ランチョンミート

2015年01月11日

コンビーフハッシュ!!!

(期間限定のお知らせ) 2015年3月ボルネオ植林ツアーへのお誘い記事はこちらです。


成人式をお迎えになられるみなさん、まことにおめでとーございます!!!

いっぽうわたくし、ますます「廃人式」へのお迎えが近づいてるよーで・・・最近、身体のあちこちが・・・げほげほ
ま、せめてお迎えが来るまでは、少しでも健康的に過ごしたいものであります。






とゆー次第で・・・

とーとつにホーメルHormelのコンビーフハッシュであります。



じゃーん

DSCN4087

右は大きさ比較用のFENIX MC10で高さは約10cm。こちら70g入りの最小パックです。






DSCN4088

材料は牛肉(コンビーフ)・ジャガイモ(ハッシュドポテト)・食塩・香辛料・砂糖のみ・・・

そう、発色剤無添加タイプなのであります。 ええ、少しでも健康的に・・・



沖縄ではスパム(ランチョンミート)と並んで常食されてるようですが、わたくしは今回はじめての購入。

最もポビュラーな食べ方は、マヨネーズであえてパンにはさむだけのシンプルなサンドイッチだそうです。

常温保存できて調理も不要、素材は牛肉とジャガイモですからタンパク質・脂質・炭水化物・食物繊維が、
これだけで摂取できますし、レトルトパウチなので缶詰より軽量、ごみもコンパクトです。

また、上の画像のとおり様々な料理に使えますので、肉や野菜など生鮮食材がないときにも便利・・・


そう、わたくしこれを、担いで行くキャンプ宴会に持参するつもりなのであります。きっぱりと

登山用・災害用のレトルト食品・フリーズドライ食品はけっこうお高く、缶詰は重くてごみ処理も面倒、
どうしてもお安いレトルトカレーやレトルトどんぶり、インスタント麺が中心になってしまいますが、
やはりそれだけでは寂しいので、日持ちする肉類や野菜類も少しは欲しくなります。

で、これとタマネギとマヨネーズをパンや堅焼きパンにのせれば、朝食やおつまみになりますし、
カレーなど他のレトルトパックに加えるだけで素材に牛肉とジャガイモが追加されます。
もちろん、これだけでも充分、おかずの一品になります。

なので、今回は一番小さな70g入りパックにして、ソロキャンプにも対応できるようにしました。




ただまあ、やはり70gでは物足りないので・・・

DSCN4089

まとめ買いしました・・・ええ、単品よりお買い得だったし・・・

まあ12パックあれば、わたくしの数食分には・・・








で、さっそく白ワインとともに・・・

DSCN4092

1パック70gとゆーのはこんなもの、せいぜいサンドイッチ一枚分ですね・・・







で、

DSCN4094

ほぼ同量のタマネギとマヨネーズで増量・・・







パンにはさんだり、バゥドゥッコのトーストに載せておいしくいただきました。

DSCN4095

って・・・食べる前に撮ればいいものを・・・







ちなみに背景にある白ワイン・・・

DSCN4104

2013年パリ農産物コンクールで金賞を受賞したもので・・・







DSCN4105

初代世界最優秀ソムリエによって厳選されたものだそーです・・・じゅるじゅる


さて、lightchさんは何代目の最優秀ソムリエになるのでしょう・・・じゅるじゅるじゅる







m98k at 17:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年02月11日

プデチゲ!!!

(当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)
(左バーにタグクラウドを表示しました。文字が大きいほど記事も多いですが、表示されているタグは一部です。)




関西の本格的な春の到来は、3月14日までの奈良・東大寺二月堂のお水取りが過ぎてから・・・

でも1月末に奈良・若草山の山焼きが終わると、スーパーなどでは一斉に春の気配が・・・




そう、若草山の山焼きとゆーのは、

冬物商品の安売りが始まる合図なんですね・・・
(違)







つーことで今回は、2月に入ってさっそく半額になってた冬物商品をご紹介・・・


DSCN1616




韓国の大衆鍋料理「プデチゲ」用のスープであります・・・




DSCN1614

こちらの説明にもあるとおり、プデチゲは「部隊鍋」と書きます。

米軍のコンバットレーションだったスパムなど缶詰ランチョンミートをメインに、キムチや即席麺など、
ありあわせの具材を大鍋に投入して、兵士たちが部隊の仲間でつついてた味が忘れられずに、
除隊後も集まって食べてたものが、やがて大衆鍋料理として拡がっていったようであります。

もともと韓国の伝統的な鍋料理は、一人ひとり別々の鍋で食べるの一般的だったようですが、
この部隊鍋の普及により、みんなでひとつの鍋を囲んで食べるという(下品な)習慣が定着したとか・・・

ま、起源といい素材といい食べ方といい比較的新しい鍋料理として、特に本場の韓国では、
「みんなでつつく!!!」とゆー食べ方が、とても下品で新鮮だったんでしょうね。

スパムが大好きなわたくし、かなり以前からキャンプ宴会などで、部隊鍋らしきものは作っており、
本格的なものにするときには、韓国製のインスタント袋麺の麺とスープを使っていたのですが、
最近は専用スープまで出回ってたんですねえ・・・今回まで知りませんでした。

ま、冬の季節商品とはいえ、わたくし真夏以外は鍋料理を常食としてますから、半額セールはうれしい限り・・・


つーことで、袋に書いてあった(おそらく本場で普及している)正統派プデチゲの作り方であります。

DSCN1619



DSCN1620

うーむ、そーいやわたくし、部隊鍋にジャガイモやチーズを入れたことはなかったなあ・・・

逆に白菜やネギなどの野菜は入れないようですね・・・ま、キムチをたっぷり入れるのでいいのか・・・

つーことで、次回のキャンプ宴会ではこのスープを使った本格的なプデチゲをですね・・・じゅるじゅる・・・

って、それまで残ってるかどうかは怪しいですが・・・じゅるじゅる・・・



m98k at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年11月14日

ランチョンミート・・・

(期間未定のお知らせ) 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できる「HISTORY VIEW」はこちらです。
(期間限定のお知らせ) 植林ボランティア団体N.GKS講演会へのお誘い記事はこちらです。



ええ、さらに糧食記事が続きますが・・・

今回はcombatfoxさんのブログ記事に刺激されましてですね・・・

このサイトでも、すでに何度か紹介しているランチョンミートであります。

ランチョンミート・・・

アメリカ・ホーメル社の「スパム」が、ランチョンミートの代名詞になるほど有名ですが、
味付けした生の挽肉を缶に充填してから、加熱(調理・殺菌)するのが特徴だそうです。(ウィキペディアより)

コンビーフ缶なんぞと並び、保存用糧食としておなじみで、世界中に展開した米軍のレーションとして、
アジア各地にも普及し、特に沖縄料理や韓国の部隊鍋(プテチゲ)には不可欠な食材でもあります・・・

ま、プテチゲの作り方については、こちらのキャンプ宴会画像をご参考に・・・






と、前置きはさておき、今回見つけたのは・・・







RIMG14281

こんなポーク・ランチョンミートであります。(左は大きさ比較用のFENIX MC-10で長さは10cm。)

「うす塩味」とゆーのが、やや気になるところではありますが・・・

てきとーにスライスして、かるく炙ってパンやご飯にのせたり、生肉を持ち歩けない場合の鍋具材にしたり、
ま、なにせ「貴重な肉類」ですから、ソロキャンプの場合などは、これだけで充分メインディッシュになります。











RIMG14282

デンマーク・ミッドランド社製の300g缶、やはり消費の多い沖縄の会社が輸入してるんですね・・・

ちなみに上記リンク記事のcombatfoxさんが入手されたのはチューリップ社製、こちらもデンマークですね。

さらにちなみに、ボルネオ島のスーパーのノン・ハラル(非イスラム)コーナーにあったランチョンミートも、
その殆どがアメリカ・ホーメル社製か、デンマーク・チューリップ社製でした。

アメリカ製以外では、デンマーク製とオランダ製が多いようですが、デンマークやオランダ国内では、
ランチョンミートを食べる習慣はなく、すべて輸出用だそうであります。ふーむ・・・

ま、ランチョンミートのお味は確かにアメリカ的ですね・・・わたくしは大好きなんですが・・・


賞味期限は5年以上あり、もちろんそのままでも食べられるので、非常食としても最適ですね・・・

って、それまで、わたくしのお腹が持つはずもなく・・・さっそく、お夜食にでも・・・じゅるじゅる





m98k at 00:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年03月08日

ぎょにそ・・・

えーっ、このブログも開設5周年を迎え、記念すべき5周年一発目の記事は・・・

ぎょにそ・・・でありますね。

ぽにょ・・・ではありません、ぎょにそ・・・ですね・・・



じつは、ドリコムさんからライブドアさんにお引っ越ししてから、このサイトの記事を再点検してたんですが、


なんと、ぎょにそだけの記事がない!!!


とゆーことに気づいたのであります。

わたくしにとっては、あまりににも身近な存在となっていたため、
かえって記事に取り上げてなかったようであります。










で、ぎょにそであります・・・
RIMG1368
中央は、大きさ比較用のFENIX L0P・・・






そう、ぎょにそ、魚肉ソーセージであります。


ま、最近は、フィッシュソーセージなんぞと書かれてますが、我々世代にとってはあくまで魚肉ソーセージ・・・

健康食材として見直されてるよーで、専門のサイトなんかもあり、
通のあいだでは「ぎょにそ」として不動の地位を確立してるよーであります。

で、このHONIHOの「超ロングソーセージ」、自宅だけでなく、よくキャンプにも持って行きますので、
キャンプや川下りでご一緒した方にはおなじみだと思います。

そのままでおつまみによし、おかずによし、また鍋の具材にもよし、
しかも常温保存可能で完全密封パック、んで、お安いとゆー、
まさにアウトドアでも万能食材でありますね。


RIMG1370

この色、このぷるぷる感、かまぼこやちくわ、また豚肉のソーセージとも異なる食感がたまりません。じゅるじゅる

ずっと以前、このサイトにもたまに登場する109k4さんと、キャンプで様々な創作鍋に挑戦したことがあり、
ある時、ミリタリー関係の具材で構成された「みり鍋」を作ろうとゆーことになりました。
彼は大小のぎょにそを加工して、V-1号飛行爆弾やV-2号ミサイルを製作、
つまようじや割り箸を使って、じつにリアルな作品となったのでありますが、
鍋に投入した場合の膨張係数を計算してなかったため、鍋からはみだしたぎょにそが・・・


じつにヒワイな状態になってしまった。

とゆーよーなことを、今思い出しました・・・

実際、ぎょにそを鍋に入れてふたをしてると、巨大化しますので
注意が必要なのであります。









RIMG1369


昔とくらべて、添加物は少なくなったんでしょうが、それでもいろんなものがはいってますねえ・・・

ま、この配合で、びみょーにお味が変わるわけで、各社各種のやつが楽しめるとゆーことであります。

そーいや、こんなのもおいしかったなあ・・・最近、安売りでは見かけないなあ・・・








m98k at 22:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年02月24日

マグ強奪キャンプ!!! その1

ほぼ一週間のご無沙汰でした・・・すいません

じつは、2月21日22日の土曜と日曜・・・

「マグキャンプ」に行ってきましたぁびっくり

ま、正確には・・・

「wingさんが完成されたマグ4DのMC-E仕様を、

強奪し
ありがたく頂戴し、現在、川端さん家にある、

リオたんコレクションなんぞも、

やはり強奪する
ありがたく拝見するキャンプ」


だったのであります。


場所は一年前にいなばさんを拉致した紀ノ川の河原であります。にっこり


メンバーは、わたくしとwingさんと川端さんとゆー、いつもの三人組。


集合時間は「ま、暗くなってから」とゆーことだったのですが、わたくし、
いろいろと歓迎準備があったので、明るいうちに先に到着しました。
7e8ce452.jpg
さっそく歓迎用テーブルなんぞを・・・ちなみにテーブルの向こうに立ててある白いものは、
河原に転がってたクッション材のロールで、照射用ターゲットにしております。にっこり


昨年末の地下壕OFF会にwingさんが試作、持参されてたマグ4CのMC-E仕様に驚愕したわたくし、
「ぜっ、ぜひ、4DでMC-E仕様を・・・じゅるじゅる」とwingさんに厚かましくお願いし、
その後、試作品のランタイムを計測したり、RUUさんに無理なお願いをしたりといった、
プロデュースは、すべて川端さんがやってくださり、詳細はまた紹介させていただきますが、

ともかく、大勢の方のご尽力で、ついに第一号機を完成されたのであります。拍手



「wingさんも今回の4D以外に、ご自分の4Cとか、いっぱい持って来るだろうし、
川端さんも、リオたんから廻ってきてる貴重なライトの数々を持って来るし・・・
それ以外でも、お二人にはほんとにお世話になってるからなあ・・・
今回は彼らが到着する前に、しっかりと歓迎の準備をしておきましょう・・・」




と、いそいそと、お二人のための歓迎準備を・・・




じゃーん
dd9758c4.jpg
「相手はたったの二人、ま、これだけあれば充分かな・・・ドクロ
これで、高級ライトはすべてわたくしの手中に・・・ドクロ
おっと、忘れずに落とし穴も掘っておかねば・・・ドクロ
そのまま埋めてしまえば、証拠も残らないし・・・ドクロ


げひドクロ


げひげひドクロドクロ


げひひひ、ひーんドクロドクロドクロ


って・・・ショック





いかん、いかん、

もう少しで、人の道を踏みはずし、

「川端るびっくり」ところだった・・・
ダメ



あっ、あらためまして・・・



歓迎の準備であります・・・
1dc9bbb7.jpg
安酒に安ワインに安ビールもどき、それにお安い業務用食品の数々・・・
歓迎といっても、ま、こんなもんであります。にっこり



結局、歓迎の準備といいながら、自分が寛ぐ椅子テーブルと個人用テントを用意しただけ、
wingさんが到着するなり、宴会用テントを張らせたりしました。にっこり

キャンプシチュエーションとしては、上記リンクの一年前と殆ど同じですので、
そちらをご覧下さいね・・・わたくしすっかり出来上がって、あまり画像がありませんので・・・


で、wingさんと二人、ちびちびとやってたのですが、かなり遅くなっても、
一向に川端さんが来る気配がありません。

「遅いですね川端さん、やはり、あれだけの貴重なライトを持ってると・・・」

「ふつーの男の子にもどります、探さないで、とかいってたらしいし・・・」

「やはりライト抱えて「川端った」んでしょうか、今頃は国外へ・・・」

などと悪口をいってると、仕事で遅くなったと、川端さんも到着・・・にっこり


で、さっそく今回のメインディッシュの準備であります。
bf37e567.jpg
ま、メインディッシュといっても、料理はこれだけだったんですが・・・にっこり

韓国の大衆鍋、部隊鍋(プデチゲ)であります。きっぱりと

韓国陸軍部隊で、米軍のコンバットレーションであるスパムなど缶詰ランチョンミートをメインに、
インスタントラーメンとあり合わせ野菜をぶち込んで、仲間で作ったのがはじまり、
その後、その兵役時代を懐かしんで、あちこちで出されるようになったとか・・・
んで、個人用の小さな鍋で供するのが基本の韓国チゲには珍しく、日本の鍋もの同様、
大きな鍋をみんなで囲むのが本場の特徴らしいのですが、わたくしにとっては、
いつでもどこでも、大鍋でごった煮ですので、同じことなのですが・・・にっこり



ですから、こんなのさえ用意すれば・・・
67b3582a.jpg
あとはふつーのキムチチゲ材料でいいのであります。





って、




9dd0aacc.jpg


まだ準備中でしょうがぁ、wingさん怒る

ま、スパムはそのままでもおいしいんですが・・・




これに野菜なんぞを加え・・・
0bcd4951.jpg






最後に白菜キムチを、どっちゃりこんと放り込んでかき混ぜると・・・
559d899c.jpg




部隊鍋、プデチゲの完成であります。



わははは、いつものキャンプ宴会になって、よかったよかったにっこり



って、まだマグライトのマの字もでてきてませんでしたね・・・困った



今回は、人数こそ少ないものの、まともなライトOFF会だったのであります。



じゃーん
98f615e8.jpg
左が以前、wingさんと川端さんからいただいた、wingさん製作のマグ4C、Luxeon ?仕様、
右が今回強奪した作っていただいた、マグ4D、MC-E仕様であります。

わははは、しあわせじゃあ

と、プデチゲでお腹をいっぱいにしてから、さっそく三人で真っ暗な河原へ照射に・・・

とっ、ところが・・・

わたくしは、両手にこのマグ4Cとマグ4D、ほかのお二人も両手にどっちゃりとライト抱えて、
みんなで夢中で照射してたもんで・・・かんじんの・・・


照射画像を一枚も撮ってなかったのであります。ショック


どっ、どこが、まともなライトOFF会やねん・・・


とまあ、この辺が、いつものキャンプ宴会らしいのですが・・・にっこり


この後もいろいろと・・・

65d5da1f.jpg



と、期待させておいて・・・


次回に続きます。にっこり






at 22:45|PermalinkComments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック