レトルト

2017年04月21日

ぶっこみ飯!!!

(期間限定のお知らせ)
2017春・熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。


で、とーとつですが・・・ぶっこみ飯であります。


じゃーん

DSCN0927




DSCN0928

チキンラーメン味とカップヌードル味・・・





DSCN0797


DSCN0799

ま、あのカレーメシにラーメンを足したようなもの・・・か・・・




そう・・・

DSCN0929

「罪深き、うまさ。」だそうです。

確かにラーメンスープにご飯をぶっこむと、うまいんですよねえ・・・これが・・・
「二度目のあの背徳感。」とかいわれると、まあそのとおり・・・
「分かっちゃいるけど、やめられないやつ。」ですね・・・

わたくし、これのご飯と麺を食べてから、さらにレトルトご飯(パック飯)を追加しそうですが・・・
ま、まだ(奇跡的に)食べてないので、試食レポートはいずれこの記事に追加しますね。じゅるじゅる






m98k at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月07日

欧風カレーメシ!!!


当サイト開設12年目の記念すべき記事は・・・



欧風カレーメシ!!!



そう、以前紹介した日清食品「カレーメシ」シリーズの新商品であります。



じゃーん

DSCN0075

なんとなく欧風のパッケージです・・・







DSCN0077




DSCN0076

バター&ビーフで「バターとコクのジワる辛さ」・・・だそうです。 じゅるじゅる




で、さっそく・・・

DSCN0111







熱湯を注いで5分・・・

DSCN0112




DSCN0113

ううっ、待ちきれないなあ・・・同じ日清食品のチキンラーメンは3分だとゆーのに・・・がるるる





おっと、「よく混ぜると無駄にウマイ」ので、ぐるぐるぐると・・・

DSCN0114



DSCN0115

ま、「バターとコクのジワる辛さ」といわれれば、そんな気がしないでもないようなお味でした・・・





ともかくこれで・・・

DSCN0078

ビーフ味とチキン味も食べたし、次はシーフード味を試してみたいな・・・じゅるじゅる

でも、なかなかスーパーの安売りでは見かけないのよね、シーフード味・・・ぐすん






m98k at 20:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年12月29日

カレーメシ!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月に行くボルネオ植林ボランティアツアーへの参加と苗木代ご寄付のお願い記事はこちらです。


で、当ブログサイト「趣味の物置小屋98k」2016年の締めくくり記事は・・・

そう、あのきたきつねさんもお気に入りの「カレーメシ」であります。

DSCN9303

たまたま近所のスーパーで特価になってたので、はじめて購入してみた次第です。

他にシーフード味もありましたが、今回はとりあえずスタンダードな「ビーフかれーらいす」と、
スパイシーな「チキンかれーらいす」にしてみました。








DSCN9304

230mlのお湯を入れて5分間待つだけで、カレーライスが食べられるのは驚異ですね。

正式名称は「即席カップライス」、わたくしタグはレトルトにしてますがフリーズドライ中心ですね。

内容量はチキンが104gでビーフが107g、230gの水と合わせても200gのレトルトカレーと200gの
パック飯を持つより軽量ですが、出来上がり量は330g強なので、これはまあ当たり前のハナシ・・・

それでも現地で水が入手できる場合は(出来上がり量は3/4ですが)持ち運び重量は1/4で済みますし、
調理時間も1/3程度で済むので、現地で水が入手できる場合には圧倒的に有利ですね。
またフリーズドライ米とルウを別々に買うよりお安いのもありがたいです。

ちなみにふつーのカレーライスはご飯300gとルウ200gほどで標準量ですから、2カップ食べれば
やや大盛り・・・といったところでしょうか・・・
ま、今のわたくしにはこれ1カップとカレーヌードルかカレーうどん1カップで標準量といったところ、
お湯は630cc必要になりますが、この組み合わせならアウトドアでもけっこう温まりそうです。



で、肝心のお味のほうは・・・
と、さっそくスタンダードなビーフを試食してみました。

恐る恐るフタを開けてみると・・・

DSCN9974

おおっ、フリーズドライのご飯と具材に、ブロックのカレールウが乗ってるのね・・・




で、熱湯を注いで5分後・・・

DSCN9976

なっ、なんか、ふつーのカレーヌードルみたいになりましたが・・・





そうそう・・・

DSCN9307




DSCN9305

「よく混ぜると無駄にウマイぜ!」と書いてあるな・・・





と、グルグルグルグルひつこくかき混ぜると・・・

DSCN9977

多めのルウと少なめご飯と少なめ具材のカレーライスの出来上がりであります!!!

で、食べてみた感じは、とろみのある雑炊のような「まぜカレー」で、お味はふつーのカレーライス、
ま、ふつーにおいしかったです。
さすがにご飯の食感は、パック飯はもちろんフリーズドライ米にも及ばない、ふやけた感じでしたが、
手間や待ち時間を考えると、わたくしには充分許せる範囲ですね。



ともかく・・・あっとゆー間に・・・

DSCN9978

完食しました。さすがにご飯とルウをあわせて337gとゆーのは、一食分にはちと少なすぎますね。

ま、これを2カップ分、ジップロックなんぞに移し替えて持ち歩けば小型軽量、短時間で調理できる
温かい一食分になり、フリーズドライ米とルウを買うよりお安いので、オススメです。
そんな感じの袋入りでお安く販売してくれると、さらにありがたいのですが・・・

日清食品のカップライス「カレーメシ」シリーズは当初、電子レンジ調理専用のやつだけでしたが、
こちらはお湯だけで食べられるように進化したようで、賞味期限も6ヶ月あり、温かいご飯類として
行動食にするにはベストかも知れません・・・ご飯が雑炊風になるので消化もいいだろうし・・・

ま、その分、保存料や添加物もたっぷりでしょうから、常食や大量摂取には注意が必要でしょうが、
わたくし年内にまた特価セールがあったら、まとめ買いして年末年始に食べ続ける・・・かもです・・・

ま、みなさんはまともな食生活で年末を過ごされて、どうか良いお年をお迎えくださいね!!!




m98k at 00:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年12月27日

北魁!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月に行くボルネオ植林ボランティアツアーへの参加と苗木代ご寄付のお願い記事はこちらです。


こちら大阪でも、さすがにちと寒くなってきたので・・・

とーとつに「北魁」味噌味であります。

DSCN8784

「なべやき屋キンレイ」シリーズの冷凍ラーメンで、以前TV番組「所さんのニッポンの出番」の
「外国人が選ぶ冷凍食品ランキング」第一位に選ばれた・・・とかで・・・




うちの奥様がどどんと箱買い・・・

DSCN8783


「って・・・冷凍室に入れてた、わたくしのアイスクリームとかは・・・

「入らなかったので食べた。ほかの冷凍食品も冷蔵室に移したので急いで食べる。きっぱりと

「うぐぐぐ

と、アイスを入れるスペースを確保するために、さっそく試食してみました。

けっこう濃厚な味噌ラーメンスープで身体の芯から温まります。やはり冬は濃厚な味噌味ですね。

さすがに麺のコシは生麺の茹でたてに比べるとやや落ちるものの、なにせ鍋に移して温めるだけで、
本格的な味噌ラーメンが味わえるのはありがたいですねえ・・・

ストレートスープをそのまま急速凍結してるので袋ラーメンやカップラーメンよりおいしいですし、
それなりのお店で食べるよりはお安く、お手軽に「本格的なニッポンのラーメン」が楽しめるため、
外国人にも人気なんでしょうね。

でもホテル滞在とかだと、加熱調理や冷凍保存は一体どうしてるんだろ???




m98k at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年11月11日

大豆のお肉!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加・苗木代ご協力へのお願い記事はこちらです。

(さらに期間限定のお知らせ)
上記の植林ツアーなど植林活動でお世話になっている現地旅行社・N嶋さんが関わられたTV番組が放映されます。
11月14日(月)NHK BS プレミアム 8:00~ワイルドライフ「ボルネオ島 巨木の森 奇妙なカエルたちの王国に分け入る」
同じくN嶋さんが関わられた、上記植林ツアーで訪れるムル山の洞窟群そのものを紹介した「グレートネイチャー」は7月に放映済みですが、
いずれ再放送もあると思いますので、ぜひチェックしてご覧ください。 




で、とーとつに「大豆のお肉」であります!!!

DSCN9290

マルコメのダイズラボ「大豆のお肉」シリーズ、フィレタイプ・乾燥バージョンであります。

「大豆のお肉」にはフィレタイプ以外にもブロックタイプとミンチタイプがありましたが、
薄切りだと手軽に味付けができ、お肉の食感もそれなりに楽しめるのではないかと・・・

さらに各タイプには今回の乾燥バージョンと湯戻し不要のレトルトバージョンがあるのですが、
アウトドアでの小型軽量性を考えると、やはり乾燥バージョンですね。


DSCN9291

何といっても高たんぱくでコレステロールフリーな健康食品!!!
そりゃあ大豆油を搾り取った後の、いわば「搾りかす」ですからねえ・・・

昔は「代用肉」と呼ばれ、マズいものの代表みたいに言われてたんですが、今やヘルシーブームだし、
加工方法も進化して食べやすくなったのか、けっこう売れているようですが、わたくしははじめてです。





DSCN9292

内容量は90gで、お湯で戻すと約330gの「大豆のお肉」になる・・・ようです・・・じゅるじゅる







DSCN9301

戻し方としては、熱湯に3分~5分浸すか2分~5分ゆでて水気をよくきる・・・と書いてありますが・・・

わたくし、そんなめんどーなことはせずに直接、鍋料理やカップ麵にぶち込もうと・・・わははは

ええ、鍋に限らずカップ麺でも3分以上は待ちますし、特にニンニクや香辛料たっぷりのスープなら、
大豆特有の匂いもあまり気にならないのではないかと・・・あははは

キャンプ宴会恒例の「七変化鍋」とかで、まともなお肉が不足したとき用に常時持参しておけば、
まさに緊急「代用肉」として使えますね・・・常温・長期保存できますし・・・
そう、三変化あたりで大豆の匂いなど分からないほど、辛くて濃い味になってるだろうし・・・

また山歩きキャンプでも、初日は冷凍肉を使うとしても二日目からは生鮮な肉など望むべくもなく、
ランチョンミートなどで代用するのですが、これなら小型軽量なうえフリーズドライよりお安いですし・・・



ま・・・

DSCN9300

きちんと戻して水気を切り、きちんと調理すれば、さらにおいしくいただけるとは思いますが・・・


で、そのまま鍋にぶち込んだのを一人で試食するのはやはり不安なので・・・
とりあえず明日からのキャンプ宴会に持参して、みなさんに食べていただくことにします。べひべひ

覚悟して楽しみにしていてね・・・げひげひ



(食後の追記です)
とりあえずキャンプでは大豆の匂いが気にならないであろう豆乳鍋に投入してみました。
記事にも書いたとおり、鍋で煮込むと食感はイマイチでした。
で、後日、カップ焼きそばの具にしてみると、なかなかの「肉らしい」食感になりました。
やはりいったんお湯で戻して濃いめの味付けをする、というのがベストな調理法なんでしょうね。
ま、鍋の具材にはイマイチでしたがアウトドア用の軽量で保存のきく「お肉素材」として使えそうです。



m98k at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック