に参加していただきました。
















ありゃ、あちらの一団は・・・陸軍迷彩とは少しちがう制服・・・

RIMG5241

訊けば空港税関のみなさんだそうで、やはり今回の植林に参加されるとか・・・

















で、さっそく・・・

RIMG5237

わははは、しあわせじゃあ・・・





とかやってるうちに、延々と続いたセレモニーも終わり、いよいよ子どもたちと植林であります。










RIMG5256


RIMG5257





RIMG5260




RIMG5266

植林用の穴は、あらかじめ陸軍が掘って用意してくれていたとのことであります。 

で、ご覧のとおり、この頃になると雨も上がり、陽が差してきました。
















RIMG5268

子どもたちや、多くの人たちの協力で、たちまち500本の植林が完了・・・

















RIMG5273

「木を植える作業はどうだった?」

「とても楽しかったよ!」

といった簡単な会話も、残念ながら現地添乗員さんの通訳によるもの・・・ま、一部英語は通じましたが・・・

でも、みんな素直で無邪気で明るくて、ほんとに素晴らしい子どもたちでした。











で、隊員各自が持ち寄った日本のお菓子や文房具も、まとめて校長先生に渡したのですが、

RIMG5275

みんなきちんと並んで、順番に正門前で受け取り、教室に戻って行きました。



いやあ、ともかく無事に終えることができて、よかった、よかった・・・






ま、出発時にバスがスタック!とゆーアクシデントもありましたが、こちらが廻り道して確認してきた5年前の植林地・・・

RIMG5280

ほとんど剪定はしていないようですが、大部分は無事に根付いてくれてました。
それにしても、ボルネオはもちろん内蒙古に較べても、やはり成長は遅いようですね・・・









で、いったんウランバートル市内に戻り、別のホテルでシャワーだけ借りてから、親善協会主催のレセプションに出席・・・

RIMG5287

もとのチェコ領事館が入っていたという格式あるビルが会場で、ふたたび駈けつけていただいた日本大使や、
各界著名人のご挨拶、この日が80歳の誕生日だった澤井代表のケーキカットなどがあったのですが、
植林時と同じ格好のわたくしは、ひたすら、ばくばく、もぐもぐ、んぐんぐと鯨飲馬食・・・

日本風のかき揚げや牛肉のしぐれ煮、モンゴルでは初めての黒ビールや高級スコッチが旨かったです・・・








で、夕暮れ迫る(といっても、もう10時前ですが・・・)空港道路をひた走り、一路チンギス・ハーン空港へ・・・

RIMG5294

(先ほど紹介した5年前の植林地を、再度通過した時の画像であります。)





で、ようやく暗くなったチンギス・ハーン空港に到着、ここからは23:50にテイクオフ、三時間のフライトと一時間の時差によって、
翌3:50にはソウル・インチョン空港にランディング・・・

のはずだった、大韓航空機の到着が三時間近く遅れ・・・









まあ、仕方がないので・・・

BlogPaint





BlogPaint

モンゴル最後の夜を、空港内のコーヒーショップ(カフェ)で楽しんだ、とゆー次第であります。

わははは、しあわせじゃったあ・・・



(モンゴル国内は今回でおしまい、次回「番外ソウル編」に続きます。)



m98k at 22:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0) mixiチェック